2008年6月13日金曜日

金康夫 北朝鮮への制裁一部解除

北朝鮮への制裁が一部解除されるようだ。
最近、北朝鮮の工作情報が話題となったが、結局、動向の確認のようだった。
何回も痛い目にあっているのに、学習していない。
相変わらず北朝鮮の話は何もしないことを言葉で示すだけなのに、くもの糸を
つかみたい日本が譲歩する。
米国にはキム・ジョン・ヒルがおり、日本には金康夫が北朝鮮を支援する。
金康夫が官房長官時代「拉致事件はやむを得なかった」と言う趣旨の発言を
している。
再調査は社交辞令、よど号メンバー引渡しは本人の承諾によるものだ。
何か進展したのか。


---【官房長官会見(1)】「一定の前進を評価する」日朝交渉(13日午後) ---
2008.6.13 17:04
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080613/plc0806131705017-n1.htm

 町村信孝官房長官は13日午後の記者会見で、政府が日朝公式実務者協議で拉致問題の再調査を行うとした北朝鮮の対応を受け、経済制裁の一部解除の方針を示したことに対して慎重意見が懸念されることに関連し「再調査をこういう形でやると双方が納得しなければ、例えばチャーター便の申請があす出てきても認めない」と述べた。会見の詳細は以下のとおり。

【日朝協議結果】
 「それでは先ほど、総理と外務大臣とともに、昨日まで北京で開催されておりました日朝実務者協議に出席をしておりました斎木(昭隆)アジア大洋州局長から、協議の結果について報告を受けましたので、その結果のことをご報告をいたします。文書になっておりますから、読み上げます」
 「今回の協議では、拉致問題を中心に突っ込んだ真剣なやりとりが行われた。拉致問題については、これまで北朝鮮側は、拉致問題は解決済みとの主張を繰り返し、日朝間で実質的な協議を行い得ない状況が続いていた。今回の協議では、北朝鮮側にこの立場を変更させ、拉致問題の解決に向けたプロセスを改めて始めさせることが最大の課題であった。今回の協議において、北朝鮮側が拉致問題は解決済みとの発言は行っていなかったことは、既に報道されているとおりであるが、協議では斎木局長より、単に解決済みと言わないということだけでは不十分であり、未解決の問題である拉致問題の解決に向け、北朝鮮側が具体的行動をとることを強く要求した」
 「その結果、北朝鮮側は、拉致問題の解決に向けた具体的行動を今後とるための再調査を実施することを約束した。これは、これまで拉致問題は未解決であるとして、真相究明等を要求してきた日本側の主張を受け入れて、拉致問題は解決済みとの従来の立場を変更したものであり、一定の前進として評価をする。再調査の具体的対応等については今後、日朝間で速やかに調整していくが、迅速な調査が行われ、拉致被害者の帰国を含め、拉致問題の解決に向け、早期に具体的な結果が得られるように期待をしている」
 「また、北朝鮮側は、今後、よど号関係者の問題の解決のために協力する用意を表明をした。わが国は従来、よど号ハイジャック犯として、またハイジャック犯のうち1人、および2人の妻については、日本人拉致の容疑者として引き渡しを求めてきており、今後、よど号関係者の引き渡しが早期に実現するよう北朝鮮側と調整していくこととした。このように、今回、北朝鮮側が拉致問題に関する再調査を約束するなど、拉致問題の解決に向けたプロセスがあらためて動き始めた」
 「政府としては引き続き、拉致・核・ミサイルといった諸懸案を包括的に解決し、不幸な過去を清算して、早期に日朝国交正常化を実現するとの立場に立ち、北朝鮮側と精力的な協議に取り組んでいく。今回、北朝鮮側が拉致問題の再調査を開始することとなり、日朝間の協議があらためて動き始めたのを受け、諸般の事情を総合的に勘案し、政府としても一定の措置をとることとした」

 「政府は、2006年7月の北朝鮮によるミサイル発射、10月の核実験発表を受け、北朝鮮に対していくつかの措置をとっているが、今回、その一部解除として、一つ、北朝鮮との間の人的往来、二つ、北朝鮮からの航空チャーター便の乗り入れについては、規制を解除することとした。この結果、これまで、国民の皆さまにお願いをしていた北朝鮮への渡航自粛要請、わが国の国家公務員の渡航についての原則見合わせや、北朝鮮からの入国に関する特別な規制は解除され、従来通りの対応に戻すことになる』。従来どおりの対応というのは、厳格な従前通りの入国審査を行うということであります。『また現在、北朝鮮籍船のわが国への入港を禁止しているが、もし今後、民間の人道支援物資をわが国から北朝鮮に運搬するために、北朝鮮籍船をわが国に入港させたいとの希望が出される場合には、人道的な観点から、現在の入港禁止措置の例外として、人道支援物資の積み込みに限り認めることとした。なお現在の日朝関係にかんがみ、北朝鮮に対する人道支援を行い得る状況にはないとの政府の姿勢には変更なく、現時点で政府から人道支援物資を供与することは考えておりません。これらの措置は今後、関係省庁間の調整や必要な手続きを経て実施していくことになる」
 「今回、拉致問題に関する日朝協議があらためて動き始めることとなったが、政府としては、特に拉致問題に関し、早期に、より具体的な成果を得るべく、北朝鮮側との協議に一層精力的に取り組んでいきたいと考えており、北朝鮮側が真摯(しんし)に対応することを求めたい』。以上が、今回の日朝実務者協議の結果でございます。私の方からは以上でございますから、ご質問があればどうぞ」
 --合意の評価をうかがいたい。拉致被害者の家族などは、拉致問題の進展なくして制裁の解除はない、といってきたが、再調査約束で理解が得られるのか。また『早期に』といっていたが期限やメドがないなかで、制裁一部解除に踏み切っていいいのか
 「調査は、再調査は生存者を発見し、帰国させるための調査である必要がある、ということはわが方が主張し、先方もそれを認めたわけであります。従ってただ白か黒かどっちわかりません、という意味の調査ではなく、生存者を発見し帰国させるための調査という、まずしばりがかかっているということが1点。それから2点目は、再調査をするとまだ言っただけで、具体にどういう調査をするのか、どういうタイミングで北朝鮮政府が単独でやるのか日本と共同でやるのか等々を含めて、今後、それは話し合っていく。その具体化がなければ、わが方としてただちに手を打つということにはつながりません」
 --具体化がなければ合意した内容も履行されないのか
 「だから再調査をこういう形でやります、ということについて双方が納得をしなければ、例えばチャーター便の申請が明日出てきてもですよ、それは認めないということです」

 --今回の北朝鮮側の対応をもって拉致問題は進展した、と政府は理解しているのか
 「まあいつも、同じ質問といいましょうか、何をもって進展といい、まあ解決ははっきりしておりますけれどもね。一定の前進である、という評価はいたしました。それはこれからの再調査がどう行われるかにかかわるわけでありますけれども、一定の前進はしたという評価はしておりますが、全体的な進展があったというところまでの評価をすることはできません。従いまして、例えば今、6者会合のもとで経済・エネルギー協力が議論されておりますけれども、これについて、拉致問題を含む日朝関係に進展があった場合には参加をすると、いうことを私どもは言って参りました。しかし、今回、北朝鮮側から拉致問題に関する再調査を約束したことは、まあ従来の立場を変えたという意味で一定の前進があると評価しておりますけれども、現時点で直ちに経済・エネルギー協力に参加する環境が整った、といえるほどの進展ではない、というふうに考えているところであります」
 --具体的な成果とは、どういうことがあればそう呼べるか
 「いやそれは彼らがどういう行動を取るかというのを見て、引き続き判断していきます」
 --再調査の形式は、当然日本政府としては日本も加わった形での再調査を目指しているのか
 「まだそこまで議論は煮詰まっておりません」
 --北朝鮮側とのやりとりでは、拉致被害者の具体的な名前を出したやりとりはあったのか。例えば横田めぐみさんとか
 「それは多分なかったと思いますが、より詳しくお知りになりたければ斎木局長にお尋ねください。具体の名前が出たとは私は聞いておりません。ただ、やりとりの中でどうであったかということはどうぞちょっとそこは詳しく、外務省でお聞きをいただきたいと思います」
 --エネルギー支援だが、再調査の方法だとか、具体的なものがまとまればできるということか
 「そこは今後、彼らがどういうように具体的に言ってくるか、やろうとしているのか、そういうのを見極めて一つひとつ考えていきます。今、想定で、ここまでならこうということを申し上げることはできません」
 --よど号関係者というのは日本政府が指名手配しているすべての日本人妻もふくめて、すべての人を指すと考えていいのか
 「さっき申し上げましたように、ハイジャック犯のうち1人、これは、魚本(旧姓・安部)公博、それから2人の妻、これは、森(順子)、若林(佐喜子)、この2人です」
 --よど号事件に関して、引き渡しに協力、ということだが具体的にはどういう行動を指すのか
 「ちょっとそこまでは私も今、限られた時間で詳しく聞いているわけではございませんけれども、わが方が要求している容疑者としての引き渡しに向けた協力であるというふうに理解をしておりまして、今後、具体的な進め方についてはさらに北朝鮮側と詰めてまいります」


---北朝鮮「よど号犯」引渡しに協力 日本は制裁一部解除 町村長官---
2008.6.13 16:37
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080613/plc0806131639016-n1.htm

 町村信孝官房長官は13日午後の記者会見で、11、12の両日に行われた日朝実務者協議で、北朝鮮側から(1)拉致問題の解決に向けた再調査(2)北朝鮮にいるよど号犯引き渡しの協力-が提案されたことを明らかにした。拉致問題について「北朝鮮は未解決だという日本側の主張を受け入れ、拉致問題は解決済みとの立場を変更した。一定の前進として評価する」と述べた。
 これに対し、日本側は「拉致問題解決に向けたプロセスが改めて動き始めた」として、平成18年7月のミサイル実験や同年10月の核実験を受けて実施してきた制裁措置の一部を解除する方針を明らかにした。
 具体的には、人の往来を認め、チャーター便の入港を認めることを挙げた。また、日本からの人道支援物資の輸送を目的とした北朝鮮籍船舶の入港も認めるとしたが、「政府としては、北朝鮮に人道支援を行える状況にはないとの姿勢に変更はなく、現時点で人道物資供与は考えていない」とも述べた。


---対北経済制裁緩和に反対 自民議連---
2008.6.13 12:24
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080613/stt0806131223005-n1.htm

 11、12両日の日朝公式実務者協議を受けて、自民党有志の議員連盟「北朝鮮外交を慎重に進める会」(会長・山本一太参院議員)は13日午前、国会内で会合を開き、拉致問題の明確な進展がない限り北朝鮮に対する経済制裁緩和に反対する方針を確認した。
 会合には衆参両院議員38人が出席。議連として「北朝鮮の拉致問題解決への意思が明確に示されない段階で経済制裁という外交カードを手放すことは極めて稚拙だ。性急な日朝国交正常化に警鐘を鳴らす」とする見解をまとめた。
 山本氏は「圧力をかけることで対話を引き出すことを北朝鮮政策の中心にすべきだ。安易に圧力の装置をはずし、性急に日朝国交正常化に向かわないようにしなければならない」と述べ、党内の対北朝鮮融和派を牽制した。


---脱北女性が朝鮮総連を提訴、帰還事業「誘拐行為を実行」---
2008年6月13日14時14分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080613-OYT1T00448.htm

 帰還事業で北朝鮮に渡り、劣悪な環境での生活を強いられたのは、「地上の楽園」などと虚偽の宣伝をした在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の責任として、脱北者で韓国籍の高政美(コジョンミ)さん(47)(大阪府八尾市)が13日、朝鮮総連に慰謝料など1100万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。
 日本に住む脱北者が朝鮮総連を相手取り、帰還事業を巡って提訴したのは初めて。
 帰還事業は1959年、日本と北朝鮮の両赤十字社が共同で始め、日本政府も閣議了解していたが、高さん側は「日本政府などは帰還者をだます意思はなかった」として被告にはしなかった。
 訴状では、高さんは3歳だった63年、家族で北朝鮮に渡った。2000年に脱北して中国に入ったが、強制送還され、拷問を受けたという。03年に再び脱北し、05年に日本へ戻った。
 高さんは「朝鮮総連は北朝鮮の内情を説明する義務を怠り、地獄のような環境に送り込む誘拐行為を実行した」と主張している。
 提訴後に記者会見した高さんは、「北朝鮮で私に人権はなかった」と涙ながらに話し、「姉らは今も残っている。裁判をきっかけに帰還者を助ける動きが高まってほしい」と語った。
 朝鮮総連の話「同じような訴えを棄却した判例がすでにある。今回の訴えは同胞社会と日朝関係に害を与える以外のなにものでもない」


---「楽園」ではなかった 脱北女性が朝鮮総連提訴---
2008年6月13日 12時25分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008061301000245.html

 帰国事業で北朝鮮に渡り苦痛を受けたのは、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が現地の実態を説明しなかったためだとして、2003年に脱北した大阪府在住の千葉優美子さん(47)が13日、朝鮮総連に慰謝料など1100万円の支払いを求め大阪地裁に提訴した。
 訴状によると、千葉さんの母親は、「地上の楽園」とのうたい文句で帰国を勧誘していた総連側に「心配なく生活できる」と説得され決意。1963年、千葉さんらと北朝鮮に帰国した。しかし、家族は強制収容所に入れられたり、千葉さんもその後、大学講師の職を解任され、子どもとともに山奥に追放されそうになったという。
 千葉さんは2000年に中国に脱北したが、03年に強制送還され、拷問を受けた。その後、再び脱北し、05年に日本に入国した。
 帰国事業をめぐっては、01年に韓国在住の男性が朝鮮総連に損害賠償を求め東京地裁に提訴したが、脱北から約40年が経過して請求権が消滅しているとして棄却された。(共同)


---「騙して誘拐した」 朝鮮総連提訴の女性 涙の訴え---
2008.6.13 11:57
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/080613/trl0806131158007-n1.htm

 多くの在日朝鮮人らが北朝鮮に渡った帰還事業の開始からまもなく半世紀。大々的に宣伝された「地上の楽園」とかけ離れた生活を強いられた脱北者の千葉優美子さん(47)が13日、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)への提訴に踏み切った。帰還者の中にはいまだ安否すら判明していない人が多い。支援者は「訴訟を機に救出活動の関心を高めたい」としている。
 千葉さんは提訴後、大阪市内で記者会見。朝鮮総連について「人をだまし、組織的に誘拐した。人権と自由を無差別に奪った悪魔みたいな団体だ」とたどたどしい日本語で批判。「私1人の問題ではない。今も強制収容所の中で必死で生き延びようとしている人がいる」と涙ながらに訴えた。
 千葉さんは昭和38(1963)年10月、両親ら家族7人で新潟県から北朝鮮に向けて出航。「何の心配もなく生活できる」と朝鮮総連構成員に説得され、両親が帰国を決断したという。
 船が北朝鮮の清津に着いたとき、10代半ばだった兄は、人々のやせ細った体つきやみすぼらしい服装、老朽化した建物などを見て落胆し、「日本へ戻りたい」と訴えた。このため北朝鮮当局に連行された後、強制収容所に送られ、1971年に死亡。父もスパイの疑いで収容所送りとなり、拷問を受けたという。
 千葉さんも96年、外貨稼ぎをめぐって処罰された帰還者の知人男性に金を貸していたとして責任を問われ、山中に追放を命じられた。「もううんざりだ」。すでに結婚して長男と長女の子供2人がいたが、脱北を決意し2000年11月、子供らと中国側に脱北。しかし、03年に強制送還され、収容所に入れられた。約5カ月間ろくに食事を与えられず、殴るけるの激しい拷問が続いた。

 「地上の楽園」どころか生き地獄のような日々。「死んでも北朝鮮から脱出する」と決心し、一時的に釈放されていた03年11月、長男と一緒に脱北、中国に残っていた長女とも合流して日本に入国した。
 日本に住む脱北者の中には親族らを北朝鮮に残してきた人が多い。千葉さんの家族もまだ北朝鮮にいる。今回の提訴で実名を公表したことで、さらに迫害を受ける可能性もある。脱北者を支援する「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」の山田文明副代表(大阪経済大准教授)は「帰還者救出は停滞している。この状況を打破するため、千葉さんは相当の覚悟で提訴に踏み切った」と話した。

0 コメント: