2008年9月16日火曜日

リーマン・ブラザーズの負債リスト

リーマン・ブラザーズの負債リストがあった。

投稿時のリーマン・ブラザーズの負債リスト
AOZORA                    $463 million
Mizuho Corporate Bank Ltd.          $289 million
Citibank                   $275 million
BNP Paribas                 $250 million
Shinsei Bank Ltd.              $231 million
UFJ Bank Limited               $185 million
Sumitomo Mitsubishi Banking Corp.      $177 million
Mizuho Corporate Bank             $50 million
Shinkin Central Bank             $50 million
Chuo Mitsui Trust & Banking          $50 million
the Bank of Nova Scotia's Singapore branch  $50 million
Lloyds Bank                  $50 million
Hua Nan Commercial Bank of Taipei       $50 million
Bank of China                 $50 million

リーマン・ブラザーズ証券           負債3兆4000億円

FRBはゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースなどから、
AIGに700億-750億ドル融資を設けるよう要請したようだ。
ゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースも利益がないのに
他社への融資ができるのだろうか。
AIGと同様に破綻が懸念されているワシントン・ミューチュアルについては
対策がないようだ。


リーマンブラザーズ経営破綻の真相①


リーマンブラザーズ経営破綻の真相②


---【関連】日本法人が再生法申請 リーマン 負債規模3兆4000億円---
2008年9月16日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2008091602000059.html

 米証券大手リーマン・ブラザーズの経営破たんを受け、同社の日本法人リーマン・ブラザーズ証券(本社・東京港区)は十六日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。これに先立ち、金融庁は同証券に業務停止命令を出すとともに東京証券取引所もリーマンによる売買を停止。ライブドアへの資金協力など東京市場でのM&A(買収・合併)ビジネスにも名をはせたリーマンの業務はストップした。
 帝国データバンクによると、日本法人と関連一社の負債規模は約三兆四千億円で、二〇〇〇年十月の協栄生命(負債額四兆五千二百九十七億円)に次ぐ戦後二番目の負債規模の大型倒産となった。
 今後の動向はグループ全体の業務の再建計画に委ねられるが千三百人の従業員のうち相当程度が解雇される可能性が濃厚だ。
 リーマンは一九八六年に東京支店を開設。アジア地域の統括本部の役割も持たせるとともに、日本でも積極的に企業買収の仲介や、証券売買の仲介を展開してきた。
 二〇〇五年にライブドアがニッポン放送の買収を企てた際は、ライブドアが発行した八百億円の転換社債を引き受け、資金調達に協力。ライブドア株が上昇した後に、社債を株に転換して売却、百億円を超す利益を上げたといわれる。
 また外国人投資家からの注文を取り次ぐ業務にも強みを持ち、東京証券取引所での売買代金でも上位を占め、相場動向にも大きな影響を及ぼしてきた。
経済閣僚らと対応を協議 福田首相
 リーマン・ブラザーズ証券が米連邦破産法一一条の適用を申請したことを受け、福田康夫首相は十六日午前、経済閣僚を集めて日本経済への影響や今後の対応について協議した。日本の金融機関がリーマンに多額の融資をしているが、茂木敏充金融相は「資本の厚みからみて、日本の金融機関に対して重大な影響を与えることはない」と説明した。
 協議には、町村信孝官房長官や伊吹文明財務相、白川方明日銀総裁らが出席。株価や為替など金融市場の動向に対して注視していくことや、日本経済への混乱を最小限にするため、閣僚間での連携強化を進めることで一致した。
 一方、金融庁は日本法人のリーマン・ブラザーズ証券に対して、十五日から二十六日までの十二日間にわたり業務停止命令を出したほか、資産の国内保有命令を出した。国外の関連会社に資産が流出しないことや、万全な投資家保護を命じた。


---リーマン破たん 日本法人負債3兆円 民事再生法を申請---
2008年9月16日 16時30分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008091690162908.html

 米証券大手リーマン・ブラザーズの経営破たんを受け、同社の日本法人リーマン・ブラザーズ証券(東京)は16日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。これに先立ち、金融庁は同証券に業務停止命令を出すとともに東京証券取引所もリーマンによる売買を停止。ライブドアへの資金協力など東京市場でのM&A(買収・合併)ビジネスにも名をはせたリーマンの業務はストップした。
 帝国データバンクによると、日本法人と関連1社の負債規模は約3兆4000億円で、2000年10月の協栄生命(負債額4兆5297億円)に次ぐ戦後2番目の負債規模の大型倒産となった。
 日本法人の事業売却など今後の動向はグループ全体の業務の再建計画に委ねられるが、1300人の従業員のうち相当程度の従業員が解雇される可能性が濃厚だ。
 リーマンは1986年に東京支店を開設。アジア地域の統括本部の役割も持たせるとともに、日本でも積極的に企業買収の仲介や、証券売買の仲介を展開してきた。
 2005年にライブドアがニッポン放送の買収を企てた際は、ライブドアが発行した800億円の転換社債を引き受け、資金調達に協力。ライブドア株が上昇した後に、社債を株に転換して売却、100億円を超す利益を上げたといわれる。
 また、外国人投資家からの注文を取り次ぐ業務にも強みを持ち、東京証券取引所での売買代金でも上位を占め、相場動向に大きな影響を及ぼしてきた。(中日新聞)


---【米金融危機】みずほ信託が業績下方修正 リーマンで損失118億円---
2008.9.16 15:24
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/080916/fnc0809161531029-n1.htm

 みずほ信託銀行は16日、米証券大手リーマン・ブラザーズの経営破綻(はたん)に伴って118億円の損失が発生する見込みとなったと発表した。平成20年9月中間連結決算の純利益予想をこれまでの210億円から90億円に下方修正した。
 リーマンの破綻で業績予想を下方修正した国内金融機関は初めて。
 みずほ信託は米リーマン向けに貸し出しが100億円あり、社債も約18億円保有。全額が回収不能になると見込んで、全額を損失計上する。
 21年3月期については、11月の中間決算発表時に業績予想を修正し、公表する。


---【米金融危機】日米欧中銀が大量資金供給 市場沈静化へ15兆円超---
2008.9.16 15:23
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/080916/fnc0809161530028-n1.htm

 日米欧の中央銀行は16日までに、米証券大手リーマン・ブラザーズの経営破綻(はたん)による短期金融市場の動揺を抑えるため、合わせて15兆2000億円を超える大量の資金供給に踏み切った。市場沈静化へ協調姿勢を鮮明にした。
 米連邦準備制度理事会(FRB)は15日、ニューヨーク連邦準備銀行を通じて2回の公開市場操作を実施、計700億ドル(約7兆3000億円)の資金を金融市場に供給した。米中枢同時テロが発生した2001年7月に実施して以来の規模。
 欧州中央銀行(ECB)はユーロ圏(15カ国)の金融機関に300億ユーロ(約4兆5000億円)の翌日物資金を緊急に供給した。また英中央銀行のイングランド銀行は50億ポンド(約9400億円)の資金を期間3日で緊急供給。ロイター通信によると、スイスの中銀も資金供給を実施した。(共同)


---米保険最大手AIGへの融資枠、大手銀・証券に要請…FRB---
2008年9月16日14時10分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20080916-OYT1T00297.htm

 【ニューヨーク=山本正実】米連邦準備制度理事会(FRB)は、株価が急落している米保険最大手のAIGの資金繰りを支えるため、米大手証券ゴールドマン・サックスなど複数の大手銀行・証券に対し、最大750億ドル(約7兆8000億円)の融資枠を設定するよう異例の要請を行った。
 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が15日、報じた。
 報道によると、AIGは、格付けの引き下げを避けるため、400億ドル(約4兆2000億円)の資本増強を必要としているが、資本調達に向けた交渉が難航。ニューヨーク州の保険監督当局を仲介役にFRBに「つなぎ融資」を要請したが、FRBは公的関与の救済に消極的で、ゴールドマンなどに資金面の支援をするよう求めたとみられる。


---AIGに8兆円民間融資枠 格下げ相次ぎ株価急落---
2008年9月16日 13時36分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008091601000361.html

 【ニューヨーク15日共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は15日、米証券大手ゴールドマン・サックスや米銀大手JPモルガン・チェースなどの有力金融機関に対し、資金繰りに悩む米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)を支援するため700億-750億ドル(約7兆3000億-7兆8000億円)の民間融資枠を設けるよう要請した。米メディアが報じた。
 保険会社を監督するニューヨーク州当局は15日、AIGに対してグループ企業の資産を担保とする200億ドルの資金調達を認可した。
 格付け会社の格下げも同日相次ぎ、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)やムーディーズ・インベスターズ・サービスは2-3段階引き下げた。フィッチも格下げした。いずれも投資適格の範囲内。
 AIGの15日の株価は経営不安から前週末比約61%急落、4・76ドルで取引を終えた。
 AIGは2008年4-6月期決算まで3・四半期連続で計400億ドルに達するサブプライム住宅ローン関連の損失を計上。資本増強を目指したが増資の引き受け手を探すのが難航し、FRBに直接融資を要請していた。


---米リーマン:日本法人が民事再生法適用申請---
毎日新聞 2008年9月16日 11時58分(最終更新 9月16日 12時07分)
http://mainichi.jp/select/biz/news/20080916k0000e020046000c.html

 米証券大手リーマン・ブラザーズが米連邦破産法11条の適用を申請したことを受け、日本法人のリーマン・ブラザーズ証券(東京都港区、桂木明夫社長)は16日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額は3兆4000億円で、民間信用調査会社の帝国データバンクによると、00年に経営破綻(はたん)した協栄生命保険(現ジブラルタ生命)の約4兆5000億円に次ぎ戦後2番目の大型倒産となった。
 これを受け、東京地裁はリーマン日本法人に保全命令を出した。【坂井隆之】


---【米金融危機】リーマン向け融資1700億円 日本の金融機関---
2008.9.16 11:37
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/080916/fnc0809161134021-n1.htm

 経営破たんした米証券大手リーマン・ブラザーズに対する日本の金融機関の融資残高が計16億7000万ドル(約1700億円)にのぼることが、16日までに分かった。同社がニューヨーク連邦破産裁判所に提出した大口債権者リストで判明した。
 同リストでは、あおぞら銀行が4億6300万ドル(約490億円)で国内勢ではトップの債権者。あおぞら銀は16日、「保有担保などで、実際の損失額は2500万ドル以下まで引き下げられる」と発表した。
 リストにはみずほコーポーレート銀行、新生銀行、中央三井信託銀行、日本生命保険などが融資金融機関として名を連ねている。
 一方、リストでは約95億円となっている中央三井信託銀行は16日、米リーマンに対して50億円、これとは別に日本法人に100億円の計150億円を貸し出していると発表した。約47億円となっている日生は米リーマンの社債を50億円保有、日本法人の子会社に対し50億円融資していることを明らかにした。
 大口リストには載っていない千葉銀行も、リーマンの社債49億円を保有していると発表した。同行広報部は「業績予想は算定次第、開示する」としている。


---【米金融危機】「ウォール街4万人失業も」 金融再編でNY州知事---
2008.9.16 10:41
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/080916/fnc0809161041017-n1.htm

 ニューヨーク州のパターソン知事は15日の記者会見で、金融機関が集中するウォール街で今後、最大で4万人が失業する可能性があるとの見方を示した。ロイター通信が伝えた。
 米証券大手リーマン・ブラザーズが破綻(はたん)、米銀行大手バンク・オブ・アメリカが米証券大手メリルリンチの救済買収を決めるなど、金融業界の再編が急速に進んでいる。サブプライム住宅ローン問題の影響はさらに拡大する勢いで、業界のリストラが加速している。世界でリーマンは2万6000人、メリルは6万人規模の社員を抱える。
 2000年12月に約20万人のピークに達したウォール街の労働人口は、今年7月には18万1000人まで減少した。(共同)


---邦銀7行、債権1700億円---
焦げ付きで多額損失も
2008年9月16日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20080916mh07.htm

 リーマン・ブラザーズ破綻(はたん)の影響は、取引関係のある日本の金融・証券各社の財務や業務面にも広がっている。複数の邦銀が、リーマン向けの融資やリーマンが発行した無担保社債の購入などで債権を保有していることが判明、焦げ付きにより大幅な損失計上を強いられる恐れが出てきた。
 あおぞら銀行は16日、リーマン・ブラザーズ向けの債権が総額5億5700万ドル(約580億円)に達すると発表した。リーマンに対する単独の大口債権者としては最大規模となる。日本法人向けが4億6300万ドル(約483億円)を占め、残りが米本社向け融資だ。担保の取得や今後の回収などで、焦げ付く恐れのある金額は2500万ドル(約26億円)以下に抑えられると説明している。
 米メディアによると、リーマン向け債権を保有している邦銀は少なくとも7行で、残高は計約16億2000万ドル(約1700億円)。あおぞら銀のほか、みずほコーポレート銀行の3億8200万ドル(約400億円)、新生銀行(2億3100万ドル)、三菱UFJフィナンシャル・グループ(1億8500万ドル)、三井住友フィナンシャルグループ(1億7700万ドル)などとなっている。
 一方、インターネット証券大手の松井証券は、世界最大の先物取引所である米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)に上場している日経平均先物の取引仲介を、15日夜から新規取引について停止した。
 日本の顧客の注文をCMEの会員権を持つ米リーマンを通じて取り次いでいたが、リーマンの破綻によって今後の取引に支障が出る恐れがあるため停止した。顧客から「いつ再開できるのか」といった問い合わせが来ているという。今後、国内機関投資家の間にもリーマンとの取引を見直す動きが広がりそうだ。


---日銀、最大3兆3000億円---
2008年9月16日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20080916mh05.htm

 日本銀行は16日朝、米証券大手リーマン・ブラザーズの破綻に伴う短期金利の上昇を防ぐため、短期金融市場に1兆5000億円の資金を供給した。17日までに最大3兆3000億円の資金供給を行う。
 短期金融市場では、リーマン破綻を受けて朝方から金融機関が資金供給に慎重になり、短期金利の代表的な指標である無担保コール翌日物金利は、日銀の誘導目標である年0・5%をやや上回っていた。
 日銀の白川方明総裁は同日、「最近の米国金融機関を巡る情勢とその影響を注視しつつ、引き続き、適切な金融市場調節の実施などを通じて、円滑な資金決済と金融市場の安定確保に努めていく」との談話を発表した。


---FRB、金融会社救済拒否の成果が試される---
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/media/djCJO1219.html

 ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)米政府は、米証券大手リーマン・ブラザーズ・ホールディングス(NYSE:LEH)の救済を拒否するという勇気ある決断をした。
 リーマンは15日未明、ニューヨーク州南部地区連邦破産裁判所に連邦破産法11条の適用を申請した。リーマンによると、子会社は同法の適用申請の対象外で、すべての証券子会社は業務を継続する。資産運用部門ニューバーガー・バーマンの顧客を含め、リーマンの顧客は、それぞれの口座について、取引の継続あるいはその他の取り扱い方法から選択することができる。
 米連邦準備制度理事会(FRB)とポールソン米財務長官は、金融株を中心とした大幅な株価下落にも屈服しなかった。米政府は米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(NYSE:AIG)をめぐる最新の危機にも介入せず、AIGはJPモルガン・チェース(NYSE:JPM)とゴールドマン・サックス・グループ(NYSE:GS)に最大750億ドルの融資を要請している。
 関係筋によるとFRBは15日、AIGを支援するために、JPモルガンとゴールドマンに700億-750億ドルの協調融資枠の設定を要請したという。
 州と連邦政府の高官は同日、AIGの信用格付けの引き下げを回避するために最大400億ドルを調達するための緊急の措置を取ろうとしていた。格下げはAIGにとって致命傷になる恐れがある。JPモルガンとゴールドマンが政府の要請を受け入れたかどうかははっきりしない。
 AIGの公的な救済に消極的だったのは、原則に基づいた行動のように思われる。また、救済すれば、信用危機が広範に波及した場合、ほかにも財政出動が求められることになりそうだとの認識があったのかもしれない。米連邦預金保険公社(FDIC)に保証されている預金を取り扱う多くの個人向け銀行は、自己資本や流動性の点で圧力に直面している。個人の預金1700億ドル近くを抱える米貯蓄金融大手ワシントン・ミューチュアル(NYSE:WM)の15日の株価は約27%下落し、時価総額はわずか34億ドルとなった。デフォルト(債務不履行)懸念が高まり、同社のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)のスプレッドは急拡大した。
 弱った金融会社の証券を売り、経営の順調な金融会社に流動性を供給することは通常、金融危機の際の中央銀行の行動としては正しい。FRBは、緊急融資枠を利用する金融会社から受け取る担保として幅広い証券を受け入れるようにし、流動性の供給を大幅に拡充した。
 金融セクターへの懸念が高まるなかでの投資家のジレンマは、財務内容の健全な金融会社の株価が底を打つのはいつごろになるかを見極めることだ。FRBが金融会社を破たんさせても構わないという姿勢なら、底打ちまでの期間は短くなる可能性がある。だが救済策を講じれば、その後、効果が慎重に検証されることになりそうだ。
(9月16日付のHeard On The Streetより)

---Lehman Lists Debts Of $613 Billion In Chapter 11 Filing Monday---
September 15, 2008: 07:51 AM EST
http://money.cnn.com/news/newsfeeds/articles/djf500/200809150751DOWJONESDJONLINE000296_FORTUNE5.htm

Lehman Brothers Holdings Inc. (LEH) filed for Chapter 11 bankruptcy Monday in New York, listing debts of $613 billion and naming as unsecured creditors owed hundreds of millions of dollars banks from Tokyo, Hong Kong, New York, Singapore and Taipei, among others.

Topping the list of Lehman's unsecured debts is approximately $138 billion in senior bond debt, followed by another $17 billion in subordinated and junior bond debt, according to documents filed at 1:45 am ET in the U.S. Bankruptcy Court for the Southern District of New York.

The bankruptcy filing by the Wall Street firm followed a failed effort to find a buyer or persuade the U.S government to bail it out of massive real-estate- related losses. The bankruptcy petition said Lehman's assets are worth $639 billion.

Citibank and the Bank of New York are trustees for the huge load of bond debt that tops Lehman's list of unsecured liabilities, court documents say.

AOZORA of Tokyo is listed as the largest bank lender, with a loan of $463 million. Next is Mizuho Corporate Bank Ltd. of Tokyo, with a $289 million loan.

Additionally, Lehman listed as unsecured debts a $275 million bank loan from Citibank, a $250 million bank loan from BNP Paribas, a $231 million bank loan from Japan's Shinsei Bank Ltd., a $185 million bank loan from UFJ Bank Limited of Japan, a $177 million bank loan from Sumitomo Mitsubishi Banking Corp. of Tokyo and a series of other sizable bank loans.

Mizuho Corporate Bank, Shinkin Central Bank, and Chuo Mitsui Trust & Banking, all of Japan, the Bank of Nova Scotia's Singapore branch, Lloyds Bank in New York, Hua Nan Commercial Bank of Taipei and Bank of China, New York Branch, are all on the list of unsecured creditors owed more than $50 million by Lehman.

The Wall Street firm said none of the broker-dealer subsidiaries or other subsidiaries of Lehman Brothers Holdings Inc. will be included in the Chapter 11 filing and all of the broker-dealers will continue to operate. Customers of Lehman Brothers, including customers of its wholly owned subsidiary, Neuberger Berman Holdings LLC, may continue to trade or take other actions with respect to their accounts, Lehman said.

The Lehman board authorized the filing of the Chapter 11 petition in order to protect its assets and maximize value, the firm said.

The New York law firm of Weil Gotshal & Manges is representing Lehman Brothers. The case has not yet been assigned to a judge.

-By Peg Brickley, Dow Jones Newswires;

1 コメント:

生命保険の選び方 さんのコメント...

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。