2008年5月31日土曜日

中国 シャロン・ストーン「封殺宣言」

中国メディアがシャロン・ストーンに封殺宣言をした。
中国は「子孫末裔まで恨み晴らさずにおきべきか」と言う思想らしいので
シャロン・ストーンは中国メディアに取り上げられることはないだろう。
それならば、日米仏英国連等でアフリカ食糧救済民間大使に推薦して活動して
もらえば一番良いだろう。


Sharon Stone aplogizes for remark on China quake


Sharon Stone (2008-05-29)


Chinese Cinema to Ban Sharon Stone after quake comments


Sharon Stone calls China quakes "karma" for tibetans

---シャロン・ストーンさんの「封殺宣言」 中国メディア約30社---
2008.5.30 23:14
http://sankei.jp.msn.com/world/china/080530/chn0805302315016-n1.htm

 米国の女優シャロン・ストーンさんが、チベット問題への中国当局の対応と四川大地震の発生を関連付ける発言をしたことを受け、反発した中国メディア約30社が30日、今後、紙面や画面からストーンさんの名前を「永久に封殺し、駆逐する」とする声明を発表した。
 声明は、被災地の四川省の各紙や北京青年報、インターネット検索大手ヤフー中国などの娯楽ニュース部門の連名で、「中国人民の感情を傷付けるいかなる言論も支持しない」と非難。インターネット上では、声明を支持する書き込みが圧倒的多数を占めている。
 ストーンさんは中国人への謝罪文を発表したが、ストーンさんを一部商品のモデルに起用しているフランスのクリスチャン・ディオールに対する不買運動が起きるなど波紋が広がっている。(共同)


---ストーンさん、中国人に謝罪 四川大地震めぐる発言で---
2008.5.29 21:20
http://sankei.jp.msn.com/world/china/080529/chn0805292121014-n1.htm

 米国の女優、シャロン・ストーンさんは、チベット問題への中国当局の対応と四川大地震の発生を関連付ける発言をしたことについて、中国人への謝罪文を発表した。29日付の上海紙、新聞晨報などが報じた。
 謝罪文は「私の誤った発言により、中国の人たちが悲しみや憤りを感じたことに、深く謝罪する」などと表明。地震の救済活動に積極的に参加したり、被災した中国人を全力で支援する意向も明らかにしている。
 中国では、ストーンさんを一部商品のモデルに起用しているフランスのクリスチャン・ディオール商品の不買運動がインターネット上で起きた。謝罪文は、ディオールの中国総本部を通じてストーンさんのマネジャー名で発表された。(共同)


---シャロン・ストーンさんに批判集中 地震とチベット問題絡め---
2008.5.26 23:32
http://sankei.jp.msn.com/world/china/080526/chn0805262340012-n1.htm

 チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世と親交がある米国の女優、シャロン・ストーンさんがこのほど、チベット問題への中国当局の対応が良くないために四川大地震が起きたのではないかという趣旨の発言をし、インターネットなどで批判を浴びている。
 香港紙などによると、ストーンさんは、カンヌ国際映画祭が開かれたフランスのカンヌで香港のテレビの取材に対し「中国のチベット人に対する待遇に不満を持っている。良き友人であるダライ・ラマへの対応も良くない。地震が起きて『これはカルマ(業)かしら』と思った」と述べた。
 これに対し、香港の芸能人が「中国人の共通の敵」と批判したほか、ネット上では「中国人の感情を深く傷つける発言で受け入れられない」と、ストーンさんがモデルを務めるディオールの商品の不買を宣言する書き込みもある。(共同)

0 コメント: