2008年10月17日金曜日

石原宏高 選挙運動費ゴマかす

石原宏高は選挙運動費ゴマかしたようだ。
石原宏高は「選挙運動費用収支報告書」に添付した領収書のコピーの中に、
発行年が2年後の「2007年」と誤って印刷されたものが計50枚
含まれていた。

50枚もの領収書を間違っていたで通すのはおかしいだろう。
そもそも公文書を役所に提出するのに見直ししないだろうか。
おバカでおマヌケか。


---石原宏高議員の選挙費用、05年報告書に07年の領収書---
2008年10月15日14時37分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081015-OYT1T00447.htm

 石原宏高・衆院議員(東京3区)が初当選した2005年9月の衆院選後、東京都選挙管理委員会に提出した「選挙運動費用収支報告書」に添付した領収書のコピーの中に、発行年が2年後の「2007年」と誤って印刷されたものが計50枚含まれていたことがわかった。石原宏高事務所は「うっかりミス」と平謝りだ。
 石原議員の選挙事務所は05年9月26日、収支報告書と選挙期間中の選挙運動費などについての領収書コピー計326枚などを都選管に提出した。
 このうち、運動員の人件費と食糧費(弁当代)として支出した計528万円分の領収書50枚の発行日は、すべて「2007年9月10日」。食糧費を支出した2人への支払日を収支報告書には「9月9日」と記載、領収書の日付と報告書の記載内容が食い違っていた。
 また、領収書の中には、受取人が記載すべき住所や氏名について、酷似した数字や漢字の手書き文字が数枚で見つかった。
 石原宏高事務所では、「本来『平成17年』とすべきところをパソコンで打ち間違え、2人への支払日も報告書に誤記してしまった。字体の酷似は、まとめ役の運動員に他の人の分まで書いてもらったため」と釈明している。

0 コメント: