2008年6月11日水曜日

オバマ米大統領誕生で日本に累進課税復活か

オバマ米大統領が誕生すれば日本に累進課税が復活するかもしれない。
原油価格の高騰や失業率の急上昇などを背景に大統領選では経済問題が最大の
焦点。雇用を守る観点から公平な貿易を求めるオバマ氏とあくまで自由貿易を
推進するマケインとの対立が鮮明になった。
税制問題でも企業や富裕層重視のマケインと中産層の減税優先のオバマと
真っ向から対立した。
マケインは演説で高所得層向けの「ブッシュ減税」廃止を訴えるオバマの政策
を「第二次大戦後、最大の増税策」と指摘。マケインは「ブッシュ減税」
恒久化や雇用対策のための法人税減税を主張している。
オバマは全米公共ラジオで「マケイン氏の財政政策は無責任」と応戦。
年収25万ドル以上の高所得者に対する増税などで中産層で1世帯当たり
年最高1000ドルの減税が可能になると主張している。
オバマは医療保険改革について「マケインは米国民すべてに行き渡る改革案
を持っていない」と指摘。国民皆保険に反対で税額控除拡大で民間保険加入を
促すマケインの案を批判した。オバマ氏は公的支援を拡充した医療保険を創設
し、民間と選択できる制度を公約にしている。

日米規制改革書にオバマ案をそのまま要求してきたら、国民の生活は
総中流生活に戻るかもしれない。ただ、中国が優先され経済的には日本が
叩かれることになる。日本企業が叩かれるのは構わないが、日本を叩くのは
気分が良いものではない。


Economy, Now Front and Center in '08 Race AssociatedPress

---米大統領選:マケイン氏、オバマ氏が経済政策で火花---
毎日新聞 2008年6月11日 10時53分(最終更新 6月11日 11時58分)
http://mainichi.jp/select/world/america/news/20080611k0000e030026000c.html

 【ワシントン及川正也】米大統領選で共和党の指名を決めているマケイン上院議員は10日、ワシントン市内で演説し「(民主党予定候補の)オバマ上院議員は輸出や貿易に関する協定の価値を軽視する傾向にある」と述べ、北米自由貿易協定(NAFTA)見直しへの交渉開始を主張しているオバマ氏の経済政策を強く批判した。
 原油価格の高騰や失業率の急上昇などを背景に11月の大統領選では経済問題が最大の焦点。雇用を守る観点から公平な貿易を求めるオバマ氏と、あくまで自由貿易を推進するマケイン氏との対立が鮮明になった形だ。
 マケイン氏はカナダとメキシコの3国間によるNAFTAが米国の輸出の3割を占めることを指摘。「貿易協定によって長年得てきた利益を帳消しにするようなことはしない」と強調。オバマ氏との違いを際立たせた。
 税制問題でも企業や富裕層重視のマケイン氏と、中産層の減税優先のオバマ氏と真っ向から対立した。
 マケイン氏は演説で高所得層向けの「ブッシュ減税」廃止を訴えるオバマ氏の政策を「第二次大戦後、最大の増税策」と指摘した。マケイン氏は「ブッシュ減税」恒久化や雇用対策のための法人税減税を主張している。
 これに対しオバマ氏は10日、全米公共ラジオで「マケイン氏の財政政策は無責任」と応戦。年収25万ドル以上の高所得者に対する増税などで中産層で1世帯当たり年最高1000ドルの減税が可能になると主張している。
 一方、オバマ氏は10日、医療保険改革について「マケイン氏は米国民すべてに行き渡る改革案を持っていない」と指摘。国民皆保険に反対で税額控除拡大で民間保険加入を促すマケイン氏の案を批判した。オバマ氏は公的支援を拡充した医療保険を創設し、民間と選択できる制度を公約にしている。
 両氏の経済政策は、自由貿易や減税、市場原理を重視する共和党と、管理貿易的で、社会保障では連邦政府の支援を強化する民主党の主流の価値観をそれぞれ反映しており、11月の選挙では真っ向から対決することになる。


---McCain Camp Distorts Obama's Tax Policies, Exaggerates Their Adverse Impact---
Wednesday, June 11, 2008
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/06/10/AR2008061003376.html

Sen. John McCain's camp is attempting to convince Americans that their taxes will increase dramatically with Sen. Barack Obama as president. The presumptive Republican nominee has repeatedly said that Obama would enact "the largest tax increase since the Second World War." A surrogate for McCain, former Hewlett-Packard CEO Carly Fiorina, insists that Obama has not proposed "a single tax cut" and wants to "raise every tax in the book."

THE FACTS

There are significant differences between the two candidates on tax policy. McCain would like to make permanent President Bush's tax cuts of 2001 and 2003, and has proposed a few of his own. Obama favors allowing the tax cuts to expire as scheduled for Americans earning more than $250,000 a year.

He would raise taxes on capital gains and dividends, but has also promised tax breaks for lower- and middle-income Americans. McCain's speech to the Small Business Summit yesterday leaves the impression that Obama favors raising taxes on all Americans. But his words have been carefully parsed. A more literal reading suggests that he could also be talking about some Americans from "every background," not "all Americans." The key issue is how many lower- and middle-income Americans would be affected by Obama's proposed tax increases.

To substantiate its assertion that large numbers of ordinary Americans would be worse off under the Democrats, the McCain camp points to Obama's proposal to raise tax rates on dividends and capital gains. Obama's advisers argue that any tax increases would be offset by credits for lower-income families. They also point out that most middle- and lower-income families invest in the market through 401(k) plans, which are exempt from capital gains taxes.

Maya MacGuineas, a budget expert at the New America Foundation, said the McCain camp is trying to create an exaggerated impression of the number of people from lower- and middle-income groups who would be hurt by Obama's tax proposals. "It is legitimate to say that they can find a cleaning person or a waitress somewhere who will be affected, but the numbers should not be overwhelming," she said.

The statement that Obama would "enact" the largest tax increase since World War II is also overblown. Bush's cuts will expire automatically at the end of 2010, so it is hardly a question of "enacting" a new tax increase. According to Obama economics adviser Jason Furman, the revenue raised from letting the tax cuts expire would be returned to middle- and lower-income taxpayers in the form of tax credits to pay for health insurance, so the overall effect would be revenue-neutral.

McCain spokesman Brian Rogers pointed to an analysis by the nonpartisan Annenberg Political Fact Check that found that the gross tax increase would amount to $103.3 billion in 2011, the largest single-year tax increase since World War II. The Annenberg study pointed out, however, that "most economists" prefer to measure tax changes as a percentage of gross national product, in which case it would be the fifth-largest increase since 1943.

According to Brookings Institution economist Douglas W. Elmendorf, Obama's plan would eliminate income taxes for 10 million Americans. "It's very clear that taxes for lower-income Americans will decline under Obama," he said.

THE PINOCCHIO TEST

Fiorina is wrong to assert that Obama has proposed no tax cuts and wants to raise "every tax in the book." McCain is on more solid ground when he says Americans from many backgrounds could be affected by a rise in capital gains, but he has greatly exaggerated the adverse impact.

ONE PINOCCHIO: Some shading of the facts; TWO PINOCCHIOS: Significant omissions or exaggerations; THREE PINOCCHIOS: Significant factual errors; FOUR PINOCCHIOS: Real whoppers; THE GEPPETTO CHECK MARK: Statements and claims contain the truth, the whole truth and nothing but the truth.


---温暖化対策:EU、米次期政権に期待 貿易政策内向き警戒---
毎日新聞 2008年6月10日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/science/news/20080610ddm007030053000c.html

 【ブリュッセル福島良典】オバマ上院議員(民主)とマケイン上院議員(共和)の対決構図が決まった米大統領選を、欧州諸国はイラク戦争などで悪化した対米関係の緊密化につながる好機として注視している。温暖化対策で世界をリードする欧州連合(EU・加盟27カ国)は温室効果ガス削減の数値目標設定などに前向きな両候補に期待を寄せる。だが一方で、欧州は次期米政権が貿易政策で内向きになることを警戒しており、期待と懸念がないまぜになっている。
 スロベニアで10日開催される米EU首脳会議で、EUの行政府・欧州委員会は温暖化対策として(1)2050年までの数値目標を設定する(2)温室効果ガスの排出を10~15年以内に減少に転じさせる(3)先進国が主導的役割を果たす--の3点を共同声明に盛り込むよう求めているが、ブッシュ米政権は難色を示している。
 「EUは次期政権になれば米国の温暖化に対する態度は大きく変わると見込んでいる」(欧州外交筋)のが実情だ。温暖化対策に消極的なブッシュ大統領と違い、マケイン、オバマ両候補は温室効果ガス排出削減の長期的な数値目標を掲げ、排出量取引の導入を支持している。
 欧州委員会のバローゾ委員長は5日、ロンドンでのブラウン英首相との共同記者会見で「マケイン、オバマ両上院議員の気候変動に関する発言はEUが歩んできた方向を向いており、好ましい」と述べ、次期米政権の温暖化対策に期待を表明した。
 欧米関係は第1期ブッシュ政権時代、03年のイラク戦争の是非をめぐり深く傷ついた。05年以降の第2期ブッシュ政権はイランの核問題などで欧州と歩調を合わせ、関係は改善したが、しこりは残っている。EUは次期米政権との間で、温暖化対策を軸とした連携の強化を望んでいる。
 一方、EUはオバマ氏の保護主義的な貿易政策には警戒のまなざしを向けている。オバマ氏は北米自由貿易協定(NAFTA)の修正を主張し、韓国、コロンビアとの自由貿易協定(FTA)に反対している。

0 コメント: