2008年1月31日木曜日

毒餃子販売関係会社

毒餃子製造工場の加工品を販売している会社一覧。
記事(投稿現在)に記載された毒餃子を製造した(と言われる)
天洋食品の加工品を販売している会社をまとめた。

愛知
・天野食品(塩蔵にんにく)

静岡
・東海澱粉(煮沸牛肉)

大阪
・ワントレーディング(豚肉とたまねぎの串フライ
           ▽ウインナーとたまねぎの串フライ)
・インターグローバル(豚串▽煮沸牛横隔膜▽煮沸牛すじ)
・KH通商(豚串)
・タニインターナショナル(煮沸牛横隔膜)
・豊田通商(食肉製品牛横隔膜▽煮沸牛横隔膜)
・日佳食品(ソーセージ加工品▽ポークカツ▽豚肉とたまねぎの串フライ
      ▽豚肉包み▽牛串フライ▽串カツ
      ▽ウインナーとたまねぎの串フライ▽ソーセージフライ
      ▽煮豚▽煮沸牛肉▽豚串)
・西食産業(煮沸牛横隔膜)
・イメックス(ビーフジャーキー▽食肉製品牛タン▽食肉製品ボイルドビーフ)

兵庫
・神戸物産(牛丼の具▽お好み焼き▽豚丼の具▽焼き肉丼の具
      ▽カツ丼の具▽酢豚の具▽とんかつ▽ロールキャベツ
      ▽豚肉野菜巻き)

東京
・ハイキクトレーディング(肉まん▽ロールキャベツ)
・ジャパンフード(ソーセージ▽豚串)
・住金物産(豚肉とたまねぎの串フライ▽ソーセージ春巻き)
・双日(豚肉包み▽食肉製品牛タン▽煮豚▽煮沸牛肉)
・太洋物産(コンビーフ▽煮豚▽煮沸牛肉)
・シンポインターナショナル(ソーセージ▽食肉製品牛タン)
・日協食品(ベーコンアスパラ巻▽豚肉とたまねぎの串フライ▽串カツ
      ▽ウインナー串フライ▽豆ベーコン串フライ▽ポークカツ
      ▽とんかつ▽煮豚▽ソーセージ)
・ジェイティフーズ(ロールキャベツ▽豚肉包み▽豚肉ピカタ▽豚肉三色包み
          ▽豚肉ときのこのクレビネット▽ミルフィーユポークカツ
          ▽豚肉ゴボウ巻き▽豚肉野菜巻き▽とんかつ▽煮豚
・マルハ(金のどんぶり お手軽一品!牛丼 110g
     ▽金のどんぶり 牛たま丼 180g)
・日本ハム(ソーセージ▽豚バラぐし)
・加ト吉(Sごっつ旨いチャーシュー6枚入りラーメン
    ▽ごっつ旨いチャーシューメンとんこつ▽串揚職人豚ロース串カツ
    ▽串揚職人豚ロース玉ねぎ串カツ黄
    ▽串揚職人アスパラベーコン串フライ▽串揚職人ウィンナー串フライ
    ▽豚ロースと玉ねぎ串カツ▽手作り肉餃子
    ▽デリカ豚ロース玉ねぎ串カツ▽冷凍揚げとんかつG
    ▽NEW豚ロース玉ねぎ串カツ▽アスパラベーコン巻きフライ
    ▽豚ロースと玉ねぎ串フライ25▽新豚ロース串フライ
    ▽豚ロース串フライ▽串カツセット▽NEW豚串フライ
    ▽豚ロースと玉ねぎ串カツ70)

・松田産業(牛肉)

・日本生活協同組合連合会(CO・OP手作り餃子▽CO・OP本場中国肉餃子
            ▽CO・OPとろ~り煮込んだロールキャベツ)
・ローソン(アスパラベーコン串▽豚ロース串カツ)
・イトーヨーカ堂(中華deごちそうひとくち餃子)
・ダイエー(ひとくち餃子
     ▽お弁当大人気!2種のソースのロールキャベツ」など3品目)
・西友(お弁当大人気!豚肉のごぼう巻き)
・イオン(お弁当大人気!2種のソースのロールキャベツ
    ▽お弁当大人気!豚肉のごぼう巻き)
・江崎グリコ(DONBURI亭かつとじ丼)
・味の素(ピリ辛カルビ炒飯▽カルビクッパ)
・アピタ・ユニー(ジェイティフーズが取扱う中国産の冷凍食品など17品目)
・日本食研(アスパラベーコン巻)
・カネテツデリカフーズ(牛すじ串(赤身)6串▽赤身 牛すじ肉5串
            ▽赤身 牛すじ肉3串▽穫れ処 旨牛すじ肉5串)
・すかいらーく、ガスト、バーミヤン、ジョナサン
  (エビフライ等中国加工のすべての食品)

■追記始め■
・紀文食品(じっくり煮込んだ牛すじ▽牛煮込み(北陸地方限定販売))
・アオキ(牛タン)
・伊藤ハム(牛すじ串)
・ジオラ(牛タン和風ジャーキー)

---各食品メーカー自主回収商品一覧 2008年1月31日(木)21時現在---
テレビ朝日|報道ステーション
http://www.tv-asahi.co.jp/hst/contents/food/index.html

■追記終わり■

兵庫県食品衛生関係者が
「広く一般に出回っている商品なのに、ほかで被害が出ていなかったため、
家族内のトラブルも含めて、何者かが毒物を混入させた可能性が高いとみて、
捜査を優先させた」と言う。
この発言によると「自分の業務怠慢は県警からの依頼による」と取れるが、
本当なのか。



毒餃子


毒餃子


【1/30 要注意】中国産冷凍ギョーザを食べた一家5人が一時重体


中国製の冷凍ギョーザで中毒 20080130 #1


中国製の冷凍ギョーザで中毒 20080130 #2


http://blog.livedoor.jp/zgmf_x56s/archives/51802229.html

---すかいらーく系全店、中国製食品の使用中止---
2008年1月31日13時58分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080131-OYT1T00380.htm

 全国にファミリーレストランを展開する「すかいらーく」グループは、エビフライなど中国で加工されたすべての食品について、全国の「ガスト」「バーミヤン」「ジョナサン」など約3300店舗で使用を中止する方針を明らかにした。
 いずれも、今回問題になっている中国の「天洋食品」が製造したものではないとしているが、同社広報部は「中国製食品に対する消費者の不安感に配慮した」としている。


---高砂市の親子、胃からも農薬=中国冷凍ギョーザ中毒-兵庫県警---
2008/01/31-13:14
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200801/2008013100433&rel=j&g=soc

 中国製冷凍ギョーザの中毒問題で、被害に遭った同県高砂市内の親子3人のうち、父親(51)と二男(18)の胃を洗った洗浄液から有機リン系薬物「メタミドホス」が検出されたことが31日、兵庫県警の鑑定の結果分かった。
 高砂市の親子のケースでは、メタミドホスがギョーザのパッケージ内側から検出されていたが、胃の内容物からも見つかったことで、ギョーザ自体に含まれていた可能性が高まった。
 県警や搬送先の病院によると、最も多くギョーザを食べたのは二男で、続いて父親。母親(47)は一口食べただけで違和感があり、吐き出したという。


---自主回収する中国製商品リスト 中毒問題---
2008年01月31日13時08分
http://www.asahi.com/national/update/0130/TKY200801300321.html

 自主回収の対象商品は以下の通り。
■ジェイティフーズ■
【市販用】
・中華deごちそう ひとくち餃子
・お弁当大人気!ミニロールキャベツ
・お弁当大人気!豚肉のごぼう巻き
・お弁当大人気!2種のソースのロールキャベツ
・お弁当大人気!豚肉の3色野菜巻き
・CO・OP 本場中国肉餃子30個540グラム
・CO・OP 手作り餃子40個560グラム
・CO・OP とろ~り煮込んだロールキャベツ2個×2袋入

【業務用】
・特製スライス叉焼(バラ)
・厚切り特製ヒレかつ
・豚肉と三色野菜の包み巻き
・ローストオニオンポークカツ
・ミルフィーユポークカツ
・柔らかく煮込んだロールキャベツ(トマト味)40
・ポークピカタ100
・柔らかく煮込んだロールキャベツ(トマト味)60
・ポークピカタ(チーズ入り)40
・ポークピカタ(チーズ入り)60
・やわらかヒレカツ
・豚肉ときのこのクレピネット(網脂包み)
・ひれかつ
・豚肉ふんわり包み
・ミルフィーユカツ50


■加ト吉■
【市販用】
・Sごっつ旨いチャーシュー6枚入りラーメン
・ごっつ旨いチャーシューメンとんこつ

【業務用】
・串揚職人豚ロース串カツ
・串揚職人豚ロース玉ねぎ串カツ黄
・串揚職人アスパラベーコン串フライ
・串揚職人ウィンナー串フライ
・豚ロースと玉ねぎ串カツ
・手作り肉餃子
・デリカ豚ロース玉ねぎ串カツ
・冷凍揚げとんかつG
・NEW豚ロース玉ねぎ串カツ
・アスパラベーコン巻きフライ
・豚ロースと玉ねぎ串フライ25
・新豚ロース串フライ
・豚ロース串フライ
・串カツセット(5種×2本)
・NEW豚串フライ
・豚ロースと玉ねぎ串カツ70
・新いんげんベーコン巻き串フライ
・豚ロースと白ねぎ串カツ


■味の素冷凍食品■
【市販用】
・ピリ辛カルビ炒飯

【業務用】
・カルビクッパ


■マルハ■
【市販用】
・金のどんぶり お手軽一品!牛丼110グラム
・金のどんぶり 牛たま丼180グラム


■江崎グリコ■
【市販用】
・DONBURI亭かつとじ丼


■日本ハム■
【業務用】
・ソーセージ
・豚バラ串


■日本食研■

【業務用】
・アスパラベーコン巻


■カネテツデリカフーズ■
【市販用】
・牛すじ串(赤身)6串
・赤身 牛すじ肉5串
・赤身 牛すじ肉3串
・穫れ処 旨牛すじ肉5串


---公表の遅れ、やむを得ず=中国製ギョーザ問題-千葉県知事---
2008/01/31-12:59
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200801/2008013100495&rel=j&g=soc

 千葉県などの家族が中国製冷凍ギョーザを食べて不調を訴えた問題で、堂本暁子県知事は31日の定例記者会見で、「薬物が入っているのがギョーザだと(警察からの情報で)特定できたのは30日の午後。それからは直ちに対応した」と述べ、千葉市での最初の事案発生から公表まで約1カ月を要したことについてやむを得なかったとの認識を示した。


---ユニー、中国製ギョーザなど撤去=購入済み商品の返品呼び掛け---
2008/01/31-12:46
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200801/2008013100466&rel=j&g=soc

 大手スーパーのユニーは31日、中国製冷凍ギョーザから農薬成分が検出された問題を受け、日本たばこ産業(JT)子会社ジェイティフーズ(東京)が取り扱う中国産の冷凍食品など17品目を、食品を取り扱う全国のアピタ・ユニー137店から撤去したことを明らかにした。また、販売済みの商品については、張り紙を該当商品の売り場などに掲示し、食べずに返品するよう呼び掛けている。


---天洋食品からの輸入食品リスト(ギョーザ除く)---
2008.1.31 11:45
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080131/crm0801311145021-n1.htm

【愛知】天野食品(塩蔵にんにく)
【静岡】東海澱粉(煮沸牛肉)
【大阪】ワントレーディング(豚肉とたまねぎの串フライ▽ウインナーとたまねぎの串フライ)
【同】インターグローバル(豚串▽煮沸牛横隔膜▽煮沸牛すじ)
【同】KH通商(豚串)
【同】タニインターナショナル(煮沸牛横隔膜)
【同】豊田通商(食肉製品牛横隔膜▽煮沸牛横隔膜)
【同】日佳食品(ソーセージ加工品▽ポークカツ▽豚肉とたまねぎの串フライ▽豚肉包み▽牛串フライ▽串カツ▽ウインナーとたまねぎの串フライ▽ソーセージフライ▽煮豚▽煮沸牛肉▽豚串)
【同】西食産業(煮沸牛横隔膜)
【同】イメックス(ビーフジャーキー▽食肉製品牛タン▽食肉製品ボイルドビーフ)
【兵庫】神戸物産(牛丼の具▽お好み焼き▽豚丼の具▽焼き肉丼の具▽カツ丼の具▽酢豚の具▽とんかつ▽ロールキャベツ▽豚肉野菜巻き)
【東京】ハイキクトレーディング(肉まん▽ロールキャベツ)
【同】ジャパンフード(ソーセージ▽豚串)【同】住金物産(豚肉とたまねぎの串フライ▽ソーセージ春巻き)
【同】双日(豚肉包み▽食肉製品牛タン▽煮豚▽煮沸牛肉)
【同】太洋物産(コンビーフ▽煮豚▽煮沸牛肉)
【同】シンポインターナショナル(ソーセージ▽食肉製品牛タン)
【同】日協食品(ベーコンアスパラ巻▽豚肉とたまねぎの串フライ▽串カツ▽ウインナー串フライ▽豆ベーコン串フライ▽ポークカツ▽とんかつ▽煮豚▽ソーセージ)
【同】ジェイティフーズ(ロールキャベツ▽豚肉包み▽豚肉ピカタ▽豚肉三色包み▽豚肉ときのこのクレビネット▽ミルフィーユポークカツ▽豚肉ゴボウ巻き▽豚肉野菜巻き▽とんかつ▽煮豚


---報告遅れは、家族内のいざこざ疑ってたから 兵庫県が説明 中国冷凍ギョーザ問題---
2008.1.31 11:34
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080131/crm0801311135019-n1.htm

 中国製冷凍ギョーザに殺虫剤が混入した問題で兵庫県が厚生労働省に報告が遅れたことについて「被害者家族内のトラブルを疑っていた」と厚労省に説明していることが関係者の話で31日、分かった。
 兵庫県高砂市に住む自営業の男性(51)の家族3人が今月5日にジェイティフーズ(東京都品川区)の「中華deごちそうひとくち餃子」を食べて吐き気を訴え、病院で診察を受けた。翌日に病院が県警に通報し、同県は事態を把握した。厚労省は輸入食品由来の食中毒事案は食品衛生法に基づき省令ですみやかに同省へ報告するよう都道府県に求めている。
 関係者によると、兵庫県は「広く一般に出回っている商品なのに、ほかで被害が出ていなかったため、家族内のトラブルも含めて、何者かが毒物を混入させた可能性が高いとみて、捜査を優先させた」と厚労省に説明したという。結局、厚労省が事態を把握したのは29日午後9時、東京都からの連絡だった。


---ギョーザ問題でマルハ、日本ハム自主回収---
[2008年1月31日11時43分]
http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20080131-314501.html

 マルハは31日、中国製ギョーザによる中毒に絡み、問題を起こした中国の「天洋食品」で製造された原料を使ったレトルト食品2商品を自主回収すると発表した。日本ハムも同じ理由で、業務用に販売しているソーセージと豚バラぐしの回収を始めたことを明らかにした。いずれも健康被害は発生していないという。
 マルハが回収するのは「金のどんぶり お手軽一品!牛丼 110g」と「金のどんぶり 牛たま丼 180g」。天洋食品で製造された牛肉を、商社の松田産業(東京)を通じて購入し、国内でレトルト食品に加工している。
 日本ハムは回収対象となるソーセージ月約3トン、豚バラぐし月約1トンを卸売業者に販売していた。「食の安全性を確保するために、念のため回収する」と説明している。
 マルハの問い合わせ先はフリーダイヤル0120・170811。日本ハムは取引先と個別に連絡を取り対応するとしている。


---ソーセージなど15種類も日本へ 殺虫剤混入ギョーザの天洋食品---
2008.1.31 08:58
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080131/crm0801310857007-n1.htm

 厚生労働省は、中国・河北省の「天洋食品」が日本へ輸出している冷凍ギョーザ以外の食品15種類を公表した。いずれも輸入業者が検疫所に提出した届け出書に記載された食品の分類名で、国内で流通する際の具体的な商品名は不明という。

 15種類は以下の通り。
▽加熱肉製ソーセージ
▽加熱肉製ボイルドビーフ
▽塩蔵ニンニク
▽乾燥食肉製品(ビーフジャーキー)
▽牛横隔膜(冷凍、調整したもの)
▽牛内臓(冷凍、調整品)
▽牛肉(冷凍、調整品)
▽牛肉(冷凍、その他のもの)
▽豚肉(冷凍、調整品)
▽豚肉(冷凍、その他のもの)
▽その他の乾燥食肉製品
▽その他の他の鳥獣肉類等調整品
▽加熱後冷凍食品(加熱)
▽加熱後冷凍食品(未加熱)
▽加熱肉製その他のもの


---各地で「不調」訴え相次ぐ=保健所などが調査-中国製ギョーザ---
2008/01/31-04:51
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200801/2008013100064&rel=j&g=soc

 中国製冷凍ギョーザによる中毒が明らかになった30日夕以降、「ギョーザを食べて体調を崩した」という訴えが各地で相次ぎ、各保健所などは31日、因果関係の調査を始めた。
 秋田市では30日夜、同市の50代の夫婦から「市内のスーパーで買ったギョーザを食べて、体調不良を起こした」との連絡が保健所にあった。
 保健所によると、夫婦は21日に日本たばこ産業(JT)子会社が中国から輸入した「手包みひとくち餃子」(20個入り)を購入。22日夜に5個ずつ食べたところ、妻は約3時間後に吐き気や目の腫れ、充血などを訴え、夫も翌日、吐き気や胃もたれなどの症状が出た。
 妻は29日夜にもさらに5個食べ、同様の症状が出た。2人とも病院には行っておらず、現在は回復しているという。
 熊本市でも高校1年の女子生徒から30日夜、「28日と29日に『手包みひとくち餃子』を食べ、その後体調を崩した」と購入先のスーパーに問い合わせがあった。
 熊本保健所などによると、女子生徒は吐き気や腹痛などの症状が出たが、風邪だと思い病院には行かなかった。30日の報道を見て不安になり、連絡したという。
 各保健所は残ったギョーザの提供を受けるなどして関連を調べる。


---検査で「異臭ギョーザ」も回収せず---
[ 2008年01月30日 03:30 速報記事 ]
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20080130071.html

 中国製冷凍ギョーザの食中毒事件で、1都7県の生協をまとめる「コープネット事業連合」(さいたま市)は30日夜、記者会見し、千葉市稲毛区の女性と娘が食べて症状を訴えたギョーザの残りを今月上旬に検査した際、薬品のようなにおいに気付いていたことを明らかにした。
 異臭に気付きながら商品回収しなかったことについて、同連合の土屋敏夫専務理事は「商品の不良か別の理由か判断できなかった」と説明した。
 土屋理事によると、検査は同連合の検査センターで実施。検査担当者が薬品のようなにおいに気付き、外部機関に再調査を依頼したが「異臭の原因が特定できない」との結果が出たという。
 同連合によると、日本生活協同組合連合会がこの1年間に販売した「CO・OP手作り餃子」は約58万パック。殺虫剤混入の経緯について土屋理事は「流通過程で混入するとは考えにくい」と話した。


---ローソンがギョーザ事件で串カツ販売中止---
[2008年1月31日2時35分]
http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20080131-314308.html

 中国製冷凍ギョーザの食中毒事件で、コンビニ大手のローソンは30日、問題を起こした中国の同じ工場が製造した商品があったとして「豚串カツ」など3商品の販売を中止したと発表した。
 販売中止したのは、ほかに「アスパラベーコン串」と「豚ロース串カツ」で、店内で揚げてレジで販売していた。商品は加ト吉から買い入れており、中国の「天洋食品」で製造されていたと加ト吉から連絡があったという。今のところ健康被害の報告はないという。
 問い合わせ先はローソン、フリーダイヤル0120・073963


---天洋食品輸入、年1300トン=国内3社、問題のギョーザ-厚労省----
2008/01/31-01:17
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008013000897

 千葉県などで中国製冷凍ギョーザを食べた人が中毒症状を起こした問題で、厚生労働省は30日、製造した中国河北省の「天洋食品」から、ジェイティフーズ(東京都品川区)を含む3社が過去1年間に冷凍ギョーザを約1300トン輸入していたことを明らかにした。
 厚労省は同日、安全が確認されるまでの間、問題の冷凍ギョーザと同一製品の輸入を認めないよう全国の検疫所に指示した。また、都道府県を通じて、輸入実績がある国内の業者に同一製品の販売を中止するよう求めた。
 同省によると、今月28日までの過去1年間、ジェイティフーズが約1230トンの冷凍ギョーザを天洋食品から輸入。「日協食品」(東京都中央区)も約43トン、「ワントレーディング」(大阪市中央区)も約33トン輸入していた。


---中国製ギョーザなどの撤去開始=注意喚起措置も-大手スーパー---
2008/01/31-01:14
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200801/2008013001094&rel=j&g=soc

 中国製冷凍ギョーザから農薬成分が検出された問題で、日本たばこ産業(JT)子会社ジェイティフーズ(東京)が回収を決めた23品目を取り扱う大手スーパー各社は30日、店頭からの商品撤去や顧客への注意喚起など対応に追われた。
 イトーヨーカ堂は全国約180店のうち111店で「中華deごちそうひとくち餃子」を販売。食中毒が発生した商品のため、事態を重く見た同社は取り扱い全店で注意喚起の張り紙を掲示、購入済みの商品は食べずに返品するよう呼び掛けた。
 ダイエーも「ひとくち餃子」「お弁当大人気!2種のソースのロールキャベツ」など3品目を最大147店で販売していたが、ジェイティフーズからの要請を受けて商品撤去を開始。「これまでのところお客様からの苦情はない」(広報部)という。西友も「お弁当大人気!豚肉のごぼう巻き」を店頭から撤去した。
 イオンは、国内約350に上る食品取扱店舗のうち、ジャスコやマックスバリュなど210店で「お弁当大人気!2種のソースのロールキャベツ」を、293店で「お弁当大人気!豚肉のごぼう巻き」をそれぞれ取り扱っていた。同2品目については、既に売り場から全量撤去したという。


---江崎グリコ、「かつとじ丼」を自主回収=中国で製造、加ト吉から購入---
2008/01/31-00:18
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008013100009

 江崎グリコは30日、農薬問題が明らかになった中国の天洋食品(河北省石家荘市)で製造された、冷凍カツを使ったレトルト食品「DONBURI亭かつとじ丼」を自主回収すると発表した。冷凍カツは加ト吉から購入していた。安全性に問題はなく、健康被害は報告されていないという。


---JT、「食品メジャー構想」つまずく=加ト吉、日清との冷食統合に影響も---
2008/01/30-21:54
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200801/2008013001171&rel=j&g=eco

 中国製冷凍ギョーザから農薬成分が検出された問題で、子会社が輸入販売にかかわっていた日本たばこ産業(JT)は昨年、冷凍食品大手の加ト吉を日清食品と共同で買収することで合意したばかり。深刻な健康被害が発生したことで、今後の加ト吉、日清との冷凍食品部門の統合に影響が出るのは必至だ。強力な財務基盤をバックに「国内食品事業再編の核を目指す」(木村宏社長)はずだった同社の「食品メジャー構想」は、出足からつまずいた格好だ。


---約10年前から取引仲介=過去にトラブルなし-双日食料---
2008/01/30-23:51
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200801/2008013001266&rel=j&g=soc

 中国製冷凍ギョーザの輸入を仲介していた「双日食料」(東京都港区)の武田浩文社長は30日夜、報道各社の取材に対し、「品質担当者が年1回、現地でチェックしていた」などと語った。約10年前から取引実績があったが、過去に大きなトラブルはなかったという。
 同社は、1999年からギョーザを製造した中国・天洋食品と輸入元ジェイティフーズ(品川区)の取引を仲介。安全性に関する現地指導も行っていた。


---福島でギョーザから異臭で販売中止---
[2008年1月30日22時39分]
http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20080130-314256.html

 昨年10月に福島県の「コープあいづ」の2店舗で販売していた中国製冷凍ギョーザから異臭がしたため、コープあいづが販売を中止していたことが30日分かった。千葉県で健康被害が出たものと同じ商品で、被害の報告はないという。
 コープあいづなどによると、昨年10月、福島県喜多方市の「コープバリューぷらざ」でギョーザを購入した、この店の従業員が薬品臭に気付き、店に通報。またほかの1店舗で薬品臭のするギョーザが見つかった。成分を調べたところ、トルエンやベンゼンなどが翌11月に検出された。
 コープあいづは会津保健所に報告しておらず、保健所が問い合わせて分かった。


---味の素、冷凍食品2品目をあすから回収=中国・天洋食品から原料牛肉購入---
2008/01/30-21:37
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008013001157

 味の素は30日、殺虫剤の混入が問題となっている中国・天洋食品から冷凍食品用の味付けカルビ牛肉を購入していたとして、同原料を使った2商品をあすから回収すると発表した。
 対象品は家庭用の「ピリ辛カルビ炒飯」と業務用の「カルビクッパ」。


---生協から回収の2袋は「シロ」=中国製ギョーザ問題で東京都---
2008/01/30-21:07
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200801/2008013001120&rel=j&g=soc

 ジェイティフーズ社輸入の中国製冷凍ギョーザで健康被害が出た問題で、東京都は30日、販売ルートの一つである日本生活協同組合連合会(東京都渋谷区)から、被害が出たギョーザと同じロットの袋2つを回収し、都健康安全研究センターで調べたところ、有機リン系成分は検出されなかったことを明らかにした。31日に確定結果を発表する。
 同センターが検査したのは、22日に千葉県市川市で健康被害が出た「手作り餃子(ギョーザ)」(40個入り)と同ロット。都と渋谷区が30日に生協に立ち入って、生協が商品の検査サンプルとして残していた2袋を持ち帰っていた。


---レトルト食品「DONBURI亭かつとじ丼」自主回収について---
平成20年1月31日 江崎グリコ株式会社
http://www.glico.co.jp/info/20080131/index.htm

 江崎グリコ株式会社が販売しておりますレトルト食品「DONBURI亭かつとじ丼」は原料の一部として、冷凍カツを使用しておりました。その冷凍カツは、このたびJTフーズ様が回収している冷凍食品と同じ中国の「天洋食品」で製造したものを(株)加ト吉様を通して購入しておりました。現時点で品質・安全性の問題は発生しておりませんが、この度の事案の原因が特定されていないことに鑑みて、念のため該当製品を自主回収させていただきます。
 お客様、販売店様に多大なるご迷惑をおかけいたしますが何卒ご理解いただきご協力をお願い申し上げます。

1.対象製品
『DONBURI亭かつとじ丼』

2.販売期間
 2006年2月~2008年1月

3.対象製品の販売エリア
 全国

4.回収対象数量
 約7万個(推定)

5.対象製品の製造場所

仙台グリコ株式会社
*冷凍カツを(株)加ト吉様から購入し、仙台グリコ株式会社で製造(レトルト)しております。


---弊社製品の一部回収のお願い---
http://www.katokichi.co.jp/press/Pr530130.html

 さて、このたび弊社商品の一部を製造委託している工場(中国 天洋食品)において製造した、他社冷凍食品に関して問題が発生したとの情報を得ました。
 現時点では事実関係を調査中ですが、食の安全確保の観点から、万全を期すべく、当該会社で製造している下記記載の全商品を自主回収することと致しました。
 お客様各位におかれましては、お手元に該当商品がございましたら、大変お手数ではございますが、下記送付先に送料着払いでお送り下さいますようお願い申し上げます。


1.製品回収対象商品
市販用
Sごっつ旨いチャーシュー6枚入りラーメン1×12×2
ごっつ旨いチャーシューメンとんこつ 1×12×2

業務用
串揚職人豚ロース串カツ 30g×30×4×2
串揚職人豚ロース玉ねぎ串カツ黄 40×30×4×2
串揚職人アスパラベーコン串フライ 30×4×2
串揚職人ウィンナー串フライ 35g×30×4×2
豚ロースと玉ねぎ串カツ 80g×40×2
手作り肉餃子 15g×50×6×2
デリカ豚ロース玉ねぎ串カツ 40g×50本×4
冷凍揚げとんかつG 20g×25個×12
NEW豚ロース玉ねぎ串カツ40g×100×2
アスパラベーコン巻きフライ 50×4×2
豚ロースと玉ねぎ串フライ25 50×4×2
新豚ロース串フライ 40g×60×4
豚ロース串フライ 30g×60×5
串カツセット(5種×2本)×6×2
NEW豚串フライ 60g×30×3
豚ロースと玉ねぎ串カツ70 70×40×3

2品は市販用国内製造商品ですが、当該工場で製造したチャーシュー原料を使用しております
上記商品には終売商品も含まれておりますが、流通在庫が懸念されるため、対象商品といたしました。



---☆2007年度中に納品した生協名及び数量一覧(PDF)---
http://jccu.coop/info/announcement/2008/01/coop2131.html


--- CO・OP手作り餃子等に関するお詫びとお知らせ(第1報 1/30)---
http://jccu.coop/info/announcement/2008/01/coop1130.html

お詫びとお知らせ
 平素は、弊会の商品をご愛顧いただき、厚く御礼申し上げます。
 さて、このたび弊会がジェイティフーズ株式会社に製造委託しております冷凍食品(CO・OP手作り餃子)をお召し上がりになった方において、嘔吐・めまい等を伴う重大な健康被害が発生いたしました。千葉県警察等の発表によれば、該当商品において有機リン系殺虫剤が検出されたとのことです。
 有機リン系殺虫剤が該当商品に混入した原因等については調査中ですが、該当商品と同一工場で製造されております下記の商品について、万全を期すため、供給停止し、店頭撤去および家庭内にある下記商品の回収を実施させていただくことといたしました。
 組合員のみなさまにおかれましては、お手元に下記商品がございましたら、決してお召し上がりにならず、大変お手数ではございますが、お買い求めの生協までご連絡いただきますようお願いいたします。
 組合員・消費者のみなさまには多大なるご心配とご迷惑をおかけいたしますことを心よりお詫び申し上げます。
 弊会といたしましては、今後このようなことがないよう品質管理体制を一層強化し、再発防止に努めてまいる所存でございますので、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。


【回収対象商品】
 CO・OP手作り餃子40個560g
 CO・OP本場中国肉餃子30個540g
 CO・OPとろ~り煮込んだロールキャベツ2個×2袋入


---冷凍餃子が原因と疑われる健康被害事例の発生について---
平成20年1月30日 東京都健康安全室食品監視課
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/hodo/pressshokuhin080130/index.html

 ジェイティフーズ株式会社(東京都品川区)が輸入した「冷凍餃子」を喫食した都外の複数のグループで、健康被害が発生しているとの情報を探知しましたので、お知らせいたします。
 当該品につきましては、現在ジェイティフーズ株式会社が回収を進めておりますが、都民の皆様においては、現在回収中の「冷凍餃子」が手許にある場合は、絶対に喫食しないよう、改めて注意をお願いいたします。

1 概要
(1)1月7日午前9時頃、兵庫県から、「1月5日、県内で冷凍餃子を喫食した3名がめまい、おう吐、血中コリンエステラーゼ活性低下など、有機リン中毒を疑わせる症状を呈したため、当該餃子に関する調査を依頼したい。」旨の連絡があった。
(2)1月29日午後6時頃、千葉県から、「1月22日、県内で冷凍餃子を喫食した5名が30分後に一斉におう吐、腹痛等の食中毒様症状を呈し、救急車で病院に搬送された。血中コリンエステラーゼ活性低下など、有機リン中毒を疑わせる症状を呈しているため、当該餃子に関する調査を依頼したい。」旨の連絡があった。
(3)1月30日午後0時頃、千葉県から、上記(2)とは別に「昨年末、県内で冷凍餃子を喫食した2名が有機リン中毒を疑わせる症状を呈したため、当該餃子を検査したところ、有機リン系農薬を検出した。現在、科捜研で検査中である。」旨の連絡があった。


---食中毒の発生について---
平成20年1月30日 千葉県健康福祉部衛生指導課
http://www.pref.chiba.jp/syozoku/c_eisi/date/presukannkei19/shokuchuudoku200130.html

1 探知
 平成20年1月23日(水)午前9時頃、浦安市内の医療機関の医師から市川保健所に「市川市内に住む家族5人が22日午後8時頃に食事をしたところ、食後30分後から一斉に嘔吐、下痢等の食中毒様症状を呈し、救急車で搬送され治療している。」旨の通報があり、市川保健所が調査を開始した。
 また、医療機関は症状等から有機リン系農薬による中毒が疑われたことから警察へも通報し、警察も調査を開始した。

2 概要
 市川保健所の調査により、発症者の家族5人は22日午後8時頃、自宅で餃子、ご飯、煮物、味噌汁などを喫食し、5名とも嘔吐、下痢等の食中毒症状を呈し、医療機関に入院していたことが判明した。
 患者に共通する食品は、家庭で調理した料理に限られていること、また患者の吐物内の餃子から有機リン系農薬の成分であるメタミドホスが検出された旨警察から連絡があったこと、さらに患者を診察した医師から食中毒の届出があったことから、本日、市川保健所長は、当該食品を原因とする食中毒と断定した。
 なお、流通経路については現在調査中であるが、製品がお手元にある場合は、絶対に喫食しないようにご注意ください。
 1 喫食者数  5名
 2 患者数   5名(医療機関受診者5名うち入院5名)
 3 主な症状  嘔吐、下痢、腹痛、コリンエステラーゼの低下
 4 発症年月日 平成20年1月22日(火)午後8時30分頃から
 5 原因食品
    (主な献立) 商品名:CO・OP冷凍食品「手作り餃子」
    輸入者名:ジェイティフーズ株式会社
    所在地:東京都品川区大井一丁目28番1号
    内容量:560グラム(40個入)
    製造年月日:2007.10.20
    賞味期限:2008.10.20
    原産国名:中華人民共和国
 6 検査   検便、吐物5検体
 7 病因物質 メタミドホス(有機リン系農薬)

  平成19年度食中毒事件発生状況(平成20年1月30日現在速報値)
        平成19年度 昨年度同期
   件数    19(  4)  19(  6)
   患者数  370( 60) 879( 90)
   死亡者数   0(  0)   0(  0)

注1:本日発表分含む
注2:表中( )は内数で再掲千葉市及び船橋市分


---中国産冷凍ギョウザに係る健康被害事例の発生について---
http://web.pref.hyogo.jp/hw14/hw14_000000079.html

ジェイティフーズ株式会社(東京都品川区)が輸入した「冷凍餃子」を喫食した複数のグループ(兵庫県及び千葉県)で、健康被害が発生しており、これらの事例では中国の同一工場で製造されていることが判明しました。

このため、現在ジェイティフーズ株式会社が当該工場で製造された別添の全商品を対象として回収を進めていますが、県民のみなさまにおかれましては、現在回収中の当該品がお手許にある場合は、絶対に喫食しないよう、改めて注意をお願いします。

<兵庫県での事例>
 品名:冷凍食品「中華deごちそうひとくち餃子」
 輸入者:ジェイティフーズ株式会社
 輸入者所在地:東京都品川区大井一丁目28-1
 内容量:260g
 原産国:中国
 賞味期限:2009.1.1

<千葉県での事例>
 品名:冷凍食品「CO-OP手づくり餃子」
 輸入者:ジェイティフーズ株式会社
 輸入者所在地:東京都品川区大井一丁目28-1
 内容量:560g
 原産国:中国
 製造年月日:2007.10.20
 賞味期限:2008.10.20

<兵庫県での事例の概要>
平成20年1月5日(土)に高砂市内の医療機関から食中毒を疑う患者を診察した旨、加古川健康福祉事務所に連絡があった。

加古川健康福祉事務所が調査したところ、患者3名は、同一家族で、1月5日の夕食直後に、嘔吐、下痢、めまい、縮瞳等の症状を呈して入院していた。さらに、医療機関での検査(血中コリンエステラーゼの低下)等の状況から有機リン中毒の可能性もあり、事件性もあるとの判断から警察と連携して調査を進めてきた。

その後、1月29日(火)に兵庫県警から「科学捜査研究所で実施していた毒物検査の結果、有機リン系農薬成分であるメタミドホスが、患者宅に残っていた冷凍餃子の袋から検出された」旨の報告があった。

以上のことから、当該冷凍餃子の輸入元を管轄する東京都に通報するとともに、メタミドホスを原因物質とする食中毒の疑いで引き続き調査を実施している。

なお、患者3名は当初入院していたが、現在は回復し、退院している。

1 発生年月日(初発):平成20年1月5日(土)18時50分頃

2 摂食者数:3名

3 有症者数:3名(当初は入院していたが、現在は退院している。)

父母及び息子(51歳、47歳及び18歳)

4 死亡者:0名

5 主な症状:嘔吐、下痢、めまい、多汗、縮瞳など

6 原因食品(疑い):輸入冷凍餃子

7 摂食場所:患者自宅

8 病因物質(疑い):メタミドホス(有機リン系農薬成分の一種)

患者の胃洗浄液及び当該餃子の袋を検査し、当該餃子の袋のみからメタミドホスが検出された。

9 潜伏時間:0~1時間30分

◎メタミドホスとは

有機リン系の農薬の一種である。殺虫剤として使われ、野菜などに適用されている。しかし、日本では農薬登録されていない。

0 コメント: