2008年2月4日月曜日

JFKの姪オバマ支持

マリア・シュライバーもオバマを支持した。
JFKの姪でシュワちゃんの妻マリア・シュライバーがオバマを支持した。
色々な有名人がオバマを支持するが、オバマが予備選に勝てるかどうかは別の
話だ。

オバマガールとは違うミュージックビデオが公開された。
"Yes We Can"
オバマガールとは違いインパクトは小さいが今までに作られた様式のもので
正統派(?)なのかもしれない。



LA Rally: Maria Shriver endorses Barack Obama


Yes We Can - Barack Obama Music Video

---シュワ知事夫人はオバマ氏支持、夫婦で別の候補支持へ---
2008年2月4日11時02分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080204-OYT1T00236.htm?from=navr

 【ロサンゼルス=飯田達人】米大統領選指名争いで、米カリフォルニア州のアーノルド・シュワルツェネッガー知事(60)の妻、マリア・シュライバーさん(52)が3日、民主党のバラク・オバマ上院議員(46)の支持を表明した。
 シュライバーさんはケネディ元大統領の姪(めい)で、人気テレビ記者として活躍した経歴から、知名度は抜群。俳優で共和党の知事は、1月31日に同党のジョン・マケイン上院議員(71)支持を表明したばかりで、夫婦で別々の政党の候補を支持する形となった。
 3日にロサンゼルスで開かれたオバマ氏支持集会の最後に突然登場したシュライバーさんは、「今朝起きた時、ここ以外に行く所はないと思った」と語り、喝采(かっさい)を浴びた。
 集会にはケネディ元大統領の娘、キャロラインさんらも参加した。


---オバマ氏猛追、全米世論調査でクリントン氏との差は3ポイント ヒスパニック切り崩し狙う---2008.2.2 10:26
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080202/amr0802021026005-n1.htm

 世論調査機関ギャラップが1日発表した米大統領選の全米支持率調査によると、民主党候補指名を争うオバマ上院議員がヒラリー・クリントン上院議員を猛追、予備選・党員集会が始まって以来初めて3ポイント差にまで詰め寄った。オバマ氏は同日、西部ニューメキシコ州を訪れ、5日のスーパーチューズデーに向け、クリントン氏の支持基盤であるヒスパニック票の切り崩しを本格化させた。
 調査は1月29日から31日に実施され、クリントン氏の支持率が44%、オバマ上院議員が41%。エドワーズ元上院議員の選挙戦撤退後、クリントン氏が2ポイント、オバマ氏は5ポイント上昇した。
 共和党はマケイン上院議員が39%で、24%のロムニー前マサチューセッツ州知事を引き離している。ハッカビー前アーカンソー州知事は17%。
 オバマ氏は1日、有権者のうちヒスパニックの人口が4割を占めるニューメキシコ州で遊説。AP通信によると、記者団に「ヒスパニック票では知名度に勝るクリントン氏に後れを取っているが、皆さんの予想よりもずっと良い結果を出せるだろう」と述べ、西部州の勝負を左右するヒスパニック票獲得に自信を示した。(共同)

0 コメント: