2008年7月24日木曜日

The media just love Obama

メディアは「オバマ氏に恋してる」らしい。
米大統領選でジョン・マケイン陣営は米メディアはバラク・オバマに魅せられ
ていると批判する映像を公表した。
6月に3大ネットワークがニュースで放送した時間は、オバマ氏の計114分に対し、
マケイン氏は半分以下の48分との調査結果もあるとのこと。

代わり映えしない政治よりも劇場型政治の方が面白いからメディアは恋する。
日本の結果を当てはめると党方針をぶち壊し、政治は思い通りになるが、
数年経つと欠点が目立つようになり、立ち直るのに倍以上の時間と費用が
必要になる。グローバリズムで世界に影響する米国の経済が失速すれば、
世界恐慌やテロが頻発化し、反米派が台頭するようになる。



Obama Love


Obama Love V2


Fox News The media just love Obama


John McCain: The media's maverick?


---メディアは「オバマ氏に恋をしてる」 マケイン陣営がユーチューブ投稿---
2008.7.23 19:27
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080723/amr0807231927008-n1.htm

 【ニューヨーク=長戸雅子】米メディアはオバマ氏に恋をしている-。米大統領選で共和党のジョン・マケイン上院議員の陣営は22日、米メディアは民主党のバラク・オバマ上院議員に魅せられていると批判する映像を公表し、動画投稿サイトのユーチューブに投稿した。
 勝利すれば初の黒人大統領という話題性や、上院議員1期目という清新さでメディアの寵児(ちょうじ)となっているオバマ氏に比べ、マケイン氏に対する米メディアの関心の薄さは否めない。6月に3大ネットワークがニュースで放送した時間は、オバマ氏の計114分に対し、マケイン氏は半分以下の48分との調査結果もある。
 マケイン陣営はこうした状況を逆手に取り、「バラクに恋するメディア」と題した映像を作成した。1960年代のヒット曲「君の瞳に恋してる」をBGMに、キャスターらがオバマ氏について“熱く”語るニュース映像を使用している。3月のマケイン氏の中東訪問には同行しなかった3大ネットの看板キャスターたちが、オバマ氏の中東・欧州歴訪には同行していることにも言及している。
 支持者へのメールでマケイン陣営は、「メディアがオバマ氏に奇妙な陶酔感を抱いているようだ。恋愛関係といえるかもしれない」と蜜月関係を揶揄(やゆ)した。

0 コメント: