2008年7月31日木曜日

世界3大セレブ バラク、ブリトニー、パリス

マケイン陣営が選ぶ世界3大セレブが報道された。
一位はバラク・オバマ、二位はブリトニー・スビアーズ、
三位はバリス・ヒルトンらしい。

大統領本選のマケイン陣営によるオバマへのネガティブキャンペーンの一片
らしい。
「彼は世界最大のセレブだが、指導者となるにふさわしいのか」と問いかけた
ようだが、「恋は盲目」の言葉のように何をしても変わらないのかもしれない。

ヒラリーのネガティブキャンペーンに慣れたオバマはこの程度での
キャンペーンをネガティブと呼ぶかと言いそうだ。


'Celeb', Mc Cain ad tells it like it is


---オバマ氏はブリトニー? マケイン陣営が新CMで揶揄---
2008.07.31 Web posted at: 14:07 JST Updated - CNN
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200807310008.html

(CNN) 米大統領選で共和党指名候補となるジョン・マケイン上院議員が、民主党候補となるバラク・オバマ上院議員を歌手ブリトニー・スピアーズさん、モデルのパリス・ヒルトンさんと並べ、指導者としての資質を問うCMキャンペーンを始めた。

スピアーズさん、ヒルトンさんは、スキャンダルでメディアに騒がれることも多いタレント。新CMではこの2人に続いてオバマ氏を登場させ、「オバマ!」と熱狂する群集の映像に「彼は世界最大のセレブだが、指導者となるにふさわしいのか」と問いかけるナレーションをかぶせ、オバマ氏のエネルギー政策などを批判している。

CM発表の記者会見でマケイン陣営幹部のリック・デイビス氏は、オバマ陣営の選挙運動について「メディアやイベント活動に重点を置くやり方は、新作映画を公開しようとしている人物のようだ」とこきおろし、「われわれが選んだ世界3大セレブはブリトニーが2位、パリスが3位だ。これで世界3大セレブがそろった」と皮肉った。

CMは激戦区となるコロラド、アイオワ、ミシガンなど11州で放送予定。マケイン陣営はこれまでにもオバマ氏攻撃のテレビCMを連続して放映、イラク戦争や原油価格高騰問題をめぐり批判を展開していた。

これに対しオバマ陣営広報のトミー・フィエトル氏は「全米の主要報道機関がマケイン上院議員による一連のネガティブキャンペーンを批判しているさなかに、同氏の陣営はまた同じことを始めた。『おやおや、またやったのか』という人もいるだろう」とコメントしている。

ジョージ・ワシントン艦長更迭

ジョージ・ワシントン艦長が更迭された。
補助ボイラー室近くの喫煙禁止区画で、乗員が換気口に投げ捨てた吸い殻の
火が、ダクトでつながっているボイラー室の潤滑油に引火したと推定している。
潤滑油は規則に反して三百四十リットルが保管されていた。

当初は電気配線のショートか静電気で出た火花が引火、燃え広がった可能性が
高いと言われていたが、タバコの投げ捨てによるボイラー室の大量保管の潤滑
油に引火したことが原因らしい。
二重の規則違反により7000万ドル(70億円)が火事になったと言う。
12時間の消火活動で、37人がケガ、車や家財道具を乗せたまま2800人が5月末
まで船に缶詰状態。

相変わらず、「徹底した教育を行う」と言うが、タバコのポイ捨てで火事が
起きるレベルにどう教育したって、問題が発生しないわけがない。
在日米海軍の犯罪がまた増える。


---たばこ投げ捨て原因 横須賀空母火災 乗員喫煙、艦長を更迭---
2008年7月31日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008073102000258.html

 米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)に配備される原子力空母「ジョージ・ワシントン(GW)」の火災事故で、米海軍は三十一日、規則に反した喫煙による火の不始末で潤滑油に引火したのが原因とみられるとの調査報告を発表した。事故で信用を失墜させた責任を問い、ダイコフ艦長を更迭した。
 発表によると、船底近くにある補助ボイラー室近くの喫煙禁止区画で、乗員が喫煙。換気口に投げ捨てた吸い殻の火が、ダクトでつながっているボイラー室の潤滑油に引火したと推定している。潤滑油は規則に反して三百四十リットルが保管されていた。
 米海軍はこの火災を教訓に、全艦船に可燃物の適正保管や乗員への教育などの措置を指示した。
 しかし、二重の規則違反が原因だったことで、配備を控えた横須賀の地元住民らの不安が高まることが予想される。
 火災は南米沖で五月二十二日に発生、消火までに十二時間もかかった。GWは、米サンディエゴ基地で修理中で、八月二十一日に同基地を出港。九月二十五日にも横須賀基地に入港し、配備される。


---原子力空母火災、原因は喫煙 米海軍、艦長を更迭---
2008年7月31日 09時38分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008073101000109.html

 【ロサンゼルス30日共同】米海軍は30日、横須賀基地(神奈川県横須賀市)へ配備予定の原子力空母ジョージ・ワシントンで5月に起きた火災の監督責任を問い、ダイコフ艦長(海軍大佐)を更迭した。規則に反した喫煙による火が、不適切に置かれた可燃性の液体などに引火したのが出火原因とみられると発表した。
 綱紀の乱れが火災につながったことが明らかになり、配備を控える地元の不安がさらに高まりそうだ。
 海軍は、ジョージ・ワシントンが8月21日、修理を続けていたカリフォルニア州のサンディエゴ基地を出航し、9月下旬に横須賀に到着するとしている。
 火災は南米沖の太平洋上で5月22日(現地時間)に発生。海軍によると、37人が負傷し、鎮火までに約12時間がかかった。
 ジョージ・ワシントンは横須賀を事実上の母港としてきた通常型空母キティホークの後継艦。


---火災原因は喫煙 艦長更迭 原子力空母G・ワシントン---
2008.7.31 09:03
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080731/amr0807310906000-n1.htm

 米海軍は30日、横須賀基地(神奈川県横須賀市)へ配備予定の原子力空母ジョージ・ワシントンで5月に起きた火災の監督責任を問い、ダイコフ艦長(海軍大佐)を更迭した。規則に反した喫煙による火が、不適切に置かれた可燃性の液体などに引火したのが出火原因とみられると発表した。
 綱紀の乱れが火災につながったことが明らかになり、配備を控える地元の不安がさらに高まりそうだ。
 海軍は、ジョージ・ワシントンが8月21日、修理を続けていたカリフォルニア州のサンディエゴ基地を出航し、9月下旬に横須賀に到着するとしている。
 火災は南米沖の太平洋上で5月22日(現地時間)に発生。海軍によると、37人が負傷し、鎮火までに約12時間がかかった。(共同)


---米空母火災、油に引火し炎上か 規則違反で置かれた潤滑油---
2008年7月28日 14時58分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008072801000315.html

 米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)へ配備される予定の原子力空母ジョージ・ワシントンで5月に起きた火災は、規則に違反して火元の右舷後方に置かれた潤滑油に、電気配線のショートか静電気で出た火花が引火、燃え広がった可能性が高いことが28日、日米両政府関係者の話で分かった。
 可燃物の不適切な取り扱いという安全管理の重大な不備の疑いが浮上したことで、配備を控える地元市民の不安がさらに高まりそうだ。
 米海軍は引き続き調査し出火原因を特定した上で、乗組員を処分するとともに、艦長の監督責任を厳しく問う方針。
 横須賀市は詳しい原因や再発防止策などの説明を求めており、近く在日米海軍のジェームズ・ケリー司令官が蒲谷亮一市長と会談する。
 横須賀基地配備は当初、8月19日の予定だったが、修理や試験航海での性能確認などのため延期された。(共同)


---US axes captain of nuclear ship bound for Japan---
Jul.31.2008
http://afp.google.com/article/ALeqM5glqfNn2Fm56pCgZOzvHkM1Dv5MTg

TOKYO (AFP) — The US Navy has fired the captain of the first US nuclear-powered aircraft carrier to be stationed abroad after a fire onboard hurt dozens of sailors and raised alarm in host Japan.

The USS George Washington is set to arrive in late September in Yokosuka, a naval hub near Tokyo, despite public protests in the only nation to have suffered nuclear attack.

The US Navy, releasing details of an investigation, said that a fire in May was caused when people smoked near improperly stored flammable liquids.

A Navy statement on Wednesday said it was relieving Captain David C. Dykhof as commanding officer due to "a loss of confidence in his ability to command and his failure to meet mission requirements and readiness standards."

One sailor suffered first- and second-degree burns, while another 37 were treated for minor injuries, the Navy said.

The carrier needed 70 million dollars in repairs at a dockyard in San Diego, delaying its arrival in Japan, it said.

The USS George Washington will replace the diesel USS Kitty Hawk, which is being retired from service.

Japan agreed to the deployment despite protests from pacifist groups opposed to nuclear weapons and citizens who voiced safety concerns.

The United States argued that it must deploy its best carrier in Yokosuka due to East Asia's tense security situation.

The United States, which dropped two atom bombs on Japan at the end of World War II, is now the closest ally of the Asian economic power and deploys more than 40,000 troops in the country.


---2 Officers Relieved of Duty After Fire on Aircraft Carrier---
By THE ASSOCIATED PRESS
Published: July 31, 2008
http://www.nytimes.com/2008/07/31/us/31brfs-2OFFICERSREL_BRF.html?ref=us

Smoking appears to have started a fire that caused $70 million in damage to the nuclear-powered aircraft carrier George Washington, based in Norfolk, Va., naval officials said. The announcement by the Navy came as Adm. Robert F. Willard, commander of the Pacific Fleet, relieved the carrier’s commanding officer, Capt. David C. Dykhoff, and the executive officer, Capt. David M. Dober, of duty. Admiral Willard cited lost confidence in the commanding officer and his failure to meet mission standards after the investigation found unauthorized smoking by a crew member appeared to have ignited flammable liquids and other combustible material. The other officer was relieved of duty for substandard performance. The carrier was en route from Chile to San Diego when the fire began on May 22. The Navy also revised the number of sailors injured in the fire to 37 from 23. The carrier is scheduled to depart San Diego in late August, and is due to be stationed at the American naval base in Yokosuka, Japan.


---Two top Navy officers fired over $70 million carrier blaze---
By Dale Eisman
The Virginian-Pilot July 31, 2008
http://hamptonroads.com/2008/07/two-top-navy-officers-fired-over-70-million-carrier-blaze

WASHINGTON

The Navy's Pacific commander fired the top two officers on the aircraft carrier George Washington on Wednesday after investigators concluded that a $70 million fire that damaged the ship in May probably was triggered by crew members sneaking a smoke.

Capt. David C. Dykhoff, skipper of the carrier, was relieved "due to a loss of confidence in his ability to command and his failure to meet mission requirements and readiness standards," the service said. His executive officer, Capt. David M. Dober, was sacked "for substandard performance."

Both actions were ordered by Adm. Robert Willard, commander of the Pacific Fleet. A Navy spokesman said each man will get an as-yet-unannounced assignment ashore. The disciplinary action almost certainly ends their careers, however.

Sailors who may have been directly involved in starting the fire could be subject to administrative action later, said Lt. Cmdr. Charles Brown, a spokesman for the commander of the Navy's air forces.

The fire occurred May 22 as the George Washington was headed from its former home in Norfolk to Yokosuka, Japan, where it will replace the carrier Kitty Hawk, which is being retired.

While the full report of the Judge Adjutant General investigation was not released, the Navy said it concluded that the fire likely was caused by "unauthorized smoking that ignited flammable liquids and other combustible material improperly stored in an adjacent space."

The fire and its intensity "were the result of a series of human acts that could have been prevented," the Navy summary added. It cited "the storage of 90 gallons of refrigerant compressor oil in an unauthorized space" as a factor in the fire's severity.

The summary said the fire began in a boiler exhaust and supply area and spread quickly because of a "chimney effect" in nearby spaces and duct work. The 12-hour battle to extinguish the fire injured 37 sailors, one of whom received first- and second-degree burns.

The fire was the worst of 13 reported aboard Navy ships this year.

The George Washington has been undergoing repairs near San Diego since shortly after the blaze. It is to depart on Aug. 21 and arrive in Yokosuka sometime in September.

About 2,800 sailors have had to live on board the ship since it entered the shipyard in late May. They don't have cars or off-ship housing because most of their families and household goods are headed to or already in Japan.

Helping with the repairs has helped maintain morale, said Lt. Cmdr. Bill Urban, a ship spokesman. Many sailors also have taken short vacations to visit family or sight-see; others have been bused to San Diego parks, concerts, Padres baseball games and comedy clubs, he said.

The fire forced the Navy to slightly delay the Kitty Hawk's retirement and instead send that ship to participate in an annual Rim of the Pacific Exercise in the George Washington's place. Urban said some George Washington sailors joined the Kitty Hawk's crew for the exercise.

Wednesday's actions marked the sixth time this year the Navy has relieved one of its commanding officers and the fourth time the discipline involved command at sea. Earlier this week, the skipper of the Pearl Harbor, an amphibious transport, was fired after the ship ran aground in the Persian Gulf.

Dykhoff, a West Virginia native, had been in command of the George Washington since December 2006. He is a former F-14 Tomcat and F/A-18 Hornet pilot and squadron commander and a former executive officer of the carrier Nimitz.

Dober, a native New Yorker, also is a former F/A-18 pilot and squadron commander. He had been executive officer of the George Washington since March 2007.

To replace Dykhoff and Dober, the Navy tapped Capt. J.R. Haley to be the George Washington's skipper and Capt. Karl O. Thomas to serve as executive officer.

Both men have ties to Hampton Roads from their service on carriers based in Norfolk. Haley commanded the Theodore Roosevelt from 2005 until last January. Thomas had been serving as executive officer of the Dwight D. Eisenhower.

Staff writer Kathy Adams contributed to this report.

ホーコス マシニングセンタ不正輸出か

ホーコスに不正輸出の疑いが持ち上がった。
警視庁公安部と広島県警は外国為替及び外国貿易法違反容疑(無許可輸出)で、
ホーコス本社など十数カ所を宅捜索した。
工作機械は韓国を経由してさらに中近東や北朝鮮といった第三国に流出した
可能性もある。
マシニングセンタは、ウランの濃縮に使われる遠心分離器の部品製造に利用
される恐れがある。
同社は偽って税関当局に申告。同社の関係者は不正輸出を認めているという。

韓国の会社名が不明だが、北朝鮮、イラク、シリアあたりが最終顧客だろう。
一般的に考えれば、ホーコスは赤字になったか赤字続きなんだろう。
食品偽装の報道を参考にすれば、関係者が担当者とは思えないが、会長も
知っていたと言うことか。


---核開発関連機械を不正輸出か---
中国新聞 2008年7月31日(木) 14:00:15
http://bizex.goo.ne.jp/news/Tn200807310318/

 核兵器開発に転用できる精密機械を不正に輸出していた可能性が強まったとして、警視庁公安部と広島県警外事課、福山東署などの合同捜査本部は31日、福山市の工作機械メーカー「ホーコス」を外為法違反(無許可輸出)の疑いで家宅捜索を始めた。
 調べでは、ホーコスは2004年、自社で製造する精密機械が核兵器の開発や製造に転用できる可能性があるにもかかわらず、外為法に定められている許可を得ずに不正に輸出していた疑い。
 容疑の対象となったのは、独自の金属加工技術でミクロン(1000分の1ミリ)単位の加工が可能な同社の主力製品「マシニングセンタ」と呼ばれる複合工作機械。県警などは、核兵器にも使うウランを濃縮するための遠心分離装置や、他の核兵器の部品製造に転用できる精密機械とみている。
 福山市草戸町のホーコス本社には午前9時から、大型バス2台などに分乗した捜査員数10人が順次、捜索に入った。
 同社の菅田秦介代表取締役会長は1997年6月に福山商工会議所の副会頭となり、2004年11月から会頭を務めている。
 菅田会長は29日に中国新聞の取材に応じ、「1カ月ほど前に警視庁から事実関係を尋ねる問い合わせがあった。担当者が説明し、問題なかったと受け止めている。ご心配を掛けるようなことはない」と話していた。


---核開発関連機械を不正輸出 広島の「ホーコス」捜索---
2008年7月31日 13時17分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008073190124706.html

 広島県福山市の工作機械製造販売会社「ホーコス」(菅田雅夫社長)が、核兵器開発に転用可能な工作機械を経済産業相の許可を得ずに輸出した疑いが強まり、警視庁公安部と広島県警の合同捜査本部は31日、外為法違反の疑いで、同社本社など関係先10数カ所を家宅捜索した。
 この機械は「マシニングセンタ」と呼ばれ、ウラン濃縮をするための遠心分離機の部品を作ることもできる。コンピューターで数値制御をしながら穴を開けたり、プレス加工をしたりすることができるという。
 経産省が外為法に基づいて定める輸出貿易管理令のリスト規制に該当し、輸出には経産相の許可がいるが、同社は許可を取らずに2004年に船で韓国に複数台を輸出。その後、中近東や北朝鮮などに転売されるなどした可能性があるという。
 公安部は、押収した資料の分析を進めるとともに、企業の関係者に第三国への流出の認識がなかったかなどを調べる方針。
 ホームページによると、同社は1940年の創業。従業員は665人で、07年9月期の売上高は210億円。(共同)


---核兵器開発利用の恐れ、工作機械不正輸出容疑でメーカー捜索---
2008年7月31日13時13分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080731-OYT1T00401.htm

 核兵器開発に必要な機器に転用できる工作機械を韓国に不正輸出していたとして、警視庁と広島県警は31日午前、同県福山市の大手工作機械メーカー「ホーコス」(菅田雅夫社長)の本社など十数か所を外国為替及び外国貿易法違反(無許可輸出)の疑いで捜索した。
 同庁などは、工作機械が韓国を経由して、核兵器開発が懸念される第三国に渡った可能性もあるとみて調べている。
 同庁幹部によると、同社は2004年初めごろ、経産相の許可を受けずに、核兵器開発に利用される恐れがある大型工作機械「マシニングセンタ」数台を韓国の企業に輸出した疑い。
 マシニングセンタは、主に自動車のエンジンの部品を製造する際に使用され、金属の表面に高い精度で細かい穴を開けることができる。ウラン濃縮のための遠心分離器の部品製造にも転用が可能で、同社は輸出の際に、性能を低く偽って申告していたという。


---核兵器開発に転用可能な機械を不正輸出 広島の企業を捜索 警視庁---
2008.7.31 12:20
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080731/crm0807311132013-n1.htm

 核兵器開発に転用可能な複数の精密工作機械を経済産業相の許可を得ずに輸出したとして、警視庁公安部と広島県警の合同捜査本部は31日、外国為替及び外国貿易法違反容疑(無許可輸出)で、広島県福山市の工作機械製造・販売会社「ホーコス」(菅田雅夫社長)本社など十数カ所を宅捜索した。
 工作機械は韓国を経由してさらに中近東や北朝鮮といった第三国に流出した可能性もあり、公安部は今後、押収した資料の分析や菅田社長らからの事情聴取を進め、輸出ルートの全容解明を急ぐとともに工作機械の最終的な使途についても捜査する。
 調べによると、同社は平成16年、核兵器の開発や製造に使用可能なため、外為法で輸出が規制されている「マシニングセンタ」と呼ばれる工作機械を複数台、経産相の許可を得ずに韓国に輸出した疑いが持たれている。
 金属加工に使われる同社のマシニングセンタは、数値制御機能の付いた精密な工作機械で、ウランの濃縮に使われる遠心分離器の部品製造に利用される恐れがあるという。
 同社は外為法の規制対象とならないよう、工作機械の性能について実際の能力よりも低く偽って税関当局に申告。輸出業務に携わっていた同社の関係者は公安部の事情聴取に対し、不正輸出の認識があったことを認めているという。
 ホーコスの話 「コメントは控えさせていただく」

ローンスター 韓国政府に賠償請求訴訟で催促

ローンスターが韓国政府に賠償請求訴訟による催促をしたようだ。
ローンスターが送付したこの書簡には、「韓国政府が売却審査に着手しないこと
でHSBCと締結した契約が破棄された場合、経営権売却の機会損失分を含む
20億ドル(約2161億円)規模の訴訟を起こす考えである」という内容が含まれ
ているという。

ローンスターによる一種の脅迫で金融委が動いたようだ。
20億ドル規模の訴訟が裁判で負けるから対応か。


---HSBCの外換銀買収、ローンスターが韓国政府に書簡---
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 全洙竜(チョン・スヨン)記者
http://www.chosunonline.com/article/20080731000011

 米投資ファンドのローンスターが、外換銀行株売却承認審査に遅れが出た場合、韓国政府に対して巨額の損害賠償請求訴訟を行う、という内容の書簡を送付していたことが明らかになった。
 この問題について金融委員会は今月25日、ローンスターが英大手銀行 HSBCと締結した外換銀行売買契約の期限である7月31日を目前とした時期に、承認についての審査に着手する方向へと態度を変えたのは、ローンスターによる訴訟の動きに影響を受けたのではないかとの見方もある。
 30日に金融当局が明らかにしたところによると、金融委員会で外換銀行売却承認手続きが行われなければ訴訟を起こすという内容の書簡は今月中旬ごろに送られたとのことだ。ローンスターが送付したこの書簡には、韓国政府が売却審査に着手しないことでHSBCと締結した契約が破棄された場合、経営権売却の機会損失分を含む20億ドル(約2161億円)規模の訴訟を起こす考えである、という内容が含まれているという。
 金融委の関係者は「政府がローンスターとHSBCとの間で行われる外換銀行売買契約の承認審査に着手したのは、ローンスターが書簡を送ったからというよりも、ローンスターはもちろん、HSBCからの訴訟の可能性や韓国政府に対する海外投資家からの信頼など、複数の要因を総合的に考慮したからだ」と説明した。

2008年7月30日水曜日

トルキスタン・イスラム党 テロ声明も偽装か

トルキスタン・イスラム党のテロ声明が偽装のようだ。
今まで経緯だとウィグルの弾圧中止や人権擁護を主張することが多く、
今までの活動を知る限り武力に訴えることはなかった。
中国と同等のことはしないと思う。
真相は不明だが、中国なら偽装は朝飯前だろう。
イラン・イラク戦争では米ソがたきつけたが、可能性は否定できない。

テロ声明の映像を見ても、主張している人はカンペを見ているようだ。
どことは言えないがムスリム・テロリストとは思えない様相だ。
テロリストを支援するのであれば、これからはトルキスタンを擁護すること
はない。

世界ウィグル大会のスポークスマンによると
「王楽泉の個人の政治的利益のために映像を捏造した可能性がある」
とのこと。
チベットは仏教、ウィグルはイスラム教となるが、欧米ではイスラム教の
評判は悪い。トルキスタン情報のかく乱が本来の目的か。


トルキスタン・イスラム党による犯行声明 (July 23, 2008/ウイグル語)

---中国国内で爆破テロ予告相次ぐ---
2008/07/30 08:24 (翻訳=倍貝)
http://jp.epochtimes.com/jp/2008/07/html/d52764.html

 【大紀元日本7月30日】香港の中国人権民運情報センターは7月28日、先週起こった昆明市でのバス爆破事件後、江蘇省揚州市、福建省福州市、湖南省および江西省で爆破テロの予告が出され、公安当局は対応に追われている。
 センターの情報によると、7月23日、揚州市民の王学文(23)が、「敵対勢力」の名目で、揚州天涯社区に「昆明のバス爆破は私の犯行」であると声明の張り紙を出し、大陸各地で組織的犯行のテロ活動があると宣揚し、即晩に拘留、28日に揚州検察院により「テロ情報の捏造」で正式逮捕された。
 福州市福建寧徳村のアルバイト・余正徳は、7月26日に福州公交公司に電話をし、「バスに爆弾を仕掛けた」と声明、27日に拘留され、28日に福州検察院で正式逮捕された。
 センターによると、北京五輪のボート競技会場にもなっている青島市は、今年4月から5月にかけて、前後して五回のテロ予告があったという。
 4月20日、青島のタクシー運転手が携帯電話で、「タクシーに爆弾を仕掛けた」とのテロ予告を受け取ったが、現在当局は発信源を特定できていない。
 大陸では、6月12日から22日、7月1日から13日にテロ予告があり、その中で6月22日の案件については、すでに犯人が逮捕され法院で審理が行われているが、その他の案件については暗礁に乗り上げたままだ。


---中国雲南省昆明市:3度目のバス爆発事件発生---
2008/07/29 23:45(翻訳・坂本)
http://jp.epochtimes.com/jp/2008/07/html/d28525.html

 【大紀元日本7月29日】7月28日現地時間午後8時半ごろ、雲南省昆明市でバスのエンジンが爆発した。雲南省政府は、事故原因は機械故障によるものであるとしている。また中国大陸メディアも具体的な死傷者等の状況を伝えていない。
 これはわずか1週間に昆明市公共バスで起きた3度目の爆発事件である。先日「トルキスタン・イスラム党」組織により2度のバス爆発事件と五輪期間に多くの攻撃事件を起こすとの声明が発表された。しかし中国政府側は爆発とテロ攻撃の関連性を否定し続けている。

*K2公共バスのエンジンが爆発
 国営新華社によると、28日午後8時半ごろ、昆明市人民路付近で公共バスの爆発事故が発生したが死傷者の状況は伝えられていない。昆明市公安局の広報は、これはバスの機械故障によるものとし、爆破事件ではないと伝えている。
 しかし現地で生活する新報記者は現場に配置された関連部門職員から、初期調査を経て、バスの後部にあるエンジン部分で爆発が発生したが原因は不明であると見ているという。
 中新網によると現場にいた民衆がこのバスが海源中路と人民西路の交差点付近のバス停に到着した時、大きな音が聞こえ、その後、十数人の乗客が車両から降りてきた。警察により現場はすぐさま封鎖され、消防、救急などの車両が現場に急行した。
 バスの爆発音で一時は混乱が生じた。昆明市民には「54路バスが雲南テレビ局駅で30分前に爆発事故を起こした。遠方へ出かける際は安全に注意するよう」という呼びかけが行われた。

*バスの中で自殺未遂
 爆発の5時間前、28日午後3時半ごろ、昆明64路バスが王旗営終点に着いた時、ある昆明尋甸籍の出稼ぎ労働者がガソリンの入った容器とライターを手に自殺を宣言した。幸いなことに最終的にはバスの運転手に説得され事なきを得た。
 警察によると、短い対峙後この男性は乗客全員の下車を要求した。その後、バス運転手に説得されたという。「この男性は賃金が払われないことが原因で焼身自殺を思い付いた。バスの中で焼身自殺することを宣言しただけで過激な行動は起こさなかった」と警察側は説明している。現在この男性は警察署で取り調べを受けている。

*頻発する爆発事件に当局は緊張
 7月21日、昆明では連続してバス爆発事件が発生し2人の死者と14人の負傷者が出ている。警察は人為的破壊と認識しているが、テロ攻撃との関連性は否定している。
 27日晩、雲南省は「雲南省消防特勤部隊五輪反テロ実践演習」を行い、全省消防特別部隊を集め、演習を行い突発テロ攻撃事件に対する対応処置を強化した。

 中国政府に属する北京五輪研究センターは、五輪に費やした費用は2900億人民元(およそ420億米ドル)、その中で安全対策費は31億元と推定している。しかし外部の推測では実際の額はこれよりも上回っているとされている。北京当局は全市民の力を動員して五輪の安全確保をすると伝えており、北京は80 万人の軍警察、150万人の安全保護、さらに多くの赤い腕章をつけた志願保安者も投入しているが、五輪前に頻発する爆発事故が人々に不安を投げかけている。


---昆明市バス爆破事件でテロ声明、ねつ造の可能性=欧州ウイグル団体
2008/07/29 05:36(翻訳・編集/叶子)
http://jp.epochtimes.com/jp/2008/07/html/d61432.html

 【大紀元日本7月29日】自称「トルキスタン・イスラム党」の組織がこのほど映像を公表し、中国昆明市でのバス爆破など一連の関連事件の実行役と名乗り、北京五輪を攻撃すると脅迫した。欧州のウイグル団体はこの映像が捏造された可能性があると指摘し、新疆ウイグル自治区の地方政権が反テロ活動を口実に権力を固めるもので、最高指導部と政治取引が絡むと分析した。
 米国のネットサイトであるインテルセンターは7月25日、約3分間の映像を公開した。映像の中で「トルキスタン・イスラム党」のリーダーと自称する覆面男性は銃を持つ2人の覆面警護に囲まれ声明文を発表。北京五輪開催期間中に中国の都市に「過激な攻撃を発動する」と警告し、最近中国で起こった一連の爆発事件の実行役であることを宣言した。7月21日昆明市でのバス爆破事件や、少し前の上海市や温州地区での爆発事件も自分たちの手によるものであるという。
 この覆面男性は、北京五輪関係者と競技場を対象に過激な軍事活動を発動するとも警告した。
 インテルセンターは長期にわたってテロ組織を監視している。アルカイダはこのサイトを通して頻繁に映像メッセージを公表していた。
 中国当局側は、昆明市、上海市、温州地区での車爆発事件と北京五輪を関連付ける証拠はまだ存在しないとしている。
 米国VOAによると、「世界ウイグル大会」スポークスマンのディリシャティ氏はコメントを発表。中国当局によるオリンピック開催には反対しているが、ウイグルが求めているのは政治の自由と人権であり、テロ活動は断じて行わないと表明した。
 同スポークスマンは、上述の映像を追跡調査した結果、組織と自称リーダーは確認できなかったと述べた。
 同スポークスマンは、「新疆ウイグル自治区の政権トップ・王楽泉氏は現地での統治と権力を固め、同地域での膨大な経済利益を守るために、これまで絶えず現地テロ問題を捏造して来た。現地の安定を維持するためには王に新疆を全面的に任せ切るしかないと最高指導部に認識させるため、最高指導部と権力面での政治取引をしている」と分析し、王楽泉氏が個人の政治的利益のために映像を捏造した可能性があると示唆した。
 また、同氏は、「同映像の出現は中国当局が求めたものではないが、北京五輪開催の直前に当局によるウイグル人への弾圧を正当化する役割を果たした」事実に言及した。さらに、米国議会でウイグルとチベットなどの少数民族弾圧停止の決議案が提出されている最中に、ウイグル人の政治的自由と人権を求める闘争を醜悪なものと反映することで、中国当局側を助けたとも指摘した。
 新疆の公安当局ではこれまで五輪の破壊活動を計画する5つのテロ組織が摘発され、容疑者82人を逮捕、5人を銃撃と中国当局は公表している。

血の色をしたキムチが好物

韓国は戦争好き。
学習指導要領に竹島は日韓双方の「我が国の領土・領域について理解を深め
させることも必要」と書いたために、韓国が日本に理解を深めさせようと
反日行動を行う。「固有の領土」から始まれば今のようにはならなかった
と思う。

米国産牛肉反対を扇動した北朝鮮系団体が照準を日本に向けた。
韓国マスコミも米国産牛肉では不買運動までされたが、日本相手の
軍事シミュレーションで愛国心をあおり、批判をかわしているようだ。

現在、竹島は海岸警備隊による不法占拠状態だが、政府要人、軍関係者が
竹島に滞在となった場合、日本は「固有の領土への侵略」と明確にうたうことが
できる。国際法と日本国憲法により、個別的自衛権の行使が正式に可能となる。
日本政府が即日行使するとは思えないが、外交カードは増えることになる。

マスコミによる軍事シミュレーションは太平洋戦争時代に流行った戦略評価に
過ぎない。
韓国が現在、首都圏を空爆するのであれば、日本海からの最短進入空路は
横田米軍制空域を通過することになる。日本だけでなく、米軍も相手にすること
になるが本気なのか。
北朝鮮がミサイル攻撃をした場合、着弾地は首都圏ではなく、沖縄と言われた
が、どちらにしても在日米軍の上空を通過することになる。
日本を急襲したら内地から崩壊することが理解できないのが韓国なのだろう。

F15Kの試験飛行の際、エリートパイロットが航行中の加速度に耐えられず失神
して墜落したのが韓国空軍の現状。当時はそう推測された。
高い攻撃機揃えても攻撃機の性能を最大限発揮できないのは宝の持ち腐れ
どころか見え張っているだけ。滑走路におとりのハリボテ軍用機を配備した
アフガンの方が戦略的かもしれない。
韓国は国民の手で自国を守った歴史がない国家だと思い出した。

昔、夕焼けは血の色を連想させるから、嫌いと言う日本人が多くいた。
しかし、血の色をしたキムチを好む韓国人は血を見ずにはいられないのだろう。


【竹島問題】韓国側デモ隊、日本の国鳥キジを惨殺する(動画)(不適切動画)



竹島 韓国の首相、竹島を訪問し世界へアピール


【国内】竹島問題 学習指導要領 20080715


---米政府、竹島問題で中立を強調---
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080730AT2M2900Z29072008.html

 【ワシントン=弟子丸幸子】米政府機関の「地名委員会」が竹島(韓国名・独島)の帰属先を「韓国領」から「主権未指定」に変更し、韓国政府の反発を招いている。米国務省のガイエゴス報道室長(副報道官代理)は28日の記者会見で「米国は韓国、日本のいずれの主張に対しても(特定の)立場は取らない」と述べ、中立的な立場を強調した。

 ガイエゴス氏は地名委員会の判断について「従来の立場に変更があったわけではない」と指摘。複数の国が領有権を争っている地域について、より中立的な表記を試みる作業の一環だと説明した。韓国紙、東亜日報によると地名委は竹島を19世紀に「発見」したフランス船の名にちなみ「リアンクル・ロックス」と表記している。

 ガイエゴス氏は「島の主権に関しては、日本と韓国が平和裏に解決する問題だ。両国の合意であれば、どんな合意でも我々は歓迎する」と述べた。(29日 22:23)


---韓国軍が独島防衛演習 マスコミは日韓戦争論---
2008.7.29 20:06
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/080729/kor0807292014003-n1.htm

■仮想戦記事の勝敗予想は…日本優位

 【ソウル=黒田勝弘】韓国軍は29日、日韓が領有権を争っている竹島(韓国名・独島)周辺で30日に「独島防衛訓練を実施する」と発表した。海軍の艦艇6隻やP3C哨戒機、対潜ヘリなどのほか空軍からもF15戦闘機が参加するという。韓国軍が島周辺で軍事演習を事前に公表し「独島防衛」と銘打って公然と行うのは初めてで、竹島支配を内外に誇示しようとするものだ。
 発表によると今回の演習は「仮想勢力が独島の領海を侵犯するというシナリオの下に、海・空軍と海洋警察(海上保安庁に相当)の合同作戦で仮想勢力の独島進入を遮断し退去させるもの」という。
 一方、独島反日ムードを主導しているマスコミも「独島をめぐる日韓戦争」を仮想した記事を大きく掲載し、双方の軍事力を比較しながら勝敗分析に余念がない。韓国では先年、100万部を超えるベストセラーになった「ムクゲの花が咲きました」など大衆小説には日本の「独島侵攻」を仮想した日韓戦争モノが多く、週刊誌などにも似たようなストーリーがしばしば登場している。

 しかし今回は「独島で韓日全面戦が勃発(ぼっぱつ)すれば?」(26日付、朝鮮日報)や「今、独島で(日韓)空中戦が展開されれば」(29日付、中央日報)など大手の一流紙が堂々と報道しており、マスコミの高揚ぶりが目立つ。
 ちなみにこれら仮想記事の勝敗予想は「海・空軍力に大きな格差。半日ももたず強奪される可能性」(朝鮮日報)とか「初期は韓国が有利だが、イージス艦や空中警戒管制機などを持つ日本に押される」(中央日報)などと不利を強調し、日本に対抗できる軍備強化を訴えている。
 また韓国政府は29日、韓昇洙首相を、首相としては史上初めて竹島に上陸させるなど、マスコミ世論にあおられるかたちで“独島愛国”をエスカレートさせている。李明博政権は大規模な反政府運動を誘発した米国産牛肉問題をきっかけに、支持率低迷や政権不信などで政治的苦境にある。このため世論受けのする“反日愛国策”を取らざるをえない状況にある。


---竹島訪問の韓国首相、領土示す標石設置---
2008.7.29 18:25
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/080729/kor0807291843001-n1.htm

 日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)を訪問した韓国の韓昇洙首相は29日、同島が韓国領であることを示すための標石をヘリコプター発着場に設置した。
 韓国政府によると、標石は縦22センチ、横32センチで「東海のわが領土 独島」と記され、韓首相の名前も刻まれている。
 首相は同行した柳仁村文化体育観光相や鄭鍾煥国土海洋相らとともに標石の設置式を行ったほか、同島の警備隊員らを激励した。(共同)


---今、独島で空中戦が勃発したら…---
中央日報 Joins.com
2008.07.29 12:05:23
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=102956&servcode=400

F-15Kを準備した韓国が序盤は有利だが
イージス艦、空中早期警報統制機を打ち上げる日本に押される

独島(トクト、日本名・竹島)領有権問題で韓日間の雰囲気が悪化している中、日本がF-15J戦闘機の改良を発表した。中国を狙った日本の措置だが、独島は韓国領土であるにも関わらず、我を張る日本の軍事的な動きのため、国防部もこれを敏感に注目している。日本はこの間F-15J戦闘機で韓国空軍に圧倒的に優位な立場にあった。しかし韓国空軍が2006年から最新鋭戦闘機のF-15Kを導入し、事情が変わった。
現在、韓国と日本空軍力を比較すると、序盤戦は韓国空軍が有利だ。韓国空軍は年末になると、F-15K(40機)を稼働できるからだ。シミュレーションで、独島で両国による空中戦が行われれば、最新コンピューター、赤外線探索および追跡装置(IRST)、多機能特殊レーダーなどを装着したF-15KがF-15Jに比べ、多少有利だ。日本航空自衛隊のF-15Jは日本が多大な改良を行ってきたが、基本的に1980年代初めに生産されたF-15C/Dを改造したものだ。
しかし戦闘時間が長引くほど、韓国が不利になる。まず日本は探知距離が長い空中早期警報統制機(AWACS)を打ち上げ、韓国のF-15Kを先に発見できる。日本が保有している4機の空中早期警報機は350キロ離れている航空機を探知する。そして、日本のF-15Jに装着されている空対空ミサイル発射を指示することができる。韓国のF-15Kの戦闘条件が不利になるということだ。韓国は2011年から空中早期警報統制機を導入する予定だ。このような場合、韓国空軍が40機のF-15Kを減らしても、日本には相当数のF-15Jが残るものと予想される。日本は203機のF-15Jを保有している。
日本海上自衛隊が保有している4隻のイージス艦も無視できない。イージス艦は強力な航空機を迎撃できるため、側面支援が可能だ。韓国海軍は、イージス艦では世宗(セジョン)大王艦の一隻しか保有していない。
韓国空軍はF-15Kがなければ、独島上空を防御する余力がない。空軍のKF-16は作戦半径が短く、空中給油機がないため、独島上空に飛来しても、約5分で戻らなければならない。F-15K以外の韓国空軍の戦闘機は日本のF-2に比べ、性能が落ちてしまう。


---独島:韓日もし戦わば(上)(中)(下)---
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 ユ・ヨンウォン記者
2008/07/27 09:28:51
http://www.chosunonline.com/article/20080727000007

 「独島(日本名:竹島)をめぐって韓国と日本が軍事衝突を起こせば、1日で独島は奪われてしまうらしい」
 「1日もかからないかもしれない。断言はできないが、(独島が奪われるのに)半日かからないかも…」
 島根県議会が「竹島の日」条例を通過させた2005年3月、韓国海洋戦略研究所が主催するセミナーで出た発言内容だ。ある専門家の質問に答えた人物は、「大洋海軍の父」と呼ばれる安炳泰(アン・ビョンテ)元海軍参謀総長だった。

◆韓国の海軍力は日本の30%レベル 
 それから3年後、韓国海軍の戦力は急速に向上した。初の韓国製イージス艦「世宗大王艦」が進水し、アジアでは最大の上陸艦である独島艦、5000トン級の韓国型駆逐艦KDX‐Ⅱ、1800トン級214潜水艦も保有するようになった。
 しかし日本の海上自衛隊の戦力もさらに強化された。これまでのイージス艦よりも戦力アップした最新鋭イージス艦2隻を加え、イージス艦だけで6隻を保有している。戦後初のヘリ用空母と呼ばれる1万3500トン級の日向や水中作戦能力が大幅に向上した最新鋭の3000トン級潜水艦も現場に投入された。その結果、艦艇の総トン数は韓国が13万700トン、日本は42万8000トンと大きく水を開けられている。

◆韓日のイージス艦、韓国は1対6で劣勢 
 水上艦艇で主役となるイージス艦の場合、最大で1054キロ先から飛来するミサイルや航空機を発見でき、500キロ先の航空機、艦艇、ミサイルなど900の標的を同時に発見、追跡できる。とりわけ昨年配備されたあたご型イージス艦は東海(日本海)を管轄し、有事の際には独島へ最初に出動できる第3 護衛隊群に配備された。第3護衛隊群は京都の舞鶴を拠点としている。
 日本の海上自衛隊は今年初めに地方隊に属していた護衛隊をすべて護衛艦隊へと編入し、四つの護衛隊群と14の護衛隊に再編された。それぞれの護衛隊群は4隻ずつの護衛艦からなる二つの護衛隊で構成され、計8隻の護衛艦を保有している。

◆戦闘艦-対艦ミサイルもヘビー級対フライ級 
 排水量1000トン級以上の戦闘艦も韓国海軍は40隻だが、日本は3000トン級以上だけでも40隻以上を保有している。両国海軍が敵艦を攻撃する際に使用される対艦ミサイルは、そのほとんどが米国製のハープーンだが、日本の保有数の方がはるかに多い。
 対艦ミサイルの攻撃を防御する対空ミサイルや、機関砲で対艦ミサイルを撃墜する近接防空システムなども日本が上回っている。その上、日本の艦艇は1984年以降に投入された艦艇の比率が65%以上を占め、新型艦艇の比率も高い。

◆対潜水艦戦力は大人と子供の違い 
 海の戦略兵器とされる潜水艦と相手潜水艦を捕える対潜水艦戦力を比較すると、その差はさらに大きくなる。韓国海軍は現在1200トン級209型潜水艦9隻と、1800トン級214型潜水艦1隻を保有している。一方、日本はこれよりもさらに大型の2200から3000トン級潜水艦を16隻保有している。潜水艦を探し出すP3C海上哨戒機も日本は90機以上保有しているのに対し、韓国には8機しかない。ヘリコプターも韓国は40機だが、日本は SH60Jが89機、SH60Kが8機の計90機以上に達する。

◆海上警察は航空機の面で比較にならず 
 独島をめぐる韓日間の紛争が起こった場合、軍が衝突する前に交戦するのは韓国の海上警察と日本の海上保安庁だ。韓国側には3000トン以上の大型警備艇が多い。
 3000トンから6500トン級の警備艇は韓国側が15隻、日本が13隻だ。しかし、900から1000トン級の警備艇は韓国側が7隻に対し、日本は38隻だ。
 航空機においては韓日間の格差はさらに開く。固定翼機の場合、日本は27機で韓国はわずか1機。回転翼機(ヘリなど)は韓国が14機で日本は46機だ。

◆韓国空軍のKF16、独島で5分しか戦闘できず 
 韓国空軍は500機の戦闘機を、日本の航空自衛隊は360機を保有している。問題は日本の方に高性能の戦闘機がはるかに多い上に、空軍基地からの距離が短く、さらに空中給油能力まで兼ね備えている点だ。
 独島は江原道江陵基地から266キロ、F15Kが配備された大邱基地から330キロ、慶尚北道浦項から258キロ、非常滑走路のある慶尚北道蔚珍からは216キロの位置にある。
 一方の日本は独島から157キロ離れた隠岐からF15J戦闘機を出動させることができる。韓国の戦闘機のうち独島上空で1時間以上作戦を実行できるのはF15Kだけだ。170機を保有しているKF16は5分しか独島上空にとどまることができない。
 日本はF15Kよりもやや性能が劣るF15Jを203機、F16を改造したF2支援戦闘機70機以上を保有している。日本は今年に入って KC767J空中給油機を導入した。空中給油を1回行えば、F15Jは飛行時間が2時間増え、F2 戦闘機は地上に対する攻撃範囲が1000キロ以上も増加する。

◆日本の早期哨戒機は韓国空軍の動きを手に取るように把握 
 空軍力で何よりも韓国側が劣るのが、空中早期哨戒機の能力と電子戦の能力だ。
 日本はE767を4機、E2Cを13機の計17機の早期警戒管制機や哨戒機を保有している。これらは350キロ以上離れた韓国の航空機の動きを手に取るように把握できるものだ。
 韓国は2012年にE737を4機保有する予定だ。独島で空中戦が起こった場合、鬱陵島などにある長距離レーダーの支援を受けることになるのだが、地上にあるレーダーはどうしても空中の管制機よりも探知する範囲が制限される。電子戦の場合も日本はEC1など電子戦機を数機保有しているが、韓国空軍にはない。現在韓国軍は米軍から偵察衛星の情報を受け取っているが、韓日間で衝突すれば支援を期待するのは難しいだろう。
 宋永武(ソン・ヨンム)元海軍参謀総長は「韓国の海軍力が日本の70から80%のレベルになれば、日本が独島問題で挑発できなくなる。昨年夏に海軍が合同参謀本部に提案した内容、すなわちイージス艦3隻、5000トン級駆逐艦(KDX‐Ⅱ)6隻の追加建造計画を直ちに実行に移す必要がある」と述べた。


---【明解要解】「竹島」韓国ではどう教えているのか---
2008.7.23 08:17
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/080723/kor0807230822000-n1.htm

■道徳や国語でも「国土」として学習
 中学社会科の新学習指導要領解説書に竹島(韓国名・独島)の領土問題が盛り込まれたことに対して、韓国では連日のように日本大使館前で反日デモが繰り広げられている。韓国の教育現場では、竹島についてどのように教えているのだろうか。(ソウル 水沼啓子)
 韓国では小学校の道徳や国語の教科書で「国土を愛する心」を教える際の学習資料に、竹島の地図や写真、名前の由来などが載っているほか、中学・高校の「国史(歴史)」や高校の「韓国地理」の教科書で、竹島が歴史的にも国際法上も韓国の「固有の領土」であると記述している。
 中学の国史の教科書では、写真付きで1ページを割き「独島は早くからわが国の領土だった」と明記。歴史的経緯に触れながら、朝鮮王朝時代(1392~1910年)に「(韓国の漁師が)日本の漁師を追い出し、わが国の領土であることを認識させたこともあった」と記している。
 さらに、「独島の強奪」という見出しで「1905年2月、日本は独島に竹島という名前を付け、日本に編入した」と説明。学習資料の中では「新羅時代には(独島は)于山(ウサン)島と呼ばれていた」と述べている。
 高校の国史の教科書では対日関係を中心に竹島を紹介。「独島とその西の鬱陵島は三国時代(4世紀~7世紀半ば)以来、わが領土だったが、日本の漁師がよく侵犯して衝突することもあった」とし、「その後も日本の漁師の侵犯が続いたので、19世紀末に朝鮮政府が積極的な鬱陵島の経営に乗り出し、移住を奨励。鬱陵島に官吏を派遣し、独島まで管轄した」と記述している。

 一方、韓国地理の場合は教科書が数種類あり、出版社によって扱いに違いがある。一部の教科書は竹島の写真とともに「わが国においていちばん東にある島」と紹介しているが、日本との領土問題には触れていない。
 しかし、別の教科書は、「八道総図」という古地図とともにほぼ2ページを使い、「独島がわが国固有の領土であるという事実は朝鮮時代に製作された地図と、当時日本で製作された日本の地図などで明白だ」と説明。ほかの教科書も三国時代までさかのぼって竹島の歴史に触れたうえで、「国際法上、領土問題は『どちらが先にその場所の存在を知ったか』と『どちらが継続的にそこを利用しているか』が重要。よって独島は歴史的にも国際法上もわが領土であるのは明らかだ」と述べている。
 現在、高校1年生が学ぶ歴史の授業は週2時間だが、歴史教育をより強化すべきだという声が高まっており、2011年から3時間にする教育課程改定案も検討されている。また教育現場からは、教科書の内容も分量も不十分であり、竹島をめぐる日本の動向などをもっと盛り込むべきだという指摘も出るなど、竹島に対する韓国の姿勢はますます強硬になりつつあるようだ。


---振り返る「竹島」の歴史---
2008.7.14 19:00
http://sankei.jp.msn.com/life/education/080714/edc0807141901004-n1.htm

 韓国の李承晩大統領(当時)が沿岸水域の主権を示す「李承晩ライン」を設定して一方的に韓国領に取り込んで以降、半世紀以上もの間、不法占拠され続けている島根県隠岐の島町の竹島。韓国は現在も警備隊員を常駐させ、宿舎や監視所、灯台などを構築している。領有権問題の解決の糸口は見えていない。
 竹島は島根県隠岐諸島の北西約160キロにあり、2つの小島と数十の岩礁からなる群島だ。総面積は東京・日比谷公園とほぼ同じ約23ヘクタール。海面にそびえたつ火山島で、植生や飲料水は乏しいという。
 江戸時代初期の元和4(1618)年には、鳥取藩伯耆(ほうき)国米子の町人が、幕府から鬱陵(うつりょう)島への渡海免許を受けた。当時の竹島は鬱陵島航行への目標やアワビの漁獲地として利用され、日本は17世紀半ばに領有権を確立したとされる。
 竹島が正式に日本領となる契機はアシカともいわれる。乱獲されるアシカ猟を安定させようと島根県隠岐島民の中井養三郎は、明治政府に竹島の領土編入と貸し下げを要望。政府は明治38(1905)年、同県編入を閣議決定した。
 第二次大戦後の昭和27(1952)年1月、韓国は「李承晩ライン」を設定して竹島の領有権を主張しはじめた。旧連合国48カ国との間で日本が調印したサンフランシスコ平和条約を起草する過程で、米国は竹島を日本領だと認定しており、条約が発効する同年4月の3カ月前の出来事だった。韓国側はそれ以降、日本漁船の拿捕(だほ)を開始。海岸警備隊による不法占拠も始めた。
 日韓基本条約(1965年)の締結により韓国との国交が回復。日韓漁業協定も結ばれ、李承晩ラインは廃止された。平成11(1999)年には新日韓漁業協定が結ばれ、周辺の海域を日韓両国で共同管理する「暫定水域」が設定された。だが、領有権問題は棚上げされたままだ。島根県は編入100年となった平成17年3月、「竹島の日」条例を制定した。


---「我が国固有の領土」は見送り 「竹島」は明記 学習指導要領解説書---
2008.7.14 16:03
http://sankei.jp.msn.com/life/education/080714/edc0807141605001-n1.htm

 新学習指導要領の中学社会科の解説書に島根県の竹島を「我が国固有の領土」と明記するかをめぐり、政府は14日、「我が国と韓国の間に竹島をめぐって主張に相違があることなどにも触れ」とする記述を盛り込み、竹島を初めて明記する一方、領有権を直接的に示す表現は見送った。文部科学省が同日午後、教育委員会向けの説明会で示した。
 解説書で、竹島については日韓双方の主張を取り上げるよう求めた。また「北方領土と同様に、我が国の領土・領域について理解を深めさせることも必要」として、竹島の領土問題は学校現場で指導すべき対象とした。
 この問題をめぐっては、竹島を「固有の領土」と明記しようとした文科省の方針に、韓国が反発。5月に駐韓大使を呼んで抗議し、7月の日韓外相会談では「深刻な憂慮」を表明。国会で「主権侵害だ」と中止するよう決議していた。
 政府は、(1)竹島の領有権を明記する(2)領有権は明記しないが竹島問題は指導するように書く(3)現行解説書と同様に明記しない-の3案を軸に、首相官邸や文科省、外務省で調整。日韓関係が悪化すれば北朝鮮の核問題に関する6カ国協議に悪影響が出かねないとの慎重論から、「固有の領土」との表現は見送った。
 解説書は、文科省が指導要領の内容の詳細を補足説明するもの。指導要領と違い法的拘束力はないが、教科書は解説書を参考にして編集される。
 平成17年3月、中山成彬文科相(当時)は参院で、新指導要領に竹島などを盛り込む方針を示したが、文科省は新指導要領案を公表した今年2月が李明博韓国大統領の就任時期などと重なったため、明記を見送った。代わりに、解説書に盛り込む方針だった。


---竹島明記なるか、14日に解説書説明会 韓国先鋭化、首相の判断は?---
2008.7.12 22:26
http://sankei.jp.msn.com/life/education/080712/edc0807122229002-n1.htm

 新学習指導要領の中学社会科の解説書に島根県の竹島を「我が国固有の領土」と明記するかどうかをめぐり、政府は記述の最終調整に入った。文部科学省は「固有の領土」と明記したい考えだが、韓国国会は「主権侵害」との決議案を採択するなど態度を先鋭化させている。こうしたなか、外務省、官房長官も文科省の考えに理解を示しているという。
 14日には文科省が都道府県教委の担当者に解説書の内容を説明するため、政府は13日にも記述を確定させるが、渡海紀三朗文科相は「首相の総合的判断になるだろう」としており、福田康夫首相の判断に注目が集まっている。
 解説書は学習指導要領改定に伴い文科省が編集。指導要領の詳細を補足するもの。指導要領と違い法的拘束力はないが、授業や教科書編集の参考にされる。
 中学の地理、公民の教科書で北方領土は全社の教科書が記述しているが、竹島の領土問題を取り上げているのは14冊中4冊のみ。高校教科書を含めた教科書検定では「日韓両国が領有権を主張」との第三者的な記述に検定意見がつき、日本領であると明示されるようになっているが、不法占拠を分かりやすく説明している教科書は少ない。
 政府は北方領土、竹島ともに日本領が不法占拠されているとしている。文科省は小学校新指導要領の解説書(社会)で、ロシアによる北方領土の占拠を初めて「不法」と明記した。文科省幹部は「竹島も同様に不法占拠と明示しなければ矛盾が生じる」と話す。
 牛肉問題をめぐって支持率低下に苦しむ李明博韓国大統領に対する配慮などから、日本政府は「竹島は検討中」との姿勢を取り続けてきた。
 だが、関係者によると、外務省、町村信孝官房長官とも「我が国固有の領土」と明記する方向性でまとまったという。実際、高村正彦外相は8日の日韓外相会談で「日本が決めることだ」と伝えたことを、11日に明らかにしている。

 これに対し、韓国国会は(1)韓国の主権および領土権を侵害する明白な挑発行為。即刻に中断を要求する(2)未来志向的な善隣友好関係を毀損(きそん)する(3)韓国の努力に国際社会が参加することを期待する-との決議案を採択。最終段階に入り、強硬姿勢を先鋭化させている。
 過去の教科書検定では、韓国が反発する度に日本政府は過剰な配慮を見せてきたが、文科省内では今回、「妥協すれば竹島を放棄する姿勢を示したのと同じになる」との声が上がっており、「明記」の姿勢を強めている。
 福田首相は11日夜、「関係省庁で協議している。全体を考えて総合的に判断する」と述べており、判断が注目される。

 起訴休職外務事務官で作家の佐藤優氏の話 「竹島問題はきちんと教えるべきだ。国家の基本は領土だが、日本の領土問題は北方領土と竹島しかない。もし見送れば、ロシアから『なぜ北方領土だけなのか』とつけ込まれる口実を与えることにもなる。韓国側の反発を考慮すべきではない。内政干渉にひるむようだと今後、足元を見られる。政府は毅然(きぜん)とした姿勢を貫くべきで、原理原則を譲ってはならない」

竹島
 島根県隠岐諸島の北西に位置し、2つの小島と数十の岩礁からなる総面積約23ヘクタールの群島。江戸時代初期までに日本の領有権が確立し1905(明治38)年に島根県に編入したが、韓国は1952(昭和27)年、沿岸水域の主権を示す「李承晩ライン」を一方的に設定(後に廃止)。不法占拠している。


---「竹島」明記は「挑発行為」 韓国国会が決議---
2008.7.12 01:01
http://sankei.jp.msn.com/life/education/080712/edc0807120102000-n1.htm

 新学習指導要領の中学社会科の解説書に島根県の竹島(韓国名・独島)を「我が国固有の領土」と明記するかどうかをめぐり、韓国国会は11日、「文部科学省が明記しようとする行為は、韓国の主権、領土権を侵害する明白な挑発行為とみなし、即刻に中断する措置をとることを要求する」など明記しないよう求める決議案を採択した。主な内容は以下の通り。

【主文】
 韓国国会は、独島が歴史的、地理的、国際法的に、そして実効的にも明白に韓国の固有の領土であることを確固たるものとして再宣言し、日本の文部科学省の中学校社会科の学習指導要領解説書に領有権の明記を強行する動きに対して明白に反対し、次の通り決議する。
 (1)韓国国会は、韓国の固有の領土である独島について日本の文部科学省が中学校社会科の学習指導要領解説書に独島領有権を明記しようとする行為は、韓国の主権および領土権を侵害する明白な挑発行為とみなし、日本政府が即刻に中断する措置をとることを要求する。
 (2)韓国国会は、独島が歴史的、地理的、国際法的に、そして実効的にも明白に韓国の固有の領土である点を強調しつつ、日本政府のこのような行為は韓日間の未来志向的な善隣友好関係を深刻に毀損(きそん)する厳重な事態であることを警告する。
 (3)韓国国会は、日本文部科学省の独島領有権の明記行為を即刻に中止することを要求する韓国の努力に、アジア各国および国連をはじめとした国際社会が参加することを期待する。

自衛隊 イラク完全撤退か

自衛隊がイラクから完全撤退するようだ。
政府、与党はイラクの空自を年内に撤収させる方針を固めた。
公明党はインド洋での海自にも消極姿勢を示した。
原油高で実戦演習も中止かもしれないとのこと。

海賊船の発砲で「高山」が被弾し、海自撤収は責任放棄と指摘されかねないと
言う意見もあるが、日本船籍であれば船は日本国となり、第二勇新丸と同様
海保が同乗させることも考えられる。
海保か海自かは意見が分かれるところかも知れない。

ソマリア沖、アデン湾に治安維持のために護衛艦を待機させれば、日本船籍
だけでなく、それこそ集団的自衛権の行使にあたることになる。
ボタンを押下するだけで大喜びし、ミサイル防衛が万全と勘違いしている
イージス艦乗組員が海自のエリート(?)なのに、実戦経験が皆無な護衛艦
乗組員が海賊船のゲリラ攻撃に勝てなかったらどうするつもりなのか。


---年内に空自イラクを撤収 根拠の国連決議切れ---
2008年7月29日 23時41分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008072901000673.html

 政府、与党は29日、イラク復興支援特別措置法に基づきイラクで空輸に当たっている航空自衛隊を年内に撤収させる方針を固めた。空自が参加する多国籍軍の駐留根拠である国連決議の期限切れに伴い、年明け以降の活動に必要なイラク政府との地位協定の締結を模索。だが参院の与野党逆転による国会審議の紛糾も懸念し、協定の締結と活動の継続を断念した。
 2006年の陸上自衛隊に続く空自の撤収で、04年からの自衛隊イラク活動は終了する。公明党はインド洋での海上自衛隊による給油の根拠で1月に期限が切れる新テロ対策特別措置法の延長にも消極姿勢を示しており、日米同盟を背景とした一連の自衛隊海外派遣は転機を迎えそうだ。
 自民党の伊吹文明幹事長は29日の記者会見で年明け以降の空自の活動根拠に関し「主権のある国の上空での活動に関する話で、国連決議が失効してしまえば、その後どう説明するか苦労する」と指摘。(共同)


---新テロ特措法が期限切れ確実に 国際社会の信頼はどこに---
2008.7.29 22:18
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080729/stt0807292217007-n1.htm

 インド洋での海上自衛隊の補給活動するための新テロ対策特別措置法が来年1月に期限切れとなることがほぼ確実となった。年内解散に向け、臨時国会の9月下旬召集を求める公明党が新テロ特措法延長の衆院再議決に応じない方針を固め、自民党も参院執行部などが同調し始めたためだ。政府はイラクで活動中の航空自衛隊を年内に撤収する方針を固めており、日米同盟の関係悪化は避けられない見通し。海自の撤退は8カ国の海上阻止活動(OEF-MIO)の枠組みへの影響も大きく、国際社会の非難は免れまい。(加納宏幸)
 「テロとの戦いは今が正念場だ。日本に当事者意識があるかの問題だ」
 石破茂防衛相は29日朝、自民党の国防関係合同部会で海自の補給活動の重要性を訴えた。出席議員からは「イランの暴発でホルムズ海峡が有事になったら原油輸送を誰が支援するのか」(佐藤正久参院議員)など賛同意見が相次いだ。
 自民党総務会でも山本一太参院議員が「中国がアフガニスタンでの『テロとの戦い』に加わったら日本は安全保障や外交の上で計り知れないダメージを受ける」と強調したが、同調する声はなかった。自民党の大勢は「活動中断やむなし」に傾きつつある。
 海自は今年1月に補給艦を再派遣後、32回にわたり計5475キロリットルの燃料を米英仏、パキスタンなどの艦船に補給し、テロや海賊対策に貢献してきた。

 海自の活動の継続には臨時国会で新テロ特措法を改正しなければならないが、昨年の臨時国会で法案に反対した民主党など野党が賛成に転ずる可能性は薄い。
 加えて公明党は年内解散を念頭に「野党の理解を得られるように与野党でしっかり協議することが先決だ」(北側一雄幹事長)と衆院再議決による法改正に反対を表明。公明党の協力なしに衆院で3分の2以上の賛成を得ることは不可能で、衆院再議決は事実上封じられてしまった。
 また、公明党は8月下旬に召集予定だった臨時国会の9月下旬への先送りを主張しており、そうなれば審議時間の確保は困難だ。11月の米大統領選を見据え、「米国の今後の安保政策が見えないのに政権を賭して法改正すべきか」(閣僚経験者)との声もある。
 しかし、インド洋から海自が撤収すれば、輸入原油の9割を中東に依存する日本はシーレーン(海上輸送路)の安全を他国に委ねることになる。
 今年4月には日本郵船のタンカー「高山」が海賊船の発砲で被弾した。これを受け、国連安全保障理事会は6月3日、ソマリア沖、アデン湾での海賊対策を求める決議を全会一致で採択した。日本は決議案の共同提案国に名を連ねており、海自撤収は責任放棄と指摘されかねない。
 しかも海自は昨年11月から約3カ月間活動を中断しており、2度の撤収による国際社会の信頼低下は計り知れない。海自撤収を受け、中露両国が海賊対策を名目にインド洋などへ艦船を派遣し、シーレーン防衛の新たな枠組みが日本抜きで動き出す可能性もある。
 何より小泉純一郎元首相とブッシュ米大統領の「蜜月」で強まった日米同盟がほころぶ危険性がある。北朝鮮のテロ国家指定解除など米朝接近が進む中、海自撤収はこれに歯止めをかける外交ツールを失うことにもなりかねない。


---原油高騰、海自演習も直撃…幕僚長「中止視野に検討」---
2008年7月29日19時31分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080729-OYT1T00595.htm

 今年秋に実施される予定の海上自衛隊演習について、赤星慶治・海上幕僚長は29日の定例記者会見で、「原油高の影響で、最悪の場合は中止も視野に入れて検討している」などと述べた。
 同演習が中止となれば、1954年の自衛隊発足以来初めてとなる。
 同演習は海自として最大規模の訓練。昨年の演習は日米共同統合演習の一環として実施され、艦艇90隻、陸海空自衛隊計約2万2500人が参加した。


---原油高騰:海自の実動演習中止を検討 海幕長明かす---
毎日新聞 2008年7月29日 18時28分(最終更新 7月30日 0時15分)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080730k0000m010029000c.html

 赤星慶治・海幕長は29日の会見で、燃料費の高騰で今秋の実動演習「海上自衛隊演習」の中止を検討していることを明らかにした。同演習は1954年から半世紀以上続いているが、70年代のオイルショック期を含め中止されたことはない。赤星海幕長は「緊急用、災害派遣用燃料を確保するには、もっと大規模な削減を図らなければ」と話した。
 海自はこれまで、艦艇の訓練を従来より近い海域でやったり、洋上訓練を港に係留したままで実施するなどして燃料節減に努めてきた。しかし、燃料費が当初想定より5割増になり、さらに見直しを迫られていた。
 同演習は護衛艦や潜水艦約80~90隻、航空機約170機が参加する海自最大の運用演習。赤星海幕長は「節減だけでは難しい。最悪は(同演習の)中止も視野に入れたい」と話した。【滝野隆浩】


---自民、「給油必要」と公明牽制 国防関係合同部会で---
2008.7.29 11:42
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080729/stt0807291142001-n1.htm

 自民党の国防関係合同部会が29日午前、党本部で開かれ、インド洋への海上自衛隊派遣を継続する新テロ対策特別措置法改正案提出に慎重論が出ている公明党を牽制(けんせい)し、海自の給油活動を継続する必要性を訴える意見が相次いだ。
 中谷元安全保障調査会長は公明党を念頭に「海自活動を延長しなくていいという議論が出ているが、国際平和を維持するネットワークに日本が寄与することが必要だ」と強調。ほかの議員からも「与党がぐらついている姿勢を見せること自体が国際社会の信頼を損なう」「活動を中断したら日本外交に計り知れないマイナスが出る」との声が出た。部会に出席した石破茂防衛相は「テロとの戦いは今が正念場だ。日本に当事者意識があるかどうかの問題だ」と、活動継続の必要性を訴えた。


---イラク派遣延長などに予備費92億円---
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20080729AT3S2800V28072008.html

 政府は28日の事務次官会議で、航空自衛隊のイラク空輸活動の基本計画を来年7月末まで1年延長したのに伴う経費として2008年度一般会計の予備費から26億4400万円を拠出すると決めた。年金記録確認の地方第三者委員会の運営経費として65億6000万円の支出も決定し、当初予算段階で3500億円あった予備費の残額は3348億6200万円となる。(28日 21:30)

2008年7月29日火曜日

IMF サブプライム損失43兆円超

IMFはサブプライム損失がアジア欧米で43兆円超と発表した。
既に3000億ドル超の増資を実施したにもかかわらず、今後も多額の損失計上が
続くとして、金融機関の経営状態に強い懸念を表明した。
 一方、「インフレ圧力の増加が金融政策のかじ取りを難しくしている」と
インフレへの懸念を表明。
米上院本会議は住宅関連包括法案を可決、週明けにも同法案は成立。
ポールソン財務長官は直ちに公的資金を投入する計画はないと言明したが、
納税者が損失を被る可能性もあるとのこと。

バブルは日本限定だったが、住宅ローン詐欺は世界的規模になった。
詐欺と需要供給不均衡で景気後退の上、インフレになる。
米国式新自由主義で経済方針を進めるのであれば、アジア欧米に資金を投入
せず、印露ベネズエラ等に資金を集中するのが、道理ではないのか。
竹中平蔵、御手洗冨士夫等の新自由主義傾倒者なぜそう主張しないのか。


---IMF:サブプライム損失「43兆円超」---
毎日新聞 2008年7月29日 0時47分
http://mainichi.jp/select/biz/news/20080729k0000m020149000c.html

 【ワシントン斉藤信宏】国際通貨基金(IMF)は28日、国際金融安定度報告の最新版を公表し、その中で、米国の低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)問題に絡む損失が、アジアと欧米の金融機関でこれまでに4000億ドル(約43兆円)を超えたことを明らかにした。また、既に3000億ドル超の増資を実施したにもかかわらず、今後も多額の損失計上が続くとして、金融機関の経営状態に強い懸念を表明した。
 報告は、金融市場の現状について、前回4月の報告と同様に「金融システムは一段と厳しい緊張の下にあり、市場は不安定な状態が続いている」との認識を示した。特にサブプライム問題の広範囲への波及が、「金融保険保証会社(モノライン)の格下げに伴う費用計上や個人向けローンなどの焦げ付き増加に伴う引き当て増など新たな悪材料を生んでいる」と指摘。「増資したにもかかわらず、金融機関の経営状態に新たな不安が出てくる恐れが強い」と懸念を示した。
 一方、「インフレ圧力の増加が金融政策のかじ取りを難しくしている」とインフレへの懸念を表明。順調に経済成長を続けてきた新興国市場も、インフレ圧力の高まりと金融市場の混乱で厳しい局面を迎えていると指摘した。

---サブプラ関連損失は1兆ドル IMF報告書---
2008.7.29 00:41
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/080729/fnc0807290040000-n1.htm

 【ワシントン=渡辺浩生】国際通貨基金(IMF)は28日、低所得者向け高金利型住宅ローン(サブプライムローン)問題による金融危機を分析した「国際金融安定性報告書」の改訂版を発表し、サブプライム関連の潜在的な累積損失は約1兆ドル(約107兆円)と4月に公表した試算とほぼ同額とした。
 まず、世界の金融市場は脆弱(ぜいじやく)で、金融システム不安に陥るリスクは依然として高いとし、「金融危機の中心」とする米住宅市場について、価格下落が続き「底は見えない」という厳しい見方を示した。
 また、欧米、アジアの金融機関がサブプライム関連でこれまで計上した損失は4000億ドル超、損失処理に行った資本増強は3000億ドル超と推計し、多くの金融機関でさらなる資本増強が必要と強調した。信用不安が続く米政府系住宅金融2社について、米議会が可決した支援策を評価したうえで、事業見直しや監督強化の必要性も訴えた。


---金融機関の資本増強必要 IMF、損失見通し不透明---
2008年7月29日 00時12分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008072801000941.html

 【ワシントン28日共同】国際通貨基金(IMF)は28日、4月に公表した世界金融安定報告を改訂し、米サブプライム住宅ローン問題による金融機関の損失見通しが不透明な中で「多くの金融機関でさらなる資本増強が必要になる」と強調した。
 IMFは「資本増強が難しくなっている」ことも指摘した上で、金融危機に対する「解決策と政府による支援の範囲が明確になった」との認識を表明。政府による公的資金投入も含め、金融市場の安定に向けた各国政府の支援拡大を要請した。
 4月の報告書は、サブプライム問題による世界の金融機関の損失が最大9450億ドル(約102兆円)と試算。今回は、金融機関の損失計上がこれまで総額4000億ドルを超えたと言及し、4月に示した累計損失見通しは変更しない考えを示した。


---再送:UPDATE1: 米財務省がカバードボンドの指針発表、4大銀行が発行開始へ---
2008年 07月 29日 07:32 JST
http://jp.reuters.com/article/domesticEquities2/idJPnJS821884620080728

[ワシントン 28日 ロイター] 米財務省は28日、住宅ローンなどの資産を担保とする債券(カバードボンド)の導入に関する指針を発表。バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)(BAC.N: 株価, 企業情報, レポート)、シティグループ(C.N: 株価, 企業情報, レポート)、JPモルガン・チェース(JPM.N: 株価, 企業情報, レポート)、ウェルズ・ファーゴ(WFC.N: 株価, 企業情報, レポート)の4大銀行はカバードボンド発行を開始する計画を示した。
 4銀行は共同声明を発表し「われわれは米カバードボンド市場の発展に向け、主導的な発行体となることを望む」との姿勢を表明した。
 カバードボンドは、銀行が発行体となり、住宅ローンなどの資産プールに裏付けされた債券で、欧州では広く発行されている。米国では、住宅の差し押さえが急増するなか、投資銀行が主導する住宅ローン証券化市場が事実上停止状態にあることから、住宅ローンの流通市場をてこ入れし、市場の回復を支援する手段として注目が高まった。
 投資家が全リスクを負う住宅ローン証券化商品とは異なり、カバードボンドは、発行体である銀行に支払い能力がある限り、担保資産の住宅ローンがデフォルトしても、一緒にデフォルトすることはない。
 ポールソン財務長官は会見で「米経済が著しい回復を遂げるには、住宅金融や住宅(市場)調整でヤマを越すことがカギであることは明白」と指摘。「住宅金融の供給なしにこれを達成することはできず、これ(カバードボンド)は住宅金融にとり魅力的な手段」と述べた。
 米連邦準備理事会(FRB)のウォーシュ理事は、カバードボンドを連銀窓口貸出の担保として検討することに前向きな姿勢を示した。
 米証券業金融市場協会(SIFMA)によると、米カバードボンドの専門トレーダーが各加盟銀行で指名される。これらの銀行は、カバードボンドの電子プラットフォームに価格情報を提供するという。


---住宅支援法が週明け成立 米議会可決、大統領署名へ---
2008/07/27 00:47【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200807/CN2008072601000900.html

 【ワシントン26日共同】米上院本会議は26日、米サブプライム住宅ローンの借り手救済策と、政府系住宅金融機関の公的資金による緊急支援策を柱とする住宅関連包括法案を可決した。下院は23日に既に可決済みで、週明けにもブッシュ大統領が署名、同法案は成立する。
 法案は経営が悪化した連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)に対し、財務省の融資枠を一時的に拡大、公的資金で債券や株式を購入できるようにする。両社の監督強化のため、新たな強力な監督機関の設立も盛り込んだ。
 ポールソン財務長官は直ちに公的資金を投入する計画はないと言明しているが、納税者が損失を被る可能性もある。


---Transcript of a Press Conference on the Global Financial Stability Report (GFSR) Update by Jaime Caruana, Counsellor and Director of the IMF's Monetary and Capital Markets Department
With Jan Brockmeijer, Deputy Director, and Laura Kodres and Peter Dattels, Division Chiefs in the Monetary and Capital Markets Department---
July 28, 2008, Washington, DC
http://internationalmonetaryfund.com/external/np/tr/2008/tr080728.htm

MR. MURRAY: Good day. I'm William Murray, Chief of Media Relations at the International Monetary Fund. This is the Global Financial Stability Report Update press briefing. Joining us today is Jaime Caruana, Counsellor and Director of the Monetary and Capital Markets Department; Jaime's Deputy, Jan Willem Brockmeijer, and colleagues of theirs in the Monetary and Capital Markets Department: Peter Dattels, Chief, Global Market Monitoring and Analysis Division, and Laura Kodres, Chief, Global Financial Stability Division. Jamie will have some brief opening remarks and then we'll take your questions.

MR. CARUANA: Thank you very much, Bill. Thank all of you for attending our GFSR quarterly Update. I would like to focus my remarks on our assessment of the evolution of financial risks since our Spring GFSR, and also to provide some comments on policies. But, first of all, let me introduce you to Jan Brockmeijer, who joined the department a couple of months ago. He comes from the Dutch Central Bank and has a long experience on macro prudential work at the European level. He was heading this group at the ECB.

Let me come back to the Update. Over the last several months, financial markets have made significant adjustments and policymakers have taken a considerable number of measures. Nonetheless, global financial markets remain fragile and indicators of systemic risks remain elevated. The downside risks that we have discussed previously and outlined in the April GFSR appear to be materializing, leading to a negative feedback loop between the financial system and the broader economy.

As it was discussed in the WEO Update, also the inflationary pressures complicate this kind of interaction between the real economy and the financial system. As economies slow, credit deterioration is widening and deepening and as banks deleverage and rebuild capital, lending is beginning to be squeezed, restricting household spending and clouding the outlook for the real economy. The housing market is at the center of this interaction, so stemming the decline in the U.S. housing market would remove a key component of the feedback loop as it would both help households and financial institutions recover.

At the moment however with delinquencies and foreclosures raising rapidly and house prices continuing to fall, a bottom for the housing market in the United States is not yet visible and the credit deterioration is spreading to even prime mortgage loans. Housing prices are also softening in a number of European economies, prompting concerns over future loan losses in the mortgage, construction, and commercial property sectors in those countries.

On the positive side, despite banks' write-downs now exceeding $400 billion in aggregate, banks have generally been successful in raising capital and balance sheets of the banks are adjusting. In fact, the equity raised covers upwards of three-fourths of the write-downs to date . Regarding the estimate of total mark-to-market losses that we published in our April GFSR, market prices of asset-backed securities and the ongoing delinquency experience give us little reason to change these estimates, so we have not revised the estimates on this occasion.

Coming back to the adjustment process, we think that this process of adjustment by financial institutions is necessary and must continue, even if it is expensive and difficult. Moreover, as economic growth slows, banks will face continued headwinds in maintaining earnings due to falling credit quality, declining income, high funding costs, and exposures to monoline and mortgage insurance. Consequently, as we have seen, bank share prices have fallen sharply and measures of credit default risks have also risen.

Adding to systemic concern was the uncertainty about potential losses and capital needs of the Government Sponsored Enterprises (GSEs) Freddie Mac and Fannie Mae. In light of the wide-ranging systemic consequences both in the United States and abroad that could have arisen if confidence in GSE debt had seriously come into question, the U.S. Congress passed legislation to support the agencies and to create an independent regulator. We think that the policy challenge is now to find a clear and permanent solution to the GSEs' business model and oversight while continuing to support mortgage markets.

Coming back to the interaction of the real economy and the financial markets with continuing pressures on financial institutions to deleverage, assets are being sold, lending conditions are being tightened, and their capacity to provide credit might slow further. One positive development however has been the continued resilience of the investment-grade bond issuance indicating healthy corporates still have access to needed funds. At the same time, however, the scope for monetary policy to be supportive of financial stability appears to be more constrained than before amid high and volatile commodity prices that have raised inflationary risks.

Emerging markets, as we all know, have remained resilient to the credit turmoil. However, the financial crisis and the inflation threat are starting to present a more serious test to this resilience. Some emerging markets are coming under increasing investor scrutiny, especially those with large external imbalances and inflation risks.

Inflation and the needed policy reaction represent an important challenge for emerging and developing economies. Headline inflation is running ahead of inflation targets in many countries and real policy rates have fallen into negative territory despite some nominal tightening in many cases.

We think that it is important to recognize the complexity in dealing with this inflationary pressure especially set against the slowing global economy and the need also to respond on different fronts. But we also think that it is important to ensure that the benefits achieved over years of good macroeconomic policies are not put at risk. If inflationary expectations become entrenched, not only might sharper tightening of monetary policy conditions be necessary, but financial markets and flows may also be sensitive to situations in which policies are perceived to be behind the curve.

Let me conclude with some comments on policies in mature markets. Until now the extraordinary steps taken by central banks to extend the range of collateral, the maturity, and number of counterparties have succeeded in capping systemic risks. However, in the context of the deleveraging process and uncertainty about asset valuations, credit risks remain elevated indicating that further rising of capital may be needed in a number of financial institutions. In this phase of the crisis, the nature of the resolution strategies and the extent of government support have come into sharper focus. Financial market disruptions will still need to be dealt with on a case-by-case basis and there is no iron-clad rulebook as to how to handle such instances in today's more global environment. Prompt and transparent government responses however will go a long way to relieving the uncertainties.

Finally, on the medium- and long-term policies and reforms that are needed as set forth by the IMFC and the Financial Stability Forum, progress has been made and continues to be made by the relevant institutions and fora. I thank you very much for your attention, and we will be happy to take your questions now.

QUESTIONER: I just wanted one quick point of clarification. The loss that you were talking about that you haven't adjusted is the $1 trillion one. The question I had is: You said that there would need to be a permanent solution to the regulation of Fannie and Freddie. Do you have any idea what kind of form you would recommend that takes, and what was inadequate about the previous regulatory framework?

MR. CARUANA: Yes, the figure that I was referring to in terms of losses was the calculation that we presented in our April GFSR of nearly $1 trillion in losses. We think that this figure is probably right and we have not changed it. I will ask Pete if he wants to add a little bit on what are the different elements because the total figure has not changed. Some of the items may have changed a little bit, but basically we think these figures continue to be appropriate.

In terms of the GSEs, these institutions and the risks that they were presenting to the economy have been discussed for a long time, so we hope that this will be a good opportunity to address these fragilities that were present in the institutions. And again, this has been discussed for a long time. The access of these institutions to the funding markets in favorable conditions has allowed them to grow rapidly. The fact that there was a perceived implicit guarantee by markets has reduced the capacity of the markets to provide market discipline for these institutions. I think there are a number of elements that are important that have to be revised. The capital base of the institutions is lower than in other institutions, such as banks. So, the analysis of the capital that these institutions will require should include a review of their business model, the oversight structure and regulatory framework. I think these are very important elements that will need to be discussed. Certainly, the fact that now there will be an independent regulator with more capacity will be a key element to move forward in these reforms. Perhaps, Pete, I don't know if you want to add a little bit on the losses.

MR. DATTELS: In terms of the losses, you may recall that about $720 billion of the $945 billion in losses was based on mark-to-market valuations of securities and since we did the report there has been some further deterioration in residential mortgage-related securities, which would act to increase the number, but that has been offset by some improvement in commercial mortgage-backed securities. So, overall in terms of the mark-to-market portion, those numbers remain, the $720 billion is broadly unchanged.

We'll be taking a look at the loan categories more closely in the upcoming GFSR, and in particular we'll be examining the default cycles related to the loan categories. And in that context of course much will depend on the depth of the housing market correction, which is not yet over. So we'll take a look at the various scenarios and revisit the numbers at that time. But at this point, as Jaime said, the number looks fine.

MR. MURRAY: Thanks, Pete. The full GFSR will be released in early October for planning purposes. Are there any other questions from here in the room?

QUESTIONER: I guess the perception is that most of the turmoil or the problems in the financial sector have been focused on institutions in the United States, investment banks and the big banks, while Europe, maybe it's just a perception, seems to have been less affected. Is it the fact that European banks don't have to disclose as much? Is it accounting? What can you say about that?

MR. CARUANA: I think Jan will take this question.

MR. BROCKMEIJER: First of all you have to realize that the center of the crisis did occur here in the United States and that the U.S. housing market of course is the central force of events. So from that perspective one would expect the impact to be most heavily felt in the United States in the first instance.

With regard to Europe, I think the European banks have disclosed their 2007 figures and that gives a pretty clear view of the state of affairs. It is indeed so that their disclosures are less rapid than here in the United States, so information on 2008 is more patchy, it's less clear to make categorical judgment on that. But, certainly, as the crisis is unfolding and becoming broader and affecting more categories, the impact will be felt more elsewhere and also in Europe, I'm sure.

MR. MURRAY: I have a question from the Media Briefing Center from Reuters. It's regarding your opening remarks, Jaime. It asks: Can you explain what you mean when you say that "a bottom to the housing market is not visible, however recent developments in affordability may provide support for house prices to stabilize"?

MR. CARUANA: It says exactly that--it is difficult to find at this very moment the bottom, that some indicators continue go south in the sense that the prices continue to go down. There has been some mixed data in terms of sales of new houses, which was a little bit better than expected but not in existing houses. So the indicators still are not clearly pointing to a bottom, but the fact that prices have gone down are facilitating to some extent, the affordability ratios. Lower prices mean affordability for households is better than it used to be, and that is one of the elements that at some point of time could lend some support in the financial markets to stabilize this housing market. And as Jan was saying, we consider that this market is still at the center of this turmoil and some of the valuations that we have been talking about still depend on where this housing market finds its bottom. So we continue to pay attention to this market.

QUESTIONER: I have two questions. First, I would like to know if you see widespread loan deterioration in the U.S. as the main risk for the global markets right now. Then, regarding the increased risk in emerging markets, you referred to Asia as the main focus. I wonder if you could talk about Latin America and how bad or how the risk is increasing in the region. Thank you.

MR. CARUANA: The main risk that we are seeing is this interaction that we were describing of the financial markets and the cycle. We tend to think that a good part of the adjustment coming from the subprime was already happening or had already happened, if you take into account just the subprime. But now it is the cycle that was influencing financial markets. And it is a loop because financial markets then have less capacity to provide credit to the economy and this is the cycle that we were considering. So it is more the macro risks that now are playing a role in financial markets and then the feedback into the markets. One of the features of this slowing in the economy affecting markets is that now the assets are not only concentrated on the subprime, are more widely affected. In fact, the economy is more widely affected in terms of asset classes and it is more widely affected also in terms of regions, it is more widely affected the terms of various financial markets. That's the first part of the question.

On emerging markets, what we are seeing is that they have been very resilient for good reasons. They have had good policies and the fundamentals there have been improving. On the one hand, though, there has been tighter financial conditions for a period of time, a significant period of time. For a number of months we have seen this crisis developing and financial markets have been tightening financial conditions. That's a little bit of a tougher environment for emerging markets, and now it is the inflationary pressures that they are suffering from. Many of the emerging and developing markets are growing healthily and the inflationary pressures are more acute in these markets, and therefore we were addressing the issue that it is very important that the benefits that they have been acheived over years because of good policies is maintained, and that their reaction to these inflationary pressures and to this new situation and trade-off of growth and inflation is properly addressed. This is important not only because if they don't do it promptly, they will have to do it later and perhaps more intensely, but also because financial markets are going to discriminate among those countries that do not take the measures properly.

There is a differentiation. It depends on different countries. But I would say that in Latin America some of the major countries have been taking some of these monetary policy measures, they have been raising rates, but still they will have to be vigilant to the inflationary risks.

MS. KODRES: I'd like to note that in our upcoming GFSR we will be looking more closely with spillovers to emerging markets focusing primarily on equity markets. And the issue there is to look to see whether the domestic improvements that have been taking place over the last decade or so in terms of better infrastructure and more institutional investors in domestic markets, such as pension funds and mutual funds, have stabilized equity markets in some of these countries versus the external factors, such as liquidity arising from mature markets and the risk appetite of mature market investors. So we will be taking a very close look at the relative influence of these different factors in our upcoming GFSR--so stay tuned.

QUESTIONER: Mr. Caruana, any recipe or any suggestion for the central banks facing this crisis, the European Central Bank and the Fed?

MR. CARUANA: I think the difference between the trade-offs and economic situations that are facing mature markets, such as the ones you mentioned, and the emerging markets is that mature economies are facing some clear slowdown in the future. What we expect is that this slowdown in the future will facilitate the decision taking of these institutions in terms of less pressure on inflation. However, in both cases I think it is very important that central banks continue to be vigilant to the inflationary pressures in these mature economies.

MR. MURRAY: There's a question coming in the Media briefing Center. It's about the Spanish housing sector, but I'll generalize it to make it trends in European housing: The deterioration in the housing sector in Spain and elsewhere in Europe is large and fast. Are you concerned, and what could be the impact of this deterioration in the housing sector on the euro zone?

MR. CARUANA: There are a number of countries where we have started to see some softening or falling in prices of housing. The impact is twofold. On the one hand, the impact on the economy depends on each country, so I would not like to generalize because countries are different. But it will have an impact on the economy and it will have also an impact on the financial system that will have to face all the loans. It will depend on each case and it will depend on how rapid has been credit growth and what is the situation of the financial markets. I have been asked this question many times in relation to Spain and I always say that, yes, the first impact in the Spanish case will be in the economy and it will be an important adjustment coming from the housing and construction sectors, and banks will face difficulties and headwinds coming from this slowing of prices. However, I tend to think that the financial system in Spain is able to cope with that and is properly capitalized in a general sense, in a broad sense.

MR. MURRAY: I think that is it for questions. I appreciate you coming. Again, 11:00 a.m. Washington time, 1500 GMT embargo expiration. If you have any follow-up questions before the embargo expires, send an email to xxx and we'll follow-up for you to get clarification.


---Global Financial Stability Report MARKET UPDATE---
Monetary and Capital Markets Department
GFSR MARKET UPDATE
July 28, 2008
http://internationalmonetaryfund.com/external/Pubs/ft/fmu/eng/2008/02/pdf/0708.pdf

a negative interaction between banking system adjustment and the real
economy. At the same time, policy trade-offs between inflation, growth, and financial stability are becoming increasingly difficult. The resilience of emerging markets to the global turmoil is being tested as external financing conditions tighten and policymakers face rising inflation.

Overview of Developments

Credit risks remain elevated and systemic strains in funding markets continue despite official action, while the low level of risk appetite remains unchanged. Financial markets have not returned to the elevated levels of systemic risk seen in the spring, but there is increasing concern over the interaction of the macroeconomic outlook with markets (Figure 1).

High Credit Risks Persist

Although expected losses from U.S. subprime mortgage exposures remain high, they have now largely been acknowledged. The growing concern is that, with delinquencies and foreclosures in the U.S. housing market rising sharply, and house prices continuing to fall, loan deterioration is becoming more widespread. The credit quality of the most recent U.S. mortgage vintages continues to worsen (Figure 2). Charge-offs in the United States are now rising, albeit from a generally low base, across all major credit categories (Figure 3), prompting concerns over future losses at some large U.S. commercial banks, reinforced by the failure of IndyMac.

Uncertainty about future losses and capital needs prompted a sharp decline in the share prices of the government-sponsored-enterprises (GSEs) involved in U.S. housing (Figure 4). The wide investor base in GSE debt (which includes substantial holdings by U.S.
banks and foreign investors) and the current reliance of U.S. mortgage lending on agency securitization meant that there would have been systemic consequences had confidence in GSE debt come into question. The policy challenge is now to find a clear and permanent solution while continuing to support U.S. mortgage securitization.
Stemming the decline in the U.S. housing market is necessary for market stabilization as this would help both households and financial institutions to recover. At the moment, a bottom for the housing market is not visible; however, some recent developments in affordability may provide support for house prices to stabilize. House prices are softening in a number of other OECD economies (notably Ireland, Spain, and the United Kingdom (Figure 5)), prompting concerns over future loan losses in the mortgage, construction, and commercial property areas.

Continuing Banking Sector Pressures

Despite writedowns to mortgages and securities that exceed $400 billion in the aggregate,banks in the United States, Europe, and Asia have generally been successful in raising capital (Figure 6). However, disclosed losses have thus far exceeded capital raised and banks face difficulties in maintaining earnings due to falling credit quality, declining fee income, high funding costs, and exposures to “monoline” and mortgage insurers.
Consequently, bank share prices have fallen sharply and measures of credit default risk have risen (Figure 7). Market prices of asset-backed securities and ongoing delinquency experience give us little reason to change the estimates of total mark-to-market losses published in the April GFSR.

As banks deleverage by raising capital and restoring liquidity buffers, interbank rates remain elevated (Figure 8) and long-term funding costs have risen (Figure 9), despite new emergency liquidity facilities offered by some central banks. Spreads on financial institution debt continue to widen reflecting uncertainty over the extent of future credit write-offs, the absorption of off-balance-sheet entities, and future earnings capacity.

Tightening Credit Conditions and Challenges for Monetary Policy

As banks seek to deleverage and economize on capital, assets are being sold and lending conditions tightened, resulting in slower credit growth in the United States and euro area.
With inflation risks on the rise, the scope for monetary policy to be supportive of financial stability has become more constrained. In the first quarter of 2008, total U.S. private sector borrowing growth fell to 5.2 percent—a level last seen after the 2001 recession. With continuing pressures on banks to deleverage, this growth might slow further as outlined in the April GFSR (Figure 10). One positive development has been the continuing resilience of investment-grade bond issuance, although high-yield and structured credit markets remain effectively shut.

Emerging Market Risks Rising

Emerging markets (EM) remain relatively resilient to the credit turmoil thus far.
However, as the crisis remains protracted, external funding conditions are tightening, and some emerging markets are coming under increased scrutiny, especially regarding their policies to address rising inflationary pressures.

There are now clear signs that investors are becoming more cautious about adding to positions. EM equity markets have marginally underperformed mature market equities since the recent mid-May peak. Outflows from EM equity funds have been concentrated on Asian markets where inflation and downside growth risks are most elevated.

As commodity prices rise, risk appetite wanes, and external financing conditions tighten, markets have become increasingly discriminating with regard to the risks posed by large external imbalances. Risk premia for EM countries with external imbalances (defined as a current account deficit of 5 percent of GDP or more) are returning to their mid-March highs and equity markets are underperforming those of countries with smaller external imbalances (Figure 11).

The Policy Response

Thus far, the steps taken by central banks to extend the maturity and the range of collateral and counterparties have succeeded in containing systemic risks. However, in the context of the deleveraging process and uncertainty about asset valuations, credit risks remain elevated, indicating that further raising of capital may be needed in a number of financial institutions. In this phase of the crisis, the nature of resolution strategies and the extent of government support have come into sharper focus.

In view of the systemic importance of GSEs, the U.S. administration took short-term measures to ensure that they have access to liquidity to support their operations.
Nevertheless, part of the problem stems from the GSEs’ current regulatory framework,which has allowed their balance sheets to expand to their current systemic significance.
Further examination of the GSEs’ business model and oversight will be needed once conditions have stabilized. The legislation recently taken up by the U.S. Congress includes the establishment of an independent regulator.

The progression of the crisis has underscored the importance of moving forward with needed reforms as set forth by the IMFC and the Financial Stability Forum. Progress has been made by the relevant institutions and fora on short- and medium-term policies. The IMF has prioritized its own work in key areas of competence within the agenda of policy initiatives, including evaluating and monitoring capital and liquidity, transparency and valuation, and frameworks for crisis management and resolution.


---World Economic Outlook UPDATE JULY 2008---
国際通貨基金 (IMF)
Washington, D.C. 20431 USA
(参考仮訳)
http://internationalmonetaryfund.com/external/japanese/pubs/ft/weo/2008/update/02/pdf/0708j.pdf

世界経済の減速とインフレ増大
世界経済は難しい局面を迎えている。多くの先進国・地域で需要が急速に後退する一方、新興及び発展途上国・地域を中心に世界的にインフレ率が上昇している。世界経済は2008 年下期にかけて著しく減速し、2009年には徐々に回復すると見込まれる。また同時に、燃料及び商品価格の上昇により、特に新興及び発展途上国・地域においてインフレ圧力が増大しつつある。このような状況において、政策当局者にとってインフレ圧力の緩和こそが最優先課題であるが、それと同時に成長へのリスクにも目配りする必要がある。多くの新興国・地域において、金融政策及び一層の財政の引き締め、また場合によってはより柔軟な為替レート管理も必要とされている。主要先進国・地域においては、経済成長減速の一方でインフレ期待及び労働コストは安定していることから、金融政策引き締めの必要性は比較的低いとみられるが、インフレ圧力の動向を注意深くモニターしていく必要があろう。

経済成長の減速が続く

昨年夏来の世界経済成長の減速は2008年後半も続き、2009年にようやく緩やかな回復に向かうと見られる。

先進、新興市場国・地域とも経済活動が後退し、第1四半期の成長率は4½パーセント(前年同期比)と、2007年第3四半期の5パーセントから減速した。第1四半期の減速は2008年4月の「世界経済見通し」で予測したほど急激ではなかったものの、最近の指標からは、2008年下期にはさらなる経済活動の減速が見込まれる。先進国・地域においては、企業の景況感と消費者マインドが引き続き悪化する中、鉱工業生産もさらに弱含んだ。
新興国・地域においても、経済活動減速の兆しが見られる。

これらを背景に、世界の経済成長率は2007年の5パーセントに対し2008年は4.1パーセント、2009年は3.9パーセントと緩やかな伸びに留まると予測される(表参照)。第4四半期を前年同期と比較してみると、全体像がよりはっきりする。成長率は2007年の4.8パーセントから2008年には3.0パーセントに低下、その後2009年に4.3パーセントへと再び加速するとみられる。

• 2008年の米国経済の伸びは、上期の指標を反映し、年平均ベースで1.3パーセントに引き上げられた。しかし原油及び食料価格の上昇と厳しい信用状況を背景に消費の減速が見込まれることから、米国経済は年後半にややマイナス成長し、その後2009年には徐々に回復すると予測される。ユーロ圏及び日本の成長見通しについても、2008年下期の減速を見込んでいる。

• 新興及び発展途上国・地域の経済成長もまた、勢いを失うことが予測される。これらの国・地域の成長率は、2007年の8パーセントから、2008-2009年には7パーセント程度に低下すると見込まれる。中国の成長率は2007年の12パーセント程度から2008-2009年には10パーセント程度に抑えられるものと予測される。

世界経済の成長見通しに対するリスクについては、修正されたベースライン見通しからの上振れ、下振れリスクは同程度で均衡していると見られる。金融リスクは引き続き高い水準に留まるとみられる。世界的な景気減速の中で損失が拡大すればさらに自己資本を圧迫し、与信能力を低下させる恐れがある。加えて後ほど述べるように、インフレ懸念が高まっており、景気減速への政策対応が制約される可能性がある。上振れの可能性としては、先進及び新興国・地域の需要は、2008年第1四半期に続き、商品価格と金融ショックに対して予想以上の底堅さを示す可能性がある。

世界的な不均衡に関わるリスクもまた懸念材料として残る。米ドル安が続いていること、また貿易相手国に対し米国の経済成長が相対的に低いことにより、米国の経常赤字の見通しはより持続可能な水準で推移するとみられる。しかし、ユーロなどの為替が弾力的な通貨が米ドル調整の負担の大半を引き受ける一方、巨額の対外黒字を有する一部新興国・地域の為替レートの変動が小幅に留まっている事が示すように、経常収支の状況と為替の調整があまりリンクしていない。さらに、国際的な原油価格の高騰によって、石油輸出国の経常黒字は更に拡大する見通しだ。

インフレ懸念は増大

世界的な景気減速にもかかわらず、先進及び新興国・地域においてインフレ率が上昇しつつある。多くの国で、食料及び燃料価格の上昇がその主な要因となっている。原油価格は、生産余力の制約と非弾力的な需要を背景に、供給懸念に反応して大幅に上昇し、実質ベースで史上最高値を更新した。一方、食料価格も好調な需要の伸びの継続(バイオ燃料への利用による需要を含む)に天候不順が加わり、上昇した。

先進国・地域では、2008年5月の消費者物価指数が3.5パーセント(前年同月比)に上昇し、コアインフレ率は1.8パーセントに留まっているものの、各国中央銀行は懸念の高まりを表明している(図参照)。インフレ率上昇は新興及び発展途上国・地域で一段と顕著であり、インフレ率とコアインフレ率はそれぞれ8.6パーセント、4.2パーセントに上昇、2000年代に入って以来最も高い水準にある。こうした国・地域では、食料と燃料が消費バスケットに占める割合がより大きく、高い経済成長が続いてきたことから供給余力の縮小も進んだ。

先進国・地域では、インフレ圧力は需要の鈍化によって抑制される可能性が高く、商品価格が想定通りに安定化すれば、2008年のインフレ加速は2009年には反転すると見込まれる。新興及び発展途上国・地域では、商品価格の高騰、トレンドを上回る成長、緩和的なマクロ経済政策を背景に、インフレ圧力が急速に高まっている。従って、これらの国・地域のインフレ見通しは、2008年、2009年ともに1.5ポイント強引き上げられ、それぞれ9.1パーセント、7.4パーセントとなった。

食料及び燃料価格上昇により重大局面に直面する国も

燃料及び食料を中心とする商品価格が2008年4月の「世界経済見通し」の発表時点から一段と高騰したことを受け、IMFによる商品価格の短期ベースライン見通しは引き上げられた(Annex参照)。原油価格のベースラインは、先物市場の価格上昇にあわせ、2008年4月の「世界経済見通し」から30パーセント引き上げられた。
商品価格の上昇は世界経済に大きな影響を与えており、世界的なインフレ圧力の高まり、商品輸入国の購買力の低下が生じている。また一部の低・中所得国においては、最貧層に十分な食料を確保することが困難となっており、近年達成してきたマクロ経済の安定による恩恵を失う恐れに直面している。

Annexでは、食料及び燃料価格高騰の要因を検討し、当面価格上昇圧力が著しく緩和する可能性は低いと論じる。従って、特に低・中所得国において、インフレの高まりや外貨準備の激減を避けつつ貧困層に必要な食料を供給する方策を探ることが政策課題となろう。

価格上昇がフルに消費者に転嫁されれば、生産者による供給増及び消費者の需要減が促されよう。しかし、高騰する食料及び燃料価格による影響を緩和するために、一時的かつ対象を絞った社会的政策も必要である。さらに、この危機の原因及び影響に対処するために、多国間の取り組みが必要である。一部の低所得国は、輸入及び社会的支出をまかなうために国際社会の支援を必要としよう。また、ショックに適応するための政策設計に関する支援が必要な国もある。さらに、価格上昇に対する反応を強化するといった、商品市場における需給均衡を促進するための多角的な取り組みが必要となろう。

金融市場の混乱が引き続き大きな下振れリスク

市場環境は依然難しい状況にある。金融市場の混乱に対する断固とした政策対応、また銀行の資本増強に向けた有益な進展により、金融危機のリスクは後退したが、ここ数週間の動向にもあるように、市場環境は引き続き脆弱で、経済の減速に伴う損失の拡大が懸念される。同時に、バランスシートの改善が必要とされていることから、新たな与信活動も制約を受けている。そのため、先進国・地域における信用環境は今後数四半期にわたり厳しい状況が続くと見られ、金融部門のバランスシート改善に向けた努力が引き続き必要となろう。

これらの点については、7月下旬発表予定の「国際金融安定性報告書(GFSR)アップデート」でさらに詳しく述べられる予定である。

マクロ経済政策は需要減速とインフレ上昇両面を考慮する必要

政策当局者は、インフレ圧力の高まりを抑える必要があるが、経済の下振れリスクにも留意しなければならない難しい状況に直面している。

中央銀行の多くが金融政策を引き締めているが、実質金利は新興及び発展途上国・地域では概ねマイナスの水準に留まっており、とりわけ為替レート管理によって金融政策の柔軟性が制約を受けている国においてこれがみられる。
商品価格の高騰の波及効果と金融市場のストレスの持続が、特に先進国・地域において、景気減速に対する政策当局者の対応を困難なものとしている。これらの国・地域においては、最近の原油価格の上昇は政策引き締めの論拠を強化するものではあるが、インフレ期待及び労働コストが引き続き十分に抑制されると見込まれること、また経済成長のモメンタムが弱いことから、政策を採用すべき状況に至っているとまでは言えない。とはいえ、インフレ圧力の動向については注意深くモニターする必要があろう。新興国・地域において、特にトレンドを上回る経済成長が続いている場合には、最近のインフレの上昇を反転させるために金融政策及び一層の財政の引き締めが必要であり、場合によってはより柔軟な為替レート管理を組み合わせる必要がある。

Annex. 高騰する燃料・食料価格:要因、見通し及びリスク

本稿では燃料・食料価格高騰の要因、見通し及びリスクについて検討する。原油と食料価格急騰の起点は、世界的に極めて力強い経済成長が見られた2003-2007年に遡ることができよう。新興及び発展途上国・地域における急速な経済成長は、とりわけ商品需要を高める結果となったが、これは、工業化の進展及び一人当たり国民所得の低水準からの急速な増加は一次産品需要の急速な拡大を伴うことが多いためである。このため、先進国・地域の景気減速が商品価格に与える影響の度合いは、過去の景気循環に比較して小さい。

しかし世界経済成長の好調さだけでは、1970年代初頭以来最も急激かつ広範な今回の商品価格高騰の説明がつかない。本稿では概して、価格上昇に対する短期的な需給の反応の鈍さに加え、さまざまな供給上の問題が、燃料・食料価格の急騰の主な原因となっていると論じる。1 商品価格は、供給余力または在庫が限定されている場合、需要(または供給)ショックに特に強く反応する傾向があることはよく知られている。

原油市場では、世界的な景気回復が始まった時点ですでに生産は能力の限界に近くなっていたこともあり、供給は需要の拡大に反応できず、価格は力強い上昇トレンドを示した。一方、高騰する投資コストと技術上、地質学上、政策上の制約、また既存油田の老化のために、生産・流通能力の増強には時間を要するとの認識が行き渡り、供給余力が乏しく、市場が逼迫した状況が続くと考えられるようになった。原油価格が先物価格カーブのすべての期間にわたって高水準にあることは、高価格が維持されることによってのみ将来の需要を満たすために必要な大規模な投資が促される、という予想をある程度反映したものである。こうした環境のもと、原油価格は、地政学的リスクに関連したニュースなど、短期的な供給の混乱のリスクを示すニュースに極めて敏感に反応している。

金融情勢もまた、原油及びその他商品価格の上昇圧力に一時的に追い討ちをかけた。特に為替レートといった金融指標の変化は、実需への影響を通じて、原油及びその他商品価格の上昇に影響を与える。これに対し、原油などの商品の資産クラスとしての存在感の高まりが、その価格動向に影響を及ぼしたことを示す有力な証拠はない。もっとも、市場心理の変化などといった純粋な金融要因が、短期的に価格に影響を及ぼす可能性はある。

次に食料に目を向けると、食料価格の高騰はいくつかの要因が重なったものである。全般的には、前述の通り新興及び発展途上国・地域の力強い経済成長を一部反映して、過去8年から10年以上にわたり、特に主要穀物や食用油など多くの食料で需要の伸びが供給の伸びを上回ってきた。その結果、世界におけるこれらの作物の在庫は1970年代半ば以来の低水準にまで落ち込んでいる。

全般的な価格上昇圧力は、2006年以降のさまざまな動向によって一段と強まった。

• 天候不順によって、多くの国で2006年と2007年両年の収穫高が減少するという、まれにみる事態に陥った。特に小麦の収穫が大きな打撃を受け、その結果小麦価格が高騰し、その影響は代替穀物(特にコメ)にまで波及した。
• 原油価格の上昇と政策支援が手厚さを増していることを反映し、先進国・地域においてバイオ燃料の増産が進み、食料需要を押し上げた。特に、トウモロコシを原料とするエタノールの生産増加は2006-2007年の世界のトウモロコシ消費の伸びの約4分の3に寄与した。その結果、トウモロコシだけでなく、その他の食用作物の価格も上昇し、上昇幅は劣るものの、食用油(消費代替と作付け代替の影響)、鶏肉と精肉(飼料価格の影響)の価格も押し上げた。

• 原油及びエネルギー価格の上昇は、輸送燃料及び肥料価格への影響(肥料は2006年初頭から3倍超に上昇)を通じて、食料品の生産コストを広く押し上げた。

• 自国内の食料供給を増やし、国内物価を引き下げることを目的とした食料輸出国による輸出規制の導入拡大が、世界的な価格の上昇圧力となっている。一部のコメ主要輸出国による輸出規制は2008年の米価急騰に大きく影響したと考えられる。

上記で述べたさまざまな要因の影響が長引く一方で在庫及び生産拡大余力は低水準に留まると思われるため、原油及び食料価格は引き続き、高水準で変動の大きい状態が続くと見られ、ベースライン見通しでも緩やかな下落を予想するに留まっている。原油生産は、新規操業開始による小規模な増産分の大半が既存油田の一段の収量低下によって相殺される可能性が高いことから、概して停滞状況が続くものと見込まれる。食品市況については、バイオ燃料の生産増加と新興及び発展途上国・地域からの引き続き堅調な純需要によって、今後も一部価格に圧力がかかると思われる。一過性の強い要因の中では、天候の影響は作物によって異なるであろう。
例えば小麦の価格は、収穫増への期待から2008年3月につけたピークから約30パーセント低下している。しかし一方でトウモロコシと大豆の価格は、収穫に対する懸念からさらに上昇している。適切な政策インセンティブが実施されれば、基本的に食料部門は供給拡大に対する制約が石油部門ほど長期にわたることがないため、中期的には、食料価格は大幅に低下するとみられる。

HIV感染夫婦 8月体外受精へ

HIV感染夫婦が8月に体外受精するらしい。
HIV感染している夫婦に対する体外受精が、国内で初めて荻窪病院で実施される。
海外でも、
「エイズで夫婦の余命が短いと推定される時に生殖補助医療を行っていいのか」
「夫婦の希望を尊重すべきだ」と意見が分かれており、国内でも決まったルール
はない。
同病院の花房秀次は会議の中で、「感染者の夫婦の中にもいろいろなケースが
想定される。病院が計画している夫婦は状態もよく、母子感染の可能性も0.5%
以下だ」などと説明したとのこと。

初めての試みは、HIV非感染者と対して変わらないようだ。
・夫婦は30歳代
・抗エイズ薬による治療せず
・感染から20年以上たっても未発症
・免疫状態は良好
・体外受精により母子感染の確率が0.5%以下

着床、出産、育児とモデルケースになれば続く人は多い。


---HIV感染の夫婦、8月にも体外受精へ…東京・荻窪病院---
2008年7月28日23時33分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080728-OYT1T00764.htm

 共にエイズウイルス(HIV)に感染している夫婦に対する体外受精が、来月にも、国内で初めて荻窪病院(東京都)で実施されることになった。
 2組の夫婦への実施について、昨年1月、同病院の倫理委員会が承認していた。だが、厚生労働省から「社会的な議論と倫理的な検討が必要」と求められたことなどから、計画が中断していた。
 感染者夫婦に対する体外受精に関しては、海外でも、「エイズで夫婦の余命が短いと推定される時に生殖補助医療を行っていいのか」「夫婦の希望を尊重すべきだ」と意見が分かれており、国内でも決まったルールはない。このため、広く社会の意見を聴くため、同省の研究班が28日、都内で有識者らによる公開班会議を開催。この議論を受け、同病院の花房秀次副院長が明らかにした。花房副院長は会議の中で、「感染者の夫婦の中にもいろいろなケースが想定される。病院が計画している夫婦は状態もよく、母子感染の可能性も0・5%以下だ」などと説明した。
 これに対し、出席者からは、母子感染が起きた場合の対応などの意見が出された。だが、両親が重いケースでの子育ての問題については触れられず、同病院が計画している個別のケースについても、「実施可否の判断を班会議ですべきではない」「医療機関の倫理委員会の判断に委ねるべきではないか」の意見が多数を占めた。花房副院長は、「できれば来月実施し、その経過をプライバシーを考慮しながらできるだけ公表し、検証してもらいたい」と述べた。
 同病院は、体外受精を待っている2組の夫婦のうち、より病状が安定している30歳代の夫婦について実施する予定だ。


---8月にも体外受精を実施へ 双方がHIV感染の夫婦に---
2008年7月28日 20時05分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008072801000720.html

 夫と妻の双方がエイズウイルス(HIV)に感染した夫婦に対する国内初の体外受精が、来月にも東京都杉並区の荻窪病院で実施される。都内で28日開かれた厚生労働省研究班の公開班会議で、同病院の花房秀次副院長が明らかにした。
 昨年1月に同病院の倫理委員会が承認していたが、夫婦とも感染者の場合に医療が子どもを持つ手助けをすべきかについて「幅広い論議が必要だ」などの意見が、花房副院長が所属する研究班や、同省の研究評価委員会で出たため、シンポジウムなどで公開の議論を重ねてきた。この日の班会議で、今回の事例については問題ないとされた。
 夫婦はいずれも30代後半で、抗エイズ薬による治療はしていないが、感染から20年以上たっても発症しておらず、免疫状態は良好という。
 夫の精子からHIVを除去して妻の卵子と体外受精させることで、妻の新たなウイルスへの感染を防ぎ、母子感染の確率を0・5%以下にできるとしている。(共同)


---HIV感染者夫婦に体外受精へ 荻窪病院が8月にも---
2008.7.28 19:07
http://sankei.jp.msn.com/life/body/080728/bdy0807281909000-n1.htm

 荻窪病院(東京都杉並区)が、共にエイズウイルス(HIV)に感染した夫婦に行おうとしていた国内初の体外受精が厚生労働省の要請で中断している問題で、同病院が来月にも関東在住の30代夫婦に体外受精を行う方針であることが28日、分かった。同日行われた厚労省研究班の会議後の会見で、同病院の花房秀次副院長が明らかにした。
 会議にはHIV訴訟原告団代表や厚労省担当者らが出席。生殖補助医療を行う条件などを検討した。体外受精を行うことについて、参加メンバーから、各医療機関で個別事例で行うことを容認する意見が大勢を占めた。これらの結果などを踏まえ、花房副院長は体外受精の実施を決断したという。既に夫婦には子供への感染リスクなどインフォームドコンセント(十分な説明と同意)は行ってきた。
 ただ、会議では両親の病状が重いケースでの育児体制のやり方やガイドライン作りなどについて話は進まず、研究班は今後も議論を深めていくという。花房副院長は「慎重に検討してきた。患者のためにも実施してあげたい」と話した。

2008年7月28日月曜日

薬害タミフル裁判開始か

薬害タミフルは研究から司法に移行しそうだ。
厚労省研究班の「副作用による異常行動はない」とする報告から、
薬害タミフル脳症被害者の会は舛添要一に要望書を提出。
要望書に「被害の拡大を防止し、被害者の救済を求める」として、関係者に
対する法的措置を取らざるを得ないと訴えている。

対インフル薬剤がタミフルやリレンザによる同主成分の薬剤では、副作用は
見えている。耐タミフルウィルスが欧州では見つかっており、タミフルに
固執する理由は経済的問題としか考えられない。

今までとおり、副作用があることを告知し、使用の判断を患者に委ねれば
問題ないと思うが、使用という規制を設けることが問題だと思う。
被害者の会からみれば、坂口力、尾辻秀久、川崎二郎 、柳沢伯夫は薬害を
許可した責任者だ。
舛添要一は使用という規制を設けることにより被害者を増やした責任者の
仲間入りとなるのか。


---タミフル調査結果を批判 異常行動で死亡の遺族ら---
2008年7月27日 20時13分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008072701000537.html

 インフルエンザ治療薬タミフルの服用後に飛び降りなどの異常行動で死亡した人の遺族らでつくる「薬害タミフル脳症被害者の会」は27日、名古屋市で総会を開き、「タミフルと異常行動の因果関係は認められない」とした厚生労働省研究班の疫学調査結果は誤りだと批判する見解をまとめた。
 因果関係を認めて被害者を救済するよう求め、近く舛添要一厚労相に要望書を提出する。
 研究班は10日に調査結果を公表。これを受けて厚労省は8月にも、専門家による安全対策調査会を開き、現在中止されている10代への投与を解禁するかどうかを決めるとしている。

 要望書は「研究班の集計方法は間違っている」と批判し、間違った結論に基づき10代への投与が解禁されれば薬害の再発は確実だと指摘。「被害の拡大を防止し、被害者の救済を求める」として、関係者に対する法的措置を取らざるを得ないと訴えている。
(共同)

携帯電話電磁波 脳腫瘍発生か

携帯電話の電磁波が脳腫瘍発生リスクがあると警告した。
米ピッツバーグ大がん研究所長のロナルド・B・ハーバーマン博士が所員に
携帯電話の使用をひかえるよう異例の警告を発した。
FDAは「現時点でリスクがあると分かっているわけではなく、あったとして
も非常に小さいとみられる」との立場だ。
共同研究プロジェクト「インターフォン」の研究で「影響なし」との結論が
出た。
ハーバーマン博士はインターフォン研究の未発表部分などで
「携帯電話の長期的な使用と、がんを含む健康への悪影響の可能性を結び
付ける報告が増えている」と指摘。

携帯電話が普及し始めた頃に出た話題が再燃のようだ。
当時は電磁波漏れ防止カバーが流行ったが、それから数年して、docomoが
世界標準規格の漏れ電力基準を満たしたことで、論争が下火になったと記憶
している。
EUの携帯電話市場はノキアが優位だったと思うが、最近のノキアは漏れ電磁波
電力が、基準を満たしていないのかもしれない。
電磁波を受ける時間が多くなったことで脳腫瘍の発生が増えると言う傾向で
あれば、早急に基準を下げる見直しが必要だろう。


---米大学のがん研究所長、携帯電話めぐり所員に警告---
2008.07.28 Web posted at: 09:50 JST Updated - AP
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200807280001.html

米ペンシルベニア州ピッツバーグ(AP) 携帯電話が発する電磁波と脳腫瘍(しゅよう)などのがん発生リスクとの関連をめぐり、米ピッツバーグ大がん研究所長のロナルド・B・ハーバーマン博士がこのほど、所員に携帯電話の使用をひかえるよう異例の警告を発した。がんへの影響については「現在も意見が分かれている」ものの、「大事をとるに越したことはない」と説明している。

同博士の警告は、研究所の医師らスタッフ約3000人が対象。「脳が発達段階にある子どもたちには、緊急時以外使わせるべきではない」「大人の通話もスピーカーやヘッドホンなどを利用し、頭から離れた位置で」「バスの車内など公共の場所では使用を避けるべき」――と呼び掛けている。

携帯電話とがんとの関連については多くの研究が発表されているが、主要ながん研究機関からこうした警告が出た例はないとされる。米食品医薬品局(FDA)は、「現時点でリスクがあると分かっているわけではなく、あったとしても非常に小さいとみられる」との立場だ。欧州を中心に13カ国の専門家らが参加している大規模な共同研究プロジェクト、「インターフォン」では、デンマークの携帯電話利用者42万人を対象にした研究で「影響なし」との結論が出たのをはじめ、通常の使用でリスクが高まることはないとする報告が相次いでいる。

しかし、ハーバーマン博士は、インターフォン研究の未発表部分などで「携帯電話の長期的な使用と、がんを含む健康への悪影響の可能性を結び付ける報告が増えている」と指摘。「最終的な研究結果が出るまで待つべきではない」と主張する。

一方、米業界団体CTIAの報道担当者は、「科学的根拠に基づかない主張は、人々に誤った情報を伝えてしまう恐れがある。世界の科学専門誌に発表された中では、健康への悪影響との関連を示していない研究が圧倒的多数だ」と反論している。

2008年7月27日日曜日

サブプライム 米地銀2行が経営破綻

米地銀2行が経営破綻した。
FDICはファースト・ナショナル・バンク・オブ・ネバダとカリフォルニア州の
ファースト・ヘリテージ・バンクが経営破綻したと発表した。
FDICによると、ファースト・ナショナルの総資産は約34億ドルで預金額は
約30億ドル、ネバダ州内などに25支店を構えている。ファースト・ヘリテージは
資産2億5400万ドル、預金額は2億3300万ドルで支店数は3店。

日本でバブル崩壊と呼ばれてから少し経った頃に似ている。
景気が低迷して、公的資金が投入され、強い投資家が買いあさることが10年は
続くのだろう。米国を買う投資家は中国、インドやロシアになるのかも知れない。
市場原理だからしょうがないのか。


---米銀行:2行が経営破綻 サブプライム問題根深く---
毎日新聞 2008年7月26日 18時30分
http://mainichi.jp/select/biz/news/20080727k0000m020022000c.html

 【ワシントン斉藤信宏】米連邦預金保険公社(FDIC)は25日、ネバダ州のファースト・ナショナル・バンク・オブ・ネバダとカリフォルニア州のファースト・ヘリテージ・バンクが経営破綻(はたん)したと発表した。FDICは2行の資産を差し押さえ、ネブラスカ州のミューチュアル・オブ・オマハ・バンクに譲渡した。米国内では2週間前にもカリフォルニア州の住宅金融大手インディマック・バンコープが破綻したばかり。
 25日に破綻した2行は資産規模こそインディマックの10分の1以下と小さいが、相次ぐ金融機関の破綻は、低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)問題の深刻さを改めて浮き彫りにした。
 FDICによると、ファースト・ナショナルの総資産は約34億ドル(約3670億円)で預金額は約30億ドル、ネバダ州内などに25支店を構えている。ファースト・ヘリテージは資産2億5400万ドル、預金額は2億3300万ドルで支店数は3店。
 ファースト・ナショナルはサブプライム関連の評価損などの影響で、08年1~3月期に1億3130万ドルの純損失を計上。経営の先行きが危ぶまれていた。

元露大統領 4島返還を約束

元露大統領が4島返還を約束したらしい。
クラスノヤルスク郊外でボリス・エリツィン大統領が「あなたの求める島を
すべて返そう」といったんは北方4島の全島返還を約束していたと証言した。

エリツィンの頃は、露は日露領土問題情報がほとんどなかったので話題にも
上がらなかったが、渡辺美智雄と森喜朗が露に乗り込んで話題を振りまいた
ため、露の多くの人が知ることになり、反対となったと当時騒がれていた
と思う。
舛添要一も「ジャパン・マネーで4島を買う形になる」と番組で語った記憶が
ある。目の前の手柄を自慢したくて、先を見通せないのが今の国会議員の典型
だろう。


---「エリツィン大統領は4島返還を約束していた」、英亡命の元クレムリン番記者---
2008.7.26 17:25
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/080726/erp0807261737005-n1.htm

 【ロンドン=木村正人】1997年から4年近くクレムリン番記者でプーチン政権を批判、その後、英国に亡命したロシア人女性ジャーナリスト、エレーナ・トレグボワさん(35)が産経新聞と会見し、97年11月にクラスノヤルスク郊外でボリス・エリツィン大統領が橋本龍太郎首相(いずれも故人)と会談した際、「あなたの求める島をすべて返そう」といったんは北方4島の全島返還を約束していたと証言した。
 当時、クレムリンの記者クラブに所属していたトレグボワさんがエリツィン大統領に同行していた側近から独自に取材した話によると、大統領は橋本首相との非公式会談で4島返還を約束。これに驚いたヤストルジェムスキー大統領報道官が同大統領の前でひざまずき、「大統領、止めてください。少し待ってください」と翻意を迫った。
 大統領は不服そうに「私はリュウ(同首相の愛称)に約束した。お前はそれを許さないのか。大いに不満だが、よし、分かった。向こうへ行け」と同報道官に対応を任せたという。
 この会談では結局「2000年までに平和条約を締結するよう全力を尽くす」との合意文書が作成され、「メガトン級の歴史的合意」と日本側の交渉団も驚いた。橋本首相はこのあとロシアのアジア太平洋経済協力会議(APEC)加盟を強力に後押しするなど、“ボリス・リュウ”の親密ぶりを強烈に印象付けた。

 エリツィン大統領時代はのびのび仕事をしていたトレグボワさんだが、プーチン大統領になって状況は一変。01年、政権批判記事でクレムリンの記者クラブを除名された。03年10月、ロシアで『番記者が見たクレムリン』を出版、この中でロシア連邦保安局(FSB)長官だったプーチン氏に誘われ、スシレストランで2人きりで会食したことなどを暴露した。
 翌11月には勤務先の日刊紙を解雇され、04年2月、自宅前で爆発が起き、「しゃべりすぎる奴は舌を切り落とされる」と脅されたこともあった。トレグボワさんは、かつての同僚でプーチン政権批判の急先鋒(せんぽう)だった著名ジャーナリスト、アンナ・ポリトコフスカヤさんが06年10月に射殺された後、亡命を決意。今年4月に英国への亡命が認められた

2008年7月26日土曜日

小さな政府でまた失敗 米金融

米政府は小さな政府にしてまた失敗した。
金融監督機関は小さな政府のおかげで、操作能力もなく、人手不足だったらしい。
批判をかわすため、サブプライム詐欺や原油先物取引違法投資で訴追した。
訴追は国策捜査のようだ。
ハリケーン・カトリーナ被害は米国だけの問題だったが、原油投機、
サブプライム等は世界を貧困格差に巻き込んだ。
一部のものだけが儲かる仕組みを後押しした米国は、これから世界の貧困格差
にどう対処するのだろう。


---米金融不正相次ぐ摘発、NY州がUBS訴追---
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080725AT2M2500L25072008.html

 【ニューヨーク=松浦肇】米司法当局や金融監督機関が相次いで金融不正の摘発に乗り出した。ニューヨーク州のクオモ司法長官は24日、信用収縮で取引が事実上の停止状態に陥った金融商品の特徴や損失リスクについて投資家に虚偽の説明をした疑いで、欧州金融大手のUBSを訴追。米商品先物取引委員会(CFTC)もエネルギー価格を意図的に操作した疑いでオランダの商品運用会社を訴追した。
 信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題や原油価格の高騰で、金融・エネルギー市場では混乱が長期化している。米当局は市場の透明性を高めるため、金融機関の監視、取り締まりを強化しつつある。
 ニューヨーク州司法長官が提出した訴状によると、UBSが不正を犯したのはオークション・レート・セキュリティーズ(ARS)と呼ばれる債券の売買。ARSは地方自治体や医療機関などが主に発行し、市場規模は3300億ドルにのぼる。(14:03)


---原油相場の違法操縦で蘭ファンドを訴追 米商品先物委---
2008.7.25 09:53
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/080725/fnc0807250954003-n1.htm

 【ワシントン=渡辺浩生】米商品先物取引委員会(CFTC)は24日、ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)の原油などの先物取引で違法な相場操縦を行ったとして、オランダに本拠を置く商品取引ファンドとその幹部らを訴追したと発表した。
 訴追されたのは、オランダのファンド会社オプティバー・ホールディングスと子会社2社、それにオプティバー社の最高経営責任者、トレーダーら3人。
 CFTCによると、昨年3月の11日間で、NYMEXの原油、ガソリン、天然ガスの先物取引をめぐり19件の相場操縦を企て、うち5件で実際に価格を不当に上げ下げした結果、約100万ドルの利益を得た。また、同社は相場操縦の企てを隠すため、NYMEXの調査に虚偽の報告を行ったとしている。
 原油価格高騰の主犯は投機資金という見方から、米議会ではCFTCの権限を強化し、投機筋への規制を強化する法案が審議中。CFTCは監視が不十分との批判を浴びていた。ただ、CFTC幹部はロイター通信に対し、ファンドの訴追は「政治的動機によるものでない」と語った。


---差し押さえで主婦自殺 米住宅ローン問題で悲劇---
2008.7.24 10:51
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080724/amr0807241051009-n1.htm

 米マサチューセッツ州トートンで22日午後、自宅を差し押さえられることになった主婦(53)が、競売関係者が物件を見に来る直前にライフルで自殺した。米紙ボストン・グローブなどが23日報じた。
 米サブプライム住宅ローン問題に絡む自殺などの悲劇はこれまでも伝えられているが、競売関係者が自殺の現場を目の当たりにしたようなケースは異例とみられる。
 同紙などによると、主婦は22日午後2時半、ローンを組んだ住宅金融会社に自殺を予告するファクスを送り、会社からの連絡で駆け付けた警官が遺体を同3時半に発見した。競売関係者も同じころ現場に到着。午後5時から競売手続きが始まる予定だった。
 主婦が夫と息子にあてた遺書には「生命保険で(ローン残額を)払って」と記していた。(共同)

AB3量産体制

アパッチブロックⅢが量産体制に入るようだ。
アパッチブロックⅢは80キロ先の地形や敵などの画像情報が得られ、無人機
からのミサイル発射も遠隔操作で行えるという。

日本のロングボウ・アパッチは高価すぎて開発中止になった。
AB3は一人乗りで無人機搭載で劣化ウラン弾を発射し、兵への健康被害を減らす
のが目的か。

---無人飛行機を搭載した軍用ヘリが量産へ---
2008.7.23 23:34
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080723/amr0807232340010-n1.htm

 【メサ(アリゾナ州)=USA TODAY(マックス・ジャルマン)】米軍の偵察・攻撃用ヘリコプター「アパッチ」に新たな機能を追加した新型機がまもなく、量産体制に入る。最大の特徴は無人飛行機を搭載したこと。これによって、80キロ先の地形や敵などの画像情報が得られるほか、無人機からのミサイル発射も遠隔操作で行えるという。
 「ブロックIII」と呼ばれるこの新型ヘリはヒューズ・ヘリコプター社が開発。ボーイングのメサ工場(アリゾナ州)で生産される。7月初め、1号機が披露され、2010年までに634機を生産、配備する計画だという。1機の価格は3000万ドル(約31億5000万円)。開発費を含む総予算は約190億ドル。
 アパッチはワルシャワ条約機構軍の保有する戦車攻撃用に開発。1983年に実用化され、89年のパナマ侵攻にも威力を発揮した。その後、戦車攻撃以外にも使えるように改良され、湾岸戦争以降は岩だらけの地勢や接近戦でも使えるようになった。
 防衛産業アナリストのウェイン・プラッカーさんは「アフガニスタンやイラクにおいて、新型アパッチは米軍のカギを握る」と期待する。
 コスト削減のため、部品の多くは旧型機と同じものが使用されているが、エンジン、機体、変速機などはより高い機能のものに一新された。回転翼の羽根はアフガンのような空気の薄い高地でも高い機能を維持できるようになり、センサーも近距離、遠距離を問わず正確な画像を撮影、動画を後方部隊に送れるようになっているという。


---Army boosts Block III Apache development---
By Kris Osborn - Staff writer
Posted : Tuesday Apr 8, 2008 12:39:44 EDT
http://www.armytimes.com/news/2008/04/defense_apache_040708a/

The Army is accelerating the development and delivery of its high-tech, next-generation Block III Apache attack helicopter technologies slated to hit the force by 2011, service officials said Monday at the Army Aviation Associated of America convention at National Harbor, Md.

Stronger, lighter rotor blades made of composite materials, now being built for the future Block III Apache, are being spiraled into the current Apache fleet, said Army Col. Derek Paquette, Apache program manager.

The new Block III composite rotor blades add 460 pounds of lift capability to the Apache, Paquette said.

“The rotor blades are on contract and are being qualified. When they are ready to be fielded we will immediately be able to buy production models and start installing the composite rotor blades on Block II Apaches,” Paquette said.

The Block III aircraft, built with upgraded computers, networked sensors and mission avionics, will take to the skies in its first test flight this coming July 9 in Mesa, Ariz., Paquette said. The test flight is slightly ahead of schedule, he added. A larger limited user test is planned for November 2009.

The technology being developed for the Block III Apache strives for unprecedented connectivity between Apaches and other helicopters, aircraft, ground vehicles and foot soldiers, Paquette said. A principal aim of this effort is to create interoperability between Apaches and the emerging Future Combat Systems network.

At a recent Air Force-led joint exercise called Joint Expeditionary Force Experiment 2008, an Apache helicopter was tested with a Block III mission processor, software and operating system including FCS network technology. Among the network gear was System of Systems Common Operating Environment, a middle ware program designed for FCS to help move information across a network.

During the experiment, ground-based Joint Tactical Radio Systems using FCS waveforms moved images, video, voice and data in real time across a network of forces including B-52s, ground soldiers, vehicles and tactical operations centers. Surrogate radios were used in place of JTRS Air Maritime Fixed, an airborne software programmable radio system which is not yet ready.

“We are demonstrating connectivity with the Air Force on link 16. We are demonstrating connectivity with the ground soldier future force warrior with FCS using soldier radio waveform. We are demonstrating connectivity with the FCS [Micro Air Vehicle] using soldier radio waveform,” said Al Winn, vice president of Apache programs, Boeing.

Improved sensors, greater processing power, and network connectivity is central to the Block III Apache, which is being built to share video, voice and data in real time across a network of forces including unmanned aerial vehicles, ground vehicles and Air Force fighter planes, said Col. Mark Hayes, capabilities manager, U.S. Army Training and Doctrine Command.

“There was never an intent to embed FCS with aviation. FCS is a ground maneuvers and commanders system, but it was always envisioned that the interoperability was what made FCS the lethal component that it is going to be,” Hayes said. “It will cover more battle space and it will tie into more Army and joint systems than anybody else. We’re modular for a reason: because if we have a fight in one section of the battle space, we can seamlessly move without any break in the combat op tempo.”

As a result of the increased connectivity through a broader network, the Block III will be able to provide better support to ground units, Hayes said.

“Block III Apache has capability that is absolutely essential to an infantry ground maneuver commander so that he can dictate the pace on the battlefield so that those individual soldiers are not at risk,” Hayes said. “The Block III Apache will see further, shoot more accurately, and more important than that, it will deliver situational awareness down to the company and troop level.”


---U.S. Army Accelerates Block III Apache Development---
By kris osborn
Published: 7 Apr 22:37 EDT (18:37 GMT)
http://www.defensenews.com/story.php?i=3467683&c=AME&s=AIR

The U.S. Army is accelerating the development and delivery of its high-tech, next-generation Block III Apache attack helicopter technologies slated to hit the force by 2011, service officials said April 7 at the Army Aviation Associated of America convention at National Harbor, Md.

Stronger, lighter rotor blades made of composite materials, now being built for the future Block III Apache, are being spiraled into the current Apache fleet, said U.S. Army Col. Derek Paquette, Apache program manager.
The new Block III composite rotor blades add 460 pounds of lift capability to the Apache, Paquette said.

"The rotor blades are on contract and are being qualified. When they are ready to be fielded we will immediately be able to buy production models and start installing the composite rotor blades on Block II Apaches," Paquette said.

The Block III aircraft, built with upgraded computers, networked sensors and mission avionics, will take to the skies in its first test flight this coming July 9 in Mesa, Ariz., Paquette said. The test flight is slightly ahead of schedule, he added. A larger limited user test is planned for November 2009.

The technology being developed for the Block III Apache strives for unprecedented connectivity between Apaches and other helicopters, aircraft, ground vehicles and foot soldiers, Paquette said. A principal aim of this effort is to create interoperability between Apaches and the emerging Future Combat Systems network.

At a recent Air Force-led joint exercise called Joint Expeditionary Force Experiment 2008, an Apache helicopter was tested with a Block III mission processor, software and operating system including FCS network technology. Among the network gear was System of Systems Common Operating Environment, a middle ware program designed for FCS to help move information across a network.

During the experiment, ground-based Joint Tactical Radio Systems (JTRS) using FCS waveforms moved images, video, voice and data in real time across a network of forces including B-52s, ground soldiers, vehicles and tactical operations centers. Surrogate radios were used in place of JTRS Air Maritime Fixed, an airborne software programmable radio system which is not yet ready.

"We are demonstrating connectivity with the Air Force on link 16. We are demonstrating connectivity with the ground soldier future force warrior with FCS using soldier radio waveform. We are demonstrating connectivity with the FCS MAV [Micro Air Vehicle] using soldier radio waveform," said Al Winn, vice president of Apache programs, Boeing.

Improved sensors, greater processing power, and network connectivity is central to the Block III Apache, which is being built to share video, voice and data in real time across a network of forces including UAVs, ground vehicles and Air Force fighter planes, said Col. Mark Hayes, capabilities manager, U.S. Army Training and Doctrine Command.

"There was never an intent to embed FCS with aviation. FCS is a ground maneuvers and commanders system, but it was always envisioned that the interoperability was what made FCS the lethal component that it is going to be," Hayes said. "It will cover more battle space and it will tie into more Army and joint systems than anybody else. We're modular for a reason because if we have a fight in one section of the battle space, we can seamlessly move without any break in the combat op tempo."

As a result of the increased connectivity through a broader network, the Block III will be able to provide better support to ground units, Hayes said.

"Block III Apache has capability that is absolutely essential to an infantry ground maneuver commander so that he can dictate the pace on the battlefield so that those individual soldiers are not at risk," Hayes said. "The Block III Apache will see further, shoot more accurately, and more important than that, it will deliver situational awareness down to the company and troop level."


---Boeing, U.S. Army Celebrate 1st Flight of AH-64D Apache Block III Helicopter---
http://www.boeing.com/news/releases/2008/q3/080711b_nr.html?loc=interstitialskip

ST. LOUIS, July 11, 2008 -- The Boeing Company [NYSE: BA], U.S. Army leaders, supplier representatives and other guests celebrated the first flight of the AH-64D Apache Block III helicopter this week in Mesa, Ariz. Just prior to a ceremony attended by more than 300 people at the company's Apache production facility, the aircraft was flown by two Apache-rated aviators -- U.S. Army Vice Chief of Staff Gen. Richard Cody and an Army experimental test pilot, Chief Warrant Officer 5 Rucie Moore.

"This milestone is a testament to the tremendous team effort of Team Apache -- the U.S. Army, our worldwide industry suppliers and Boeing," said Al Winn, Boeing vice president of Apache Programs. "The technologies incorporated into the Block III helicopter come from a cross-section of the best of industry."

Experimental test pilots -- one U.S. Army soldier and one Boeing teammate -- initially flew this Block III prototype aircraft over the Arizona desert on June 27 in preparation for today's ceremony, which commemorates the success of engineers, production teams and program managers in keeping the Apache Block III program on time and on budget.

Ensuring the continued relevance of this rotorcraft platform for the warfighter, Apache Block III technologies deliver network-centric communications capabilities, extended ranges for sensors and weapons, unmanned aerial systems connectivity and control, and enhanced aircraft performance. The Block III technologies have been successfully tested and matured through a planned process of continuous modernization used since the delivery of the first AH-64A model to the U.S. Army in January 1984 and throughout the deliveries of AH-64A Apaches and AH-64D Apache Longbows to the Army and the defense forces of 10 nations around the world.

"Built upon a legacy of success, the Apache Block III will deliver mission-critical performance capabilities to U.S. Army aviators, facilitating successful operations across the spectrum of conflict," U.S. Army Apache Project Manager Col. Derek Paquette said to Boeing teammates who worked to build the helicopter.

The Army awarded Boeing the first Apache Block III contract in June 2005. In accordance with contractual milestones, Boeing plans to begin Low Rate Initial Production in April 2010 and to deliver the first production AH-64D Apache Block III in June 2011.
A unit of The Boeing Company, Boeing Integrated Defense Systems is one of the world's largest space and defense businesses specializing in innovative and capabilities-driven customer solutions. Headquartered in St. Louis, Boeing Integrated Defense Systems is a $32.1 billion business with 71,000 employees worldwide.

EU 食の安全にかかわる報告

EUが食の安全にかかわる報告をした。
魚の加工品やエビ類、はちみつから抗生物質の残余物などが確認されたほか、
野菜や果物から基準値を超える食品添加物が見つかった。
食品の危険性が指摘されたのは中国産以外ではトルコ産(全体の10%)や
米国産(7%)が上位を占めた。
また、EFSAはクローン畜産は慎重に対応をと言う。
日本の食品安全委員会の第2回新開発食品専門調査会体細胞クローン家畜由来
食品の食品健康影響評価に係るワーキンググループ資料によると
EFSAは「安全性に関していかなる差異も存在しないであろう」言つたのに、
今回は「慎重対応を」と言っている。

日本でも厚労省と農水省が輸入食品に対して、抜取り検査ではあるが、検疫を
行い、水際で止めている。年間報告書も出ているが、自給率が低い国だから
報道が少ない。


---クローン畜産、慎重対応を EU専門機関が答申---
2008年7月24日 21時21分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008072401000960.html

 【ブリュッセル24日共同】欧州連合(EU)の専門機関、欧州食品安全庁(EFSA)は24日、クローン技術で生まれた家畜の肉、乳製品の流通について「まだ研究データが少なく、より広範な調査が必要だ」とする最終報告書を正式発表した。欧州委員会に慎重な対応を求めており、EU域内での流通開始は遠のいた。
 クローン技術の導入は、家畜の品種改良を通じて食料供給の安定化にもつながると期待される一方、人体への影響や倫理的な問題などの不安も指摘されていた。
 米食品医薬品局(FDA)はことし1月、クローン技術で生まれた牛、豚、ヤギなどについて、通常の家畜と同様に食べても安全だとする最終報告書を発表している。
 EFSAは(1)食品安全(2)家畜病(3)家畜間の遺伝(4)育成環境-などの面から専門的な影響評価を実施。最終報告書は「牛と豚については安全上の懸念はないとみられる」と述べたが、すべての家畜について「あらゆる面で詳細な調査を続ける必要がある」と指摘した。


---EFSA adopts final scientific opinion on animal cloning---
24/07/2008
http://www.efsa.europa.eu/EFSA/efsa_locale-1178620753812_1211902019762.htm

EFSA has today published its final scientific opinion on the implications of animal cloning on food safety, animal health and welfare and the environment. EFSA’s opinion follows a request from the European Commission (EC) to EFSA for advice on this issue in February 2007 and public consultation on a draft opinion earlier this year[1].

Prof. Vittorio Silano, chair of EFSA’s Scientific Committee[2], said:

“It is clear there are significant animal health and welfare issues for surrogate mothers and clones that can be more frequent and severe than for conventionally bred animals. For cattle and pigs, food safety concerns are considered unlikely. No clear evidence has emerged to suggest any differences between food products from clones or their offspring, in terms of food safety, compared to products from conventionally bred animals. But we must acknowledge that the evidence base, while growing and showing consistent findings, is still small. That has been one of the challenges throughout this work.”
Some of the key conclusions of the opinion include:

* Uncertainties in the risk assessment arise due to the limited number of studies available, the small sample sizes investigated and, in general, the absence of a uniform approach that would allow all the issues relevant to this opinion to be more satisfactorily addressed. Only pigs and cattle are addressed in this opinion: the two species of animals where adequate data were available.
* The health and welfare of a significant proportion of clones, mainly within the juvenile period for cattle and perinatal period for pigs, have been found to be adversely affected, often severely and with a fatal outcome.
* Somatic Cell Nucleus Transfer (the most common technique used to clone animals) has resulted in the production of healthy cattle and pig clones, and healthy offspring, that are similar to their conventional counterparts based on parameters such as physiological characteristics, demeanour and clinical status.
* There is no indication that differences exist in terms of food safety for meat and milk of clones and their progeny compared with those from conventionally bred animals. However, such a conclusion is based on the assumption that meat and milk are derived from healthy animals which are subject to relevant food safety regulations and controls.
* No environmental impact is foreseen but there are only limited data available.


Prof. Silano added:

“EFSA cannot always offer simple answers or reassurances. Complex and evolving science and technology, where data can be limited, do not offer such neat solutions. Our advice is guided by the science and will help inform consideration of any future EU measures in relation to animal clones and products obtained from these animals and their offspring.”
Recommendations in the opinion include:

* The health and welfare of clones should be monitored during their production life and natural life span.
* As food animals other than cattle and pig have also been produced via SCNT, risk assessments should be performed on these species when relevant data become available.
* Investigate further the causes of pathologies and mortality observed in clones during the gestational and postnatal periods and those observed at a lower frequency in adulthood.
* Further investigate the immunocompetence and the susceptibility of clones and their offspring to diseases and transmissible agents when reared and kept under conventional husbandry conditions.
* Perform studies on animal welfare, including behavioural studies, in healthy clones under normal husbandry conditions.


---第2回新開発食品専門調査会体細胞クローン家畜由来食品の食品健康影響評価に係るワーキンググループ議事次第[PDF]---
http://www.fsc.go.jp/senmon/sinkaihatu/s-clone-wg-dai2/s-clone-wg2-toujitusiryou-6.pdf


---「食の安全」でEUが報告書、2900品超で健康被害の恐れ---
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080724AT2M2302X23072008.html

 【ブリュッセル=下田敏】欧州連合(EU)は23日、食の安全にかかわる年間報告書をまとめた。昨年、健康を損なう恐れがあるとして通告されたのは2900品目を超え、中国産が全体の12%を占めた。
 魚の加工品やエビ類、はちみつから抗生物質の残余物などが確認されたほか、野菜や果物から基準値を超える食品添加物が見つかった。食品の危険性が指摘されたのは中国産以外ではトルコ産(全体の10%)や米国産(7%)が上位を占めた。
 EUは市場監視や輸入制限などで健康を損なう恐れのある食品の流通を防いでいる。通告を受けた品目数は2006年に比べて51品目増え、最近10年間で2番目の高水準だった。品目別では魚介類や野菜・果物、ナッツ類などへの通告が目立った。(02:36)


---RASFF annual report 2007---
http://ec.europa.eu/food/food/rapidalert/report2007_en.pdf