2008年2月18日月曜日

ヒル 「申告は大きく欠けている」

米国務次官補は「申告は大きく欠けている」と言う。
ヒル国務次官補は北朝鮮の「核計画申告」の実施には依然として「大きく欠け
ているところがあった」と指摘。
米国として「完全かつ正確」な申告内容となることにこだわる姿勢を強調した。
また、「すべての核計画申告」の実施には米国のテロ支援国家指定解除が条件
となると示した。
また、 米ロスアラモス国立研究所ヘッカー元所長らが、北朝鮮寧辺の核施設
を視察。随所で機材を除去した跡が確認された。

紙張りつけるだけだと思っていたけど除去していた。不要な機材を撤去したの
だと思う。
核燃料加工施設、実験用黒鉛減速炉の冷却塔の写真はあるけど、減速炉の写真
はないようだ。減速炉の写真は基本的に非公開かもしれない。


Online Videos by Veoh.com
JOAX 20080216 DPRK blames US


---解除には申告必要とヒル氏 北朝鮮のテロ支援指定で---
2008.2.18 08:48
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/080218/kor0802180848000-n1.htm

 【ワシントン17日共同】北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の米首席代表、ヒル国務次官補(東アジア・太平洋担当)は17日、北朝鮮が「すべての核計画申告」の実施には、米国のテロ支援国家指定解除が条件となるとの認識を示したことについて、「完全かつ正確な申告を行う用意があるか、まだはっきりしていない」と述べ、申告までは解除ができないとあらためて明言した。ワシントン郊外の空港で記者団に語った。
 ヒル氏は北朝鮮が行おうとしている申告内容は、依然として「大きく欠けているところがあった」と指摘。焦点のウラン濃縮による核開発疑惑などを念頭に、米国として「完全かつ正確」なものとなることにこだわる姿勢を強調した。
 一方、沖縄の中3女子暴行事件について、ライス国務長官が「大変遺憾に思っており、そのことを表明すると思う」と述べ、今月下旬の訪日の際、高村正彦外相との会談などでライス長官が遺憾の意を示すことになると述べた。(共同)


---随所に機材除去の跡 無能力化された寧辺核施設---
2008年2月17日 21時25分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008021701000394.html

【北京17日共同】北朝鮮を訪れていた米ロスアラモス国立研究所のヘッカー元所長らが、6カ国協議の合意に沿って無能力化作業が行われている寧辺の核施設を視察した際に撮影した写真を17日共同通信が入手した。写真では随所で機材を除去した跡が確認された。
 1990年初めから国際問題化した北朝鮮の核開発の拠点、寧辺の核施設の様子は国際原子力機関(IAEA)の査察などで公開されたことはあるが、研究者らの訪朝を通じ公開されるのは異例。特に無能力化の状況を示す施設内部の写真が公開されるのは初めて。
 写真は放射化学研究所と呼ばれる再処理施設と、核燃料加工施設、核燃料棒抜き取り作業が進む実験用黒鉛減速炉(5000キロワット)に付属する冷却塔の内部の様子を撮影した計10枚。減速炉の写真は含まれていない。


---随所に機材除去の跡 無能力化された寧辺核施設---
2008.2.17 21:54
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/080217/kor0802172154003-n1.htm

 北朝鮮を訪れていた米ロスアラモス国立研究所のヘッカー元所長らが、6カ国協議の合意に沿って無能力化作業が行われている寧辺の核施設を視察した際に撮影した写真を17日共同通信が入手した。写真では随所で機材を除去した跡が確認された。
 1990年初めから国際問題化した北朝鮮の核開発の拠点、寧辺の核施設の様子は国際原子力機関(IAEA)の査察などで公開されたことはあるが、研究者らの訪朝を通じ公開されるのは異例。特に無能力化の状況を示す施設内部の写真が公開されるのは初めて。
 写真は放射化学研究所と呼ばれる再処理施設と、核燃料加工施設、核燃料棒抜き取り作業が進む実験用黒鉛減速炉(5000キロワット)に付属する冷却塔の内部の様子を撮影した計10枚。減速炉の写真は含まれていない。
 再処理施設と核燃料加工施設は、既にほぼ合意通りに無能力化作業が完了、装置やタンクなどが置かれていた穴の跡があちこちで確認された。冷却塔の内部も機材が除去され、空洞状態だった。施設の鉄骨にはかなりさびが目立ち、核施設そのものが老朽化していたこともうかがわせた。
 元所長らは12日から16日まで訪朝していた。(共同)
 
核施設の無能力化
 北朝鮮・寧辺の核施設の稼働停止・封印などの「初期段階措置」に続く第2段階として、核施設を使えない状態にする措置。「すべての核計画申告」と並ぶ柱として昨年2月の6カ国協議合意に盛り込まれた。ヒル米国務次官補は「1年間は稼働できなくすることが目的」としている。同11月1日に米国主導のチームが訪朝。実験用黒鉛減速炉、核燃料加工施設、放射化学研究所(再処理施設)の3施設で作業に着手し、既に減速炉を除く2施設で作業が完了している。











北朝鮮・寧辺の実験用黒鉛減速炉の冷却塔


北朝鮮・寧辺の実験用黒鉛減速炉の冷却塔内部


北朝鮮・寧辺の無能力化された核燃料加工施設の北朝鮮労働者と核燃料加工に使われた絶縁レンガや砂(後方)


北朝鮮・寧辺の実験用黒鉛減速炉の冷却塔の内側下部


北朝鮮・寧辺の無能力化された核燃料加工施設の核燃料製造に使用する旋盤が除去された部屋。換気装置の一部が残っている


北朝鮮・寧辺の無能力化された放射化学研究所の内部。左から5人目がヘッカー元所長


北朝鮮・寧辺の無能力化された核燃料加工施設の核燃料製造に使用する装置の跡


北朝鮮・寧辺の無能力化された核燃料加工施設のウラン鉱石分解タンクが置かれていた跡


北朝鮮・寧辺の無能力化された核燃料加工施設に保管されている核燃料製造に使う旋盤と視察するヘッカー元所長


北朝鮮・寧辺の無能力化された核燃料加工施設の核燃料製造に使用する装置が置かれていた跡

0 コメント: