2008年6月5日木曜日

欧州で嫌われる英国観光客

欧州で英国観光客が嫌われているようだ。
Expediaが欧州内4,000以上のホテルを対象に行った調査の結果、最悪の観光客
に選ばれたのは何と英国人だったことが判明した。
「泥酔して暴れる」「無作法」「汚い」「地元の言葉を話す努力をしない」等、
米国人に次いで大量に食べることも批判の的になったという。

リゾート地では英国人が多く逮捕されているらしい。
特にロードス島の一部では、新しく警察署も建てたようだ。
昔の英国人は「英語の単語を大きな声でゆっくり繰り返すだけ」と傲慢だった
ようだが、今でも変わらない。聞いているとバカにされしたように聞こえる。
英国の思想かも知れないが、捕鯨やCO2による温暖化が一番よい例だろう。
同じことを繰り返し唱え、ゴミ箱の隅をつついて大げさに言い、正当性を主張
する。かぶれた日本人も同様な手法を試みるが国内だけではウソがばれる。


---「最も人気のある国」は依然フランス=仏観光省---
2008年 06月 5日 17:51 JST
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-32120120080605

 [パリ 4日 ロイター] 2007年に海外からフランスを訪れた人は8200万人近くとなり、同国がスペインを抑え世界の観光客にとって「最も人気のある国」の座を維持した。仏観光省が4日、明らかにした。
 外国人観光客数は前年比で4%増。同省は声明で「(フランスに)到着した8200万人のうち、1400万人が乗り継ぎ客、6800万人が最終および主な目的地がフランスだった」としている。
 内訳はドイツ人のほか英国人、ベルギー人などヨーロッパからの観光客が46%を占めた。ドイツ人観光客数が減少した一方で、スイス、イタリア、スペイン、ポルトガルからの観光客数が大幅に伸びた。
 米国からフランスへ訪れた人の数は、前年比では7%増となったものの、ドルが対ユーロで下落した影響を受けて第4・四半期は伸びが鈍化した。
 フランスでの平均滞在日数は、ヨーロッパからの観光客が6泊未満。米国人観光客は8泊のほか、日本人は5泊となっている。


---6/4 ヨーロッパの4,000ホテルが選んだ「最悪の観光客」は、英国人!---
20080604
http://www.japanjournals.com/dailynews/080604/news080604_3.html

観光地で最も嫌われるのはどこの国の観光客か? 声高に話す米国人? 日光浴用のイスを独占するドイツ人? 
旅行会社「Expedia」が、ヨーロッパ内4,000以上のホテルを対象に行った調査の結果、最悪の観光客に選ばれたのは何と英国人だったことが判明した。

「デイリー・メール」紙によると、「泥酔して暴れる」「無作法」「汚い」「地元の言葉を話す努力をしない」などのほか、米国人に次いで大量に食べることも批判の的になったという。

また、うるさくて迷惑なのは、『トップ』が米国人、それにイタリア人、英国人が続く。「最も無礼な観光客」部門で1位になったのもやはり米国人。また、フランス人、中国人、メキシコ人、ロシア人も「うるさい」「不快」「友好的でない」と批判されている。

対照的に、もの静かなのは日本人とドイツ人、礼儀正しいのは日本人、きれい好きなのはドイツ人とされ、総合的に最高の観光客第1位の栄誉は日本人の頭上に輝いた。続いてドイツ人、米国人が選ばれている。

散々たたかれっ放しの英国人だが、明るい話題もある。外国語を話さないと非難される一方で、昔のように「英語の単語を大きな声でゆっくり繰り返すだけ」という状態からは抜け出したと言われている。また、英国人の「靴下にサンダル」という悪名高いスタイルも徐々に改善され、フランス人を抜いて、今回は「ベストドレッサー」観光客にも選ばれた。

さらに、「滞在先でお金を落とす観光客」部門では、米国に次いで英国は2番目となっており、これからも気前の良さはこのまま保ってほしいと、ホテル経営者から期待が寄せられている。


---The world's worst: Britons are the tourists that give hoteliers nightmares---
By Sophie Borland
Last updated at 11:34 PM on 03rd June 2008
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1024051/The-worlds-worst-Britons-tourists-hoteliers-nightmares.html

If you think the world's worst tourists are loud-mouthed Americans or Germans who grab all the sunloungers, think again.

The travellers that hoteliers everywhere say are a real nightmare are the British.

We are notorious for drunken behaviour, general rudeness and not being able to speak a word of the local dialect.

The damning verdict comes from a survey of European hotel chains by the travel company Expedia. Not only were Britons regarded as "rude", "messy" and "loud", they were also criticised for eating nearly as much as the Americans.

By contrast, the Japanese, American and German tourists were the best behaved visitors.

The survey of more than 4,000 hoteliers found that the British were still one of the worst at speaking the local language, although things have improved - we no longer just speak louder and more slowly to make ourselves understood.

On a brighter note, we have finally ditched the "'socks and sandals' image that has dogged us for so many years. We were voted the best-dressed tourists in the survey, beating the stylish French.

Something that might threaten that placing in future is the news that Britons were ranked second behind the Americans in terms of how much they ate.

In spite of their shortcomings, Britons are often liked by hoteliers because they spend lots of money. We were second only to the Americans in this category.

Perhaps unsurprisingly, the Americans were voted the loudest on holiday, followed by the Italians and the British, with the Japanese and Germans being the quietest.

The Americans were also voted the least polite, with the Japanese the most polite. The behaviour of French, Chinese, Mexican and Russian tourists was also sharply criticised, with hoteliers saying they were loud, obnoxious and unfriendly.

The Germans were praised for their tidiness and the fact that they usually leave their bedrooms spotless before the chambermaid arrives.

Alison Cooper, of Expedia.com said: 'It's clear we've still got a way to go to shed our hell-raising image while abroad, although a lot of this could be put down to blissful ignorance of local cultures.

'For anyone travelling this summer it is worth checking with the local tourist office to find out what is appropriate to each local culture and what the big no-nos are in terms of local etiquette.

'However, it's encouraging to see we're winning in the popularity stakes in other key criteria such as trying out local foods, generosity and style.'

A few months ago the Foreign Office warned that growing numbers of over-50s were making a nuisance of themselves while on holiday abroad.

A series of surveys found that this older generation, nicknamed Saga Louts, was overindulging in food and drink and being abusive to locals.

The research also found that many were putting their safety at risk by drinking too much and then participating in dangerous sports such as water skiing or riding a moped.

Many resorts have cracked down on the behaviour of British tourists and there have been growing numbers of arrests. Faliraki on the Greek island of Rhodes even set up its own police station to deal with the loutish behaviour of British tourists.

0 コメント: