2008年6月8日日曜日

MD実験 着弾寸前の撃墜成功

MD実験が実施され、着弾寸前の撃墜に成功したようだ。
レークエリーに搭載した改良型SM2による迎撃実験を行い、海上発射台から
打上げられた標的のスカッドミサイルを撃落すことに成功した。
実験は標的のミサイルが着弾する寸前に迎撃することを狙ったもので、実験
としては2回目の成功例という。

実験用に加工した標的による撃墜実験だと思うが実戦での経験が皆無だ。
GPS妨害装置で妨害されないのかも疑問だ。シナリオによるボタン押下の訓練を
繰り返すが、艦を自由に動かせない海自。
韓国にも配備できると軍需会社は言うが、韓国には米軍専用の通信を開通して
いないようだ。艦周囲しか撃墜できない。世宗大王艦が湾内に留まり、
着弾寸前に撃墜するのだろうか。そのための1200億円のイージス艦開発は
贅沢だろう。

Another Smashing Success


Aegis BMD (FTM-14) Stellar Scorpion Quicklook


Aegis BMD


---米軍、北朝鮮を想定した海上MD実験に成功---
ワシントン=崔宇晳(チェ・ウソク)特派員
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/article/20080607000007

 米国防総省は5日、北朝鮮が保有する短距離弾道ミサイル「スカッド」と類似したミサイルを太平洋上空で迎撃する海上ミサイル防衛(MD)実験に成功した、と発表した。米軍は、太平洋を航行する海軍所属のイージス巡洋艦「レイク・エリー」から迎撃ミサイル2発を発射、ハワイのカウアイ島からおよそ300マイル(約450キロ)離れた太平洋上空で、打ち上げられた標的ミサイルを撃墜したという。
 今回の実験を遂行したロッキード・マーティン社のケネス・ロス・スポークスマンは、「日本に続き韓国も、イージス艦『世宗大王艦』を含む独自のMDシステムを構築するという意思を明らかにした」と語った。


---ミサイル迎撃実験に成功 ハワイ沖で米国防総省---
2008.6.6 13:43
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080606/amr0806061342012-n1.htm

 米国防総省ミサイル防衛局は5日、ハワイ・カウアイ島沖で、米イージス艦レークエリーに搭載した海上配備型迎撃ミサイル(改良型SM2)による迎撃実験を行い、可動型の海上発射台から打ち上げられた標的のスカッド型短距離弾道ミサイルを撃ち落とすことに成功したと発表した。
 今回の実験は標的のミサイルが着弾する寸前に迎撃することを狙いとしたもので、同種の実験としては2回目の成功例という。(共同)

0 コメント: