2007年12月31日月曜日

インド 対中防衛装備増強

インドの対中防衛装備増強が進む。
露が印とTu-50開発報道したばかりだが、今度は米国と対中対策で軍用機を
共同製造するとのこと。
インドは、来春までに、米国機、NATO機、フランス機、スウェーデン機、露機を
受注するらしい。
インドは、戦術核を持っているし、上海条約機構にも準会員となっている。
中国に取り込まれないように、援助する西洋諸国。
中国との領土問題もあるし、パキスタンとの問題もある。
インド(欧米)・中国紛争の様相になりつつあるけど、大丈夫か。


---米国とインド 中国対抗軸を形成 軍用機を共同製造 経済・防衛で新たな関係---
FujiSankei Business i. 2007/12/31
http://www.business-i.jp/news/china-page/news/200712310004a.nwc

 米国とインドが経済・防衛分野での新たな関係構築に踏み出した。インド政府はこのほど米航空防衛大手、ボーイングと10億ドル(約1130億円)規模の軍用機の共同製造事業で合意し、長年にわたる防衛装備のロシア依存方針を大きく転換。これに対し米国務省も米印連携を南アジア地域安定の主軸に据える意向を表明した。米国はインドとの連携強化で急速に影響力を増す中国を牽制(けんせい)するとともに、新興経済国で最大のインド防衛市場に本格進出する。

 ≪最大規模の取引≫
 印メディアなどによると、印国営航空機、ヒンダスタン・エアロノーティカル(HAL)とボーイング・インテグレーテッド・ディフェンス・システムは今月20日、10年間にわたる航空機の共同製造で合意した。
 ボーイングが製造するF/A-18スーパーホーネット戦闘攻撃機などに使われるサブシステムをHALが下請け製造する。10億ドルはインドの国営防衛企業の取引ではこれまでロシアなどとの間で行われた取引額を上回る過去最大規模だ。
 インドは軍事力の増強を急ぐ中国の脅威に対抗し、装備の近代化を進めている。来春までに126機の多目的戦闘機の調達を計画。F/A-18、米ロッキード・マーチン製F-16、露ミグ製ミグ35、仏ダッソー製ラファール、英独伊西4カ国が共同開発したユーロファイター・タイフーン、スウェーデンのサーブ製グリッペンの6機種が100億ドル(約1兆1300億円)規模の受注を争っている。

「大いなる前進」
 インド政府は高性能戦闘機の自主開発につなげることを狙いに、インド企業との共同製造などを通して製造技術を導入できることを戦闘機選定の条件に掲げている。
 米国政府は対印核技術供与で合意した2005年3月の米印首脳会談を受け、ボーイングとロッキードに対し、第一線戦闘機の対印供与の許可を与えていた。ボーイングの技術はHALとの共同製造を通し、インドに移転されることになり、ボーイングは受注競争で優位に立った。
 インドは冷戦時代から装備調達でロシアとの関係が深く、最近まで米国からの調達実績はほとんどなかった。長期的な外交関係の安定が前提となる防衛分野での今回の合意により、米国との距離を一気に縮めた格好だ。
 これに対し、米国のバーンズ国務次官(政治担当)は、米外交専門誌フォーリン・アフェアズの11・12月号への寄稿で旧ソ連製装備が多いインドとの防衛協力には障害も予想されるとしたうえで「インドによる米国製装備調達は、長期的な米印の軍事的パートナーシップに向けた大いなる前進であり、(両国が関係を緊密化するという)シグナルでもある」と指摘。 「2010年代半ば以降、軍事力で米国を凌駕する」(大手シンクタンク幹部)といわれる中国への対抗軸として米印関係を位置付ける戦略を鮮明にした。

 ≪ハイテクレーダーも≫
 米国は、インドとの関係を一段と強固にするため、攻撃探知能力に優れる「アクティブ電子走査アレイ(AESA)」レーダーで世界最高水準の米レイセオン製AGP79型をインドに供与するF/A-18に装備する検討に入った。
 同レーダーは戦闘機の空戦性能を飛躍的に高める最先端技術。これまでにアラブ首長国連邦(UAE)とシンガポールに完成品として供与した実績があるが、共同製造を前提とする対印供与が実現すれば米国が外国への技術移転を認める初のケースとなる。防衛分野での米印連携の将来を占うものとして米国防総省の判断が注目を集めている。(編集委員 佐藤健二)

MHI社員二人で防衛予算120億円浪費

F2の離陸失敗原因がわかったらしい。
愛知県警によると、MHI社員2人の配線ミスが原因と断定。
業務上過失傷害容疑で来年1月中にも名古屋地検へ書類送検する方針らしい。

新聞記事は単純ミスなのか工作なのかには触れていない。
そのままとれば単純ミスのようだ。
それでも疑問は残る。

疑問点
・誤配線に対して
 2種類のセンサ信号接続コネクタの形状が同じなのは、設計ミスではないのか?
 (センサ信号を接続コネクタからはずして、別のコネクタに差し替える整備とは
なにか?)
 ケーブルに表示タグはあるか?
 整備・検査チェックシートはあるか?
 ケーブル単体検査とシステム検査の検査員が同一人物なのはなぜか?
・飛行前検査をした乗員の責任は負傷したため問われないのか?
・監督責任とは品質保証部長の責任なのか検査課長の責任なのか?
・整備担当と点検担当の名前がでないのはなぜか?
・整備担当と点検担当の申請時ではなく現在の公安委員会の評価はどうか?


整備担当と点検担当が組んで工作すれば戦闘機を破壊できる証明となった。


---空自機墜落事故、三菱重工社員2人の配線ミスが原因---
2007年12月31日9時51分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071231i301.htm

 愛知県営名古屋空港(愛知県豊山町)で飛行試験中の航空自衛隊の支援戦闘機が離陸に失敗し、乗員2人が重軽傷を負った事故で、県警は、事故機の点検、整備にあたった三菱重工業の社員2人の配線ミスが原因と断定し、業務上過失傷害容疑で来年1月中にも名古屋地検へ書類送検する方針を固めた。
 上司の監督責任についても立件の可否を検討している。
 防衛省の調査で、機体の姿勢を検知する2種類の装置の配線が逆だったことが判明しているが、県警はその後の捜査で、コンピューターが機体の状況を把握できなくなった結果、水平尾翼が異常な動きをして墜落に至ったと断定した。
 三菱重工業側は11月15日の記者会見で、2種類の装置にそれぞれ接続されるコードの長さが違うため、「誤配線はあり得ない」と強調していたが、県警が事故機と同型の戦闘機を調べたところ、誤配線は可能なことがわかった。実際に配線をつないだ同社名古屋航空宇宙システム製作所の整備担当と、誤配線を見落とした点検担当の社員に過失があったとみている。
 点検、整備担当の2人は調べに対し、「配線を間違えたかどうかは思い出せない」などと供述している。
 事故は10月31日午前9時過ぎに発生。事故機は通常通り、時速200キロで離陸したものの、機首が上下に揺れて滑走路に墜落、炎上し、機長の永田恵嗣さん(52)が肋骨(ろっこつ)骨折の重傷、副操縦士の水島光男さん(57)も軽傷を負った。

2007年12月30日日曜日

ロオジエで夕食でおざゃる

今宵は銀座ロオジエで夕食でおざゃる。
アイコは預けてきたゆえ、わらわとパパの二人きり、フレンチでルンルンで
おじゃる。

FNN HEADLINES
皇太子ご夫妻、お忍びで東京・銀座の3つ星レストランで会食される


FNN HEADLINES
皇太子ご夫妻、お忍びで東京・銀座の3つ星レストランで会食される

こう言ったかどうかわからないが、師走でみんな多忙なのに、人目を避けて、
外食だそうだ。本当に食べたければ、住まいに呼び寄せるのが、普通だろう。

祐仁おじい様は、昭和50年(1975)10月 日本記者クラブ 記者会見で


テレビ朝日系
ビートたけしが斬る実録!大河スペシャル昭和の真相~1989年!

「テレビは色々見てはいますが、放送会社の競争がはなはだ激しいので、
いま、どういう番組を見ているのかということには答えられません」

と話されていた。ここまで、言葉や行動に慎重だった。
税金で食べさせてもらっている上に、仮病で仕事をサボっているのに、
外食はできるのだから、ちゃんと仕事して欲しい。

なるチャン、まさチャンはそれでも庶民になりたいの。


---皇太子ご夫妻、お忍びで東京・銀座の3つ星レストランで会食される---
FNN HEADLINES 2007/12/29 01:08
http://www.fnn-news.com/headlines/CONN00124483.html
http://www.fnn-news.com/windowsmedia/nj2007122807_300.asx

皇太子ご夫妻は28日夜、お忍びで東京・銀座の3つ星レストランで会食された。
皇太子さまと雅子さまは午後8時半前、中央区銀座のフレンチレストラン「ロオジエ」に到着された。
このレストランは、11月に発売された「ミシュランガイド東京版」で、3つ星を獲得した有名店。
並木通りで車を降りたご夫妻は、知人らとともに、3つ星のフランス料理の夕食をともにされた。

2007年12月29日土曜日

冷戦復活

冷戦が復活したようだ。
昔は、民主主義対共産主義だったが、現在は、化石燃料の取合いの模様だ。
原因は投機による化石燃料の高騰により、需要国の国力があがり、福祉に回しても
余る資産の行き先が軍事費にまわったことによる。
化石燃料資産ピラミッドは底辺が消費国でその上に産出国、さらにその上に投機が
ある。
要するに、産出国の軍事費は投機によって左右するのである。
この投機は、化石燃料だけではなく、軍事産業、福祉産業にも行っている。
市場規模はだいぶ違う。
最近では、燃料産業全体で市場規模を増やそうとしている米国。
燃料産業、軍事産業で儲け、その金を今度はどこに投機するのか。

そういえば、「金があれば女も何でも買える」と書いた人がいたが、金で買える
女って普通考えれば「金に群がる女を買った」と言うこと。
書いた人は、そう言う意味で書いたかはわからないが、要するに「類は友を呼ぶ」。
同じ社会での生活は無理だろう。

ピラミッド底辺は、オイルショックに冷戦復活。先が思いやられる。

冷戦構造は複雑になりつつある。
基本的には北大西洋条約機構(NATO)対上海条約機構(SCO)だ。
しかし、日本、豪とも政府は親中派であるし、米国は民主党が大統領に選出
されれば傾向的には親中派となる。

金のために始まる冷戦、それで多くの人が死に、悪いのは大量破壊兵器を持つ国、
独裁国だと主張されても誰が信じる。知っていても、それに加担する国も同罪だろう。

油を使って金儲け、多くの人を殺したのに、あたかも日本の貢献は必要とされて
いると吹聴する自民党と民主党、本当に日本にできる貢献はそんなことなのか。


---イランに防空ミサイルシステム、ロシアが数十基供与---
2007年12月27日22時22分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20071227id22.htm

 【テヘラン=工藤武人】イラン国営テレビによると、同国のナジャル国防軍需相は26日、ロシアがイランに近く、防空ミサイルシステム「S300」を供与することを明らかにした。
 同相は、供与は「過去に結ばれた契約に基づくもの」と説明したが、供与時期など詳細は明らかにしなかった。ロシアのインターファクス通信は同日、露軍需産業筋の話として、同国が来年、同システム数十基を供与する予定と伝えた。
 ロシアは今月中旬、イランのブシェール原発への核燃料供給を開始。イランが4年前に核兵器開発計画を停止したとする米国の国家情報評価報告を受け、イランへの原発、軍事ビジネス拡大に動いている。
 今年3月にイラン核問題をめぐり国連安全保障理事会で採択された追加制裁決議では、全加盟国にイランへのミサイルなどの売却や移転を制限するよう要請しており、今後、対イラン強硬派の米国がロシアへの反発を強める可能性がある。AFP通信によると、米国のスタンツェル大統領副報道官は26日、「イランに対するこうした武器の売却を懸念している」と述べた。
 ロシアは今年1月、イランに短距離地対空ミサイルによる防空ミサイルシステム「TOR―M1」を供与。同相は、中距離地対空ミサイルを使用するS300ミサイルシステムの方が、迎撃能力が高いと説明した。


---米国:日本は第2の優良顧客 兵器契約1000億円---
毎日新聞 2007年12月27日 17時39分
http://mainichi.jp/select/world/america/news/20071228k0000m030018000c.html

 米議会付属の調査機関、議会調査局は26日までに、日本が昨年、アジア太平洋地域でオーストラリアに次いで多額の米国製兵器・役務の調達契約を結んでいたとの報告書をまとめ、議会スタッフに配布した。
 20日付の報告書によると、日本の契約額はトップのオーストラリアの26億ドル(約3000億円)に次ぐ8億9000万ドル(約1000億円)で、前防衛次官汚職事件で浮き彫りとなった日米間の防衛利権の大きさをうかがわせている。
 アジア太平洋地域の3位は韓国(5億4000万ドル)で、以下シンガポール(3億7000万ドル)、タイ(6000万ドル)の順。
 中東ではイスラエル(12億ドル)、サウジアラビア(11億ドル)、イラク(9億2000万ドル)、欧州ではトルコ(8億5000万ドル)、スペイン(6億6000万ドル)、オランダ(2億7000万ドル)の順だった。(ワシントン共同)


---CSIS報告:全面核戦争ならイラン側死者2800万人---
毎日新聞 2007年12月27日 17時15分
http://mainichi.jp/select/world/mideast/news/20071228k0000m030003000c.html

 【エルサレム前田英司】米国のシンクタンク・戦略国際問題研究所(CSIS)が、イスラエルとイランの全面核戦争を想定した研究報告をまとめた。報告はイスラエル側の犠牲者数を20万~80万人と見積もる一方、イラン側の死者は1600万~2800万人に達し、イラン国土は「壊滅的な打撃を受ける」と予測。より高度な兵器を保有するイスラエルが核戦争を生き延びるとの筋書きを示した。イスラエル紙イディオト・アハロノト(電子版)が伝えた。
 研究は、イランの核開発が継続し、イスラエルや米国が先制攻撃しないことを前提に、2010~20年に不測の事態でイスラエル、イランの核戦争が起きる事態を想定した。研究の筋書きによると、イランはこの段階で30発の核弾頭を保有。イスラエル最大の商業都市テルアビブや北部ハイファなどを攻撃目標とするイランに対し、推定200発の核弾頭を保有するイスラエルは、ウラン転換施設のあるイラン中部イスファハンや首都テヘランなどを狙う。
 研究によれば、戦争は3週間続く可能性がある。イランの核ミサイルの多くがイスラエルのミサイル防衛網に撃墜される一方、イスラエルは米軍からの情報提供などで正確な攻撃を仕掛けることができるとの判断を下した。
 シリアがイラン側に立って参戦した場合、シリアによる生物・化学兵器の使用でイスラエル側の犠牲者は80万人増えると見込まれるが、核兵器で反撃されるシリア側の死傷者は最大1800万人に達すると推計した。エジプトが参戦した場合も、イスラエルはカイロなどを狙って核兵器で反撃すると予測している。


---ロシアが米MDに対抗? 相次いでミサイル実験実施---
モスクワ=権景福(クォン・ギョンボク)特派員
http://www.chosunonline.com/article/20071227000033

 ロシアは17日に「シネワ」、25日に「RS24」と相次ぎ新型長距離弾道ミサイルを試験発射している。オイルマネーを背景に軍事大国の再建を狙う「プーチンのロシア号」は米国のミサイル防衛(MD)体制をけん制するため、ハイテク軍事技術をアピールしているのだ。
 特にロシアは、大陸間弾道ミサイル(ICBM)や潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)など、ミサイル分野の最先端化に力を注いでいる。これは戦闘機や航空母艦とは違い、多額のコストがかからない一方で、従来のミサイル燃料を周期的に入れ替え、一部新技術を導入すれば相手を脅かすことができるためだ。
 ロシアICBMの場合、昨年までは射程距離が1万500~1万1000キロと最長のトーポリ(「ポプラの木」の意)Mミサイルが中心だった。しかし、6基しか核弾頭を搭載できず、敵のレーダー追跡にかかり迎撃されるかもしれないという弱点があった。
 これを改良したのがRS24だ。「多弾頭型大陸間弾道ミサイル(MIRV)」=一つのミサイルに搭載された複数の弾頭がそれぞれのターゲットを狙える弾道ミサイル=を導入した。RS24はロシア独自の全地球測位システム(GPS)「グロナス」を利用、攻撃の精度を高め、発射後もミサイルの軌道や方向を自由自在に変更し、米国の迎撃ミサイルを避けることができると言われている。
 この技術をSLBMに適用したのが「シネワ」(「青いベレー帽」の意)と「ブラワ」(「鉄つい」の意)だ。シネワは今年5月に試験発射に初めて成功した。ブラワは搭載核弾頭の数を減らす代わりにマッハ5以上の極超音速飛行が可能だ。
 プーチン大統領はこれらのミサイルを「ロシアの誇り」「どんなMDでも破る、ロシアの未来の安保において責任を負う要素」と胸を張る。だが、シネワはやっと試験発射に成功したところで、ブラワは2004年11月以降6回試験発射し、成功したのは2回だけで、まだ完成度が低い。
 このため、ロシアの相次ぐミサイル発射は、米国がロシアの「前庭」であるポーランドやチェコにMD基地を設立しようとする計画の中止を狙ったものでは、という声もある。
 実際、25日のRS24ミサイル発射は、ロシア外務省のカムイニン報道官が前日「米国がMD配備を強行すれば、われわれとしては米国と戦略的バランスをとるため、いくつかの措置を取るしかない」と述べた直後に実施されている。
 また、5月末のRS24発射成功はブッシュ米大統領の訪欧前、6月末のブラワ試験発射成功はプーチン大統領の訪米前に発表されている。

F-15 450機を飛行禁止処分

F-15が飛行禁止処分になったらしい。
F-15(?)450機が「機体の欠陥」のため飛行禁止処分とのことだ。
対象機種は記載されていないが、以前の報道から判断すると~F-15Dまでだと
思う。
要は機体構造の中心部分が経年劣化により、亀裂または破損になる恐れがあるため
飛行禁止処分になったと言うことだろう。

朝鮮日報の記者は理解せずに記事を書いているようで、F-15シリーズ全てが
飛行禁止処分になったとするなら、韓国が最近買ったF-15Kはもう飛べないと
言うことになることに気がついていない。

アフガン、イラク戦費、旧共産圏対策費がかさむ中で、220億円のF-22を450機
も入れるつもりなのだろうか。
やっぱり、豪、日本、韓国から恐喝するのか。


---米空軍、F15戦闘機450機を飛行禁止処分---
朝鮮日報/朝鮮日報JNS
ワシントン=崔宇晳(チェ・ウソク)特派員
http://www.chosunonline.com/article/20071228000037

 米空軍が本土の防空システムにおいて大きく依存しているF15戦闘機450機を「機体の欠陥」という理由で飛行禁止処分を下したことから、米国の防空網が非常体制に入った。さらにアラスカなど一部地域の領空は、隣国のカナダ空軍に依存する実情だとAP通信が報じた。
 1972年に配備が始まったF15戦闘機は、今も米空軍戦力の5分の1を占めている。現在は最新鋭のF22ラプターが米空軍の次世代主力機として引き続き配備が続いている。
 問題は今も米本土内の非常待機の拠点16カ所の多くで、F15戦闘機しか配備されてないという点だ。つまりこれらの拠点ではF15と操縦士が常に待機し、必要な時にはいつでも出動して領空を侵犯する航空機を迎え撃てるようになっている。9・11テロのように旅客機が拉致された状況で出動するのが F15だ。しかし今年11月にミズーリ州上空でF15が空中で爆発して以来、米空軍はほとんどすべてのF15を飛行禁止処分とした。
 この結果、カナダ空軍のCF-18戦闘機が3週間にわたり、アラスカ上空で米空軍のF15の任務を代行したとAP通信は報じた。北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)のカナダ軍報道官であるマイク・ラガース少佐はAP通信に対し、「カナダ空軍機が最近アラスカ州周辺の米国領空にまで、ロシア空軍の爆撃機の侵犯を防ぐために何度か緊急出動した」と明らかにした。
 F15の飛行禁止により、州空軍防衛軍の戦力にも問題が生じている。F15のみに依存している一部の州は、周辺の州の支援に頼るしかない。マサチューセッツ州の場合、隣のバーモント州空軍防衛軍が領空を守っている。またオレゴン州空軍防衛軍が保有するF15のすべてが使用できなくなり、カリフォルニア州空軍防衛軍の他機種の戦闘機が、ワシントン・オレゴン・カリフォルニア・アリゾナ・ネバダなど西部全域の76万8000平方キロの領空を守っている。
 一部では米空軍が議会によるF22関連予算の削減を決めたことに対する抗議のために、F15を全面的に飛行禁止にしたのではとの声もささやかれている。

2007年12月28日金曜日

選挙チルドレンの本質

選挙チルドレンの本質(賞味期限)が問われる。
郵政選挙で、「当選してはいけない人が当選した」と揶揄されたチルドレンの
賞味期限の問われる。
古賀誠が「当選する人を党として選出する(意訳)」と言う言葉から、郵政選挙の
象徴的存在だった杉村太蔵、佐藤ゆかり等は「党として選出しない」となる。
これに対して、直接行動をとったのが杉村太蔵。このパフォーマンスは
「BMW Z4が欲しい。JRグリーン車乗り放題」と浮かれていた人と同じ人が考えた
とは考えにくい。やっぱり、後ろにコーディネータがいて、杉村太蔵に注目を
集める目的のパフォーマンスとみるべきだろう。
「党の推薦は党の自由、選挙に出るのは自分の自由(意訳)」は、杉村太蔵らしい
言葉だと思う。小泉純一郎や飯島勲(?)は「新人と現職が同じ舞台に立つのは
おかしい(意訳)」と言うが、小選挙区で当選したのであればそういう話になる
だろうが、小選挙区で新しい地盤となると両方とも新人扱いになるのは当たり
前だろう。

年金選挙でも、何人かのチルドレンが当選した。
キャッチフレーズが「姫の虎退治」と「さくらパパ」が象徴的だろう。
両者とも私生活でスキャンダルがでている。
この議員らの仕事は何をしているのかわからない上に、社会問題バラエティ
番組に出演し、自分に注目を集めるパフォーマンスでは、投票した人はがっかり
するだろう。

当選するまでは有権者にコビをうるのに、当選したら有権者をバカ扱い。
多くのチルドレンはやっぱり、道徳的にも人格的にも幼稚ということか。

「議員の成果は結果のみ」であれば、チルドレンは何をしたのか。


横峯良郎

横峯議員 暴走 → 原口議員マジギレ


民主・鳩山幹事長 横峯参院議員に厳重注意


【横峯議員vs週刊新潮】「不倫」「賭けゴルフ」疑惑(2/2)【再】


【横峯議員vs週刊新潮】「不倫」「賭けゴルフ」疑惑(1/2)【再】


---杉村議員“落選” 長谷川氏の擁立推薦へ…自民道連---
2007年12月27日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hokkaido/news/20071227-OYT8T00274.htm

 自民党北海道連衆院1区支部は27日、同選挙区からの出馬を目指していた、「小泉チルドレン」の杉村太蔵衆院議員(28)(比例選南関東ブロック)を擁立せず、「YOSAKOIソーラン祭り」創設者で会社役員の長谷川岳氏(36)を公認候補として党本部に推薦することを決めた。
 同日午前、札幌市内の党道連本部で開いた北海道1区の候補者選考委員会では、「杉村氏は、今年の道知事選や参院選などで積極的に街頭演説に立ち、党に対する貢献が大きい」などと評価する声も一部にあった。だが、杉村氏が今月に入って、「公認するかしないかは党の判断。出馬するかしないかは私の判断。必ず北海道1区から出馬する」などと公言。1区支部が検討していた杉村氏と長谷川氏による公開演説会の呼びかけにも応じず、選考委内では杉村氏への不満の声が高まっていた。この日の委員会も最終的には全会一致で長谷川氏の推薦を決めた。
 選考委が開かれた札幌市内のホテルには、杉村氏の姿は見られなかった。党本部の一部には、「杉村氏が立候補することで、全国的に有権者の注目が自民党に集まる効果もある」として杉村氏の擁立を模索する動きも残っている。だが、委員会終了後に記者会見した長谷川氏は「党本部の判断にも、地元の意向が反映されると信じている」と語った。
 杉村氏は旭川市出身で、札幌市立藻岩高校時代にはテニスの国体少年男子で全国優勝するなど、札幌とはゆかりがある。
 2005年9月の衆院選で比例選単独候補として南関東ブロック名簿35位に登載され、小泉旋風に乗って議席を手にした。当選直後から「料亭に行ってみたい」などの奔放な発言が注目を浴び、知名度は一躍全国区となった。また、一時は衆院北海道12区選出の武部勤・元幹事長の政策グループに所属していたが、先の自民党総裁選を機に関係悪化も伝えられている。

 自民党の古賀誠選対委員長は27日、同党北海道1区支部が長谷川氏を公認候補として党本部への推薦を決めたことについて、「尊重するが、今初めて聞いたのでよく意見調整する」と述べた。党本部で記者団に答えた。


---横峯氏 やく氏とTV番組でバトル---
スポニチ 2007年12月28日付 紙面記事
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2007/12/28/03.html

 民主党の横峯良郎参院議員(47)が27日までに、テレビ番組で共演した漫画家やくみつる氏(48)に対し、番組内での発言に説明を求める文書を送付した。
 横峯氏が問題にしている発言があったのは、25日に放送された日本テレビ「爆笑問題の証人喚問!!太田内閣がアノ関係者とっちめちゃうぞSP」。一部で賭けゴルフ問題や愛人問題などが報じられた横峯氏に、やく氏が「(番組に)よく出て来られたな」などと発言。横峯氏はすぐに「コメンテーターが好き放題、勝手放題、何も調べずにガンガンガンガン言って」とかみついた。その後もやく氏に、「“よく出て来られたな”なんてよく言えるね。なんか知ってんのかよ!」などと言い放ち、太田光や演出家のテリー伊藤らとも口論を繰り広げた。
 横峯氏は「テレビ番組だし、趣旨を知っていたのでスキャンダルについて言われるのは覚悟していた。ただ、ののしるような言い方には腹が立った」などと憤慨、やく氏の事務所に真意をただす文書を郵送した。やく氏の返事を受け取った後に正式な形での謝罪を求める。


---姫井議員、総スカン!地元国政報告会ガラガラ---
2007年12月25日06時01分 スポーツ報知
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20071225-OHT1T00058.htm

 「ぶって姫」こと民主党の姫井由美子参院議員(48)が24日、岡山市で初めての国政報告会を行った。しかし、県連所属議員は、ほぼ全員が出席ボイコット。出席した議員は姫井氏の地盤を受け継いだ県議1人だけで、一般参加者も約4500人に案内を出したうち、約100人しか集まらなかった。不倫騒動にお騒がせ自伝の強行出版で、地元からは離党勧告の声すらあがる参院選勝利のヒロイン。改めて同氏に吹く逆風の強さが浮き彫りになった。
 来賓席には2人しか座っていなかった。クリスマスイブに行われた国政報告会。県連から出席したのは、姫井氏の県議時代の地盤を受け継いだ岡田県議と、次期衆院選で岡山1区から出馬予定の男性候補だけ。後援会長ですら欠席したため、開演のあいさつも急きょ副会長が務めた。「どうか姫井さんを信じてやってください」悲痛な叫びが閑散とした室内に響いた。
 関係者によると、姫井氏の事務所ではFAXも含めて、支援者に約4500通の案内状を送ったという。だが、この日参加したのはたったの約100人。県連幹部にも江田五月参院議長を筆頭に3人の国会議員、4人の県議らに送ったが、6人が欠席。連合や地元町内会長などの有力支援者も欠席が相次いだという。
 元愛人を自称する元高校教師との不倫スキャンダルが報じられて以降、公の場での初の釈明ということもあり「お騒がせいたしました。おわび申し上げます」と深々と頭を下げた姫井氏。しかし、この冷たいクリスマスプレゼントには「しょうがない。仕事で盛り返していきます」と苦笑するだけだった。悲惨なことには、夫と長男、長女の家族3人にも出席をオファーしたが、それぞれ会社の将棋大会、郵便局でのバイト、彼氏とデートで断られてしまったという。
 地元の怒りの原因は、25日に発売される自伝「姫の告白」。「何を書いても悪く報じられるから、衆院選が終わるまでは出すな」という県連や支援者の意見もある中での強行出版。秘書の携帯にも、連日のようにブーイングの電話が殺到しているという。
 さらに、これまでの対応の遅さもあり、愛人報道が現在も尾を引いている。この日、報告会には女性の姿はほとんどなし。地元では、主婦を中心に姫井氏の「辞職を求める有権者の会」が署名活動を行っており、先月までに3万件以上が集まっているという。同会代表の横田康子さん(63)は「参加者が少ないのは女性の怒りの表れです。かつての支援者も我々の中にはいる」と怒り心頭だ。
 そんな声をよそに、この日、報告会後にはクリスマスパーティーが開かれた。支援者が「いろいろありましょうが、気にしないということで乾杯!」と音頭を取ると、姫井氏も勢いよくグラスを突き上げていた。


---古賀氏・武部氏「選挙へ協力」 自民内バトル休戦?---
東京新聞 2007年12月19日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2007121902073274.html

 二〇〇五年衆院選で自民党から初当選した「小泉チルドレン」の処遇をめぐって対立していた古賀誠選対委員長と武部勤元幹事長が十八日、都内で会談し、次期衆院選に向け協力していくことで一致した。
 会合は古賀、武部両氏と親交がある二階俊博総務会長が呼び掛けた。古賀氏が「言いたいことは言ってほしい。それが党のエネルギーになる」と要請すると、武部氏は「それは、その通りだ」と述べた。ただ、チルドレンの後見人を自任する武部氏と「勝てる候補」の擁立を目指す古賀氏の駆け引きが続くのは間違いなく、「手打ち」の効果は不透明だ。
 武部氏は、古賀氏がチルドレンに厳しい候補者選定基準を打ち出したのに対し「理屈に合わないことをやるなら重大な決意を持っている」と反発。古賀氏は「私は最初から政治生命を懸けると言っている」と応じ、対立がエスカレートしていた。

2007年12月26日水曜日

私ママなの

「私ママなの(I'm a mam)」16才のアイドルを風刺した言葉である。
ブリトニースピアーズの妹ジェイミー・リン・スピアーズが16才で妊娠した
報道に対して、風刺したyoutubeの映像が面白い。

パパラッチ風のカメラがジェイミー・リン・に扮した子供を追い回して
インタビューするものだが、雰囲気や映像が本物ぽくて面白い。

さながら日本の辻希美・杉浦太陽の結婚妊娠騒動のようだ。

米国では「どうして避妊しなかったんですか」とは出てこないようだ。

米国芸能界は、記者会見をしないでパパラッチの映像で、芸能人の現状を説明
しているようで、ビジネスモデルとして成立し相互依存の関係にあるらしい。

そういえば、杉浦太陽はテレビ東京の木村籐子の番組で
「もうじき離婚するかも」と言われていた。


---
Pregnant Jamie Lynn Speaks Out

---
Jamie Lynn Spears Pregnant!


---
Zoey 101 Star Jamie Lynn Spears Pregnant!


---
辻&杉浦結婚会見「どうして避妊しなかったんですか?」


---
辻&杉浦結婚会見(直立しての謝罪・釈明)


---辻希美が女児出産「希空(のあ)」と命名 日刊スポーツ---
[2007年11月26日19時11分]
http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20071126-288125.html

 アイドルグループ「モーニング娘。」の元メンバー辻希美(20)が26日、女児を出産した。辻の所属事務所が同日発表した。
 母子ともに健康で「希空(のあ)」と命名したという。辻と夫の俳優杉浦太陽(26)は「言葉にし尽くせない感動と親になった責任を深く受け止めています」とのコメントを発表した。

2007年12月24日月曜日

世界中の愛を込めて

皇室は、嫁いできた妃とその夫の皇太子によって変化する。

日本皇室は、日本神道宗家であるのにもかかわらず、キリスト教聖誕祭の
クリスマスのイルミネーションを鑑賞する。それも、金曜日の夜、人手が多い中、
わざわざ出かける。
宮中祭祀ではイルミネーションはできないが、令制祭祀は外部でやる場合がある。
その神社に、イルミネーションを飾ってお祭りを祝うのが本当ではないのか。
家の祭事を神道で行う家もあるのに、バカ息子にバカ嫁。
家の役割を考えた方が良いと思う。

英国では、離婚し死亡したダイアナの過去のラブレターや妊娠が話題になる。
事故の検証として、本当に必要なのだろうか。
英王室もユーチューブを始めたようだが、ダイアナの映像は見つからなかった。

ダイアナの交通事故時、パパラッチが「おれたちはこれで金を稼いでいる。
放っておいてくれ」と言う。
「血まみれのダイアナの事故写真を誰がみるのか」
それを判断できないパパラッチは相当頭が悪い。
だから、パパラッチしかできないのかもしれない。

天上の人から近所の人に変わることで、本当に良いことはあるのか。

ダイアナ元妃専用webがあるのもすごい。
Princess Diana News
http://dianaremembered.wordpress.com/

ダイアナがドディに送った言葉

「世界中の愛を込めて
Fondest Love, from Diana.」



Lady Diana



CBS NEWS Royal Watcher On Diana Legacy



CBS NEWS A Better Way To Honor Diana




Diana Smile



The Christmas Broadcast, 1957



---天皇陛下の誕生日祝う 皇居で一般参賀---
2007年12月23日18時53分
http://www.asahi.com/national/update/1223/TKY200712230124.html

 天皇陛下の74歳の誕生日を祝う一般参賀が23日、皇居であり、記帳の人をあわせて約1万5600人が訪れた。陛下は午前に3回、宮殿のベランダに立ち、皇后さまや皇太子ご夫妻、秋篠宮さまと手を振って歓声にこたえた。
 陛下は「寒い中、祝意を表しに来てくれたことを感謝いたします。どうか体を大切にされ、よい新年を迎えられるよう願っています」などとあいさつした。
 宮内庁によると、秋篠宮妃紀子さまはまだ肩や腕に強い痛みがあり、一般参賀は欠席した。




---クリスマスイルミネーション、皇太子ご一家がご鑑賞
2007.12.21 20:32
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/071221/imp0712212032001-n1.htm

 皇太子ご一家は21日、東京都渋谷区の恵比寿ガーデンプレイスを訪れ、クリスマスのイルミネーションを鑑賞された。
 午後6時10分ごろ、恵比寿ガーデンプレイスに到着されたご一家は、約15分にわたりご滞在。
 その間、皇太子ご夫妻が、やわらかく温かみのある色合いの美しいツリーや装飾をカメラで撮影したり、世界最大級のバカラ社製「シャンデリア」(高さ約5メートル、幅約3メートル)の前で、長女の敬宮愛子さまと一緒に記念撮影をされた。
 同イルミネーションの今年のテーマは「歓びのかたち」。クリスマスを前に見物客でにぎわっていたが、ご一家の突然のご登場に、仕事帰りとみられる会社員やOLたちは一様に驚いた表情を見せていた。




---英王室もユーチューブ---
東京新聞 2007年12月24日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2007122402074641.html

 英王室は二十三日、世界中の若者らに人気があるインターネット上の動画投稿サイト「ユーチューブ」に、専用チャンネルを開設した。「他国の若者にもっと英王室の考えを伝えたい」と、八十一歳のエリザベス女王の意向によるものだ。
 同チャンネルの第一弾は、初めてテレビ放映された一九五七年のクリスマスメッセージ。若々しいエリザベス女王が、国民に向かって祝いの言葉を述べる姿が収録されている。
 今後は二十五日に今年の同メッセージを載せるほか、女王の各種演説を掲載していく。 (ロンドン・岡安大助)

http://www.youtube.com/theroyalchannel

---ダイアナ元妃の手紙、全文公開「夫」による殺害に不安---
産経新聞 2007.12.20 13:01
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/071220/erp0712201302003-n1.htm

 20日付の英紙デーリー・メールなどによると、パリで事故死したダイアナ元英皇太子妃の死因を究明するためにロンドンで行われている19日の審問で、チャールズ皇太子が交通事故を装い、元妃殺害を計画しているとの不安を示した元妃から執事にあてた手書きの手紙の全文が公開された。
 手紙の内容は報道済みだが、同紙などによると、チャールズ皇太子に言及した「私の夫が」と書かれた部分などを黒塗りにせずに全文が公開されたのは初めて。
 手紙は皇太子と元妃の別居発表後の1990年代に書かれたとみられ「私の夫が車のブレーキ故障による事故で私に重傷を負わせようと計画している」と書かれている。
 この問題でロンドン警視庁は陰謀説を否定し、交通事故死と結論付けた報告書を出している。(共同)



---Princess Diana letter: 'Charles plans to kill me'---
By Gordon Rayner, Chief Reporter
Last Updated: 1:38am GMT 20/12/2007
http://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2007/12/20/ndiana120.xml

A handwritten letter in which Diana, Princess of Wales claimed that the Prince of Wales was plotting to kill her so he could marry Tiggy Legge-Bourke, the former nanny to Princes William and Harry, has been shown at the inquest into her death.
# Full coverage of the inquest

The note was sent to Paul Burrell, the princess's then butler, in October 1993, 10 months after her separation from Prince Charles was announced.

The note written by Diana, Princess of Wales to her butler Paul Burrell



The letter written by Diana to Paul Burrell

She wrote: "I am sitting here at my desk today in October, longing for someone to hug me and encourage me to keep strong and hold my head high.

"This particular phase in my life is the most dangerous - my husband is planning 'an accident' in my car, brake failure and serious head injury in order to make the path clear for him to marry Tiggy. Camilla is nothing but a decoy, so we are all being used by the man in every sense of the word."

The letter has been shown at the inquest at the Royal Courts of Justice in London to witnesses who have been challenged over their assertions that the princess did not fear for her safety.

Mohamed Fayed, the father of the princess's boyfriend, Dodi Fayed, claims that the couple were killed by MI6 on the orders of Prince Philip to prevent them marrying and having a Muslim baby.

Michael Mansfield, QC, representing Mr Fayed, has suggested to close friends of the princess that she had expressed fears for her safety, which they have denied.

During questioning on Tuesday, the letter was shown to Lucia Flecha da Lima, the wife of the former Brazilian ambassador to London and one of the princess's closest confidantes. She said that the princess had never expressed fears for her safety.

"I still don't believe in it," she said. "Paul Burrell was perfectly capable of imitating Princess Diana's handwriting. I don't believe she was fearing for her life, especially from Prince Charles, the future king of your country."

The inquest has already been told that in October 1995 the princess told Lord Mishcon, her solicitor, that "reliable sources" had informed her of the prince's plans "that she and Camilla would be put aside".


---「世界中の愛を込めて」ダイアナ元妃のラブレター公開---
産経新聞 2007.12.15 07:59
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/071215/erp0712150759000-n1.htm

 【ロンドン=木村正人】ダイアナ元英皇太子妃が一緒に交通事故死した恋人のエジプト人大富豪、ドディ・アルファイド氏にあてたラブレターが14日、元妃の死因を調べているロンドン高等法院の審問で公開された。
 この手紙はドディ氏の父親で、英百貨店ハロッズのオーナー、モハメド氏の弁護士が2人の親密な関係を証明するため法廷に提出した。
 元妃が不慮の死を遂げる18日前の1997年8月13日付の手紙には「ドディ様。このカフスボタンは私が世界で一番愛している父から授かったものです。特別なあなたの袖にはめてもらったらどんなに喜ばしいことか。ダイアナより」としたためられている。
 また、同月6日付の手紙には、ドディ氏のヨットで過ごした6日間のバカンスに対するお礼とともに「世界中の愛を込めて」という言葉が添えられていた。
 また92年に、チャールズ皇太子の父、フィリップ殿下が元妃に「あなたとチャールズを応援するため最善を尽くしますが、私には結婚相談の能力はありません」と支援を約束し、元妃が「真心あふれる誠実な手紙をいただき感謝しています」と答えた往復私信も、13日に公開されている。


---Diana inquest: The Dodi letters---
BBS NEWS Last Updated: Friday, 14 December 2007, 18:34 GMT
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/7145139.stm

Two intimate letters from Princess Diana to her boyfriend Dodi Al Fayed have been revealed at the inquest into their deaths.

The letters were written in the month before the couple were killed in a car crash in a Paris road tunnel in August 1997.

They were presented to the High Court in London by Michael Mansfield QC who is representing the father of Mr Al Fayed, Mohamed Al Fayed.

In bringing the letters before the court, Mr Mansfield was trying to show that Diana and Dodi Al Fayed's relationship was serious.

Harrods owner Mr Al Fayed has claimed there was a plot involving the Duke of Edinburgh to murder Diana and his son before they could get married.

The previous day, Diana's close friend and confidante Rosa Monckton had indicated to the inquest jury that the couple's bond was not so strong.

The first of the letters, which are handwritten on Kensington Palace headed notepaper, is dated 6 August.

It concerns a six-day holiday Diana spent on Dodi Al Fayed's yacht, the Jonikal.

The princess describes it as "the most magical six days on the ocean waves".

She says she adored it all and that the combination of laughter and happiness was a "serious treat".






The second letter, dated 13 August, describes cufflinks which belonged to her late father, Earl Spencer, and which she was passing on to her boyfriend.

She said he would be happy that they were in "such safe and special hands".





---婚約指輪購入は「作り話」 ダイアナ元妃審問で証言---
産経新聞 2007.12.7 12:16
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/071207/erp0712071216005-n1.htm

 ロンドンで続いているダイアナ元英皇太子妃の死因審問で6日、元妃が滞在していたパリのリッツ・ホテル元従業員が証言に立ち、生前元妃が恋人のドディ・アルファイド氏とともに婚約指輪を選んだとされる宝石店側の説明は「作り話」だと指摘した。英主要メディアが報じた。
 アルファイド氏の父で同ホテルのオーナー、モハメド氏は、婚約発表直前の2人が英情報機関に殺害されたと主張。しかし、証言は「婚約説」を大きく後退させる内容で、陪審員の判断に大きな影響を与えそうだ。
 報道によると、元従業員は指輪選びに直接関与したと証言。2人が不慮の死を遂げた当日に、アルファイド氏が1人で購入を決めたと述べた。
 元従業員は2人の死後、指輪購入の経緯について「黙っていろと、ホテル支配人から命令された」とも語った。(共同)


---ダイアナ元妃、死の直前に「オー・マイ・ゴッド」---
産経新聞 2007.10.26 10:02
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/071026/erp0710261002000-n1.htm

 【ロンドン=木村正人】約10年前、パリで不慮の死を遂げたダイアナ元英皇太子妃の死因を究明する審問の本格審理が25日もロンドンの高等法院で開かれ、大破した車内で元妃が息も絶え絶えに「オー・マイ・ゴッド(なんていうことなの)」と最期の言葉を残していたことが分かった。
 事故直後、現場に駆けつけたボランティアの消防隊員がこの日、パリからテレビ証言した。それによると当時、大破した車から煙が立ち上り、「パパラッチ」と呼ばれるカメラマンが周りに群がっていた。隊員は、女性が元妃とは気づかなかったが、「オー・マイ・ゴッド」と2度繰り返すのを耳にした。
 警察が、撮影を続けるカメラマンを排除しようとすると、そのうちの1人が「おれたちはこれで金を稼いでいる。放っておいてくれ」と吐き捨てた。別の目撃証人は、カメラマンが「早く戻ってこい。彼女は生きているぞ」と同僚を呼び戻すのを聞いたという。
 当時、現場にいたカメラマン9人とバイク運転手1人はフランス当局による捜査の結果、罪に問われなかったが、審理で常軌を逸した取材活動が改めて浮き彫りになっている。法廷に提出された証拠は審理のウェブサイト(http://www.scottbaker-inquests.gov.uk/index.html)で公開されている。

2007年12月22日土曜日

駐日大使「プレス発表に差があるのは正常」

崔天凱が「プレス発表に差があるのは正常」と述べた。
日中ハイレベル経済対話のプレス発表一部削除で、
「共同文書、共同発表ではないので、それぞれの公表内容に差があるのは正常。
問題があれば事務当局を通じて調整すればいい。そうすれば大きな問題には
ならない」」と言う。
普通、両国で合意の下、異なる発表をすると言うのが慣例だが、今回中国側が
一方的に行った。
日本政府は「国際的慣行からすると、とても理解しがたい」と言うが、
中国からの日本への忠誠度の第一関門くらいしか思っていないのだろう。

また、「(ガス田は、)中日両国の大局、長期的な共通利益から考えれば必ず
解決しなければならない問題であって、解決可能な問題だ」と言う。
例え、これがうまくいったとしても、中国側のプレス発表は国内向けで本当の
ことは発表しないとなる。

この騒動は、中国のプレス発表は嘘が多いと言う印象を世界に広めたことに
変わりない。
いまさらと言うか、前からそう言う傾向はあったから、驚くこともないか。
ボケチンパンは、反中で日本の愛国心をあおり、支持を得るはずが、日本国民
に「だめ政府」とそっぽ向かれる始末。
さすが、ボケチンパン。


---コミュニケ一部削除は問題なし 中国大使会見---
産経新聞 2007.12.20 19:05
http://sankei.jp.msn.com/world/china/071220/chn0712201906004-n1.htm

 中国の崔天凱駐日大使は20日、東京・内幸町の日本記者クラブで会見し、日中両政府が合意したプレスコミュニケの一部を中国側が削除して国内発表した問題について、こだわるべきではないとの姿勢を改めて示した。
 このプレスコミュニケは今月1日に北京で開催された閣僚級による初の「日中ハイレベル経済対話」の内容をまとめたもので、日本側は一部削除をめぐり「国際的慣行からすると、とても理解しがたい」と批判していた。
 崔大使は「それぞれが会議の状況、成果を公表することを決めた。共同文書、共同発表ではないので、それぞれの公表内容に差があるのは正常」と述べ、「問題があれば事務当局を通じて調整すればいい。そうすれば大きな問題にはならない」と語った。


---ガス田問題「解決可能」 中国新大使、首脳会談に期待---
朝日新聞 2007年12月20日23時32分
http://www.asahi.com/international/update/1220/TKY200712200371.html

 中国の崔天凱(ツォイ・ティエンカイ)・駐日大使(55)が20日、都内の日本記者クラブで会見し、27日から予定される福田首相の訪中と来春にも予定される胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席の訪日について「(中日)両国関係の一大事」と述べたうえで、「両国関係の未来について突っ込んだ、十分な意見交換をしていただきたい」と期待を示した。
 着任後、初めての会見に臨んだ崔大使は福田首相について「中日関係を重視し、アジア外交を重視する姿勢を評価する」と述べ、一連のトップ会談に向けて「両国の長期的な発展のための青写真を描き、良好な枠組みをつくるように期待する」と語った。
 また、12月初めの日中外相会談で首相訪中までに解決を目指す方針を確認した東シナ海のガス田の共同開発問題に関しては「双方は十分な切迫感を持って臨んでいる」と述べた。「中日両国の大局、長期的な共通利益から考えれば必ず解決しなければならない問題であって、解決可能な問題だ」とも語り、トップ同士の会談での打開に期待を寄せた。
 一方、拉致問題など日朝関係に対しては「6者協議の枠組みの中で日朝関係正常化に向けた作業部会も発足し、日朝双方の対話を通じて妥当に処理することを期待する」と述べるにとどまった。
 崔大使は上海市出身で、アジア局長や外務次官補などを歴任した。


---ガス田開発:早期解決に期待感 着任の中国大使---
毎日新聞 2007年12月20日 18時39分 (最終更新時間 12月20日 19時59分)
http://mainichi.jp/select/world/asia/news/20071221k0000m030034000c.html

 中国の崔天凱駐日大使は20日、東京都内の日本記者クラブで着任後初の記者会見を行い、東シナ海ガス田開発問題について「日中双方の長期的な共通利益から考えれば、必ず解決しなければならない問題だ」と述べ、早期解決に期待感を示した。
 福田康夫首相の今月末の訪中までの解決は困難との見方が強いことへの見解を問われ、崔大使は「十分な意志と誠意をもって向き合えば、双方とも受け入れられる解決法が見いだせる」と答えた。現在、局長級の日中協議を次官級に格上げする案については「協議の進展にプラスとなるなら、我々は開かれた態度を取る」と語り、格上げに前向きな姿勢を示した。
 「日中ハイレベル経済対話」の共同文書の一部を中国が削除して公表した問題では「プレス発表は共同文書や共同発表ではないので、内容に差があるのは正常なことだ」と中国側の見解を繰り返した。その上で、「意思疎通で問題があれば事務当局で調整すればよい。重要なことは成果を実行に移すことだ」と述べ、共同文書問題が日中関係に影響を及ぼすことに懸念を表明した。【成沢健一】

2007年12月21日金曜日

神奈川県警 イージス艦情報漏えい捜査は形だけか

神奈川県警警視が霊感商法に関与した疑いが浮上した。
一般人には「警察の人がいるから安心」などの勧誘トークし、県警内でも
「神世界(しんせかい)」の霊感商法に引き込み、関与したらしい。
神奈川県警警視は吉田澄雄。
この人の経歴は、公安2課長代理、国際テロ対策室長、警備課長とのこと。

詳細はわからないが、イージス艦情報漏えい捜査では、国際テロ対策室長となる。
この人が国際テロ対策捜査の指示をしていたとすると、捜査は形だけ。
米軍には「(形だけの捜査だが)隊外に漏れていない」と報告したことになる。
イージス艦情報漏えいの国際的な捜査は再捜査、または捜査継続が必要だろう。


---吉田警視 悩む部下に接近、金引き出す 霊感商法事件 朝日新聞---
2007年12月21日07時59分
http://www.asahi.com/national/update/1221/TKY200712200378.html

 県警内では悩みを抱える部下を霊感商法に引き込み、サロンでは「警察の人がいるから安心」などの勧誘トークに使われた――。神奈川県警が詐欺容疑で強制捜査に踏み切った「神世界(しんせかい)」による霊感商法に関与した疑いが浮上している同県警の吉田澄雄警視(51)。関係者の話で、その具体的手法が明らかになった20日、被害者の弁護団が結成される一方で、県警本部長は陳謝した。
 「何か、悩みがあるんじゃないのか」。吉田澄雄警視は勤務中、部下の1人で、県警の機動隊に所属していた30代の男性警官に声をかけた。03年春のころで、吉田警視は県警の公安2課長代理に就いたばかりだった。
 男性警官は春に出した身上調書に「預金は700万円」と書いていた。一方、職場ではイジメを受けていたという。なぜ声を掛けてくれたか不思議だったが、誘われるがままに酒席に付いて行き、悩みを打ち明けた。
 「今の世の中、一番大切なのは健康。お金は2番目だ」と吉田警視に言われた。だが、親しくなるにつれ、金銭を求められるようになっていった。
 トラブルを減らすのに20万円。寮を探すのに20万円。魂を昇らせるのに70万円。特別祈願料で50万円。御礼祈願料で40万円……。
 山梨県甲斐市の「神世界」の施設や東京都内の高級マンション、年2回の集会にも誘われた。東京・渋谷のサロンでヒーリングも受けた。
 知り合ってから半年ほどで貯金は底をつき、県警の共済組合から数百万円を借りた。共済組合から借金するには上司の「承認」が必要だが、これも吉田警視がしたとされる。
 「身上書を見て近付いたり自分の承認で共済組合から借金させたり、立場を使った悪質な勧誘だ」と関係者は憤る。
 吉田警視はかつて県警察学校の教官をしていた。教え子に「義理の兄が銀行役員をやっている。いい話がある」と同期会の飲み会などで融資話を持ちかけることもあった。「1口50万円で元金保証」などと言って、4~5人から430万円を集めていた。
 これらの金は事業資金に充てられたとみられ、関係者は「金に対してはむちゃくちゃだった」と振り返る。

■県警本部長「県民のみなさまに申し訳ない」
 神奈川県警が詐欺捜査の対象にしている霊感商法に、同じ県警の幹部が関与していたとされる前代未聞の不祥事について、田端智明・県警本部長が20日の定例記者会見で陳謝した。
 「警察職員が関与した疑いがあること自体、極めて遺憾。県民のみなさまに申し訳ない」
 だが、今後の捜査については「徹底した捜査をして真相解明をし、その結果をもって厳正に対処したい」と述べるにとどまった。
 吉田警視は、署の課長などを経て、91年に同期の中でも早く警部に昇任した。02年に日韓で開催されたサッカーW杯の際には、警察庁警備課に出向。県警に戻った後、公安2課長代理、国際テロ対策室長と「出世コース」を歩み、今年9月に警備課長に就任したばかりだった。


---霊感商法疑惑の警視解任 神奈川県警、午後にも捜索 東京新聞---
2007年12月20日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2007122002073715.html

 「霊感商法」としてトラブルが多発している山梨県甲斐市の有限会社「神世界(しんせかい)」と関係する施設の賃貸借契約の名義人に、神奈川県警警備課長の吉田澄雄警視(51)がなっている問題で、同県警は詐欺容疑で二十日午後にも、この会社や関係先計十数カ所を捜索する方針を固めた。吉田警視宅と県警本部警備課についても近く捜索する見通し。同社の商法の実態解明を進め、吉田警視の具体的関与を調べる。
 県警は「報道されたような嫌疑があり、職務執行上影響があると判断した」として、二十日付で吉田警視を警備課長から解任、警備部付にした。
 「神世界」は「ヒーリングサロン」などと称して全国数十カ所で施設を展開し「ヒーリング(癒やし)」名目で女性らを勧誘。「先祖のたたりがついている」などと恐怖心をあおり「お守り」などを高額で販売する手法で、全国に被害が広がっているとみられる。
 捜索は、このうち横浜市の会社役員の男性(44)が二〇〇四年五月、祈とう料として約五百万円をだましとられた容疑で行われる見通し。県警生活経済課が二十日午後、山梨県甲斐市の会社や東京都内の関係先について一斉に捜索する。
 県警によると、警視は〇三年四月、同社の下部組織が入居する東京都港区のマンション一室について、賃貸借契約の名義人となっていた。県警は、警視がこの施設にたびたび出入りしていたことを確認。県警内の同僚や部下約十人を勧誘し、一人当たり数万円から数十万円を警視の口座に振り込ませていたとみられる。会社側と警視との間の現金のやりとりについても確認を急ぐ。
 このマンションをめぐっては、連帯保証人が警視と同僚だった県警警察署の警備担当次長(47)だったことも新たに判明。県警は、この次長の関与についても調べる。

2007年12月20日木曜日

自民党ユーチューブチャンネル開設

自民党がユーチューブにチャンネルを開設した。
政府インターネットテレビとは別に新たにユーチューブ上にチャンネルを開設した。
政権交代準備により、政府インターネットテレビは使えなくなるため、独自に
開設したととられてもしかたないだろう。

米国のオバマガールのように、選挙運動に動画を使うのかもしれないが、諸刃の剣と
なり、批判的な動画が増えることにもなる。
小泉衆院選挙の時のようなインターネットによる工作は文字による工作であったが、
今度は、動画による工作となるだろう。
今まで、テレビを録画して、ユーチューブにアップしている動画が多かったが、
直接、ユーチューブの動画を使うことができるようになったと言うこと。

日本版オバマガールは出てくるのか。



【お知らせ】LDPchannel開設しました!


自民党ヒストリー 「歴代総裁20人の歩み」


---自民党がユーチューブに動画サイト 若者にアピール---
2007年12月18日20時13分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071218-00000976-san-pol

 自民党は18日、インターネットの投稿型サイト「ユーチューブ日本版」に公式動画サイト「LDP チャンネル(Channel)」を開設した。政治離れが進む若年層や無党派層へのアピールを狙った与野党初の試みで、福田康夫首相(総裁)、伊吹文明幹事長らのメッセージをはじめ、「ヒゲの隊長」で知られる佐藤正久参院議員による新テロ特措法案解説などが目玉。
URLは、http://jp.youtube.com/LDPchannel

年金記録照合経費は厚労省経費で対策可能

社保庁試算で年金記録照合経費が1500億円。
社保庁の試算で年金記録照合経費が1500億円必要とのことだった。


そうなのかな 年金対策費 厚労省やりくり試算で年1529億円
で示したように
厚労省関係者の人件費で十分補える。
財務省は税金を使わずに、厚労省関係者のみで対策するように指導して欲しい。


---年金記録8億5千万件、照合に1500億円…社保庁試算---
2007年12月20日14時30分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20071220i207.htm?from=tb

 年金記録漏れ問題への対応策として、政府・与党が7月に発表した「コンピューター上の記録と台帳等の突き合わせ作業」について、社会保険庁が約1500億円の経費が必要と試算していることが20日、わかった。
 社保庁のずさんな記録管理の後始末に、膨大な費用が必要なことが判明した。
 社保庁はこの試算結果を、与党の厚生労働関係の国会議員に個別に説明している。
 政府・与党は、該当者不明の約5000万件の年金記録が発生した原因の一つに台帳からの転記ミスがあるとして、7月の合意文書に「被保険者名簿とコンピューターの記録とを突き合わせて確認する」ことを明記した。確認の期限は特に切っていない。
 社保庁のコンピューター上の記録は約3億件。年金記録の台帳は、市町村に約1億3500万件、社会保険事務所などに約7億1100万件保管され、一部マイクロフィルム化されている。照合は民間に委託し、台帳と食い違いがないかを手作業で調べる。費用の大半は人件費だという。

ゴマキ対ブリ 日米で芸能活動止められません 追記あり

日米の家族愛はかなり違う。

日本では、成人を迎えた後藤祐樹が、窃盗と建造物侵入で逮捕されたため、
姉である後藤真希は判決がでるまで活動を自粛、休業した。
ゴマキがモーニング娘。の頃、後藤家は「放任主義だから」とユウキの行く末
を案ずる記事が多かった。
今、ユウキは成人し妻子もいて、犯罪を犯したが、それが、ゴマキの活動にまで
影響を及ぼしている。五軒組みの影響か。

米国では、ブリトニースピアーズが、薬物使用を証言されたり、万引き現場を
放映されてもおとがめなしで、妹は16才で妊娠し、母親は立身出世の子育て本
を出版予定。もっとも、16才で妊娠した女の子を持つ親の子育て本は買う人が
少ないから出版延期となったようだ。

近すぎる家族の後藤家と遠すぎる家族のスピアーズ家、どちらも家族の恥を
さらし、家族の身を削ってそれでも芸能活動をする。
だから、「芸能活動止められません!」だったりして。

追記
「ゴマキ芸能活動止めません」と所属事務所発表。

---ゴマキ弟祐樹被告の共犯者2人逮捕…ゴマキ「謹慎、休業」否定 サンスポ---
2007年12月21日 更新
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200712/gt2007122113.html

 元アイドル、後藤祐樹被告(21)=窃盗罪で起訴、強盗致傷容疑で再逮捕=と共謀して警備員を殴打し、電線を奪ったとして無職、井木拓弥(20)と同、新山裕太(21)の両容疑者が20日までに、警視庁小松川署に逮捕された。
 調べでは、両容疑者は今年9月、祐樹被告と渋谷区富ケ谷のビル建設現場で男性警備員(57)を脅迫。逃げようとした警備員を殴打するなどし、電線12束(20万円相当)を奪って逃走した疑い。警備員は約1カ月の重傷を負った。3人は中学の同級生という。
 また、祐樹被告の姉で元モーニング娘。の後藤真希(22)が謹慎、休業すると一部で報じられたことに、所属事務所は「謹慎でも休業でもない」と全面否定。「現在ハロー!プロジェクトを卒業し、今後の活動方針を模索している最中。弟の判決が出たと同時に、後藤が活動を再開するということはない」と説明している。


---ゴマキ 弟の判決日まで芸能活動休業 sponichi---
[ 2007年12月20日付 紙面記事 ]
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/12/20/01.html

 元「モーニング娘。」後藤真希(22)の弟で、窃盗と建造物侵入の罪に問われた元音楽ユニット「EE JUMP」メンバーの後藤祐樹被告(21)の初公判が19日、東京地裁で開かれた。祐樹被告は「間違いありません」と起訴事実を認め、傍聴席で愛児を抱いて見守る妻と母親に、心配しないよう目で合図を送った。後藤は弟の判決が出るまで休業する。
 祐樹被告の事件の影響で、10月28日の埼玉・大宮ソニックシティ公演を最後に芸能活動を自粛している後藤真希。関係者によると、弟の判決が出るまで休業する意向だ。
 祐樹被告は今後、別の強盗傷害事件で追起訴される見通し。初公判同様、起訴事実を認めるなどすれば、ゴールデンウイーク前後には判決が出るとみられる。
 家族思いで知られる後藤は、現在1人暮らしをしており、母親と姉、弟夫婦とその子供2人が暮らす都内の実家には頻繁に顔を出していた。小学生の時に父親を事故で亡くし、母親が飲食店を営みながら4人の子供を育ててきた姿を見ており「家族が一番大事といつも言っていたし、高校生の時には総工費6000万円で家を建てた」(知人)という。
 芸能界をドロップアウトした祐樹被告に対してもサポートを続け「バイクを買ってあげたりしていた」(近所の人)というから、弟の事件へのショックは計り知れない。「家族の事情」を理由にデビュー時から在籍してきたアイドル集団「ハロー!プロジェクト」からの卒業を発表し、ファンには「これから先のことはまだ分かりません」とコメント。ブログも閉鎖し、今後の活動は完全に白紙状態になってしまった。
 関係者は「彼女は本当にまじめな性格。現段階でも新たな仕事は入れていないし、判決が出るまで仕事のスケジュールを入れることすらしないかもしれない」と話した。


---ゴマキ弟、後藤祐樹被告が窃盗認める 日刊スポーツ---
[2007年12月20日8時14分 紙面から]
http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20071220-297550.html

 住宅工事現場から転売目的で銅線を盗んだとして、窃盗と建造物侵入罪に問われた男女ユニットEE JUMP元メンバーの後藤祐樹被告(21)の初公判が19日、東京地裁(中島経太裁判官)で開かれ、起訴事実を全面的に認めた。首筋にコイのタトゥーが見え隠れする上下黒のスーツ姿にサンダル、丸刈りから無造作に伸びた髪形の後藤被告は、裁判所の手違いで約5分遅れて入廷。起訴事実について「間違いありません」と認めた。検察官の冒頭陳述は、うつむき床の1点を見詰めたまま聞いていた。
 傍聴席に姉の歌手後藤真希(22)は姿を見せなかったが、母親と妻、生後半年とみられる2人目の子供が見届けた。閉廷後、後藤被告は母に一礼、妻にも目配せし、うなずき合った後、わずかに白い歯を見せた。
 検察側によると、後藤被告は芸能界を引退後、カラオケ店、建設会社、飲食店を転々とした後、逮捕前まで千葉市の建設会社でとび職として働いていた。母親、きょうだい2人、妻と2児の計7人暮らし。犯行理由として(1)2人目の子供が生まれ養育費が必要だった(2)母親が経営していた飲食店を閉めて収入が減った(3)マンションの修繕費を請求されたことなどが挙げられ、金ほしさに犯行に及んだと指摘された。次回公判は来年1月24日に開かれ、余罪の東京都渋谷区の強盗致傷罪と合わせて審理される予定。


---ゴマキ弟祐樹被告、窃盗と建造物侵入容疑に「間違いありません」サンスポ---
2007年12月20日 更新
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200712/gt2007122013.html

 工事現場から少年4人と共謀して大量の銅線を盗んだとして、窃盗と建造物侵入の罪に問われたアイドルグループ、EE JUMPの元メンバー、後藤祐樹被告(21)=写真=の初公判(中島経太裁判官)が19日、東京地裁で開かれた。首に彫った鯉の入れ墨をのぞかせた黒いスーツ姿の後藤被告は「間違いありません」とはっきりと起訴事実を認めた。次回公判は来年1月24日。

 元モーニング娘。の歌手、後藤真希(22)の実弟として注目されながら、平成14年に芸能界を引退。それから5年、被告人として法廷に姿を現した後藤被告は罪状認否で「間違いありません」と自らの犯行を認めた。
 この日、後藤被告は左首筋の鯉の入れ墨がのぞく黒いスーツに白いシャツ、サンダル姿で入廷。髪はやや伸び、時折疲れた表情を見せるなど以前の鋭い眼光はなかった。
 冒頭陳述によると、後藤被告は4月ごろ、旧型バイクを120万円で購入するとともに、17~19歳の少年らを集めて旧型バイク愛好会「フベンテッド」を結成。6月下旬、同愛好会のメンバーから「銅線を盗んで売ればもうかる」などと銅線の窃盗を持ちかけられた。
 当時、母親経営の居酒屋が閉店し、住んでいたマンションの修理費、6月に第2子が誕生するなど出費が増えたことから犯行に同意。銅線盗を繰り返すようになり、7月14日、少年4人と共謀して、東京都江戸川区の工事現場から銅線48束など(計約48万円相当)を盗んだという。
 初公判は午後1時半から約20分程度。公判中は手をひざの上に置き、終始うつむき加減で一点を見つめ、その姿を傍聴席の母と愛児を抱いた妻は心配そうに見守っていた。中島裁判官が閉廷を告げると、傍聴席の母と妻の方を向いてアイコンタクトを取った後、会釈して法廷を後にした。
 後藤被告は9月に東京都渋谷区の建設現場から警備員を殴り銅線を奪ったとして、11日に強盗傷害容疑で警視庁小松川署に再逮捕されており、今月中にも追起訴されるとみられる。

★ファン「更正して戻ってきて」
 人気アイドル、ゴマキの弟が起こした衝撃事件に社会の関心度は高く、この日東京地裁前には20枚の一般傍聴券を求めて328人が長い列を作った。アイドル時代の後藤被告のファンだったという都内在住の女性(19)は「何度もユウキの元気な笑顔に支えられました。奥さんや子供のためにも罪をきちんと償って更正して戻ってきてほしい」と懇願していた。



---ブリトニーの妹、お腹の子の父親に「16歳との淫行は犯罪になる」と捏造疑惑?---
シネマトゥデイ 2007年12月28日
http://cinematoday.jp/page/N0012413

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 16歳で妊娠を発表したブリトニー・スピアーズの妹ジェイミー・リンだが、父親は恋人のケイシー・アルドレッジではないとアメリカで報道されはじめている。スター誌によると、16歳同士の妊娠というふうに見せかけるため、スピアーズ家がアルドリッジに父親のフリをするよう金を払ったのとのこと。
 本当の父親はジェイミー・リンが主演しているニコロデオンの番組「ゾーイ101」(原題)の関係者で年上の男性だとうわさされている。しかし、これが事実ならば、16歳以下の子とセックスをしたことで法定強姦罪に問われることになり、それもあって名乗り出ていないのではないかと報じられている。


---ブリトニー・スピアーズの妹、16歳のジェイミー・リン・スピアーズが妊娠---
2007年12月20日更新 RSS配信
http://eiga.com/buzz/show/9874

[eiga.com 映画ニュース] ブリトニー・スピアーズの16歳の妹、ジェイミー・リン・スピアーズが妊娠していることが明らかになった。
 米ゴシップ誌OK!の妊娠報道をジェイミー・リンと母親が認めたもので、彼女は現在、妊娠3カ月。かねてより交際している恋人ケイシー・アルリッジとの子供であり、「2人とも予期していなかったから、本当にショックだった」と明かしている。
 同誌によると、ジェイミー・リンは自宅で簡易テストをした後、医師のもとを訪れ妊娠が分かったそうだが、それから2週間、親友の1人にしか打ち明けなかったとのこと。その後、家族に事実を伝えたらしい。「私の決断が他人の意見に影響される前に、自分で考える時間が必要だったの。すごく怖かったけれど、私にとって正しい選択をすべきだったのよ」と、出産を決意するまでの葛藤を語っている。
 母親のリン・スピアーズは、11月のサンクスギビングデイ(感謝祭)直前に妊娠を知らされたそうで「信じられなかった。ジェイミー・リンは門限も破らないまじめな子よ。ショックだったわ。まだ 16歳の娘なのよ」と困惑。一方、ブリトニーは報道されるまで妊娠を知らなかったようだ。なお、ジェイミー・リンが出演する番組「ゾーイ101」を放映するキッズ向けTVチャンネルのニコロデオンは、「私たちは、このデリケートで個人的な問題に対するジェイミー・リンの責任ある決断を尊重します。彼女や家族にとって非常に難しい時期ですが、私たちが最も優先すべきことはジェイミー・リンの幸せです」と声明を発表している。



---ブリトニーの母親の子育て指南書、出版延期に AFPBB---
2007年12月20日 09:47 発信地:ロサンゼルス/米国
http://www.afpbb.com/article/entertainment/news-entertainment/2328088/2469013

【12月20日 AFP】米人気歌手ブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)の妹の妊娠報道が全米メディアを賑す中、母親リン・スピアーズ(Lynne Spears)さんが著した子育てに関する本の出版延期が、19日に明らかになった。
 本のタイトルは『Pop Culture Mom: A Real Story of Fame and Family in a Tabloid World(ポップカルチャー・ママ:タブロイドの世界における、名声と家族の真実の物語)』。2008年4月に出版社トーマス・ネルソン(Thomas Nelson)から出される予定だったが、トーマス・ネルソンの広報担当は、「前週、リンさんとの話し合いの末、出版延期が決定した」と発表した。
 出版延期のニュースが報じられたのは、リンさんのもう1人の娘、ジェイミー・リン・スピアーズ(Jamie Lynn Spears、16)の妊娠が発覚した直後だった。人気ドラマ番組『Zoey 101』に出演中のジェイミー・リンは、21日発行の芸能誌「OK!」とのインタビューで、恋人のケーシー・オルドブリッジ(Casey Aldridge)さんの子どもを妊娠していることを告白している。
 一方ジェイミー・リンの姉、ブリトニーは、2人の息子の親権をめぐって、元夫のケヴィン・フェダーライン(Kevin Federline)と係争中。ブリトニーは以前、母親リンさんとの確執が報じられていたが、10月には関係を修復していた。(c)AFP


---ブリトニーの側近がアルバム不買運動を展開、母親は暴露本を計画中---
2007年10月30日更新 RSS配信
http://eiga.com/buzz/show/9248

[eiga.com 音楽ニュース] ブリトニー・スピアーズの元側近たちが、彼女の新アルバム「ブラックアウト」を買わないようファンに呼び掛けている。元ボディガードやバックダンサー、メイクアップアーティスト、友人らが一致団結して、「Be Proactive To Help(率先して助けよう)」という名のサイトをMySpaceに開設、不買運動を繰り広げているのだ。
 彼らの目的は、ブリトニーの所属レーベルであるジャイブ・レコードに対して「苦しんでいるブリトニーをサポートせよ」と訴えること。グループの1人は「レーベルは、彼女が苦しんでいるのを見て見ぬフリをしています。売り上げに影響が出なければ、それでいいのです。だから、私たちはブリトニーがパフォーマーとして完全復帰したら、彼女の音楽や商品を買うつもりだとレーベルに知らせ、今は買わないことを選択するのです」と話している。
 友人たちの“心ある不買運動”を知ってか知らずか、ブリトニーの周辺ではまたひと悶着起きそうだ。10月26日、米ピープル誌が伝えたところによると、ブリトニーの母親であるリン・スピアーズが暴露本の出版を計画中とのこと。すでに大手トーマス・ネルソン社と出版契約を交わしたとの情報もある。
 その本は、「ルイジアナ州のさびれたコミュニティ出身でありながら、いかにして2人の娘を有名人に育て上げたか」といった内容の手記になる模様で、08年春にも発売されるとか。ブリトニーだけでなく、女優として活躍するブリトニーの妹ジェイミー・リンの母でもあるリン・スピアーズだが、ブリトニーとは今年6 月にリハビリや子育てに関することで意見が対立、今月になってようやく和解したことが伝えられたばかりだ。この本がきっかけで、再び親子関係が悪化するのではと危惧する声もある。


---ブリトニー・スピアーズ、薬物使用が公表され親権争いも大ピンチ!---
2007年9月20日更新 RSS配信
http://eiga.com/buzz/show/8766

[eiga.com 音楽ニュース] 先日のMTVビデオ・ミュージック・アワードで惨憺たるパフォーマンスを披露してしまったブリトニー・スピアーズ。9月16日に行われたエミー賞授賞式で謝罪のチャンスをもらおうとしたが、願いかなわず、恥の上塗りをしたばかりだ。そんな彼女に、新たなピンチが訪れた。
 9 月17日、ブリトニーの元ボディーガードであるトニー・バレットが、ブリトニーと元夫のケビン・フェダーラインの間で争われている2人の息子の親権に関する審問にて、ブリトニーが家庭内で裸で過ごしたり、薬物を使用したりしていたと証言したのだ。これは、バレットの弁護士により明らかにされたもので、今年 3月から5月17日までブリトニーのボディーガードを務めたバレットは、子どもたちの安全性を不安視していると審問で語ったという。
 フェダーライン側の弁護士は審問に関するコメントを拒否したが、フェダーラインはブリトニーからの金銭を要求しているのではないと記者に語り、次回の審問が11月中旬に行われる可能性を示唆した。
 一方のブリトニーは同日、担当弁護士を交代させるとともに、所属マネージメント会社との契約も解消。また、ロサンゼルス高等裁判所はブリトニーに対し、週2 回のアルコール&薬物テストと育児トレーニングを受けるよう要求した。ブリトニーはポップスターとしてのキャリアだけでなく親権争いでも、いよいよ難しい局面に追い込まれた形だ。

魅力的なインド軍

インドと中国が合同軍事演習を行う。
「戦略的パートナーシップの構築」を合意したインドと中国が陸軍の合同軍事
演習を行う。

昨年には上海条約機構でも準加盟国になった。
露から購入して原爆を保有し、su T-50を露(空軍?)と開発を進める。
9月には、中国牽制のために日米印豪シンガポール海軍によるインド洋での
軍事演習を行った。

地勢的な問題なのか、インド軍は親米、反米ともに魅力的なようだ。

そういえば、日本も「戦略的互恵関係」を結んだなあ。


---中・印の陸軍、20日から初の合同演習---
2007年12月19日23時2分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20071219id21.htm

 【ニューデリー=永田和男】インド陸軍と中国人民解放軍は20~27日に中国・雲南省の昆明で、両国の陸軍同士としては初の合同軍事演習を行う。
 1962年の中印紛争の主因である国境画定問題が未解決であるにもかかわらず合同演習に踏み切るのは、05年に「戦略的パートナーシップの構築」で合意した両国が、軍事面でも協力関係を拡大させる意思を示す狙いがあるものと見られる。


---中国牽制、インド洋で日米印など軍事演習開始 産経新聞---
2007/09/05 13:12更新
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/82547

 【シンガポール支局】インド洋のベンガル湾で4日、日本、米国、インドなど5カ国が参加して合同軍事演習「マラバール」が始まった。インド海軍は、海賊偵察や救助が目的で、中国を威圧するものではないとしているものの、インド洋沿岸諸国を支援し軍事協力網の拡大を図る中国を牽制(けんせい)した内容だ。
 軍事演習が行われた周辺の海域は、海賊被害が相次いでいるマラッカ海峡の北西の入り口に当たる。日米印のほかオーストラリアとシンガポールが参加。9日までの間、米印の空母や日本の護衛艦など20隻以上が参加し、偵察機に支援された戦闘機約160機も上空で演習を行う。実弾は使用しないものの、インド洋で行われる多国籍演習としては最大規模となる。
 一方、インド国内の左派勢力は軍事演習に米国が参加していることに反発。演習海域に近い西ベンガル州の州都コルカタでは左派勢力の80人が4日、抗議行動を行ったほか、シン政権に閣外協力している左派共産党も「外交政策でインドを米国に結びつけようとする試みは受け入れられない」との声明を発表した。


---上海協力機構 米への対抗軸模索 軍事的連携も視野に 西日本新聞 2006/06/16---
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/20060616/20060616_003.shtml

 中国、ロシアと中央アジア4カ国でつくる上海協力機構(SCO)が創設5周年を記念する首脳会議を開いた。SCOはイラン、インドなどを準加盟国とし、人口や面積、資源埋蔵量で欧州連合(EU)や北大西洋条約機構(NATO)を圧倒。
 「独裁国の集まり」(米研究者)との批判を受けつつもイラン大統領を会議に招き、同国と核開発問題で対立する米国の神経を逆なでした。石油や天然ガスなどの戦略物資を武器に、SCOは米主導の国際秩序に挑戦する。
 「SCOは横暴な大国の脅威や、国際問題での彼らの攻撃的な影響力を阻止することができる」
 イランのアハマディネジャド大統領は15日、同会議でこう述べ、SCOを米国との対抗軸とみる考えを鮮明にした。
 ホスト国中国は「NATOと日米安保条約に挟まれ、脅かされてきた。自らの組織を持ち、米国の圧力を緩和したい」(中国研究者)。このため、SCOの枠組みを重視し、強化を図る。
 中国はSCOが「排他的ではない」(劉建超・外務省報道局長)として、米国などに気遣いを示すが、首脳会議への同大統領招待を含め、外交で米国に対抗する動きを見せているのも事実だ。
 ロシアも最近はウクライナへの天然ガス一時停止などで米国と対立、米ロは「第2の冷戦」とも呼ばれる外交的緊張関係にある。ロシアが議長を務める主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)も迫り、SCOはロシアにとって、米国に対抗する足場として重要性を増した。
 プーチン政権にはSCOを政治、経済に加え、軍事的関係を持つ「NATOに対抗しうる組織」(外交筋)へ脱皮させる意図もありそうだ。米専門家は、旧ソ連を盟主とした冷戦期の軍事同盟になぞらえ、SCOが「新ワルシャワ条約機構」となる可能性に懸念を示す。
 だが、中ロとも今のところは、米国と本格的に対立する思惑はないといっていい。中国人研究者は「中国の経済発展に対米協調は欠かせない」と指摘、SCOは「米国けん制の道具」という側面が強いとみる。 (上海、ワシントン共同)

豪捕鯨監視 軍艦から税関船で監視

豪の捕鯨監視が軍艦から税関船による監視になった。
さすがに、軍艦を出せば外交問題となるし、海軍が暇でないことがわかった
ようだ。

捕鯨活動を写真とビデオで撮影と言うが、テロリストの活動を記録するための
資料として、国際司法裁判所に提出する気はあるのか。

国際的にテロ撲滅を叫ぶのに、テロ支援国家として不名誉な称号を与えられる
豪政府は満足か。


---豪政府、日本の捕鯨活動を空・海から監視へ…中止要請も---
2007年12月19日19時53分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20071219i212.htm

 【シドニー=新居益】オーストラリアのスミス外相は19日、キャンベラで記者会見し、日本が南極海で今月にも開始する捕鯨について、近く政府代表を日本に派遣して中止を求めるとともに、国際法廷への提訴も視野に、航空機と艦船で日本による捕鯨活動を監視する方針を発表した。
 豪州政府は、税関の船と環境省保有の航空機を南極海に派遣し、日本の捕鯨活動を写真とビデオで撮影する。これらの映像を基に、国際司法裁判所などに捕鯨の違法性について提訴できるかを検討する。
 日本は南極海で今漁期にザトウクジラ50頭を含む約950頭のクジラを捕獲する予定。だが、ザトウクジラの捕獲は四十数年ぶりであることなどから、豪州世論は反発を強めている。
 豪州は元々反捕鯨国で、今月初めに発足したラッド労働党政権は、「反捕鯨」の立場を一層強硬に打ち出すと公約していた。


---日本の捕鯨を監視 巡視船出動へ オーストラリア---
産経新聞 2007.12.19 11:38
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/071219/asi0712191138004-n1.htm

 オーストラリアのスミス外相とギャレット環境相は19日、記者会見で「調査捕鯨に名を借りたクジラの殺りくをやめさせるため、日本の捕鯨船を監視する税関の巡視船を数日以内に南極海に派遣する」と発表した。
 外相によると、派遣はあくまで国際海洋法裁判所への提訴など法的手段をとる場合に備えた証拠集めが目的。クジラ捕獲現場の写真やビデオ撮影は行うが、捕獲作業への介入や強制的な取り締まりは断じてしないとした。巡視船の活動は20日間に上る見通しで、航空機による空からの監視活動も同時に実施する。
 外相はこの決定を事前に日本政府に伝えたと述べた。また、監視活動と同時に、他国と協力して日本政府に正式な外交抗議活動を行う予定だとも語った。
 日本鯨類研究所(東京都中央区、森本稔理事長)の船団は11月18日、山口県下関市の下関港を出港。南極海でクロミンククジラ約850頭と、ナガスクジラ、ザトウクジラ各50頭を捕獲する予定。(共同)

2007年12月18日火曜日

Su50 200億円以上か

「Su50はF22をしのぐ第5世代戦闘機になるだろう」と言う。
巡航速度、ステルス機能は技術的進歩に伴い、性能が上がるが、それに伴い
開発費と製造費が膨大にかかる。
ソ連がなくなった軍事計画がいい例だ。

F22は220億円(米国仕様)だが、Su50はいったいいくらになるのだろう。
露は買えても、インドは一機220億円の機体を100機も買えるのか。

F22の心臓部は半導体だが、Su50の心臓部は真空管か。
昔は聞いた冗談を思い出す。

他人が開発した資源を横取りして、懐が豊かになった露が、
次にやることは、武器をつくり、領土を広げること。
やっぱり、狩猟民族の血は何年たっても遺伝子の中に残るのだろう。


---ロシア空軍司令官「Su50はF22をしのぐだろう」 朝鮮日報---
http://www.chosunonline.com/article/20071217000048

 「ロシアのSu(スホーイ)50は米国のF22ラプターをしのぐ第5世代戦闘機になるだろう」
 これはロシア空軍のアレクサンドル・ゼリン司令官が15日、国営ロシア・ノーボスチ通信社とのインタビューで「第5世代戦闘機の設計が完了、戦闘機の原型製作準備に着手した」と明らかにした際の発言だ。同氏はまた、「2009年の初試験飛行と実戦配備を経て、10年以降は大量生産が可能」との見通しも語った。ロシアの第5世代戦闘機事業は今年10月、インドと共同開発協定が締結されてから本格化した。戦闘機専門メーカーのスホーイ社と、インドのヒンドゥースタン航空社が共同開発中で、製造はロシア極東の工業都市コムソモルスク・ナ・アムーレで進められている。
 Su50の特徴は、追加でエンジンを稼動させなくても超音速で巡航飛行する能力である「スーパークルーズ」と、敵のレーダー網にキャッチされない「ステルス」機能だ。最大速度はマッハ2.5だが、スーパークルーズ時でもマッハ1.8を出す。F22ラプターの最大速度はマッハ2.42、スーパークルーズ時はマッハ 1.72だ。ステルス機能の原理も違う。F22ラプターは機体に塗料を塗り、レーダー波を反射させることでステルス機能を発揮する。一方、Su50はレーダー波を吸収してしまう低温プラズマ膜を機体の周囲に形成する方式を採用している。F22ラプターと同じく、Su50もミサイル・燃料タンクなどを機体に内蔵している。もちろん、武器を外部に出せば、ステルス機能は期待できない。
 このように両戦闘機は、レーダーに露出する面積を少なくすることで制限的なステルス機能を持つことから、ミサイルなどを外部に装着し、1970‐2000年代初めに開発されたF15やSu35などの「第4世代戦闘機」と区別するため「第5世代戦闘機」と呼ばれている。



---ロの軍縮条約停止に遺憾 NATO事務総長 産経新聞---
2007.12.14 16:24
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/071214/erp0712141625008-n1.htm

 来日中のデホープスヘッフェル北大西洋条約機構(NATO)事務総長は14日、都内の日本外国特派員協会で記者会見し、ロシアが欧州通常戦力(CFE)条約の履行を停止したことについて「遺憾であり憂慮している」と述べ、履行再開に向け、対話する必要があるとの考えを示した。
 またアフガニスタンへの復興支援について「日本の支援に感謝している。引き続き日本の役割が注目されている」と強調。ヘリコプターなどが不足していると指摘し、日本に対して民生用ヘリや医療チームの派遣などの検討を求めたいとした。
 アフガニスタンには、NATO率いる国際治安支援部隊(ISAF)約四万人が展開しており、同事務総長は「自爆テロなどがまだ起きているが、復興は進んでいる」と話した。(共同)


---『MD強行許せぬ』 ロシアも米と距離 外洋に海軍派遣も 東京新聞---
2007年12月7日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2007120702070330.html

 【モスクワ=常盤伸】プーチン政権がブッシュ米政権による東欧でのミサイル防衛(MD)計画などをめぐり、米国との対決姿勢を強めている。ロシアのラブロフ外相は五日、米側の新提案について、強い失望感を示した。米ロはプーチン大統領与党が圧勝したロシア下院選の公正性をめぐっても非難の応酬を展開、来春のロシア大統領選を前に米ロ関係の悪化に拍車がかかりそうだ。
 MD計画をめぐり、米ロは十月に外務、国防相による2プラス2会談を行った。ラブロフ外相によれば米国側はチェコでのレーダー施設は建設後も当面稼働させずポーランドの迎撃ミサイル基地にもミサイルを充てんしないと口頭で提案、ロシア側はミサイル基地へのロシア軍将校の常駐を要請したという。
 しかし先月下旬に米国側が書面で示した提案はミサイルの稼働はあくまで米国側の判断で決定、ロシア将校はチェコ、ポーランド政府の承認で一時的に両国のミサイル基地を訪問できるという内容。同外相は「重大な後退だ」と指摘し、スリスカ下院副議長も同日、「世界の主人のように振る舞う米国の野心に対抗するため、ロシアのミサイルを配備可能にする法律を(議会で)採択すべきだ」と非難した。
 一方ロシアのセルジュコフ国防相は同日、プーチン大統領に「ロシア海軍が世界中の海洋での常駐が再開した」と述べ、ロシア海軍艦隊が同日から大西洋北東部と地中海に長期間派遣する訓練を開始したことを明らかにした。プーチン大統領は先月末には欧州通常戦力(CFE)条約の履行停止をうたった法案に署名している。

---Picture: Russian Sukhoi T-50 fighter images emerge---
Posted on: Apr. 24th, 2007 || Source: Flight Global
http://www.air-attack.com/news/news_article/2469/Picture-Russian-Sukhoi-T-50-fighter-images-emerge.html

Powerplant maker's website reveals snapshot of possible configuration of fifth-generation PAK FA combat aircraft

Russian engine manufacturer NPO Saturn's website has provided what appears to be a first glimpse of Russia's fifth-generation fighter under development as part of the PAK FA project.

NPO Saturn has been selected to supply engines for the Sukhoi T-50, which won the Russian ministry of defence's tender over a rival submission from RSK MiG.

The simplified image of the T-50 shows it to be a twin-engine design with a classic aerodynamic layout resembling the Lockheed Martin F-22A Raptor. However, its smaller horizontal and vertical control surfaces reflect the fact that the aircraft is expected to use vectored thrust for pitch, yaw and roll control.


The T-50 © NPO Saturn

こんごう ミサイル迎撃試験成功

イージス艦「こんごう」がミサイル迎撃試験に成功した。
ハワイ沖で米海軍指導(?)のもと、米軍の軍事衛星やレーダーの目と米軍
イージスシステムの頭と米軍の迎撃ミサイルと米軍の実戦訓練による賜物。
海自はなにをしたのだろうか。

想像すると、米軍の土俵で「ボタン押せ」と言われて海自隊員が押した結果、
「こんごう」からミサイルが発射して、熱追尾、電波反射をよくした模擬
ミサイル(当たりやすくした)に迎撃ミサイルをぶつけるのに成功と思う。
実戦でどこまで命中精度があがるかはまた別の話。

イージス艦情報漏えいで、レーダー周波数、種類や数が漏洩したみたいだから、
敵対軍が妨害電波だせば命中率はもっと低くなる。ただの金食い電子レンジ艦に
ならないことを望みます。


---ミサイル迎撃試験に成功 ハワイで海自イージス艦 東京新聞---
2007年12月18日 13時24分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007121801000072.html

 【カウアイ島(米ハワイ州)17日共同】弾道ミサイルに対処する政府のミサイル防衛(MD)計画で、防衛省は17日正午(日本時間18日午前7時)すぎ、海上自衛隊のイージス艦「こんごう」に搭載した海上配備型迎撃ミサイル(SM3)の発射試験を米ハワイ・カウアイ島沖で実施、標的の模擬ミサイル迎撃に成功した。
 米国以外の国によるSM3の試射は初めて。弾道ミサイル対処能力を実証したことで、日本のMDは大きく前進した。
 試験では、米海軍の協力でカウアイ島の米軍施設から標的用の中距離弾道ミサイルの模擬弾1発を発射した。数百キロ離れた海上で待機していたこんごうがイージスシステムの高性能レーダーで探知し、SM3を1発発射。高度100キロ以上の大気圏外で標的用ミサイルを撃ち落とした。


---課題は機密保全 迎撃ミサイル成功 産経新聞---
2007.12.18 11:18
http://sankei.jp.msn.com/world/america/071218/amr0712181118009-n1.htm

 海上自衛隊のイージス護衛艦「こんごう」が日本のミサイル防衛(MD)システムの基幹をなす海上配備型迎撃ミサイル(SM3)の初の迎撃実験を成功させたことで、北朝鮮や中国の弾道ミサイルの脅威に対する備えが一歩前進した。ハイテクの粋を集めた迎撃態勢は着々と整うが、一方で機密保全態勢の確立など、使う「人」の能力向上が課題となる。
 「こんごう」は来年1月初旬に日本に帰国し、実戦配備される。防衛省は当初、来年3月までの配備を予定していたが、昨年7月の北朝鮮による弾道ミサイル発射や同年10月の核実験を受け、配備を早めた。平成20年度末には2隻目のSM3搭載艦「ちょうかい」が配備され、日本全土をカバーする態勢が整う。
 石破茂防衛相は18日午前の記者会見で「極めて意義深い。今回成功したから100%大丈夫だということには必ずしもならないが、わが国が考える多層的な迎撃システムの信頼性が大きく前進した」と強調した。
 MDシステムは、発射された弾道ミサイルを大気圏外でとらえるSM3と、撃ち漏らしたミサイルを地上から迎撃する地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の2段構え。PAC3は既に航空自衛隊入間基地(埼玉県)に配備され、行政機能が集中する首都圏の備えは着々と進む。
 ただ、弾道ミサイル発射を探知する上で米国の偵察衛星や早期警戒衛星の「目」に大きく頼る現状では、日米両国の情報共有が極めて重要だ。イージス艦中枢情報流出事件で露呈した日本側の機密保全態勢のずさんさをどう改善するかが、MDシステムの実効性を高める上での課題になる。


---海上配備型ミサイル、初実験成功 宇宙空間で標的を迎撃 朝日新聞---
2007年12月18日10時50分
http://www.asahi.com/politics/update/1218/TKY200712180035.html

 弾道ミサイル防衛(BMD)の海上配備型迎撃ミサイル(SM3)を搭載した海上自衛隊のイージス艦「こんごう」は17日正午すぎ(日本時間18日早朝)、米ハワイ沖で初の実射訓練を実施し、標的のミサイルを大気圏外で迎撃するのに成功した。ハワイ・カウアイ島の米軍施設で防衛省が発表した。米国以外の国が、SM3の実射実験をしたのは初めて。
 こんごうは来年1月上旬、海自佐世保基地(長崎県佐世保市)に実戦配備される。地対空ミサイルとイージス艦による日本のBMDは、新たな段階に入った。
 米軍が現地時間の17日午後0時5分、標的となる模擬弾道ミサイルを発射。その4分後、カウアイ島沖のこんごうがSM3を発射し、0時12分、上空100キロ以上の大気圏外で命中させた。
 日本のBMDは、まず、SM3を搭載したイージス艦で敵のミサイル迎撃を目指し、撃ち漏らした場合は、地上に配備した地対空誘導弾パトリオット3(PAC3)で再び狙う仕組み。防衛省は10年度末までに、SM3搭載のイージス艦計4隻を配備する一方、首都圏や中京・京阪神地区など計16カ所でPAC3の配備を進める。
 実験に立ち会った海上幕僚監部の河野克俊防衛部長は「これで、上層と下層という多層で弾道ミサイルに対処する態勢ができた。日本の防衛の結節点だ」と実験の意義を強調した。
 実験後に米軍施設内で会見した江渡聡徳防衛副大臣は「この成功は、日米両国が今後も継続する技術・運用面の協力の成果だ」と述べた。同席した米ミサイル防衛局のオベリング局長は「日米の協力のうえでとても重要なできごとだ。日本は大きな一歩を踏み出した」とした。
 こうした整備には1兆円を超す費用がかかる見通しだ。実験は初期段階に入ったばかりで今後も続く。米軍は新装備の開発で日本にも負担を求めており、出費はさらにかさむ。このため、巨額な負担を伴うBMD整備をどこまで続けるのか、疑問視する声もある。


---弾道ミサイル迎撃実験に成功・ハワイ沖で海自イージス艦 日経新聞---
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20071218AT3S1800818122007.html

 防衛省は18日午前、日本に飛来する弾道ミサイルを撃ち落とす初めての迎撃試験を米ハワイ沖で実施し、成功したと発表した。海上自衛隊のイージス護衛艦「こんごう」に初搭載した海上配備型のスタンダード・ミサイル(SM3)が標的の模擬弾道ミサイルを大気圏外で迎撃した。米国以外でのSM3発射試験は日本が初めて。
 「こんごう」は来年1月上旬にも日本海に配備する予定。SM3で打ち損じた時に地上から迎撃する地対空誘導弾パトリオットミサイル(PAC3)も配備を始めている。米国が主導するミサイル防衛(MD)システムは、日本国内で実践運用の段階に入る。
 発射試験はハワイ・カウアイ島西端の米ミサイル発射施設から弾道ミサイルの模擬弾を発射。施設から数百キロメートル離れた場所に停泊する「こんごう」が、イージスシステムの高性能レーダーで標的を探知、追尾してSM3を1発発射。高度100キロメートル以上の大気圏外で撃ち落とした。迎撃は日本時間午前7時12分だった。(10:01)

ボケチンパン 最優先は中国詣で

福田康夫は中国詣でが最優先のようだ。

国内で、自分の決断で、死んでいく人を助けることができるのに、
「私にはそんなことはできない」と知らん顔。
中国詣でがもっと大切。

おにぎりを食べられない人がいても、「自分が働かないからそうなるんでしょ」
と知らん顔。
給油新法案成立がもっと大切。

燃料、物価高騰でも、「消費税を増税」と笑顔で説明。
議員給料、議員年金のもとになる税収がもっと大切。


福田康夫の現在の優先順位
中国詣で>給油新法案成立>年金問題対策>薬害肝炎和解交渉>
防衛省問題>生産者対策>消費者対策>温暖化対策>捕鯨テロ対策

新自由主義で失敗している英国、アルゼンチン、ベネズエラ等は反動で
社会主義になりつつある。
それでも与党は「改革を止めるな」と新自由主義を唱える。
英国のような新社会主義のほうがよいのでは。

今の与党は死神へと変化。
中国や米国の呪いよりも怖いのは日本国民の呪い。

米国だけでなく中国からの呪縛も加わったボケチンパンは京大研究所のアユムを
見習ったほうが良いだろう。


ボケチンパンの記憶能力試験


---記者の目:合理化迫られる国民生活センター=板垣博之(生活報道センター)---
毎日新聞 2007年12月18日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/opinion/eye/news/20071218ddm004070037000c.html

◇他の独法と同列に扱うな--見定めたい首相の本心
 食品偽装が次々と発覚し、大手英会話学校が破綻(はたん)。高配当をうたう健康寝具販売会社が摘発され、高齢者をターゲットにした振り込め詐欺は相変わらず……。消費者問題が次々とクローズアップされた07年。年の瀬を前に、福田康夫首相が「生産者重視」から「生活者・消費者重視」の行政への転換を打ち出した。だが、どこまで本気なのか。バロメーターは、縮小・合理化を突きつけられている独立行政法人「国民生活センター」の扱いにあると思う。
 首相のこのところの言動を振り返ってみたい。
 「消費者や生活者の視点に立った行政に発想を転換し、悪徳商法根絶に向けた制度の整備など、消費者保護の行政機能強化に取り組む」(10月1日、所信表明演説で)
 「国民生活センターは大事な組織。民間だと、消費者・国民から中立な機関とみなしてくれるのかという問題がある」(10月26日、歴代首相で初めて同センターを視察後)
 「国民生活センターを視察し、なんでもないところに危険があることを改めて感じた。来年春をめどに、法律、制度、事業などが消費者・生活者の視点から十分か、幅広く総点検をお願いしたい」(11月5日、国民生活審議会総会で)
 首相がよく引き合いに出す国民生活センターだが、いま、業務の縮小案が浮上している。全独立行政法人を対象に整理合理化が進められているためだ。
 センターは、1962年に発足した特殊法人・国民生活研究所が前身。独立行政法人になったのは03年で、全国の消費者問題に関する苦情・相談の収集・分析▽消費者からの相談▽商品テスト--が主な業務。国の関係機関としては、消費者問題全般を扱う唯一の組織だ。最近も、子供の窒息事故が相次いだこんにゃくゼリーの商品テストを行い、危険性を訴えた。経営破綻した英会話学校「NOVA」に対しても、再三問題点を指摘してきた。
 しかし、内閣府がまとめた見直し案には、消費者からの生の声を聞く直接相談の見直しや、製品事故の原因や製品の安全性を調べる商品テストの大幅な外部化などが盛り込まれている。いずれもセンターの中核業務で、消費者団体などから疑問の声が上がっている。
 そもそも、悪質商法や製品事故が後を絶たない中で、なぜ縮小なのか。
 センターの職員は約110人で、年間予算は35億円程度。一方、整理合理化対象の101法人の職員数は約13万人で、国からの財政支出は約3・5兆円。規模からして合理化効果はたかがしれている。役割を果たしていないというなら話は別だが、生活の安全について国民のニーズが強まるなかで、「無駄」が指摘される他の独立行政法人と同列に扱うことに無理がある。
 確かに、国民生活センターにも課題は多い。日本の消費者行政はバラバラ。同センターは情報は持っていても、問題点を指摘するだけ。業者への業務停止命令などができるのは、経済産業省、金融庁、厚生労働省、農林水産省などの省庁で、同センターには法的な権限がない。
 こんにゃくゼリー問題でも限界をうかがわせた。国民生活センターが販売規制を含めた改善を求めても、どの省庁も「うちは権限外」として腰を上げることはなかった。米国や欧州、韓国などが既にこんにゃくゼリーの販売規制などに乗り出しているのとは対照的な対応ぶりだった。
 日弁連や消費者団体には以前から、消費者行政を一手に担う「消費者庁」設置を望む声がある。そこまで一気に行くのは難しいとしても、韓国の「消費者院」は参考になるのではないか。同院はもともと、日本の国民生活センターがお手本で、相次ぐ消費者被害に対応するため、公正取引委員会と合体させ、権限を強化した経緯がある。
 政府内ではここにきて、同センターを、製品評価技術基盤機構、農林水産消費安全技術センター、国立健康・栄養研究所と統合させる案が唐突に浮上している。3法人とも製品や食品の検査などを行っており、消費者保護の強化が名目。どちらも消費者というより生産者のための組織だ。3法人も合理化を迫られており、消費者重視を打ち出す首相の方針を逆手に取った、霞が関お得意の生き残り策のようにも見える。
 参院で与野党が逆転し、国会運営が厳しさを増すなかで、衆院解散の可能性が取りざたされている。首相の消費者重視が、総選挙にらみのパフォーマンスでないかどうかをしっかりと見定めたいと思う。


---年金公約:首相「誤解招く」陳謝 「3月照合」困難認める---
毎日新聞 2007年12月17日 22時03分 (最終更新時間 12月17日 23時20分)
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20071218k0000m010109000c.html

 福田康夫首相は17日夜、首相官邸で記者団に対し、宙に浮く5000万件の年金記録を「最後の一人までチェックする」とした政府・与党方針について、「安倍(晋三)前首相は割合きちんと言っているが、(自民)党のビラなどで誤解を招く表現があったのは事実。このことはおわびを申し上げなければいけない」と陳謝した。
 首相は記録のチェックに関し、自民党が「照合」と「統合」の両作業を混同させたことを認め、謝罪した格好だ。そのうえで「来年3月までに照合完了」とした政府方針について、「全部やってみないとわからない。その途中だ。努力をしている最中だ」と述べた。
 政府方針の「照合」は、持ち主を探せるだけ探し該当者に通知することまでを指している。3月までにすべての持ち主を特定することは前提にしていない。
 ところが自民党は7月の参院選用に、「1年ですべて統合」と記したチラシを作成。「統合」は持ち主を特定し、新たな給付に結びつける作業で「照合」とは違う。
 また町村信孝官房長官は17日の記者会見で、「(今年)7月5日に決めた(政府・与党の)基本方針の中身通りに作業が進んでいる。外れることはやっていない」と述べ、政府方針を変更する考えがないことを強調した。【坂口裕彦】


---本社世論調査:福田内閣支持率33%…13ポイント急落---
http://mainichi.jp/select/today/news/20071218k0000m010116000c.html

 毎日新聞は15、16の両日、電話による全国世論調査を実施した。福田康夫内閣の支持率は33%で10月の前回調査比13ポイント下落。不支持は44%で同14ポイント上昇し、9月の内閣発足以来初めて支持を上回った。政府が年金記録問題の全面解決を事実上断念したことと、この問題をめぐる首相の言動が響いたとみられる。政党支持でも民主党が自民党を上回っており、首相が厳しい政権運営を強いられるのは必至だ。
 福田内閣の支持率の調査は3回目。発足直後の9月25、26日の調査では57%だったが、10月20、21日の調査は46%となり、今回で2回連続の大幅下落となった。男女別では男性は支持31%、不支持49%、女性は支持35%、不支持40%だった。
 支持する理由を聞いたところ、最多は前回と同じ「首相に安定感を感じる」だったが、割合は前回比21ポイント減の37%にとどまった。不支持理由の最多も前回と同じ「首相の政策に期待できないから」の40%だったが、「首相の指導力に期待できないから」が前回比12ポイント増の28%にのぼったのが目立った。
 年金記録問題で指導力を発揮しない首相に対し、世論が厳しい見方をしていることがうかがえた。
 一方、「望ましいと考える政権の形」を尋ねた質問への回答は、(1)「自民、民主両党が協力する大連立」23%(2)「民主党を中心とした連立政権」21%(3)「今の自民、公明両党の連立政権」17%--の順。単独政権でも自民10%に対し、民主11%となっており、変化を求めるとともに民主党に期待をかける人が多いことが浮かんだ。
 政党支持は民主27%、自民26%など。両党は前回は27%で並んでいたが、7月の参院選前後の民主優位に戻った。【川上克己】


---福田首相:27日訪中、28日に胡主席らと会談
毎日新聞 2007年12月18日 3時00分
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20071218k0000m010139000c.html

 福田康夫首相の訪中日程の概要が、17日固まった。27日に北京に向けて出発し、28日に胡錦濤国家主席、温家宝首相と会談する。また、中国北部の中央直轄市で温首相の出身地でもある天津市と、先に富士山と姉妹山提携した中国の霊峰・泰山のある山東省・泰安市などを訪問し日中友好ムードを醸成したい考え。30日に帰国する予定だ。

 福田首相の年末の訪中は既定方針。昨年10月に安倍晋三首相(当時)が訪中した際、胡主席に来年再度訪れることを約束していた。今年4月に温首相が訪日した際にも「年内訪中」を確約していた。08年度予算編成を終えて、直ちに訪問することで日中関係強化の決意を示す考えだ。

 胡主席らとの会談では、日中平和友好条約締結30年にあたる08年を「日中関係飛躍の年」と位置付け、「戦略的互恵関係」の一層の進展を確認する。ただ、懸案の東シナ海ガス田共同開発問題については、双方の意見の隔たりが埋まっておらず、合意に達するのは困難な見通しだ。【中澤雄大】


--福田首相の訪中、27日から3日間を打診---
2007年12月18日00時42分
http://www.asahi.com/politics/update/1218/TKY200712170303.html

 福田首相の中国訪問について、政府が27日から3日間の日程を中国側に打診していることがわかった。中国側はかねて、年内訪中を強く要望。首相も臨時国会の再延長により、補給支援特措法成立の見通しが立ち、訪中の環境が整ったと判断した。首相の訪中は昨年10月の安倍前首相以来、約1年2カ月ぶり。
 首相は北京で胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席と初の首脳会談に臨む。焦点のひとつは東シナ海のガス田開発問題。1日の日中外相会談などで、首相訪中までに解決をめざす方針を確認しているが、共同開発の具体策をめぐる協議は難航している。環境対策での連携強化なども焦点となる。
 また、温家宝(ウエン・チアパオ)首相とも会談する方向で調整。天津など北京以外の都市の訪問も検討している。


---薬害肝炎和解交渉、原告側が謝罪条件緩和---
2007年12月18日3時6分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071218i201.htm

 薬害C型肝炎集団訴訟で、大阪高裁が提示した和解骨子案の全容が17日、判明した。骨子案は、被告の国と製薬会社に対し、「解決責任に基づく和解金」を支払い、「謝罪ないしおわび」を行うよう求めている。
 これに対し、原告側は同日、これまで求めていた「被告が法的責任を認めた上での謝罪」から、「感染被害を防止できなかった責任を認めて謝罪」へと条件を緩和した修正案を公表、18日に同高裁と福田首相あてに提出することを明らかにした。
 和解骨子案は今月13日、大阪高裁が原告、被告双方に提示したが、詳細な内容は非公表とされていた。
 国側の関係者によると、骨子案が指摘した「解決責任に基づく和解金」は、未提訴者も含め東京地裁判決が被告側の責任を認めた期間に限定するもので、血液製剤「フィブリノゲン」の場合、1985年8月~88年6月の投与患者が対象になる。被告側の負担割合は、85年8月~87年4月は製薬会社がすべて支払い、87年4月~88年6月は国と製薬会社が1対2の割合で支払う。第9因子製剤は、84年以降の投与患者を対象とし、製薬会社が全額支払う。金額は症状に応じて変えているが、書面で合意すれば、和解金の分配方法は原告側の自由にできる。
 その期間から外れた人で、和解成立までに提訴した原告に対する手当てとして、「訴訟活動・支援に基づく和解金」8億円を国と製薬会社が1対2の割合で負担し、原告・弁護団で設立した財団に支払う。現在の原告約200人に支払いを行うと、この8億円も含め計30億円程度となる。
 一方、期間外で未提訴の人については、救済策は示されていないが、原告側が、90年以降の投与患者についてはまだ判決が出ていないのに、骨子案の枠組みでは救済されないと批判していることについて、国側の関係者は「90年以降は白紙の状態。高裁の提案でも、救済から切り捨てるのではなく、今後協議する余地を残している」と説明している。
 原告側の修正案では、薬害肝炎被害者と認定する基準として、〈1〉血液製剤の投与の立証方法は医師か医療機関が作成した投与証明書による〈2〉国、製薬会社は、基本合意から3年経過後は、時効・除斥期間の主張ができる――などを挙げ、救済対象が無制限に広がらない方策も提示。その上で、投与時期にこだわらない全員救済を求めている。


---前政権の年金問題対応、「誤解招いた」と首相陳謝---
2007年12月17日21時42分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20071217i113.htm

 福田首相は17日夕、年金記録問題に関する安倍政権当時の政府・与党の説明ぶりについて、「(自民)党の(参院選の)ビラなどで誤解を招く表現があったのは事実で、おわびしなければいけない」と述べ、改めて陳謝した。
 首相官邸で記者団の質問に答えた。
 年金記録問題を巡っては、今年6月作成の自民党参院選ビラで、「政府・与党は今後1年間ですべての統合を完了させる」と約束していたほか、7月の政府・与党合意では「最後の1人までチェックして年金を支払う」と明記していた。
 首相はさらに、「来年3月までに(該当者不明の記録の)名寄せなどの作業をしていく。一つ一つ根気よくやることで、年金制度をきちんと建て直さないといけない」と述べ、対応に全力を挙げる姿勢を強調した。


---首相、年金記録問題で“公約”撤回し陳謝へ---
2007年12月17日16時30分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20071217i104.htm

 福田首相は17日、年金記録問題に関する政府・与党合意にある「最後の1人までチェックして年金を支払う」という内容を撤回し、陳謝する方針を固めた。
 現在進めている年金記録の照合作業とは別に、持ち主の特定が極めて困難な記録を選別する新たな作業の追加措置も検討する。夏の参院選で与党大敗の要因となった年金問題を公約通り解決できなくなったと認めることは、福田政権にとって痛手となりそうだ。
 首相は当初、該当者不明の約5000万件の持ち主をすべて特定することが困難となったことについて、「公約違反ではない」との立場をとっていた。12日には「公約違反というほど大げさなものかどうか」と記者団に発言。これを受けて世論の批判が高まり、軌道修正せざるを得ない状況となった。
 これに関連し、舛添厚生労働相は17日午前、都内で記者団に対し、「説明が不十分だった。政府を挙げて、私も含めて反省しないといけない」と述べ、この問題で初めて陳謝した。
 安倍政権当時の今年7月5日の「政府・与党合意」には「政府・与党の責任において、必ず早期に解決し、最後のお一人までチェックして正しい年金をきちんとお支払いします」と明記し、事実上、参院選の自民党公約となった。
 今回はこれを見直し、「結果的に持ち主が特定できない記録が出る可能性があります」などの文言を加える。そのうえで、「最後の1人まで」は、あくまでコンピューター上でのチェックで、持ち主の特定ではないと説明する方向だ。
 これに伴い、政府・与党は追加措置として、社会保険庁による極端な入力ミスなどとは別途、〈1〉企業が脱税などを目的に、架空の従業員を雇用したことにした〈2〉生年月日や氏名を偽って就職し、年金に加入した――などの記録を選別し、記録の数を特定して、国民に知らせることを検討している。そのための人員増や予算増なども検討している。
 政府・与党は、今週中にも、政府・与党協議会などを開き、公約の撤回・修正や、追加の作業を決定する方針だ。福田首相が記者会見し、公約の撤回を正式に国民に陳謝することも検討している。


---「党のビラで誤解招いた」 年金統合問題で首相が陳謝 産経新聞---
2007.12.17 19:09
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/071217/stt0712171909001-n1.htm

 福田康夫首相は17日夕、年金記録統合の選挙公約について「安倍晋三前首相は割合きちんと言っていたんじゃないかと思う」と述べた上で、「(自民)党のビラなんかで誤解を招くような表現があった。これは事実だから、おわび申し上げなければならない」と陳謝した。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 首相はまた、これに先立って国会内で開かれた自民党役員会で「国民への真意の説明が不十分だった。来年3月までにしっかり作業を進め、現状を明らかにするのが責務だ」として信頼回復に努める考えを表明した。
 伊吹文明幹事長は「『国民総ぐるみで責任を互いに共有しながら解決していきたい』という心意気を示す必要があるのではないか」と述べ、年金問題での首相や閣僚の発言に苦言を呈した。


---【官房長官会見(1)】年金記録問題「誤解を与えた方々におわび」(17日午後)産経新聞---
2007.12.17 19:42
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/071217/stt0712171942002-n1.htm

 町村信孝官房長官は17日午後の記者会見で、年金記録紛失問題への対応について「説明ぶりで国民に誤解を与えたところがあった。説明不足であり、誤解を与えた方々にはおわびをしなければならない」と述べた。会見の詳細は以下の通り。

【内閣支持率】
--毎日新聞が12月15、16両日に行った世論調査で、福田内閣の支持率は33%となり10月に比べて13ポイントマイナス、不支持率が44%で14ポイントのプラスになった。各社のトレンドはほぼ同じだが、長官は午前中の会見で、謙虚に国民の声に耳を傾け、耳を澄ましてしっかりと対応しなければいけない、と言ったが、傾けるべき国民の声はどういうことか。政府はどういう対応をしていくのか
 「いろいろな声がありますから、それに謙虚に耳を傾けると言ったわけであります」
--その中で特に、支持率下落に影響を及ぼしたものは何か
 「それはさっきも申し上げましたように年金問題でございましょう。主としてね。ほかにもあるのかもしれません。今後いろいろなお声がまた出てくるでしょうから」

【新テロ対策特別措置法案】
--インド洋での海上自衛隊による補給活動再開のための新テロ対策特別措置法案で、衆院で3分の2以上の賛成での再可決について尋ねたところ、支持するが32%で、支持しないが57%と差が出たが、憲法で規定された3分の2の規定と世論のねじれについてどう考えるか
 「直近のメディアの調査では賛成が多いところもありますのでね、いろいろな調査があるなと思います。いずれにしても私どもは慎重の上にも慎重な審議を重ねた結果として、今後どうするのかということを国民の前にお示しをしていこうと思っているわけですから、この調査結果がこうだから、こうということを決めるわけではありません。私どもとしてはこれから参院の審議が続くわけでありますから、その参院の審議の結果がどういうことになるのか、そうしたものを見極めながら慎重に一歩、一歩、誠実に対応していくという基本姿勢は従前と何ら変わっておりません。まだ3分の2を使うと決めたわけでもありません」

【年金記録】
--年金記録紛失問題で、福田康夫首相が政府与党合意で最後の1人まで年金をお支払いするという内容を撤回して陳謝するという一部報道があるが、事実関係は
 「ちょっと、その報道の1つ1つの正しさを私に確認を求められても、お答えのしようがありませんが、何度も何度も申し上げておりますように、まず、それは5000万件という大きな数が残ったということについて、社会保険庁に大変大きな問題があった。そのことで国民に不安を与えてしまったことは、それは大変残念なことだし、申し訳なかったということは申し上げております。その上で、7月5日の今後の対応の基本方針というものを政府は決めたわけですね。政府と自民党とで決めたわけですね。その中身通りに沿って今、作業が進んでいるわけであります。何ら、それに外れることはやっておりませんから、7月5日の決定を変更する考えはないわけであります。ただ、その説明ぶりにおいてですね、国民に誤解を与えたところがあった。とすると、それは誠に説明不足であり、そういう意味で誤解を与えた方々にはおわびをしなければならない。これもすでに何度も申し上げている通りであります。いずれにしても今後粛々と作業を進めていって、来年3月まで、それから半年、いろいろな時期に応じてこれこれのことをやっていきますということを7月5日の決定に基づいてやっていくわけですね。そのことはしっかりと今後とも、誠実にこの記録問題についてですね、対応していこうという考えは何ら変わるところはありません」
 --最後の1人までチェックして年金を支払うと安倍晋三前首相が参院選のときに公約したことは、今も続いているのか。それとも最後の1人まで支払うということは難しいということか
 「その最後の1人という意味がですね、どういうことなのか。だから、7月5日の決定通りのことなんですね。例えば、すでに亡くなってしまった方も含まれている。その方に年金を支払うことなどは、もとよりできないわけですね。そういう意味で亡くなった方も含めて最後の1人まで支払うということは、あるいは一時給付金をもらって止めてしまった方だっている。そういう方々に最後の1人までということはあり得ないわけです。論理的にですね。現実的にも。ですから、その最後の1人までというのもですね、止めてしまったとか、あきらめてしまったとかということにはならないわけです。もとより無理な方々も含まれた5000万ということですからね。ただ、行き先の分かる、いろんな作業をやって行き先の分かった方々には、あるいはその行き先を判明させる努力をして、その方々には最後の1人までということは、そこは何ら変わらないわけです。ただ、分からない人も出てくるでしょう。分かる人、分からない人を来年3月末までに判明させようというのが7月5日の大方針なわけですから、それに沿って今、粛々と作業が行われているということであります」
--安倍前首相の最後の1人までチェックして年金を支払うという参院選のときの話は、ちょっと誤解を招く表現であったというのが長官の認識か
 「そうです。ま、ちょっとかどうか知りませんけれどもね」

---共同文書削除、ガス田問題… 『雪解け』ムード一転 日中関係ぎくしゃく 東京新聞---
2007年12月17日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2007121702072773.html

 年内にも予定される福田康夫首相の訪中に向けて「雪解け」ムードが高まっていた日中関係が、再びぎくしゃくしている。今月上旬の「日中ハイレベル経済対話」の共同文書(プレス・コミュニケ)を中国側が一部削除して発表したことに加え、東シナ海のガス田問題も解決の糸口が見えないまま。日中双方とも、再び関係が冷え込む事態は避けたいとの思いは強いが、引くに引けない状態となっている。
 ハイレベル経済対話は、高村正彦外相が「両国が本当に戦略的互恵関係を進めようとしていることを世界に示した」と成果を強調するなど、関係改善を盛んにアピールして終わった。
 しかし、中国側が発表した文書で、日本側が人民元の切り上げを要望した部分などが削除されていたことが判明。日本側の訂正要求に対し、中国側は応じない姿勢を示している。
 日本政府は「こんなことで、信頼関係を損なうようなことになってはいけない」(外務省幹部)として、沈静化を図りたい考えだが、再び同じような事態が起きた場合の前例とならないよう、あいまいな決着をするわけにもいかない。
 一方、ガス田問題は、これまで十一回に上る局長級協議で話し合われたが、国益に直結する問題であり、共同開発海域をめぐって原則論がぶつかりあっている。
 高村外相は十四日の記者会見で、「中国側が政治決断をすれば、日本側も柔軟に対応する。政治決断があれば、それほど時間がかからずに解決する問題だ」と、中国側に歩み寄りを促した。
 今後、協議を次官級などに格上げすることも検討されているが、中国側が従来の主張を大きく変えない限り、当初目指した首相訪中前の決着は難しい情勢だ。
 さらに、越年国会となった余波で、首相の訪中日程がなかなか確定できないことも、二つの問題と合わせて、日中関係改善ムードに水を差している。(西川裕二)


---5歳チンパンジー、短期記憶の能力は人間の成人を上回ると CNN---
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200712040016.html

 ニューヨーク──わずか5歳のチンパンジーが持つ短期記憶の能力は、人間の成人をはるかに上回ることが、京都大学霊長類研究所の松沢哲郎教授が4日付の米科学誌カレント・バイオロジーに発表した研究で判明した。
 松沢教授は、世界で初めて、「チンパンジーの子どもの記憶能力が、チンパンジーのおとなよりも、さらには人間のおとなよりも優れている」ことを示した研究成果だとしている。
 松沢教授は大人と子供のチンパンジーに、1から9までの数字の順番を教え込ませ、コンピュータのディスプレイ画面に表示された数字を順番通りに触れるように訓練。
 その後、画面に数字を表示させたところを見せ、さらに数字を白い四角に置き換えても、数字の順番通りに触れば、四角が消えていくテストを実施。
 その結果、数字の表示時間をどんどんと短くしていっても、チンパンジーの子供3頭は、ほぼ一瞬でどの数字がどの場所にあったかを記憶出来たという。
 一方、同様のテストを人間の成人で実施すると、チンパンジーの子供にかなわなかった。特に、一番成績の良かった5歳のチンパンジー、アユムは、9個の数字を約0.7秒で記憶。人間の成人は誰も記憶できない時間だった。
 松沢教授は、今回の研究結果から、アユムたちチンパンジーの子供の能力が、人間の子供でも知られている「直観像記憶」に似ていると指摘。人間でもまれに、複雑なパターンの細部を一瞬見ただけで記憶できる子供がいるが、年齢が上がるとその能力が減退するとして、人間の脳の進化を知る手がかりになると話している。

2007年12月17日月曜日

神奈川県警 イージス艦情報隊外へ「流出なし」

「イージス艦情報は隊外へ流出なし」となった。
神奈川県警と海自警務隊は「イージス艦情報が隊外へ流出なし」と結論付けた。
海自幹部ら800人から事情聴取した結果、「流出なし」となったらしい。
中国人妻は実際にはどこまで収集したのかわからないし、海自幹部が諜報員では
ないと言う捜査をした結果なのかは不明だ。

中国が受け取ったインテリジェンスは、レーダー波や無線波等の情報は、中国が
日本近海でELINT(ELectronic INTelligence:電子情報収集)機である
Tu-154M/D電子情報収集/偵察機を飛ばして、定期的に収集しているから、情報が
正しいか確認できるのだろう。

神奈川県警は坂本堤弁護士一家殺害事件等の失態は山ほどあるし、地域的に
諜報員となっている捜査官が多いのではと疑惑がわく。本当に捜査できたの
だろうか。怪しい。

マスメディア情報は、「流出なし」だけど、米軍には「9ファイル流出の可能性あり」
と報告しているのかもしれない。


---3佐漏えいは最高機密9ファイル、「イージス迎撃」限界も---
2007年12月17日3時0分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071217it01.htm?from=navr

 海上自衛隊のイージス艦情報流出事件で、日米相互防衛援助協定に伴う秘密保護法違反容疑で逮捕された横須賀基地業務隊3佐・松内純隆容疑者(34)が漏洩(ろうえい)した特別防衛秘密(特防秘)は、武器システムやレーダーの性能の限界を示す数値などを含む9ファイルだったことが、神奈川県警と海自警務隊の調べでわかった。
 自衛隊外への流出はなかったとされるが、いずれも、外部に流出すればイージス艦の能力を暴露しかねないデータで、日米の防衛体制に深刻な影響を及ぼす可能性があった。
 調べによると、松内容疑者が漏らしたファイルは、「イージス概要」「WCS(武器制御)」「AAW(対空戦)概要」など。ファイルは、米国から供与された情報を基に2000年ごろ、プログラム業務隊(現・艦艇開発隊)で作成され、艦艇システム担当者らの「幹部専修科情報処理課程」などで使われていた。
 イージス艦は、ミサイルや敵機など同時に数百の目標を追尾し、数十の目標に対処できる能力がある。ファイルには、艦の戦術決定プログラムの規則や、武器管制システムなどに関する数値が数多く含まれていた。
 「イージス概要」は、搭載ミサイルの発射間隔や射程など武器システムの性能を表す数値データなどからなり、何発の対艦ミサイルまで対応できるのかなど、イージス艦の防御能力に関する情報が入っていた。
 「WCS」では、空中や水上を移動する複数の攻撃目標を認識したうえで、優先順位をつけてミサイルを発射するシステムに関する数値が含まれていた。「AAW概要」には、周囲360度の攻撃目標に対応できるレーダー「SPY」が発射する電波ビームの本数や角度、敵を捜索できる最大範囲などの性能限界データがあった。
 松内容疑者は9ファイルをCD1枚に入れ、2002年8月ごろ、知人の第1術科学校主任教官の3佐(43)に送った。情報は、主任教官から学校内、さらに、護衛艦「しまかぜ」「はつゆき」などに拡散した。
 県警は1月、護衛艦「しらね」2曹の中国人妻に対する入管難民法違反容疑での捜索で、パソコンの外付けハードディスクからファイルを発見して押収した。
 事件発覚後、強い危機感を持った米国は、県警などに隊外への流出の有無を問い合わせてきた。県警などは11か月にわたって海自幹部ら800人から事情聴取し、「流出なし」と結論づけた。
 元プログラム業務隊幹部は「レーダーなどの性能が敵国に漏れれば、電子攻撃を仕掛けられ、イージス艦が無力化する恐れがある。イージス艦は日本以外でも導入を進めており、日米だけの問題では片づけられない」と指摘している。


---★中国の電子戦機、再飛来 日本周辺で活動恒常化か---
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=main&NWID=2005101401000288

 中国軍の電子戦データ収集機とみられる航空機が9月下旬、九州や南西諸島の西方にある東シナ海の公海上空に再び飛来したことが分かった。日本周辺で恒常的な情報収集活動を始めた可能性がある。軍事情勢に詳しい情報筋が13日、明らかにした。

 中国の電子戦機の存在は8月中旬から下旬ごろ、2回にわたり同じ東シナ海の公海上で初めて明らかになった。今回再び電子戦機が確認されたことは、東シナ海や台湾海峡で対立する日米をけん制する動きとみられる。
 中国軍機は、日本が航空機の識別を容易にし、領空侵犯に備えて定めている防空識別圏に入っており、日本政府関係者によると、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したという。


---坂本堤弁護士一家殺害事件 Wikipedia---
最終更新 2007年11月10日 (土) 14:54
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E6%9C%AC%E5%A0%A4%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%E4%B8%80%E5%AE%B6%E6%AE%BA%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

坂本堤弁護士一家殺害事件(さかもとつつみべんごしいっかさつがいじけん)は、1989年11月4日にオウム真理教(現・アーレフ)の信徒6人が、オウム真理教問題に急先鋒として取り組んでいた坂本堤弁護士(当時33歳)の一家3人を殺害した事件である。

概要
 1989年5月から坂本堤弁護士は、出家信者の母親から息子の教団からの脱会について相談されたことがきっかけとなり、オウム真理教の反社会性を批判・追及していたが、同年10月下旬に教団幹部との話し合いが決裂した。同弁護士は教団の宗教法人の認可取り消しなどの民事訴訟の準備に入ったため、麻原彰晃(松本智津夫)は「坂本弁護士の活動は、教団からの出馬を予定している翌年(1990年)の総選挙や、今後の教団の発展の障害となる」と考え、信徒に彼の殺害を命じた。11月4日未明、岡崎一明・新実智光・村井秀夫・早川紀代秀・中川智正・端本悟が、坂本弁護士・弁護士の妻(当時29歳)・弁護士の長男(当時1歳)を殺害した。坂本弁護士の遺体は新潟県名立町(現・上越市)の山中に、妻は富山県魚津市の僧ヶ岳に、長男は長野県大町市日向山の山中に埋められた。遺体が発見されたのは、坂本夫妻は1995年9月6日、長男は9月10日。刺殺された村井を除く、実行犯全員に死刑判決が出た。一家の墓所は鎌倉・円覚寺「松嶺院」にある。

初動捜査問題
 失踪当初、坂本弁護士が所属していた横浜法律事務所等の関係者からは、オウム真理教の関与を指摘する声があったが、神奈川県警察は一貫して事件性を否定する立場をとり続けた。これは、横浜法律事務所が労働問題(国労横浜事件で県警が誤認逮捕)や日本共産党幹部宅盗聴事件において、警察側と対立していたためといわれている[要出典]。そのため記者クラブにおいて、県警が「坂本は借金を抱えて失踪した」とか「(仕事で得た)大金を持ったまま逃げた」などのデマを流し[要出典]、まともに捜査をしていなかったことが判明している。

1990年2月に神奈川県警に「長男は長野県大町市日向山の山中に埋めてある」と書かれた内容の手紙と埋められている場所を示す手書きの地図の入った差出人不明の封書が届き[1]、神奈川県警は長野県警と合同で示した場所を捜索するものの発見できなかった。神奈川県警側は早々と「警察の捜査かく乱を狙った、悪質ないたずら」と断定、捜索も1日で終わった[2]。

横浜法律事務所側は「再捜索」を要望するものの、神奈川県警側は全く聞き入れずに「悪質ないたずら」と強調、「再捜索は検討にすら値しない」と門前払いにした。

結局「再捜索」は1995年9月の坂本弁護士一家の遺体発見まで行われなかった[3]。

TBSビデオ問題
 1989年10月26日にTBSのワイドショー番組『3時にあいましょう』が、当時社会問題化し始めていたオウム真理教問題について、坂本堤弁護士のインタビューを収録したが、その情報を察知したオウム教団幹部の早川紀代秀・上祐史浩・青山吉伸らが、TBSの千代田分室を訪れて抗議したことにより、坂本弁護士のインタビューの放送が中止された。さらに、TBSがオウム教団幹部にインタビューの模様を放送直前に見せた。この後、同年11月4日に坂本弁護士一家殺害事件が発生した。こういった経緯から、TBSは取材源の秘匿というジャーナリズムの原則に反しただけでなく、殺人事件のきっかけをつくったという批判もなされた。

不明点
 この事件には、今もはっきりしない点が多い。事件直前、坂本家に「坂本さーん」と呼ぶ女性の声があったことや、その後で浴室からの水音を階下の住民(当時)が聞いているのに、事件が起きたとされる時間帯には全く物音がしていなかった事を、たまたまその時間に起きていた階下の住民は証言している。階下の住民とは、トラック運転手の一家だったはずだが、2006年8月現在この一家の行方は杳として知れない。更に事件が起きた時には、坂本家は施錠されていなかったことから、当時の緊迫した状況からは考えにくいとして、「坂本家に侵入したオウム信者とは別に、教団外の協力者がいたのではないか?」との疑いを持つ者もいる(一橋文哉『オウム帝国の正体』(新潮社)など)。

その他、坂本家から茶碗が3つ消えている。事件に関与したタクシー運転手を自称する者が、1994年頃に月刊誌『マルコポーロ』の編集部に現われた(証言の真偽は不明なまま)などの「謎」が取り沙汰されている。

上祐史浩も関与しているのではないかとされているが、本人は95年5月の記者会見時「私には当日アリバイがある、坂本弁護士一家が行方不明になった事を信者から聞いた」と主張したが、聞いたとされる日時が報道より4日も早い事。

坂本家に落ちていた「プルシャ」と呼ばれる教団バッジは、当時は教団幹部しか付けていなかった「坂本弁護士一家・行方不明」の報道後、上祐は大量生産を命じた後、横浜法律事務所側からの問い合わせに上祐は「プルシャのバッジは大量生産されているので分からない」と返答した。

こうした事から被害者の遺族の中には、「坂本一家の本当の命日を知りたい」という声がある。(大山友之『都子聞こえますか--オウム坂本一家殺害事件・父親の手記』(新潮社)』参照)

2007年12月16日日曜日

容疑者は外国人@佐世保

佐世保で乱射事件があった。
テレビ朝日「犯人の男は外国人とみられる」
産経新聞 「外国人の可能性も」
と報じた。

調べた限りでは、
テレビ朝日「犯人の男は外国人とみられる」(県警発表ではない?)
産経新聞 「外国人の可能性も」(県警発表)
産経新聞、サンスポ「犯人は外国人風との目撃情報がある」(県警発表)と言う。
朝鮮日報では、「日本の各テレビ局は『男は外国人と見られる』」と報じた。

産経新聞23:39版では、「犯人は外国人風との目撃情報がある」から
00:49版では、「外国人男性との間でトラブルを抱えていた」に変わっている。

福島章・上智大名誉教授の「外国人の可能性も」が結果を誘導しているかもし
れない。

読売新聞、サンスポは、「被害者は外国人男性との間でトラブルを抱えていた」
と言う。

さらに、在日米海軍佐世保基地があり、長崎市の伊藤一長市長が選挙運動中に
射殺されている。

産経新聞は、
「被害者は最近、外国人につきまとわれていたという情報あり。
犯人の姿は、大きな体つきで、迷彩服を着た上にシルバーグレーのダウン
ジャケット姿、白いフルフェースのヘルメットをかぶっており、顔は見え
なかったが、太めの体形でだったので、外国人のようだった」と言う情報を
総合して、「外国人の可能性も」になったと言い訳ができる。

しかし、
テレビ朝日の「犯人の男は外国人とみられる」は行き過ぎた表現ではないのか。

「外国人風」が「外国人の可能性」それから「外国人とみられる」となり、
表現はそれぞれ違う。
「外国人」と断定していない表現は人種差別までは行かない。
「外国人とみられる」表現は、バージニア工科大学乱射事件で地方マスメディア
により、人種差別的報道を行い、アジア系留学生を意図的に犯人に仕立て上げ
たケースと似ている。

表現は自由であるが、誤解を招きかねない表現は避けるべきだ。

テレビ朝日は「誤解を招きかねない報道でした」と訂正するのだろうか。



【長崎佐世保銃乱射事件】教会で遺体発見



長崎県 佐世保 スポーツクラブ銃乱射事件 速報では犯人は外国人?



犯人は軍関系?報ステ 鳥越氏


長崎・佐世保銃乱射:2人死亡6名負傷 犯人は逃走中



スポーツクラブで男が発砲 (Shooting Rampage)


---佐世保乱射事件 2人に明確な殺意持つ? 産経新聞---
2007.12.16 12:17
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/071216/crm0712161217007-n1.htm

 長崎県佐世保市の散弾銃乱射事件で、殺害された水泳インストラクター、倉本舞衣さん(26)と漁具製造業、藤本勇司さん(36)は至近距離から数発ずつ撃たれていたことが16日、佐世保署捜査本部の調べで分かった。
 ほかのけが人は飛散した散弾に当たったとみられ、捜査本部は馬込政義容疑者(36)が、殺害された2人に対して明確な殺意を持っていたとみて動機の解明を進めている。
 捜査本部は現場での発砲を十数発と発表。現場となったスポーツクラブ「ルネサンス佐世保」を運営するルネサンスは11発だったと説明した。馬込容疑者はこのうち数発ずつを倉本さんと藤本さんに向かって撃っていたことになる。
 捜査本部は2人の遺体を司法解剖し、傷を詳しく調べた。いずれも上半身を中心に大きな銃創があり、散弾が顔にはほとんど当たっていないことから至近距離からの被弾と判断した。
 藤本さんの場合は左胸部を前から撃たれたほか、背部からの被弾もあった。倉本さんは背部から撃たれたらしい。
 ルネサンスによると、馬込容疑者は最初にプールに向かい、プールサイドを4分の3周ほど歩いた後に発砲しており、藤本さんらを捜していた可能性もある。
 また馬込容疑者が死亡していた教会付近には、散弾銃のほか衣類やヘルメットもあったという。


---佐世保乱射事件 笑顔絶やさぬ倉本さん 「外国人につきまとわれていた」との情報も 産経新聞---
2007.12.15 00:49
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/071215/crm0712150049003-n1.htm

 銃乱射事件で死亡した倉本舞衣さん(26)は笑顔を絶やさない、会員からの評判もいい女性だった。
 ルネサンス佐世保を運営するルネサンス(東京都墨田区)によると、倉本さんは佐世保市で1人暮らし。平成14年5月、アルバイトとして入社した。
 事件を目撃した女性従業員(45)は倉本さんを「真面目でスタイルのいい子。なぜこんなことに…」としのび、ため息をついた。
 近所の主婦(71)も倉本さんについて「いつも笑顔で、真面目に仕事をしているおとなしくて感じのいいお嬢さんだった」と言って絶句した。プールで主に子供たちに水泳を教え、「コーチ」と呼ばれ慕われていた。
 ルネサンスの斎藤敏一社長も「子供を教えることに情熱を傾けていた。仕事中に亡くなったことを大変残念に思う」と述べ、若い従業員の死を悼んだ。
 会社によると、倉本さんは水着姿のまま事務室で亡くなっており、犯人の姿に気付いて逃げ、追い詰められた可能性もある。
 スポーツクラブの関係者によると、倉本さんは最近、外国人につきまとわれていたという情報もある。


---スポーツクラブで銃乱射事件、2人死亡…犯人逃走で緊張続く サンスポ---
2007年12月15日 更新
http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200712/sha2007121500.html

 14日夜、長崎県佐世保市のスポーツクラブで男がいきなり散弾銃のようなものを乱射、9歳と10歳の女児を含む計8人が搬送された。26歳の女性インストラクターと36歳男性が死亡。大柄で迷彩服姿とされる男は現場から逃走した。無差別的な発砲で一般市民が犠牲になる悲劇。銃社会の米国を思わせる恐怖の事件に、列島が震えた。

 その男は、スポーツクラブの正面玄関から銃を乱射しながら入ってきた。そして子供たちにも銃口を向けた-。
 現場は佐世保市名切町の「ルネサンス佐世保」。14日午後7時10分ごろ、身長1メートル80~90と長身で太め体形の男が4階建て建物の2階正面玄関から入り、散弾銃のようなものを発砲した。
 当時、屋内に会員ら約50人、従業員約20人がいた。プールではちょうど小中学生向けの水泳教室が開かれ、15人ほどの子供たちが参加していた。
 男はロビーで壁やガラスなどに向けて次々と撃ちまくり、事務室にも入って乱射。さらにプール見学用のギャラリー、プールでも発砲を続けた。その間ほぼ無言だったとされ、侵入から約25分後に裏口から逃走した。
 県警や消防には次々と通報が入り、計8人が病院に搬送。従業員の倉本舞衣さん(26)が左脇腹を撃たれ死亡。見学で訪れていた市内の漁業、藤本勇司さん(36)も胸や腹を撃たれて死亡。腹部に20~30発の散弾が残っていた。
 同店マネジャーの久津間和仁さん(48)、46歳男性、39歳会員男性がいずれも足などを撃たれ負傷。10歳と9歳の女児にも足に弾がかすったとみられる傷があった。
 倉本さんは佐世保市内に一人暮らし。平成14年5月に入社し水泳インストラクターとして勤務。事件当時、プールにいたが他の従業員から「逃げろ」と言われ子供数人と事務室に逃げ込み、そこに男が追い掛けて来て2発撃ったという。
 県警は殺人事件として行方を追っている。男は迷彩服の上下にシルバーグレーのダウンジャケットを着て、目出し帽に白いフルフェースのヘルメットをかぶっていたとされる。建物1階の裏口から徒歩で逃げたのが目撃された。銃は持ったままとみられ、外国人風との情報もある。
 現場はJR佐世保駅の北約2キロの住宅街。近くに市民会館や中学校などもある。乱射男は15日未明時点でも逃走中。付近の緊張状態は続いた。

★負傷女児2人「怖い、寒い」
 発砲当時、更衣室にいた女性スタッフ(45)は「バンバンバン」という銃声を何発も聞いた。直後に右脚に7つの丸い傷ができた10歳くらいの女児が「撃たれた」と言いながら更衣室に入ってきたという。
 事件発生直後、スタッフが階下のスーパーに「発砲事件があった。逃げてください」と駆け込み、道路を挟んではす向かいの菓子店にはスポーツウエア姿の30~40人が「銃を持った人が入ってきた」と逃げ込んだ。親にすがりついて泣く子供も。息子を迎えに来た女性(48)は「まさか巻き込まれるとは」と不安な様子だった。
 病院ロビーでは親族の「意識が戻らないのよ」と悲痛な叫びが響いた。負傷した9歳と10歳の女児は「怖い、寒い」と震えていたという。

★外国人に付きまとわれていた!?
 水泳インストラクターの倉本舞衣さんは生徒から慕われ、近所の人と顔を合わせればにこやかにあいさつするさわやかな人柄だった。小学時代からの友人は「明るくて、憎まれるような人ではない」。水泳指導を受けていた女性は「笑顔の絶えない人。こんないい人が巻き添えになるなんて」と声を詰まらせた。
 同じアパートの女性(40)によると、最近は交際相手の男性と一緒にバイクに乗るなど仲良さそうにしていたという。一方、スポーツクラブ関係者によると最近、外国人に付きまとわれていたとの情報もある。

★「脅迫なかった」スポーツクラブ社長
 現場となったスポーツクラブを経営するルネサンスの斎藤敏一社長がこの日夜、都内の本社で会見し「大変残念だ。事件は想定外で怒りを感じる」と述べた。限られた情報を基に、犯人の侵入経路などを図で示しながら説明。「脅迫めいた電話や手紙があったという情報はない」「どういう背景なのか分からない」と強調した。倉本さんについては「インストラクターを5年続けるのは大変長い。この仕事を愛していただいていたと信じている」と述べ、沈うつな表情を浮かべた。

■最近の主な発砲事件
 ◆平成19年2月5~6日 東京・西麻布の路上で指定暴力団住吉会系幹部が射殺され、その後、都内で指定暴力団山口組系の組事務所などに発砲相次ぐ
 ◆4・17 長崎市で選挙事務所に入ろうとした伊藤一長市長が、山口組系組幹部に背後から拳銃で2発撃たれ死亡
 ◆4・20 指定暴力団極東会系組員が同じ組の組員を射殺後、東京都町田市の都営住宅に立てこもり自殺図る
 ◆5・17 愛知県長久手町で山口組系元組員が元妻を人質に立てこもり、県警特殊部隊の警官を射殺。約29時間後に投降
 ◆11・8 佐賀県武雄市の病院に入院していた男性が拳銃で撃たれ死亡。17日後、指定暴力団道仁会系組幹部の男を福岡県警が銃刀法違反で現行犯逮捕
 ◆12・10 高知県津野町で農業の男が隣家の女性と長男に散弾銃を発射。女性が死亡し長男も重傷

■散弾銃
 多数の小さな弾丸(散弾)を撃つ大口径の大型銃。鳥・小動物の狩猟やクレー射撃などで使用される。実包はプラスチック製のケースと金属製のリム(実包の最後部)で構成され、中に封入されている多数の散弾が放射状に発射される。散弾銃やライフル銃などの猟銃、空気銃は銃刀法により原則として所持が禁じられている。狩猟と有害鳥獣駆除、標的射撃を目的とする場合に限定し、都道府県公安委員会の許可を受け、所持することができる。


---スポーツ施設で男が銃乱射、男女死亡・5人けが…佐世保 読売新聞---
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/ne_07121461.htm

 14日午後7時10分ごろ、長崎県佐世保市名切町のスポーツクラブ「ルネサンス佐世保」(4階建て)の2階正面玄関から男が押し入り、散弾銃を乱射した。利用客の女児を含む7人が被弾し、同クラブ従業員の水泳インストラクター倉本舞衣さん(26)(佐世保市権常寺=ごんじょうじ=町)と利用客の漁業藤本勇司さん(36)(同市鹿子前=かしまえ=町)が撃たれて死亡。他の5人は足や背中などに重軽傷を負った。発砲した男は裏口から逃走した。県警は佐世保署に捜査本部を設置し、殺人容疑で緊急配備を敷いて行方を追っている。
 調べによると、被弾して重軽傷を負ったのは、クラブマネジャー久津間和仁さん(48)(同市折橋町)、会社員小川圭三さん(46)(同市御船町)、市職員中村隆志さん(39)(同市ハウステンボス町)、市立赤崎小4年徳礼朱莉(あかり)ちゃん(10)(同市赤崎町)、桜木悠乃(ゆの)ちゃん(9)(同市保立町)。
 また、同クラブ従業員の女性トレーナー(22)が転倒して足に軽傷を負ったほか、別の女児(10)も精神的ショックで病院に運ばれた。
 同クラブは1階にスーパーが入居し、2~4階部分にプール、ジム、テニスコートなどを備え、2階に正面玄関がある。
 男は建物の外階段を上がり、正面玄関から銃を発砲しながら侵入。2階の事務室とプールサイドで乱射した。死亡した倉本さんは事務室内にいたところを襲われ、水着のまま逃げようとした際に左後方から撃たれた。藤本さんは2階ホールで、太もも、尻、脇腹に散弾を数十発浴びたという。
 当時、建物内には会員約50人とスタッフ約20人の計約70人がいた。プールでは、小中学生の水泳教室が開かれていた。1階スーパーは営業中だった。
 男は身長1メートル70~1メートル90。シルバーグレーのダウンジャケットを羽織り、迷彩柄の上下姿で、白いフルフェースのヘルメットをかぶっていた。
 同クラブ従業員によると、倉本さんは外国人男性との間でトラブルを抱えていたという。同クラブには外国人の利用客もあり、県警で確認を急いでいる。
 現場は市中心部で、市民会館や県立武道館、中学校など公共施設や住宅が立ち並び、約2キロ南には米海軍佐世保基地がある。
 同クラブは、全国に95店舗を展開するルネサンス(東京)グループの一つで、1993年5月にオープン。同グループの会員数は約30万人。売上高は約300億円。


---佐世保乱射事件 犯人像は? 外国人の可能性も 産経新聞---
2007.12.15 00:32
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/071215/crm0712150032001-n1.htm

 今回のような銃の乱射は、国内では極めて珍しいタイプの事件だ。犯人の男は迷彩服を着て、最初から銃を撃ちながら侵入。子供たちの水泳教室が開かれているプールでも無差別に発砲を繰り返した。犯行の目的、そして犯人像は-。
 福島章・上智大名誉教授(犯罪心理学)は「何か大きなストレスを抱えた犯人像が思い浮かぶ。金も仕事もなく、周囲との人間関係も希薄。そういう人間が何か大きなことをやろうと英雄的な気持ちになって犯行に至ったのでは」と推測。「米国で相次いでいる銃乱射事件の影響を受けた外国人の可能性も十分にある」とみる。
 小田晋・帝塚山学院大教授(犯罪精神医学)は「犯人にとって銃は男性の象徴。犯行には男らしさを誇示する意図が感じられる。迷彩服を着ているところから戦争マニアと思われ、一種の戦争ゲーム感覚でやっているのだろう。まさに『ゲーム型犯罪』といえるのではないか」と話す。
 元警視庁捜査1課長の田宮栄一さんは「暴力団絡みの犯罪の可能性もあるが、組関係者が公衆の面前でターゲットを狙うかどうか疑問だ」と話した。


---佐世保銃乱射 「外国人のようだった」との目撃情報も 産経新聞---
2007.12.14 23:39
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/071214/crm0712142339045-n1.htm

 長崎県佐世保市のスポーツクラブ「ルネサンス佐世保」で14日夜、男が銃を乱射、2人が死亡、5人が負傷した事件で、銃を乱射した男について「外国人のようだった」との目撃情報もあることが分かった。長崎県警佐世保署は殺人事件として緊急配備を敷き、男の行方を追っている。男は犯行に使った銃を持ったまま逃げたとみられる。
 県警によると、犯人の男は身長約170から190センチ、迷彩服を着た上にシルバーグレーのダウンジャケット姿、白いフルフェースのヘルメットをかぶっており、太めの体形だった。外国人のようだったという目撃情報もある。
 事件では、水泳インストラクターの倉本舞衣さん(26)と、会員とみられる漁業、藤本勇司さん(30)が死亡、子供を含む5人がけがをした。
 撃たれた倉本さんは、救急車で病院に運ばれたが、午後7時25分に死亡したという。藤本さんんの体には4カ所の銃創があり、腹部には20-30発の散弾が残っていたという。
 他にけがをした5人は9歳と10歳の女児、48歳と46歳、39歳の男性の計5人とみられ、全員が病院へ搬送された。男性3人はいずれも脚などに撃たれた跡があるが、意識はあるという。女児らは脚などに弾がかすった傷がみられ、ショック症状を起こしている子供もいるという。

 調べなどによると、男は、ビル2階のスポーツクラブの正面玄関から、散弾銃のような銃を乱射しながら侵入。当時は、子供向けのスイミングクラブがちょうど終わる時間で、会員50人、従業員20人の約70人がいた。男はロビーや事務所のほか、子供向けの水泳教室が開かれていたプールでも銃を乱射。スタッフは事務所で撃たれたとみられる。室内のガラスなども多数割れているもようだ。
 スポーツクラブの1階はスーパーマーケットになっており、男は犯行後、スーパーの裏口から逃走したとみられる。スーパーでは店内にいた客十数人が店外に避難した。
 現場はJR佐世保駅の北約2キロ。スポーツクラブは全国90カ所でスポーツクラブを展開する「ルネサンス」(東京都墨田区)が運営しており、プールやテニスコートなどを備えている。


---長崎・佐世保で銃乱射、二人死亡5人負傷 朝鮮日報---
東京=鮮于鉦(ソンウ・ジョン)特派員
http://www.chosunonline.com/article/20071215000005

 14 日午後7時15分ごろ、長崎県佐世保市名切町のスポーツクラブで男が銃を乱射、二人が死亡し5人が重軽傷を負った。事件直後、日本の各テレビ局は「男は外国人と見られる」と報じたが、まだ確認されていない。事件現場は市中心部で、約2キロ南の地点には米海軍佐世保基地がある。
 事件は一般住民が利用する大手スポーツクラブ「ルネサンス佐世保」で起きた。日本の各メディアによると、男は建物2階のスポーツクラブ正面玄関から入り、プールに向かって発砲した。当時プールでは小中学生向けの水泳教室が開かれていた。女性水泳インストラクター(26)が銃声を聞き逃げようとしたところを襲われ左胸を、見学に訪れていた男性(36)も腹部などを撃たれ死亡した。このほか、女児二人を含む5人が重軽傷を負い治療を受けている。事件当時、スポーツセンターには会員約50人と従業員約20人がいた。
 目撃者の証言によると、容疑者の身長は1メートル80センチ前後、シルバーグレーのダウンジャケットを着用しており、乱射後、銃を持ったままスポーツクラブの裏門から逃走したという。銃撃時は顔を隠すため目出し帽またはフルフェースのヘルメットをかぶっていたとのことだ。テレビ朝日系の夜10時のニュースでは目撃者らの言葉を引用、「容疑者は外国人と見られる」と報じた。銃の種類は明らかになっていない。
 日本では縄張り争いを繰り広げている組織暴力団が銃を撃ち合い殺害する事件がたびたび発生しているが、一般市民のいる場所に侵入し不特定多数に向け銃を乱射する事件は異例。もし在日米軍が関係しているとすれば、日米間の外交問題に発展する可能性もある。


---<米銃乱射事件>「米メディア、無責任な報道」…中国が怒り 中央日報---
パク・ヨンミ記者 2007.04.19 15:48:55
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=86697&servcode=400§code=400&p_no=&comment_gr=article_86697&pn=5

「脅迫に苦しめられ、携帯電話が鳴り続けた」。バージニア工科大銃乱射事件の直後、容疑者と見なされた中国系のチャンさんは自分のブログで悔しさを表した。
バージニア工科大銃乱射事件に関する米メディア報道に中国人が怒りを表している。現地メディアが、在米韓国人1.5世であるチョ・スンヒの犯行と確認されるまで、中国系米国人を容疑者として報道したからだ。
中国外務省は18日、一部の米メディアの無責任な報道を糾弾したのに続き、米国に留学中の中国人学生はシカゴサンタイムズなど現地メディアを相手取り訴訟を起こす動きを見せている。
当初容疑者と伝えられた中国系米国人のチャンさんのブログには8万人が訪問、非難メッセージを書き込むなど、サイバーテロにつながったことが伝えられた。銃器収集が趣味のチャンさんは、半自動小銃(M44カービン)14丁と一緒に撮った写真など銃器を背景にした写真を数枚ブログに載せていたうえ、最近ガールフレンドと別れていたため、犯人と見なされたのだ。
中国外務省の劉建超報道局長は18日、論評要請に対する答弁声明で「今回の銃撃事件は非常に重大な事件であるにもかかわらず、一部の米国メディアが事実確認の前に無責任に報道した」と指摘した。また「こうした報道はメディアの職業倫理に反する誤った行動」とし「中国は該当メディアに対し、誤報による悪影響を遮断するよう要求した」と述べた。
米国に留学中の中国学生も憤りを表している。北京晨報は18日、「米国の中国人留学生が基金を集めてシカゴサンタイムズを告訴することにした」と報じた。シカゴサンタイムズは米国捜査当局が容疑者を確認していない状態で真っ先に「中国人が容疑者」と報道し、物議をかもした。

防衛省 長年に渡り組織ぐるみで不正経理

防衛省の不正経理が判明した。
防衛省は、警察の場合とまったく同じ手法で、報償費を偽領収書で架空請求し
裏金として数千万円を着手したようだ。
守屋武昌の汚職事件で防衛省を家宅捜索した東京地検特捜部は、裏帳簿等も
押収したようだ。
普通、事前連絡や報道から、裏帳簿は担当者が隠す場合が多いが、防衛省は
それをしなかった。
担当者が、告発したのか、気がまわらなかったのかはわからない。

裏金操作をしていない公務員は皆無とみるべきかもしれない。


---防衛省、組織的に裏金 数千万円プール 架空領収書で捻出 東京新聞---
2007年12月16日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2007121602072530.html

 防衛省が情報収集を主な目的とする報償費の多くを架空の領収書で裏金化して、幹部や関係部局の裁量で使えるような不正経理を組織ぐるみで長年にわたり続けていたことが判明した。同省OBら複数の関係者が十五日、明らかにした。報償費は二〇〇七年度予算で年間約一億六千四百万円。裏金が職員同士の飲食経費など目的外に流用された可能性は否めず、新テロ対策特別措置法案(給油新法案)の国会審議にも影響を与えるのは必至だ。
 政府は防衛省の報償費について「情報および資料収集、犯罪の捜査に必要な経費」と規定しており、大半は「情報収集」名目で使われてきた。
 関係者によると、裏金工作は数十年間繰り返されてきた。裏金は単年度で使い切れず、残っているプール金は総額で少なくとも数千万円に上るという。石破茂防衛相は十五日、共同通信の取材に対し「事実関係を確認できないので、コメントは差し控えたい」と回答、防衛省として内部調査を進める考えを示した。
 東京地検特捜部は守屋武昌前防衛事務次官をめぐる汚職事件の一環として既に同省を家宅捜索。押収した資料の中には裏帳簿なども含まれているもようだ。
 関係者の証言によると、裏金は、大臣官房などが同省OBらの名前を使い情報提供の協力者に見せ掛け、偽の領収書を職員が大量に作成。偽の情報協力者を接待したり毎月現金を手渡していたかのように装って捻出(ねんしゅつ)。報償費は収支上、ほぼ使い切った形で裏金となってきた。
 これは約六百八十万円(二〇〇七年度予算)に限られている交際費の不足分を補てんし、内局や自衛隊幹部、主要各課が柔軟に使えるようにする目的もあるとされる。


---架空領収書で裏金捻出 防衛省関係者が証言 東京新聞---
2007年12月16日 02時03分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007121501000519.html

 防衛省が情報収集を主な目的とする報償費の多くを架空の領収書で裏金化して、幹部や関係部局の裁量で使えるような不正経理を組織ぐるみで長年にわたり続けていたことが判明した。防衛省OBら複数の関係者が15日、明らかにした。報償費は2007年度予算で年間約1億6400万円。裏金が職員同士の飲食経費など目的外に流用された可能性は否めず、新テロ対策特別措置法案の国会審議にも影響を与えるのは必至だ。
 政府は防衛省の報償費について「情報および資料収集、犯罪の捜査に必要な経費」と規定しており、大半は「情報収集」名目で使われてきた。
 関係者によると、裏金工作は数10年間繰り返されてきた。裏金は単年度で使い切れず、プール金は総額で少なくとも数1000万円に上るという。(共同)

護衛艦しらね 定期点検後に炎上

護衛艦しらねが火災を起こした。
鎮火まで8時間かかったとのことだが、戦闘指揮所(CIC)の2/3が焼失とのこと
だが、2/3と言うことは電子機器は全てが焼失と言うことか。

新品の電子機器は難燃材を採用しているから、簡単には発火しない。
一般的に交換が少ない線材、含油部品(コンデンサ、トランス)等が、経年劣化
で絶縁不良となり、発火する例が多いが、報道をみる限り、退役間際のしらね
は経年劣化による発火のケースかもしれない。
報道するかは別にして、出火原因はそのうち明確になるだろう。

入港中だったから、軽度の被害で済んだのかもしれないが、洋上だったら
航行不能でもっと被害が増えただろう。

福田康夫の今年の漢字は『信』。日米秘密保護法違反容疑で元海自三佐が逮捕
された翌日、金丸信が命名した護衛艦しらねから出火はなにか関連があるのか。



海上自衛隊の旗艦 しらね で火災。艦橋などが激しく燃えている


---火元の戦闘指揮所は無人か 護衛艦「しらね」火災---
2007年12月15日21時54分
http://www.asahi.com/national/update/1215/TKY200712150211.html

 海上自衛隊横須賀基地(神奈川県横須賀市)に停泊中だった護衛艦「しらね」の火災で、火元とみられる戦闘指揮所(CIC)は出火時に無人の状態だったことが15日、海自警務隊などの調べでわかった。海自警務隊は15日午後、艦内にいた乗員約80人に対する聴取を始め、出火原因を調べている。
 海自によると、CICは艦橋構造物内に位置するが、出火時の14日午後10時20分ごろには誰もおらず、かぎがかけられた状態だったらしい。このため、電気系統のトラブルの発生が出火につながった可能性もあるとみて調べている。
 CICは電子機器などの機械設備で埋め尽くされ、可燃物はほとんどなく、禁煙区画になっている。当時、レーダーなどは作動していなかったため、CICには必要最小限しか通電していなかったという。


---護衛艦「しらね」:電気系統のトラブルか---
毎日新聞 2007年12月16日 2時30分
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20071216k0000m040105000c.html

 神奈川県横須賀市の横須賀基地に停泊中の護衛艦「しらね」(5200トン)で14日深夜に起きた火災で、海上自衛隊は15日、艦橋部の戦闘指揮所(CIC)が火元とみて実況見分をした。指揮所は出火当時、施錠されていて無人で、電気配線が焼けていることが新たに分かり、電気系統のトラブルが原因との見方を強めている。
 海自や市消防局によると、焼失したのは3層の艦橋の2階部分にある指揮所約150平方メートルのうち約100平方メートル。他に被害はなかった。
 14日午後10時20分ごろ、近くの区画にいた隊員が焦げたにおいに気づき、指揮所に駆けつけた。ドアの鍵をこじ開けて消火活動を始めたという。
 艦の中枢部である戦闘指揮所には、艦隊を指揮するレーダー情報を表示などする電子装置が集中し、出火当時も必要最小限の電力が通っていたとみられる。室内は全面禁煙で、鍵は厳重に管理されている。接岸時には通常、夕方には施錠され、乗員であっても指揮所勤務者以外の立ち入りは制限されている。
 しらねは13日まで定期修理を受け、15日朝に出港予定だった。【内橋寿明、本多健】


---鎮火まで8時間 護衛艦火災 横須賀 中枢機能の一部焼く 東京新聞---
2007年12月15日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2007121502072409.html

 神奈川県横須賀市の海上自衛隊横須賀基地で十四日夜、停泊中の護衛艦「しらね」(基準排水量五、二〇〇トン)で発生した火災は、中枢機能がある「戦闘指揮所(CIC)」の一部約百平方メートルを焼き、約八時間後の十五日午前六時二十分ごろ鎮火した。消火活動の際、三等海曹(36)や海士長(20)ら四人が煙を吸うなどして軽症。 
 海自は十五日、実況見分を行い、出火場所や原因を詳しく調べている。
 「しらね」は同基地に配備されている第一護衛隊群の旗艦。十一月二十九日から今月十三日まで桟橋に係留したまま修理が実施され、十五日に訓練航海に出る予定だった。乗組員は約三百五十人で、出火当時はこのうち約八十人が当直勤務についていた。
 吉川栄治海上幕僚長は「周辺住民の皆さまに大変ご心配をおかけしました。早急に原因を調査し、再発防止に努めてまいります」とコメントした。


---【関連】『しらね』火災 海自、原因など未特定 停泊中の出火に波紋 東京新聞---
2007年12月15日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2007121502072406.html

 神奈川県横須賀市の海上自衛隊横須賀基地で十四日深夜、停泊中の護衛艦「しらね」で発生した火災は、翌朝まで約八時間も延焼するなど、基地内は騒然となった。「しらね」は同基地での修理を終え、十五日には訓練航海に出る予定だったが、停泊中の艦艇からの出火という事態に、関係者には波紋が広がった。 
 「しらね」の乗組員が火災を発見したのは十四日午後十時二十分ごろ。約八十人が当直勤務に当たっていたが、直ちに当直士官の指揮で、勤務中の乗組員が防火ドアを閉め、船内の電源を切るなど延焼防止措置を取ったという。同時に、消火活動を始めたが、艦橋付近から盛んに白煙を噴き出して燃え続けた。応援要請を受けた同市消防局、横須賀海上保安部の消防車、消防船などが消火に当たった結果、翌十五日午前六時二十分ごろ、ようやく鎮火した。
 現場となった吉倉桟橋には、「しらね」「むらさめ」など護衛艦三隻が連なった形で停泊していたが、他艦艇への延焼などはなかった。
 同海保によると、護衛艦の中枢機能がある戦闘指揮所(CIC)付近から出火したとみられるが、海自関係者は「ブリッジ内から出火したとみられるが、現時点では、出火原因や場所は特定できない」と話した。
 同基地近くの会社に勤務する女性(40)は「消防車のサイレンが鳴り響き大変な騒ぎだった。ここには米海軍の基地もある。艦船などで事故があれば大きな被害が出る恐れもあるだけに、こうしたことが起きないようにしっかりやってほしい」と話していた。


---約8時間後に鎮火 護衛艦「しらね」の火災 東京新聞---
2007年12月15日 11時28分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007121501000180.html

 神奈川県横須賀市の海上自衛隊横須賀基地で14日夜、停泊中の護衛艦「しらね」(5、200トン)で起きた火災は、約8時間後の15日午前6時20分ごろ鎮火した。
 海自によると、自衛官4人が煙を吸うなどして病院で治療を受けているが、軽症のもよう。
 ミサイルや機関砲などによる射撃管制を行う最重要区画である艦内の「戦闘指揮所(CIC)」のレーダー画面付近が火元とみられ、海自は火の気がないことから、電気系統の火災の可能性があるとみて調べている。
 吉川栄治海上幕僚長は「周辺住民の皆さまに大変ご心配をお掛けしました。早急に原因を調査し再発防止に努めます」とのコメントを出した。
(共同)


---戦闘指揮室付近で出火か 護衛艦火災 海自横須賀基地 朝日新聞---
2007年12月15日12時51分
http://www.asahi.com/national/update/1215/TKY200712150112.html

 神奈川県横須賀市の海上自衛隊横須賀基地に停泊していた護衛艦「しらね」(基準排水量5200トン)から出火した火災で、出火元は艦橋内部の戦闘指揮室付近の可能性が高いことが15日、わかった。消火活動にあたった男性隊員ら4人が一酸化炭素中毒や軽い気道熱傷を負い、基地内の病院で治療を受けている。
 横須賀市消防局などによると、火は出火から約8時間後の15日午前6時20分ごろに消し止められた。艦橋内部に位置し、艦周辺のレーダー情報や武器管制の情報が集中する戦闘指揮室付近の約100平方メートルが焼けた。消火活動にあたった「しらね」乗組員の海士長(20)ら4人の隊員が一酸化炭素中毒や軽い気道熱傷などで治療を受けている。
 海上幕僚監部によると、しらねは定員350人で、出火当時は艦内には約80人の乗組員がいたという。海上自衛隊の警務隊が、艦内の実況見分を実施しており、詳しい出火原因を調べている。
 しらねは11月29日から今月13日まで、同基地に停泊して修理作業を受けていたが、14日は修理の予定がなかったという。


---護衛艦「しらね」:自力での消火、訓練受けているはずが…---
毎日新聞 2007年12月15日 11時49分 (最終更新時間 12月15日 13時36分)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20071215k0000e040032000c.html

 防衛省海上幕僚監部によると、海自の艦艇は航海中の火災に備え、乗員が自力で消火する訓練を受けており、海水を使った消火栓が艦内に多数設置されている。また今回、しらねは停泊中で、近くの艦艇が消火銃で放水するなど消火活動を援護、体制は整っていた。
 しかし、火元となったとみられるCICは、第1護衛隊群の旗艦であるしらねの運用システムの中枢部。CICは、全面禁煙で、火災時にも、放水による消火は避け、電子機器用の特殊な消火器が配置されているほか、初期消火で火勢が収まらない場合、区画を区切って、室内を酸欠状態にして鎮火する手法も取られるという。このため、消火活動が思うようにはかどらなかった可能性がある。【本多健】


---火災の護衛艦「しらね」、約7時間後に鎮火 産経新聞---
2007.12.15 10:02
http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/071215/dst0712151002004-n1.htm

 神奈川県横須賀市の海上自衛隊横須賀基地で14日夜、停泊中の護衛艦「しらね」(5200トン)から出火、自衛官2人が負傷した火災は約7時間後の15日午前5時すぎ、ほぼ鎮火した。
 海自によると、負傷したのは消火活動に当たった海士長(20)と3曹(36)。煙を吸うなどして病院で治療中で、軽症のもよう。
 ミサイルや機関砲などによる射撃管制を行う最重要区画である艦内の「戦闘指揮所(CIC)」のレーダー画面付近が火元とみられ、海自は火の気がないことから、電気系統の火災の可能性があるとみて調べている。


---護衛艦で火事、2人軽症 産経新聞---
2007.12.15 08:13
http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/071215/dst0712150813003-n1.htm

 14日午後10時20分ごろ、神奈川県横須賀市の海上自衛隊横須賀基地に停泊中の護衛艦「しらね」(5、200トン)から出火、艦内の「戦闘指揮所(CIC)」などを焼き、海士長(20)と三曹(36)が煙を吸うなどして病院に運ばれた。2人とも軽症のもよう。約8時間後に鎮火した。
 海自などによると、ミサイルや機関砲などによる射撃管制を行う最重要区画であるCICのレーダー画面付近が火元とみられ、海自は火の気がないことから、電気系統の火災の可能性があるとみて調べている。
 午後10時20分ごろ、自衛官が煙が出ているのに気づき、消火しようとしたが火が収まらず、11時すぎになって119番し、15日午前6時20分ごろに鎮火した。出火当時、約80人が乗艦していた。
 しらねは先月29日から今月13日まで修理を受け、15日に出港予定だった。
 しらねは、海自第1護衛隊群の中枢艦で定員350人。ヘリコプター3機を搭載し、指揮管制をコンピューターで完全処理する「システム艦」で、米軍と情報を同時に共有できるデータリンクの機能も持つ。


---「今年の漢字は信なんです」と首相 朝日新聞---
2007.12.13 18:35
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/071213/plc0712131835009-n1.htm

 福田康夫首相は13日、「今年の漢字」に「偽」が選ばれたことに関し、「どういう言葉が適切かというと『信』なんですよ。今こそ信を取り戻さなければいけない」と述べた。参院外交防衛委員会の集中審議で語ったもので、首相は防衛省不祥事や年金公約問題で招いた国民の不信感の解消に向けた決意を示した。
 ただ、民主党議員は年金問題で「公約を覚えていない政権があり得るのか。だから今年の世相をあらわす言葉が『偽』なんだ」と批判した。政府・与党への不信感は高まっており、政界では総選挙で国民に「信」を問う時期は遠のいたとの見方も。


---しらね型護衛艦 Wikipedia---
最終更新 2007年12月15日 (土) 02:26
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%97%E3%82%89%E3%81%AD%E5%9E%8B%E8%AD%B7%E8%A1%9B%E8%89%A6

xしらね型護衛艦(しらねがたごえいかん、JMSDF DDH SHIRANE class)は海上自衛隊が保有するヘリコプター搭載護衛艦。第4次防衛力整備計画(4次防)ではるな型護衛艦の発展型として建造された。こんごう型護衛艦が建造されるまで、海上自衛隊で最大の護衛艦であった。護衛隊群直轄艦として、フラッグシップ的存在でもある。

概要
 本級の主要装備ははるな型護衛艦と同様、3機の哨戒ヘリコプターであり、1番艦「しらね」は就役当初HSS-2Aを搭載、後にHSS-2Bに改めた。2番艦「くらま」は当初からHSS-2Bを搭載したが、両艦とも後にSH-60Jに換装している。近い将来、SH-60Kにグレードアップするものと見られる。大型ヘリコプターを搭載する艦艇は珍しくないが、3機も搭載する駆逐艦は世界でも珍しく、本級は一種のヘリ空母もしくは、旧海軍の航空巡洋艦に肖って航空駆逐艦と言い換えることも可能である。ただし文字通り<3機も搭載する>だけであり、3機同時に運用できるわけではない。
 艦後部がヘリコプター格納庫及び発着甲板となっているため、主要兵装は砲も含め、艦前部に集中している。これは同様に航空機運用を意識した旧海軍艦艇の利根型重巡洋艦、航空巡洋艦最上、軽巡洋艦大淀と共通した配置である。すなわち、5インチ単装砲2基を背負い式に装備し、艦橋の直前にアスロック発射機を備えている。
 はるな型は就役時、艦対空ミサイルを搭載していなかったのに対し、本級は就役時からシースパローミサイルを護衛艦として初搭載した。ミサイル護衛艦(DDG)以外で初めてミサイルを搭載した艦ということにもなる。このシースパロー発射機は、艦の後部・ヘリコプター格納庫上にある。
 また「くらま」は就役時からファランクスCIWS(高性能20ミリ機関砲)やTASS(曳航式パッシブ・ソナー)を搭載した初めての護衛艦となった(「しらね」も後日装備)。さらに本級は戦術情報処理装置(TDPS;Tactical Data Processing System)やデータ・リンク・システムを装備、海上自衛隊初の本格的なシステム艦としても知られる。その他OPS-12三次元レーダー、OQS-101ソナーなど、本級で初めて採用された新兵器は数多い。
 就役後も衛星通信アンテナなど各種装備を逐次追加している。シースパロー発射機及びその射撃指揮装置も更新された。
 なお本型の艦名は、はるな型に続いて旧海軍の金剛型戦艦を襲名し、「こんごう」「きりしま」となる予定だった。しかし当時の防衛庁長官であった金丸信が、自らの選挙区にある白根山から強引に命名させたといわれる。「こんごう」「きりしま」の採用はその後、こんごう型護衛艦によってようやく実現した。

幻のDLH
 本型は4次防原案の作成当時、基準排水量8,300トンのヘリコプター搭載大型護衛艦(DLH)として計画された。初期段階では8,700トン、機関出力12万馬力でヘリコプター6機搭載、スタンダード対空ミサイル装備の案が構想されていたという。しかし経済的・政治的理由から縮小が図られ、最終的には8,000トン、10万馬力でスタンダードSAMを諦め、隻数も2隻から1隻に減らす案を検討。それでもオイルショックに起因する4次防縮小の流れには抗し切れず、結局はるな型の拡大改良型である本型に落ち着くこととなった。このDLHは実質的にヘリコプター巡洋艦と呼べるものであり、実現していれば旧ソ連海軍のモスクワ級、フランス海軍のジャンヌ・ダルク、イタリア海軍のヴィットリオ・ヴェネトなどと肩を並べる存在となっていたであろう。

事故
 2007年12月14日午後10時20分ごろ、横須賀基地に停泊中のしらねで火災が発生した。
CIC(戦闘指揮所)のレーダーのディスプレーが火災の火元とされているが、今のところ詳細は不明。

同型艦
DDH-143 しらね
* 建造:石播東京
* 起工:1977年2月25日
* 進水:1978年9月18日
* 竣工:1980年3月17日
* 所属:第1護衛隊群直轄艦
* 艦名の由来:白根山
横須賀の護衛艦隊第1護衛隊群の旗艦となる。観艦式では観閲艦になる。
2007年12月15日0時39分頃火災が発生したと伝えられた

DDH-144 くらま
* 建造:石播東京
* 起工:1978年2月17日
* 進水:1979年9月20日
* 竣工:1981年3月27日
* 所属:第2護衛隊群直轄艦
* 艦名の由来:鞍馬山