2008年2月1日金曜日

天洋食品立入検査は偽装か

日本のマスメディアは、検査器具や検査手法の映像をこぞって放映する。
これは、「天洋食品立入検査は偽装」と日本マスメディアが訴えているようだ。

中国国家品質検査検疫総局の検査官が立入検査に天洋食品へ入場する映像は
許可されたが、実際に、検査している映像は許可されなかった。
何の検査をしたのかわからない。

1日かけて原材料の立入検査を行い、「残留農薬を検出しなかった」と公式報告
した。
日本では、検査機関による「原材料成分分析による農薬検査」に最短でも2日は
かかる。1日ではできない。

要するに立入検査は「書類検査のみ」で、「日本政府が期待する原材料成分分析
による残留農薬を検出しなかった」にもかかわらず、「残留農薬を検出しなかった」
と中国政府は公式発表したと言うこと。

ここまでバカにされて、日本政府も危機感を募らせたらしい。
チンパン:残留農薬の検査技術に関する研修を(中国人向けに)実施
ねずみ男:「輸入禁止措置を発動もありうる」との認識


さすがに中国政府のごまかし方は慣れているためか悪知恵が働く。



Chinese dumplings poisoned 408 people in Japan, 1 of 2


Chinese dumplings poisoned 408 people in Japan, 2 of 2


報道ワイド日本08.1.31 #2-3


中国農薬餃子対象商品


中国産 毒ギョーザ 神解説 中国産の毒菜は専用洗剤で洗浄して喰う中国人


---舛添厚労相、輸入禁止措置も 問題工場の製品---
2008.2.1 17:41
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/080201/biz0802011741007-n1.htm

 舛添要一厚生労働相は1日の参院予算委員会で、日本国内で被害が拡大している中毒ギョーザを製造した中国の「天洋食品」工場の製品について、輸入禁止措置を定めた食品衛生法第8条を「発動することもありうる」との認識を示した。
 食品衛生法は第8条で、「特定の国、地域」や「特定の者」が製造、加工、調理した食品について、「食品衛生上の危害の発生を防止するため特に必要があると認めるとき」に、厚労相が諮問機関の「薬事・食品衛生審議会」の意見を聴いた上で、販売や輸入を禁止できることを定めている。ただ、舛添氏は「現実には中国当局にも要請し、工場からの輸出は完全にストップして、(日本に)来ないようにしている」とも述べた。
 また、製造元の工場に日本の調査官らを派遣することについて、舛添氏は「中国の主権があり、工場に日本の公務員が立ち入ることは、向こうに拒否されたらできない。中国のきちんとした対応がなければ、外務省を通じてさらに行動を起こすよう要請したい」と述べるにとどまった。民主党の植松恵美子、大久保潔重両参院議員の質問に答えた。


---中国製冷凍食品問題 中国で鍋料理を食べた家族6人が有機リン系農薬中毒 4人重症---
2008/02/01 18:22
http://www.fnn-news.com/headlines/CONN00126430.html

中国製の冷凍ギョーザから有機リン系の薬物「メタミドホス」が検出された問題で、中国でも「メタミドホス」による重症者が出た。
中国・浙江省の地元メディアによると、1月27日、鍋料理を食べた家族6人が腹痛やけいれんなどを訴え、そのうち4人が重症になった。
6人は有機リン系農薬による中毒と診断された。
鍋には、家族が自分の畑で栽培した白菜が入っていて、2007年夏に、殺虫剤「メタミドホス」を使用していた。


---中国当局検査、製造1カ月前「問題なし」・許可証など確認中心か---
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20080201AT1G3106E31012008.html

 【石家荘(中国河北省)=尾崎実】中国製冷凍ギョーザを食べた人が中毒症状を訴えた問題で、製造元の中国企業が問題の商品を製造する約1カ月前、中国の検査当局による安全検査をパスしていたことが、31日分かった。当時の調査は、中国製食品に対する国際的な批判の高まりを受けて実施されたが、生産許可証の取得状況など形式面での審査が中心だったとみられる。
 中国産原料を使用したペットフードで猫や犬が中毒死した問題が発覚した昨春以降、中国政府は様々な措置を打ち出してきたが、不信の払拭(ふっしょく)に向けた一連の取り組みの甘さが改めて浮き彫りになった。(07:00)


---中国と緊密に連携 参院予算委、ギョーザ問題で首相---
中日新聞 2008年2月1日 03時48分
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2008020190034853.html

 参院予算委員会は31日午後、福田首相と全閣僚が出席して、2007年度補正予算案に関する基本的質疑を続行した。首相は中国製ギョーザによる中毒について「(昨年末に)中国の温家宝首相に残留農薬の検査技術に関する研修を(中国人向けに)実施したいと表明した。今回の問題も、そういう枠組みでも話し合いが進められる」と述べ、再発防止に向けて中国側と緊密に連携する考えを示した。
 首相は、ガソリン税(揮発油税など)の暫定税率維持を含む租税特別措置法案の取り扱いについて「ぜひ年度内に成立できるよう、尽力をお願いしたい。(暫定税率が維持されない事態になれば)地方の財政、経済活性化を阻害する」と述べた。


---中国、日本輸出の冷凍餃子から残留農薬を検出せず---
2008-01-31 21:43:28 cri
http://japanese.cri.cn/151/2008/01/31/1@111688.htm

 中国国家品質検査検疫総局は31日、北京で「日本の消費者の中毒事件に関わっている、中国から輸出した冷凍餃子から残留農薬を検出しなかった」と明らかにしました。
 30日午後、日本の厚生省から、東京の中国大使館を通じて、日本の消費者が中国の冷凍餃子を食べて中毒を起こしたと通報がありました。
 中国国家品質検査検疫総局の責任者は「冷凍餃子は河北食品輸出入グループの天洋食品加工工場が生産したものである。輸出前に受けた農薬残留検査によれば、合格であった。31日に残ったサンプル製品と今使っている原料に対して再び検査を行ったが、残留農薬を検出しなかった」と述べました。
 また、この責任者は「輸出食品の安全を確保するため、品質検査検疫総局は日本に輸出した製品と輸出の途中にある製品を直ちに回収するよう関係企業に要求した。また、公安部門も調査に参加し、近いうちに日本へ専門家を派遣し、日本側と協力調査を行う」と語りました。(翻訳:katsu)

0 コメント: