2008年1月28日月曜日

民主党大統領予備選 ケネディ対クリントン

民主党大統領予備選は元大統領対決になりそうだ。
ビル・クリントンがヒラリーを支援している。これに対して、JFKの弟、長女が
バラク・オバマを支援するらしい。
 予備選が激化する中で、若く、話が上手(口がうまい?)なオバマに惹かれるの
はわかる。
ヒラリーは年をとっていて、言うことが古い、見劣りするのも納得する。



Kennedy Endorsements of Barack Obama


Sen. Kennedy Expected to Endorse Obama


Victory Speech in South Carolina


This is Why Obama's Hot -- South Carolina Remix


Barack Obama wins South Carolina primary: Portrait of Obama


---ケネディ上院議員もオバマ氏支持へ---
2008.1.28 12:30
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080128/amr0801281230004-n1.htm

 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は27日、民主党上院の重鎮、エドワード・ケネディ議員が、米大統領選で初の黒人大統領を目指すオバマ上院議員への支持を表明すると報じた。28日にワシントンで開かれるオバマ氏の支援集会で正式表明されるという。
 ケネディ議員は、米国民の間で今も人気が高い故ケネディ元大統領の弟で、党内での影響力も大きい。サウスカロライナ州予備選で大勝したオバマ氏が、22州の予備選・党員集会が集中する2月5日のスーパーチューズデーに向けてさらに勢いを得ることになりそうだ。
 オバマ氏は27日の米テレビ番組で、事実関係の確認は避けつつも「民主党の候補なら誰でも、ケネディ議員の支持は受けたいと思うし、われわれも積極的に求めてきた」と述べ、歓迎する意向を示した。同紙によると、オバマ氏は24日に電話で支持を伝えられたという。


---オバマ氏「有権者は人種意識脱却」 サウスカロライナ州予備選大勝後のTV番組で---
2008.1.28 10:21
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080128/amr0801281021002-n1.htm

 26日行われた米大統領選のサウスカロライナ州民主党予備選で大勝したオバマ上院議員は27日、テレビ番組に出演し「これまで幅をきかせてきた人種が意識される政治から脱却したいと有権者は感じていると思う」と述べ、黒人初の米大統領を目指しながらも、「黒人の代表」としてではなく変革を求める人々の支持が勝利に結びついたと強調した。
 米紙ワシントン・ポストの出口調査では、同州予備選でオバマ氏は黒人票の78%を獲得した。だがオバマ氏は、後退感が強まる景気など米社会が直面する問題が「人種間の溝を超越した」と指摘、黒人にとどまらず広範な支持を得たと主張した。
 一方、夫のクリントン前大統領も参戦してオバマ氏批判を繰り広げたヒラリー・クリントン上院議員は「有権者には、候補者同士がお互いの言行をどう思っているのかを知る権利がある。これも活気ある選挙の一面だ」と言及。今後も積極的な論戦を挑む姿勢を示した。しかし「民主党として最後には団結して、11月にホワイトハウスを(共和党から)取り戻す」と本選を見据えて融和姿勢も見せた。
 激しさを増す両候補の対立には民主党内部からも懸念が出ており、米メディアによると有力黒人議員で下院党ナンバー3のクライバーン副院内総務は26日夜、「選挙戦の雰囲気が変わることを望んでいる」と発言。サウスカロライナ州での戦いを最後に、中傷合戦の沈静化を求めた。(共同)


---故ケネディ大統領の長女がオバマ氏支持 『父のような大統領に』---
2008年1月28日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2008012802083065.html

 【ワシントン=立尾良二】歴代米大統領の中で最も人気のある故ケネディ大統領の長女で作家のキャロライン・ケネディさん(50)が、二十七日付の米紙ニューヨーク・タイムズに「父のような大統領」と題して意見欄に投書し、米大統領選で民主党のオバマ上院議員(46)を支持すると表明。また米メディアは、ケネディ大統領の弟のエドワード・ケネディ上院議員(民主党)がオバマ氏支持を二十八日に発表すると報じた。
 キャロラインさんは、オバマ氏について「父が大統領だった時に人々が抱いたような奮起や希望を感じる」と指摘。
 「人々は父が彼らの人生を変えたと言う。それは、父がお願いした政治や社会奉仕への参加を彼らが実行したからだ。今、若い世代にその精神が受け継がれた」とし、「オバマ氏には若い人々を鼓舞する特別の才能がある。政治を嫌うのではなく、奉仕する意欲や政治への参加を促す力だ」と称賛。「米国の次世代のために大統領になれる人物を初めて見つけた」と締めくくっている。
 同紙は二十四日付の社説で、民主党候補の中では「知識の深さや経験の広さに感銘した」として、ヒラリー・クリントン上院議員(60)を支持すると表明している。

0 コメント: