2008年9月10日水曜日

IMF試算 サブプライム損失119兆円

IMFがサブプライムの損失を119兆円と試算し直した。
4月には9450億ドルとしていたが、5ヶ月後には約2割増加させ、1兆1000億ドル
と試算したようだ。
金融危機目前のようだ。


---サブプラ損失118兆円に 世界全体、IMF幹部---
2008年9月9日 23時40分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008090901000977.html

 【ベルリン9日共同】国際通貨基金(IMF)のリプスキー筆頭副専務理事は9日、ドイツのフランクフルト市内で講演し、米サブプライム住宅ローン問題による世界の金融機関の損失額が計約1兆1000億ドル(約118兆8000億円)に達するとの試算を示した。
 IMFが4月の世界金融安定報告で示した推計9450億ドルを上回る水準。
 リプスキー氏は、欧米の金融機関がこれまで大規模な資本増強や約5000億ドルの評価損を計上してきたと指摘。その上で、資本増強などをめぐる金融市場の環境が「一段と困難になっている」とし、サブプライム関連の損失が一層膨らむと強調した。
 具体的には経済活動の悪化や株価の下落、資本調達コストの上昇に伴い「金融機関は強い逆風に直面している」と、厳しい見方を示した。


---サブプライム問題:損失119兆円に…IMF試算---
毎日新聞 2008年9月9日 23時32分
http://mainichi.jp/select/biz/news/20080910k0000m020146000c.html

 【ワシントン斉藤信宏】国際通貨基金(IMF)のリプスキー第1副専務理事は9日、ドイツのフランクフルトで講演し、低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)問題に伴う金融市場の混乱で、世界の金融機関の損失が約1兆1000億ドル(約119兆円)に達するとの試算を明らかにした。このうち欧米銀行の損失は5600億~6850億ドルにのぼるという。リプスキー氏は「欧米の金融機関はこれまでに大規模な増資を実施してきたが、今後の経済環境次第でさらに厳しい状況に陥る恐れがある」と警告した。
 IMFはこれまで、世界の金融機関のサブプライム問題に伴う損失を9450億ドル(約102兆円)と予測してきたが、米政府系住宅金融会社の経営危機など新たな不安材料を加味して上方修正したと見られる。

0 コメント: