2008年7月21日月曜日

中国 各地から内乱報道

中国の各地から内乱が起きている報道がある。
7/19 河北省広宗県警察署爆発10人が負傷
7/18 中国家庭教会連合会会長夫妻を北京から追放
7/9 中国雲南省孟連県住民2人が死亡1人が負傷

ほとんどが中国人権民主化運動情報センターの情報のようだ。
五輪が近いから話題を提供しているのか、常態化しているので伝えないのか
わからない。
中国人権民主化運動情報センターの信頼性はどのくらいなのだろう。


---中国公安当局、地下教会代表を北京市外に追い出す…香港英字紙---
2008年7月20日23時15分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080720-OYT1T00639.htm

 【香港=吉田健一】20日付の香港英字紙サウスチャイナ・モーニングポストは、中国公安当局が18日、政府非公認のキリスト教地下教会の団体「中国家庭教会連合会」の張明選会長夫妻を滞在先の北京から河北省に強制的に追い出したと報じた。
 北京五輪期間中、張氏と海外要人が情報交換を行うことを阻止する狙いがあるとみられる。
 同紙によると、張氏夫妻は、滞在先の北京市内の宿泊施設から7人前後の私服警官に無理やり車に乗せられ、河北省の宿泊施設に運ばれた。警官は張氏に「五輪期間中は北京に滞在するな」と話したという。張氏は6月中旬にも欧州連合(EU)の欧州議会議員と面会しようとしたところを公安当局に一時拘束された。
 共産党一党独裁体制の中国では、政府が許可した宗教活動しか認められておらず、地下教会は弾圧の対象となっている。


---中国雲南省で住民と警官衝突、2人死亡…地元企業に抗議中---
2008年7月20日23時11分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080720-OYT1T00416.htm

 【北京=牧野田亨】中国国営新華社通信によると、中国雲南省南部の孟連県で19日朝、住民約400人と警官隊が衝突、警官側がゴム弾を発砲し、住民2人が死亡、1人が負傷した。
 香港の人権団体・中国人権民主化運動ニュースセンターによると、公安当局は20日朝までに住民20人を拘束したという。
 中国当局は8月8日開幕の北京五輪を前に治安維持に全力を挙げているが、各地で住民暴動が相次いでいる。
 同通信によると、住民の一部はゴム栽培に従事する農民で、地元のゴム関連企業に対して抗議行動を繰り返していた。警官隊が抗議行動の現場に出動した際、住民との衝突が起きた。抗議は賃金などをめぐるトラブルが発端とみられる。
 孟連県はミャンマー国境に近く、住民の大半をタイ族など少数民族が占める。


---中国河北省の公安局で爆発---
2008.7.20 19:22
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080720/crm0807201922010-n1.htm

 香港の人権団体、中国人権民主化運動ニュースセンターは20日、中国河北省広宗県の公安局で今月9日に爆発があり、10人が負傷し病院に運ばれたと伝えた。
 同センターは、爆発の原因は不明としながらも、地元住民の話から公安局に不満を持った住民が起こした事件の可能性が高いと指摘している。病院に運ばれた人の大半は、爆発で割れたガラスの破片で負傷したという。
 中国では今月1日、刃物を持った男が上海の公安局の分局を襲撃し6人の警官が死亡する事件があったほか、公安当局を標的にした暴動も相次いでいる。(共同)


---中国:河北省の警察署内で9日に爆発、10人負傷---
毎日新聞 2008年7月20日 18時25分
http://mainichi.jp/select/world/asia/news/20080721k0000m030035000c.html

 【台北・庄司哲也】香港の人権団体「中国人権民主化運動情報センター」は20日、中国河北省広宗県の警察署内で9日に爆弾が爆発し、10人が負傷したと発表した。原因は不明だが、中国では警察当局と住民との衝突事件が相次いでいる。住民が警察への不満から爆弾を仕掛けた可能性もあるという。
 センターによると、地元警察官や病院は爆発があったことを認めたが、原因については語らなかったという。

0 コメント: