2008年1月9日水曜日

米予備選 本場の選挙工作

米大統領予備選が続く。
選挙工作の本場を見た。
うまく工作していてどこまでが工作かは不明。

工作と思われる点を挙げる。
ヒラリー・クリントン
 世論調査の支持率が低いとわかる。
・マスコミを連れて、戸別訪問。わざと「ヒラリーには投票しないんだ」を
 放映させ、ヒラリー支持の結束を図る。
・サロンで、きつい質問をさせ、涙ぐむ演技をし、女性の同情票を買う。

バラク・オバマ
・大統領並みの護衛させ、注目度を上げる。
・北部で奴隷制度謝罪決議案の可決し、非白人系の票を買う。
・ケニアの知らない親戚を作り出し(口裏を合わせ)、人脈をみせる。
・ケニア騒乱で、影響力を見せ貢献度を期待させる。

今までは、有権者の支持者はほとんど決まっていて、少ない無党派層は投票
しないことが多かったが、不祥事発覚、徴兵と戦死が続くブッシュ政権への
不満により、今回のNHの場合は、無党派層が工作に影響され動いたようだ。



Clinton Wells Up: 'This Is Very Personal'



Clinton Attacks Obama, Focus Group Reaction Split



Hillary Clinton Attacks John Edwards Over Change



McCain, Romney On Consistency Of Positions


---米大統領予備選 候補者一言集---
産経新聞 2008.1.9 18:40
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080109/amr0801091841011-n1.htm

【民主党】
 ヒラリー・クリントン氏 「ニューハンプシャーに感謝したい。先週1週間にわたり皆さんの話を聞いて、自分の言葉を見いだしたから。心から言葉を交わし、皆さんがそれに応えてくれたのがうれしかった。さあ、ここからともに、ニューハンプシャーが私にもたらしてくれた『カムバック』を、米国にも、もたらそうではないか」

 バラク・オバマ氏 「私はまだ燃えたぎっていて出撃態勢にある。数週間前には、こんな成果を誰も想像してはいなかった。選挙戦ではいつも後塵を拝しており、登ろうとする坂の険しさは常々分かっていた。だが、人々が集まり変革への声を挙げ、投票した。これこそがこの選挙で、米国に何かが起きていることを鮮明にしたのだ」

 ジョン・エドワーズ氏 「今宵は、クリントン、オバマ両氏を祝福したい。2つのレースが終わり、残るは48州だ」

【共和党】
 ジョン・マケイン氏 「『若者』と主張できる年齢はすでに過ぎてしまったが、今夜、われわれは、『カムバック』とはどんなものかを示すことができたと思う」

 ミット・ロムニー氏 「2つめの銀(メダル)だ。これまで3つのレースがあり、2つの銀と1つの金を取った。勝ちたかったが、(マケイン氏側は)良い仕事をしわれわれの上を行った」

 マイク・ハッカビー氏 「これから3日間はミシガン州、サウス・カロライナ州、フロリダ州だ。皆さんの尽力は、そのまま引き継がれる」

 ルドルフ・ジュリアーニ氏 「これは始まりに過ぎない。長く、困難な試合のキックオフだが、終局となる2月5日(メガチューズデー)までには、指名を受けるのは、われわれであることが明白になるだろう」


---クリントン氏、「背水の陣」しのぐ 立ちはだかる南部諸州、予断許さぬ戦いなお続く---
産経新聞 2008.1.9 13:40
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080109/amr0801091340009-n1.htm

 【マンチェスター(米ニューハンプシャー州)=山本秀也】米次期大統領選で台風の目とみられた民主党のヒラリー・クリントン上院議員は、8日投開票のニューハンプシャー州予備選で、接戦の末、党内のライバル、オバマ上院議員を下して勝利した。「変革」を訴えるオバマ氏の支持率急伸で、クリントン氏は同州予備選に「背水の陣」で臨んだ。ただ、今月中旬からは黒人の人口比率が高い南部諸州の予備選が待ち受けるだけに、クリントン氏の戦いはなお曲折を経そうだ。

クリントン氏は投開票日を迎えた8日朝、米MSNBCテレビのインタビューで、「なにがあっても、すべての過程を進む。この数日の情勢下でも私は大丈夫だ」と語り、戦いの苦しさをにじませていた。
 ブッシュ共和党政権の失速が明確になった一昨年11月の中間選挙以後、次期大統領選のレースが急速に進んだなかで、米国初の女性大統領をめざすクリントン氏は、政権交代を迫る民主党候補でも「本命中の本命」とみられてきた。
 夫のビル・クリントン前大統領の豊富な選挙経験を取り込み、ファーストレディー時代から安全保障にかかわる機密情報に接してきたことを明らかにするなど、クリントン氏は即座に政権を担える経験を前面に押し出す選挙戦術をとってきた。

だが、アイオワ州での敗北に続き、満を持して乗り込んだニューハンプシャー州で、世論調査の支持率でオバマ氏にほぼ10%の大差で逆転を許してしまった。オバマ氏の「変革」路線に対し、大衆の期待が高まるなか、「経験」をアピールするクリントン氏への支持が伸び悩むジレンマに陥った。
 クリントン前大統領は、1992年の大統領選で、アイオワ、ニューハンプシャー両州で敗れた後、南部諸州で復活を果たし、民主党の候補指名を獲得した。「カムバック・キッド」の異名を取った夫の選挙戦術を取り込みつつ、ニューハンプシャー州での教訓をどう生かすのかが、指名獲得の成否を左右することになりそうだ。


---ヒラリー氏が接戦制す 米大統領予備選、共和党はマケイン氏---
産経新聞 2008.1.9 13:30
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080109/amr0801091330008-n1.htm

 【マンチェスター(米ニューハンプシャー州)=山本秀也】米次期大統領選の候補指名を争うニューハンプシャー州予備選は8日、投票を終えて即日開票され、民主党のクリントン上院議員(60)が、支持率を急伸させるオバマ上院議員(46)との激しい接戦を制して初の勝利を手にした。共和党では、マケイン上院議員(71)がロムニー前マサチューセッツ州知事(60)を抑えて勝利した。
 クリントン氏は、8日午後11時(日本時間9日午後1時)すぎ、マンチェスター市内の選対集会に夫のクリントン前大統領をともなって登場。「この国の政府を一握りのものから、人民の人民による人民のためのものとしよう」と、リンカーンの名言を引用して勝利宣言した。
 今回の予備選は、3日のアイオワ州党員集会で1勝して波に乗るオバマ氏に対し、民主党の「本命」とみられたクリントン氏がライバルの連勝を阻止できるのかに最大の関心が集まった。事前の世論調査では、「変革」を訴えるオバマ氏の支持率が約10ポイントの大差でクリントン氏を引き離し、クリントン氏の苦戦が予測されていた。

 投票形式による初の予備選は、8日午後8時(同9日午前10時)の終了から開票が進み、開票率60%を過ぎてもクリントン、オバマ両氏の得票率が3ポイント差という異例の大接戦となった。
 しかし、民主党で3位となったエドワーズ元上院議員(54)が敗北宣言したのに続き、オバマ氏が支持者を前に「クリントン氏に祝意を表する」と敗北を認めた。同州予備選の結果、政権交代を狙う民主党では、オバマ、クリントンの各氏が1勝ずつで並ぶ結果となった。
 混戦の続く共和党では、アイオワ州で1勝のハッカビー前アーカンソー州知事(52)が低迷するなか、ワイオミング州で1勝したロムニー氏とマケイン氏が激しい争いを演じたが、ニューハンプシャー州で重点的に選挙活動を進めたマケイン氏が事前の予想通り勝利した。
 ニューハンプシャー州では、有権者登録で民主、共和いずれの党にも属さない無党派層が4割を超えており、勝利の鍵は無党派層の支持獲得とみられていた。同時に、投票率の低さで眠ってしまう票が多く、こうした無関心派の動員も勝敗の要因となっていた。


---米北部で初の謝罪決議 奴隷制にニュージャージー---
東京新聞 2008年1月8日 17時58分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008010801000574.html

 【ニューヨーク8日共同】米ニュージャージー州議会は7日、奴隷制に対して「深い遺憾の意」を表し、過去の差別について謝罪する決議案を賛成多数で可決した。AP通信によると、南北戦争(1861-65年)の際に当初より北部に属した州で奴隷制を謝罪する決議が可決されたのは初めて。
 次期大統領選では、黒人のオバマ上院議員が支持を伸ばしているさなかでもあり、人種間の和解を進める動きとして注目されそうだ。
 APによると、決議は「奴隷制がもたらした不正」に謝罪の念を示したほか、奴隷制廃止後もアフリカ系米市民に対して「職業、教育、市民生活などで差別があった」と指摘した。
 決議案は民主党の下院議員が提出し、上下両院で可決された。決議は議会の意見表明にとどまるもので、州知事に対する拘束力はない。


---オバマ氏の警護、大統領並みに=身の危険に配慮-米紙---
時事通信 2008/01/08-14:31
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008010800510

 【ワシントン8日時事】黒人初の米大統領を目指す民主党有力候補、オバマ上院議員のアイオワ州党員集会での勝利を受けて、シークレットサービスによる警護が大幅に強化されたことが分かった。保守系紙ワシントン・タイムズが8日までに伝えたもので、身の危険が高まっているとの警備当局の判断を反映しているといえる。
 オバマ氏の警護態勢は今やブッシュ大統領並みの物々しさで、シークレットサービスの要員多数が張り付き、イベント会場では爆発物探知犬を投入して危険物のチェックが行われているという。


---ケニアの野党指導者「オバマ氏は親類」---
産経新聞 2008.1.9 09:23
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080109/amr0801090923001-n1.htm

 【ロンドン=木村正人】ケニア大統領選で敗れた最大野党オレンジ民主運動(ODM)のオディンガ氏(62)は8日、複数の英メディアに「米大統領選の民主党有力候補、オバマ氏とは親類だ」などと語った。オバマ氏の父親はケニア出身で、オディンガ氏と同じ有力民族ルオの出身。
 オディンガ氏は英BBC放送に「オバマ氏の父親は自分の母方のおじに当たる」と語った。オバマ氏は米ニューハンプシャー州での予備選を控えた7日、電話でオディンガ氏と会談。オバマ氏はケニアの混乱に憂慮を示し、「キバキ大統領にも電話をかける」と話し合いによる解決を促す考えを示したという。
 オバマ氏が2歳のとき両親が離婚。父親はケニアに帰国し、1982年に交通事故で死亡した。オバマ氏は縁戚関係についてコメントしていない。


---ケニア争乱、国際社会の仲裁本格化---
産経新聞 2008.1.6 18:59
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080106/amr0801061859011-n1.htm

 【ロンドン=木村正人】死者350人以上、避難民25万人(推定)に達した大統領選をめぐるケニアの混乱を打開するため、国際社会の仲裁活動が本格化している。「再選」を宣言した国家統一党(PNU)のキバキ大統領が連立政権樹立を提案したのに対し、対立候補は大統領の辞任と選挙のやり直しを求め、和解の兆しは見えない。アフリカ中部の要であるケニアの混迷が深まれば地域全体が不安定化するおそれがある。
 米企業の進出、テロ対策など米国とケニアとの関係は強く、在ケニア米国大使館には在南アフリカ大使館よりも多い千数百人が勤務している。
 ケニアを地域拠点として重視するライス米国務長官は3日、欧州連合(EU)のソラナ共通外交・安全保障上級代表と電話で対応を協議。フレーザー米国務次官補(アフリカ担当)を現地に派遣し、同次官補は5日、キバキ大統領=最大民族キクユ出身=と、最大野党オレンジ民主党(ODM)のオディンガ候補=有力民族ルオ出身=の2人と会談した。
 現地からの報道によれば、キバキ大統領は政治的和解策として連立政権の樹立を提案。しかし前回、権力分担の密約を破棄されたというオディンガ氏は「大統領職にとどまること自体が違法だ」と、あくまで辞任を求める構えで、3~6カ月以内の大統領選のやり直しを主張。両者の溝は埋まりそうにない。
 一方、キクユの住民が避難していた教会が焼き討ちされるなど、事態は民族対立の様相を呈したことから、南アフリカ共和国のツツ元大主教(ノーベル平和賞受賞者)も調整に動いた。週明けには英国の後押しでアフリカ連合(AU)の議長を務めるガーナのクフォー大統領が現地に入り、仲裁活動を始める。

ただ、政権の治安部隊は、放火など悪質な行為には銃撃で対応しているが、ODMの抗議活動や集会には催涙弾や放水で対処している。このため死者の発生は減少し、暴動は沈静化している。
 ケニアの赤十字によると、北西部のリフトバレー地区だけで少なくとも10万人が食糧不足に陥っている。混乱が続けば、人道支援が必要な住民の数は40万~50万人に達するおそれがある。
 ケニアは昨年、国内総生産(GDP)の実質成長率(見通し)7%を達成した。ウガンダ、ルワンダ、コンゴなどの隣接国はケニアからの輸入に依存している。


---ケニア暴動拡大 教会に放火、子供ら35人死亡---
産経新聞 2008.1.2 20:01
http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/080102/mds0801022002003-n1.htm

【ロンドン=木村正人】ケニア大統領選に端を発した同国内の暴動は2日も続き、再選が発表された大統領と同じ最大民族キクユに対し、対立候補支持の有力民族ルオが襲撃を加えるなど、民族対立の様相を呈し始めている。欧米諸国は、政治、経済ともに「アフリカの優等生」とされてきたケニアの混乱に戸惑いを隠せず、対話と治安の回復を呼びかけている。フランス通信(AFP)によると、投票日の12月27日以降、死者は300人以上に上っている。
 ルオが多数を占め、暴動が激化している西部エルドレットで1日、キクユの住民ら約400人の避難先になっていた教会を暴徒と化した群衆が焼き討ちし、逃げ遅れた約35人が死亡した。犠牲者の多くが子供だった。
 上空から監視中の同国赤十字のヘリコプターからの情報では、数百戸の民家や農家が焼かれ、白煙を上げている。若者集団がナタで武装、道路に何カ所もバリケードを築いて他民族の通行を制限している。暴動の巻き添えを恐れて、西部の住民約7万人が避難した。

 選挙管理委員会は12月30日、与党の国家統一党(PNU)のキバキ大統領(76)=キクユ=が最大野党オレンジ民主党(ODM)のオディンガ氏(62)=ルオ=を約23万票差で破って再選した、と発表した。
 開票終盤までオディンガ氏がリード、大統領の地盤の投票率が異様に高かったため、同氏が「集計に不正があった」と非難、同夜から首都ナイロビなどで暴動が起きた。
 英保護領だった同国は1963年12月に独立。2005年の国内総生産(GDP)の実質成長率は2・8%。アフリカ経済の拠点になっている。民族構成はキクユ22%、ルヒヤ14%、ルオ13%。選挙戦で民族対立は先鋭化しなかったものの、開票の混乱から鬱積していたルオの不満が爆発。オディンガ氏側は「キクユが政治と経済を私物化している」と指摘、大統領側は「オディンガ氏の支持者は民族浄化に関与している」と非難した。
 ライス米国務長官とミリバンド英外相は対話と暴力の停止を呼びかけ、欧州連合(EU)の選挙監視団は選管発表の結果に疑念を示している。

0 コメント: