2008年6月21日土曜日

偽環境団体 人間違え殺人は民主主義の基本原理

偽環境団体の広報活動は話題性を挙げ、興行成績(?)をあげるたようだ。
本部は、「政府の不正の暴露に対して政府は圧力、嫌がらせ、脅迫をすべきで
はない。それが民主主義の基本原理だ」と言う。
被害者意識むき出しで、不正暴露のために官僚の間違え殺人を犯しても、
それが民主主義の基本原理だとも受取れる。

相変わらず、捕鯨関係の映像はまず、血吹雪が飛び散る映像から始まり、
突然、本題に入る。
今後の日本での映像は、まず、偽環境団体の家宅捜索や護送映像から入り、
捕鯨の話を盛り込む映像となるだろう。
佐藤潤一はやっと教祖として一人前か。


---鯨肉持ち出しを事後承認 「犯罪防ぐ緊急性あった」---
2008年6月21日 12時23分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008062101000246.html

 環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」のメンバー2人が窃盗容疑などで逮捕された事件で、不当逮捕と抗議している同団体の星川淳事務局長は21日、東京都内で記者会見し、鯨肉を持ち出した行為について「事前に相談はなかったが、(業務上横領の)証拠になると判断し事後に承認した」と述べた。
 団体側は、調査捕鯨船の乗組員による鯨肉横領を告発するためだったとしており、星川事務局長は「政府や大企業の犯罪行為を防ぐ緊急性がある場合、結果として法を犯すこともあるのは世界のNGO活動のスタンダード」と指摘。メンバーの行為に問題がなかったと主張した。
 告発された乗組員が不起訴処分になったことには「理解に苦しむ」と話し、「段ボール箱には鯨肉を隠すように作業着が覆いかぶせてあった。なぜそんなことをする必要があったのか十分に説明されたとは言えない」と批判した。(共同)


---GPJ 鯨肉持ち出しは事後承認「犯罪防ぐ緊急性あった」---
2008.6.21 12:22
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080621/crm0806211221012-n1.htm

 環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」のメンバー2人が窃盗容疑などで逮捕された事件で、不当逮捕と抗議している同団体の星川淳事務局長は21日、東京都内で記者会見し、鯨肉を持ち出した行為について「事前に相談はなかったが、(業務上横領の)証拠になると判断し、事後に承認した」と述べた。
 団体側は、調査捕鯨船の乗組員による鯨肉横領を告発するためで、星川事務局長は「政府や大企業の犯罪行為を防ぐ緊急性がある場合、結果として法を犯すこともあるのは世界のNGO活動のスタンダード」と指摘。メンバーの行為に問題がなかったと主張した。告発された乗組員が不起訴処分になったことには「理解に苦しむ。段ボール箱には鯨肉を隠すように作業着が覆いかぶせてあった。なぜそんなことをする必要があったのか十分に説明されていない」と批判した。


---グリーンピース:都内の配送所も侵入 伝票で到着日特定---
毎日新聞 2008年6月21日 2時30分
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080621k0000m040194000c.html

 国際環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」(GP)のメンバーによる鯨肉窃盗事件で、逮捕されたGPの海洋生態系問題担当部長、佐藤潤一容疑者(31)らが調査捕鯨船「日新丸」の鯨肉がいったん搬入される東京都大田区のトラックターミナル内を入念に下見していたことが分かった。鯨肉を持ち去られた乗組員が北海道の自宅に送った宅配便の伝票番号を同ターミナルで入手していたことも判明。青森県警と警視庁の合同捜査本部は計画性を裏付ける行為とみて調べを進める。
 調べでは佐藤容疑者とGPメンバー、鈴木徹容疑者(41)の2人は4月16日、日新丸に乗船していた乗組員が北海道函館市の自宅に送った鯨肉23.5キロ入りの段ボール箱を経由地の西濃運輸青森支店の配送所に侵入して盗み出した疑いが持たれている。佐藤容疑者は「横領の証拠物で窃取ではない」と供述しているという。
 関係者によると、佐藤容疑者らは、鯨肉の配送が西濃運輸に委託されるという内部情報を元乗組員から入手。ふ頭で鯨肉を積んだトラックがターミナル内にある西濃の配送所に向かうことを突き止めたという。
 佐藤容疑者らは入念な下見のうえ配送所内に無断で入り、乗組員の宅配便の伝票番号を不正に入手。西濃のインターネットサイトに入力することで青森支店に到着する日時を割り出していた。
 西濃によると、配送所には宅配便の依頼や受け取りのため多くの人が訪れ、事実上、誰でも出入りできる環境にあったとみられる。


---グリーンピース 手段を選ばぬ「正義」とは(6月21日付・読売社説)---
2008年6月21日01時28分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20080620-OYT1T00805.htm

 環境保護が大切なことは誰もが認める。しかし「正義のためなら、多少の不正はかまわない」などという身勝手な理屈が通るわけがない。
 環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」の幹部ら2人が、窃盗などの容疑で警察に逮捕された。調査捕鯨船の乗組員が自宅に送ったクジラ肉を、宅配便会社から持ち去った疑いだ。
 グリーンピース・ジャパンは、「捕鯨船の乗組員がクジラ肉を横領している」と、東京地検に告発していた。2人は持ち出しを認めた上で、「告発のために証拠を押さえたのであって、窃盗にはあたらない」と主張している。
 グリーンピース・ジャパンの告発を受けた東京地検は、乗組員12人全員について「横領の嫌疑なし」として不起訴にした。
 問題のクジラ肉は、調査捕鯨の受託会社が、乗組員のみやげ用に配ったうちの一部だった。みやげは以前からの慣習で、横領や横流しとはほど遠いという結論だ。
 一方で、グリーンピース・ジャパンは、“不正”の告発と称して宅配便会社の倉庫に無断で入り、荷物を勝手に持ち去り、送り主の承諾もなく中身を開いた。
 警察でも捜索令状がないとできない、度を越した行為だ。だが、オランダにあるグリーンピース本部は、今回の逮捕を不当とする声明を出し、釈放運動に対する募金を呼びかけ始めた。
 「正義」の行動は、法を超越しているとの主張のようだ。警察は2人以外の関与の有無などを含め、背景の実態解明を進めている。
 今年3月には南極海で、過激な活動で知られる反捕鯨団体「シー・シェパード」による海賊まがいの調査捕鯨妨害活動も問題になった。国際捕鯨委員会(IWC)は反捕鯨国も含め、全会一致で非難する声明を採択している。
 海上保安庁は、威力業務妨害容疑などでの立件も視野に捜査に入っている。「正義」を掲げる不法行為を許さないためにも、徹底した捜査が必要だろう。
 捕鯨以外でも、サミットなどの国際会議のたびに、環境保護団体が過激な妨害行動に出る例が相次いでいる。グリーンピースは2000年の沖縄サミットでも、活動家が首脳会議場近くの浜辺に上陸しようとする騒ぎを起こした。
 7月7日からの北海道洞爺湖サミットでは、多くの活動家が来日し、激しい抗議活動を繰り広げる事態が懸念されている。サミット会場の周辺を、怒号と混乱の場にしてはならない。


---捕鯨調査船の乗組員、12人を不起訴 東京地検---
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20080620AT1G2002K20062008.html

 東京地検は20日、調査目的で捕獲した鯨の肉を自宅に送ったとして業務上横領容疑で刑事告発された調査捕鯨船の乗組員12人について、「船舶会社は乗組員が鯨肉を持ち帰ることを認めており、業務上横領にあたらない」として不起訴処分とした。環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」(東京・新宿)が5月に告発していた。
 告発状などによると、南極海で調査捕鯨をしていた母船「日新丸」の乗組員12人は4月に東京に帰港した後、鯨肉を段ボール箱計47箱に詰めて自宅に発送していたとされた。(00:39)


---クジラ肉大量持ち出し、捕鯨船乗組員12人は不起訴---
2008年6月20日18時54分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080620-OYT1T00619.htm

 調査捕鯨のクジラ肉を大量に持ち出しているとして、環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」(東京都新宿区)が業務上横領容疑で告発していた調査捕鯨船の乗組員12人について、東京地検は20日、嫌疑なしで不起訴とした。
 発表によると、乗組員らが所属する「共同船舶」は、調査捕鯨を実施する財団法人「日本鯨類研究所」から、捕獲したクジラ肉の一部を乗組員の土産用などとして購入。乗組員らは会社から許可を得たうえで肉を自宅に発送するなどしていた。同地検は「会社に無断で自分のものにしたわけではなく、業務上横領は成立しない」としている。
 山村和夫・共同船舶社長の話「当然の結果だが、ほっとしている。まじめに働いている乗組員や家族を不安な気持ちにさせたことについてグリーンピースは反省してほしい」


---Outrage: Greenpeace whale meat scandal whistleblowers arrested in Japan---
20 June 2008
http://www.greenpeace.org/international/news/activists-arrested-200608#

Tokyo, Japan - Japanese police have arrested two Greenpeace activists for exposing a whale meat scandal involving the government-sponsored whaling programme. The two activists, Junichi Sato, 31, and Toru Suzuki, 41, are being investigated for allegedly stealing a box of whale meat which they presented as evidence.

The box of the most expensive cuts of whale meat had been illicitly removed by crew of the Nisshin Maru, the whaling factory ship, following this year's Southern Ocean whale hunt. Its contents were marked "cardboard" and it was shipped to a private address. Tracked by our investigators, it was intercepted and turned over to the Public Prosecutor in Tokyo, as evidence of wide-scale corruption at the heart of the whaling operation in the Southern Ocean Whale Sanctuary.

We requested an investigation into the scandal, and the Public Prosecutor agreed that there was sufficient evidence of wrongdoing. The investigation is currently underway, and has not yet reached any conclusions. In light of evidence that the operators of the whaling operation were aware of the scandal and did nothing, we asked that the investigation not focus on crew, but on the bureaucrats who run the whaling programme at public expense.

The Japanese whaling programme costs the Japanese taxpayer 500 million yen per year (around 4.7 million US dollars).

The only arrests thus far have been of the Greenpeace activists who presented the evidence.

"This is the backlash," said Greenpeace Executive Director Jun Hoshikawa. "We've uncovered a scandal involving powerful forces in the Japanese government that benefit from whaling, and it's not surprising they are striking back. What is surprising is that these activists, who are innocent of any crime, would be arrested for returning whale meat that was stolen from Japanese taxpayers. In whose interest were these arrests made? Because it would appear to us that this is an intimidation tactic by the government agencies responsible for a scandal."
Intimidation tactics

Our first news that an arrest was imminent came from Japanese television stations. Someone leaked the information to ensure images of Greenpeace activists in handcuffs appeared on news reports in Japan.

More than 40 police officers raided our offices and the homes of the activists, and spent 10 hours seizing cell phones, documents, and computers, despite the fact that we had documented every step of how we obtained the whale meat, turned the full dossier over with the evidence, and made ourselves available to police to help with the investigation at any time. A simple phone call could have brought Junichi and Toru to the police station. Instead, the government made a public spectacle of shutting Greenpeace down.

Our four-month undercover investigation revealed evidence of an embezzlement ring involving crew members on board the Nisshin Maru, who were openly taking the best cuts of whale meat during the so-called scientific hunt, smuggling it ashore disguised as personal luggage and then passing it to traders for illegal sales.

Working from information given by former and current Kyodo Senpaku employees, we documented the off-loading of smuggled whale meat into a special truck, in full view of Kyodo Senpaku officials and crew members when the Nisshin Maru docked on April 15th, this year.

The consignment was documented by our team once it left the ship and tracked to a depot in Tokyo. One of four boxes destined for the same private address was then intercepted in order to verify the contents and establish the fraud.

The consignment notes claimed the box contained "cardboard" but in reality it held 23.5kg of salted 'prime' whale meat, worth up to US$3,000. One informer told Greenpeace that dozens of crew take as many as 20 boxes each. One crewmember was overheard to claim he had built a house on the proceeds from his whale-meat sales over the years.

Official denials
On May 8th, before the scandal broke, Takahide Naruko, an official with the Japanese Fisheries Agency, was asked by investigators whether sailors "bring back some whale meat as private souvenirs," to which he replied "Of course not," explaining that the distribution of whale meat was only through official channels, at a price set by the Fisheries Agency to offset the costs of the publicly funded whaling programme.

Following the revelations, Kyodo Senpaku, the company that runs the whaling ship, also at first denied that any whale meat was being given away or sold outside official channels, then changed their story to claim that some "souvenirs" were given to crew members. Even so, these souvenirs were described to be a few kilos of frozen whale meat -- very different from 23.5 kilos of prime cuts uncovered by Greenpeace, which the crew salt-pickle in their cabins.

On May 28th, an editorial in Asahi Shinbum noted the contradiction between claims by the Institute for Cetacean Research that souvenirs were being handed out, and the claims by Kyodo Senpaku that they were not. The newspaper called the "contrived explanations" suspicious and asked for a full investigation.

"The whaling programme in the Southern Ocean Whale Sanctuary is funded by the Japanese taxpayers, including the Greenpeace activists who have been arrested, and they have a right to know who is profiting from their money," said Mister Hoshikawa.

"The Japanese whaling programme has been shamed internationally for its lack of scientific credibility, now it is being shamed at home as well for trying to hide the corruption, and now for taking revenge on those who have exposed it. The Greenpeace activists should be immediately released."


---Release our activists!---
http://www.greenpeace.org/international/news/activists-arrested-200608/release-our-activists

Greenpeace activists in Japan have been arrested for exposing a stolen whale meat scandal involving the Japanese government-sponsored Southern Ocean whaling programme.

Junichi Sato and Toru Suzuki are charged with stealing a box of whale meat which they presented as evidence of a whale meat smuggling operation. The activists requested a Japanese government investigation into the scandal, and the Tokyo public prosecutor agreed there was sufficient evidence of wrongdoing. His investigation has not yet been concluded.

Our activists are innocent of any crime. They have been arrested for returning whale meat that was stolen from Japanese taxpayers, and exposing a fraud that may reach high into the Japanese government agencies that run the whaling programme.

Please write to the Japanese Prime Minister and Foreign Minister and demand the activists’ immediate release.


To Prime Minister Yasuo Fukuda, Foreign Minister Masahiko Koumura
Subject Release the Greenpeace activists

Dear Ministers,

I am writing to protest, in the strongest terms, the arrest of Junichi Sato and Toru Suzuki for exposing a whale meat smuggling ring.

These activists are innocent of any crime. They have returned a box of whale meat stolen from Japanese taxpayers. They have openly cooperated with police in returning the whale meat and presented a full dossier on how it was obtained.

As a result of the evidence they presented, the Tokyo District Public Prosecutor has begun an investigation into allegations of embezzlement involving smuggled whale meat which raise serious questions about the scale and extent of the abuse of taxpayers' money by the operators of the Southern Ocean whaling programme.

That investigation should proceed to the highest level of the Japanese government. Those responsible for the scandal should be punished. Arresting the activists who have exposed this scandal is not acceptable, and suggests that the corruption that they called to the world's attention runs deep in the Japanese government.

It is an essential principle of democracy that those who act to expose wrongdoing in government should not be subject to intimidation or harassment, no matter how powerful the forces they oppose.

Please, release the activists and pursue the criminals.


Yours sincerely,

0 コメント: