2008年2月15日金曜日

鯨信仰 布教活動再開

鯨信仰の教祖とその一団の布教活動が再開した。
豪もニュージーランドも鯨信仰にかぶれ沢山のお布施をしたようだ。
教祖と幹部をよく見ると違いがすぐにわかる。
教祖は掛け声をかけるだけなので、かっぷくが良いのである。
どこの世界でも新興宗教の教祖とは頭髪が長く、ひげをたくわえ、デブなのは
共通のようだ。
日本の捕鯨船には海保が乗ったけどだいじょうぶだろうか。


[Whaling] Message from Japan anti-terrorism declaration


【日本語版】 捕鯨問題 「アンチ・テロリズム宣言」


---
テキサス親父、シーシェパードに宣戦布告!


テキサスの親父 グリンピースに宣戦布告!


Sea Shepherd Whale Defense


Online Videos by Veoh.com
AntiWhaling Terrorism Resume

---「調査捕鯨の妨害続ける」 米環境保護団体のシー・シェパード---
2008.2.14 23:25
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080214/asi0802142325006-n1.htm

 南極海で1月、日本の調査捕鯨船にメンバー2人が侵入し、一時拘束された米環境保護団体シー・シェパードの船が14日、再び南極海へ向けオーストラリア南部メルボルンを出港した。給油などのため一時港に戻っていたが、今後も調査捕鯨終了時まで「妨害を続ける」としている。
 日本政府はオーストラリア政府に法的措置を求めているが、シー・シェパードのワトソン船長が共同通信に語ったところによると、メンバーは誰もオーストラリア連邦警察から事情聴取されていない。一時拘束された2人のうち、オーストラリア人男性は今回も乗船しているという。
 連邦警察は14日、捜査は「予備的な調査の段階」と述べるにとどめた。(共同)


---活動家の船、再び南極海へ 「調査捕鯨の妨害続ける」---
2008年2月14日 22時20分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008021401000800.html

 【シドニー14日共同】南極海で1月、日本の調査捕鯨船にメンバー2人が侵入し、一時拘束された米環境保護団体シー・シェパードの船が14日、再び南極海へ向けオーストラリア南部メルボルンを出港した。給油などのため一時港に戻っていたが、今後も調査捕鯨終了時まで「妨害を続ける」としている。
 日本政府はオーストラリア政府に法的措置を求めているが、シー・シェパードのワトソン船長が共同通信に語ったところによると、メンバーは誰もオーストラリア連邦警察から事情聴取されていない。一時拘束された2人のうち、オーストラリア人男性は今回も乗船しているという。
 連邦警察は14日、捜査は「予備的な調査の段階」と述べるにとどめた。

0 コメント: