2008年1月16日水曜日

日本人差別テロリスト 捕鯨船に侵入

日本人差別テロリストが妨害活動をおこなった。
グリーンピースが認めた日本人差別テロリスト「シーシェパード」が妨害活動
をおこなった。
「抗議するメッセージを手渡すため、勇新丸に乗り込んだ英国人と
オーストラリア人の男性活動家2人がレーダーマストに数時間縛り付けられた
と主張している。日本側は縛り付けるなどの行為を否定している。」とのこと。


グリンピースは、南氷洋で、行われている
ロープの不当廃棄(スクリューを狙ってロープを投げたり)、
海洋汚染(液体入りの瓶を投げ入れたり)、
を見ないふりをしている。
シーシェパードと混同するなと言うが、シーシェパードが行う海洋汚染に対する
コメントさえ出さない。

通例の抗議活動である船間にゴムボートを投げ入れて、海洋汚染に抗議をしない
のだろうか。
グリンピースは、鯨と日本人どちらが大切なのだろう。
環境保護団体を語る日本人差別テロリストを支援することは同類ではないのか。

---捕鯨船妨害「強く非難」 町村官房長官---
朝日新聞 2008年01月16日12時08分
http://www.asahi.com/politics/update/0116/TKY200801160132.html

 町村官房長官は16日午前の記者会見で、日本の捕鯨船が環境保護団体「シー・シェパード」の男2人に妨害を受けたことについて「合法的な活動に対する誠に危険な行為で強く非難する」と述べた。
 また、町村氏は、オーストラリア連邦裁判所が国内法に基づき設定している「クジラ保護区」での日本の調査捕鯨船に対して操業停止を命じた問題について「南極大陸はどの国も領土主権を持たないというのが国際的なコンセンサスだ。誤った前提の判決は受け入れることはできない」と述べた。


---日本が活動家引き渡しへ 捕鯨船侵入で豪外相表明---
東京新聞 2008年1月16日 11時23分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008011601000231.html

 【シドニー16日共同】南極海で調査捕鯨をしている日本の「第2勇新丸」に米環境保護団体シー・シェパードの男性活動家2人が侵入、船室に拘束された問題で、オーストラリアのスミス外相は16日、地元ラジオのインタビューで、日本側が2人の引き渡しに合意したことを明らかにした。
 2人は英国人(35)とオーストラリア人(28)。調査捕鯨を行っている日本鯨類研究所(東京、森本稔理事長)によると、2人は15日、同船のスクリューにロープを巻き付けたりデッキに薬品をまくなどの危険行為を行い、同船に違法に乗り込んだとされる。
 スミス外相は、オーストラリア外務貿易省や東京のオーストラリア大使館が日本政府に働き掛けた結果、日本側が引き渡しに応じたと説明した。
 一方、鯨類研究所の報道担当者はオーストラリアのスカイニューズ・テレビに対し、日本側は2人をすぐにでも引き渡したいのに、シー・シェパード側が連絡を絶っているため実現していないと説明。シー・シェパードが意図的に騒動を引き延ばしていると非難した。


---捕鯨船侵入で拘束の2人釈放へ 環境団体側、反応なし---
朝日新聞 2008年01月16日12時11分
http://www.asahi.com/international/update/0116/TKY200801160073.html

 反捕鯨派の米国の環境保護団体「シー・シェパード」の活動家2人が南極海で日本鯨類研究所の捕獲調査船、第2勇新丸に侵入して身柄を拘束された事件で、政府は16日、2人に略奪などの意図は見られないと判断して、釈放する方針を決めた。第2勇新丸の近くで待機しているシー・シェパードの船に電話などを通じて、第2勇新丸まで2人の身柄を引き取りに来るよう求めているが、応答はないという。
 水産庁などによると、拘束された豪州人(28)と英国人(35)の活動家2人は、それぞれ調査捕鯨の中止を求める抗議文を携え、犯罪目的で船に侵入したわけではないことを強調し、「抗議文を手渡しに来た」と説明。一時的に2人をロープで縛ったが、抵抗しなかったため、縛りを解いて船室で2人を保護したという。抗議文では豪州の連邦裁判所が豪州政府の許可のない日本の調査捕鯨の操業停止を命じたことを指摘しているという。
 同庁によると、身柄の引き渡しの際に再び妨害工作を受けるのを避けるため、引き渡しの方法や場所をシー・シェパードの船に電話で伝えた。当初、電話に応答があったが、その後、応答しなくなっているという。
 近くに豪州の監視船が航行しており、日本政府は拘束が長期化して批判を招くのを避けるため、豪州政府を通じて2人の身柄を引き渡すことも検討しているという。


---調査捕鯨船に侵入、米活動家2人拘束 南極海航行中---
朝日新聞 2008年01月16日01時36分
http://www.asahi.com/national/update/0115/TKY200801150421.html

 水産庁に入った連絡によると、日本時間15日午後4時ごろ、南極海を調査捕鯨で航行中の日本鯨類研究所の捕獲調査船、第2勇新丸(747トン)が、捕鯨に反対する米国の環境保護団体「シー・シェパード」の船によって妨害を受けた。男2人が調査船に乗り込んだため、男2人を不法侵入の疑いで拘束した。水産庁によると、調査捕鯨を巡って妨害工作が身柄拘束に至ったのは87年の調査開始以来初で、豪州などで反捕鯨運動が高まる中、調査船が襲撃を受けて反捕鯨派を拘束する異例の事態となった。
 同庁遠洋課などによると、第2勇新丸は目視で発見した鯨を最終的に捕獲するための船で、約20人の乗員が船内にいたが、けが人はなく、拘束した男2人にもけがはないという。
 昨年11月中旬に日本を出航した調査捕鯨の船団は普段、調査母船と2隻の目視専門船、3隻の捕獲調査船の計6隻で航行。この日は母船が別の環境団体の船の追跡を受けて離れた海域に逃れ、計5隻で航行中だった。妨害工作の警戒にあたっていた第2勇新丸がシー・シェパードの船を発見し、おとりとなって、ほかの4隻を先に避難させたという。
 男2人は船からゴムボートに乗り換えて第2勇新丸に近づき、スクリューを狙ってロープを投げたり、液体入りの瓶を投げ入れたりした後、船内に侵入した。身柄拘束後は抵抗することなく、現在は船室で保護しているという。同庁によると、公海上で制止を振り切って日本国籍の船に侵入した場合は刑法の不法侵入罪にあたり、現行犯逮捕が可能だという。ロープ1本がスクリューに絡まったが、航行に異常はないという。
 シー・シェパードは昨年2月にも調査母船、日新丸にロープや瓶を投げるなどの妨害工作をしたほか、一昨年も補給船に衝突するなどの妨害工作をしているという。

 米環境保護団体「シー・シェパード」は15日、南極海で同団体の活動家2人が日本の調査捕鯨船に「人質に取られた」と主張する声明をホームページ上に発表した。
 これによると、豪州人活動家(28)と英国人活動家(35)が、「捕鯨活動が違法であるというメッセージを渡すために」第2勇新丸に乗り込んだところ、乗組員によって「暴行を受けた上、レーダーのマストに縛り付けられた」と主張している。


---日本船が活動家を拘束 捕鯨抗議の米団体---
毎日新聞 2008年1月15日 22時41分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008011501000779.html

 【シドニー15日共同】南極海で調査捕鯨を行っている日本鯨類研究所(東京、森本稔理事長)は15日、声明を発表し、日本の「第2勇新丸」に乗り込んだ米環境保護団体シー・シェパードの活動家2人を勇新丸船内に拘束していることを明らかにした。
 同研究所は、2人が同船のスクリューにロープを巻き付けたりデッキに薬品をまくなどの危険行為を行ったとしている。
 シー・シェパードは同日、「クジラ保護区」での捕鯨に抗議するメッセージを手渡すため、勇新丸に乗り込んだ英国人とオーストラリア人の男性活動家2人がレーダーマストに数時間縛り付けられたと主張している。日本側は縛り付けるなどの行為を否定している。

0 コメント: