2008年6月3日火曜日

ヒラリー 副大統領受諾か

ヒラリーが副大統領を受諾するかも知れないとのこと。
ヒラリーは11月の本選での同党の勝利に「必要なことは何でもする」との
メッセージを発表する見込みだ。ライバルのバラク・オバマ上院議員の関係筋
は、クリントン氏が副大統領候補を打診された場合、受諾する可能性があると
見ている。

民主党では候補者支持者が反目し始めているので、協力したほうが良いと思う
だろうが、共和党からみれば、ヒラリーが副大統領候補となれば格好なエサ
が舞い込んだとみるだろう。
クリントン家の悪さは昔から知られているので、オバマの中傷よりももっと
内容が濃いものが出てくると思う。
民主党の足を引っ張るのは、オバマではなくヒラリーか。


---クリントン氏がメッセージ発表へ 副大統領候補受諾か---
2008.06.03 Web posted at: 15:37 JST Updated - CNN
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200806030013.html

ニューヨーク(CNN) 米大統領選の民主党指名争いのヒラリー・クリントン上院議員は3日夜、11月の本選での同党の勝利に「必要なことは何でもする」とのメッセージを発表する見込みだ。ライバルのバラク・オバマ上院議員の関係筋は、クリントン氏が副大統領候補を打診された場合、受諾する可能性があると見ている。

クリントン氏の関係者も、同氏が民主党内の団結と共和党打倒を最優先に考え、「依頼があれば何でも受け入れる」意向を表明するだろうと語った。

クリントン氏のメッセージは、オバマ氏陣営に非公式ルートで伝えられた。オバマ氏陣営は、クリントン氏が副大統領候補受諾を示唆する内容だと受け止めている。

クリントン・オバマ両氏陣営はCNNに対し、まだ正式に協議していないと語った。オバマ氏の関係者は、クリントン氏が副大統領候補の「最終選考」に残っていることを認めたうえで、「全ての手順は進行中」とコメントした。

オバマ氏の関係者の1人は、クリントン氏を副大統領候補に起用した場合、両氏の支持者間の対立は緩和されると予想。しかし別の関係者は、両氏の間に不信感があるため、クリントン氏は民主党の勝利にどれだけ貢献できるか問われるだろうとの見通しを示した。

民主党最後の予備選は3日、サウスダコタ・モンタナ両州で行われる。クリントン・オバマ両氏とも指名獲得に必要な代議員数2118人には届かないが、オバマ氏は特別代議員の支持を固めたい意向だ。

民主党関係筋によると、下院の同党院内幹事で有力黒人議員のジェームズ・クライバーン下院議員は3日、オバマ氏支持を表明するとともに、クリントン氏にオバマ氏への歩み寄りを促す見通し。

0 コメント: