2008年10月10日金曜日

米共和党 民族主義表面化

米共和党が民族主義を表面化させたようだ。
「オバマはテロリストだからやっつけろ」と米共和党の大統領立候補者は言う。
投票間際で、敗退間際で、風前の灯なのか墓穴を掘ったのかはわからない。
経済音痴のマケインに外交知らずのオバマ。
マケイン大統領なら世界的金融危機が進み、失業者を軍に志願させて紛争が
増えそうだ。
オバマ大統領なら、日本や欧州から金を巻き上げて保護主義にして経済が
安定するが、稼いだ金を紛争国に寄付しそうだ。
どちらも日本にとって良い結果を招かないと思う。


A NEW McCain campaign attack ad


Ayers


McCain Questions Obama's Honesty About Ayers AssociatedPress


Sarah Palin is the Dangerous Terrorist


McCain Supporter Call Obama Terrorist


The McCain-Palin Mob


Bounds on McCain: MSNBC 10/09/08 (Part One)


Bounds on McCain: MSNBC 10/09/08 (Part Two)


---マケイン陣営の中傷に批判 「最もひどい」とNY紙---
2008年10月9日 11時03分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008100901000232.html

 【ニューヨーク8日共同】米大統領選で共和党候補のマケイン上院議員陣営が経済問題から有権者の関心をそらすため、民主党候補のオバマ上院議員に対し繰り広げている中傷キャンペーンへの批判が広がっている。
 8日付のニューヨーク・タイムズ紙社説は「これまでの選挙戦の中で最もひどい」として、異例の酷評を掲載した。
 金融危機深刻化を受けオバマ氏の支持が伸びたことに焦るマケイン陣営は4日以降、副大統領候補のペイリン・アラスカ州知事が先頭に立って、1960年代から70年代にかけてのベトナム反戦運動の過激派組織指導者らとオバマ氏の関係を取り上げ「オバマ氏の友人はテロリスト」、「オバマ氏が見る米国と私たちが見る米国の姿は違う」などと攻撃した。「オバマ氏は極左思想の持ち主で危険との印象を有権者に植え付けるのが狙い」(政治評論家)とみられる。
 タイムズ紙社説はマケイン陣営の攻撃について「オバマ陣営の中傷宣伝とは比べものにならない」「デマや(オバマ氏の発言などの)事実をゆがめた行き過ぎた攻撃で人種差別や外国人排斥の暗部まで達した」と指摘。またペイリン氏の演説を「怒りと侮辱のショー」と切り捨てた。
 ペイリン氏やマケイン氏の最近の集会では、聴衆がオバマ氏について「テロリスト」、「殺せ」などと叫んでいる模様がテレビで放送され、問題となっている。


---米大統領選:ペイリン氏、ダイアナ元英皇太子妃と遠縁か---
http://mainichi.jp/select/world/america/news/20081009k0000e030024000c.html

 【ワシントン及川正也】米大統領選の共和党副大統領候補ペイリン・アラスカ州知事(44)が、97年にパリで事故死したダイアナ元英皇太子妃や、世界恐慌や第2次世界大戦時のフランクリン・ルーズベルト元大統領と遠い親せき関係にあるとの調査結果が8日発表された。家系調査で定評がある「アンセストリー・ドット・コム」が調べた。
 調査によると、ペイリン氏とダイアナ元妃の祖先は、1600年代初頭にともにイングランドで生まれ結婚したストロング夫妻にさかのぼる。ストロング氏は米国に渡り、1699年にマサチューセッツ州で死亡した。またペイリン氏とルーズベルト元大統領は1653年に同州で死去した牧師を共通の祖先に持つという。
 大統領選では昨年、チェイニー副大統領夫人のリンさんが、民主党候補のオバマ上院議員が副大統領の「遠い親せき」にあたると発表した。


---McCain Joins Attacks on Obama Over Radical---
By ELISABETH BUMILLER and PATRICK HEALY
Published: October 9, 2008
http://www.nytimes.com/2008/10/10/us/politics/10campaign.html?ref=politics

WAUKESHA, Wis. — Senator John McCain joined in the attacks on Thursday on Senator Barack Obama for his ties to the 1960s radical William Ayers, telling an angry, raucous crowd in Wisconsin that “we need to know the full extent of the relationship” to judge whether Mr. Obama “is telling the truth to the American people or not.”

Mr. Obama, in turn, condemned Mr. McCain’s plan for the government to buy bad home loans as a “bailout” for risk-taking banks and lenders, and he told several thousand voters in Dayton, Ohio, that Mr. McCain’s approach to the financial crisis was “risky” and “erratic,” a word Mr. Obama used twice.

The language and tone indicated that both men would continue their negative campaigning in the final weeks before Election Day, even as voters say they want solutions to the worsening economic conditions rather than back-and-forth blasts from the stump.

But what has been most striking about the last 48 hours on the campaign trail is the increasingly hostile atmosphere at Mr. McCain’s rallies, where voters furiously booed any mention of Mr. Obama and lashed out at the Democrats, Wall Street and the news media.

“I’m really mad!” shouted a man in the audience in Waukesha, where Mr. McCain and his running mate, Gov. Sarah Palin of Alaska, were conducting a town-hall-style meeting. “And what’s going to surprise you, it’s not the economy. It’s the socialists taking over our country.”

A short time later, James T. Harris, a conservative talk radio host in Wisconsin who was one of the few African-Americans in the crowd, stood up and told Mr. McCain that in the next presidential debate, on Wednesday, “it’s absolutely vital that you take it to Obama, that you hit him” where it hurts, because “we have all of these shady characters that have surrounded him,” as well as, he said, Mr. Obama’s former pastor, the Rev. Jeremiah A. Wright Jr.

Although Mr. McCain did not mention Mr. Ayers, a founder of the radical group the Weather Underground, by name, his intent was clear in his response to a question about Mr. Obama. A man told Mr. McCain that “we’re all wondering why Obama is where he’s at” in the polls and then asked, “Is there not a way to get around this media and line up the people he has hung with?”

Mr. McCain responded, “Well, sir, with your help and the people in this room, we will find out.” He added: “Look, we don’t care about an old washed-up terrorist and his wife, who still, at least on Sept. 11, 2001, said he still wanted to bomb more. You know, but that’s not the point here. The point is, Senator Obama said he was just a guy in the neighborhood. We need to know that’s not true.”

Although Mr. McCain raised questions about Mr. Obama’s ties to Mr. Ayers in a televised interview last spring, he has refrained from attacking Mr. Obama on the trail for his association with Mr. Ayers in the general election campaign. He had left those attacks to his campaign operatives and Ms. Palin.

Mr. McCain’s reference to Mr. Ayers’s desire to carry out more bombings was from an article in The New York Times, published by chance on Sept. 11, 2001, about Mr. Ayers and his memoir, “Fugitive Days.” The article opened with a quotation: “I don’t regret setting bombs. I feel we didn’t do enough.” Three days later, Mr. Ayers wrote on his Web site that the meaning of his remarks had been distorted.

Most of the bombings attributed to the Weathermen were meant to damage only property, but a 1970 pipe bombing in San Francisco attributed to the group killed a police officer and severely hurt another.

Mr. Ayers is now a professor at the University of Illinois at Chicago and lives in Mr. Obama’s neighborhood. He was named citizen of the year in Chicago in 1997, has worked with Mr. Obama on a schools project and a charitable board, and gave a house party when Mr. Obama was running for the State Senate.

In Ohio, Mr. Obama took aim at Mr. McCain’s mortgage plan, which would allow millions of struggling Americans to refinance their mortgages with government help, leaving taxpayers to cover the losses rather than the banks or other institutions that hold the mortgages. Mr. Obama also released an advertisement assailing the plan.

Mr. Obama zeroed in on the potential cost to taxpayers, which would result from the government’s having to pay full face value on the mortgage papers even if the homes were worth less than the outstanding mortgage balance.

“It’s a plan that would guarantee that American taxpayers lose by handing over $300 billion to underwrite the kind of greed and irresponsibility on Wall Street that got us into this mess,” Mr. Obama said from a platform above the pitcher’s mound at the Dayton Dragons stadium.

“It’s not just that Senator McCain’s bailout rewards irresponsible lenders,” Mr. Obama added, “it’s that his bailout would make it more likely that those lenders keep up their bad behavior.”

Mr. Obama also tweaked Mr. McCain for owning — with his wife or through her family — about seven homes, condominiums and other dwellings. Mr. Obama promised to enact a change that would allow bankruptcy judges to write down mortgages only for people who have just one home.

Elisabeth Bumiller reported from Waukesha, Wis., and Patrick Healy from Dayton, Ohio.


---マケイン氏、オバマ氏を「ウソつき」呼ばわり---
2008年10月7日20時25分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20081007-OYT1T00566.htm

 【ワシントン=貞広貴志】米大統領選で、共和党候補ジョン・マケイン上院議員は6日、ニューメキシコ州での遊説で、民主党候補のバラク・オバマ上院議員について「真っ赤なウソでも、何度か繰り返せば人々が信じると思っている」などと述べ、ライバルを「ウソつき」呼ばわりした。
 オバマ陣営が、マケイン氏の主張してきた規制緩和を金融危機の一因と指摘したのに反発したもので、劣勢にあるマケイン陣営は個人攻撃をエスカレートさせている。
 マケイン氏は、オバマ氏が「変革を唱えながら、ワシントンの悪いところをすべて身につけた」などと非難した上で、「オバマ議員とはいったい誰なのか、これを問うことが大切だ」と述べ、残り1か月の選挙戦でオバマ氏の資質を徹底追及する姿勢を鮮明にした。
 両候補は7日夜(日本時間8日午前)、テネシー州ナッシュビルで2回目の討論会に臨む。今回はマケイン氏が得意とする市民集会方式のため、逆転を懸けて激しいオバマ批判の攻勢に出ると予想される。


---【米大統領選】「悪しき慣習」個人攻撃が加熱---
2008.10.7 18:24
http://sankei.jp.msn.com/world/america/081007/amr0810071826009-n1.htm

 【ワシントン=有元隆志】終盤戦に入った米大統領選は、候補者への個人攻撃が過熱してきた。金融危機の影響もあり、支持率で差を広げられつつある共和党のマケイン上院議員の陣営が仕掛けると、民主党候補のオバマ上院議員の陣営も直ちに反撃を開始した。両候補ともにネガティブキャンペーンを批判してきたが、今回も「悪しき慣習」を止めることはできなかったようだ。
 オバマ氏は6日発表の世論調査で、支持率50%の壁を超えた。CNNテレビは53%、ラスムセン社52%、ギャラップ社50%だった。政治情報サイト「リアル・クリア・ポリティクス」がまとめた各種世論調査の平均値でオバマ氏は支持率49・8%と、マケイン氏の43・6%に6・2ポイント差をつけた。
 同サイトがまとめた激戦州の世論調査平均値でも、オバマ氏はペンシルベニア州でマケイン氏に10ポイント近く差をつけているほか、共和党のブッシュ大統領が2回の選挙で勝利したオハイオ、フロリダ両州でも逆転した。
 劣勢に立たされているマケイン陣営が仕掛けたのが、指導者としてのオバマ氏の資質を問う戦術だ。副大統領候補のペイリン・アラスカ州知事は、ベトナム戦争時代の過激派組織の元メンバーだったビル・エアーズ氏がオバマ氏のための会合を開いたことを取り上げ、「(オバマ氏は)テロリストと陰でつながっている」と非難した。

 ペイリン氏は、人種対立をあおる過激な説教を繰り返したオバマ氏のかつての師であるジェレマイア・ライト師とオバマ氏の関係を改めて問い直す必要があるとの考えも示している。
 オバマ陣営も攻撃を予想していたかのように、直ちにマケイン氏が1990年代におきた貯蓄貸付組合(S&L)の破綻(はたん)をめぐって、組合経営者の主催した会合に参加していたことを指摘し始めた。
 オバマ選対責任者のデービッド・プラフ氏は支持者への電子メールで「マケイン氏は前回の金融危機での自らの役割について、忘れてほしいと思っているが、有権者には知る権利がある」と強調した。
 オバマ氏の対立候補だったヒラリー・クリントン上院議員の広報、ハワード・ウォルフソン氏は予備選期間中は、エアーズ氏らとオバマ氏の間柄について問題視していたが、「経済はそれよりも大きな問題だ」として、個人攻撃が選挙戦の行方に大きな影響を与えないとの見方を示している。


---ネットでのテロ扇動は「犯罪」 欧州議会が法案採択---
2008年10月7日
http://www.asahi.com/digital/internet/TKY200810070277.html

 【ブリュッセル=井田香奈子】欧州連合(EU)の欧州議会はこのほど、インターネット上のウェブサイトでテロ行為を扇動することなどを犯罪とする法案を採択した。EU司法相理事会の承認を得た上で施行される。
 法案は、サイトの内容によってはテロリストを生み出す潜在的な脅威になりうるとの認識から、欧州委員会が昨年11月に提出。EU域内ではサイトでテロリストを募集したり、テロ行為を促したりすることを犯罪とし、実行に至らなくても処罰することを検討する。
 政治的な意見表明との線引きが難しいことから、一部の加盟国などから懸念が示されていた。欧州議会は、犯罪とされる行為をテロ行為の「誘発」から「扇動」と表現を改め、扇動が明らかなテロの危険性につながった場合に限って犯罪とすると修正をした。

0 コメント: