2008年5月31日土曜日

北朝鮮 プルトニウム施設のみ廃棄

北朝鮮はプルトニウム施設のみ廃棄と言う。
金桂冠らが平壌を訪れたプリチャードに対し、非核化プロセスの最終段階で
廃棄対象となるのは「(寧辺の)プルトニウム関連施設に限られる」と明言した。
6カ国協議共同声明で「すべての核兵器と既存の核計画」放棄に合意しているが、
プルトニウム関連施設の廃棄にとどまった場合、北朝鮮が保有していると推定
されている核爆弾に含まれるプルトニウムや、核実験施設などは温存される
ことになる。

プルトニウム施設の塔は爆破で決ったようだったが、次の貢物が欲しい北朝鮮は
不要なものから承諾しあたかも進捗したようにみせる。最近では当たり前と
なった手法だ。関わりの深い韓国大統領も代わり、米国の大統領も変わる。
足元を見られているようだ。


---「核兵器は廃棄せず」と北朝鮮代表、米元特使に見解---
2008年5月30日23時12分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080530-OYT1T00791.htm

 【ワシントン=貞広貴志】北朝鮮の核問題で、米国のジャック・プリチャード元朝鮮半島和平担当特使は29日、先月訪朝した際に6か国協議の北朝鮮首席代表である金桂寛(キムケグァン)外務次官らが、核廃棄の対象について「プルトニウムの核施設に限られる。核分裂物質や核兵器は含まれない」との見解を示していたことを明らかにした。ワシントンで開かれた討論会で発言した。
 北朝鮮は、2005年9月の6か国協議で合意した共同声明では、「すべての核兵器と既存の核計画」の放棄で合意していた。金次官の発言は、すでに保有していると見られる核兵器やウラン濃縮計画などについては核廃棄の対象外とするもので、北朝鮮が核全面廃棄を拒否したことを意味する。また、元特使によると、北朝鮮側は「核廃棄は、軽水炉の建設と引き換え」との要求も明確にした。
 一方、元特使は30日付米紙ワシントン・ポストのインタビューで、北朝鮮高官が「米国は、北朝鮮を核保有国として認めよ」と述べたことを明らかにした。


---プルトニウム施設のみ廃棄 北朝鮮、米元特使に明言---
2008.5.30 12:19
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080530/amr0805301219008-n1.htm

 6カ国協議の北朝鮮首席代表、金桂冠外務次官らが4月下旬、平壌を訪れた米国のプリチャード元朝鮮半島和平担当特使に対し、非核化プロセスの最終段階で廃棄対象となるのは「(寧辺の)プルトニウム関連施設に限られる」と明言していたことが29日、分かった。元特使がワシントン市内で行われた討論会で明らかにした。
 北朝鮮は2005年9月の6カ国協議共同声明で「すべての核兵器と既存の核計画」放棄に合意しているが、プルトニウム関連施設の廃棄にとどまった場合、北朝鮮が保有していると推定されている核爆弾に含まれるプルトニウムや、核実験施設などは温存されることになる。(共同)


---プルトニウム施設のみ廃棄 北朝鮮、米元特使に明言---
2008年5月30日 12時17分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008053001000331.html

 【ワシントン29日共同】6カ国協議の北朝鮮首席代表、金桂冠外務次官らが4月下旬、平壌を訪れた米国のプリチャード元朝鮮半島和平担当特使に対し、非核化プロセスの最終段階で廃棄対象となるのは「(寧辺の)プルトニウム関連施設に限られる」と明言していたことが29日、分かった。元特使がワシントン市内で行われた討論会で明らかにした。
 北朝鮮は2005年9月の6カ国協議共同声明で「すべての核兵器と既存の核計画」放棄に合意しているが、プルトニウム関連施設の廃棄にとどまった場合、北朝鮮が保有していると推定されている核爆弾に含まれるプルトニウムや、核実験施設などは温存されることになる。
 プリチャード氏や同氏側近によると、一行は4月22-26日に訪朝し、朴宜春外相や金次官、李根米州局長と会談。北朝鮮側は3段階の非核化プロセスのうち、最終段階の廃棄対象は、無能力化が進んでいる寧辺の核施設に限定する立場を示した。

0 コメント: