2008年2月12日火曜日

Google メールアドレス垂れ流しか

Firefoxを使って、ブログを投稿するのに、
ホームページ(http://www.google.com/intl/ja/)から、Bloggerへログインする
ことが習慣になっている。
しかし、いつもログインができていたのに2月当初頃からできない状態が続く。
Googleのアカウントページに行ってログインすると可能になる。
Bloggerへ投稿できるから、「仕様変更したのだろう」と勝手に思っていた。
ある日気付いた。
ホームページの上のほうに知らない人のメールアドレス1が表示され、いつのまにか
Googleアカウントへログイン状態となっている。
ページのアカウントリンクをクリックしても実際には表示されたアカウントでの
ログインは拒否される。

Firefoxを終了して、再度起動し同じ動作をすると、知らない人の
メールアドレス2が表示される。三回目以降は同じ動作がするか未確認。

正しいGoogleアカウントでログインしてから、ログアウトし、Firefoxを終了し、
再度起動し、同じ動作をすると知らない人のメールアドレス3が表示される場合も
あり、表示されない場合もある。再現性はない。
ログイン待ち状態になると以降、知らない人のメールアドレスは表示されない。

Googleログインの際の不具合だと思うんだけど、クッキーの問題は報告されてい
るが、報告と症状が違うと思う。とりあえず、公開報告。


ログイン前なのに、知らない人のメールアドレスでログイン状態になっている。

特殊なケースなのかも知れないが、メールアドレスが第三者に漏洩しています。
至急、対処願います。
ついでに、2月以前のようにホームページからGoogleアカウントにログインできる
ことを希望します。

確認時期:20080212 朝
動作環境
PC:非共有 1ユーザ
OS:Windows Vista Home Basic
Application:Firefox 2.0.0.12
クッキー設定:Firefoxが終了するまで
Googleアカウント有無:有
Googleアカウントログイン方法:メール、パスワードを毎回直接入力

---追記---
確認時期:20080213 朝
OS:windows vista home basic
状況:Firefox起動、ホームページ表示、Firefox終了を10回繰返しましたが、
   ログイン中表示は再現しませんでした。

OS:windows xp sp2
アプリケーション:Firefox 2.0.0.12
クッキー設定:Firefoxが終了するまで
状況:ログイン待ち表示になると翌日の朝PCを起動してFirefoxを動作させる
   までログイン中表示とはなりませんでした。
   ログイン中表示の再現性を確認するため、
   Firefox起動、ホームページ表示、Firefox終了を繰返すと
   ログイン中表示が3回連続表示され、
   ログイン待ち表示、ログイン中表示、ログイン待ち表示、ログイン中表示
   ログイン待ち表示となり以降ログイン中表示にはなりませんでした。







ログイン中表示1


ログイン中表示2


ログイン中表示3


ログイン中表示4


ログイン中表示5


確認時期:20080213 夜
OS:windows vista home basic
状況:Bloggerログアウト後、ホームページ表示したら、ログイン中表示をしたが、
   Firefoxを終了し、Firefox起動、ホームページ表示したらログイン中表示せず、
   以降3回繰返すが再現せず。


---追記2---
Date: Wed, 13 Feb 2008
From: "Google Help"

Google ユーザー様

職場または学校でコンピュータを使用している場合、内部ネットワークにあるプロキシもしくは無効なキャッシュによってこれが発生した可能性があります。

この問題が解決しない場合は、次の解決方法をお試しください。
- iGoogle ページに、「http://」ではなく「https://」からアクセスする。
- ブラウザのキャッシュと cookie をクリアする。 手順については、次の URL をご覧ください:
http://google.com/support/bin/answer.py?answer=497
- Google Browser Sync を使用している場合はアンインストールして、問題が解決するかどうかをご確認ください。 手順については、次の URL をご覧ください:
http://www.google.com/tools/firefox/browsersync/faq.html#19

職場、学校、インターネット カフェなど、ネットワークに接続されたコンピュータを使用している場合に、これらの方法を実行しても問題が解決しない場合は、内部ネットワークのプロキシまたは無効なキャッシュによって発生した可能性があります。 この場合は、技術部門にお問い合わせください。

他のコンピュータとネットワーク接続していないコンピュータを使用している場合は、次の情報をお知らせください。

- IP アドレス (IP アドレスは、 http://www.whatismyip.com/ にアクセスすると上部に表示されます。)

- ご利用のインターネット サービス プロバイダ (利用している場合)。

ご協力のほどよろしくお願いいたします。

Google チーム

確認状況
確認時期:20080214 朝
vista:再現せず
xp:再現せず
このまま様子を見ます。

---追記3---
再現しました。
キュッシュ、クッキーを毎回削除する暫定的な解決は面倒です。
恒久的な対応を願います。
頻度は減りましたが、以前知らない人のメールアドレスが表示
されます。
報告が多くないようなので、影響は限定的と判断しました。
よって、以後異常表示があっても未報告とします。

確認時期:20080215 夜
OS:windows vista home basic
アプリケーション:Firefox 2.0.0.12
クッキー設定:Firefoxが終了するまで
状況:Bloggerログアウト後、いくつかのページを参照し、ホームページ表示
   した時、ログイン中表示をしました。
   Firefox起動、ホームページ表示、Firefox終了を3回繰返しましたが、
   ログイン中表示は再現しませんでした。


20080216 朝
Firefox起動、ホームページ表示したらログイン中表示あり。
Firefox終了後、起動、ホームページ表示したら、再現せず。


OS:windows xp sp2
アプリケーション:Firefox 2.0.0.12
クッキー設定:Firefoxが終了するまで
状況:未使用により未確認。

20080216 朝
Blogger閲覧後、ホームページ表示したら、ログイン中表示再現。
再度、ホームページ表示し、ログイン中表示再現せず。


---Google プライバシーポリシー---
2005 年 10 月 14 日
http://www.google.com/intl/ja/privacypolicy.html

情報の共有
 Google では、以下の限られた状況においてのみ、個人情報を Google 以外の企業または個人と共有します。
* お客様の同意を得た場合。お客様の事前の同意なしに、機密性の高い個人情報を共有することはありません。
* 個人情報の処理業務を委託する目的で Google の子会社、関連会社その他信頼できる企業または個人に情報を提供する場合。これらの当事者に対しては、Google の指示に基づいて、本ポリシーを遵守するとともに、その他適切な秘密保持、セキュリティ対策を徹底して情報の処理にあたることに同意するよう求めます。
* これらの情報にアクセス、またはこれらの情報を使用、保護、開示することについて、(a) 適用される法律、規制、法的手続きもしくは法的強制力のある政府の要求に従う、(b) 利用規約の履行強制 (違反の可能性がある場合にこのような調査を行う場合を含む)、(c) 不正行為、セキュリティ問題もしくは技術的問題の発見、防止、または対応、(d) Google、そのユーザーまたは公共の権利、財産または安全が脅かされる危険がある場合に、法律上必要とされるまたは法律で認められる方法でこれを阻止する目的において、誠意に基づいて正当であると確信する場合。
 Google が合併、吸収、その他 Google の資産の一部もしくは全部の売却を伴う取引の対象となった場合は、個人情報の譲渡により適用されるプライバシー ポリシーが変更される前に告知します。
 Google は、一部の匿名ベースの集計情報 (たとえば、特定の語を検索したユーザー数や広告をクリックしたユーザー数など) を第三者と共有する場合があります。これらの情報は、個人を識別または特定するものではありません。
 個人データの管理または利用について他にご質問がございましたら、下記住所宛にお問い合わせください。

情報の安全性
 Google では、データへの不正アクセス、またはデータの不正な改変、開示、破壊を防止するために適切なセキュリティ対策を講じています。たとえば、データの収集、保管、処理の方法およびセキュリティ対策について社内監査を実施するとともに、個人データを保管しているシステムに外部の者が不正に近づけないように物理的なセキュリティ対策を採用しています。
 Google では、個人情報にアクセスできる者を、Google の社員、請負業者および代理人のうち、Google のサービスの運営、開発または向上のために当該情報を知る必要のある者に限定しています。各人が秘密保持義務を負っており、義務を履行しなかった場合には解雇および刑事訴追を含め、懲戒処分の対象となります。

データの完全性
 Google では、個人情報を当初の収集目的のためにのみ、また本ポリシーあるいは各サービス固有のプライバシーに関する考え方に従ってのみ処理します。Google では、個人情報の収集、保存、処理がサービスの提供または向上に必要な範囲においてのみ行われるように、データの収集、保存、処理の仕方を監査しています。Google では、処理される個人情報が正確かつ完全で最新の情報となるように合理的な措置を講じていますが、個人情報の更新または訂正はお客様本人にご協力いただく必要があります。


---Google のプライバシーに関するよくある質問---
http://www.google.com/intl/ja/privacy_faq.html#personalinfo

1. 個人情報とはどのような情報ですか?
「個人情報」とは、Google にご提供いただく情報のうち、お名前やメール アドレス、課金情報など個人を特定できる情報、または Google がそれらの情報と合理的に結びつけることのできる他のデータを意味します。

0 コメント: