2008年9月21日日曜日

民間軍事会社 行動規制

民間軍事会社の行動規制が採択された。
民間軍事・警備会社について、17カ国は、こうした企業に国際法を順守させる
ため、各国に適切な監督を求める具体的な指針を盛り込んだ文書を採択した。
指針は免許制度の導入、採用時の審査の厳格化、戦時の民間人保護を規定した
国際人道法や人権法に関する規程の作成と社員教育の強化等のようだ。

17カ国
アフガニスタン、アンゴラ、豪、オーストリー、加、中国、仏、独、イラク、
ポーランド、シエラ・リオン、南アフリカ、スウェーデン、スイス、
ウクライナ、米国

民間軍事会社の行動規制に英国は加盟していない。
昔、イラクで英国系警備会社の社員である日本人が業務中に負傷し、
拉致後、殉職した。拉致被害者の人権と殉職後の取扱いが劣悪と批判した
報道が多かったと思う。
英国は加盟しない理由を警備会社はあるが民間軍事会社はないと言いそうだ。


---民間軍事会社の指針採択 国際人道法順守で17カ国---
2008年9月18日 13時13分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008091801000399.html

 【ジュネーブ18日共同】イラクで市民への銃撃などが問題視された民間軍事・警備会社について、米国や欧州諸国、中国、イラク、アフガニスタンなど17カ国は17日、こうした企業に国際法を順守させるため、各国に適切な監督を求める具体的な指針を盛り込んだ文書を採択した。
 同日までスイスのモントルーで開かれた4回目の会議で採択した。文書に法的な拘束力はないが、適切な監督・免許制度の導入、採用時の審査の厳格化、戦時の民間人保護を規定した国際人道法や人権法に関する社員教育の強化などを求めている。
 スイス政府と赤十字国際委員会(ICRC)は、イラクやアフガンでの民間軍事・警備会社の活動が活発化したのを受け、2006年ごろから指針作りの国際協議を主導していた。
 同日、ジュネーブ市内で会見した米国務省のベリンジャー法律顧問によると、会議に当初から参加していたロシアは、文書と国内法との整合性に問題があるとの理由で文書への調印を見送ったという。


---民間軍事会社の活動規制に初の指針、米など17か国が合意---
2008年9月17日19時29分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080917-OYT1T00584.htm

 【ジュネーブ=大内佐紀】米国、英国など17か国は17日、スイス西部モントルーで「民間軍事会社(PMC)」の活動を規制するための指針で合意した。
 指針には国際法上の拘束力はないが、イラクやアフガニスタンで民間人銃撃事件などを起こし問題になっているPMCの行動規制を目指した国際的な約束ができるのはこれが初めて。
 指針は、〈1〉PMCの設立を認可制にするなど、政府がPMCの管理を強化する〈2〉各PMCが社員に国際人道法を学習させることを義務づけ、同法違反を犯した社員を罰する社内規程を設けさせる――などを盛り込んだ。また、深刻な法律違反があった場合、関係諸国が法的な責任を追及するとした。
 指針作りは、スイス政府と赤十字国際委員会(ICRC)が音頭を取り、2006年1月に始まった。この日、合意した国の中には、米英両国のほか、イラク、アフガニスタン、中国などが含まれる。


---Governments acknowledge duty to control private military and security companies---
19-09-2008 Feature
http://www.icrc.org/web/eng/siteeng0.nsf/html/montreux-document-feature-170908?opendocument

A meeting in the Swiss town of Montreux has reaffirmed States’ obligations regarding private military and security companies in war zones. Two key points of a document agreed by 17 nations are that delegating tasks to a contractor does not relieve a State of its responsibilities, and that governments should not let contractors take part in combat operations.

The Montreux document reaffirms the obligation on States to ensure that private military and security companies operating in armed conflicts comply with international humanitarian and human rights law. The document also lists some 70 recommendations, derived from good State practice. These include verifying the track record of companies and examining the procedures they use to vet their staff. States should also take concrete measures to ensure that the personnel of private military and security companies can be prosecuted when serious breaches of the law occur.

"Ideally, States should not task private contractors to take an active part in combat operations," said Philip Spoerri, ICRC director for international law. "Combat functions in armed conflicts should remain the responsibility of governments and should not be outsourced to private contractors."

So far, 17 countries (Afghanistan, Angola, Australia, Austria, Canada, China, France, Germany, Iraq, Poland, Sierra Leone, South Africa, Sweden, Switzerland, Ukraine, the United Kingdom and the USA) have agreed on the Montreux document, named after the town on Lake Geneva where government experts met from 15 to 17 September 2008 to discuss how to better regulate private military and security contractors. The Swiss foreign ministry launched the initiative in 2006, and the ICRC has been closely associated with it since the outset. The private military and security industry was regularly consulted during the process, as were NGOs.

Paul Seger, legal advisor to the Swiss foreign ministry, stressed that the Swiss initiative had a purely humanitarian aim. "We wanted to counter the perception that there are legal loopholes when States subcontract military or security tasks to private companies. The contrary is true: in situations of armed conflict, international humanitarian law applies to both the State and the private contractor," said Mr Seger. "It is very important that the administrative and legal measures recommended in the document are now implemented by the countries that support it." Switzerland is encouraging other States to join the initiative.

The ICRC underlined the benefits of the Montreux document for countries and people affected by armed conflict. "The paper provides an excellent basis on which the ICRC can discuss issues of humanitarian concern with all countries where private military and security companies operate, or where these firms are based," Mr Spoerri pointed out. “Because of its very practical recommendations, it will be especially useful for those States that have weak governments or are struggling with the impact of armed conflict, but want to regulate such companies on their territory.”


---The Montreux Document on Private Military and Security Companies ---
http://www.icrc.org/web/eng/siteeng0.nsf/htmlall/montreux-document-170908/$FILE/Montreux-Document.pdf

MONTREUX DOCUMENT ON PERTINENT INTERNATIONAL LEGAL OBLIGATIONS AND GOOD PRACTICES FOR STATES RELATED TO OPERATIONS OF PRIVATE MILITARY AND SECURITY COMPANIES DURING ARMED CONFLICT Montreux,
17 September 2008

PREFACE
This document is the product of an initiative launched cooperatively by the Government of Switzerland and the International Committee of the Red Cross. It was developed with the participation of governmental experts from Afghanistan, Angola, Australia, Austria, Canada,China, France, Germany, Iraq, Poland, Sierra Leone, South Africa, Sweden, Switzerland, the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland, Ukraine, and the United States of America in meetings convened in January and November 2006, November 2007, and April and September 2008. Representatives of civil society and of the private military and security industry were consulted.
The following understandings guided the development of this document:
1. That certain well-established rules of international law apply to States in their relations with private military and security companies (PMSCs) and their operation during armed conflict,in particular under international humanitarian law and human rights law;
2. That this document recalls existing legal obligations of States and PMSCs and their personnel (Part One), and provides States with good practices to promote compliance with international humanitarian law and human rights law during armed conflict (Part Two);
3. That this document is not a legally binding instrument and does not affect existing obligations of States under customary international law or under international agreements to which they are parties, in particular their obligations under the Charter of the United Nations (especially its articles 2(4) and 51);
4. That this document should therefore not be interpreted as limiting, prejudicing or enhancing in any manner existing obligations under international law, or as creating or developing new obligations under international law;
5. That existing obligations and good practices may also be instructive for post-conflict situations and for other, comparable situations; however, that international humanitarian law is applicable only during armed conflict;
6. That cooperation, information sharing and assistance between States, commensurate with each State’s capacities, is desirable in order to achieve full respect for international humanitarian law and human rights law; as is cooperative implementation with the private military and security industry and other relevant actors;
7. That this document should not be construed as endorsing the use of PMSCs in any particular circumstance but seeks to recall legal obligations and to recommend good practices if the decision has been made to contract PMSCs;
8. That while this document is addressed to States, the good practices may be of value for other entities such as international organisations, NGOs and companies that contract PMSCs, as well as for PMSCs themselves;
9. That for the purposes of this document:
a) “PMSCs” are private business entities that provide military and/or security services,irrespective of how they describe themselves. Military and security services include, in particular, armed guarding and protection of persons and objects, such as convoys,buildings and other places; maintenance and operation of weapons systems; prisoner detention; and advice to or training of local forces and security personnel.
b) “Personnel of a PMSC” are persons employed by, through direct hire or under a contract with, a PMSC, including its employees and managers.
c) “Contracting States” are States that directly contract for the services of PMSCs,including, as appropriate, where such a PMSC subcontracts with another PMSC.
d) “Territorial States” are States on whose territory PMSCs operate.
e) “Home States” are States of nationality of a PMSC, i.e. where a PMSC is registered or incorporated; if the State where the PMSC is incorporated is not the one where it has its principal place of management, then the State where the PMSC has its principal place of management is the “Home State”.
The participating States commend this document to the attention of other States, international organisations, NGOs, the private military and security industry and other relevant actors, which are invited to adopt those good practices that they consider appropriate for their operations. The participating States invite other States and international organisations to communicate their
support for this document to the Federal Department of Foreign Affairs of Switzerland. The participating States also declare their readiness to review and, if necessary, to revise this document in order to take into account new developments.


---[噂]民間軍事会社---
Wikipedia 最終更新 2008年9月19日 (金) 18:44
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E9%96%93%E8%BB%8D%E4%BA%8B%E4%BC%9A%E7%A4%BE

民間軍事会社(みんかんぐんじかいしゃ)とは、新しい形態の傭兵組織。主に PMC (Private Military Company) または PMF (Private Military Firms) と表記される。

概要
 主な業務としては軍隊や特定の武装勢力・組織・国に対して武装した戦闘員を派遣しての警備・戦闘業務に加え、兵站・整備・訓練など旧来型の傭兵と異なり提供するサービスは多域に渡る。民間軍事契約業者 (Private Military Contractor) などとも呼ばれることもあり、正式な名称は特に決まっていない。
 また、国家を顧客とし、人員を派遣、正規軍の業務を代行したり、支援したりする企業であることから、新手の軍需産業と定義されつつある。

名称について
 日本語では、民間軍事会社、民間軍事請負企業などと呼称されるが、民間軍事会社を示す英語での正式な総称は存在しない。民間軍事会社については、報道機関や文献によって異なる名称が使用しようされており、PMC(Private Military CompanyまたはPrivate Military Contractor)、PMF(Private Military Firms)、PSC(Private Security CompanyまたはPrivate Security Contractor)と様々である。
 2003年のP・W・シンガー氏の著書「戦争請負会社」ではPMFと表記し、2004年のイラク国内で活動する民間軍事会社の各種ライセンスに関する規定と、武器を使用するルールや手順を定めている「CAP oder 17」ではPSCと明記され、ブラックウォーターUSA社が起こした事件に関する公聴会では、質問側がPMCを使用したのに対し、ブラックウォーター社側はPSCと答えている。
 Private Security Company (PSC) は、日本語に訳すと民間保安会社(民間警備会社)となり、民間軍事会社と違い、単なる戦争屋や傭兵集団といった悪いイメージよりも、警備や安全提供などといった良いイメージをされやすくなるため、民間軍事会社側は公式文章やCM、ウェブサイトなどでPSCを用いることが多い(ただし、古い文献では、民間軍事会社側もPMCと呼称していることが多い)。また、軍隊の民営化に肯定的な意見を持つ者も、PSCを使用する傾向にある。逆に、民間軍事会社に批判的な記事や、古い文献、映画やゲームなどではPMC、PMFが用いられることが多い。

民間軍事会社の登場
 1991年のソビエト連邦崩壊に伴う冷戦の終結により、アメリカ合衆国を中心とした各国は肥大化した軍備の予算と人員削減が進められ、数多くの退役軍人を生み出した。冷戦終結以降の世界では超大国同士がぶつかりあう大規模な戦闘の可能性は大幅に少なくなったものの、テロ行為や小国における内戦、民族紛争など小規模な戦闘や特定の敵国が断定できない非対称戦争が頻発化した。
 特に小規模な戦闘においては大規模な部隊を展開するにはコストや手間がかかることや国内の世論を納得させる大義名分も必要とされる。そして、小国の内紛程度の戦闘規模では優れた戦闘能力さえ備えていれば規模が小さくても大きく戦局を変える事ができるようになった。優秀な軍経験者は有り余り、軍事予算の大幅な削減に伴い軍隊のコスト面での効率化が求められ、そして低程度規模の紛争が頻発するようになっている。
 この3つの要素が民間軍事会社を生み出す土壌を与える事となった。まさに戦争のアウトソーシングである。

民間軍事会社と旧来型傭兵の違い
 民間軍事会社はそれまでの傭兵が担っていた直接戦闘行為に特化した戦闘集団ではなくそのほかにも兵站・整備・訓練・教育・戦闘に関するアドバイスも行い、従来の”戦争の犬たち”と揶揄される荒くれ者、無法者が集まる非情で外道な戦闘集団というイメージと一線を画すよう努めている。 民間軍事企業研究の第一人者とされるP・W・シンガーによると、主に3種類に分類できるという。

直接戦闘参加型(実戦と指揮)
 従来の傭兵に一番近いタイプ。特定の政府組織や国と契約を結び、戦闘を専門とする実戦部隊を派遣し、実際の戦闘行為に参加する。またその国の地下資源の供給地となる施設の警備・警護なども行っている。昨今では輸送部隊の警護や要人警護、国連、NGO職員、観光客や報道陣が特定の危険地域を通過する際の護衛任務なども担っている(ちなみにアメリカ国務省は、人員不足を理由に国防総省からほとんど警備要員を派遣されていない。このため国務長官をはじめ、国務省職員のほとんどの警備はこうした民間軍事企業が受け持っている)。

兵站・整備・物流請負型(非殺傷的援助と補助)
 戦争はその戦闘力を維持するための兵站や兵器の整備といった後方支援も重要である。以前は軍で行っていた司令部の設営や兵器の整備などの業務を代わって担うのがこのタイプの民間軍事会社である。 傭兵というよりは中世時代の酒保商人のような仕事をしていると言える。 具体的な内容としては、以下の3つが挙げられる。

生活環境提供
 兵士の宿舎設営に始まり、食事を中心とする日常の生活に必要とされるサービスの提供、及び基地内のショッピングモールの運営[1]。
輸送業務
 陸路・海路・空路とその輸送手段は幅広い。イラク戦争においてもクウェートからイラクまでの物資の輸送は主にこれらの民間軍事会社が受け持っている[2]。
兵器の整備
 兵器のハイテク化に伴ない、その運用もハードウエア、ソフトウエア共に複雑化しており軍隊だけでその運用方法の教育を実施することが困難となってきている。こうしたハイテク兵器の運用・整備・メンテナンスもほとんどが外注化され、これを請け負う専門の民間軍事企業が多数現れている。現在では、スパイ衛星の運用・B-2ステルス爆撃機やF-117攻撃機の整備・イージス艦のミサイルシステムの運用・グローバルホーク無人航空機の操縦及びメンテナンスなどの以前は国家機密レベルの兵器を受け持つまでになっている。

戦略・戦術のアドバイザー及び地元兵員の訓練・教育業務(助言と訓練)
 主に、将官・佐官クラスの退役軍人が運営する民間軍事会社。戦闘作戦における戦術・心理戦などのアドバイスや現在イラクにおいて進んでいるイラク政府への権限委譲で不可欠な国軍の訓練プログラムなどを受け持つ。これらの企業は実際戦争が起きている地域や国だけでなく、自国本土においても軍事訓練に関するプログラムを実施しており、戦場に派遣される前の民間軍事会社所属の社員の教育も実施している。
 近年は上記のサービスに加え、イラクやアフガニスタンでの経験を元に民間軍事企業自身が新たな兵器やシステムを開発し、販売する動きも頻繁になってきている。(主なものとしては、無人偵察飛行船、耐IED車両、既存兵器のアップグレード・キットの販売など。民間軍事企業の”プライベート・ブランド” 商品と言っても過言ではない。)

民間軍事会社のメリットとデメリット
民間軍事会社のメリット
コストパフォーマンスの高さ
 自国で軍隊を創設し維持し、運用するには莫大な費用がかかり、使用する兵器もどんどん複雑化、高額化している。また軍事費での一番の比率を占める人件費は正に軍事費削減の一番のキーである。少ない兵力で高性能な兵器を運用する上ではいかなる時でも即座に対応できる民間軍事会社のフットワークの軽さは大変魅力である。
即応性の高さ
 小国など自国で強力な軍隊を持つことが出来ない国などは非常時にはある程度の資金をもっていれば手軽に強力な軍を短期間で調達する事ができる(このことは国連の平和維持軍にもあてはまり、国連が加盟国各国から派兵させて編成したその場限りの寄せ集めの平和維持軍よりも、民間軍事会社で構成された軍を派遣する方がコストにおいても戦闘能力においてもはるかに効率が良いと言われている[3])。
「公式の」戦死者として数えられない
 民間軍事会社所属の社員が正式な戦死者数としてカウントされない事も、軍にとって無視できない利点である。ベトナム戦争に代表されるように戦争を継続する上での最大の懸念は自国兵士の想定以上の被害数であり、このことは特に世論の戦争に対する支持率を大きく左右する。民間軍事企業に所属する社員は軍の公式の戦死者リストや負傷者リストにカウントされないため、戦争における人的被害者数を数値上少なくする事ができる[4]。

民間軍事会社のデメリット
戦時国際法における法的位置づけが不明瞭
 軍と共に作戦行動を共にする事が多いにも拘わらず、社員らの戦争犯罪に関しては軍の法令を適用する事が出来ず、正規兵と比べ処罰が軽きに失することが問題となっている(戦争犯罪の加害社員にとってはメリット)[5]。また、活動がジュネーヴ条約に規制されないことから、社員らに戦争犯罪的な行為が『業務』として正式に命じられることもある。一方、社員側もジュネーヴ条約やハーグ陸戦条約に基づいた捕虜としての権利を認められずに、奴隷的強制労働や裁判無しでの「処刑」に処される可能性があるなどのデメリットを有する。
 傭兵が『役得』として略奪暴行を働く、正規兵の代わりに「汚れ仕事」を命じられるのは古代以来延々と続く問題であり、傭兵を使う限り抜本的な解決は不可能と思われる。
ストライキや契約破棄による運用不安定性
 民間軍事会社であることから、作戦の遂行に拘わらず会社内での社員に対する待遇問題や保障問題によるストライキが起き、予定されていたサービスが供給されない可能性がある。また、契約内容と実際の戦場のリスクを天秤にかけた結果割りに合わないと判断し一方的に契約を破棄した場合に、会社と社員に対しせいぜい債務不履行による損害賠償請求ができるだけで、正規の軍人のように軍法会議にかけて抗命罪や敵前逃亡罪などで処罰する事が不可能なため、軍事作戦に致命的な影響を及ぼしかねない(彼らにとっては飽くまで契約に基づいたビジネスである)など、不安材料も多々はらんでいる。
 しかし、このようなやり方は法的に問題なくても、ビジネスにとってもっとも大切な「評判」にはきわめて悪影響をもたらすため、現実問題としてはあまり考えられない。おそらく他のビジネス同様、自社社員(の生命)よりも契約先の意向が常に優先されるものと思われる。
軍人の引き抜きによる先進国軍隊の「結果的な」訓練予算の浪費
 ここ近年では民間軍事企業に所属する将官クラスの退役軍人による優秀な人材のヘッドハンティングが大きな問題となっている。国を守る為の人材として国の多額の税金を費やして教育された特殊部隊員や空軍パイロットなどの優秀な人材が30代の一番脂の乗り切った時期に数多く民間軍事企業に引き抜かれてしまうのである[6][7]。
戦傷による辞職あるいは死亡した後の福利厚生が不安定
 戦傷によって肉体的・精神的に障害を負って勤務できなくなった場合、正規の軍人であればアメリカ軍のパープル・ハート勲章(名誉戦傷章)に代表される勲章を授与され、傷痍軍人として恩給や廃兵院などの福利厚生を利用する権利が国から与えられるが、民間軍事会社の社員の場合、公式の戦傷者として認定されないために上記の権利が与えられず、「使い捨て」にされる可能性がある(使い捨てですむ側にとってはメリット)。当然死亡しても公式には戦死者として認定されないため、家族に国から遺族年金が支給されることは無い。単なる業務災害、事故死である。

数値における民間軍事会社
* 1991年の湾岸戦争時には全兵士における民間軍事会社社員の比率は100:1と言われていたが、2003年のイラク戦争時はおよそ10:1と言われている
* 元有名特殊部隊所属の肩書きを持つ人材は1日で1000ドル程度の収入が見込めるが、グルカ兵などの途上国出身の兵士だとおよそ月に1000ドル程度
* イラクに駐留する民間軍事会社の総人数はおよそ15000人~20000人程度とされているが、そのほとんどが現地で雇用されたもので、欧米のスタッフは数百人程度とされる。また、受注を受けた会社がさらに他の会社に仕事を丸投げしたり再発注している。この事がイラクに駐留する民間軍事会社の正確な社員数を把握する事の障害にもなっている。
* 1994年のルワンダ紛争においてはエグゼクティブ・アウト・カムズ社はいつでも1500人規模の部隊を展開出来る準備を整えていた。(これはアフガニスタン侵攻時のアメリカ海兵隊の先行侵攻部隊と同規模である。)ちなみに作戦期間は4週間を計画しており、1日あたりの費用はおよそ60万ドル。(国連など、依頼する組織が無かったため実現されず。)

米国人以外の「社員」
 2005年5月にはイラクで米軍の業務委託を受けていたクウェートの輸送会社P.W.Cロジスティックス社の車列を警備していたイギリスの警備会社ハート・セキュリティー社の車列に対して武装勢力の攻撃があり、警備要員としてハート・セキュリティー社の従業員として雇われていた日本人が負傷し、拉致された後、死亡した。
 この日本人はかつて陸上自衛隊に2年間の勤務経験(第6普通科連隊に配属され、退職時は第1空挺団に所属)があり、その後フランス外人部隊に21年間在籍し、その間に外人部隊の最精鋭部隊である第2外人落下傘連隊での勤務経験もあった。ハート・セキュリティーも英国特殊部隊SASの元隊員が設立した会社で、実態は民間軍事会社である。

0 コメント: