2008年9月15日月曜日

リーマン破綻、メリル合弁、次はAIGか

米金融危機が進む。
リーマン・ブラザーズは経営破綻、メリルリンチはバンカメと合弁のようだ。
AIGは経営不安のためFRBに400億ドルの短期融資を要請。
シティ、バンカメ、メリルリンチ、モルガン・スタンレー等の共同出資による
総額700億ドルの基金を設立。

リーマンの負債は60兆円を越えるようだ。
債権者はシティバンクN.A.とニューヨーク銀行メロン社。
連鎖になると本格的な金融危機になるかも知れない。

リーマンが破綻したことで、丸紅投資詐欺によるアスク社の裁判が流れる。
一番儲かったのは、リーマンの業務保険会社かもしれない。
もしかして、AIGか。


---Lehman Files for Biggest Bankruptcy as Suitors Balk (Update1)---
By Yalman Onaran and Christopher Scinta
Last Updated: September 15, 2008 04:06 EDT
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601087&sid=aPTIdpST8HJ0&refer=home

Sept. 15 (Bloomberg) -- Lehman Brothers Holdings Inc., the fourth-largest U.S. investment bank, succumbed to the subprime mortgage crisis it helped create in the biggest bankruptcy filing in history.

The 158-year-old firm, which survived railroad bankruptcies of the 1800s, the Great Depression in the 1930s and the collapse of Long-Term Capital Management a decade ago, has filed a Chapter 11 petition with U.S. Bankruptcy Court in Manhattan today. The collapse of Lehman, which listed more than $613 billion of debt, surpasses WorldCom Inc.'s insolvency in 2002 and Drexel Burnham Lambert's failure in 1990.

Lehman was forced into bankruptcy after two suitors, Barclays Plc and Bank of America Corp., abandoned takeover talks yesterday and the company lost 94 percent of its market value this year. Chief Executive Officer Richard Fuld, who started working for the New York-based firm in 1969 and turned it into the biggest underwriter of mortgage-backed securities at the top of the U.S. real estate market, joins his counterparts at Bear Stearns Cos., Merrill Lynch & Co. and more than 10 banks that couldn't survive this year's credit crunch.

``There is likely to be a domino effect as other firms and individuals who relied on Lehman for financing feel the effects of its meltdown,'' said Charles ``Chuck'' Tatelbaum, a bankruptcy lawyer with Lauderdale, Florida-based Adorno & Yoss and former editor of the American Bankruptcy Institute Journal. ``The whole thing is frankly frightening for the U.S. economy.''

The filing is by Lehman's holding company and won't include any of its subsidiaries. Lehman's largest unsecured creditors are Citibank N.A. and The Bank of New York Mellon Corp. as trustees for bondholders owed $138 billion. The bank listed $639 billion of assets.

Barclays, Bank of America

Barclays, which had emerged as a leading candidate to acquire Lehman, pulled out first yesterday, saying it couldn't obtain guarantees from the government or other Wall Street firms to protect against potential losses on Lehman's assets. Bank of America withdrew about three hours later, before saying it would acquire Merrill Lynch. Banks and brokers sought yesterday to consolidate trades linked to Lehman to minimize the impact of a bankruptcy filing.

Founded in 1850 by three Jewish immigrants from Germany, Lehman has managed to avert previous potential disasters and was among the handful of U.S. financial firms that had endured for more than a century.

Fuld, the longest-serving CEO on Wall Street, attempted to shore up the firm's finances in the second quarter by raising $14 billion of capital, selling $147 billion of assets, increasing cash holdings and reducing reliance on short-term funding to create a buffer against a bank run.

Historic Loss

Lehman last week reported the biggest loss in its history and said it planned to sell a majority stake in its asset- management unit, spin off real-estate holdings and cut the dividend in an effort to shore up capital and regain investor confidence. The efforts failed to stem speculation that the firm's mortgage holdings would lead to more losses. Lehman fell 77 percent last week in New York trading.

The U.S. Treasury and the Federal Reserve negotiated with Wall Street executives for the past three days in New York, trying to strike an agreement that would prevent the investment bank from failing before markets open today. Treasury Secretary Henry Paulson indicated that he didn't want to use U.S. taxpayer funds to ease a sale of the company.

Fuld, 62, is exploring the sale of its broker-dealer operation and continues to hold talks on the sale of its asset- management unit, including fund manager Neuberger Berman, the company said today in the statement.

SIPC Role

The U.S. Securities and Exchange Commission said customer accounts at Lehman are protected and agency staff will remain at the brokerage firm in the coming weeks.

Securities rules require segregation of Lehman's securities and cash, and accounts are covered by insurance provided by the Securities Investor Protection Corp., the Washington-based agency said last night. SEC employees working inside the broker's office will continue that assignment, the agency said.

``We are committed to using our regulatory and supervisory authorities to reduce the potential for dislocations from recent events, and to maintain the smooth functioning of the financial markets,'' said SEC Chairman Christopher Cox in a statement yesterday.

Brokerage units that fail usually are handled by the SIPC, which appoints a trustee to liquidate the business and protect its customers. Lehman's customer accounts may also be farmed out to other firms that could protect cash and securities, on the model of the failed junk-bond firm Drexel Burnham Lambert, which filed for bankruptcy in 1990.

`Big Mess'

Lehman's trades in commodities, derivatives and other financial instruments could be unwound by the bank's counterparties, said Andrew Rahl, co-head of bankruptcy in New York at law firm Reed Smith LLP and a specialist in financial companies.

A liquidation of the brokerage unit might be ``a big mess'' if Lehman used customer accounts to raise cash, and sale and repurchase agreements had to be unwound, Rahl said.

The trigger for SIPC to take over the Lehman brokerage would be a freezing of customer accounts, or a Chapter 11 filing that implied the unit was insolvent and its customers might not be able to access their property, the official said.

`Chaos' at First

``First there will be chaos and then an adjustment process as losses distribute themselves through the market,'' said Gilbert Schwartz, a former Federal Reserve attorney and now a partner at Schwartz & Ballen LLP in Washington. ``There won't be any lasting turmoil. Treasury and the Fed have determined that markets have adjusted to the situation since Bear Stearns. If every time a big institution went bust the markets expected the government to step in, no one would ever adapt.''

Ladenburg Thalmann & Co. analyst Richard Bove wasn't as sanguine.

``We will be entering uncharted territory,'' he said. ``Forcing liquidation will set off problems in other companies and markets everywhere.''

Rival banks and brokers today held a session for netting derivatives transactions with Lehman to reduce uncertainty in the derivatives market. That move means canceling trades that offset each other, the International Swaps and Derivatives Association said in a statement. The ISDA includes 218 banks, brokerages, insurance companies and other financial institutions from the U.S. and abroad.

Damage Test

Fed officials sought a solution that didn't involve a government bailout of Lehman. Barclays, the U.K.'s third-biggest bank, said in a statement that it walked away after failing to obtain guarantees to protect against potential losses at the U.S. securities firm.

Any sale of Lehman's investment management units would be subject to court approval and creditor scrutiny if Lehman goes into Chapter 11, Tatelbaum said.

``Bankruptcy severs all counterparty contracts, and therein lies the systemic risk,'' said David Kotok, chief investment officer of Vineland, New Jersey-based Cumberland Advisors Inc., which manages $1 billion. ``This would be the first time we've tested how much damage will be done by a bankruptcy.''

Lehman's filing was made by lawyers from New York's Weil Gotshal & Manges LLP led by Harvey Miller.

The case is In re Lehman Brothers Holdings Inc., 08-13555, U.S. Bankruptcy Court, Southern District of New York (Manhattan).


---【米金融危機】リーマン連邦破産法申請へ メリルはバンカメと合併合意---
2008.9.15 16:00
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/080915/fnc0809151559008-n1.htm

 【ニューヨーク支局】経営危機に直面していた米証券4位のリーマン・ブラザーズは15日、救済策をめぐる複数の金融機関との交渉が不調に終わったことで経営が破綻し、連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請すると発表した。一方、リーマン救済の交渉を続けた米銀2位のバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)は同日、証券3位のメリルリンチの買収を発表した。さらに、米保険首位のアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)も経営不安が拡大、米連邦準備制度理事会(FRB)に対し、400億ドル(約4兆2000億円)の異例の短期融資を要請したことも明らかとなった。サブプライムローン問題に端を発した米金融市場の動揺は、大手金融機関の連鎖的な信用不安に発展、本格的な金融危機の様相を帯びてきた。
 リーマンをめぐる救済策は、金融当局と民間金融機関がニューヨーク連銀で12日夜から協議を続けてきた。政府は公的資金投入を拒否する一方、民間側は将来の損失回避に政府の支援を求めたことから、身売り交渉は難航。最終段階ではバンカメと英銀大手バークレイズによる買収がぎりぎりまで検討されたが、米政府の公的資金注入は望めず、交渉が頓挫した。
 一方、バンカメは、サブプライム問題の関連損失による経営不安が続くメリル救済の交渉に変更。両社は金融市場の混乱を回避するため、急遽合併の合意に達した。証券大手の経営危機がリーマンからメリルに及ぶのを抑え込みたい意向から、金融当局が後押しに動いたとの見方もある。
 バンカメのケネス・ルイス会長兼最高経営責任者(CEO)は「相乗効果により企業価値が高まる」とのコメントを発表。幅広い顧客層をもち個人取引に強いバンカメと、企業取引や富裕層に基盤をもつメリルの組み合わせが、より強みを発揮できると強調した。
 米金融業界では今年3月、5位のベアー・スターンズが米銀3位のJPモルガンチェースに救済合併されるなど、サブプライム問題に伴う巨額損失を抱えた大手金融機関への信用不安が表面化した。
 傷みが激しい金融機関は資産売却や人員整理に加え、自力で巨額の増資を募るなどリストラに奔走している。さらに、この日は保険最大手のAIGまでFRBに巨額の緊急融資を要請していた事実が報じられるなど、危機の連鎖に歯止めがかからない状態だ。


 リーマン・ブラザーズ 米証券4位。リーマン3兄弟が1850年に創業。本社はニューヨーク。ニューヨーク、ロンドン、東京を3大拠点と位置付け、20数カ国に展開。東京支店は1986年に開設。従業員は世界で約2万5千人。2008年6~8月期決算見通しは最終損失が39億2700万ドル。赤字は2四半期連続で、1994年の株式上場以来最大。(ニューヨーク 共同)


---リーマン、破産法の適用申請…バンカメはメリル合併発表---
2008年9月15日14時00分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20080915-OYT1T00336.htm

 【ニューヨーク=山本正実】米銀行2位のバンク・オブ・アメリカは15日、米証券3位のメリルリンチを救済合併することで合意したと発表した。
 一方、経営難から身売り交渉を進めてきた米証券4位のリーマン・ブラザーズも同日、自主再建を断念し、連邦破産法の適用を裁判所に申請し、経営破たんした。
 昨年から金融市場を混乱させてきた低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」問題は、世界有数の米大手証券2社の淘汰(とうた)と大型再編に発展した。


---リーマン破綻 米政府、公的支援に慎重姿勢崩さず---
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080915AT2N1503215092008.html

 【ワシントン=大隅隆】リーマン・ブラザーズ破綻の背景に、米政府や米連邦準備理事会(FRB)が公的支援に慎重だったことが挙げられる。安易な救済が相次げば、金融機関のモラルハザード(倫理の欠如)が強まると判断し、公的支援で救済した3月の「ベアー・スターンズ型」とは一線を画した格好だ。だが、金融不安の根底にある住宅・不良債権問題は解決していない中で、今後も同様の方針をとり続けるかどうかは不透明だ。
 財務省、FRB、民間金融機関を交えた13日からの協議で、民間金融機関が資金を出し合ってリーマンの不良債権を買い取る案も浮上した。ただ、公的支援なしでは新たに損失が生じる可能性が大きいことに民間側は難色を示して頓挫。この案とセットだった株式売買や資産運用など優良事業の売却計画も行き詰まり、リーマンは破産法申請に追い込まれた。 (14:00)


---米欧の銀行・証券10社が700億ドル基金、金融市場混乱に備え---
2008年9月15日13時46分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20080915-OYT1T00327.htm

 【ニューヨーク=山本正実】米欧の大手銀行・証券10社は14日、米大手証券リーマン・ブラザーズの経営難に伴う金融市場の混乱に備え、共同出資による計700億ドル(約7兆4000億円)の基金を設立すると発表した。
 1社あたり70億ドルを負担し、資金繰りが厳しくなった時に、基金から借り入れる仕組みだ。
 参加するのは、米大手銀行のシティグループ、バンク・オブ・アメリカや、米大手証券のメリルリンチ、モルガン・スタンレーなどだ。


---AIG、FRBに異例の支援要請=経営難で「4兆円必要」の報道も---
http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2008091500094

 【ニューヨーク14日時事】米証券大手リーマン・ブラザーズの経営危機に続き、米保険最大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の経営不安が高まってきた。複数のメディアは14日、AIGが米連邦準備制度理事会(FRB)に対し、異例の短期融資を要請していると報道。米紙ニューヨーク・タイムズは、AIGがFRBに対し、400億ドル(約4兆2000億円)のつなぎ融資を求めていると伝えた。(2008/09/15-13:32)


---米リーマン、清算手続きへ---
2008.9.15 13:14
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/080915/fnc0809151310007-n1.htm

 経営危機に陥った米証券大手リーマン・ブラザーズの救済を目指す官民協議が不調に終わり、リーマンが清算手続きに入る可能性が強まった。14日に米メディアが伝えた。
 12日からニューヨークで開かれたリーマン救済をめぐる官民協議では、バンカメと英銀大手バークレイズがリーマンの買収を検討したが、米政府の公的資金活用などの支援が望めないため断念した。
 官民協議では、リーマンの不良資産を分離し、将来の損失に備えて金融機関が資金支援する案が出たが、合意できなかった。リーマンの清算は混乱を防ぐため、営業縮小を銀行団が支援する。
 リーマンは9日に前日比約45%安となるなど株価が急落。10日に6~8月期の決算見通しを前倒しで発表したが、株安に歯止めがかからなかった。(共同)


---バンカメ、メリル買収 リーマンとの連鎖破綻を回避---
2008.9.15 12:54
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/080915/fnc0809151257006-n1.htm

 経営難に陥っている米証券3位メリルリンチが14日夜、米銀第2位のバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)に買収されることで合意した。米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)が報じたもので、買収額は約440億ドル(約4兆6000億円)。証券大手リーマン・ブラザーズが破綻の危機に直面したことを受けて、自社への連鎖を回避するために急きょ、身売りを決めたとみられる。
 バンカメは、メリルに対して1株当たり約29ドルと前週末の終値(17・05ドル)を大幅に上回る価格を支払う。バンカメは一時、リーマンの買収に関心を示したが、政府の支援が得られないことから、メリル買収に方向転換した。
 メリルは低所得者向け高金利型住宅ローン(サブプライムローン)問題に絡み、多額の損失を計上し、4半期ベースで4期連続の赤字を計上。市場では「リーマンが破綻すれば、次はメリル」と見られていた。


---米リーマン、清算手続きへ バンカメとメリル合併合意---
2008年9月15日 12時35分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008091501000006.html

 【ニューヨーク14日共同】経営危機に陥った米証券大手リーマン・ブラザーズの救済を目指す官民協議が不調に終わり、リーマンが清算手続きに入る可能性が強まった。14日に米メディアが伝えた。また米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)によると、米銀大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)が米証券大手メリルリンチを440億ドル(約4兆7000億円)で買収することで合意した。シティグループを抜き、米最大の金融機関となる。
 今月7日に政府系住宅金融2社への公的資金投入による救済策が発表されたばかりだが、米サブプライム住宅ローン問題に端を発する金融市場の混乱は収まらず、経営体力の弱った米金融大手の淘汰と大型再編に発展した。
 12日からニューヨークで開かれたリーマン救済をめぐる官民協議では、バンカメと英銀大手バークレイズがリーマンの買収を検討したが、米政府の公的資金活用などの支援が望めないため断念。バンカメは、リーマン同様にサブプライム問題関連の損失拡大に苦しむメリルの買収に転じた。


---SEC、リーマンの顧客資産保護へ主要国当局と連携---
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080915AT2N1503G15092008.html

 【ワシントン=大隅隆】米証券取引委員会(SEC)のコックス委員長は14日、日本の金融庁を含む主要国金融当局と連携し、米証券大手、リーマン・ブラザースの顧客資産保護に取り組む方針を明らかにした。
 コックス委員長はSECが発表した声明のなかで「混乱を緩和するように注力する」と表明。リーマンに派遣しているSEC職員が引き続き駐在。同社の親会社であるリーマン・ブラザース・ホールディングスの経営難によって、顧客資産が不測の損失を受けないようにする。(12:20)


---AIGが大規模合理化実施へ、100億ドル出資も要請…米紙---
2008年9月15日10時15分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20080915-OYT1T00211.htm

 【ニューヨーク=山本正実】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は14日、米保険最大手のAIGが航空機リース事業などの保有資産を処分する大規模な合理化策を固めたと報じた。 15日をめどに発表するという。さらに、資本増強するため、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)などの米投資会社に100億ドル以上の出資を要請しているという。


---バンカメ、メリルリンチを救済合併へ…欧米メディア報道---
2008年9月15日11時43分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20080915-OYT1T00154.htm

 【ニューヨーク=山本正実】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ、電子版)など欧米メディアは14日、米銀行大手バンク・オブ・アメリカが、株価が急落するなど経営の先行きが不透明になっていた米証券大手メリルリンチを救済合併することで合意したと報じた。
 14日夜にも発表される可能性があるという。
 報道によると、バンク・オブ・アメリカが、メリルリンチの株式を1株29ドルで買い取り、買収総額は440億ドル(約4兆7000億円)という。バンク・オブ・アメリカは一時、経営危機に陥った米大手証券リーマン・ブラザーズの買収を検討したが、メリルリンチの買収に方針を転換したとみられる。
 一方、リーマンの買い手として有力視されていた英バークレイズは14日、買収を断念したと伝えられた。バンク・オブ・アメリカとバークレイズの両行が買収交渉から撤退することで、リーマンが経営破たんする恐れも出てきた。WSJの報道によると、リーマンは連邦破産法の適用申請に備え、有力法律事務所と契約したという。
 欧米の大手銀行・証券は、破産法申請に備え、リーマンと取引しているデリバティブ(金融派生商品)を解消する準備に入ったという。
 経営破たんすれば、15日以降の世界の金融市場が混乱する恐れもある。昨年夏に起きたサブプライムローン問題に伴う
金融危機は、米大手証券2社を巻き込んだ大型再編に発展する様相となっている。


---バンカメ、メリル買収合意 リーマン救済難航受け---
2008.9.15 10:28
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080915/amr0809151026002-n1.htm

 米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は14日、米銀大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)が米証券大手メリルリンチを440億ドル(約4兆7000億円)で買収することで合意した、と伝えた。
 バンカメと英銀行大手バークレイズは経営危機の米証券大手リーマン・ブラザーズの買収を検討したが、米政府の支援が望めず難しいとの判断に傾き交渉は不調に終わった。リーマンの救済策をめぐる官民協議は難航しており、経営破たんの恐れが強まっている。
 サブプライム住宅ローン問題に端を発した金融危機は経営体力の弱った米金融大手の淘汰(とうた)と大型再編に発展する様相だ。
 バンカメは、リーマン同様にサブプライム問題関連の損失拡大に苦しむメリルの買収に転じた。
 ニューヨーク市場のメリルリンチ株は、12日の終値が17.05ドルで、1週間前に比べて4割近くも下落していた。(共同)


---バンカメとメリル、統合交渉始まる リーマン救済難航受け---
2008.9.15 09:12
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/080915/fnc0809150916003-n1.htm

 米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は14日、米銀大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)と米証券大手メリルリンチが経営統合交渉を始めた、と報じた。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)によると、バンカメは少なくとも382億5000万ドル(約4兆1000億円)でメリルを買収する方向で交渉中で、同日夜にも発表の見通しという。
 バンカメと英銀行大手バークレイズは経営危機の米証券大手リーマン・ブラザーズの買収を検討したが、米政府の支援が望めず難しいとの判断に傾き交渉は不調に終わった。リーマンの救済策をめぐる官民協議は難航しており、経営破たんの恐れが強まっている。
 バンカメは、リーマン同様にサブプライム問題関連の損失拡大に苦しむメリルの買収に転じた。(共同)


---欧米主要金融、リーマン向けデリバティブ取引を整理 破綻申請に備え---
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080915AT2N1500615092008.html

 【ニューヨーク=財満大介】欧米主要金融機関などは14日午後、米大手証券リーマン・ブラザーズ向けのデリバティブ(金融派生商品)取引を手じまうための緊急取引を行った。業界団体の国際スワップ・デリバティブズ協会(ISDA)が同日、声明を出して明らかにした。
 ISDAは「取引はリーマン・ブラザーズが破産法適用を申請した場合のリスクを回避するため」と説明。リーマンの破綻で、他の金融機関に損失が連鎖する事態を避ける狙いがある。取引は14日午後2時から6時にかけて行われ、株式、債券、金利、為替や商品などすべてのデリバティブ取引について、他の金融機関に取引を移行するなどした。
 ISDAによると、取引はリーマンが14日午後11時59分までに破綻を申請した場合にのみ有効。申請が行われなければ無効になるという。(07:51)


---バンカメとバークレイズ、リーマン買収交渉から撤退か 米報道---
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080915AT3K1500315092008.html

 【ニューヨーク=藤井一明】複数の米メディアは14日、米大手銀行バンク・オブ・アメリカと英大手銀行バークレイズが米証券大手リーマン・ブラザーズを買収する交渉から撤退したと伝えた。財務省と米連邦準備理事会(FRB)はリーマンの身売りについて週内の決着をめざしてきたが、有力な買い手の2社が手を引き、情勢は厳しさを増している。
 リーマンの救済と合わせて公的資金の活用を柱とする政府の支援を求める民間側と、慎重な政府の溝が埋まらなかったとの観測も広がっている。(07:28)


---ANALYSTS' VIEW-Lehman files for bankruptcy, Merrill to be sold---
Mon. September 15, 2008; Posted: 02:38 AM
http://www.tradingmarkets.com/.site/news/Stock%20News/1880280/

SINGAPORE, Sept 15, Sep 15, 2008 (Reuters via COMTEX) -- LEH | Quote | Chart | News | PowerRating -- Lehman Brothers Holdings filed for bankruptcy protection on Monday, while Bank of America announced it will buy Merrill Lynch & Co, in latest developments in the troubled U.S. financial sector.

Meanwhile, the U.S. Federal Reserve and major banks announced steps to mitigate market volatility.

ANALYSTS' COMMENTS:

- PETER DOUGLAS, FOUNDER OF HEDGE FUND CONSULTANCY GFIA:

"The U.S. and the Fed in particular, appear to be drawing a line under public funding.

"In the near term, this will be very disturbing for markets, as the "Bernanke put" clearly applies to a finite number of entities, and not to any large institution merely by virtue of its size."

"Longer term this is very healthy as it accelerates the clearing process, and therefore the rehabilitation of the financial system."

- ROHAN WALSH, INVESTMENT MANAGER AT KARARA CAPITAL, MELBOURNE:

"I suppose Merrill being bought might be a good thing, going to a stronger balance sheet. That's not necessarily a bad thing for the market.

"But Lehman is obviously creating uncertainty on how the counterparty risks work through, and how the derivatives exposures work through. It can't be a good thing and also the market is very worried about AIG.

"There is a number of implications and counterparties... obviously a big development and very concerning in terms of the broader impact on the financial system. It's hard to know what the implications are and what are the related exposures."

- MUHAMMAD AURANGZEB , MANAGING DIRECTOR RBS FOR SOUTHEAST ASIA AND PAKISTAN (IN REMARKS TO REPORTERS):

"Unlike Bear Stearns, where literally things happened overnight, this has been in the news as it has been unraveling over the past few days.

"That has allowed time for the banks and for the markets to look at this risk situation, look at their respective positions which in turn gives me the hope and view that we will probably see a orderly resolution to this."

- V.ANANTHA NAGESWARAN, HEAD OF INVESTMENT RESEARCH, ASIA-PACIFIC, BANK JULIUS BAER, SINGAPORE:

"To me the financial sector problems are a side-show. The real show is the U.S. economic slowdown and the consumer deleveraging, and that will play out for a couple of years if not longer.

"The retail sales number we saw on Friday was just the beginning."

- SEAN CALLOW, STRATEGIST, WESTPAC BANK, SYDNEY:

"The whole fresh wave of financial turmoil - Lehman, Washington Mutual, Merrill Lynch, AIG, etc - should play USD negative, especially as Feb 2009 Fed funds have rallied 20 basis points since Friday."

- CHRISTOFFER MOLTKE-LETH, HEAD OF SALES TRADING, SAXO CAPITAL MARKETS, SINGAPORE:

"It's going to have a major effect on financials in particular, but it will spill over into all the sectors as well.

"This just confirms that we are nowhere near the end of the crisis. And it could get really ugly in the next 6 months or so cos there's a lot more to be uncovered."

KEY POINTS:

-- If Lehman and Merrill disappear or get taken over, then three of the top five U.S. investment banks would have dissolved or been bought inside six months. Bear Stearns was acquired in a fire sale by JPMorgan in March.

-- Expectations Lehman was heading into bankruptcy prompted a rare emergency trading session to allow Wall Street dealers in the $455 trillion derivatives market to reduce their exposure to the firm.

-- Bank of America said it is buying Merrill Lynch in a $50 billion all-stock transaction.

-- To help provide liquidity, the Federal Reserve said it would accept a wider array of securities as collateral at its key borrowing windows.

(Reporting by Vidya Ranganathan, Brenda Goh and Saeed Azhar in Singapore, Mette Fraende in Sydney; editing by Neil Fullick)


---米リーマン、不良資産の分離浮上 共同買い取り巡り調整---
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080915AT2M1400O14092008.html

 【ニューヨーク=山下茂行】米財務省と米連邦準備理事会(FRB)、大手金融機関の首脳らによる米証券大手リーマン・ブラザーズの経営問題についての協議が大詰めを迎えている。13、14両日の協議では、民間が資金を出し合ってリーマンが抱える不良資産を買い取る案などが浮上したもよう。民間側の拠出額について300億ドルに上るとの観測も出ている。14日をメドに結論を出す方向で調整しているが、救済策がまとまるかどうかは依然として不透明だ。
 13日の協議では、リーマンを現在の経営形態で存続させる手法から、株式売買や資産運用などの優良事業と、不良資産(約530億ドル)に分離し、不良資産を別会社に移す手法に議論の軸足が移ったとウォールストリート・ジャーナル(電子版)など複数の欧米メディアが報じた。14日には英紙フィナンシャル・タイムズが「選択肢の一つ」として民間がリーマンの不良資産を300億ドルで買い取る案が論議されていると伝えた。(00:51)


---『リーマンに300億ドル』 10―15社での拠出浮上---
2008年9月15日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2008091502000133.html

 【ニューヨーク=共同】経営危機に陥っている米証券大手リーマン・ブラザーズの救済を目指した米政府・金融当局と有力金融機関首脳の協議が十四日、大詰めを迎えた。同社を優良資産と不良資産部門に分割した上で、不良資産の将来の損失に備えて民間金融機関十-十五社が約三百億ドル(約三兆二千五百億円)の資金を拠出する案が浮上している。欧米メディアが伝えた。
 資産運用部門など優良資産の買収候補には英銀大手バークレイズが有力になっているという。米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)が報じた。米銀大手バンク・オブ・アメリカも挙がっている。
 協議に加わっている民間側や買収候補の金融機関からは、将来の損失に備える資金として公的資金の投入を求める声が強いが、米財務省などは拒否。協議は難航しており合意できるかどうか流動的だ。
 同紙はリーマンが清算手続きも準備していると伝えた。
 リーマンを分割せず一体で売却する案は、住宅ローン関連など不良資産から将来の損失発生が見込まれるため、困難となったもようだ。


---Struggling giant insurer AIG may restructure---
http://www.latimes.com/business/la-fi-aig15-2008sep15,0,7334038.story

Its Woodland Hills-based 21st Century unit may be sold but not, sources say, its International Lease Finance arm.
By E. Scott Reckard and Peter Pae, Los Angeles Times Staff Writers
September 15, 2008
Struggling to raise billions of dollars, financial colossus American International Group Inc. on Sunday was working on a restructuring that could include the sale of Woodland Hills-based 21st Century Insurance Group, people close to the company said.

But AIG, a provider of insurance and other services, decided against selling another Southland company, aircraft leasing giant International Lease Finance Corp. of Century City, the sources said.

New York-based AIG, which has been hurt by its exposure to mortgage-related debt, reportedly rejected a private equity firm's offer to invest $8 billion in the insurer and was seeking to borrow $40 billion from the Federal Reserve, the New York Times reported.

The company, whose stock price plunged 46% last week, is said to face possible credit downgrades that could force it to post more than $13 billion in collateral.

Its struggles approached a climax on the same day that Bank of America Corp. agreed to acquire Merrill Lynch & Co. for $44 billion in stock and efforts by Lehman Bros. Holdings Inc. to find a buyer collapsed.

Spokesmen for AIG declined to comment on the company's plans.

But people close to the company's leaders, who were not authorized to speak publicly, said the board of directors was meeting into the night in New York to determine the best way to raise money to meet AIG's obligations.

One option was a sale of some of AIG's far-flung and diverse assets.

The holdings said to be under consideration for a possible sale were a majority stake in reinsurer Transatlantic Holdings of New York, whose clients are other insurers, and an employee benefits arm as well as 21st Century.

Primarily an auto insurer that sells directly to consumers, 21st Century was started in 1958 as a one-man operation by Louis W. Foster. It also sells homeowners insurance.

In September 2007, AIG, which owned 62% of 21st Century, bought the remainder for $813 million, valuing all of 21st Century at more than $2 billion.

The combination of AIG Auto Insurance and 21st Century created a top 10 auto insurer with more than 3.5 million vehicles covered.

International Lease Finance owns more than 950 planes, which it leases to airlines. The fleet is valued at nearly $50 billion. The company is the biggest buyer of commercial passenger jets made by Boeing Co. and European Aeronautic Defence Defense & Space Co.'s Airbus.

AIG acquired the business in 1990 and let its co-founder, Steven Udvar-Hazy, help run the unit. Udvar-Hazy, who became a major shareholder of AIG as a result of the sale, helped form the company in 1973.

This year, with AIG's credit woes hurting the leasing unit's ability to get favorable financing terms, Udvar-Hazy raised the prospect of separating from AIG.

In late June, AIG's new chief executive, Robert Willumstad, was quoted as saying the company had concluded that the unit was more valuable to shareholders if it was part of AIG than separate. He worked out an agreement with Udvar-Hazy that included more freedom for the unit and new employee compensation terms that were linked less tightly to AIG's performance.

0 コメント: