2008年7月24日木曜日

HSBC 外換銀買収へ

HSBCの外換銀買収の審査が開始するようだ。
ローンスターが保有する外換銀行株式をHSBCに譲渡する契約を受け、韓国政府は
承認の可否を判断する審査に着手する。
韓国政府高官は「確定的なことは言えないが、HSBCによる外換銀買収を承認する
方向で決まる可能性がある」と述べた。
ローンスターは外換カードの株価操作事件をめぐり、二審で無罪判決を受けた。
外換銀譲渡の有効性をめぐる裁判は一審で係争中だ。

韓国政府はローンスターはだめだが、HSBCだったら問題なしと言うことか。
そのために、HSBCはEUの格付け機関に高い広告費を払い、宣伝をしたのかも
しれない。

---HSBCの外換銀買収、韓国政府が審査開始へ---
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 李陳錫(イ・ジンソク)記者
http://www.chosunonline.com/article/20080724000007

 米投資ファンドのローンスターが保有する外換銀行株式を英系大手銀行HSBCに譲渡する契約を結んだことを受け、韓国政府は23日、承認の可否を判断する審査に着手することを決めた。
 韓国政府高官は「HSBCとローンスターが結んだ譲渡契約の有効期限が切れる今月末までに審査手続きを開始する方向で検討している。政府がいかなる措置も下さなければ無責任と取られる恐れがある」とした上で、「まだ確定的なことは言えないが、審査の結果はHSBCによる外換銀買収を承認する方向で決まる可能性がある」と述べた。
 韓国政府は当初、ローンスターをめぐる訴訟が進行中で、大法院で判決が確定するまでは承認手続きを進められないとの立場を示し、HSBCが申請した大株主承認手続きの審査自体を保留してきた。
 政府が当初方針を変更し審査手続きの開始を決めたことになり、法的問題が最終的に解決しない段階で国内銀行が外資系に譲渡されることには異論も出そうだ。
 ローンスターは最近、外換カードの株価操作事件をめぐり、二審で無罪判決を受けた。また、2003年のローンスターに対する外換銀譲渡の有効性をめぐる裁判は一審で係争中だ。
 政府関係者は「承認審査手続きを開始するといっても、すぐに承認するわけではなく、裁判所の判決を見守りながら承認の可否を判断する方針だ」と指摘。別の担当官庁高官も「個人的には反対だが、(政府部内の)大多数がHSBCによる外換銀買収が不可避だとの立場だ」と述べ、政府部内でも足並みがそろっていないことを示唆した。

0 コメント: