2008年6月4日水曜日

鯨肉輸入

鯨肉を輸入するらしい。
燃料高騰で、遠洋漁業は2割が業務停止となったようだし、経費増大、業務妨害
で採算が合わないようだ。次シーズンは無理しても鯨漁にでるか疑問だ。
近海ならまだしも遠洋は今の時期は難しいだろう。
だから、アイスランドとノルウェイから輸入しているのかもしれない。


---【食材ニッポン】クジラ 将来もタンパク源---
FujiSankei Business i. 2008/6/4
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200806040050a.nwc

 21世紀の地球では、世界連邦食糧機構の海務庁牧鯨局がクジラを放牧し、人類の食糧需要の1割以上を賄うようになる-。
 「2001年宇宙の旅」などで知られるSF作家アーサー・C・クラークの小説「海底牧場」では、人類がクジラを食糧にする時代を描いている。
 人口の急増と、これに伴う食糧難による近未来への壮大な予言ととれるが、水産ジャーナリストの梅崎義人さん(69)は、「地球が100億人時代を迎えるとされる2050年には、現実となっているのではないか」と語る。
 「100億人を養うための畜肉を生産するには、飼料となる穀物の生産が足りなくなってしまう。動物性タンパク質を摂取するためには、海に目を向けてクジラを取るしかなくなる」
 欧米を中心とした反捕鯨運動が世界中を覆い尽くしているように見えるが、梅崎さんは「派手なキャンペーンやメディアへのアピールばかりが際立っているにすぎない」と指摘する。
 CNN(米国)とBBC(英国)が02年に行った世論調査でも、ともに6割以上が捕鯨の再開を支持すると答えている。
 日本でクジラが広く庶民の食卓に上るようになったのは、戦後になってからのこと。食糧難で牛や豚などが十分摂取できない日本人にとって、貴重な動物性タンパク質となった。
 30代以上であれば、学校給食で竜田揚げを食べた記憶があるはずだが「臭い、堅い、まずい、歯の間にはさまる」という印象を持つ人がほとんどだろう。梅崎さんも「魚屋ではどの鮮魚よりも安かったのでいつも食べていたが、おいしいとは思わなかった」と苦学生だったころを振り返る。
 しかし、最近のクジラ料理事情は改善されている。東京・浅草のクジラ料理専門店「勇新」の支配人・新宮浩二さん(58)は、「昔の冷凍技術では味を保つことができなかったが、いまではクジラ本来の味を楽しむことができる」とおいしさをアピールする。
 かつてクジラを食べていた年配者からも、クジラが珍味になってしまった20代の若者からも好評だという。特に、最近目につくのが中国人観光客で、大和煮の缶詰は隠れた人気土産品になっている。「日本にしかない珍しいモノということで、店舗で扱っている缶詰を全部買い占めてしまうような勢い。帰国後に配るようだ」(新宮さん)
 世界にクジラ食文化を理解してもらうための強力な援軍のように思えるが、新宮さんは複雑な心境を語る。「外国人がクジラのおいしさに気づいたら、捕鯨への新規参入が増えるのではないか。そのとき水産資源としてのクジラはどうなるのだろうか」と心配する。
 食品市況が歴史的な高騰を続け、食糧危機も急速に現実味を帯びてきている。世界がクジラに目を向けるのも遠い先のことではないかもしれない。(佐竹一秀)

【用語解説】クジラ
 クジラ目に属する哺乳(ほにゅう)類の総称。食用、工業用、工芸用と世界で広く利用されてきた。大型鯨類(ミンククジラなど13種類)は国際捕鯨委員会(IWC)が管理対象としており、日本は条約に基づく調査捕鯨をしている。IWC管理外の小型鯨類に関しては、日本では太地の沿岸などで行っている。日本では主に食用として広まり、第2次世界大戦後の国内復興に大きく貢献した。国内市場における動物性タンパク質生産のうち、鯨肉は1947年には47%を占め、ピークの62年には生産量22万トン超に達した。しかし近年は捕獲枠減少で数%を占めるに過ぎない。ビタミンAが豊富に含まれ、低脂肪、低コレステロールで健康食品として注目されている。


---日本への鯨肉輸出を再開 アイスランドとノルウェー---
2008.6.4 11:12
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/080604/erp0806041113002-n1.htm

 英BBC放送などは4日までに、商業捕鯨を再開しているアイスランドとノルウェーの北欧2カ国がこのほど、日本への鯨肉輸出を再開したと伝えた。同日までに、鯨肉の一部は既に日本へ到着したという。
 日本の輸入が事実ならば、アイスランドからは約20年ぶりとしているが、日本の水産庁は「確認ができていない」と話している。政府への輸入承認の申請がされていない、という。
 鯨肉の輸出入再開は米国やオーストラリアなど反捕鯨国からの反発を一層招き、シー・シェパードなどの環境保護団体を刺激しそうだ。
 BBCは、アイスランドが大型鯨ナガスクジラの肉約60トン、ノルウェーがミンククジラの肉約5トンを輸出したと報道。ロイター通信はアイスランドからの輸出をナガスクジラ肉約80トンとしている。(共同)


---日本への鯨肉輸出を再開 アイスランドとノルウェー---
2008年6月4日 10時36分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008060401000225.html

 【ロンドン4日共同】英BBC放送などは4日までに、商業捕鯨を再開しているアイスランドとノルウェーの北欧2カ国がこのほど、日本への鯨肉輸出を再開したと伝えた。同日までに、鯨肉の一部は既に日本へ到着したという。
 日本の輸入が事実ならば、アイスランドからは約20年ぶりとしているが、日本の水産庁は「確認ができていない」と話している。政府への輸入承認の申請がされていない、という。
 鯨肉の輸出入再開は米国やオーストラリアなど反捕鯨国からの反発を一層招き、シー・シェパードなどの環境保護団体を刺激しそうだ。
 BBCは、アイスランドが大型鯨ナガスクジラの肉約60トン、ノルウェーがミンククジラの肉約5トンを輸出したと報道。ロイター通信はアイスランドからの輸出をナガスクジラ肉約80トンとしている。


---Whalemeat traders 'defying ban'---
By Richard Black
http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/7431568.stm

Icelandic and Norwegian companies have begun exporting whalemeat to Japan.

About 60 tonnes of meat from fin whales caught in the 2006 Icelandic hunt was reportedly sent with a much smaller amount of minke meat from Norway.

Industry sources told the BBC that the meat had already arrived in Japan, although a Japanese official said no request to import it had been received.

Conservation groups say the trade will damage attempts to bridge the gap between pro- and anti-whaling nations.

The fin whale is listed as Endangered on the internationally recognised Red List of Threatened Species.

But Iceland maintains populations are high enough in the North Atlantic that a small annual kill, such as the seven caught in 2006, is sustainable.

This is Iceland's first whalemeat export to Japan in nearly 20 years.

Mutual benefit

Commercial whaling has been banned globally under the International Whaling Commission (IWC) since 1986, but Iceland and Norway lodged formal objections to the ban and their governments issue commercial quotas unilaterally.

The global trade in whalemeat is also prohibited under the Convention on International Trade in Endangered Species (CITES), but again the three countries have exempted themselves by lodging formal "reservations".

"This trade will be mutually beneficial for the three main whaling countries," said Kristjan Loftsson, CEO of the Icelandic company Hvalur hf which catches fin whales.

"This trade is perfectly legal under the domestic legislation of the three countries as well as all relevant international law."

Iceland's Fisheries Ministry said it was not an issue that concerned the government.

"It's been clear since 2006 that our position was that those who were engaged in [the hunt] could export the products," said Stefan Asmundsson, a senior official in the ministry and Iceland's commissioner to the IWC.

"Then it's up to them to do that; and as far as I know they have shipped some product to Japan," he told BBC News.

An official in Norway's Directorate of Nature Management confirmed that his government had issued export permits for minke meat totalling 5.3 tonnes to two companies.

A spokesman for one of the companies, Myklebust Trading, said the consignment - sent by air - had reached Japan.

However, an official in Japan's Fisheries Agency told BBC News that no request for permission to import the meat had been lodged with the government - and such a request was needed, he said.

Domestic issue?

Sue Lieberman, director of the global species programme at the conservation charity WWF, agreed that the trade was legal, but said it went against the principles of these international treaties.

"It undermines the effectiveness of CITES if countries are trading under their reservations, and it also undermines the IWC," she said.

"There's supposed to be a ban on commercial whaling; and Iceland and Norway keep saying they need to hunt because there's a demand in their own countries, but the trade shows it's not true.

"[The Icelandic hunters] killed the fins just because they could get more money for fin than minke meat in Japan."

The fin whale meat has been in cold storage since the 2006 season, and Mr Loftsson acknowlededges there is no domestic market.

For the last year, IWC chairman William Hogarth has been trying to set in train a mechanism that could heal the damaging breach betwen pro- and anti-whaling countries within the commission.

Japan and some anti-whaling countries such as The Netherlands and New Zealand are actively engaged with the initiative, though there is still deep suspicion between opposing camps.

"What this decision means is that Iceland, or at least Loftsson, is trying to strangle the effort to find a compromise," said Arni Finnsson from the Iceland Nature Conservation Association (Inca).

Mr Finnsson argues, as do other environmentalists, that the continuation of whaling and the decision not to interfere in the whalemeat exports may damage Iceland's economy - already reeling from the international banking crisis - and its candidacy for a seat on the UN Security Council.

Following last month's decision to issue a minke quota for 2008, foreign minister Ingibjorg Solrun Gisladottir said Iceland was sacrificing its long-term interests for short-term gain, while the UK was one of the nations criticising the decision.

0 コメント: