2008年7月27日日曜日

サブプライム 米地銀2行が経営破綻

米地銀2行が経営破綻した。
FDICはファースト・ナショナル・バンク・オブ・ネバダとカリフォルニア州の
ファースト・ヘリテージ・バンクが経営破綻したと発表した。
FDICによると、ファースト・ナショナルの総資産は約34億ドルで預金額は
約30億ドル、ネバダ州内などに25支店を構えている。ファースト・ヘリテージは
資産2億5400万ドル、預金額は2億3300万ドルで支店数は3店。

日本でバブル崩壊と呼ばれてから少し経った頃に似ている。
景気が低迷して、公的資金が投入され、強い投資家が買いあさることが10年は
続くのだろう。米国を買う投資家は中国、インドやロシアになるのかも知れない。
市場原理だからしょうがないのか。


---米銀行:2行が経営破綻 サブプライム問題根深く---
毎日新聞 2008年7月26日 18時30分
http://mainichi.jp/select/biz/news/20080727k0000m020022000c.html

 【ワシントン斉藤信宏】米連邦預金保険公社(FDIC)は25日、ネバダ州のファースト・ナショナル・バンク・オブ・ネバダとカリフォルニア州のファースト・ヘリテージ・バンクが経営破綻(はたん)したと発表した。FDICは2行の資産を差し押さえ、ネブラスカ州のミューチュアル・オブ・オマハ・バンクに譲渡した。米国内では2週間前にもカリフォルニア州の住宅金融大手インディマック・バンコープが破綻したばかり。
 25日に破綻した2行は資産規模こそインディマックの10分の1以下と小さいが、相次ぐ金融機関の破綻は、低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)問題の深刻さを改めて浮き彫りにした。
 FDICによると、ファースト・ナショナルの総資産は約34億ドル(約3670億円)で預金額は約30億ドル、ネバダ州内などに25支店を構えている。ファースト・ヘリテージは資産2億5400万ドル、預金額は2億3300万ドルで支店数は3店。
 ファースト・ナショナルはサブプライム関連の評価損などの影響で、08年1~3月期に1億3130万ドルの純損失を計上。経営の先行きが危ぶまれていた。

0 コメント: