2008年2月3日日曜日

タミフル耐性ウィルス広がる

タミフル耐性ウィルスが検出されたようだ。
欧州、米国でタミフル耐性インフルエンザウィルスが広がり、検出されている
ようだ。
東南アジア等で人から人への鳥インフルエンザが見つかっており、タミフルが
必要なときに、タミフル耐性ウィルスが広がるとタミフルが効かない場合も
でてくる。
大流行しないことを願うしかないのか。


---欧州でタミフル耐性広がる 米も検出、日本上陸警戒---
2008年2月2日 19時38分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008020201000434.html

 欧州で流行中のAソ連型インフルエンザに、治療薬タミフルが極めて効きにくい耐性ウイルスが広がりつつあると欧州疾病対策センター(ストックホルム)が2日までに発表した。同様の耐性は米国でも検出された。
 Aソ連型は日本でも今冬の流行の中心。今のところ国内で耐性ウイルスは見つかっていないが、国立感染症研究所は「タミフルの使用が多い日本で広がると、治療に大きな影響が出る恐れがある」として、上陸を警戒している。
 欧州専門家チームの速報によると、昨年11月から今年1月までに欧州18カ国で分離されたウイルス計437試料のうち、9カ国の59試料(14%)からタミフルへの強い耐性を示す遺伝子変異が検出された。検出率はノルウェーが70%と突出している。米国でも5%で同様の耐性が見つかったという。
 感染研の小田切孝人ウイルス第3部室長によると、日本や韓国、台湾など東アジアでは検出されていない。(共同)

0 コメント: