2008年2月5日火曜日

ヒラリーの涙作戦

ヒラリーがまた泣いた。
エール大学(コネティカット州)で小集会を開いたヒラリーは、オバマに
事前調査で勝てないとわかると涙を見せる作戦に出たようだ。
涙作戦と言われているようだ。
ニューハンプシャーの予備選直前の小集会で作戦を決行して好結果だったため、
再度作戦決行となったようだ。
ニューハンプシャーの場合は、涙作戦よりも党員動員による票集めと党バス運行
の方が効果は高いと言う評価だったと思う。
この涙作戦二度目だが効果は得られるのだろうか。



Hillary cries again before a primary? Nah


Hillary Clinton Crying


Hillary Clinton Tears up at an Event in New Haven, CT


---ヒラリー氏がまた涙…天王山に影響?---
2008.2.5 09:00
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080205/amr0802050900000-n1.htm

 【ワシントン=有元隆志】米大統領選スーパーチューズデーを前日に控えた4日、民主党のヒラリー・クリントン上院議員が母校エール大学(コネティカット州)での小集会で、旧友から激励を受けうっすら涙を浮かべる場面があった。対立候補のバラク・オバマ上院議員から激しく追い上げられているだけに、米メディアからはニューハンプシャー州予備選の時と同様、「涙作戦」を使ったのではとの指摘も出ている。
 AP通信などによると、エール児童研究センターで開かれた小集会で、旧友のペン・ロディーン氏は、法科大学院生だったクリントン氏が紫のベルボトムをはいて同センターに現れたときのことなどを紹介。「あなたは子供たちのためのチャンピオンだ」とたたえた。感傷的な表情となったクリントン氏は「涙ぐまないと言ったけど、もうその通りにならなかった」と語った。
 クリントン氏は1月8日のニューハンプシャー州予備選直前の小集会でも、厳しい選挙戦のことを聞かれ、「簡単なことではない」と涙を浮かべた。この涙が「アイシー・クイーン」(氷のように冷たい女王)と言われた同氏のイメージを変え、逆転勝利につながったとの分析が出ていた。


---クリントン氏、また涙 天王山に影響?---
2008年2月5日 09時13分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008020501000117.html

 【ワシントン4日共同】米大統領選の民主党候補の座をオバマ上院議員と激しく争うヒラリー・クリントン上院議員が4日、東部コネティカット州での集会で、うるんだ瞳を手でぬぐう場面があった。米メディアは「ヒラリー氏がまた涙」と伝え、5日に迫った天王山のスーパーチューズデーへの影響に大きな関心を払っている。
 クリントン氏は4日、法科大学院時代に活動していたエール大児童研究センターでの集会で、かつての学友と再会。友人の1人が当時を回想し「君はいつも子どもの擁護者だった。お帰りなさい。われわれは君を誇りに思っている」などと励ました。
 目をうるませながら耳を傾けていたクリントン氏は感傷的になった様子で、声にならない「ありがとう」を言い、涙を手でぬぐうしぐさを見せた。しかし、その後「私は泣かないと言ったのよ」と笑顔をつくり、涙声にはならなかった。
 クリントン氏は1月8日のニューハンプシャー州予備選の前日にも声を詰まらせて「泣いた」と報道され、これが劣勢とされていた予備選の逆転勝利に貢献したとの見方がある。

0 コメント: