2008年9月9日火曜日

シード 業務停止命令

シードが業務停止命令を受けた。
東京都は「シード」が薬事法で承認を受けていない原材料配合で約14年間、
医療機器であるコンタクトレンズを製造、販売したとして、薬事法に基づき、
業務停止命令を出した。
また「シード総合研究所」が未承認配合での製造の発覚を防ぐため、埼玉県
の立ち入り検査に対し、製造記録を改ざんしていたことも判明。
業務停止を命じた。

薬事法違反は社長も把握し、約14年間続けたようだ。東京都も約14年間放置
したようだ。長期に渡って違法を摘発できない役人であれば、その役職は
いらないだろう。



SEEDコンタクトレンズB


SEEDコンタクトレンズA


---承認受けずコンタクト製造 シードに業務停止命令---
2008年9月9日 18時47分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008090901000686.html

 東京都は9日、コンタクトレンズ大手の「シード」(文京区)が薬事法で承認を受けていない原材料配合で約14年間、医療機器であるコンタクトレンズを製造、販売したとして、薬事法に基づき、10日から30日まで21日間の業務停止命令を出した。
 また製造施設「シード総合研究所」(埼玉県桶川市)が、未承認配合での製造の発覚を防ぐため、埼玉県の立ち入り検査に対し、製造記録を改ざんしていたことも判明。埼玉県は9日、研究所に10日から10月1日までの22日間の業務停止を命じた。シードは昨年11月、3年以内に製造された約41万枚を対象に自主回収。健康被害は出ていないという。
 埼玉県によると、シードは1994年ごろから複数のソフト、ハードコンタクトレンズ製品で、薬事法で承認を受けずに、プラスチックの分子をつなぐ成分「架橋剤」を規定量の30分の1にするなど変更。社長も把握していたという。(共同)

0 コメント: