2008年6月20日金曜日

偽環境団体 窃盗容疑で逮捕

偽環境団体が窃盗容疑で逮捕された。
グリーンピース・ジャパン幹部ら二人が宅配途中の荷物を抜き取った窃盗
容疑で逮捕された。
村井敏邦は「外形的には窃盗に当たるが告発のためやむを得ずやったという
行動が正当行為にあたり、違法性が阻却されるという議論はありうる」
との見方を示した。

警察はサミットのため、見せしめとして偽環境団体を逮捕したようだ。
欧米ならば、資金援助を受けている環境団体がテロを表明したり、実行したり
する。保釈金も募金を募ることで補填される。
しかし、擁護される言葉は関係者以外からは聞こえない。
人望がないことからも偽環境団体と言われる証拠だ。
国内で支援ができなかった場合、本部は支援するのだろうか。
黒船来襲か神風が吹き荒れるか、本当は頭を取り替えただけかもしれない。


Online Videos by Veoh.com
JOAX 20080620 Green Peace Thief Corps Arrest


Online Videos by Veoh.com
JOEX 20080620 Green Peace Thief Corps Arrest


Online Videos by Veoh.com
JOEX 20080620 An anti-whaling Thief Corps Arrest

---【関連】『告発の意義薄れぬ』 捜索の中会見 不当逮捕と訴え---
2008年6月20日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008062002000250.html

 調査捕鯨船の乗組員による「鯨肉横領」を告発するため、宅配途中の荷物を抜き取ったとして、幹部ら二人が窃盗容疑で逮捕された環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」。東京都新宿区の同団体事務所が入るビルには二十日午前八時半すぎ、青森県警や警視庁の捜査員約二十人が家宅捜索に入り、周囲は騒然となった。 
 この日、グリーンピース側は当初、午前九時に横領容疑で告発した問題の今後の対応について、記者会見を予定していた。その会見に出席するはずだったのが、逮捕された同団体海洋生態系問題担当部長の佐藤潤一容疑者(31)。間もなく家宅捜索が始まり、事務所前に集まっていた報道陣約六十人が一斉に捜査員にカメラを向け、周囲は騒然となった。ビルの近くでは、驚いたように見守る住民の姿も見られた。
 同団体の関係者によると、事務所では職員三人が立ち会う中、資料の押収が続いたという。
 午前九時すぎには、代理人の只野靖弁護士が「不当逮捕」と訴えて急きょ会見。捜索中でビルに入れないため、ビル前で行われた会見で、只野弁護士は「メンバーは(荷物に)不正なものが入っていることを知った経緯を、まったく隠すところなく上申書にまとめて捜査当局に提出してきた」と淡々とした口調で説明。「こういう結果になったのは残念だが、横領の告発に関して、その意義が薄れることはない」と主張した。
 また「西濃運輸には、謝罪文を送ったが、荷物の持ち主からはまったく連絡はなく、こちらからも連絡していない」と話した。

『当然窃盗罪』『正当との議論も』
 環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」スタッフによる鯨肉入り荷物の無断持ち出し行為は窃盗罪に当たるのか-。識者の見解は分かれている。
 日大法科大学院の板倉宏教授は「当然窃盗罪に当たる」との見解だ。「告発のためといっても、何か目的があって盗んだということで(窃盗罪の構成要件である)『不法領得の意思』が認められる。社会的相当な行為として違法性が阻却されるとはならない」と話す。
 京都産業大法科大学院の渥美東洋教授は「捜索や押収は捜査機関でさえも裁判所から令状を取らなければできないのに、どうして一般人ができるのか。令状がない時点で正当行為は成立しない。こんな身勝手な行為を許したら世の中がどうなるか。的外れとしか言えない」と厳しい。
 これに対し、龍谷大法科大学院の村井敏邦教授は「外形的には窃盗に当たるが告発のためやむを得ずやったという行動が正当行為にあたり、違法性が阻却されるという議論はありうる」との見方を示した。

逮捕、捜索は高圧的
 ジャーナリスト斎藤貴男さんの話 わたし自身は鯨を捕ってもいいとは思うが、今回の逮捕、捜索は高圧的なやり方で、強引だと感じる。泥棒事件といいながら、サミットを控え警備を強める時期だけに、政治警察として動いたことは明らか。運動にせよ犯罪にせよ、社会の欠陥を知らせる存在であり、チェック機能とも言える。虚心になって耳を貸すべきなのに、体制に異議を申し立てる者を何としてもつぶす、というのでは世の中が抱える問題の解決にならない。


---グリーンピース2人逮捕 鯨肉持ち出し 窃盗容疑で青森県警---
2008年6月20日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008062002000255.html

 環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」が、調査捕鯨船の乗組員が自宅に送った鯨肉を無断で持ち出した問題で、青森県警と警視庁の合同捜査本部は二十日、窃盗と建造物侵入容疑で、団体の海洋生態系問題担当部長佐藤潤一容疑者(31)=東京都八王子市みなみ野三=ら二人を逮捕した。東京都新宿区の団体事務所など五カ所を捜索した。 
 グリーンピース側は持ち出しについて「鯨肉の横領疑惑の証拠を入手するためだった」と違法性を否定していたが、県警は「否認とも受け取れ、証拠隠滅の恐れがあるほか、集団で実行した悪質な面もある」と判断。反捕鯨活動で知られる国際的な団体をめぐる刑事事件に発展した。グリーンピース側は不当逮捕と反発している。
 ほかに逮捕されたのは、自称団体メンバー鈴木徹容疑者(41)=横浜市金沢区野島町。二人は二十日朝、都内で身柄を確保された。午後に青森署に移送する。
 調べでは、二人はほかのグリーンピース関係者数人と共謀し、四月十六日午前八時四十分ごろから午後二時半ごろまでの間、西濃運輸(岐阜県大垣市)青森支店の配送所に無断で侵入。調査捕鯨船「日新丸」乗組員が北海道函館市の自宅などに宅配便で送った鯨肉入りの段ボール箱一箱を経由地の配送所で抜き取り、盗んだ疑い。
 調べに対し、二人は持ち出しの事実を認めたが「盗んだわけではなく、証拠品として確保した」と供述しているという。
 グリーンピースは五月、日新丸乗組員が捕鯨肉を私的に自宅などに送った疑いがあるとして、業務上横領容疑で東京地検に告発状を提出。持ち出した鯨肉を証拠として公表していた。
 東京地検は同団体が告発した乗組員らを不起訴処分にするとみられている。

『横領の証拠確保目的』
 グリーンピース・ジャパンはこれまで記者会見などで、鯨肉の無断持ち出し行為について「調査捕鯨船乗組員の横領行為の証拠を確保するためで、窃盗罪にはあたらない」と違法性を否定。「調査捕鯨の正当性も含めて国内の議論を深めたかった」と狙いを説明していた。
 団体が根拠としたのが、窃盗罪の構成要件である「不法領得の意思」。告発の証拠を東京地検に提出しており「他人の物を自己の所有物として利用する意思はなかった」と主張した。
 団体によると、告発後に「犯罪行為だ」との批判が数多く寄せられた。佐藤潤一容疑者は逮捕前、共同通信の取材に「意見は謙虚に受け止めるが、それでも長年の慣習である鯨肉の横領行為を世間に訴えるべきだと思った」と語った。
 「船員を責めても仕方ないし、本音を言えば重要ではない。それよりも告発によって、調査捕鯨の正当性も含めて国内の議論を深めたかった」とも話した佐藤容疑者は、詳細な経緯を記したリポートを青森県警に送り済みだという。
<グリーンピース・ジャパン> 国際環境保護団体グリーンピース(本部オランダ)の日本支部として、1989年に設立。東京都新宿区に事務所があり、環境や海洋生態系の保護活動などを中心に活動している。ホームページによると、約6000人が支援している。


---クジラ肉窃盗容疑、グリーンピースのメンバー2人逮捕---
2008年6月20日14時32分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080620-OYT1T00201.htm

 環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」(東京都新宿区)が、調査捕鯨で捕獲されたクジラ肉を宅配便会社から無断で持ち出した事件で、青森県警と警視庁は20日午前、同団体の海洋生態系問題担当部長、佐藤潤一容疑者(31)(東京都八王子市みなみ野)らメンバー2人を窃盗と建造物侵入容疑で逮捕、団体事務所などを捜索した。
 発表によると、佐藤容疑者らは4月16日、青森市野内の西濃運輸青森支店に侵入し、配送予定の段ボール1箱を盗み出した疑い。箱には、調査捕鯨船「日新丸」の乗組員(52)が、東京から北海道函館市の自宅へ配送を依頼したクジラ肉23・5キロ(約5万4000円相当)が入っていた。
 佐藤容疑者は逮捕前、読売新聞の取材に対し、「クジラ肉は不正を告発するために証拠として確保したもので、窃盗にはあたらない」と主張していた。
 今回の逮捕について、グリーンピース・ジャパンの只野靖顧問弁護士は「こういう方法でなければ、クジラ肉の横領を告発できなかったと今でも考えている」としている。
 一方、グリーンピース・ジャパンは、日新丸の乗組員らがクジラ肉を横領している疑いがあるとして、先月15日、乗組員12人を業務上横領容疑で東京地検に告発したが、同地検は乗組員らについて不起訴とする方針。


---即時釈放求める グリーンピースが声明---
2008年6月20日 14時02分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008062001000410.html

 国際環境保護団体グリーンピースは20日、「グリーンピース・ジャパン」の幹部ら2人が窃盗容疑などで青森県警と警視庁の合同捜査本部に逮捕されたことを受けて、「無実の人間が逮捕されたことは驚きだ。即時に釈放されるべきだ」との英文の声明を東京発で発表した。
 声明は、「日本の捕鯨は国際的に批判されている。逮捕された活動家には、捕鯨で誰が得をしているか知る権利がある。(逮捕は)脅迫行為だ」と非難した。(共同)


---グリーンピース2人を逮捕 鯨肉窃盗と建造物侵入容疑---
2008年6月20日 12時47分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008062001000099.html

 環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」が、調査捕鯨船の乗組員が自宅に送った鯨肉を無断で持ち出した問題で、青森県警と警視庁の合同捜査本部は20日、窃盗と建造物侵入容疑で、団体の海洋生態系問題担当部長佐藤潤一容疑者(31)=東京都八王子市みなみ野=ら2人を逮捕した。東京都新宿区の団体事務所など6カ所を捜索した。
 グリーンピース側は持ち出しについて「鯨肉の横領疑惑の証拠を入手するためだった」と違法性を否定していたが、県警は「否認とも受け取れ、証拠隠滅の恐れがあるほか、集団で実行した悪質な面もある」と判断。反捕鯨活動で知られる国際的な団体をめぐる刑事事件に発展した。グリーンピース側は不当逮捕と反発している。
 ほかに逮捕されたのは、自称団体メンバー鈴木徹容疑者(41)=横浜市金沢区野島町。2人は20日朝、都内で身柄を確保された。午後に青森署に移送する。
(共同)


---鯨肉横領疑惑は不起訴へ グリーンピースが告発の調査船乗組員ら---
2008.6.20 12:07
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080620/crm0806201209013-n1.htm

 日本の捕鯨調査船「日新丸」が調査捕鯨で捕獲した鯨肉を個人的に持ち帰った疑いがあるとして、環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」(GP)が業務上横領罪で乗組員らを告発していた問題で、東京地検は20日、乗組員らを同日中に不起訴処分とする方針を固めたもようだ。乗組員が所属する船会社が、鯨肉を買い取った上で乗組員に慰労の意味で配っていたことなどから、横領には当たらないと判断したとみられる。


---グリーンピース:鯨肉持ち去りでメンバー2人逮捕---
毎日新聞 2008年6月20日 10時52分(最終更新 6月20日 12時43分)
http://mainichi.jp/select/today/news/20080620k0000e040025000c.html

 国際環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」(GP)=東京都新宿区西新宿8=のメンバーが4月、調査捕鯨船「日新丸」乗組員の鯨肉横領を裏付けようと、宅配途中の鯨肉入り段ボールを無断で持ち去った事件で、青森県警と警視庁は20日朝、GP海洋生態系問題担当部長、佐藤潤一容疑者(31)=東京都八王子市みなみ野3=ら2人を窃盗と建造物侵入の疑いで東京都内で逮捕した。
 他に逮捕されたのは、GPメンバー、鈴木徹容疑者(41)=横浜市金沢区野島町。
 調べなどでは、2人は4月16日午前8時40分ごろから午後2時半ごろにかけて、日新丸に乗船していた「共同船舶」(東京都中央区)所属の乗組員1人が北海道の自宅に宅配便で送った鯨肉23.5キロ入りの段ボール1箱を、経由地の西濃運輸青森支店の配送所に侵入して盗み出した疑い。西濃運輸(岐阜県大垣市)が5月16日、青森署に被害届を出し、県警警備部と警視庁公安部が合同で捜査していた。
 県警は20日午前、新宿区のGP事務所など5カ所の家宅捜索に入った。2人の身柄は同日中に青森署に移して本格的に事情を聴き、GPが組織的に関与していなかったかなどについても調べる。
 GPは5月15日、乗組員ら12人が鯨肉を着服したとして業務上横領容疑で東京地検に告発。佐藤容疑者は記者会見で、無断持ち出しを認めたうえで「横領行為の証拠を入手するためで問題ない」などと説明していた。
 県警は「持ち出し行為は悪質で、グリーンピースの主張は関係ない」としている。西濃運輸は「同様事件の再発防止を再徹底する。グリーンピースへの損害賠償請求については、弁護士に相談する」とのコメントを発表した。【矢澤秀範、野宮珠里】

 ◇「逮捕は当然だ」 国家公安委員長
 GPメンバー2人が逮捕されたことについて、泉信也国家公安委員長は20日の閣議後会見で「人の所有物を勝手にとるのはあってはならないことで許されない。(逮捕は)警察として当然の責務を果たしたものと理解している」と述べた。


---「証拠確保が目的」グリーンピース側は違法性否定---
2008.6.20 10:13
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080620/crm0806201015009-n1.htm

 幹部が20日、窃盗容疑などで逮捕された環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」はこれまで記者会見などで、鯨肉の無断持ち出し行為について「調査捕鯨船乗組員の横領行為の証拠を確保するためで、窃盗罪にはあたらない」と違法性を否定。「調査捕鯨の正当性も含めて国内の議論を深めたかった」と狙いを説明していた。
 団体が根拠としたのが、窃盗罪の構成要件である「不法領得の意思」。告発の証拠を東京地検に提出しており「他人の物を自己の所有物として利用する意思はなかった」と主張した。
 団体によると、告発後に「犯罪行為だ」との批判が数多く寄せられた。


---会見準備中、逮捕の一報 グリーンピース事務所 家宅捜索で騒然---
2008.6.20 10:05
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080620/crm0806201008008-n1.htm

 東京都新宿区の「グリーンピース・ジャパン」の事務所には、20日午前7時すぎからスタッフが出勤。午前9時から一連の経緯に関する緊急会見が予定されており、スタッフが準備を進めている最中に逮捕の一報が入った。
 女性スタッフの1人は「いま事実関係を調べている。もうすぐ会見の案内ができると思う」と集まった約30人の報道陣に説明。その直後、警視庁と青森県警の捜査員約20人が捜索に入ると、事務所は一時騒然となった。
 会見の予定時間が過ぎても、スタッフらは家宅捜索の対応に追われた。


---グリーンピースメンバーを20日逮捕へ 鯨肉持ち出し、窃盗容疑---
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20080620STXKE073519062008.html

 環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」が、調査捕鯨船の乗組員が自宅などに送った鯨肉を無断で持ち出した問題で、青森県警などは19日までに、窃盗容疑などで団体幹部ら2人の逮捕状を取った。20日に逮捕する方針で、東京の事務所など関係先も捜索する。
 グリーンピース側は持ち出しの事実を認めた上で「横領疑惑の物的証拠を入手するためで、自身の用にあてるためではない」と主張。窃盗罪には当たらないと強調していたが、県警などは悪質な違法行為と判断。国際的な環境保護団体をめぐる刑事事件に発展する見通しとなった。
 グリーンピースは5月、調査捕鯨船「日新丸」乗組員が捕鯨肉を私的に自宅などに送った疑いがあるとして、業務上横領容疑で東京地検に告発状を提出。鯨肉を証拠として公表した。
 一方で、この鯨肉は盗まれたものとして、西濃運輸(岐阜県大垣市)が青森県警に盗難被害届を提出。県警が窃盗容疑で捜査していた。〔共同〕(07:00)


---宅配クジラ肉を盗んだ容疑、「グリーンピース」2人を逮捕へ---
2008年6月20日03時03分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080620-OYT1T00007.htm

 環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」(東京都新宿区)が、調査捕鯨で捕獲されたクジラ肉の一部を宅配便会社から無断で持ち出した問題で、警視庁と青森県警は20日にも、都内などに住むメンバー2人を窃盗と建造物侵入の疑いで逮捕する方針を固めた。
 同庁幹部によると、メンバーらは4月16日、青森市の「西濃運輸」青森支店の配送センターに侵入し、調査捕鯨船「日新丸」の乗組員(52)が北海道函館市の自宅に配送を依頼したクジラ肉23・5キロが入った段ボール1箱を盗み出した疑いが持たれている。
 グリーンピース・ジャパンは先月15日、このクジラ肉を「証拠品」として、乗組員12人にクジラ肉の横領の疑いがあると公表、業務上横領容疑で東京地検に告発状を提出した。これに対し、西濃運輸側は同16日、青森県警に盗難の被害届を出したが、グリーンピース・ジャパンは「不正を告発するために証拠として確保したので窃盗には当たらない」と主張していた。


---グリーンピース:鯨肉窃盗容疑で2人逮捕へ…宅配抜き取り---
毎日新聞 2008年6月20日 2時30分(最終更新 6月20日 2時30分)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080620k0000m040146000c.html

 国際環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」(GP)=東京都新宿区西新宿8=のメンバーら2人が今年4月、調査捕鯨船「日新丸」の乗組員が自宅に送ろうとした鯨肉を配送途中で持ち出した疑いが強まり、青森県警は20日にも、窃盗などの容疑で逮捕する方針を固めた。GPは乗組員による鯨肉の横領を告発するため証拠品として宅配便の集配所から無断で抜き取っていたが一転、強制捜査を受ける見通しとなった。
 調べでは、2人は4月16日、乗組員の一人が北海道の自宅に宅配便で送った鯨肉23.5キロ入りの段ボール1箱を経由地の西濃運輸(岐阜県大垣市)青森支店で抜き取った疑い。西濃運輸が青森県警に被害届を提出し、警視庁と合同で捜査していた。
 GPは5月15日、「日新丸」の乗組員12人について、抜き取った鯨肉を証拠品として、南極海の調査捕鯨で捕獲したクジラの肉を着服した業務上横領容疑で東京地検に告発した。
 GPは会見を開き、鯨肉の入手方法について「巨大な横領行為を明らかにするにはこの方法しかなかった」と主張。そのうえで「自分の利益のために持ち出したわけではないので違法性はないと考えているが、捜査には協力する。(窃盗容疑で)捜査対象になることもある程度覚悟している」などと話していた。

◇グリーンピース
 オランダ・アムステルダムが本部の国際環境保護団体。71年、米国がアラスカ沖で行っていた核実験に抗議するため、カナダから船を出した市民団体が母体。日本を含む41カ国に支部があり会員数は約290万人。非暴力と政治的中立を掲げ、地球温暖化などの問題に取り組むが、南極海の日本の調査捕鯨船団を船やヘリコプターで追尾するなど過激な抗議行動でも知られる。日本支部は89年設立。調査捕鯨への過激な抗議活動で知られるシー・シェパードは77年にGPを離れたポール・ワトソン氏が設立した。


---鯨肉窃盗でグリーンピースのメンバー2人を逮捕 青森県警---
2008.6.20 08:13
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080620/crm0806200819006-n1.htm

 環境保護団体の「グリーンピース・ジャパン(GP)」メンバーが、日本の調査捕鯨船「日新丸」の乗組員の荷物を盗んだとされる事件で、青森県警は20日、窃盗容疑などで、GPジャパン幹部の佐藤潤一容疑者(31)ら2人を逮捕した。反捕鯨活動の一環で横領を告発した行為は、逆に国際的な団体をめぐる刑事事件に発展した。
 他に逮捕されたのは、メンバーの鈴木徹容疑者(41)。
 調べでは、2人は4月16日、「西濃運輸」青森支店の配送所に無断で侵入。鯨肉が入った段ボール1箱を盗んだ疑い。
 関係者によると、盗まれたのは日本鯨類研究所から委託を受け、調査捕鯨船「日新丸」に乗船していた「共同船舶」社員の荷物。寄港後の4月15日に東京から北海道の自宅に向けて発送されたが、翌16日に経由地の青森支店に到着した直後になくなったという。
 西濃運輸は、配送ミスの可能性もあるとみて調べていたが、GPが5月15日の記者会見で送り主の了承を得ずに入手したと発表し、日新丸の乗組員12人に対する業務上横領罪の告発状を東京地検に提出したことを受けて、青森県警に被害届を出していた。
 日新丸をめぐっては、米環境保護団体「シー・シェパード」の抗議船から3月上旬に南極海で調査捕鯨中、薬品入りの瓶などを投げつけられ乗組員ら3人が負傷している。昨年のドイツ・ハイリゲンダムサミットでは、経済のグローバル化が環境破壊を助長しているとする反グローバリズム運動の一部が暴徒化。政府が洞爺湖サミットを前にこうした環境保護団体の動向を注視する中、GPは18日、サミットNGOフォーラムの一員として首相官邸を訪れていた。

 青森県警は20日午前8時40分すぎから、東京都新宿区西新宿にあるグリーンピース・ジャパン事務所など6カ所を捜索した。


---グリーンピース関係者2人を逮捕へ 窃盗容疑など---
2008.6.20 01:25
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080620/crm0806200126001-n1.htm

 警察当局は19日、環境保護団体の「グリーンピース・ジャパン(GP)」に対し、日本の調査捕鯨船「日新丸」の乗組員の荷物を盗んだ窃盗容疑などで、強制捜査に乗り出す方針を固めた。20日、団体幹部ら2人を逮捕、関係数カ所を家宅捜索する。反捕鯨活動の一環で、横領を告発した行為は窃盗事件に発展する見通しとなった。政府は7月の主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)前に、環境破壊防止を主張する反グローバリズム団体の動向に神経をとがらせ、取り締まりを強化していた。
 調べでは、GPメンバーは4月16日、「西濃運輸」青森支店の配送所に無断で侵入。鯨肉が入った段ボール1箱を盗んだ疑い。
 関係者によると、盗まれたのは日本鯨類研究所から委託を受け、調査捕鯨船「日新丸」に乗船していた「共同船舶」社員の荷物。帰港後の15日に東京から北海道の自宅に向けて発送されたが、翌16日に経由地の青森支店に到着した直後になくなったという。
 西濃運輸は、配送ミスの可能性もあるとみて調べていた。しかし、GPが5月15日の記者会見で送り主の了承を得ずに入手したと発表し、日新丸の乗組員12人に対する業務上横領罪の告発状を東京地検に提出したことを受け、青森県警に被害届を出していた。

 日新丸をめぐっては、米環境保護団体「シー・シェパード」の抗議船から3月上旬に南極海で調査捕鯨中、薬品入りの瓶などを投げつけられ乗組員ら3人が負傷している。昨年のドイツ・ハイリゲンダムサミットでは、経済のグローバル化が環境破壊を助長しているとする反グローバリズム運動の一部が暴徒化。政府は洞爺湖サミットを前に、こうした環境保護団体の動向を注視していた。GPは18日、サミットNGOフォーラムの一員として首相官邸を訪れていた。


---幹部らきょう逮捕 グリーンピース 鯨肉窃盗疑い---
2008年6月20日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008062002000101.html

 環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」が、調査捕鯨船の乗組員が自宅などに送った鯨肉を無断で持ち出した問題で、青森県警などは、窃盗容疑などで団体幹部ら二人の逮捕状を取った。二十日に逮捕する方針で、東京の事務所など関係先も捜索する。
 グリーンピース側はこれまで持ち出しの事実を認めた上で「横領疑惑の物的証拠を入手するためで自身の用にあてるためではない」と主張。窃盗罪には当たらないと強調していたが、県警などは悪質な違法行為と判断。国際的な環境保護団体をめぐる刑事事件に発展する見通しとなった。
 グリーンピースは五月、調査捕鯨船「日新丸」乗組員が捕鯨肉を私的に自宅などに送った疑いがあるとして、業務上横領容疑で東京地検に告発状を提出。鯨肉を証拠として公表した。一方で、この鯨肉は盗まれたものとして、西濃運輸(岐阜県大垣市)が青森県警に盗難被害届を提出。県警が窃盗容疑で捜査していた。
 グリーンピースによると、スタッフが四月十六日、西濃運輸青森支店(青森市)の配送所で、鯨肉の入った段ボール箱一箱を持ち出していた。東京地検は同団体が告発した乗組員らに対し不起訴処分にするとみられている。

0 コメント: