2008年1月29日火曜日

米海軍艦 香港寄港

第7艦隊旗艦が香港に入港した。
米海軍の第7艦隊旗艦「ブルーリッジ」が香港に入港できたらしい。
キティホークは中国から寄港を拒否されたが、ブルーリッジは入港できたようだ。
台湾海峡でにらみ合いとかペリーノ発言否定とか記事が踊ったが、米中間の
香港寄航問題はひとまず決着したようだ。


---米海軍:旗艦ブルーリッジが香港入港 寄港問題は一段落---
毎日新聞 2008年1月28日 19時45分
http://mainichi.jp/select/world/america/news/20080129k0000m030071000c.html

 【台北・庄司哲也】米海軍の第7艦隊旗艦「ブルーリッジ」が28日、香港に入港した。乗組員の休養のため、数日間停泊する。香港では昨年11月に米空母「キティホーク」が寄港を拒否されたが、「ブルーリッジ」の入港で、米海軍艦艇の香港寄港問題は、ひとまず決着した。
 中国側は「キティホーク」の香港入港を直前に拒否。これに対し、米国はキティホークを中心とする空母戦闘群が、台湾海峡を通過して横須賀港に向かい、米中関係がぎくしゃくした。中国の拒否の理由は明らかではないが、米国から台湾への武器売却への不満や昨年10月のブッシュ大統領とチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世の会談に反発したためとの見方が広がっていた。
 今月中旬に北京を訪問した米太平洋軍のキーティング司令官は、寄港拒否に不満を表し、中国側は善処を表明していた。

0 コメント: