2009年3月31日火曜日

vCJD病理学者死亡 接触感染か

vCJD病理学者が死亡した。接触感染の疑いがあると言う。
いわゆる狂牛病に感染した牛などから伝染するとみられる変異型vCJDの
専門医がスペインの病院で死亡した。この医師がvCJDに感染していた
疑いもあるとみて調べている。
vCJDに感染した経緯は不明だが、感染牛肉を食べたことが原因とは考えられ
ないという。

vCJD病の診断は、脳の生検しかない現状では、検死で感染の有無はわかって
もいつ、何にどれくらい接触したのかまではわからないのだろう。


Justice for Andy Part 1


Justice for Andy Part 2


Justice for Andy Part 3


Justice for Andy Part 4


Justice for Andy Part 5


ITV Report on Human BSE or New Variant CJD (2008)


---クロイツフェルト・ヤコブ病の専門医死亡 感染が原因か---
2009.03.30 Web posted at: 13:39 JST Updated - CNN
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200903300009.html

(CNN) 牛海綿状脳症(BSE)、いわゆる狂牛病に感染した牛などから伝染するとみられる変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)の専門医が28日夜、スペインの病院で死亡した。当局は、この医師がvCJDに感染していた疑いもあるとみて調べている。

首都マドリードの健康当局によると、死亡したのはマドリード郊外にある大学病院で病理解剖の責任者を務めていた医師。vCJD専門の病理学者として国際的に知名度が高かった。遺族の希望で氏名は公表されていない。

vCJDに感染した経緯は不明だが、感染牛肉を食べたことが原因とは考えられないという。当局は、CJDに感染した人体組織に医師が接触したことがあるかどうかについて調べている。サンプル検査も行われているが、結果が出るまでに1カ月はかかる見通し。

スペインでは2001年以来、702件のvCJDが報告され、87人が死亡している。


---Pathologist dies of suspected Creutzfeldt-Jakob (Mad cow) disease---
29 March, 2009 03:33:00 Kathlyn Stone
http://www.fleshandstone.net/healthandsciencenews/1505.html

Creutzfeldt-Jakob disease (mad cow) research pathologist Antonio Ruiz Villaescusa died Sat., March 28, from the disease. Colleagues suspect he may have contracted the disease from exposure to infected human tissue, according to the Barcelona Reporter newspaper.

Ruiz headed the department of pathology at the University Hospital in Madrid and was studying whether the disease is passed on to people who have been exposed to infected tissue.

The head of the pathology department at the Fundación Alcorcón, Dr. Radish, will perform an autopsy to clarify the cause of death and the final results will be announced in about a month, according to the Spanish news site.

Ruiz was recognized internationally for his study in the fields of neuropathology and anatomopatología, and devoted much of his professional life to the study of human transmissible spongiform encephalopathy.

Creutzfeldt-Jakob disease is a rare and invariably fatal brain disorder, according to the National Institute of Neurological Disorders and Stroke. There is currently no single diagnostic test for the disease. The only way to confirm a Creutzfeldt-Jakob disease diagnosis is by brain biopsy or autopsy.


---Pathologist dies of suspected Creutzfeldt-Jakob (Mad cow disease)---
Due to the work that the deceased was involved in which, was to establish if the disease is passed on to people who have been exposed to infected tissue.
29/03/09 at 03:49pm GMT+1
http://www.barcelonareporter.com/index.php?/news/comments/pathologist_dies_of_suspected_creutzfeldt-jakob_mad_cow_disease/

Pathologist dies of suspected Creutzfeldt-Jakob (Mad cow disease)

The head of the Department of Pathology at the University Hospital in Madrid, Antonio Ruiz Villaescusa, has died a probable diagnosis is that of Creutzfeldt-Jakob disease (mad cow disease).

Due to the work that the deceased was involved in which, was to establish if the disease is passed on to people who have been exposed to infected tissue.

The Head of Pathology Department of the Fundación Alcorcón, Dr. Radish, will perform an autopsy to clarify that this is indeed the cause of death and his final results will be announced in about a month.

Dr. Ruiz, who died last night, was recognized nationally and internationally in the fields of neuropathology and anatomopatología, after devoting much of his professional life to the study of human transmissible spongiform encephalopathy.

2009年3月30日月曜日

米国防長官 日米同盟無効を示唆か

米国防長官は日米同盟無効を間接的に示唆したようだ。
ゲーツ米国防長官は北朝鮮の弾道ミサイルについて「もしハワイに向かって
くるようなら迎撃も考慮するが、現時点でわれわれにはその計画はない」
と語り、米国が標的とならない限り、MDによる迎撃を行わないとの見解を
明らかにした。
「日米は同盟関係にあろうと、今回の北朝鮮の行動は、日本の問題なので
自国で対処し、米軍は手を出さない」との意図を含め、日米同盟の無効
を間接的に示唆したと思う。以前から言われていた米国の本音を発言した
のだろう。

日本と同様に、飛翔体に対して直接攻撃を与える「準備はしていない」。
「日本は落下物に対する迎撃を行なう」と言っている様にも聞こえる。
テポドン2号の直接影響を受ける秋田県、岩手県両に在日米軍施設・区域は
ない。
ゲイツは、「北朝鮮には、外交(軍事力)よりも経済制裁の方が効果がある」
と見ているようだ。

今回北朝鮮が打ち上げる人工衛星のしくみが、世界共通とすれば、
以前米国のスパイ衛星が地上に墜落する際に、有害物質として、姿勢制御用
劇薬燃料ヒドラジンや、猛毒金属ベリリウムとの報道があったが、同様な
脅威があると言う可能性がある。
ベリリウムは人体に入ると特に深刻な慢性肺疾患を引起す。
ヒドラジンも毒性の強い強塩基。
落下物として固体を話題にしているが、他にも影響を受けるものはある。

中国の空母建造対策として、日本にも空母保有の許可を出すと言う
見解が広まる。空母開発は規制により、現状では、開発、製造能力が皆無に
等しく、競争できる能力さえ持たない。そのため、現状では、中国同様、
関係国(米国)の原子力空母をお下がりとして購入し、改造する可能性が高い。
また、艦載機においてもどこまでの許可が下りるのだろうか。
イージス艦、PAC3、空中給油機、回転翼用小型空母とハードウェア、
ソフトウェア共に押し付けられたが、米軍通信情報を共有できない限り
ただの鉄の塊でしかない。ハワイ沖でSM3が実験用ミサイルを迎撃したと
海自が喜べる気が知れない。


Gates: U.S. Not Prepared to Respond to North Korea Missile Launch


War Games or Real War?

---北ミサイル迎撃せず ゲーツ長官 米標的でなければ---
2009年3月30日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2009033002000196.html

 【ワシントン=嶋田昭浩】ゲーツ米国防長官は二十九日、FOXテレビの番組で北朝鮮の弾道ミサイルについて「もしハワイに向かってくるようなら迎撃も考慮するが、現時点でわれわれにはその計画はない」と語り、米国が標的とならない限り、ミサイル防衛(MD)による迎撃を行わないとの見解を明らかにした。
 米議会では、キーティング太平洋軍司令官ら米軍幹部が迎撃に自信を示す発言を繰り返しているが、長官は北朝鮮を刺激するのを避けるため慎重な姿勢を示したとみられる。
 ゲーツ長官は、北朝鮮がミサイルを発射する可能性は小さくないとしたが、米本土に到達するような核弾頭搭載可能な大陸間弾道ミサイルではない、との見方を強調。日本の対応については、ミサイル発射が失敗するなどして破片が日本国内に落下しない限り日本が迎撃する可能性は低いとした。
 北朝鮮核問題での六カ国協議については「現実問題として最近はなんら前進がない」と述べた。

◆日本の破壊命令 韓国大統領理解
 【ソウル=築山英司】李明博(イミョンバク)韓国大統領は、北朝鮮が「人工衛星」ロケットと主張する長距離弾道ミサイルの落下に備え、ミサイル防衛(MD)システムを作動する日本の破壊措置命令について「自国民の安全のためなので反対できない」と理解を示した。韓国青瓦台(大統領府)が三十日、英紙フィナンシャル・タイムズとのインタビュー内容を明らかにした。
 大統領府によると、李大統領は「軍事的な対応には反対する。ミサイル発射が短期的には北朝鮮の対外交渉に役立つかもしれないが結果的に役立たないということを北朝鮮は知るだろう」と述べた。

◆発射台のミサイル確認
 【ワシントン=共同】米シンクタンク科学国際安全保障研究所(ISIS)は二十九日、北朝鮮・舞水端里(ムスダンリ)のミサイル発射施設で、ミサイルが発射台に設置されていることを衛星写真で確認したと発表、写真を公開した。発射準備に向けた動きが伝えられてから、公開された写真でミサイルが確認されたのは初めて。


---北朝鮮の「衛星」打ち上げは軍事目的 米国防長官発言---
2009.03.30 Web posted at: 14:56 JST Updated - CNN
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200903300013.html

(CNN) ゲーツ米国防長官は29日、FOXニュースに対して、北朝鮮が「人工衛星」名目で来月4─8日に予定しているロケット打ち上げは軍事力強化が狙いだと明言した。

ゲーツ長官によると、米政府高官レベルは、北朝鮮のロケット打ち上げ技術が大陸間弾道ミサイル開発の隠れみのであると認識。米国はこうしたミサイルへの核弾頭搭載が、北朝鮮の長期的目標だと見ている。ただし同長官は、現時点で北朝鮮にその能力があるかは「個人的に疑問」だとコメントした。

ゲーツ長官はまた、北朝鮮が今後ハワイもしくは米西部に到達するミサイルを開発した場合、米軍がミサイル迎撃態勢を整える可能性をにじませた。ただし同長官は「現時点でそうした計画はないと思う」と慎重姿勢を示し、現在の北朝鮮の軍事技術ではアラスカや太平洋沿岸まで到達するミサイルの開発は不可能との見解を表明した。

ゲーツ長官はさらに、近いとされる北朝鮮のミサイル発射が、北朝鮮核問題をめぐる6者協議の行き詰まりを示しているのは明らかだと指摘。「もし(ミサイル発射が)金正日総書記からオバマ米大統領への就任祝いなら、外交面でどのような提案をしても北朝鮮政権には通用しないということを雄弁に物語る」と語った。

米科学国際安全保障研究所(ISIS)はこの日、北朝鮮の舞水端里にあるミサイル基地の衛星写真を公表した。写真には、来月打ち上げ予定のロケットとみられる機体が明確にとらえられている。


---ミサイル:ゲーツ国防長官「迎撃しない」---
2009/03/30 08:17:03
イ・ヨンス記者 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/news/20090330000008

 米国のロバート・ゲーツ国防長官は29日、北朝鮮のミサイル発射が迫っていると見られる中、米国はこれを迎撃しない、と語った。
 AFP通信が報じたところによると、ゲーツ国防長官はこの日「フォックスニュース・サンデー」に出演し、「わたしの考えでは、もしミサイルがハワイやその辺りに向かうようなら、それ(迎撃)を考慮するだろう。(しかし)現段階では、そうしたことをやる計画は全くない」と語った。
 ゲーツ長官は、北朝鮮のミサイル発射はすぐに行われそうかという質問に対し、「どうやらそのようだ」と答えたが、続けて「われわれはこれに対し、何も備えていない」と付け加えた。
 またAP通信が報じたところによると、ゲーツ長官は「北朝鮮の長期的な意図はミサイルに核弾頭を積もうというものだが、現段階では、北朝鮮がそうした能力を持ち合わせているとは信じられない」と語った。これに先立ち、ティモシー・キーティング米太平洋軍司令官は今月24日、「北朝鮮のいかなるミサイルでも、迎撃する可能性が大きい」と語った。


---Gates: U.S. Not Prepared to Respond to North Korea Missile Launch---
The defense secretary told "FOX News Sunday" that the United States can do nothing to stop North Korea from thumbing its nose at the international community by test-firing a long-range missile.

By Bill Sammon
FOXNews.com
Sunday, March 29, 2009
http://www.foxnews.com/politics/first100days/2009/03/29/gates-prepared-respond-north-korea-missile-launch/

The United States can do nothing to stop North Korea from breaking international law in the next 10 days by firing a missile that is unlikely to be shot down by the U.S. or its allies, Defense Secretary Robert Gates said Sunday.

Appearing on "FOX News Sunday," Gates said North Korea "probably will" fire the missile, prompting host Chris Wallace to ask: "And there's nothing we can do about it?"

"No," Gates answered, adding, "I would say we're not prepared to do anything about it."

Last week, Admiral Timothy Keating, commander of U.S. forces in the Pacific, said the U.S. is "fully prepared" to shoot down the missile. But Gates said such a response is unlikely.

"I think if we had an aberrant missile, one that was headed for Hawaii, that looked like it was headed for Hawaii or something like that, we might consider it," Gates said. "But I don't think we have any plans to do anything like that at this point."

North Korea has moved a missile onto a launch pad and says it will be fired by April 8. Pyonyang insists the missile is designed for carrying a communications satellite, not a nuclear warhead that the secretive nation appears bent on developing.

Gates said while he doesn't think North Korea has the capability yet to shoot off a long-range nuclear-tipped missile, "I don't know anyone at a senior level in the American government who does not believe this technology is intended as a mask for the development of an intercontinental ballistic missile."

Gates conceded that North Korea will likely get away with thumbing its nose at the international community by test-firing the missile. He also said that six-party talks aimed at curbing Pyongyang's nuclear ambitions have been largely fruitless.

"It's very troubling," Gates said. "The reality is that the six-party talks really have not made any headway anytime recently."

Gates also lamented that the missile launch planned by dictator Kim Jong-Il comes just two months after President Obama took office.

"If this is Kim Jong-Il's welcoming present to a new president, launching a missile like this and threatening to have a nuclear test, I think it says a lot about the imperviousness of this regime in North Korea to any kind of diplomatic overtures," he said.

Gates also said Japan is unlikely to shoot down a North Korean missile unless it drops debris on the island nation.

The Obama administration has signaled it wants to scale back the deployment of a missile defense system that was initiated by former President George W. Bush. The White House is also talking about dropping plans for missile defense facilities in Poland and the Czech Republic.

Gates lamented the futility of diplomatic efforts toward North Korea and Iran, another nation with nuclear ambitions. Despite the Obama administration's talk of ramping up diplomatic overtures toward Tehran, Gates was pessimistic about that strategy.

"Frankly, from my perspective, the opportunity for success is probably more in economic sanctions in both places than it is in diplomacy," Gates said. "What gets them to the table is economic sanctions."

2009年3月29日日曜日

英 銀行家を火刑に

英国で「銀行家を火刑に」と予告があった。
G20に開催に対するデモがあり、「銀行家を火刑に」と予告するグループ
まで現れた。
米下院は公的支援機関への賞与課税を可決したが、上院は慎重だと言う
ことだ。
仏では、退職金やボーナス等の支払いを禁止する政令が発令される。
英国では生涯に渡り毎年の年金受給額が1億円と言う元銀行家の家と車が
破壊された。

「彼らの危機に金を払いたくない」と言う気持ちは良くわかる。

富裕層への危害は格差が大きいためか、双方に影響が少ないためか
あまり同情的な声は聞こえない。道徳の問題なのか。


デモ主催者
London Anarchists:反グローバル抗議者。直接行動の参加を呼びかけ。
Whitechapel Anarchists:特定元銀行家宅の攻撃を称賛
Class War:生涯年金受給1億円の銀行家の火刑を奨励
G20 Meltdown:イングランド銀行でカーニバル(デモ?)を主催
Climate Camp:ヒースロー空港、ノースヨークシャーとケントの発電所の
       直接行動を支持
Climate Rush:空港拡張に反対
People and Planet:世界貧困、人権擁護、環境保護の運動
Stop the War Coalition and CND:イラクとアフガニスタンの戦争反対


Protestors gather in London ahead of G20 summit


London - Put People First - 28 march 2009 - G20


G20 Protest In London 2009


---G20 protesters face police with Tasers---
From The Sunday Times
March 29, 2009
David Leppard and Steven Swinford
http://www.timesonline.co.uk/tol/news/politics/G20/article5993139.ece

SCOTLAND YARD is to deploy officers armed with 50,000-volt Taser stun guns to deal with violent demonstrators planning to disrupt this week’s G20 summit in London.

The centrepiece of the security plan will be hundreds of officers from the Metropolitan police territorial support group, who are routinely armed with speedcuffs, extended batons and CS gas spray.

The Met confirmed yesterday that they will be supported by officers equipped with Tasers on stand-by should trouble break out.

“There will be an armed response vehicle element to this operation and [those officers] will be carrying Tasers,” said a spokeswoman.

The Met’s admission that Tasers could be used for the first time in the UK during riots came as protest groups claimed police had contacted them to warn that a day of protest in the City on Wednesday would be “very violent”.

All police leave has been cancelled and 10,500 officers, including reinforcements from other forces, will be deployed in the biggest policing operation undertaken in London.

Demonstrations intended to bring the capital’s financial centre to a standstill on Wednesday and disruption to the G20 summit at the ExCel centre in Docklands on Thursday will provide the first big test for Sir Paul Stephenson, the new Met commissioner. He will be aware that the protests provide an opportunity to show the world that London is up to the security and public order challenges of the 2012 Olympics.

With yesterday’s TUC march, a state visit from the president of Mexico tomorrow and the arrival of 40 delegations including 19 heads of state for the G20 summit on Thursday, the week presents a series of complex operational challenges the like of which the Met has not seen in recent history. The organisers of the protests – an alliance of envi-ronmental campaigners, anticapitalist and religious groups – insist they will be peaceful. However, police fear that anarchist elements are likely to stir up trouble.

Police expect up to 1,500 protesters to converge on the Bank of England on Wednesday. At 12.30pm, other demonstrators are expected to “swoop” on the European Climate Exchange centre in Bishopsgate, where they plan to erect pop-up tents, makeshift toilets and even a bicycle-powered cinema, marking the start of a 24-hour Climate Camp.

WHO’S DEMONSTRATING

London Anarchists: have appealed for people to join in “direct action” similar to that seen at previous antiglobalisation protests

Whitechapel Anarchists: London group which praised the attack on the home of Sir Fred Goodwin, the disgraced bank boss

Class War: veteran anarchists who are encouraging supporters to “burn a banker”

G20 Meltdown: A new organisation which will host a carnival at the Bank of England

Climate Camp: environmentalists behind direct action at Heathrow airport and power stations in North Yorkshire and Kent

Climate Rush: group against airport expansion who have “rushed” parliament

People and Planet: student network campaigning to end world poverty, defend human rights and protect the environment

Stop the War Coalition and CND: anti-war protesters against Iraq and Afghanistan wars


---銀行家「攻撃」予告も…金融サミット間近、ロンドン厳戒---
2009年3月28日21時07分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090328-OYT1T00932.htm

 【ロンドン=大内佐紀】日米欧と中国、インドなど20か国・地域(G20)の首脳が集まり、4月2日にロンドンで開催する第2回「金融サミット」を前に、英警備当局や地元の銀行が神経をとがらせている。
 大規模な抗議行動や銀行家を対象にした嫌がらせが予想されるためだ。
 ロンドン中心部では28日、政府が金融機関救済を重視することに反対する2万人規模のデモ行進が行われた。
 さらに、サミット開催中には、反グローバリズムを唱える活動家らがデモを計画。幹部社員への高額ボーナスが問題視されている銀行への「攻撃」を呼びかけるグループも出てきた。
 一部の英大手銀行では「危害を加えられる恐れがある」として、社員に銀行員と分からぬようスーツでなく、普段着で出社するよう呼びかけている。


---ゴールドマンCEO年収98%減 賞与なくなり…それでも1億円---
2009.3.28 12:00
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090328/amr0903281203009-n1.htm

 米金融大手ゴールドマン・サックスは27日、ブランクファイン最高経営責任者(CEO)が2008年分として受け取った報酬は約111万ドル(約1億円)で、賞与を含めた前年分の年収約7032万ドル(約69億円)から98%も減少したことを明らかにした。
 証券取引委員会(SEC)への届け出によると、08年分の報酬は基本給60万ドルと株式約27万8000ドルなど。07年分にあった約2699万ドルの賞与がゼロになったことが大きく影響した。(共同)


---仏でも相次ぐ賞与に反発 公的資金で救済の銀行---
2009.3.28 10:21
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090328/fnc0903281023003-n1.htm

 金融危機で公的資金による救済を受けたフランスの民間金融機関が、幹部や従業員にストックオプション(自社株購入権)やボーナスを与えていたことが相次ぎ発覚し、世論の猛反発を受けている。政府はこうした支払いを規制する方針だ。
 27日には銀行ナティキシスが、従業員の3分の1に計7000万ユーロ(約90億円)のボーナスを支給したことが表面化した。同行は、昨年28億ユーロ(約3600億円)の損失を計上。840人を削減し、公的資金20億ユーロを投入して救済された。銀行側は賞与を2007年より73%減額し、幹部は受け取っていないと釈明したが、与党UMPのスポークスマンは「正当化できない支払い」と批判した。
 フランスでは、同様に救済された銀行大手ソシエテ・ジェネラルの幹部がストックオプションを受け取っていたことも判明している。(共同)


---フランスでも賞与に世論猛反発 公的資金で救済の銀行---
2009年3月28日 08時46分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009032801000130.html

 【パリ28日共同】金融危機で公的資金による救済を受けたフランスの民間金融機関が、幹部や従業員にストックオプション(自社株購入権)やボーナスを与えていたことが相次ぎ発覚し、世論の猛反発を受けている。政府は、こうした支払いを規制する方針だ。
 27日には銀行ナティキシスが、従業員の3分の1に計7000万ユーロ(約90億円)のボーナスを払っていたことが表面化した。
 同行は銀行大手ケス・デパルニュとバンク・ポピュレールが共同出資して設立されたが、昨年28億ユーロ(約3600億円)の損失を計上。840人を削減し、公的資金20億ユーロを投入して救済された。
 銀行側は賞与について2007年より73%減額され、幹部は受け取っていないと釈明したが、与党UMPのスポークスマンは「正当化できない支払い」と批判した。
 フランスでは、同様に救済された銀行大手ソシエテ・ジェネラルの幹部がストックオプションを受け取っていたことも判明している。


---仏、役員らの退職金など禁止へ 公的資金支援企業で---
2009.3.27 22:54
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090327/biz0903272257019-n1.htm

 【パリ=山口昌子】フランス政府は27日、公的資金の支援を受けた企業が巨額の退職金やボーナスなどを役員らに支払うことを禁止する政令を31日にも出すことを決めた。
 フランスでは金融危機対策として昨年来、経営難に陥った企業に対して公的資金を投じてきたが、こうした公的な支援を受けた企業が役員らに巨額のボーナスなどを支払っている事実が判明。野党・社会党や労働組合から激しい批判を浴びていた。
 公的資金を受けながら、役員を含む約800人の従業員に総額5100万ユーロ(約67億8000万円)のボーナスを支払っていたことがわかったのは、仏金融大手クレディ・アグリコル系の証券会社シュブリュ。同社は経営悪化前の業績に対して支払ったと弁明しているが、労組は支給取り消しなどを要求している。
 仏自動車部品大手のバレオも公的資金を受けながら、前社長に320万ユーロ(約4億3000万円)の退職金を支払っていたことが判明した。
 サルコジ大統領は24日、経済問題に関する特別演説を行い、公的資金の支援を受けた企業が巨額の退職金やボーナスを支給することなどを非道徳的と批判したが、法律や政令によって支給そのものを禁じることは拒否する姿勢を示した。
 しかし、社会党だけでなく、与党・国民運動連合(UMP)の一部からも「大統領は金持ちの味方だ」などの批判の声が上がった。大手労組も「法的措置」を要求し、パリ市内でデモを組織するなど圧力を強めていた。
 フランスの経団連に当たる仏企業運動(MEDEF)は当初、「役員らへの退職金やボーナスなどの支給は契約によって保証されている」と主張していたが、MEDEFのパリゾ会長は27日、政令の発令に理解を示した。


---英銀行家の自宅窓や高級車破壊、巨額年金に怒りの声明---
2009.03.26 Web posted at: 14:16 JST Updated - CNN
http://www.cnn.co.jp/business/CNN200903260008.html

ロンドン(CNN) 英スコットランドの中心都市エディンバラで25日、銀行大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)の前経営者の自宅窓ガラスと、停めてあったメルセデス・ベンツ製リムジンの窓ガラスが割られる事件が起きた。さらなる犯行を予告するような声明も出されている。

被害に遭ったのは、エディンバラにあるRBS前最高経営責任者(CEO)フレッド・グッドウィン氏(50)の自宅。同氏一家は現在この家に住んでおらず、事件当時に人がいたかどうかは不明。

RBSは金融危機で経営が悪化して事実上国有化され、グッドウィン氏は経営から退いた。しかし年間70万ポンド(約1億円)の年金を生涯にわたって受け取ることが発覚して強い批判を浴びていた。

AP通信などのメディアには事件後、「あいつのような金持ちが自分たちに膨大な金を払ってぜいたくに暮らす一方で、普通の人たちが失業したり貧乏になったり家を失ったりしていることにわれわれは怒っている。銀行経営者は刑務所行きだ。これはまだ手始めにすぎない」との声明が送りつけられた。組織名などは書かれていなかった。

米国でも保険大手AIGの巨額賞与に対する批判が高まる中、従業員に対する殺人予告などの騒ぎが起きている。同社は従業員に対し、身の安全のため社名を身につけて歩かない、1人で外出しない、車は明るい場所に停める、不審な人物がいたら通報するなどの注意を促している。


---米上院議員、AIGなど公的支援受け入れ企業の賞与に70%課税提案---
2009年 03月 18日 10:00 JST
http://jp.reuters.com/article/financialCrisis/idJPJAPAN-37031620090318

[ワシントン 17日 ロイター] 米アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)(AIG.N: 株価, 企業情報, レポート)が公的支援を受けながら幹部に高額賞与を支払った問題に関連し、米上院財政委員会のボーカス委員長(民主党)とグラスリー委員(共和党)は17日、7000億ドル規模の金融安定化法の下で支援を受けた企業の幹部賞与に70%の課税を行う案を提示した。
 両議員は、賞与を支払った会社側とそれを受け取った従業員側にそれぞれ35%の税金を課すことを提案している。
 ボーカス委員長は「われわれは、国民の憤りに応えようとしている」とし、この法案によってAIGの従業員に支払われた賞与の大半を取り戻すことが可能になると思うと述べた。
 両議員は、上院への早急な法案提出に向けて作業しているとした。

2009年3月28日土曜日

揺れる米国

米国が揺れそうだ。
米国防総省は「中国の軍事力」に関する報告書を発表し、中国が戦略核戦力
や東アジア地域での軍事能力、さらには台湾の攻略能力などをいずれも
増強しているという考察を明らかにした。

・CSS4、DF31等などのICBM計約20基を新配備
・CSS3を約20基、1隻にSLBMを12基搭載した「夏」級潜水艦を新配備
・西太平洋地域で水上艦、潜水艦、航空機を増強し、対艦攻撃ミサイル
 や魚雷の強化で地域制圧の能力を高め、潜在敵の側の航空母艦までを
 抑止する能力をつける
・東シナ海での尖閣諸島をめぐる日本との領土紛争への対処能力をも高めた
・台湾海峡沿いの福建省等では台湾に届く短距離弾道ミサイルの増強を継続。
 合計1150基に達し、毎年約100基のペースで新配備を続ける。
・航空母艦の保有の意図を公的表明し、自国製の建造を目指す。
・パイロット50人が空母艦載機の操縦訓練を受け始めたことも記している。

中国外務省は「事実をねじ曲げて『中国脅威論』をまき散らし、内政干渉
することには断固反対する。公表をやめるべきだ」と批判。

中国人民銀行総裁による「基軸通貨として米ドルには限界がある」論文に
オバマは「必要とは思わない」と発言。
ガイトナー米財務長官も「ドルは支配的な準備通貨」と述べ、反論した。
ただ、ガイトナー長官は「極めてオープン」と述べたため、NY外為市場で
は理解を示したと受け取られ、ドルが急落。

軍事力で台頭してきた中国は、軍事力だけでなく経済面でも米国に揺さぶり
かける。米国が揺れれば日本では大地震となる。それでもポチは主人から
声をかけられれば尻尾を振る。


A Battalion Commander of PLA 818th Missile Brigade (Part 1)


A Battalion Commander of PLA 818th Missile Brigade (Part 2)


Chinese High Yield Nuclear Test


---中国中央銀総裁「ドル限界論」 金融サミット揺さぶり?---
2009年3月28日6時16分
http://www.asahi.com/business/update/0327/TKY200903270435.html
 【北京=琴寄辰男】基軸通貨として米ドルには限界がある――。中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁が、こんな趣旨の論文を発表し、波紋が広がっている。中国の外貨準備は約2兆ドル(約197兆円)で、米国債保有高とともに世界一。来月初めのG20金融サミットや米中首脳会談を前に米国に揺さぶりをかけているようだ。
 周総裁の論文は、23日に人民銀のホームページで発表された。「金融危機の拡大は、現行の国際通貨システムの欠陥の表れ」と強調したうえで、基軸通貨を発行する国家は、国内経済の安定と基軸通貨への国際的な需要を満たすという矛盾した目標を同時に抱えると分析。「世界に流動性を供給すると同時に、通貨価値の安定を確保することはできない」と述べ、名指しは避けつつも基軸通貨としての米ドルの限界を指摘した。
 その上で米ドル、ユーロ、円、英ポンドの通貨バスケットで算出される国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)の使用範囲を拡大し、基軸通貨として活用していくことを提案した。大型景気対策で財政赤字を拡大させる米国にくぎを刺す狙いがあるとみられる。
 一方、米国のオバマ大統領は24日の記者会見で、新たな基軸通貨について「必要とは思わない」と発言。ガイトナー米財務長官も25日、「ドルは支配的な準備通貨」と述べ、中国の「ドル限界論」に反論した。ただ、ガイトナー長官がSDRの使用範囲拡大の提案に「極めてオープン」と述べたため、ニューヨーク外国為替市場では米国側が提案に理解を示したと受け取られ、ドルが急落する局面があった。市場がドルの信認に神経質になっていることをうかがわせた。


---中国海軍、近海防衛から遠洋防衛に戦略転換---
2009/03/27 10:40:13
朴勝俊(パク・スンジュン)中国専門記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/news/20090327000028

 中国海軍は26日、作戦概念をこれまでの近海防衛から遠洋防衛へと転換していくことを宣言した。
 中国人民解放軍の機関紙、解放軍報は26日付紙面に遠洋での軍事演習に関する長文のルポを掲載し、「われわれの海上での力を近海防衛から遠洋防衛に向け進めていく」と指摘した。
 同紙は「21世紀に入り、海洋国土、海洋資源、海洋権益、海上安全の重要性がますます高まっている」などとして、「(作戦と訓練の領域で)遠近を組み合わせていく」方針を掲げた。
 同紙の記事は、新型ミサイル駆逐艦「広州」がアラビア海で行われた多国間合同軍事演習“和平09”に参加したことの意義を分析したもので、同艦は 2007年7月から10月にかけ、2万2000カイリを航行し、欧州4カ国を訪問しており、今回航行したシンガポール海峡、マラッカ海峡、ベンガル湾などは熟知した航路だったなどとしたほか、実弾射撃や臨検拿捕(だほ)などの演習を行い、遠洋における作戦能力は十分にあると主張した。
 近海防衛から遠洋防衛への作戦概念の転換は、中国海軍が最近、南シナ海の公海上で米偵察艦「インペッカブル」の航行阻止を試みるなど、中国海軍の作戦能力強化に対する米国の懸念が高まる中での宣言だった。米議会は最近、中国の軍事力に対する聴聞会を開き、中国軍の将来的な不確実性が強まっており、特に拡大する軍事力をどのように使用するかに対する疑問が高まっていると判断した。米国防総省が最近まとめた軍事力報告書は中国海軍について、「現時点では米国の海軍力で台湾を防衛することができるが、今後は不透明だ」との判断を示した。
 伝統的に沿岸防衛と近海防衛が可能な程度と判断されていた中国海軍は、昨年アラビア湾にミサイル駆逐艦を派遣し、ソマリア海域の海賊に対する自国民間船舶の保護作戦も展開した。また、中国の梁光烈国防相は今月20日、北京を訪問した日本の浜田靖一防衛相と会い、「世界の大国で空母を保有していない国は中国だけだ。永遠に空母を持たないというわけにはいかない」と述べ、海軍力増強に向けた意気込みを示した。
 中国は徐々に大国としての地位を高めている。これは急速な経済発展で物質的土台ができた状況では避けられない状況展開だ。中国海軍の作戦概念転換は、中国が仮想敵国としている日本の作戦概念にも大きな変化をもたらし、中国と海を隔てて向かい合う韓国の海軍もこれに対処する作戦、訓練概念の転換が必要だと判断される。


---中国の基軸通貨見直し提唱を米財務長官が“容認”でドル急落---
2009.3.26 21:46
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090326/fnc0903262147013-n1.htm

 【ワシントン=渡辺浩生】来月ロンドンで開かれる20カ国・地域(G20)金融サミット(首脳会合)を控え、外貨準備で大量のドル資産を保有する中国が、基軸通貨ドルに代わる国際準備通貨の創設構想を提唱し、オバマ政権に揺さぶりをかけている。金融危機下で膨らむドル不信が背景にあり、25日にはガイトナー財務長官が提案に理解を示す発言をしたため、ドルが円やユーロに対し一時急落する事態となった。
 中国人民銀行の周小川総裁が24日、ドルに代わる国際準備通貨として、国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)の活用を提唱。ロシアもG20で議論するよう提案した。
 SDRは国際準備資産として1969年に導入され、変動相場制移行後は役割が縮小、現在は主に国際機関の計算単位として使われ、価値は主要通貨のバスケットで決められている。オバマ大統領はドル基軸体制堅持の姿勢を示しているが、25日にはガイトナー財務長官がニューヨークでの講演で「提案にわれわれはオープンだ」と発言した。
 市場は「通貨体制見直しを容認」と受け止め、1ドル=98円前後で推移していたドル相場は一気に96円93銭まで急落。長官が「ドルは圧倒的な準備通貨」と言い直したことで、97円台まで買い戻されたが、米国が同構想に神経をとがらせていることを露呈した。
 ドルは世界の外貨準備の3分の2を占める圧倒的地位にある。しかし、米国が金融危機への対処で財政赤字が急増。将来のインフレとドル暴落の危険をはらんでいる。そうした中、約2兆ドルの外貨準備を擁する中国は1月の米国債残高が7390億ドルと世界最大のドル資産保有国となった。
 「米国の財政責任にいかに依存しているかを実感し、恐れ始めている」(米有力シンクタンク、アメリカン・エンタープライズ・インスティテュート)ことが、新準備通貨を模索する動きにつながっている。欧米が同時不況に陥る間に「国際通貨秩序の再構築に積極的な役割を果たしたい」(英紙フィナンシャル・タイムズ)という政治的な思惑も背景にはある。
 ただし、中国がドル資産を膨らませる最大の理由は、輸出拡大のため人民元相場を抑制する為替介入にある。ドル脱却を叫びながら「自らが問題に貢献している事実を無視している」(ボルガー元FRB議長)わけで、米国は中国に内需拡大と人民元切り上げを迫る好機としたいようだ。


---米の中国軍事報告書で中国外務報道官「内政干渉に断固反対」---
2009.3.26 18:49
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090326/chn0903261851003-n1.htm

 中国外務省の秦剛報道官は26日の定例会見で、世界規模で中国が軍事的影響力を強めていると指摘した米国防総省の年次報告書について「事実をねじ曲げて『中国脅威論』をまき散らし、内政干渉することには断固反対する。公表をやめるべきだ」と述べ、批判した。
 秦氏は「中米両国や両軍の関係をさらに損ねることのないよう、中国に対する理由のない非難はやめるべきだ」と指摘した。(共同)


---20年までに複数の空母、中国が建造見通し…米年次報告---
2009年3月26日14時07分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090326-OYT1T00612.htm

 【ワシントン=小川聡】米国防総省は25日、2009年版の「中国の軍事力に関する年次報告書」を米議会に提出、公表した。
 この中で、「中国海軍は20年までに複数の空母を建造する方針だ」とする見通しが初めて示された。
 報告書は、中国軍高官が昨年11~12月に、「問題は空母を持つかどうかではなく、空母を使って何をするかだ」などと、空母保有の意図を表明したと指摘。艦載機として、ロシアから「スホイ33」の購入を目指しているとした。
 そのうえで、「15年までに運用可能な国産空母を持つことはないだろう」としながら、中国の造船能力や外国からの支援を踏まえ、20年までに空母を複数保有すると分析した。
 一方、中国海軍がソマリア沖の海賊対策に護衛艦を派遣するなど、「遠洋作戦能力」を強化していることを「国際社会に貢献できる」と評価する一方、「拡大された軍事力が何に使われるのか、不透明さが多く残っている」とけん制した。
 中国船が昨年12月、尖閣諸島沖の日本領海を侵犯した事案など、複数の領有権問題を抱える中国の現状も紹介し、「こうした『遠洋作戦能力』は、領有権の主張を強制的に実現しようとするための兵力展開を可能にするかもしれない」と懸念を示した。
 中国軍が南シナ海に位置する海南島に新たな海軍基地を建設し、潜水艦の遠洋展開の拠点にする意図を持っていることにも初めて言及した。
 海南島沖では今月上旬、米海軍調査船が中国艦船による航行妨害を受けている。


---空母建造や海南島警戒 武器輸出で影響力増大---
2009.3.26 10:10
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090326/chn0903261011001-n1.htm

 【ワシントン=古森義久】米国防総省は25日、「中国の軍事力」に関する報告書を発表し、中国が戦略核戦力や東アジア地域での軍事能力、さらには台湾の攻略能力などをいずれも増強しているという考察を明らかにした。報告書はさらに、中国の軍事の態勢や戦略が不透明であり、アジア太平洋地域での大きな不安定要因となっていることを指摘した。
 同報告書は毎年一度、発表され、議会に送られるが、総括として中国がなお「高度の外国製兵器の取得、防衛関連科学技術への急速度の投資、軍隊の組織的、戦略的な改革などによって地域制圧の軍事能力や核、宇宙、サイバー戦争の軍事技術を発展させ、アジア地域の軍事バランスを変えて、アジア太平洋地域をも越える影響を発揮している」と警告している。
 具体的には、米国本土にも届く戦略核戦力で中国が2006年以来、CSS4、DF31などの大陸間弾道ミサイル(ICBM)計約20基を新配備したほか、射程のやや短いCSS3を約20基、1隻に弾道ミサイル(SLBM)を12基搭載した「夏」級潜水艦を新配備するなど、世界でも唯一、戦略核ミサイルの増強を進めていることを指摘。また、西太平洋地域で水上艦、潜水艦、航空機を増強し、対艦攻撃ミサイルや魚雷の強化で地域制圧の能力を高め、潜在敵の側の航空母艦までを抑止する能力をつけ始め、東シナ海での尖閣諸島をめぐる日本との領土紛争への対処能力をも高めたことなどを強調した。
 報告書によると、中国は台湾への攻撃、攻略の能力を依然として高め、台湾海峡沿いの福建省などでは台湾に届く短距離弾道ミサイルの増強を継続。08年9月の時点で合計1150基にも達して、いまなお毎年約100基のペースで新配備を続けている。
 報告書は台湾の政権が変わり、独立を直接には目指さない国民党が政権を握って、中国との政治的な緊張が和らいだのに増強がなお続いている点に懸念を示し、「中国が台湾の独立を阻止するために攻略の軍事能力をつけることは理解できるが、現在の増強は台湾をはるかに越えた有事までをも想定しているようにみえる」と指摘した。
 一方で、中国海軍が航空母艦の保有の意図を公的表明し、旧ソ連から購入した旧式空母を活用し自国製の建造を目指す方針を進めていることを伝えている。パイロット50人が空母艦載機の操縦訓練を受け始めたことも記している。
 また、報告書は中国の人民解放軍の兵器装備や戦略作戦などがほとんど秘密にされ、透明性に欠ける点を批判的に取り上げ、国際情勢を不安定にする主要因だと断じている。中国政府が公式に発表する国防費は08年度分は約600億ドルで前年より17・6%の増加だが、外国からの兵器購入や航空宇宙での戦争準備などの経費はそこには含まれず、実際は1050億~1500億ドルにも達すると米側はみている。


---ANNUAL REPORT TO CONGRESS---
Military Power of the People’s Republic of China 2009
Office of the Secretary of Defense
http://www.defenselink.mil/pubs/pdfs/China_Military_Power_Report_2009.pdf

Executive Summary
China’s rapid rise as a regional political and economic power with growing global influence has significant implications for the Asia-Pacific region and the world. The United States welcomes the rise of a stable, peaceful, and prosperous China, and encourages China to participate responsibly in world affairs by taking on a greater share of the burden for the stability, resilience, and growth of the international system. The United States has done much over the last 30 years to encourage and facilitate China’s national development and its integration into the international system. However, much uncertainty surrounds China’s future course, particularly regarding how its expanding military power might be used.
The People’s Liberation Army (PLA) is pursuing comprehensive transformation from a mass army designed for protracted wars of attrition on its territory to one capable of fighting and winning short-duration, high-intensity conflicts along its periphery against high-tech adversaries – an approach that China refers to as preparing for “local wars under conditions of informatization.” The pace and scope of China’s military transformation have increased in recent years, fueled by acquisition of advanced foreign weapons, continued high rates of investment in its domestic defense and science and technology industries, and far-reaching organizational and doctrinal reforms of the armed forces. China’s ability to sustain military power at a distance remains limited, but its armed forces continue to develop and field disruptive military technologies, including those for anti-access/area-denial, as well as for nuclear, space, and cyber warfare, that are changing regional military balances and that have implications beyond the Asia-Pacific region.
The PLA’s modernization vis-à-vis Taiwan has continued over the past year, including its build-up of short-range missiles opposite the island. In the near-term, China’s armed forces are rapidly developing coercive capabilities for the purpose of deterring Taiwan’s pursuit of de jure independence. These same capabilities could in the future be used to pressure Taiwan toward a settlement of the cross-Strait dispute on Beijing’s terms while simultaneously attempting to deter, delay, or deny any possible U.S. support for the island in case of conflict. This modernization and the threat to Taiwan continue despite significant reduction in cross-Strait tension over the last year since Taiwan elected a new president.
The PLA is also developing longer range capabilities that have implications beyond Taiwan. Some of these capabilities have allowed it to contribute cooperatively to the international community’s responsibilities in areas such as peacekeeping, humanitarian assistance and disaster relief, and counter-piracy. However, some of these capabilities, as well as other, more disruptive ones, could allow China to project power to ensure access to resources or enforce claims to disputed territories.
Beijing publicly asserts that China’s military modernization is “purely defensive in nature,” and aimed solely at protecting China’s security and interests. Over the past several years, China has begun a new phase of military development by beginning to articulate roles and missions for the PLA that go beyond China’s immediate territorial interests, but has left unclear to the international community the purposes and objectives of the PLA’s evolving doctrine and capabilities. Moreover, China continues to promulgate incomplete defense expenditure figures and engage in actions that appear inconsistent with its declaratory policies. The limited transparency in China’s military and security affairs poses risks to stability by creating uncertainty and increasing the potential for misunderstanding and miscalculation. The United States continues to work with our allies and friends in the region to monitor these developments and adjust our policies accordingly.

2009年3月27日金曜日

バッドバンク構想発表

バッドバンク構想が発表された。
米財務省は金融危機対策で銀行などから不良資産を買い取る「官民投資計画」
の具体策を発表した。最大1千億ドル(約9兆6千億円)の公的資金を投じ、
債務保証や低利融資も活用して最大1兆ドル(約96兆円)の買い取りを
目指す。
買い取るのは金融機関の不良資産。民間金融機関に買い取りへの積極参加を
呼びかけ、財務省と民間投資会社が共同で対等出資する「官民投資基金」を
複数発足させる。

実効性が不透明なのに、市場は高騰らしい。
消費大国が減ったにもかかわらず、金融支援策だけで、経済が回復できると
勘違いしているようだ。景気回復に一年以上かかると言われるが、今まで
同様に消費してくれる市場はどこにあるのだろうか。


---【第69回】 2009年03月27日---
オバマ政権「バッドバンク構想」の実効性が疑問視される理由
町田徹(ジャーナリスト)
http://diamond.jp/series/machida/10069/

 3月23日。ニューヨーク株式市場で、ダウ工業株(30種)平均が前週末比497ドル48セント高と史上5番目の急騰を演じた。終値も、2009年に入ってからの最高値(7775ドル86セント)を記録した。
 この、時ならぬ急騰劇の原動力になったのが、ようやく全容の公表に漕ぎ着けた米国のバッドバンク構想だ。その正式名称を「公共-民間投資プログラム(PPIP)」という。
 PPIPの実態は、経営危機に直面する米銀から不良資産を買い取るための投資ファンドである。そして、ファンドの資金の借り入れに関し、政府機関による信用保証を付加したところが最大のミソだ。PPIPは2月に構想を公表したものの、具体策のとりまとめは難航していた。が、今回、この信用保証を付けることによって、投資マネーを呼びこむことが期待できるようになった。
 米政府では、この構想を発表したガイドナー財務長官がその席上、再三「(このスキームに)自信がある」と胸を張ってみせた。オバマ大統領も最大級の言辞で自画自賛した。そして、米市場はこれを手放しで歓迎、歴史的なダウ平均の急騰となったというのである。
 しかし、俄かには、そんなうまい手があったとは信じ難い。本当に、PPIPには、「100年に1度」と言われた経済危機にピリオドを打つほどの実力があるのだろうか。

融資というレバレッジを効かせた買い取り策だが
オバマ大統領は23日、ホワイトハウスで、PPIP構想についてコメントし、
「(効果に)非常に自信を持っている」
「(目的は)金融システムを安定させ、銀行融資を再開させること」
「今後、決定的に重要な意味を持ってくる」
「脆弱(ぜいじゃく)さも残っているが、正しい方向に進んでいる」
などと強調した。
 PPIPは非常に複雑だが、ガイトナー長官の発言、財務省資料、エコノミスト、アナリストの解説、日米のメディアの報道などを総合すると、(1)民間と政府からの投資資金に、連邦預金保険公社(FDIC)と連邦準備理事会(FRB)の融資資金を加えて、複数のファンドを組成。まず、ローン債権と証券化商品をあわせて5000億ドルの買い取りを目指す。この買い取り額は最終的に1兆ドルまで拡大される可能性がある
(2)このうち、政府からの投資資金(税金)は、750億ドルから1000億ドルの投入を想定。この資金は、ブッシュ政権時代に法案が成立した不良資産買い取りプログラム(TARP)の資金(総額7000億ドル)の残りから供出する
(3)民間と政府は、リスクとリターンを分かち合う
(4)ローンの買い取りと証券化商品の買い取りでスキームはまったく異なったものとする
(5)政府が問題資産に必要以上の高値を付けて買い取ることがないよう、不良資産の買い取りは入札方式を採り、民間側が値段を付ける仕組みとする
(6)ローン債権を買い取る場合、導入できる融資金額の上限は、民間と政府が投資した資金額の6倍までとする
(7)証券化商品の買い取りプログラムでは、まず民間のファンドマネジャー(当初、上限5社)を選定する。短期間に5億ドル以上の資金を募集できることが条件で、4月10日までに財務省に申請し、財務省は5月1日までに選定した者に通知する。そのマネジャーが財務省やFRBから資本拠出や融資を受けて、証券化商品の買い取り(投資)を行う

最大1兆ドルでは規模的に到底不十分
 もちろん、積極的に評価する向きは少なくない。肯定派の1人であるクレディ・スイス証券経済調査部のアナリスト白川浩道氏は26日付けのリポート「米国不良資産買取プログラムの評価(改訂)」の中で、「金融機関の不良証券化商品の売却がかなり進展する可能性があり、市場流動性の回復、価格の安定化が期待できる」としたうえで、「銀行のバランスシートの健全化が大きく進展するとは言い難いものの、最悪期は脱しつつあると評価することができよう」と述べている。

 だが、筆者も含めて、悲観的な意見も少なくない。

 例えば、双日総合研究所の主任エコノミストの吉崎達彦氏の見方は印象的だ。米政府があえてレバレッジを活用した点を問題にしており、「そんな小賢しい方式がうまくいくはずがない。もっと愚直な方法が必要だ」と一刀両断にした。たまたま講演を聞く機会があったので、直接訊ねたことへの回答だったが、まさに、この点はポイントではないだろうか。
 ここでもう1人、紹介したい意見の持ち主が、みずほ証券の金融市場調査部のチーフマーケットエコノミストの上野泰也氏だ。24日付のリポート「不良資産買い取り計画でNYダウ急騰」の中で、上野氏は「実効性は不透明で、この日の米国株は期待先行で上がり過ぎ」と断言している。その根拠として、やはり、上野氏も、「民間資金を呼び込むスキームにせざるを得ない懐事情があるのだ」と米国の財政のカベを理由にあげている。
 そもそも、今回のPPIPの最大1兆ドルという買い取り規模は、現存すると推測される不良資産全体の規模からみて不十分である。
 その推計のひとつとして、例えば、2008年11月07付の本コラム(「11月危機」で市場は再び大混乱か オバマ次期大統領を待ち構える試練)で紹介したように、日本経済研究センターの小林辰男主任研究員は、この時点で「約6兆ドル」を見込んでいた。その後、ノーベル経済学賞を受賞したプリンストン大学のポール・クルーグマン教授が不良資産の規模を8兆ドル(うち2兆ドルが金融機関に偏在)との認識を示しているのは周知の通りだ。民間資金が導入できても、1兆ドルしか買い取れない今回の施策が十分とは考えにくい。
 しかも、自己資本不足に陥るリスクを冒してまで、積極的に金融機関が不良資産の売却に乗り出すかどうか。その自己資本を、以前のように融資が活発に行えるほど充実する必要があるが、米政府にそのための追加の資本注入の用意があるかどうか定かではない。また、AIGの巨額ボーナス支給問題を機に、資本注入を受けると、経営への政府の介入を招く懸念も高まっている。
 そもそも、経済の需給ギャップは巨大で、金融危機回避策だけで経済を回復軌道に戻すこと自体が困難だ。
 結局のところ、米株式市場のPPIPへの過剰期待が失望に変わるのに、それほど時間はかからないかもしれない。

――といったことが柱となっている。
 ちなみに、ローン債権の買い取りの例をあげると、投資家と税金がそれぞれ1000ドルずつ投資するファンドを組成した場合、このファンドはFDICから1万2000ドルの融資を受けることができる。つまり、1万4000ドルの資金を投入して、ローン債権を買い取れるというのである。
 米政府は、この融資を、民間資金や税金を「最大限に有効活用するためのレバレッジ」と説明している。ちなみに、今回の金融危機が深刻なものとなった原因のひとつに、多くの金融機関が自己資金以外の融資も導入して、つまりレバレッジを効かせて無謀な投資を行った問題があった。今回、米政府は、レバレッジが発生させた不良資産を、融資というレバレッジを効かせて買い取って処理しようとしているというわけだ。言わば、毒を持って毒を制すという手法である。
 果たして、こうした手法に「100年に1度」と言われた経済危機を克服できる効果があるのだろうか。


---Soros Says Commercial Property Values Will Fall 30% (Update1)---
By Michael Forsythe
Last Updated: March 26, 2009 15:51 EDT
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601087&sid=a2pBt4Vo5uHk&refer=home

March 26 (Bloomberg) -- Billionaire investor George Soros said U.S. commercial real estate will probably drop at least 30 percent in value, causing further strains on banks.

“Commercial real estate has not yet fallen in value,” Soros, speaking at a forum in Washington, said. “It is inevitable, it is written, everybody knows it, there are already some transactions which reflect and anticipate it, so we know, they will drop at least 30 percent.”

U.S. commercial real estate values have fallen 30 percent from the 2007 peak as cheap financing disappeared and the recession reduced occupancies, RREFF, the real estate investment unit of Deutsche Bank AG, said yesterday in its 2009 forecast. Total returns in a commercial property index used by pension funds may decline as much as 11 percent this year, the group said.

Soros, 78, said the risk of further declines in property prices is reason for the administration of President Barack Obama to move quickly to recapitalize banks. Soros said Obama acted too slowly on a banking overhaul and should have moved immediately upon taking office.

“At that moment of enthusiasm, fresh out of the gate, he would have gotten that money, and then we could have recapitalized the banks the right way, which would be to draw a line over the existing past accumulated bad assets and create new banks on top of these old banks,” Soros said.

‘New Bank, Old Bank’

“Instead of good bank, bad bank, have new bank, old bank and keep the old capital to cover the old assets which are still deteriorating and will continue to deteriorate for several years” because of the coming decline of commercial real estate values, Soros said.

Soros also said that the U.S. may face a new round of inflation should the flow of credit recover because of the large increase in the money supply stemming from the Federal Reserve’s purchases of Treasury securities.

U.S. central bankers decided last week to buy as much as $300 billion of long-term Treasuries and more than double mortgage-debt purchases to $1.45 trillion, aiming to lower home-loan and other interest rates.

“In order to make up for the collapse of credit, we are effectively creating money,” Soros said. “If and when credit is restarted, you would then have an incredibly swollen monetary base, which, if it were leveraged, you would have an explosion of inflation.”

“Right now we are in a period of deflation, but it could easily tip over, where you are facing inflation,” Soros said. “You are then faced with the prospect of draining money supply as fast as credit is created.”


---NY株急伸今年最大上げ幅 「バッドバンク」構想に好感---
2009.3.24 07:52
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090324/fnc0903240754000-n1.htm

 【ニューヨーク=長戸雅子】週明け23日のニューヨーク株式市場は、米政府が発表した金融機関の不良資産買い取り計画を好感して急伸、ダウ工業株30種平均は前週末終値比497・48ドル高の7775・86ドルで終わった。上げ幅は昨年10月末以来最大。ハイテク株中心のナスダック総合指数は98・50ポイント高の1555・77で終了した。
 ガイトナー財務長官は23日朝、官民合同で金融機関が抱える最大1兆ドルの不良資産を買い取る「バッドバンク」構想を発表。「官民の協力は市場の流動性回復に資するうってつけの方法」(市場関係者)と評価され、複数の米投資会社などが参加に関心を示したことが好感された。
 また同日発表された2月の米中古住宅販売件数が前月5・1%増と市場の予想を上回る6年ぶりの伸びを見せたことも買いを後押しした。
 株価は金融や住宅関連株が主導する形でほぼ全銘柄が上昇、米銀大手シティグループは約19%高、バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)は約26%高、JPモルガンチェースは約25%高となった。 


---不良債権処理 米政府、最大1兆ドル買い取り目指す---
2009年3月24日0時45分
http://www.asahi.com/business/update/0323/TKY200903230333.html

 【ワシントン=西崎香】米財務省は23日、金融危機対策で銀行などから不良資産を買い取る「官民投資計画」の具体策を発表した。最大1千億ドル(約9兆6千億円)の公的資金を投じ、債務保証や低利融資も活用して最大1兆ドル(約96兆円)の買い取りを目指す。公的負担を減らすため、民間金融機関も投資家として参加する計画だ。
 ガイトナー財務長官が2月に発表した金融安定計画の詳細で、不良債権問題の解消を狙う。金融救済法で認められた公的資金のうち750億~1千億ドルを投入。連邦預金保険公社(FDIC)による債務保証や、連邦準備制度理事会(FRB)の低利融資を加え、買い取り規模は当初は5千億ドルを目標にし、最終的には1兆ドルをめざす計画だ。
 買い取るのは金融機関の不良資産。民間金融機関に買い取りへの積極参加を呼びかけ、財務省と民間投資会社が共同で対等出資する「官民投資基金」を複数発足させる。複数の基金が競争入札で買い取りに参加すれば、不良債権処理も加速するとの考えだ。
 民間参加を促すため、買い取り資金の大部分を財務省やFDIC、FRBが融資や債務保証などで実質的に負担する。保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)で問題になった金融機関の高額ボーナスなどの規制はかけないという。
 ガイトナー長官は23日の記者会見で「資産を処分する市場は機能していなかった」と制度の必要性を強調した。
 不良資産を売却する金融機関は損失を被るが、早めに処分することで損失膨張を回避させる。


---米国:不良資産購入、公的資金最大9.6兆円 官民基金詳細を発表---
毎日新聞 2009年3月24日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/biz/news/20090324ddm001020012000c.html

 【ワシントン斉藤信宏】米財務省は23日、深刻な金融危機の抜本解決に向け、官民合同で創設する不良資産買い取り基金の詳細を発表した。民間投資ファンドなどの資金と政府の公的資金などで計5000億~1兆ドル(約48兆~96兆円)を用意し、米金融機関から住宅ローンなどの不良債権や証券化商品などの不良資産を買い取る。2月下旬から実施している米金融大手に対する厳しい資産査定と組み合わせ、金融機関の健全化を図りたい考えだ。
 今回の基金は「バッドバンク」構想と呼ばれるもの。米財務省は7000億ドルの公的資金から750億~1000億ドル(約7・2兆~9・6兆円)を(1)住宅ローンなど不良債権の買い取り向け(2)証券化商品など不良資産の買い取り向け--の2種類に拠出する。
 買い取り案件ごとに、民間出資者同士で価格を入札の形で競わせ、高額を提示した方を共同出資者に採用。案件別に基金を作り、公的資金を拠出する。
 また、米連邦準備制度理事会(FRB)などが、基金が発行する債券への保証や融資などで買い取り資金の調達を支援する。


---バッドバンク、最大1兆ドルの不良資産買い取り目指す---
2009年3月23日22時04分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090323-OYT1T01055.htm

 【ワシントン=矢田俊彦】米財務省は23日、銀行から不良資産を買い取る官民共同の買い取り基金の設立など、金融安定化策の詳細を発表した。
 いわゆる「バッドバンク」の設立で、金融不安の解消を狙う。
 買い取り基金は、金融安定化法の公的資金枠7000億ドル(約67兆円)から750億~1000億ドル(約7兆2000億~9兆6000億円)を拠出し、民間の出資も求めて5000億ドルから最大1兆ドルの不良資産の買い取りを目指す。
 買い取る不良資産は、住宅ローンなどが複雑に組み合わされた証券化商品のほか、焦げ付いた融資が対象。米連邦預金保険公社(FDIC)や米連邦準備制度理事会(FRB)も保証など資金調達面で協力する。
 また、複数の基金が競争して、金融機関の不良資産を買い取る仕組みにすることで、入札のように適正な価格で買い取りが行われることを期待している。
 ただ、米保険大手AIGの巨額ボーナスに国民の反発が強まる中、政府の支援策に民間の資金が十分に集まるかどうかは不透明な部分も残る。

2009年3月26日木曜日

F22 墜落事故で製造中止か

F22の製造中止が近いようだ。
US仕様で1機あたり1億4千万ドルと高額。
墜落事故は開発中の2004年から2例目。
約3億ドルが産業廃棄物となり、さらに今回の事故は死亡者まででている。
ソフトウェア等の異常はもっと頻繁に起きているようで、以前にハワイ
から沖縄の基地に飛来するチームの一部が遅れてきたことがあった。

ロッキード・マーチンは製造中止にさせないために、開発・製造に多くの
会社が関与し、多くの人が仕事に携わっていると説得している。
議員は、F-22を1機で多くの役割はできても、チームプレイができるわけ
ではない。さらに、運用費、損失費が高価で、インシデントや事故が同様
の機種と比較しても多すぎ、非効率的と言う。
韓国でもF-15Kの不具合が多すぎると言っていた。
F-15D等は寿命のようだが、F-15系の新機種で対応するのだろうか。


F22 Crash


An F-22 Raptor jet fighter crashed Wednesday in the ...


Fighter jet F22 a Raptor crash.35 miles NE of Edwards AFB


F22 Fighter Jet Crashes Near Edwards Air Force Base 25th MARCH 2009


---“世界最先端”の米戦闘機が墜落---
2009年3月26日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2009032602000243.html

 【ニューヨーク=阿部伸哉】「世界最先端の戦闘機」とされる米空軍のF22A戦闘機一機が二十五日、カリフォルニア州のエドワーズ空軍基地近くの砂漠地帯に墜落した。米国防総省が発表した。
 事故はテスト飛行中で、操縦士の安否や原因は分かっていない。AP通信などによると、機体価格は一機一億四千万ドル(約百三十七億円)と超高額。墜落は開発途上だった二〇〇四年以来、二例目となり、経済危機による財政難の折、巨額戦闘機の開発に批判が高まる可能性がある。
 最新技術を集約して開発されたF22は、レーダーに映らないステルス性能を持つ超音速機で、世界最高の戦闘能力を持つとされる。
 一時は日本やイスラエルへの輸出も検討されたが、技術漏出の懸念から見送られている。


---F22戦闘機が墜落 米加州、テスト操縦士死亡---
2009.3.26 12:32
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090326/amr0903261234009-n1.htm

 米カリフォルニア州南部のエドワーズ空軍基地近くの砂漠地帯で25日、同基地所属の最新鋭戦闘機F22Aが試験飛行中に墜落し、操縦していた男性(49)が死亡した。同基地が発表した。
 試験飛行は米空軍と、F22Aの開発元のロッキード・マーチン社が合同で実施。死亡した男性は元空軍兵士で、同社のテストパイロットだった。AP通信によると、F22Aは1機当たり1億4000万ドル(約136億7000万円)。
 F22Aは航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)の有力候補で、空自は今月中旬、沖縄に暫定配備された米軍のF22Aと共同訓練した。(共同)


---F22戦闘機が墜落 米加州、テスト操縦士死亡---
2009年3月26日 11時59分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009032601000436.html

 【ロサンゼルス25日共同】米カリフォルニア州南部のエドワーズ空軍基地近くの砂漠地帯で25日、同基地所属の最新鋭戦闘機F22Aが試験飛行中に墜落し、操縦していた男性(49)が死亡した。同基地が発表した。
 試験飛行は米空軍と、F22Aの開発元のロッキード・マーチン社が合同で実施。死亡した男性は元空軍兵士で、同社のテストパイロットだった。AP通信によると、F22Aは1機当たり1億4000万ドル(約136億7000万円)。
 F22Aは航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)の有力候補で、空自は今月中旬、沖縄に暫定配備された米軍のF22Aと共同訓練した。


---F22A戦闘機が基地近くで墜落、操縦士死亡 米加州---
2009.03.26 Web posted at: 11:43 JST Updated - CNN
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200903260002.html

ワシントン(CNN) 米カリフォルニア州のエドワーズ空軍基地近郊で25日午前、最新鋭ステルス戦闘機「F22A」型機が墜落し、操縦していたテストパイロットが死亡した。米空軍が発表した。

墜落原因は不明。ロッキード・マーティン社によると、死亡したのはベテラン操縦士のデイビッド・クーレーさん(49)だった。空軍に21年在籍した後の2003年、同社に入りテストパイロットを務めていた。

墜落現場は、同基地から北東へ約56キロ離れた地点。

F22A型は1機で1億5000万ドル(約147億円)と、米空軍が保有する戦闘機の中で最も高価。2004年にもネバダ州の砂漠で訓練中に墜落したが、この事故ではパイロットは脱出し、無事だった。

F22型は敵のレーダー網をかいくぐる特殊材料で製造され、旧ソ連との核戦争をにらみ同国領空に進入する機種として1980年代から開発が進んでいた。冷戦終結後、製造コストの上昇、飛行機器の不具合などがあり連邦議会は開発中止まで議論を進めたこともある。


---米国:ステルス戦闘機が墜落 加州でテスト飛行中---
毎日新聞 2009年3月26日 11時16分(最終更新 3月26日 11時22分)
http://mainichi.jp/select/world/america/news/20090326k0000e030026000c.html
 【ロサンゼルス吉富裕倫】25日午前10時(日本時間26日午前2時)ごろ、米カリフォルニア州のエドワーズ空軍基地から北東約56キロの乾燥湖付近で、米空軍のステルス戦闘機F22Aラプターがテスト飛行中に墜落した。操縦していたパイロット1人の安否は不明。
 同機は1機あたりの価格が約1億5000万ドル(約147億円)と米空軍の中で最も高価な戦闘機で、オバマ政権は来年度の国防予算で生産継続を認めるかどうか検討中といわれている。


---Belleville East grad killed in F-22 fighter jet crash in Mojave Desert---
Thursday, Mar. 26, 2009
From KSDK and wire reports
http://www.bnd.com/100/story/704703.html

A test pilot killed in an F-22 fighter jet crash Wednesday in Southern California was a Belleville East High School graduate with family living in the metro-east.

The pilot, 49-year-old David Cooley, was a 21-year veteran of the Air Force who joined Lockheed Martin in 2003.

Cooley lived with his family in Lancaster, California, not far from Edwards Air Force Base. His father, Bill Cooley, lives in the Collinsville area, but other details of his ties to the metro-east were not immediately available.

David Cooley was a standout soccer player at Belleville East High School and was the captain of the team, according to his father.

Details of the crash, which occurred in the Mojave Desert, were sketchy. The company would not say if Cooley attempted to eject from the aircraft prior to the crash. Lockheed Martin manufactures the $140 million Raptor, a radar evading aircraft.

Bill Cooley, a retired Air Force Master Sergeant himself, said his son — who retired from the Air Force as a lieutenant colonel — flew a wide inventory of aircraft and had been testing the Raptor jet for several years.

The Raptor program has been troubled, with some critics saying its $65 billion dollar price tag was too much for aircraft that were grounded in 2004 after a crash in Nevada. The Air Force initially ordered 750 Raptors, but cut the order to fewer than 200.

As a youngster, David Cooley visited the Air Force Academy with his father. He told his dad then that he was going to graduate from the academy. His father said he was proud the day he took his diploma from former President George H.W. Bush.

Lockheed Martin said 95,000 jobs are connected to the F-22. It is trying to persuade the Pentagon to buy as many as 20 more F-22s. The military is expected to signal its intentions when the 2010 Defense Department budget is released next month.

The fighter, powered by two engines, is 62 feet long, has a wingspan of 44 1/2 feet and is flown by a single pilot.

F-22s were grounded for two weeks after one crashed in December 2004. They were cleared to fly after a review, and an Air Force statement at the time said officials were "highly confident in the design, testing and development" of the aircraft. The pilot in that crash successfully ejected.

The U.S. is committed to 183 F-22s, down from the original plan laid out in the 1980s to build 750.

Lockheed Martin says there are 95,000 jobs at 1,000 companies connected to the F-22.

A spokesman for Lockheed Martin referred all calls about the crash to the Air Force.

Lockheed is trying to convince the Pentagon to buy as many as 20 more F-22s. The military is expected to signal its intentions when the 2010 Defense Department budget is released next month.

The F-22 is able to fly at supersonic speeds without using afterburners. That allows it to reach and stay in a battlespace faster and longer without being easily detected.

2009年3月25日水曜日

公的資金は損害補償へ

公的資金が損害補償金となりそうだ。
カルパースがバンカアを相手取り証券集団訴訟を起こしたことが分かった。
カルパースによればバンカメは株主に米証券大手メリルリンチの資産内容
などについて十分に説明しないまま、メリルを買収。買収後にバンカメの
株価が下落して損害を被ったという。

ゴールドマン・サックスは公的資金を受けたAIGから提供された資金を
使って、ゴールドマン・サックスの公的資金を返還するようだ。

AIGは支払った賞与の3割程度を自主返納できそうだが、所得税は課税し
そうだ。

英仏共に公的支援を受けているの経営者が高額報酬を受取り可能なシステム
のようだ。米英仏政府は資金運用の制限を設けず、好きなように使えと言う
契約なのに、国民から非難を受けると自主返納しろと言う。

日本のバブル崩壊後に資金運用に制限を設ける政策をしたが、それを非難
したのにもかかわらず日本よりも間抜けな政策を実施している海外政府。
うわべだけの研究から実質的な研究にやっと移ったようだ。


---米最大の年金基金、バンカメを集団提訴 メリル買収巡り---
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090325AT2M2501125032009.html

 【シカゴ=毛利靖子】米最大の年金基金、カリフォルニア州職員退職年金基金(カルパース)が米大手銀バンク・オブ・アメリカを相手取り証券集団訴訟を起こしたことが分かった。カルパースによればバンカメは株主に米証券大手メリルリンチの資産内容などについて十分に説明しないまま、メリルを買収。買収後にバンカメの株価が下落して損害を被ったという。

 カルパースはニューヨーク連邦地方裁判所に対し、同基金などを原告代表に指名するよう要請。個人投資家などがすでに起こした訴訟も一本化して、バンカメの経営陣から巨額の賠償金獲得を目指す考え。労働組合系の一部を除けば、大手年金が集団訴訟を主導するのは米国でも珍しい。金融危機の影響が拡大するなか、米欧の金融大手に対する訴訟件数が膨らむ公算が大きい。(12:57)


---米ゴールドマン、4月中にも公的資金返還へ…米紙報道---
2009年3月25日01時35分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090325-OYT1T00136.htm

 【ニューヨーク=山本正実】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は24日、米金融大手のゴールドマン・サックスが、昨年10月に資本注入を受けた100億ドル(約9800億円)の公的資金を4月中にも返還することを検討していると報じた。
 ゴールドマン側は来週にも米財務省と交渉を始める見通し。公的資金を受けているJPモルガン・チェースなど他の金融機関が追随する可能性もある。


---ゴールドマン、4月にも公的資金返済 米紙報道---
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090324AT2M2403P24032009.html

 【ニューヨーク=山下茂行】米証券大手ゴールドマン・サックスが昨年10月に受け入れた公的資金100億ドルを来月中にも返済することを計画していると、米紙ニューヨーク・タイムズが24日報じた。保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の高額賞与問題を巡る議会の批判などを受け、経営への関与を回避する狙いがあるとみられる。
 ゴールドマン・サックスの最高財務責任者(CFO)は2月に公的資金の返済を示唆していたが、具体的な返済の時期は明示していなかった。(01:08)


---英銀前トップに23億円の年金、英国版AIG問題に発展か---
2009年3月24日12時17分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090324-OYT1T00483.htm

 【ロンドン=是枝智】実質国有化された英銀大手ロイヤルバンク・オブ・スコットランド(RBS)のグッドウィン前最高経営責任者(CEO)(50)が、年間約70万ポンド(約9800万円)にのぼる年金を受け取ることが分かり、批判が高まっている。
 年金総額は1690万ポンド(約23億円)にのぼる見通しだ。巨額の公的資金で救済された後、幹部への高額ボーナスが問題となっている米保険大手AIGの英国版に発展している。
 英政府は年金返上を再三要請しているが、前CEO側は契約があることを理由に拒否。政府側は法的措置も辞さない構えで交渉を続けている。だが、2008年秋には英政府が事実を把握していたことが明らかになり、政府にも批判の矛先が向き始めた。
 前CEOは08年10月に公的資金注入の責任を取って辞任した。


---仏の公的支援銀行、高額報酬を断念 政府・労組の圧力で---
2009年3月24日0時30分
http://www.asahi.com/business/update/0324/TKY200903230352.html

 【パリ=国末憲人】フランス政府から公的支援を受けている仏大手銀行ソシエテ・ジェネラルが、経営陣に対して高額報酬の支払いを計画していることが発覚。米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)による巨額ボーナス問題と似た構図だが、こちらは23日、仏政府と労組の圧力で支給断念に追い込まれた。
 仏国営テレビによると、ソシエテ・ジェネラルは経営陣らにストックオプション(自社株購入権)の形での報酬を計画。ブトン会長に7万株分、ウデア最高経営責任者(CEO)に15万株分を支給することなどを決めた。同行の株価は20ユーロ台後半で推移しており、権利行使は2012年以降としていた。
 しかし、同行は仏政府から17億ユーロ(約2200億円)の公的資金の資本注入を受けていただけに政府が猛反発。サルコジ大統領は「空気が読めない人々がいる。株支給やボーナスのために公的資金を出しているわけではない」と批判。同行労組も「もし支給したら、受け取った幹部を標的に報復する」と脅した。その結果、同行経営陣は23日朝、行員あての書簡を公表し、受け取り断念を表明した。


---AIGの160億円ボーナス、48億円分返金へ---
2009年3月24日13時20分
http://www.asahi.com/international/update/0324/TKY200903240111.html

 【ニューヨーク=丸石伸一】米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の高額ボーナス問題で、ニューヨーク州のクオモ司法長官は23日、今月支給された計1億6500万ドル(約160億円)のうち3分の1近い約5千万ドル(約48億円)分が返金される見通しになったと発表した。
 クオモ司法長官によると、1人当たりの最高支給額640万ドル(約6億2千万円)をもらった幹部をはじめ、支給額で上位10人のうち9人が返金に合意した。上位20人では15人が返金で合意。支給額全体の47%にあたる8千万ドル(約77億円)程度は米国人に支払われ、米国人以外でも返金を申し出た従業員がいるという。
 また、AIGは同日、今月支給されたボーナスの総額が1億6500万ドルではなく2億1800万ドル(約210億円)だったと一部メディアで報じられたことについて、「数カ月前に支払われた分を誤って積算しており、正しくない」と否定した。


---AIG:賞与49億円返還、幹部15人同意 米報道---
毎日新聞 2009年3月24日 12時07分(最終更新 3月24日 12時21分)
http://mainichi.jp/select/biz/news/20090324k0000e020077000c.html

 米保険大手AIGが幹部に高額賞与を支払っていた問題を調査しているニューヨーク州のクオモ司法長官は23日、受取額の上位20人のうち15人が返還に同意し、返還金額の累計が5000万ドル(約49億円)を上回ったことを明らかにした。米メディアが伝えた。
 上位10人中では9人が同意。公的資金を受け入れた金融機関が幹部に支払った高額賞与を実質的に取り戻す法案の議会審議の行方にも影響を与えそうだ。(ニューヨーク共同)

2009年3月24日火曜日

日本政府 MD構想撤退か

日本政府はミサイル迎撃は不可能との認識を示した。
政府筋は北朝鮮が弾道ミサイルを発射した場合の迎撃について
「ピストルの弾をピストルで撃ち落とせるはずがない」と述べ、PAC3など
MDによる迎撃は不可能との認識を示した。

外相中曽根、防相浜田は反論。
イージス艦建造、SM3撃墜試験、PAC3配備、PAC3撃墜試験を行った結果、
技術的に実効性がないと言っているようだが、無駄な軍事費を支払うほど
多くの人は裕福ではない。実効性の無い無駄なMD構想から撤退できるのか。
MD構想の主製造会社はロッキードだが、本当に撤退することができるのか。

北朝鮮の偽装人工衛星ロケットの発射準備は順調に進み、日本でも
破壊措置命令発令準備、日本海海岸線へのPAC3配備が進む。
しかし、金慶喜が意識不明の重体となると、四月に国家発揚のための
実験を行うかは疑問。時期が延期または、中止になる可能性がある。

世界初となる実戦でのミサイル迎撃が成功するか失敗するかは、
北朝鮮の偽装人工衛星ロケットによる。


Japan declares to intercept North Korea's next missile on Spring 4th,2009


North Korea warns Japan and USA which try to intercept the next missile on March 9th , 2009

---ミサイル迎撃、外相「難しい」政府筋「当たらない」---
2009年3月24日13時34分
http://www.asahi.com/politics/update/0324/TKY200903240217.html

 北朝鮮が発射を予告している「人工衛星」が日本に落下しそうな場合、迎撃が技術的に可能かどうかについて、中曽根外相は24日の閣議後の記者会見で「難しい」との認識を示した。政府筋も23日、「当たらないと思う」と発言。政府は近く、弾道ミサイル破壊措置命令を発令する方針だが、足元からそもそもの技術論で疑問が出た格好だ。
 政府筋は「鉄砲をバーンと撃った時にこっちからも鉄砲でバーンと撃って(弾と弾が)当たるか。当たらないと思う。口開けて見ているしかない」との見方を示した。「実験したときは成功したと言うが、それは、『はいこれから撃ちますよ。はい、どーん』と撃ったやつだった。いきなりドーンと撃ってきたら、なかなか当たらない」とも述べた。
 中曽根氏は、この発言について感想を問われ、「難しいのは事実だ。やったことがない。どういう形でどういう風に飛んでくるのかわからない」と述べた。一方、浜田防衛相は24日の会見で「そのようには考えていない。今まで準備万端ということで万全になるように努力をしてきている」と反論した。
 政府筋発言に対しては、24日開かれた自民党国防関係3部会でも「発言が報道で流れること自体が極めてマイナスだ」「緊張感が足りない」と批判が相次いだ。中谷元・元防衛庁長官は「釈明なり事実の打ち消しなどを求めたい」と記者団に述べた。
 迎撃を試みる場合、まずは日本海に展開したイージス艦から迎撃用の海上配備型迎撃ミサイル(SM3)を発射する想定。ただ、自衛隊はSM3の迎撃実験を過去に2度実施し、うち1度は失敗している。


---北ミサイル対処、秋田・岩手にPAC3を展開…防衛省方針---
2009年3月24日12時45分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090324-OYT1T00538.htm

 防衛省は24日、北朝鮮が「人工衛星」名目で発射準備を進めている弾道ミサイルに対処するため、ミサイル防衛(MD)システムである航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット・ミサイル3(PAC3)を秋田、岩手両県に展開する方針を固めた。
 北朝鮮の通告通りに飛べば両県上空を通過するため、ブースターなどの落下に備える必要があると判断した。


---金総書記の実妹、重体か 訪朝の仏医師治療と韓国紙---
2009.3.24 10:37
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/090324/kor0903241037001-n1.htm

 24日付の韓国紙、東亜日報は、北朝鮮の金正日総書記の実妹である金慶喜氏がアルコール依存症に伴う合併症のため、ほぼ意識不明の重体だと報じた。最近、訪朝した在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)系の消息筋の話として伝えた。
 同紙によると、金総書記の健康悪化説が出た際、治療のために訪朝したとの憶測が出ていたパリ・サンタンヌ病院の神経外科医フランソワグザビエ・ルー氏の主な治療対象は金慶喜氏。同氏は長年、アルコール依存症に悩み、脳にも致命的な悪影響が出ている。金総書記の長男、金正男氏がパリを訪れ、昨年10月にルー医師を平壌に連れてきた。
 同紙は北京にいる別の消息筋の話として、金慶喜氏は昨年8月と12月の2回にわたり深刻な状態に陥ったと報じた。(共同)


---ミサイル施設に新機材 北朝鮮、発射準備進展か---
2009.3.24 10:31
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/090324/kor0903241033000-n1.htm

 北朝鮮が「人工衛星ロケット」と主張する長距離弾道ミサイルの発射をめぐり、英軍事情報誌ジェーンズ・インテリジェンス・レビューは23日、「ロケット」は依然、設置されていないが、新たな機材設置など「わずかだが注目すべき」動きが見られることから、発射準備は「順調に進んでいる」とする分析を公表した。
 米衛星画像大手デジタルグローブ社が3月16日に撮影した写真を分析した同誌編集者、クリスチャン・レミア氏は、同月11日撮影の写真と比較すると(1)発射タワー上部のクレーンの向きが変わり、発射台の上に差しかかっている(2)タワー周辺に数本の新たな線が引かれ、機材が現れた-などと指摘。同氏は新たな線や機材について、「ロケット」据え付け作業を進めるためのものである可能性があるとしている。機材の詳細には触れていない。
 北朝鮮は「ロケット」を4月4~8日に打ち上げると発表。日米などは長距離弾道ミサイル「テポドン2号」に使われる技術と基本的に同じだとして、警戒を強めている。(共同)


---北ミサイル迎撃「MDは不可能」 政府筋が認識---
2009年3月24日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2009032402000091.html

 政府筋は二十三日、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した場合の迎撃について「ピストルの弾をピストルで撃ち落とせるはずがない」と述べ、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)などミサイル防衛(MD)による迎撃は不可能との認識を示した。
 政府がミサイル迎撃の準備を検討している中で、政府筋がMDの実効性を否定したことは波紋を広げる可能性もある。
 政府筋は、これまでの海上自衛隊による海上配備型迎撃ミサイル(SM3)の発射試験にも触れ「成功したのは『今から撃ちますよ』と言ってくれるからだ」と疑問を呈した。


---閣議経ず『破壊命令』 北ミサイルで政府調整---
2009年3月24日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2009032402000106.html

 政府は二十三日、北朝鮮による「人工衛星ロケット」発射問題で、ミサイル防衛(MD)システムで落下物を迎撃するための「破壊措置命令」を閣議決定を経ずに発令する方向で調整に入った。浜田靖一防衛相が月内にも発令する見通し。
 自衛隊法八二条の二では、破壊措置命令は(1)弾道ミサイルなどが日本に飛来する恐れがある場合、閣議決定を経て防衛相が命令(2)日本飛来の恐れがあるとまで言えないが、事態急変に備える必要がある場合は、閣議決定を経ず、防衛相が命令-の二通りがある。
 問題のロケットは、北朝鮮が国際機関に通報した通りであれば、秋田県から岩手県にかけての東北地方上空を通過し、日本の領土や領海には落下しない。このため、政府は現時点では(2)に該当すると判断した。閣議決定を経ない破壊措置命令は原則非公表。ただ政府は国民に警戒を呼びかけるため、何らかの方法で同命令を出したことを公表する方向だ。
 政府は破壊措置命令を出した上で、北朝鮮が打ち上げに失敗し、弾頭部分や切り離した運搬ロケット部分、爆発した破片が日本の領土や領海に落下した場合、MDシステムで迎撃する。
 MDシステムの地対空ミサイル「PAC3」は現在、東北地方には配備されていないため、他の配備場所から移動する方針だ。


---迎撃用パトリオット3、秋田・岩手に配備へ 防衛省方針---
2009年3月24日3時0分
http://www.asahi.com/politics/update/0324/TKY200903230347.html

 北朝鮮の「人工衛星打ち上げ」予告を受け、防衛省は航空自衛隊浜松基地(浜松市)にある迎撃用の地対空誘導弾パトリオット3(PAC3)を、秋田、岩手両県の計2カ所に配備する方針を固めた。北朝鮮の予告通りなら両県上空付近を通過するとみられ、ブースターなどが落下してくる事態に備えるためだ。
 北朝鮮が打ち上げを予告した4月4~8日を控え、政府は自衛隊法に基づく「弾道ミサイル破壊措置命令」を、近く発令する方針。発令後、PAC3を移動させる。
 両県での配備場所は、今のところ、警備のしやすさなどを考慮し、陸上自衛隊秋田、岩手両駐屯地内を想定。いずれも県庁所在地である秋田、盛岡両市の市街地に近い。PAC3の防御範囲は半径数十キロで、東北全域はカバーできないため、両市街地の備えを優先せざるをえないとの判断とみられる。
 PAC3は浜松のほか、習志野(千葉県)、武山(神奈川県)、霞ケ浦(茨城県)、入間(埼玉県)、各務原(岐阜県)の各基地に置かれている。すべて東北に移動させると、首都圏などに落下の恐れが出た場合に対応できないため、配備先を絞り込んだ。(田伏潤)

2009年3月23日月曜日

周辺国軍事的摩擦

周辺国の軍事的摩擦が続く。
・米韓合同軍事演習「キー・リゾルブ」で、露軍戦略爆撃機2機が威嚇行為
・中国が旧ソ連空母「ワリヤーグ」を購入し、改造
・日本は米国の下、中国空母規模の空母を建造する可能性がある
・中国海軍は威力誇示のため、国際観艦式を実施
・南シナ海で、ベトナム、中国、台湾が領有権を主張
・スプラトリー諸島では六カ国・地域が領有権を主張
・北朝鮮偽装衛星(テポドン2)発射実験

米ソの軍拡時代から中国とその周辺国の軍拡の時代となる。
不況により、軍事予算は減少したが、それでも装備は拡大する。


中国 南シナ海に監視船を派遣


中国海軍 大規模観艦式を計画


Aircraft Carrier USS John C Stennis launching aircraft


---空母の建造めぐり激化する日・中の争い---
東京=辛貞録(シン・ジョンロク)特派員
香港=李恒洙(イ・ハンス)特派員
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
2009/03/23 11:16:58
http://www.chosunonline.com/news/20090323000040

 中国政府が航空母艦を保有する意思を明らかにした。これにより、日・中間の空母建造競争に火が付くものとみられる。
 日本と香港のメディアが報じたところによると、中国の梁光烈国防相は今月20日、北京を訪問中の浜田靖一防衛大臣との会談の席で、「現在、世界の主な大国の中で航空母艦がない国は中国しかなく、中国が永遠に航空母艦を保有しないことは不可能だ」と語った。
 中国が空母建造を計画していることはほぼ公然の事実だったが、中国の国防相が直接言及したのは初めてだ。中国が空母を持つということは、海軍の概念を領土防衛から大洋作戦へと転換することを意味し、周辺諸国はもちろん、米国など主要大国を刺激している。
 現在知られている中国の空母保有計画は、2015年までに排水量5万-6万トン級の一般空母2隻を建造し、さらに訓練用空母1隻を進水させるというもの。上海の長興島に昨年秋完成した世界最大規模の造船団地にある二つのドックは、空母建造用だという。
 また中国は、旧ソ連が建造を途中で放棄した5万8500トン級の空母「ワリヤーグ」を買収し、現在は大連港で改造工事を行っている。
 中国側のこうした動きに対し最も敏感に反応している国は日本だ。政府レベルで対応策の整備に腐心し、主要メディアも直ちに対応策を講じることを促している。20日の国防相会談でも、浜田防衛大臣は中国の国防費が21年連続で2けたの伸びを続けているという事実を指摘し、国防関連支出の透明性を要求する一方、空母建造計画に対する懸念を表明した。
 しかし日本も、「準航空母艦」を最近実戦配備するなど、足早な動きを示している。空母は「攻撃用兵器」に分類されるため、現行憲法の下では空母を保有できない日本は今月18日、ヘリコプター搭載型駆逐艦「ひゅうが」(排水量1万3900トン級)を実戦配備した。「ひゅうが」は全長197メートル、ヘリコプター11機を搭載可能で現在、2番艦を建造中だ。日本はいずれ米国の黙認の下、中国が建造中の空母と同じ規模の空母を建造する可能性がある、という専門家らの観測も出ている。


---中国:制裁強化の日米韓と距離 北朝鮮ミサイル問題---
毎日新聞 2009年3月22日 19時54分
http://mainichi.jp/select/world/asia/news/20090323k0000m030042000c.html

 【北京・浦松丈二】弾道ミサイルとみられる「人工衛星」の発射準備を北朝鮮が進めている問題で、中国は北朝鮮だけでなく、制裁や迎撃をちらつかせる日米韓にも冷静な対応を求めている。自ら議長を務める核問題の6カ国協議の枠組み維持のため、協議参加国間の対立から距離を置く方針とみられる。
 中国の梁光烈国防相は20日、訪中した浜田靖一防衛相との夕食会で「(北朝鮮が)撃たないのが一番いいが、日本などは淡々と受け止めて冷静に対応した方がいい」と述べ、日米韓3カ国にも冷静な対応を求めた。
 日米韓は、北朝鮮が「人工衛星」として発射しても「弾道ミサイル計画に関連するすべての活動」の停止を求めた国連安保理決議1718に違反するとの認識を示し、制裁強化や迎撃方針をちらつかせている。
 これに対し、中国は同決議についての判断を避けている。温家宝首相は今月13日の会見で「最も重要なのは6カ国協議の推進だ。参加国が矛盾を激化させないよう希望する」と訴えるにとどめ、「人工衛星」「弾道ミサイル」という表現も使わなかった。
 北朝鮮が前回06年7月に弾道ミサイルを発射した際、中国は北朝鮮を硬化させるとして安保理の非難決議に最後まで抵抗したが、北朝鮮は同10月、中朝国境近くで核実験を実施。体面をつぶされた中国は「横暴」という強い表現で北朝鮮を非難した経緯がある。
 北朝鮮と国際社会に挟まれる形になった前回の苦い教訓から、中国は北朝鮮だけでなく日米韓にも冷静な対応を求めることで「北朝鮮の説得役」という役回りから逃れようとしている模様だ。
 北朝鮮が「衛星」打ち上げを予告した来月4~8日の直前には、ロンドンでオバマ米大統領と胡錦濤国家主席の初会談が予定されている。中国はミサイル問題だけが焦点になることを避け、金融危機対策などグローバルな課題で米中協調を演出することになりそうだ。


---中国 権益確保で摩擦拡大 南シナ海でも強硬策---
2009年3月22日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2009032202000075.html

 【北京=池田実】中国が海洋権益の確保に向け、東シナ海に続き、南シナ海でも強硬措置を講じ始めている。周辺国との摩擦も広がっているが、中国国内では、資源や安全保障確保に向けた強硬意見が相次いでおり、空母必要論にも拍車をかけている。
 豊富な資源が眠り、軍事上の要衝となる南シナ海では、西沙(パラセル)諸島でベトナム、中国、台湾が領有権を主張。さらに南沙(スプラトリー)諸島では六カ国・地域が領有権を争っている。
 国連海洋法条約に基づき国連に大陸棚の延伸を申請する期限が五月に迫る中、フィリピン、マレーシアは南沙諸島の一部領有をあらためて宣言。これに対抗するように、中国側は強硬策を打ち出し始めた。
 八日には、米海軍の音響測定船が中国艦艇五隻に囲まれ、海域から出るよう要求されるなど、米軍調査船に妨害行為を繰り返したことが明らかになった。さらに今月中旬、軍艦を改造した中国最大級の漁業監視船「漁政311号」を南シナ海に派遣。来年にはヘリコプター搭載した総トン数二五〇〇トンの監視船も就航の見通しだ。
 こうした南シナ海の実効支配を強化する中国の措置には、米国や周辺諸国から反発や懸念の声が上がっているが、中国国内からは強硬意見が相次いでいる。中国紙・新京報のインタビューに答えた海軍戦略専門家は「中国は海洋国家へと転換する必要がある」「南海(南シナ海)を失えば、資源や海運、安全保障の面で損失は甚大だ」などと主張した。
 中国の梁光烈国防相は二十日、浜田靖一防衛相との会談で、「空母を持たないわけにはいかない」とし、中国国防当局トップとして初めて空母建造の意欲を示したが、この海軍戦略専門家も新京報に対し、「空母を保有していれば、少なくとも南海でやられっぱなしの状態にはならない」と後押ししている。


---中国海軍が初の国際観艦式 威力誇示と懸念一掃狙い---
2009年3月21日 16時57分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009032101000600.html

 【北京21日共同】中国海軍は4月23日に創設60周年を迎えるのを記念し、同月に北海艦隊の司令部がある山東省青島で、外国艦艇を招いた大規模な国際観艦式を実施する。北京の西側軍事筋によると、中国海軍が国際観艦式を開くのは初めて。
 中国の梁光烈国防相は20日、北京での浜田靖一防衛相との会談で、中国初となる国産航空母艦建造の意思を明確に表明。観艦式は、外洋進出に積極的な海軍の威力を内外に誇示すると同時に、「透明性をアピールし中国に対する懸念をぬぐい去る」(外交筋)狙いがあるとみられる。
 すでに各国に観艦式への参加を求めており米国艦艇などが参加する見通し。防衛交流を進める日本は海上自衛隊幹部らが記念式典に参加する予定で、艦艇の参加はないという。


---北朝鮮「衛星」:中国国防相「日本は冷静に」---
毎日新聞 2009年3月21日 11時29分
http://mainichi.jp/select/world/asia/news/20090321k0000e030037000c.html

 【北京・浦松丈二】中国の梁光烈国防相は、20日に北京で開かれた浜田靖一防衛相との会談で、北朝鮮が「人工衛星」として長距離弾道ミサイル発射を準備しているとされる問題について「撃たないのが一番いいが、日本は冷静に対処すべきだ。淡々と受け止めた方がいい」と述べた。
 また、梁国防相は中国初となる空母保有について「大国で空母を持っていないのは中国だけだ。永遠に空母を持たないわけにはいかない」と強い意欲を示した。一方で「いろいろな要素を考慮しなければならない」と述べ、研究段階であることを示唆した。


---中国、空母建造を明言 国防相浜田氏に 北『衛星』発射望まず---
2009年3月21日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2009032102000084.html

 【北京=朝田憲祐】北京を訪問した浜田靖一防衛相は二十日、中国の梁光烈国防相と会談した。北朝鮮が長距離弾道ミサイルとみられる「人工衛星」の発射準備を進めていることについて梁氏は「北朝鮮が発射しないことが一番いい」と述べ、中国側も北朝鮮に自制を望む考えを明らかにした。また、中国国防当局トップとして初めて、海外の閣僚クラスに空母保有の意思を表明した。
 ミサイル発射問題で浜田氏が「北朝鮮に自制を促してほしい」と伝えたのに対し、梁氏は「日本の認識はよく理解している」と応じる一方、「(関係諸国が)冷静な態度を取った方がよい」とも述べた。ミサイル迎撃論や北朝鮮への追加制裁論を展開する日米韓に慎重な対応を求めたとみられる。
 空母保有について梁氏は「中国には広い海域があり、海を守る責任は重い」とし「大国で空母を持っていないのは中国だけだ。永遠に空母を持たないわけにはいかない」と強調。空母建造に強い意欲を示した。
 また、ソマリア沖の海賊対策では、梁氏が「日本と事務レベルで協議できる」と話し、船舶の護衛活動に関し、日中が情報交換することで合意した。


---中国国防相が空母建造を初表明---
2009.3.20 23:00
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090320/chn0903202301005-n1.htm

 中国の梁光烈国防相は20日、訪中した浜田靖一防衛相と北京市内で会談し、中国初となる国産航空母艦について「大国で空母を持っていないのは中国だけだ。永遠に空母を持たないというわけにはいかない」と述べ、建造の意思を明らかにした。中国国防当局トップが空母建造の意思を明確に表明したのは初めて。
 国防相は「中国は広い海域があり、海を守る責任も重い。海軍は力が弱くて、発展する必要がある」と、空母を保有する必要性を強調。一方で「いろいろな要素を考慮しなければならない」とも指摘した。(共同)


---合同演習中の米軍艦にロシア機接近 日本海上で2日連続---
2009.03.20 Web posted at: 10:53 JST Updated - CNN
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200903200002.html

ワシントン(CNN) 米韓合同軍事演習が実施されている日本海上で16日と17日の両日、ロシア機が米海軍艦の上空を低空飛行していたことが分かった。米軍当局者らが19日までに明らかにした。両日とも米軍機が発進し、ロシア機が離れるまで並行飛行した。

当局者らによると、16日には韓国の東方約130キロの日本海上で、ロシア軍の哨戒機2機が、米原子力空母ジョン・ステニスからわずか150メートルの上空を飛行。17日にはロシア軍戦略爆撃機2機が、米旗艦ブルーリッジとジョン・ステニスから約600メートルの上空で低空飛行を繰り返した。両日とも米軍機がロシア機との接触を試みたが、応答がなかったという。

ロシアは昨年から戦略爆撃機の長距離訓練飛行として、米アラスカ沿岸などへの異常接近を繰り返している。昨春の米韓合同演習でも、米空母ニミッツの上空をロシア爆撃機が高度約600メートルで低空飛行し、米軍機が緊急発進した。米当局はロシアによる威嚇行為との見方を示している。


---米韓演習中の空母を公開 日本海で離着艦訓練---
2009.3.16 20:25
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/090316/kor0903162028004-n1.htm

 米海軍は16日、日本海上で米韓合同軍事演習「キー・リゾルブ」に参加している原子力空母ジョン・C・ステニスで、FA18戦闘攻撃機の離着艦訓練などを報道陣に公開した。
 報道陣はソウル南方の京畿道にある米空軍烏山基地から輸送機に乗り、約1時間15分でステニスに到着。米軍側はステニスの位置について、日本海側の韓国沿岸から「北東方向に約200マイル(約320キロ)沖合」とだけ明らかにした。(共同)

2009年3月22日日曜日

オバマ差別主義者発覚

オバマは知的障害者を差別することでストレス発散しているようだ。
オバマはトゥナイトショーで、自らのボウリングの不得手さを語る中で
「スペシャルオリンピックスのようなもの」と笑いながら話した。
ペイリン州知事も「世界で最も力のある立場の人間による、世界中で最も
大切で素晴らしい人たちをおとしめる発言だ。衝撃を受けた」との声明を
発表した。

「2009年スペシャルオリンピックス冬季世界大会・アイダホ」は、
2009年2月7日-13日に開催されたばかりなのにオバマには配慮が見られない。
さらに、人権を重んじるオバマ支援者から批判的な声が聞こえない。
当たり前な差別をして何が悪いと暗黙の了解にみえる。
被差別者は差別者になることで、自分の置かれた現状を回避している。
白人女性と障害者男性はどちらが優位なのだろうか。

オバマは人種的混血だけでなく、思想(政治)的な混血でもあるようだ。

バラエティ番組出ている暇があるなら、経済問題への対処をと言う声もある。


Obama Joke Controversy - Larry King - Part 1


Obama Joke Controversy - Larry King - Part 2


Obama Joke Controversy - Larry King - Part 3


Governor Palin's Address To The 2009 Special Olympics In Boise, Idaho


Obama's "Special Olympics" Joke on Leno

2009 World Winter Games | 2009 World Winter Games
http://www.2009worldgames.org/


---Top of the Ticket---
« Sunday shows: Gregg, Romer, Rendell, Arnold S. | Main
Sarah Palin's Special Olympics video message, pre-Obama slip
http://latimesblogs.latimes.com/washington/2009/03/sarah-palin-3.html

As it happens, not long before President Barack Obama's special Special Olympics gaffe on "The Tonight Show with Jay Leno" and his jiffy-quick apology, Vice President Joe Biden traveled all the way out to Boise, Idaho, to lend a senior administration presence to the Special Olympics there.

These events are inspiring things to witness, as challenged individuals do the best they possibly can in a variety of athletic events and competitions and enthusiastically celebrate their achievements and participation with cheering family and friends.

As it also happens, that same Special Olympics in Idaho had asked Alaska Gov. Sarah Palin to videotape a special greeting to participants as perhaps America's most famous mother of a special needs child, Trig.

The governor's video below has nothing to do with politics or bowling. But it does provide a brief window into a non-policy, non-political side of someone we may well see back in the national political arena in coming years.
-- Andrew Malcolm


---スペシャルオリンピックスを差別? オバマ発言に批判---
2009年3月22日9時53分
http://www.asahi.com/international/update/0321/TKY200903210194.html

 【ワシントン=鵜飼啓】オバマ米大統領が19日深夜のバラエティー番組に出演した際、知的発達障害者のスポーツ大会であるスペシャルオリンピックスをめぐり差別と受け止められる発言をし、批判を浴びている。大統領は番組収録後すぐに謝罪、ギブズ大統領報道官も20日の会見で釈明に追われた。
 オバマ氏は人気番組トゥナイトショーで、自らのボウリングの不得手さを語る中で「スペシャルオリンピックスのようなもの」と笑いながら話した。
 AP通信によると、スペシャルオリンピックス委員会のシュライバー委員長は謝罪を受け入れつつ、「こうした言葉は知的障害者に痛みをもたらし、偏見を定着させる」と批判した。
 昨年の大統領選の共和党副大統領候補で、ダウン症の息子を持つペイリン・アラスカ州知事も20日、「世界で最も力のある立場の人間による、世界中で最も大切で素晴らしい人たちをおとしめる発言だ」として「衝撃を受けた」との声明を発表した。


---オバマ米大統領、ボウリングのスコア悪く「まるでスペシャルオリンピック」---
2009.3.21 00:52
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090321/amr0903210052000-n1.htm

 オバマ米大統領は19日、NBCテレビの人気トーク番組に出演し、ホワイトハウスにあるボウリング施設を利用したがスコアは思わしくなく「(知的障害者のスポーツ大会)スペシャルオリンピックス(SO)のようだった」と笑いながら述べた。
 大統領は番組収録後、直ちにSOのシュライバー会長に電話で謝罪した。
 会長は「大統領は『知的障害者に屈辱を与えるつもりはなかった』と表明した。非常に誠実な対応で、SOの選手をホワイトハウスに招待する用意があるとも話した」と述べ、謝罪を受け入れた。(共同)


---「これはオバマ大統領のスピーチだ」…原稿表示ミスで誤読騒動---
2009.3.19 22:13
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090319/amr0903192215017-n1.htm

 【ワシントン=古森義久】オバマ米大統領が演説する際、原稿表示装置プロンプターへの依存度が歴代大統領よりずっと高いことが話題となったが、17日のカウエン・アイルランド首相との会談後の共同記者会見では、オバマ大統領の読んだ文章がそのままプロンプターに残され、同首相がそれを間違って読み上げるという騒ぎがあった。
 アイルランドの祭日「聖パトリックの日」の17日、オバマ大統領はホワイトハウスでカウエン首相との公式会談に臨んだ後、共同会見で両国の長年の友好を強調する短い演説をした。従来通りプロンプターの表示を読むスピーチだったが、その直後に演壇に立ったカウエン首相も同じプロンプターの表示に頼って演説を始めた。
 ところが20秒ほどスピーチを進めたところで同首相はぱたりと言葉を止め、オバマ大統領に向かって「これはあなたのスピーチですよ」と注意した。同大統領が直前に述べたのとまったく同じ言葉を繰り返していたことに気づいたのだった。
 オバマ大統領は笑いながら演壇に戻り、すぐ調整をして、カウエン首相も予定の演説を済ませたが、同大統領は最後にプロンプターを誤読したふりをして「サンキュー、オバマ大統領」と述べ、会場の笑いを誘った。しかしホワイトハウスがプロンプターの操作を誤ったことは明白で、米英のメディアにより「オバマ氏のプロンプター失敗」とか「プロンプター溶解」として報道された。


---オバマの秘密兵器!?プロンプター依存症に批判---
2009.3.9 17:34
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090309/amr0903091741006-n1.htm

 【ワシントン=古森義久】オバマ米大統領は公的発言には短いあいさつでも必ず原稿表示装置のテレプロンプターを使い、事前に準備した文章を読み上げていると、米各メディアが報じた。米国歴代大統領もプロンプターを使ってきたが、オバマ大統領ほどその装置への依存度が高い前例はないという。
 弁舌の才で知られているオバマ大統領の意外なプロンプター依存は、ニューヨーク・タイムズやネット政治通信のポリティコが6日までに詳しく報じた。
 プロンプターは普通、演壇の前の左右両側に設置される透明なガラス板で、演説の文章が電子的に表示されていく。演説する側は左右の表示を順番に読むわけだが、テレビには板が映らないため、自然に発言しているようにもみえる。だが演壇の前の実際の聴衆にはプロンプター自体がみえる場合もあり、さらに演説者が流れる記述を読むことに集中するため聴衆の顔を直接にみないという不自然もおきる。
 同報道によると、オバマ氏は大統領選挙中から他の政治家にくらべてこのプロンプター依存度が圧倒的に高く、大統領就任後も主要演説はもちろん、ごく短いあいさつでも必ずプロンプターを使ってきた。ホワイトハウスでの2日のセベリウス厚生長官の指名でも同大統領は数分間の発表にプロンプターを使い、演壇に立とうとしたセベリウス女史が床の中へ収納されつつあるプロンプターにぶつかりそうになって戸惑うという場面もあった。

 2月25日のロック商務長官の指名発表でも、同大統領がごく短い声明にプロンプターを使ったのと、ポケットから取り出したノートだけで演説をするロック氏の姿が対照的だった。オバマ大統領は記者会見の冒頭でも、地方の工場の視察でも、プロンプターを使っているという。
 同報道によると、この依存度は歴代大統領でも異例なほど高い。大統領歴史研究家のマーサ・クマー氏は「他の大統領はだれもこれほど一貫してプロンプターを使ったことはない」と述べ、その理由の1つはプロンプターが演説者と聴き手の障壁になるためだと指摘した。ブッシュ前大統領は主要演説以外ではまず使わず、簡単な声明や地方遊説ではせいぜい小さなノートを使用する程度で、他の大統領も使用の頻度はずっと低かったという。
 オバマ大統領のプロンプター依存には「演説が不自然で人工的になりすぎる」という批判がある一方、ホワイトハウスでは「大統領が国民に訴えることはその内容が最重要であり、伝達の方法は問題ではない」と反論している。

2009年3月21日土曜日

さもしい米富裕層

AIG、シティともボーナス返還が話題。
アスホール的に言えばこうなるかな。
「月給だけで年収1億円以上になるのに、賞与で1億円もらうのはいかにも
さもしい。欲望に負けた身の程しらずを担ぐことで、しのぎが手に入った。
近代的ビル通うだけでみかじめ料が手に入る。金を積まれた呼ばれた会社
に義理も恩も無い。だから代紋なんか背負うつもりも無い。なのに
せっかく、もらった賞与にあやをつけなと言いたげだな」

AIGは返却する人がいるとのことだが、未加入保険者を抱える米各州
はAIGの詐欺を調査するようだ。加州、ハワイ州、バージニア州等は、
AIGから資金を提供されているのに、州政府は追及できるのだろうか。


AIG chief promises to return parts of bonuses France 24


---『金融機関報酬に注意を』 FRB議長 当局に呼び掛け
2009年3月21日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2009032102000220.html

 【ワシントン=古川雅和】米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は二十日、アリゾナ州フェニックスで講演し「金融監督当局は(金融機関の)報酬慣行に細かい注意を払わなければならない」と述べ、金融機関の報酬制度の見直しが必要だと強調した。
 公的資金の支援を受けた米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)による幹部への巨額ボーナスの支払いに対し大きな批判が起きている。議長は具体的な金融機関名には言及しなかったが、この問題を念頭に発言した可能性が高い。
 議長は、金融機関には経営者が巨額の報酬を狙うあまりリスクの高い経営を行い、「金融機関の健全性を危うくする原因になる」と述べた。
 また、十八日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、今後半年間で最大三千億ドル(約二十九兆円)の長期国債の買い入れなどを決定したことについて、住宅ローン利率の引き下げなど「個人向けの信用市場の状況を改善すること」が狙いだと説明。国民生活により密接している地域銀行に、個人向けの貸し出しを維持するよう求めた。


---4人に1人は病気になっても医者にかからず 米調査---
2009.03.21 Web posted at: 13:32 JST Updated - CNN
http://www.cnn.co.jp/business/CNN200903190028.html

(CNN) 米国人の4人に1人は病気にかかったりけがをしたりしても医者にかかるのをあきらめた経験があることが、健康医療問題に関する2009年の意識調査で分かった。

調査は非営利組織のデロイトセンターが全米の成人4000人を対象にインターネットで実施した。それによると、医者に行くのをあきらめたことがあると答えたのは全体の24%。医療費負担が高過ぎることを理由に挙げた人が多かった。

医者に行かなかった人は、保険に入っていない層では36%、28―44歳の層では37%に上った。

米国の医療制度に対する不満も根強く、94%は医療費のせいで家計の安定が脅かされると回答。家族にもしものことがあっても医療費負担は十分背負えると答えたのは6%のみだった。


---シティCFOが退任 非中核部門の会長に---
2009.3.21 12:54
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090321/fnc0903211255009-n1.htm

 米金融大手シティグループは20日、ゲイリー・クリッテンデン最高財務責任者(CFO)が退任し、シティホールディングスの会長に就任すると発表した。シティグループCFOには国際銀行部門を統括してきたエドワード・ケリー氏が就く。
 シティホールディングスには日興コーディアル証券を含め、外部への売却対象の「非中核部門」を集めている。財務の専門家であるクリッテンデン氏を起用し、適正な価格で事業売却を進める考えとみられる。(共同)


---巨額賞与の課税法案、シティとバンカメ両首脳が反発---
2009年3月21日11時16分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090321-OYT1T00356.htm

 【ニューヨーク=山本正実】米下院で公的資金で救済された企業幹部のボーナスに90%の高税率を適用する法案が可決されたことを受け、米金融大手シティグループとバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)の両行首脳は20日、法案に反対する考えをそれぞれ表明した。
 シティのパンディット最高経営責任者(CEO)は、従業員向けの書簡で「法案が成立して、優秀な人材が流出すれば、これまでの金融安定化に向けた努力は後戻りする」とした。
 バンカメのルイスCEOも従業員向け書簡で「法案は、恐ろしく不公平だ。私たちは、市場の混乱を避けるため、メリルリンチなどを救済買収した。多くの仲間も顧客を支えるため懸命に働いてきた」と述べた。
 法案は、50億ドル以上の公的資金注入を受けた企業や政府系住宅金融の年収25万ドル以上の幹部が、今年受け取ったボーナスに課税するもの。上院も同様の法案を準備しており、来週中にも審議を本格化させ、早期成立を目指す見通しだ。


---米AIG課税強化:市場に波紋 金融システム安定化阻害も---
毎日新聞 2009年3月21日 10時35分(最終更新 3月21日 10時48分)
http://mainichi.jp/select/world/america/news/20090321k0000e020019000c.html

 【ワシントン斉藤信宏】米保険大手AIGの高額ボーナス問題で、米下院が19日にボーナスへの課税を強化する法案を可決したことが、金融市場に波紋を広げている。経営の悪化した金融機関が、課税を避けるため資本注入を拒む可能性があり、金融システムの安定化を阻害することになりかねないためだ。
 米メディアによると、政府管理下で経営再建中の米金融大手シティグループのパンディット最高経営責任者(CEO)は20日、法案に反対する書簡を従業員に送付。その中で「優秀な人材が流出し、金融市場と米国経済に多大な悪影響を及ぼす」と警告した。バンク・オブ・アメリカのルイスCEOも反対を表明したという。
 米メディアによると、米金融大手の従業員のうち、市場取引などに従事する社員のほとんどが年収の大半をボーナスで受け取っている。課税強化により、米金融大手8社の従業員数千人の年収の大半が取り上げられることになることを両CEOは懸念したとみられる。
 さらに、米紙ワシントン・ポストは「公的資本の注入を拒む金融機関が増えるだろう」と指摘。資本不足のまま公的資金を返せば、金融機関は経営を安定させるため、貸し出しを絞り込む可能性が高く、米国経済に大打撃を与える恐れがあるとの見方を示した。
 ただ、AIGの巨額ボーナスへの世論の反発は高まり続けており、オバマ米大統領も「(米下院は)国民の怒りを正しく反映した」と法案への支持を表明。市場関係者からは「世論を鎮められたとしても、結果的には金融危機を一段と深刻化させることになりかねない」(米エコノミスト)との声が相次ぐものの、課税強化の流れは加速する一方だ。
 米下院は19日、AIGなど50億ドル(約4800億円)超の公的資本注入を受けた金融機関が従業員に支給したボーナスに90%という異例の高い税率で課税する法案を可決した。上院も同様の法案を準備しており、来週にも採決して早期成立する公算が高まっている。


---米シティCFO退任、非中核部門の会長に 整理加速か---
2009年3月21日10時24分
http://www.asahi.com/business/update/0321/TKY200903210035.html

 【ニューヨーク=丸石伸一】米金融大手シティグループは20日、ゲイリー・クリッテンデン最高財務責任者(CFO)が同職を退き、同社の非中核事業を集めた「シティ・ホールディングス」の会長に就く、と発表した。経理の専門家を会長に起用し、非中核事業の整理を加速させる狙いとみられる。
 シティは今年1月、同社を中核事業の「シティコープ」とそれ以外との二つに社内分社すると発表。非中核事業のシティ・ホールディングスには日興コーディアル証券や日興アセットマネジメントが含まれ、事業の見直しや売却の検討が進められている。
 クリッテンデン氏の後任のCFOは、これまで国際銀行部門を統括していたエドワード・ケリー氏が就く。


---高率課税に「反対」 シティ、バンカメCEO---
2009.3.21 09:43
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090321/fnc0903210943006-n1.htm

 米金融大手シティグループのパンディット最高経営責任者(CEO)とバンク・オブ・アメリカのルイスCEOは20日、公的資金を受け入れた金融機関の幹部に高率の税を課して実質的にボーナスの返還を迫る法律の制定に反対する考えを相次いで表明した。
 米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の高額ボーナス問題をきっかけに進む法律制定の動きについて、パンディットCEOは「優秀な人材が失われれば、金融システム安定化に向けたわれわれの努力は大きく後退することになる」と述べ、人材流失につながると懸念。金融業界の関係者全員に金融危機の責任がある訳ではないと強調、責任を問う対象を業界全体に広げることに反対した。
 ルイスCEOは、金融業界では報酬などが既に大きくカットされているなどと訴えた。
 シティとバンカメはそれぞれ450億ドル規模の公的支援を受け入れている。(共同)


---ボーナス返還迫る高率課税に反対 シティ、バンカメCEO---
2009年3月21日 09時38分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009032101000169.html

 【ニューヨーク20日共同】米金融大手シティグループのパンディット最高経営責任者(CEO)とバンク・オブ・アメリカのルイスCEOは20日、公的資金を受け入れた金融機関の幹部に高率の税を課して実質的にボーナスの返還を迫る法律の制定に反対する考えを相次いで表明した。
 米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の高額ボーナス問題をきっかけに進む法律制定の動きについて、パンディットCEOは「優秀な人材が失われれば、金融システム安定化に向けたわれわれの努力は大きく後退することになる」と述べ、人材流出につながると懸念。金融業界の関係者全員に金融危機の責任がある訳ではないと強調、責任を問う対象を業界全体に広げることに反対した。
 ルイスCEOは、金融業界では報酬などが既に大きくカットされているなどと訴えた。
 シティとバンカメはそれぞれ450億ドル規模の公的支援を受け入れている。


---AIG、高額ボーナス返還で要請 23日までに社員に報告求める---
2009年3月21日 09時47分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009032101000210.html

 【ニューヨーク20日共同】米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が、高額のボーナスを受け取った社員らに対し、23日の夕方までに返還する意思があるかどうか報告するよう求めていることが20日分かった。ウォールストリート・ジャーナル(電子版)が関係者の話として伝えた。
 ボーナス問題で厳しく批判されたAIGのリディ最高経営責任者(CEO)は、幹部に半額以上を返還するよう求めたことを明らかにしていた。
 一方、米下院金融委員会は20日、AIGのボーナス問題で24日に公聴会を開き、ガイトナー財務長官とバーナンキ連邦準備制度理事会(FRB)議長が証言すると発表した。


---全米21州がAIGを調査 高額ボーナス問題---
2009年3月21日 08時24分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009032101000125.html

 【ニューヨーク20日共同】米政府から巨額の公的資金による支援を受けながら、幹部社員に高額ボーナスを支払った米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)について、詐欺の疑いがあるなどとして調査している州政府が、全米で少なくとも21に上ることが20日判明した。ロイター通信が伝えた。
 この問題では、米政府とニューヨーク州司法当局が調査に着手したことが分かっていた。米下院は、高額ボーナスを受け取った社員に高率の所得税を課す法案を可決している。
 ニュージャージー州など19州の司法当局は19日、米政府が救済を決めた昨年9月以降にボーナスを受け取った全社員の名前や肩書のリストを提出するなど、調査への協力を求める書簡をAIGに送った。AIGが経営危機に陥ったことに責任がある社員に、ボーナスが支払われていないかどうか調べる。
 またAIGの支援決定後、リスクが高い金融商品取引に絡んでAIGから129億ドル(約1兆2000億円)を受け取り、批判されている米金融大手ゴールドマン・サックスのビニアー最高財務責任者(CFO)は20日に行った電話会見で「契約に従っただけ。なんら間違ったことはしていない」と反論。AIGとの負担軽減交渉には応じない考えを示した。


---メリル高額賞与200人の名簿入手、米司法長官バンカメから---
2009年3月21日02時16分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090321-OYT1T00109.htm

 【ニューヨーク=山本正実】ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ司法長官が、米証券大手メリルリンチの社員のうち2008年分のボーナスの高額受給者上位200人の名簿を入手したことが20日、明らかになった。
 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が報じた。
 名簿は、裁判所の命令に基づき、メリルを今年1月に救済合併した米金融大手バンク・オブ・アメリカが司法長官に提出した。メリルは、公的資金を仰いだにもかかわらず、合併前の昨年12月、幹部らに計36億ドル(約3500億円)の高額ボーナスを支給したことで、批判を浴びている。


---【コラム】AIG賞与めぐる大騒動の影に潜む単純な真実―Mルイス---
更新日時 : 2009/03/21 01:26 JST
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003001&sid=acRXZGaCZr6Y&refer=commentary

 3月20日(ブルームバーグ):米政府は昨年9月に、保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の救済を開始した。政府がこれまでにつぎ込んだ額は1730億ドル(約16兆 4900億円)で、その大きな部分は住宅ローンや社債のデフォルト(債務不履行)に備える保険契約をAIGから購入していた銀行に流れた。
 ドイツ銀行やフランスのソシエテ・ジェネラルなど外国銀行もこの資金を受け取ったし、ゴールドマン・サックス・グループやバンクオブ・アメリカなど米銀も受け取った。
 米政府当局者は、元は税金だった資金を受け取った各社についての情報を国民の目から隠そうとしたが、米紙ニューヨーク・タイムズのグレッチェン・モーゲンソン氏をはじめとした報道関係者が、これを阻止したことは大いに褒められてよい。
 結局、米納税者はAIGのギャンブルの賭け金を払わされた。賭けに勝ったのはAIGではなくて、ゴールドマンやドイツ銀だった。この信じがたい事実はしかし、政治家たちを全くと言っていいほど動かさなかった。1730億ドルが金融機関に流れたことについては、これで良かったというのが米国の政治家の共通認識のようだ。
 ところが、AIGが雇用契約に基づいて1億6500万ドルのボーナスを支給したところ、政界全体が大騒ぎを始めた。大統領はボーナスを取り返すと約束し、上院議員の1人はAIG社員が自殺をすべきだとまで極言した。

批判精神
 政治家の批判精神が最後の一滴まで掻き立てられた様相だ。今ワシントンで絶対に誰からも反対されない行動は、AIGのボーナスについてその倫理を問うことだろう。
 ニューヨーク・タイムズのアンドルー・ロス・ソーキン氏以外は誰も、次のABCに気付いていないようだ。A)AIGの従業員の大半は、同社が冒したほぼ犯罪と言ってよいリスクとその結果を阻止することにおいて、一般国民と同じくらい無力だった。B)AIGの社員のなかで最も価値のある人々は簡単に、同業他社に転職できる。C)政府が価値のある社員をいじめ続ければ、彼らは当然AIGを去り、AIGには価値の低い人材しか残らなくなる。この結果、AIGが納税者の金を返済できる可能性は低くなる。
 そしてさらに、政府が出資した企業に対して雇用契約の破棄を命じることができるとしたら、今後は誰も政府の出資企業で働こうとはしないだろう。つまり、政府が資金を注入したすべての銀行に悪影響が及ぶ。

真実
  AIGのエピソードから、今回の金融危機とその対策について、次のような幾つかの真実が読み取れる。
1)政治的なプロセスでは巨額の数字はすべて同じに見える。ある水準を超えると、金額はただの記号になってしまう。国民は1730 億ドルと1億6500万ドルの違いが分からなくなる。金額が小額でも巨額の資金と同様の怒りを掻き立てることもある。むしろ、金額が大きいほど抽象的になり、無視するのが容易かもしれない。
2)金融危機の進展とともに、道徳観はグロテスクなほど単純化された。危機の始まりは混沌としている。ウォール街の金貸しも悪いが、借りた米国民も同じくらい悪い。何百万もの人間が借りるべきでなかった金を借りたわけだが、彼らはだまされたわけでも詐欺に遭ったわけでもなく、もの欲しさと貪欲からそうした。稼ぎに見合わないものを所有したいと望んだからだ。
しかし、税金が使われた途端に話は変わり、罪のない納税者が、ウォール街の悪徳金貸しに食い物にされているという構図ができあがった。ネバダ州の砂漠の真ん中に100万ドル級の家を買い、そのローンでデフォルトした男が突然、自分のデフォルトのせいで生じた問題の整理に追われていたAIG社員に支払われたボーナスに怒る市民になってしまう。

理解不可能
3)危機の根にある問題の複雑さが、政治がそれに知的に対処することを不可能にしている。物語が終わったとき、問題のボーナス1億6500万ドルについてはわれわれ全員が、最後の1セントまで詳細を知り尽くしその道徳性について確固たる見解を持つだろう。
 一方、はるかに深刻な1730億ドルの支払いについては、永久に理解できないのではないか。そのほぼ8%に相当する130億ドルを受け取ったゴールドマンは、正当な支払いを受けたものだと公言してはばからない。さらに、AIGの破たんに備えたヘッジをしていたため、支払われなくても別に困らなかったとしている。
 ということは、少なくとも1社の市場参加者は、格付け「AAA」のAIGがつぶれてもおかしくない行動を取っていることを知っていたわけだ。AIGは救済されるに値しなかったと言える。もう1つ分かるのは、ゴールドマンはAIGがつぶれても困らなかったということだ。従って、AIGを救済する必要もなかった。
 危機の始まり以来、私はなぜ政府が問題の根、つまり「買うべきでなかった家を買うために金を借りた個人」のレベルで対処する意志と手段を持たないのかと不思議に思っていた。今は答えが分かったような気がする。非常に簡単なことだ。すぐ隣に住んでいる誰か、救済されるに値しない誰かに、少額の税金が与えられれば、国民はこれが理解でき、怒り狂うだろう。兆レベルの金を、結局何をやっているのか誰もいまだに理解できないあいまい模糊(もこ)とした企業に投げ与える方が、よっぽど無難だ。(マイケル・ルイス)
(マイケル・ルイス氏は、ブルームバーグ・ニュースのコラムニス トです。このコラムの内容は、同氏自身の見解です)


---AIGの高額報酬リスト、NY州司法長官入手---
2009年3月21日0時58分
http://www.asahi.com/business/update/0321/TKY200903200269.html

 【ニューヨーク=山川一基】米政府の救済を受けている米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の高額ボーナスについて、ニューヨーク州のクオモ司法長官は19日、だれがいくら受け取ったのかを記載したリストをAIGから入手した、と発表した。クオモ氏は「だれがボーナスを返金するか、この数日間で見極める」と声明を出した。
 クオモ氏は、業績悪化を招いた社員らに巨額の税金が報酬として支払われたことが適正だったかなどを調べている。安全にかかわるため個人名は公表しないが、高額報酬を受けた従業員にとっては返金への圧力がさらに増すことになりそうだ。


---AIGボーナス 90%課税法案を可決 米下院 上院も近く本格検討---
2009年3月21日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2009032102000078.html

 【ワシントン=古川雅和】米下院は十九日の本会議で、公的資金の支援を受けている米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が幹部らに支払った巨額ボーナスを国庫に取り戻すことを狙った課税法案を賛成多数で可決した。ボーナスに90%という異例の高税率をかける。上院も同様の法案を検討中で近く本格的な審議に入る。
 下院の法案は米政府から五十億ドル(約四千七百五十億円)以上の公的資金を受けた金融機関で二十五万ドル(約二千三百七十五万円)以上の年収がある従業員が対象。
 政府系住宅金融会社も含まれ昨年末以降に支払われたボーナスに課税する。
 下院は賛成三百二十八、反対九十三の賛成多数で法案を可決。ただ、野党・共和党は約半数の八十七人が「法案には憲法上の問題がある」などの理由で反対した。
 AIGは人材流出防止に巨額のボーナス支払い契約を政府の救済決定前に幹部らと締結し今月、一億六千五百万ドルを支払った。
 巨額ボーナス支払いに米議会で批判が噴出。下院は問題発覚直後に浮上した課税強化法案を約一週間で採決。
 オバマ大統領もガイトナー財務長官にボーナスを取り戻す策の検討を指示している。


---AIG:巨額ボーナス問題 税率90% 米下院、法案をスピード可決---
毎日新聞 2009年3月21日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/biz/news/20090321ddm002020149000c.html

 【ワシントン斉藤信宏】政府管理下で経営再建中の米保険大手AIGが高額ボーナスを支給していた問題で、米下院本会議は19日、支給されたボーナスに90%という異例の高い税率で課税する法案を賛成328対反対93で可決した。上院も同様の法案を準備しており、来週にも採決して上下両院で法案を一本化し、早期成立する公算が大きくなった。ただ、正当な契約に基づいて支給されたボーナスを国が強制的に返還させる形になるため「財産権の侵害」との批判が出る可能性もある。
 下院が可決した法案は、ボーナスを受け取った年収25万ドル(約2400万円)以上の同社従業員が対象。50億ドル(約4800億円)超の公的資本注入を受けた金融機関のほか、政府系住宅金融2社にも適用する。オバマ大統領は「国民の怒りを正しく反映した採決だ」と法案を支持する声明を発表した。
 AIGは、公的支援を受ける前の契約に基づき計1億6500万ドル(約158億円)のボーナスを従業員に支給。これに対し、米世論の批判が強まり、米議会でボーナスへの課税論が急浮上、審議入りから1週間足らずでスピード可決した。採決では民主党に加え、野党共和党から85人が賛成に回った。
 高額ボーナス支給について、AIGのリディ会長兼最高経営責任者(CEO)は議会証言で、「不快な思いで支給した」と述べる一方、返済の強要は「優秀な人材を確保できなくなり、経営再建に影響を及ぼす」と危険性を指摘していた。


---クライスラー幹部25人「ボーナスもらいません」---
2009年3月20日20時30分
http://www.asahi.com/business/update/0320/TKY200903200223.html

 【ニューヨーク=山川一基】米政府から緊急融資を受けた米自動車大手クライスラーでは、幹部25人が新たなボーナスの権利放棄に署名した。18日付のロバート・ナーデリ会長兼最高経営責任者(CEO)の声明で明らかにした。米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の巨額ボーナスに対する世論の激しい批判をかわす狙いがあるようだ。
 同社はすでに40億ドル(約3800億円)の政府融資を受けており、さらに50億ドル(4700億円)の追加融資を求めている。
 また、ナーデリ氏は19日、動画サイトのユーチューブに投稿した動画のなかで「フィアットは政府融資の35%に当然責任を負う」と述べた。同社は、イタリア自動車メーカーのフィアットに自社株の35%を渡す代わりに技術などの供与を受ける提携を結んでいる。米国民の税金が海外メーカーに流れるとの懸念に配慮した発言とみられる。
 だが、これを受けてフィアットは20日、「クライスラーから持ちかけられた提携には、クライスラーの現在あるいは将来の負債をフィアットが肩代わりすることは含まれない」との声明を発表し、明確に否定した。両社の提携をめぐる見解のずれが表面化した形で、クライスラーの経営再建の行方は依然として不透明な情勢だ。


---Dodd says he didn't know bill revision would allow for AIG bonuses
March 21, 2009
http://www.boston.com/news/nation/washington/articles/2009/03/21/dodd_says_he_didnt_know_bill_revision_would_allow_for_aig_bonuses/

Under fire for his role in allowing the AIG bonuses, Senator Chris Dodd mounted a vigorous self-defense yesterday, telling home-state constituents that he had no idea that a change in language in an executive pay provision would permit them.

"No one is angrier than I am," he said in Enfield, Conn.

Dodd said that during the drafting of the final version of the $787 billion stimulus bill last month, he led the charge on including "strong language" to limit executive compensation. Then, he said, Treasury Department officials asked him to revise the provision, to protect some already-contracted bonuses, because they were concerned about legal issues. "It seemed rather technical and innocuous at the time," said Dodd, chairman of the Senate Banking Committee.

He said if he had known the change would allow the $165 million in AIG bonuses, "I would have rejected it out of hand."

Dodd, who faces reelection next year, said he was "disturbed" that those who sought the change didn't stand up and take the blame as soon as the controversy emerged earlier this week.

Treasury Secretary Timothy Geithner, who is on the hot seat himself over the bonuses, said Thursday that his staff did talk to Dodd about their concerns and he accepted at least part of the responsibility.

GLOBE STAFF

President maintains a touch of informality
President Obama really likes to call everyone "guys" - his all-purpose, casual term for anyone he's speaking to or about.

He wraps up nearly every press conference on that note, even though many reporters aren't guys, but women.

He refers to prominent economists that way: "He's one of the best big-picture guys in the business," Obama said in introducing Mark Zandi, chief economist at Moody's Economy.com, at a fiscal responsibility summit last month.

He feels fine calling the CEOs of the nation's biggest companies guys (they were mostly male). "I want you guys to do your thing," he told the Business Roundtable earlier this month, rebutting suggestions that he wanted to "get government in everybody's business."

He doesn't mind calling members of Congress "guys," as he did at a healthcare summit this month. On the "Tonight Show" Thursday night, he talked about "all those Secret Service guys with guns." And just yesterday afternoon, he told state legislators, "It's helpful for me also to talk to you because you guys see things from outside of Washington."

Such informality might not fly, though, when he attends the G-20 economic summit in London on April 2 with European leaders and others. That setting calls for more diplomatic protocol, and Obama has avoided his verbal talisman in more formal settings.

GLOBE STAFF

Romney hopes to see some failure in Obama's future
Mitt Romney is channeling Rush Limbaugh, at least a little.

Limbaugh, the conservative radio talk show host, got quite a bit of attention for saying he wanted President Obama to fail because he opposed his policies. On his appearance Thursday night on CNN's "Larry King Live," Romney was asked whether he wants Obama to fail, too.

"I want liberal policies to fail," replied the former Massachusetts governor and Republican presidential candidate. "I want him to fail in trying to put in place a healthcare plan that takes away the private sector from healthcare. . . . But I want him to succeed as a president, meaning, I want him to succeed in strengthening our economy, keeping us free, bringing our troops home in success from Iraq and Afghanistan."

Romney also gave Obama a back-handed compliment on the president's high approval ratings: "I know that people recognize that this is a man who is a decent fellow. He's intelligent. He's well intentioned. He's just not experienced in the matters that we're dealing with right now."

GLOBE STAFF

Palin criticized for rejecting half of stimulus funds
Democrats are blasting Alaska Governor Sarah Palin for spurning nearly half of the economic stimulus money coming to her state, accusing her of putting national political ambitions ahead of her constituents. Palin said Thursday she will accept 55 percent of the estimated $930 million, leaving it up to legislators whether to request the rest.


---AIG Asks for Quick Response on Bonuses---
MARCH 20, 2009, 8:42 P.M. ET
By LIAM PLEVEN
http://online.wsj.com/article/SB123759526525801069.html?mod=googlenews_wsj

Management at American International Group Inc.'s financial products unit has asked employees to let the unit know by 5 p.m. on Monday if they plan to return all or part of the controversial bonuses they received under a retention program, according to a person familiar with the matter.

The employees at AIG's financial products unit face what in many cases could be a difficult decision amid the controversy over their retention bonuses, one that could involve concerns of public good, privacy and money.

A number of employees at the unit have already given up significant income, according to AIG. In a letter to Treasury Secretary Timothy Geithner dated March 14, AIG's government-installed CEO, Edward Liddy, said the "25-highest-paid active contract employees at AIG Financial Products have agreed to reduce their remaining 2009 salary to $1. Salaries for this group range up to $500,000, and the average salary is in excess of $270,000."

New York Attorney General Andrew Cuomo has subpoenaed the names of those who received bonuses, and AIG has provided him with that information. Mr. Liddy told Congress about threats against employees at the unit, and Mr. Cuomo has said he will be "sensitive" to possible security concerns "by doing a risk assessment before releasing any individual's name."

Rank-and-file employees know they're in the process of winding down the financial products unit -- in essence, working themselves out of a job. How long that will take could vary depending on the book of business the employee is responsible for. The unit had a number of different lines of business, many of them distinct from the credit default swaps that helped spur the government bailout. If employees leave the unit soon, they'll be entering a difficult job market. Some may view the retention payments they've already received as hedges against an uncertain future.

Mr. Liddy told Congress this week he'd asked those who were due to get $100,000 or more to give half of the money back, and that some had agreed to return it all. He also testified on Wednesday that a "leadership group" -- which he did not define -- had been asked to give up their entire bonuses. The recipient of the highest bonus and at least two other high-ranking executives have agreed to do so.

The unit currently has about 360 employees. Mr. Liddy told Congress he'd work for "the highest level of participation," but AIG hasn't said how successful he's been thus far.


---Stop the Presses: Congress Is Angry!---
By Joe Nocera
March 20, 2009, 6:27 pm
http://executivesuite.blogs.nytimes.com/2009/03/20/stop-the-presses-congress-is-angry/

I have a friend who was in Washington this week, and he stopped into Wednesday’s Congressional inquisition - oops, I mean hearing - into the A.I.G. bonuses. He stayed about 15 minutes and left when he couldn’t take it anymore. He didn’t know which was worse, he told me afterward: the way the A.I.G. financial products traders had conned the company into handing them bonuses - or the Congressional hearing complaining about the bonuses. “What a waste of taxpayers’ money,” he said. He was referring to the hearing, not the bonuses.

As I am writing in my column, this is the week the political system ran off the rails. We now have two systems that are disintegrating: the political system and the financial system. And while you might be tempted view the political circus surrounding the A.I.G. bonuses with a certain satisfaction - they’re sticking it to the bad guys! - you should resist the impulse. First of all, most of the people they are punishing are not the bad guys. More importantly, everything Washington does now reverberates across the financial system, and makes a bad situation worse. In my column I count three such ways that Congress is now destabilizing an already wobbly financial system.

But there are other examples as well, and we saw one this week. At this point, Congress is so angry that it is highly unlikely that it will ever agree to release the next $350 billion of bailout money - much less pass new legislation if more money is needed. “The U.S. has plenty of financial firepower,” said Simon Johnson, a banking expert. “But they aren’t going to be able to use it.”

My guess is that the Federal Reserve chairman, Ben Bernanke, understands this dilemma and that may underlie his decision to open the floodgates this week, pumping up the Fed’s balance sheet by another $1 trillion. This kind of easing comes with real risks, starting with the risk of inflation. But what choice does he have? Everybody else in Washington is busy finger-pointing and scoring political point. He appears to be the only grown-up left. Luckily he is still acting like one.


---BofA Provides Cuomo With Merrill Bonus List---
MARCH 20, 2009, 9:47 A.M. ET
By DAN FITZPATRICK and CHAD BRAY
http://online.wsj.com/article/SB123750034629289161.html?mod=googlenews_wsj

New York Attorney General Andrew Cuomo received the identities Thursday of the 200 highest-paid bonus recipients at Merrill Lynch & Co. prior to a merger with Bank of America Corp. on Jan. 1.

The delivery of names followed a Wednesday order from New York State Supreme Court Justice Bernard Fried denying Bank of America's request that such details be kept confidential.

Mr. Cuomo's office is conducting a probe of the decision to award bonuses of more than $3.6 billion in December, when such awards are typically made in January.

When he subpoenaed the bank for details about Merrill's year-end payouts, the bank initially agreed to produce the 200 highest bonus recipients but refused to provide the names, claiming that such disclosures would cause it harm, put it at a competitive disadvantage or cause some employees to leave because of privacy or security concerns if the list were made public.

The judge, in denying the bank's confidentiality motion Wednesday, didn't restrict Mr. Cuomo from releasing the names of individuals or how much each person made.

A Bank of America spokesman said the company would "continue to cooperate with the attorney general of New York."

Mr. Cuomo is also examining whether Bank of America disclosed enough about Merrill's deteriorating financial condition prior to closing on its Jan. 1 purchase. Larger-than-expected fourth-quarter losses at Merrill forced the bank to accept $20 billion in additional federal aid and loss-sharing protections on $118 billion in assets.