2009年6月30日火曜日

米英金融 奴隷ビジネスで一儲け

米英金融が奴隷ビジネスで一儲けとのこと。
ロスチャイルドとフレッシュフィールズ・ブルックハウス・デリンガーが、
英国で1830年代に奴隷制が廃止される以前、「奴隷ビジネス」に関与して
いたと、英紙フィナンシャル・タイムズが報じた。
JPモルガン・チェースやバンク・オブ・アメリカを含む多くの米金融大手が
奴隷ビジネスに関与したとしてこれまで謝罪。
ロスチャイルドなどは否定してきた。

米議会は奴隷制に対して「謝罪」決議を出している。
奴隷ビジネスに関与した会社は、奴隷関係者より、その収益に応じて、償いを
するように圧力がかかっているようだ。
英国の状況は不明だが、ロスチャイルドとフレッシュフィールドのように、
関与を否定した場合、罪が重くなるのかもしれない。
米英共に両者の折り合いがつかなければ、集団訴訟となる可能性もある。
増資し、公的資金を返済し、経営が安定しても不景気なうえ、さらなる
負担となる。
世界的影響がある米経済は、奴隷の代償も世界に求めるのだろうか。

米下院 奴隷制と黒人差別に謝罪決議採択
http://huhcanitbetrue.blogspot.com/2008/08/blog-post_01.html
ヘイトクライム
http://huhcanitbetrue.blogspot.com/2009/06/blog-post_24.html


rothschild & freshfields founders had links to slavery, papers reveal


Rothschild Freshfield Linked to Slavery in Britian


---奴隷ビジネスに関与か、と英紙 ロスチャイルドなど---
2009年6月27日 21時09分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009062701000730.html

 【ロンドン27日共同】欧米を中心に世界で事業を展開する金融財閥ロスチャイルドと、英大手法律事務所フレッシュフィールズ・ブルックハウス・デリンガーが、英国で1830年代に奴隷制が廃止される以前、「奴隷ビジネス」に関与していたと、27日付の英紙フィナンシャル・タイムズが報じた。
 米金融大手JPモルガン・チェースやバンク・オブ・アメリカを含む多くの米金融大手が奴隷ビジネスに関与したとしてこれまで謝罪。ロスチャイルドなどは関与を否定してきただけに新たな波紋を呼びそうだ。
 同紙は英公文書館が保管する文書の内容として報道。それによると、当時のロスチャイルドは奴隷を担保に資金の貸借を契約。奴隷制廃止に伴う英政府の損失補償措置で資金を回収したという。
 フレッシュフィールズ創業者らは、英国のカリブ海の旧植民地を拠点とした奴隷所有者らの財産管理人を務めるなどして利益を得たとしている。
 奴隷制と人種隔離政策をめぐっては、米上院が今月、謝罪決議をするなど、過去の責任を問う動きが続いている。


---UK law firm and bank had slavery links - FT---
Sat Jun 27, 2009 11:15am EDT
http://www.reuters.com/article/rbssFinancialServicesAndRealEstateNews/idUSLR15416420090627

LONDON, June 27 (Reuters) - The 19th century founders of British investment bank Rothschild and top law firm Freshfields engaged in business linked to the slave trade, the Financial Times reported on Saturday, citing new research.

The news could prove contentious in the United States, where both firms operate and where numerous banks and other bodies have been pressured to make amends for profiting from slavery, the newspaper said.

Documents from Britain's national archives showed that Nathan Mayer Rothschild had allowed the use of slaves as collateral in banking dealings with a slave owner, while Freshfields' founding partner James William Freshfield acted as a trustee in deals involving Caribbean slave plantations, the FT reported. Freshfields said it had not been aware of the documents, which academics at University College London are studying.

"James William Freshfield himself was an active member of the Church Missionary Society ... (which) was committed to the abolition of slavery," a spokesman said.

Rothschild himself was later involved in helping the British government raise finance to compensate slave owners when it abolished slavery in its colonies in the 1830s, the FT said.

A Rothschild spokesman was not immediately available for comment.

But the FT quoted a spokesman as saying: "These allegations appear inconsistent and misrepresent the ethos of the man and his business." (Reporting by David Milliken; Editing by Charles Dick)

2009年6月29日月曜日

最終評価 クローン肉は安全

クローン肉は安全と最終評価があった。
農水省は、食品としての安全性を認める答申があったクローン牛の肉など
について「まだ多くの人が否定的で、消費者の理解が得られない」など
として、当面、流通を認めない方針を示した。
飼育機関の試食会を認めるが、流通については消費者の理解が得られない
ことを理由に認めず、出荷自粛要請を継続する方針を示した。

「流通自粛を要請する」だけだから、流通していても見て見ぬふりを
すると言うことだろうし、「3(?)%以上がクローン食肉として流通して
ました」とすることで、既成事実とするのかもしれない。

ネットの噂では、日米ともにクローン食肉を流通させていると言う人もいる。
クローン食肉は流通していないと言う前提で、発表しているから、流通
調査もしないだろう。肝機能障害者が急増して、調査を始めるのでは
遅いと思う。


---クローン流通「当面は認めず」 農水省---
2009.6.26 21:14
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090626/biz0906262115026-n1.htm

 農林水産省は26日、食品としての安全性を認める答申があったクローン牛の肉などについて「まだ多くの人が否定的で、消費者の理解が得られない」などとして、当面、流通を認めない方針を示した。ただ、クローン研究開発を推進する立場から、国民に対する理解促進策を打ち出した。
 体の細胞から遺伝子をコピーして生産される体細胞クローンの牛・豚について農水省は、流通の是非が議論になっていることから、出荷自粛要請を行ってきた。しかし、内閣府の食品安全委員会は25日、「安全」と認める答申を行った。
 これを受け、農水省は「クローン食品は安全」とする認識を示し、今後、一般に対する説明会を行うほか、飼育機関の試食会を認める方針などを示した。ただ、流通については消費者の理解が得られないことを理由に認めず、出荷自粛要請を継続する方針を示した。


---クローン牛と豚、当分流通認めず 農水省---
2009年6月26日 19時26分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009062601000752.html

 農林水産省は26日、体細胞クローン技術を用いてつくられた牛、豚を安全であるとする食品安全委員会の答申に対し、当面は一般への流通を解禁しない方針を決めた。国内では畜産試験場などでクローン家畜を取り扱っているが、出荷しないよう引き続き求める。
 流通解禁を見送った理由について農水省は、一層の科学的知見の収集と消費者への情報提供が必要と説明しており、消費者からの不安の声に応えた形だ。現在の技術では生産率が極めて低く、商業生産への利用が見込まれないことなども挙げた。
 農水省はクローン家畜について、研究機関で生産率の改善手法の開発は続けるとしている。(共同)


---クローン牛、当面「食用に回さず」 農水省---
2009年6月26日18時55分
http://www.asahi.com/national/update/0626/TKY200906260255.html

 体細胞クローン牛・豚を食用とすることについて、内閣府の食品安全委員会が「従来の繁殖技術と同様に安全」と評価をまとめたのを受け、農林水産省は26日、「クローン牛は『安全』と思うが、生産率が極めて低く、コストが高くなるため、食用として市場に回すことは見込めない」として、当分の間は引き続きクローン牛生産を研究に限定することを明らかにした。
 また、農水省はクローン牛を種牛とすることも、「品種改良が進まなくなる恐れがある」として慎重な姿勢だ。今後、「国民への理解を深めたい」とし、方針について来週にも意見募集を始める予定だ。


---「クローン牛、豚は安全」 食品安全委が最終評価---
2009年6月25日 16時16分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009062501000532.html

 体細胞クローン技術を利用してつくられた牛と豚、その子孫の食品としての安全性について、内閣府の食品安全委員会は25日、「通常の牛や豚と同等に安全」とする最終評価をまとめた。厚生労働省に答申する。
 ただ国内での流通については慎重な意見も強く、答申を基に厚労省と農林水産省が今後判断するが、すぐには実現しない見通し。これまで国内で生まれた体細胞クローン牛などは、農水省が出荷自粛を要請し、流通していない。海外からの輸入も確認された例はない。
 米国や欧州の食品安全評価機関が相次いでクローン食品は安全との評価をまとめたのを受け、厚労省が昨年4月、食品安全委に安全性評価を諮問していた。(共同)

2009年6月28日日曜日

B787 試験失敗

B787の試験は失敗したらしい。
報道を読み限り、翼に静加重をかけた時に、付け根付近の機体側面に
1-2平方インチのストレス(ヒビ、ワレ等)がみつかったらしい。
原因は、ボーイングが提供する総合設計システムとMHI、FHIのシステムの
運用の仕方にあるようだ。

B787の納期が延期することで、発注が取り消され、不景気なうえに、
製造なしでは、ストライキは逆効果になったと思う。

C-XでもMHI製造部分の機体強度が足りなくて静加重試験を失敗し、
KHIが防衛庁から違約金の支払いを迫られた報道があった。
ボーイングは、一方的に、MHIとFHIを責めているわけではないようだ。
でも、印象は悪いだろう。



Money Minute: Boeing's 787 Delays The Associated Press


---787型15機の発注キャンセル、15機の納入延期 カンタス---
2009.06.27 Web posted at: 13:51 JST Updated - CNNMoney
http://www.cnn.co.jp/business/CNN200906270006.html

(CNNMoney) オーストラリア最大手、カンタス航空は27日までに、米航空機製造大手ボーイングに発注していた次世代旅客機787(ドリームライナー)型15機をキャンセルしたと発表した。また、別の15機の納入を4年間延期した。

景気後退、金融危機を背景に、航空業界が乗客減など厳しい経営環境にあることが原因。これらの発注は2005年に行っていたが、2カ月前からキャンセル、納入延期で交渉していた。

同航空による787型の発注総数はこれで計50機となった。カンタスはまた、欧州エアバス・インダストリーに対し総2階建ての超大型旅客機A380の4機の引き渡しを1年延ばすよう要請した。

同社は今年4月、収益の予想額を下方修正し、一部機材の就航停止や5%の人員削減を発表していた。


---Boeing’s 787 Integrated Supply Chain At Work to Fix Latest Problem---
June 24th, 2009
http://agmetalminer.com/2009/06/24/boeing%E2%80%99s-787-integrated-supply-chain-at-work-to-fix-latest-problem/

Boeing announced yesterday another delay in its long awaited first flight citing a need to reinforce a side-of-body section of the plane according to this story in Crain’s Chicago. Having listened in on Boeing’s special webcast to talk about the delay we thought it might make sense to look at this not from a shareholder or stock analyst angle but from a supply chain management and strategic sourcing one. And since this latest delay (and solution) relates to a handful of metal parts, we wanted to better understand Boeing’s process for identifying and resolving issues and then comment on the delay itself.

During standard test procedures, Boeing identified ‘stress’ in the side body structure where the side body joins the wing. In particular, where the upper portion of the wing and the side of body join totaling 18 locations on either side of the plane. The areas are small, one to two square inches but involve an integrated design solution as the wings come from Mitsubishi and the side of body from Fuji. The parts needed to resolve the issue will either be made from titanium or aluminum. Boeing stated that they have “staged material in our fabrication division” and the likely solution can be “retrofitted in production plans” keeping everything else “in-flow.”

Boeing made much mention of two supply chain concepts - “re-anchoring the model” and “staying in process,” worthy of some comments. To outside observers, these two points may sound like a bunch of hooey but in fact, remain critical to the overall product development process, production process, certification and quality processes. Let’s examine each in turn. The notion of “re-anchoring the model” refers to the predictive models developed by Boeing (and key integrated supply chain partners) and the testing of those models via static and flight testing. In this case, the stress detected on these structures during static testing suggested the results diverged from the model enough to cause the design engineers to “re-anchor” the model by reinforcing the structure. Because this is an “integrated design issue” the solution requires a close collaboration among Mitsubishi, Fuji and Boeing.

Now for the concept of “staying in process.” Despite the tremendous pressure to launch products according to schedule and to what had been previously communicated to Wall Street, Boeing has consistently relied on its design and testing process to guide it’s actions. Big problems arise when activities and work get conducted “outside the process.” The process itself is what ensures quality.
In Boeing’s defense, the company pioneered the concept of cross-functional teams working to design and build key systems and components as part of the 777 program (incidentally, Boeing has received numerous awards for this process innovation). And again with the 787, we have a new production/design process in the form of external supplier collaboration, previously untested. Though this creates new challenges, it also provides benefits in that the key suppliers involved in the solution can work 24/7 to resolve issues.

All things being equal, I’d rather take a short term setback than suffer the consequences of not adhering to the process.

-Lisa Reisman


---Aerospace News boeingairplanemanufacturingairbusEADSSeattle---
Jun 23, 2009
http://blog.seattlepi.com/aerospace/archives/172036.asp

Boeing 787 Dreamliner delay: Customer reactions | Main | Want to check that bag? You can't, says Ryanair

Boeing 787 flight delay: technical details and Q&A transcript

After Boeing announced on Tuesday that first flight of the 787 would slip again, it held a conference call with analysts and members of the media.

Specific technical details emerged during the call.

I've pulled out some of the pertinent questions and answers for you right here. If you want to read the full transcript, you can do so by clicking this link: The Boeing Company Conference Call to Discuss Postponement of 787 First Flight
______________________

Question: Joseph Campbell - Barclays Capital - Analyst

Just again back on the nature of the problem and where it is, can you -- is this problem isolated to a single structure? So like is it -- I mean is it the Alenia piece? Is it the wing box from Fuji? Or does it involve stresses on several supplier components? Is it both starboard and port so that this is something that's symmetrical around the aircraft? Or is it a single sided kind of issue?

Pat Shanahan - The Boeing Company - Airplane Programs VP and General Manager

I will jump in first and Scott can provide additional color. So it's multiple structures and it's an integrated design. So it's both the wing out of Mitsubishi and the side-of-body, which is part of the center section out of Fuji. And the design and the models are developed concurrently by Boeing, Fuji and Mitsubishi. That is the nature of this integrated structure. So as we work through the solution, we will involve Fuji, Mitsubishi, and Boeing, in developing a comprehensive long-term answer. Scott?

Joseph Campbell - Barclays Capital - Analyst

And it's both sides, but not the Alenia structure?

Scott Fancher - The Boeing Company - 787 Vice President and General Manager

Correct, and it is symmetric. As Pat mentioned, every -- all of our partners that have structure in this area and participated in the design are on the team to determine what the modifications are for this area.

Joseph Campbell - Baclays Capital - Analyst

So just to not -- hopefully this can be the end of this. Somebody asks before it was along the entire wing, so it's -- if you were to describe from the aft to tail or under the belly or wherever these are located, is it possible to take the multiple several inch -- one or two square inch places and identify how many of them are there and from the furthest point away, how big is the section affected?

Scott Fancher - The Boeing Company - 787 Vice President and General Manager

This is Scott Fancher. Let me try and take a crack at that. As we mentioned earlier, we are talking on a one or two square inch area. It is along the side-of-body join between the wing and the side-of-body and particularly -- and specifically limited to the upper portion of where the wing and side-of-body join. And about 18 locations on either side of the aircraft for a total of 36 locations. The exact number may change a little bit as we analyze it, but that's approximately the number.

And I really want to emphasize we are talking about a one or two square inch area along that upper wing join area in multiple locations. This is not a problem that extends out the wings or down into -- it is into the aircraft. It's a very limited area that needs structural reinforcement. The modifications, again to emphasize, we are talking about a handful of parts at each location and each one of those parts you could literally hold in your hand. They will be about the size of your hand or smaller. So not complicated by any means.

Paul Merrion - Crain's Capital Business - Media

Hi. I just wanted to go to the issue of the credibility in the company's schedule and predictions of schedule. You knew about this as of late last month, you said. Why wait until now to say anything at all about it? Including when the world's attention was on Boeing last week at the Paris Air Show.

Scott Carson - The Boeing Company - President and CEO

Paul, this is Scott Carson. When we were at Paris last week we had been through the preliminary analysis of the data and were of a mind that the airplane could enter flight test with a credible flight test envelope as we worked relatively minor modifications.

The work done by the team through the week last week narrowed the envelope to the point where on Friday we determined that to fly would be such a small envelope for us that it would be an interesting exercise in having the airplane in the air but not particularly useful in terms of preparing the airplane for certification.

So at that point is when we made the call to delay the process, identify the fix, test the fix, install the fix, and then enter a flight test program that is fully robust.

Paul Merrion - Crain's Chicago Business - Media

So what would have been the worst case if you had flown? Are we talking about cracks in the fuselage or the wings falling off or what -- if you hadn't made this fix before flying?

Scott Fancher - The Boeing Company - 787 Vice President and General Manager

The answer is our assessment is likely nothing would have happened. This is an issue where stress concentrations departed from the model. Absent being able to anchor those two pieces of data together with confidence based upon our design process, we would have had to reduce the flight envelope we were willing to fly and that gets you into the line of logic that Scott just outlined for you.

So it really isn't a matter of yes and no. It is gee, because we've seen this departure and haven't been able to anchor the data back to the model with sufficient confidence, we need to narrow our margins and that led us down the path that Scott described.

Pat Shanahan - The Boeing Company - Airplane Programs VP and General Manager

And we are always staying in process. And when the process says stop, we stop.

Scott Carson - The Boeing Company - President and CEO

Absolutely, absolutely.

Howard Rubel - Jefferies & Co. - Analyst

Thank you very much. I mean you are talking about a number of parts that sound like you could put them in a grocery bag but maybe 50 pounds, 60 pounds. But can you talk a little bit about the dollar outcome, Scott, that we are seeing here? Are we talking hundreds of millions of dollars or are we talking just a few million to get this started and fixed?

Scott Carson - The Boeing Company - President and CEO

Howard, I think it is premature to forecast where we are in dollars. We understand the nature of the fix and I would say the nature, not the specifics of the fix yet, because we have to complete the models, run those models, and then test the solution.

As we get through those steps, I think we will be in a better place to talk about the magnitude of the dollars. The fix itself does not appear to be a big dollar item. Obviously we need to understand the implications of the flight test program and first deliveries
to assess that.

Howard Rubel - Jefferies & Co. - Analyst

Are we going to see though a day-for-day delay with this and the whole schedule or are there some other items that you might want to also incorporate to increase the margin for discovering additional unknowns?

Scott Carson - The Boeing Company - President and CEO

We are going to continue to exercise the test program as Scott Fancher described in his comments. So whether it is day-for-day, I think again hard for us to call at this moment. We do believe we will be using the time productively however.

Howard Rubel - Jefferies & Co. - Analyst

So I just want to go back though the dollar amount. The fix itself just the titanium parts that you are talking about, is immaterial to the price of the airplane.

Scott Carson - The Boeing Company - President and CEO

Correct.

米議会 宗主国鮮明化

米議会が日本の宗主国とする政策を鮮明にした。

初期費用を持てば、ダウンスペックの自衛隊用F22の輸出が可能。
ロッキード・マーティン社製F22の製造工場があるジョージア州、
コネチカット州、テキサス州、カリフォルニア州などに地方区が
ある議員たちのロビー活動が輸出検討につながったとのこと。

米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設計画に事実上反対。
滑走路の長さなどが足りないとの軍事委の認識に従ったとのこと。

オバマは、大統領拒否権を発動する可能性があると議会を牽制している。
普天間移転反対は、日米合意事項であり、日本も行動を起こしていない
ようだが、移転反対となると破棄となる。それは無理な話だ。
フルスペックF22の航行装置は総合化されていたようなので、ライセンス
生産では製造できず、ノックダウン生産になると思う。ダウンスペックF22
になっても構造が大幅変更することはないと思う。
それに、ステルス材料非採用の可能性もある。
日本の軍事産業がダウンスペックF22の中枢部の製造ができず、結局、
製造、修理は米国企業が介在することになり、絶えず甘い汁を吸うこと
になる。よくできている。それでは、困るので、受注企業は今から秘策を
考えることだろう。


Superman President barack obama


Barack Obama Superman ad


---米上院がF22輸出を主張、行政側と対立---
オバマ大統領は拒否権行使か
ウォン・セイル記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/news/20090627000022

 日本が購入を希望している米国の最新鋭戦闘機「F22」(通称:ラプター)について、米議会は行政側に輸出検討を要請した。
 AP通信が報じたところによると、米上院軍事委員会は25日、2010年度国防予算法案を承認、この法案によりF22を輸出用戦闘機として開発することを検討するよう行政側に要請した。またニューヨーク・タイムズ紙は、この法案による輸出用戦闘機は米軍が使用するF22よりも性能が低いものと規定されている、と報じた。
 これまで日本政府は、軍事力増強のため、現存する戦闘機のうち最高の戦闘力を持つとされるF22を購入する意向を表明してきた。しかし、米議会は最先端軍事機密の保護を理由に、F22の輸出を禁止していた。
 25日に上院軍事委がこれまでの見解を変えたのは、F22を製造するロッキード・マーティン社が最近の景気低迷で武器販売の不振に陥っていることと関係がある。米国メディアは「F22の製造工場があるジョージア州、コネチカット州、テキサス州、カリフォルニア州などに地方区がある議員たちのロビー活動が輸出検討につながった」とみている。
 しかし、上院軍事委が通過させた法案には、行政側の反対にもかかわらず、7機のF22追加購入と、F35バックアップ・エンジンの購入などの予算 17億5000万ドル(約1665億円)が含まれており、最終通過までは多難が予想される。これに先立ち24日、ホワイトハウス予算局は議会に書簡を送り、「これ以上F22の追加購入は必要ない」と伝えている。オバマ大統領はこれを「防衛産業界の利益のため」と受け取り、就任後初めて議会に対し拒否権を行使する模様だ。


---核の傘の信頼性を 米知日派米下院公聴会---
2009.6.26 20:56
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090626/amr0906262057013-n1.htm

 【ワシントン=有元隆志】米知日派の代表格であるジョセフ・ナイ元国防次官補とマイケル・グリーン元国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長は25日、日本をテーマにした下院外交委員会アジア太平洋小委員会の公聴会で証言し、北朝鮮の核開発に対応するうえで、日本への「核の傘」を含めた「拡大抑止」の信頼性を高めることが必要と強調した。
 ナイ氏は核軍縮を支持しながらも、「核兵器の数を減らすことで、拡大抑止の信頼性に疑問を招くことにならないようにすべきだ」と語った。そのうえで「拡大抑止は単に(米軍の)能力だけでなく信頼性にも焦点をあてることが重要だ」と訴えた。
 グリーン氏も、ブッシュ前政権が日本人拉致問題で進展もないまま北朝鮮へのテロ支援国家指定を解除したため、「米国の拡大抑止の信頼性は、大きく傷ついた」と指摘。「米国が本当に北朝鮮に立ち向かう気があるのだろうかと疑問に思う日本人が多くなった。信頼性が不足しているだけに、注意深く対応する必要がある」と述べた。
 「核の傘」を含む拡大抑止をめぐっては、今月中旬の米韓首脳会談の共同声明にも明記されるなど、米国内で議論が深まっている。先ごろ訪日したフロノイ国防次官も、検討中の核戦略の指針「核体制の見直し」で、日本など同盟国と緊密に協議する方針を示した。
 一方、ナイ氏は日本の民主党について、「日米同盟強化に懐疑的立場を表明してきた。日本政界の不確実性は今後数年間続き、同盟関係に摩擦を引き起こすだろう」との見通しを示した。グリーン氏も「民主党は政権移行のための計画がなく、安全保障政策をめぐる党内対立から、政権を取ってもいつまで続くか不透明だ」との厳しい見方を示した。


---F22生産継続法案可決、対日輸出検討条項も---
2009年6月26日12時18分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090626-OYT1T00536.htm

 【ワシントン=小川聡】日本の次期主力戦闘機(FX)の最有力候補の一つである最新鋭ステルス戦闘機「F22」を巡り、米下院は25日午後(日本時間26日未明)、12機を追加調達するための初期費用3億6900万ドル(約353億円)や対日輸出検討を命じる条項を含む2010会計年度国防予算権限法案を可決した。
 米上院軍事委も同日、7機を追加調達する費用17億5000万ドル(約1675億円)と輸出検討条項を含む上院版の同法案を可決した。


---米下院:「F22増産」を可決 オバマ政権との対立激化---
毎日新聞 2009年6月26日 12時02分
http://mainichi.jp/select/world/america/news/20090626k0000e030063000c.html

 【ワシントン及川正也】米下院は25日の本会議で、2010会計年度(09年10月~10年9月)国防予算の大枠を決める総額5504億ドルの国防権限法案を圧倒的な賛成多数で可決した。同法案には最新鋭ステルス戦闘機F22増産のための初期費用や日本への輸出仕様機の検討を求める条項が含まれている。一方、上院軍事委員会もこの日可決した同法案で下院と同様の条項を盛り込んだ。オバマ政権はF22の増産を拒否する方針で、議会との対立が一段と先鋭化した。
 上院の権限法案は7月に本会議で審議される。F22機の増産数は下院が12機、上院が7機と異なり、仮に上院で可決されても両院協議会での一本化が必要だ。ロイター通信によると、両院協議会は9月になる見通し。
 オバマ政権はF22の調達を予算措置した187機で打ち切り、今後の予算付けは認めない方針。国防総省はF22増産を認める法案が議会を通過した場合、「大統領の拒否権を招く」と警告している。
 下院案にはこのほか沖縄の米軍普天間飛行場移設施設について「安全基準を満たさない場合は受け入れられない」とする条項があるが、オバマ政権はこれも批判し、安全に配慮した上で日米合意通りに実施する方針。


---次期主力戦闘機:F22日本輸出に米国防次官は慎重---
毎日新聞 2009年6月26日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090626ddm002010087000c.html

 浜田靖一防衛相は25日、防衛省でフロノイ米国防次官と会談した。浜田氏は航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)の選定に関し、防衛省が最有力候補としてきた戦闘機F22を例に挙げ、「情報が十分でない部分があり、実務者協議を進めたい」と要請した。
 ただ、フロノイ氏は同日、米国大使館で毎日新聞などと会見し、FXの選定問題について、「日米共同でどういう航空能力を持てるかという広い視野から決定を下すべきだと日本側に伝えた」と述べ、米国が機密保持の観点から国外流出に慎重なF22導入に、日本が固執すべきではないとの認識を示した。【古本陽荘、仙石恭】


---F22生産継続には拒否権…米大統領、議会に書簡---
2009年6月25日14時36分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090625-OYT1T00569.htm

 【ワシントン=小川聡】日本の次期主力戦闘機(FX)の最有力候補の一つである最新鋭ステルス戦闘機「F22」を巡り、米下院軍事委員会が生産を継続させる内容の2010会計年度国防予算権限法案を可決したことに対し、ホワイトハウスは24日、同法案への拒否権発動を検討する意向を議会に書簡で通知した。
 米行政管理予算局が公表した同法案に対する書簡では、F22を12機追加調達する初期費用3億6900万ドル(約353億円)を増額修正した条項について、「最終的な法案がこの条項を含んでいたら、大統領の上級顧問たちは拒否権発動を進言する」としている。
 一方、同法案には、米海兵隊普天間飛行場のキャンプ・シュワブ移設に関し、移設を事実上認めない条項も含まれている。書簡はこの条項も取りあげ、「反対する。(日本との)国際合意を危険にさらす」と指摘し、強い懸念を示した。


---日米合意「危機」と警告 オバマ政権、下院法案に---
2009年6月25日 11時27分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009062501000187.html

 【ワシントン24日共同】米ホワイトハウスは24日、下院軍事委員会が17日可決した2010会計年度(09年10月~10年9月)の国防権限法案に沖縄の米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設計画に事実上反対する条項が盛り込まれたことについて「日米合意を危機にさらす」と警告、修正を求めた。
 オバマ政権が権限法案への見解をまとめた声明で明らかにした。06年の米軍再編に関する日米合意を堅持するオバマ政権の方針があらためて鮮明になった。
 また、声明は最新鋭ステルス戦闘機F22についても、法案が新たに12機調達する条項を含むことに強い反対を表明。オバマ大統領による拒否権発動も辞さない考えを示した。法案をめぐる政権と議会の駆け引きは激しさを増しそうだ。
 普天間飛行場の移設をめぐる法案の条項は「最低限の飛行安全性」を要求し、現行計画では滑走路の長さなどが足りないとの軍事委の認識を示している。これに対し声明は「現計画は日米2国間交渉の末に合意されたもの」と強調し、見直しを要求した。


---F22調達、日本の初期負担2200億円 米軍試算をロイター報道---
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090623AT2M2302923062009.html

 【ワシントン=弟子丸幸子】ロイター通信は22日、米空軍の試算として、日本が米最新鋭戦闘機F22を調達する場合、日本側が初期費用として約23億ドル(約2200億円)を負担する可能性があると伝えた。日本向けモデル開発費の名目になるという。国防総省高官が2007年の段階で試算した輸出モデルの開発費と比較し、2倍超の金額に相当する。
 F22は日本の次期主力戦闘機(FX)の有力候補で、高い機密性から米国内法による禁輸規定の対象となる。米国防総省は4月にF22の新規調達を停止する方針を決定。海外への輸出が解禁されない場合、F22の生産は中止となる。生産施設のある地元選挙区の雇用問題を懸念する米議員からは、日本への輸出解禁論が出てきている。
 ロイター通信によると、日本向けの開発費が高額になるのは、生産ラインの維持費や機密保持のための費用などが含まれるため。40機を調達すると仮定した場合、開発費を含めた総額は116億ドル(約1兆1000億円)。これとは別に、訓練費、予備部品関連費などがかかる可能性があるとしている。(19:50)


---F22の対日輸出検討を要求 米下院軍事委、修正条項を可決---
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090621AT2M2002020062009.html

 日本が次期主力戦闘機(FX)の有力候補に据える米最新鋭戦闘機F22を巡り、米下院軍事委員会が2010会計年度(09年10月~10年9月)国防予算権限法案の中に「対日輸出の可能性の検討」を求める修正条項を盛り込んだことが明らかになった。F22には米国内法に禁輸措置があるものの、修正条項では日本に限定して政府に輸出検討を促した。
 修正条項はコネティカット州選出のジョー・コートニー下院議員(民主)が提案、委員会で可決した。同法案の成立後、30日以内に「輸出仕様」の価格や、改正が必要となる現行法など5項目について議会に報告するよう国防長官に要求している。成立には本会議での採択と大統領の署名が必要となる。
 米議会では地元選挙区の雇用問題を背景に、F22の生産継続を求める声が拡大、その一環として同盟国への輸出を認める機運が出始めている。米上下両院が 18日までにそれぞれ可決した09会計年度(08年10月~09年9月)補正予算案でも、F22の「輸出仕様」の研究開発に予算を使うことを容認するくだりが盛り込まれた。(ワシントン=弟子丸幸子)(20日 19:58)

カブドットコム元社員らに課徴金

カブドットコム元社員らに課徴金納付が決った。
カブドットコム証券の元社員の男性らがTOBに関する未公開の情報を
もとに自社株を買い付けたとして、金融庁は、インサイダー取引で
元社員に44万円、その知人に38万円の課徴金を納付するよう命じた。

二人で約1130万円の買付けで、82万円の課徴金らしい。
以前の報道でも利益は数十万円とのことだったから、おこづかいを没収
されたくらいにしか思っていないのだろう。

小規模のバブルが繰返す中で、業績優先、雇用問題で倫理が置き去りに
されているように思う。法令順守しない会社は業務停止にするような
厳しい法律が必要になりつつある。


---カブドットコム証券元社員ら2人に課徴金 金融庁---
2009年6月26日19時43分
http://www.asahi.com/national/update/0626/TKY200906260278.html

 インターネット証券大手のカブドットコム証券の元社員の男性らが株式公開買い付け(TOB)に関する未公開の情報をもとに自社株を買い付けたとして、金融庁は26日、金融商品取引法違反(インサイダー取引)で元社員に44万円、その知人に38万円の課徴金を納付するよう命じた。
 金融庁などによると、元社員は同証券に勤務していた07年、同じグループの三菱東京UFJ銀行が同証券株をTOBで取得することを社内メールなどで知り、公表前に2人で約60株を計約1130万円で買い付けた。いずれも事実関係を認めているという。


---金融プロ、相次ぐ株不正 欠く倫理観「氷山の一角では」---
2009年6月22日0時54分
http://www.asahi.com/business/topics/economy/TKY200906210198.html

 証券会社の社員や銀行員によるインサイダー取引事件がやまない。証券市場の公正さをゆがめて私利に走る金融のプロたちに投資家は不信感を募らせるが、業界は「防止策は限界がある」と頭を悩ませる。背景に金融業界をめぐる雇用や職場環境の「変質」を挙げる専門家もいる。
 「氷山の一角では」。大手生保の運用担当者は、そんな疑念を口にする。
 金融機関は取引先の株価を左右する重要情報の宝庫だ。野村証券元社員は企業合併・買収(M&A)の助言を行う部署、あおぞら銀行員は融資審査の担当部署。中核部門の社員らによる不正も目立つ。
 彼らに共通する“特徴”を感じる捜査関係者もいる。「『なぜ見つかったか』ばかり気にし、自分の不正が会社や市場にどれほど悪影響を及ぼすか想像もしていない」。証券取引等監視委員会の中堅幹部は、あきれ顔で話した。
 日本証券業協会は昨年10月、加盟社に社員の株取引について内規を設けるよう要請し、全国銀行協会も各行に内部管理体制の整備を求めた。多くは研修を充実させるなど防止策を強化した。ただ「悪意を持った行員の不正を完全に防ぐことは不可能」(銀行大手)との本音も漏れる。
 高い職業倫理が求められるプロたちの不正発覚がやまないのはなぜか。
 甲南大法科大学院の平山幹子准教授(経済刑法)は「05年に課徴金制度が導入され、摘発そのものが増えたことも一因」と話す。
 監視委は、悪質なインサイダー取引は検察に刑事告発し、不正利益が少ないケースなどは課徴金の納付を命じるよう金融庁に勧告する。行政処分である課徴金制度は、裁判に向け膨大な証拠を必要とする告発に比べ、立証が容易で調査期間も一般に短い。「以前は見過ごされていた少額取引の摘発も増えた」(平山准教授)という。
 元三井銀行員の作家・江波戸哲夫さんは「雇用や職場環境が激しく変化し、金融マンの倫理観すら大きく狂わせた」とみる。
 日本の大手銀行や証券会社は90年代後半の金融危機を克服し、この数年は拡大路線に転換。中途採用や外国人社員が増える一方、正社員でも終身雇用は崩れ、成果主義が進んだ。「『会社は自分の人生を守ってくれない』『隣の社員は敵』。そんな環境では、会社への信頼感や忠誠心が薄れても仕方がない」
 関西大の森岡孝二教授(企業社会論)は「単に不正防止のルールや監視を強化しても効果はあがらない」と指摘する。「同僚と助け合い、仲間を思いやりながら働くという基本的な労働環境づくりこそ重要。成果主義やノルマ優先の企業文化をあらためて見直す時期ではないか」(富田祥広)

2009年6月27日土曜日

新生、あおぞら銀 合併再報道

新生、あおぞら銀の合併がまた報道された。
新生銀行とあおぞら銀行が合併する方向で最終調整していることが分かった。
実現すれば、総資産が十八兆円を超え、国内六位の大手行が誕生する。
 両行は共同持ち株会社の傘下にぶら下がる方式を検討してきたが、
統合効果を早く得るため、一気に合併する方式を選んだとみられる。

また、合併の報道がされた。
あおぞら銀行の4月の発表では、報道先行のような文章だったが、6月の
発表では、議論を認めている。
報道の通り、大筋合意と言うことだろう。
あおぞら銀行の現役行員によるインサイダー取引の疑いが報道されても、
新生銀行は合併の話合いは続けるようだ。それだけ、生き残りが厳しい
と言うことかもしれない。


---新生銀・あおぞら銀:直接合併で効果急ぐ 不安残る収益基盤---
毎日新聞 2009年6月26日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/biz/news/20090626ddm008020082000c.html

 新生銀行とあおぞら銀行が来年秋にも直接合併することで基本合意した。直接合併を選択したのは、当初検討した「共同持ち株会社を設立した後に合併」するより、早期に統合効果を発揮できると判断したためだ。両行は金融危機で業績が大幅に悪化しており、統合の成果を極力早く示す必要に迫られている。合併で首脳陣も刷新し、再建を目指す方針だが、脆弱(ぜいじゃく)な収益基盤など合併後の経営は不安を残す。【清水憲司】
 合併後の新社長には、一時国有化された足利銀行(本店・宇都宮市)前頭取の池田憲人氏(61)に就任を打診。池田氏は横浜銀行出身で、足利銀の再建を託されて、実績を上げた手腕を評価した。
 新生、あおぞら両行は当初、10年夏に共同持ち株会社を設立、傘下の両行が11年中に合併する方向で検討していた。この案は一定時間をかけ両行の融和を図る狙いもあったが、1年程度は両行が併存し、重複店舗の統廃合などの効率化が遅れかねない懸念があった。
 09年3月期連結決算の最終(当期)損益は新生銀が1430億円の赤字、あおぞら銀が2425億円の赤字に転落。経営は厳しく、これまで投入された公的資金(新生銀約2200億円、あおぞら銀約1800億円)返済のめども立たないため、「業績回復には最初から合併し、効率化に直ちに取り組む必要がある」と判断した。
 両行はいずれも筆頭株主が米投資会社。海外投資で多額の損失を出したため、「国内回帰」を表明した。
 だが、破綻(はたん)した旧長信銀が前身の両行は店舗網が手薄で、国内の営業基盤が弱い。合併で費用削減は図れても、稼ぐ力をどこまで引き上げられるかは不透明だ。両行は公的資金の再投入の申請も検討しているが、合併が公的資金の早期返済につながる保証はない。


---新生・あおぞら銀合併へ 金融危機が再編迫る---
2009年6月26日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20090626-OYT8T00399.htm

海外投資で巨額損
 新生銀行とあおぞら銀行が2010年秋の合併に向けた最終調整に入り、世界的な金融危機が日本の主要銀行に再編を迫ることになった。
 両行は国内向けの金融サービスを柱に生き残りを図る。合併新銀行の社長として、足利銀行前頭取の池田憲人氏(61)に就任を打診しており、金融庁前長官の五味広文氏(60)を役員に招聘(しょうへい)する案も浮上している。

ビジネスの限界
 新生銀とあおぞら銀は、いずれも高度成長期に企業に長期資金を供給する目的で作られた長期信用銀行が前身だ。両行とも1998年に一時国有化され、米投資ファンド主導で再生を目指してきた。
 しかし、昨秋の金融危機以降、米リーマン・ブラザーズ関連の損失処理など、海外投資の損失が膨らんだ。さらに金融危機の影響で、重要な資金調達手段である法人向け金融債の発行中止を余儀なくされた。かつての長信銀は少ない店舗しか持たず、預金に代わり大半の資金を金融債で集めてきたが、このビジネスモデルは限界に達した。
 09年3月期連結決算の税引き後利益は、新生銀が1430億円の赤字、あおぞら銀が2425億円の赤字に陥り、両行とも財務体質が悪化。財務の健全性を示す自己資本比率は、新生銀が前期末より3・39ポイント低い8・35%、あおぞら銀が2・69ポイント低い11・60%と大幅に下がった。
 公的資金の返済もめどが立っておらず、新生銀は2169億円、あおぞら銀は1793億円を抱えたままだ。金融界には「公的資金の返済に道筋を付けたい金融庁が、両行の再編を積極的に後押しした」(大手行幹部)との見方もある。

国内個人向け
 両行は合併による規模拡大と、国内個人向けビジネスの強化で生き残りを図るとの戦略を描く。
 しかし、両行の預金口座数は合計しても約270万口座にとどまり、三菱東京UFJ銀行の約4000万口座や、みずほ銀行の約2500万口座に大きく水をあけられている。店舗数も少なく、似かよった銀行同士の合併に、金融界では「顧客基盤の弱さは変わらず、合併しても課題はそのまま残る」(野村証券金融経済研究所の守山啓輔氏)との指摘が根強い。収益力を高める確かな戦略を立てられるかどうかが、合併後の大きな課題となる。
 今後、焦点になりそうなのが地方銀行との連携だ。合併新銀行は、長信銀時代から培ってきた高い運用力を誇る一方で、資金調達力が乏しい。これに対し、地銀は預金が豊富に集まるが、運用力は弱い。双方にとって補完関係が期待できる。
 また、経営陣に、足利銀行の再建にあたった池田氏や金融界に精通した五味氏を招くことができれば、対外的な信用も増す。
 一方、新生銀は米投資グループのJCフラワーズが発行済み株式の30%強、あおぞら銀は米投資会社のサーベラスが議決権ベースで50%強を握っており、合併新銀行でも両者が当面、大きな影響力を維持する見通しだ。両行は、大株主となった外資系投資会社の意向で経営陣が代わるたびに事業戦略が揺れ動いてきただけに、大株主の動向も注目される。(関根晃次郎)


---新生銀、あおぞら銀 来年合併で最終調整 国内6位に---
2009年6月25日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2009062502000229.html

 業績不振が続いている新生銀行とあおぞら銀行が来年中に合併する方向で最終調整していることが二十五日分かった。実現すれば、総資産が十八兆円を超え、中央三井トラスト・ホールディングスを抜き、国内六位の大手行が誕生する。細部の交渉が詰められた段階で発表する見通し。
 双方とも企業向けの金融を柱としており、統合で経営資源を集中、競争力の強化を目指すとみられる。
 両行は共同持ち株会社の傘下にぶら下がる方式を検討してきたが、統合効果を早く得るため、一気に合併する方式を選んだとみられる。
 新生銀は旧日本長期信用銀行が前身で、一九九八年に破綻(はたん)して一時国有化された。二〇〇〇年に米投資ファンドのリップルウッドが買収し、新生銀の名称となった。一方のあおぞら銀は旧日本債券信用銀行が前身。九八年に破綻して一時国有化された。〇一年一月にあおぞら銀の名称に変更した。
 交渉は大株主である外資系投資ファンドの意向もあり、曲折も予想される。
 新生銀は海外での融資で多くの損失を出した反省に基づき、国内業務中心の銀行への回帰で再生を図る方針を示しており、あおぞら銀との合併で収益体質の構築を加速するとみられる。


---新生銀行:あおぞら銀行と10年合併で合意---
毎日新聞 2009年6月25日 11時47分(最終更新 6月25日 12時25分)
http://mainichi.jp/select/biz/news/20090625k0000e020038000c.html

 新生銀行とあおぞら銀行が来年中に合併することで基本合意したことが25日明らかになった。7月上旬にも発表する見通し。両行は金融危機の影響で業績不振に陥り、再建に向けた経営統合交渉を進めていた。合併後の経営トップは外部の銀行経営経験者を起用する方向で調整しており、地方銀行との連携強化も検討している。
 新生銀は旧日本長期信用銀行、あおぞら銀は旧日本債券信用銀行が前身で、破綻(はたん)した旧長信銀同士の合併となる。合併後の総資産の合計は約18兆円(新生銀11.9兆円、あおぞら銀6.1兆円)。中央三井トラスト・ホールディングスを上回り、国内銀行業界で6位の規模となる。
 両行はこれまで来年夏をめどに共同持ち株会社を設立し、その後に合併する方式を検討してきたが、統合効果を早期に出す狙いから直接合併に踏み切る。両行は合併比率1対1を軸に、来年10月にも合併する方向で最終調整している。
 合併で重複店舗の解消などの効率化を進めるほか、海外投資に重点を置いた従来路線を転換。資金運用などで地銀との連携強化を図り、国内事業を柱に再建を目指す方針。合併後の経営安定化のため、公的資金の再投入を申請することも検討している。
 両行の筆頭株主は新生銀がJCフラワーズ、あおぞら銀がサーベラスと、いずれも米投資ファンド。外資傘下で経営してきたが、海外の証券化商品への投資などで多額の損失を抱え、09年3月期決算は新生銀が1430億円、あおぞら銀が2425億円の最終(当期)赤字に転落した。【清水憲司】

◇新生銀行
 旧日本長期信用銀行が前身。98年10月に破綻、一時国有化された。00年に米リップルウッドなどが買収し、新生銀行に。現在はリップルウッドとともに買収資金を出したJCフラワーズが筆頭株主。

◇あおぞら銀行
 旧日本不動産銀行(後の旧日本債券信用銀行)が母体。98年12月に破綻、一時国有化された。00年にソフトバンクなどに買収され、あおぞら銀行となった。03年にサーベラス傘下に入った。


---新生・あおぞら銀、統合へ基本合意 国内6位に浮上---
2009.6.25 10:46
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090625/fnc0906251047006-n1.htm

 経営統合交渉を進めていた新生銀行とあおぞら銀行が来年中に統合することで基本合意したことが25日、明らかになった。7月初旬にも正式発表する。世界的な金融危機で両行とも平成21年3月期決算で大幅な赤字を計上。統合により財務基盤を強化し、生き残りを図る。統合後の総資産は18兆円を超え、中央三井トラスト・ホールディングスを抜き国内6位に浮上する。
 新生銀には、米投資ファンドのJCフラワーズが発行済み株式の33%を出資する一方、あおぞら銀には米サーベラスが議決権ベースで50%超を出資している。合併後の主導権をめぐって交渉が難航していたが、出資比率などで大筋合意したとみられる。
 人事については外部の銀行経営の経験者にトップ就任を打診しているほか、新生銀の八城政基社長の処遇についても最終的な調整が進められているもようだ。
 新生銀の前身は、旧日本長期信用銀行で、あおぞら銀の前身は旧日本債券信用銀行。いずれもバブル経済崩壊後の10年に経営破綻(はたん)し、一時国有化された。米投資ファンドなどが経営に参画。両行とも企業向け金融専門のビジネスモデルからの転換を進めてきた。
 新生銀は消費者金融を買収して個人向け業務に特化したものの、21年3月期決算では1430億円の最終赤字を計上。あおぞら銀も主力の企業再生や不動産関連業務が不振で、同3月期に2425億円の最終赤字を計上した。
 新生銀とあおぞら銀は最終調整に入っており同日、それぞれ「両行の将来のあり方について議論しているが、現時点で決定した事実はない」とのコメントを発表した。


---あおぞら銀行 ニュースリリース---
平成21年6月25日
http://www.aozorabank.co.jp/about/newsrelease/2009/article/09062501_n.html

本日の一部報道について

 本日、当行と株式会社新生銀行の合併に関する一部報道がなされました。当行と新生銀行が両行の将来のあり方について議論を行っていることは事実ですが、現時点で開示すべき具体的な決定事実はございません。
 なお、当行では適時開示事項に関しては機関決定等の後すみやかに開示する態勢となっています。

以上

2009年6月26日金曜日

高額報酬の果て

高額報酬の果てを見たようだ。
金融庁は、シティバンク銀行に対し、資金洗浄防止体制に不備があった
として、一部業務停止と業務改善命令を出した。

シティバンクは、プライベートバンキングの不備で言われた
「業績優先で何でもあり」の体質は未だ変わっていないようだ。

公的資金注入されているにも関わらずRBSのCEOは高額報酬のようだし、
オバマでなくとも金融関係者の強欲さにヘキレキするだろう。

日本でも金融屋と言われた住友銀行の磯田一郎がいた。
磯田にかわいがられたのが、西川善文で、現在、日本郵政社長として
強欲さを見せつけている。面の皮がとても厚い。
西川善文の強欲さは死神を吹き飛ばしたが、死神は、強欲さを中途
半端に公表するのではなく、強欲さを規制する政策を作ったほうが
より評価が上がったと思う。


---シティバンク銀行:社長が陳謝 日本での事業展開に打撃も---
毎日新聞 2009年6月26日 20時36分
http://mainichi.jp/select/biz/news/20090627k0000m020075000c.html

 シティバンク銀行のダレン・バックリー社長は26日会見し「対策が甘かった。問題を解消していなかったことを深くおわびする」と陳謝した。問題となったデータベースはすでに大幅に更新したといい、今後は法令順守対策の担当者を増やすなどの措置を取る方針を示した。
 金融危機で経営が悪化したシティグループは、日本事業の大幅な見直しに着手。傘下の日興コーディアル証券や日興アセットマネジメントの売却を進める一方、シティバンクは再建に向けた中核事業の一つに位置づけている。今回の処分は日本での事業展開に打撃となりそうだ。【小倉祥徳】


---シティバンク銀行:資金洗浄防止体制に問題 金融庁が処分---
毎日新聞 2009年6月26日 20時17分(最終更新 6月26日 20時30分)
http://mainichi.jp/select/biz/news/20090627k0000m020066000c.html

 金融庁は26日、米金融大手シティグループの日本法人、シティバンク銀行に対し、資金洗浄(マネーロンダリング)防止体制に不備があったとして、一部業務停止と業務改善命令を出した。体制に不備のあった個人金融部門を営業活動停止1カ月とし、来月15日から1カ月間、個人部門で口座開設や金融商品の広告、宣伝活動を停止するよう命じた。また、内部管理体制の整備も命じた。
 シティの日本法人は、04年9月にも富裕層向けの資産管理(プライベートバンキング)部門で資金洗浄と疑われる取引の口座を開設したとして、金融庁から拠点の認可取り消しなどの処分を受けた。金融庁によると、同行は04年の処分以降も、資金洗浄の疑いがある口座を検出するデータベースを更新しておらず、疑わしい取引のある口座を発見できない状態が続いていた。昨年8月に行員の指摘で発覚。金融庁が調査を求めたところ、暴力団関係者らの口座数百件が見つかったという。
 金融庁は、過去の処分で求められた資金洗浄防止のための体制整備が不十分だったとして、営業停止を含めた厳しい処分に踏み切った。また、7月末までに業務改善計画を提出し、経営陣の責任明確化や管理体制の整備を求めた。【井出晋平】


---金融庁がシティ銀処分、マネーロンダリング監視体制に不備---
2009年6月26日20時17分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090626-OYT1T00889.htm

 金融庁は26日、米金融大手シティグループの日本法人、シティバンク銀行に対し、マネーロンダリング(資金洗浄)の監視体制に不備があったとして、個人向けの広告や勧誘などの業務を7月15日から1か月間停止するよう命令した。
 同行が資金洗浄対策の不備で処分を受けるのは2004年に続き2回目だ。
 ただ、自主的に来店した顧客に対する預金受け付けや投資信託販売は認める。
 金融庁によると、シティバンク銀は、前回の処分を受けて構築したシステムへの情報入力をほとんど行わず、国への報告義務がある「疑わしい取引」を報告する体制を整備していなかった。報告されていない「疑わしい取引」の口座数は数百件に上るという。


---公的資金注入で経営再建のRBS、CEOの巨額報酬が判明---
2009.06.22 Web posted at: 19:03 JST Updated - CNN
http://www.cnn.co.jp/business/CNN200906220029.html

(CNN) 金融危機の中で英国政府から公的資金注入を受けた銀行大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)の経営再建問題で、英経済紙フィナンシャル・タイムズは22日、ステフェン・へスター最高経営責任者(CEO)の報酬が約1580万米ドル(約15億2000万円)の巨額に達していたことが分かったと報じた。英政府の承認も得たとしている。

年俸は約200万ドル、330万ドル相当の現金以外のボーナス、ストックオプションなどとなっている。ただ、経営再建に失敗するなど手腕を発揮出来なかった場合は、報酬なしとの契約条項が入っているという。

RBSは同紙の報道にコメントしていない。へスターCEOは昨年11月、経営破たんを招き、引責の形で退任したフレッド・グッドウィン前最高経営責任者の後継として就任した。従業員約9000人の合理化、37億ドルの経費削減などの再建策を打ち出していた。

RBSは昨年10月、経営悪化を受け、政府から金融支援を受け、前CEOはこの後に辞任していた。同銀は今年2月、英企業としては過去最高の年間赤字を発表もしている。しかし、前CEOに与えられる年間の年金が終身で総額約65万ポンド(約9500万円)に達することがその後、判明し、英政府や国民から強い反発を受けていた。

スコットランドの中心都市エディンバラにある前CEOの自宅が襲われ、窓ガラスと、停めてあったメルセデス・ベンツ製リムジンの窓ガラスが割られる事件も起きていた。グッドウィン氏は年金問題で、辞任後に契約上、保証されていた特権を既に多く放棄しているとの理由で年金の辞退を拒否していたが、最近、年間額の3分の2を返上することに合意している。


---バンカメ:メリルリンチ合併で「圧力感じた」 CEO証言---
毎日新聞 2009年6月12日 11時11分
http://mainichi.jp/select/biz/news/20090612k0000e020026000c.html

 【ワシントン斉藤信宏】米金融大手バンク・オブ・アメリカのルイス最高経営責任者(CEO)は11日、財務省や米連邦準備制度理事会(FRB)が証券大手メリルリンチとの合併に関して圧力をかけたとされる問題について米下院政府改革委員会で証言した。ルイスCEOは「脅された覚えはないが、金融システム危機への配慮を求められるなど圧力を感じた」と述べ、08年12月にメリルとの合併撤回を当局に打診した際、暗に思いとどまるよう求められたことを明らかにした。
 ただ、メリルの巨額損失について株主に説明しないよう圧力をかけられたとされる点については「情報を開示しないよう迫られたことはなかった」と否定した。同委員会のタウンズ委員長は「脅迫の疑いが完全に晴れたわけではない」として、FRBのバーナンキ議長とポールソン前財務長官を証人として呼ぶ意向を示した。
 ルイスCEOは米メディアのインタビューに対し、「バーナンキ議長とポールソン長官(当時)がメリルとの合併を迫った」と発言。米金融当局が反論する騒動になっていた。


---メリルリンチ買収で当局から圧力 バンカメCEOが証言---
2009年6月12日 09時04分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009061201000138.html

 【ニューヨーク11日共同】米金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)最高経営責任者(CEO)のケネス・ルイス氏が11日、米議会で証言し、昨年決めた証券大手メリルリンチの買収に絡んで米財務省と米連邦準備制度理事会(FRB)から「圧力を受けた」ことを明らかにした。
 バンカメは今年1月、傘下に収めたメリルに関して約153億ドル(約1兆5千億円)の巨額損失を計上。米議会は、バンカメが米財務省などの圧力で株主の利益に反する意思決定を強いられたのではないかと問題視し、ルイス氏を召喚した。
 昨年12月時点でメリルが巨額損失を出すことを把握し、買収の撤回を検討したというルイス氏は、撤回を強行した場合には同氏を含むバンカメ経営陣の入れ替えを金融当局者から示唆されたことを明かした。
 ただ、当時は証券大手リーマン・ブラザーズが破綻した余波で金融市場の混乱が拡大中だった。ルイス氏は「メリルが倒産すれば世界の金融システムが崩壊の脅威にさらされかねなかった」と述べ、金融当局者の強引な姿勢に理解を示した。


---ウォール街の「強欲」にくさび オバマ政権が報酬規制を発表---
2009.6.11 21:07
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090611/amr0906112110009-n1.htm

 【ワシントン=渡辺浩生】米財務省は10日、公的支援を受けた金融機関や企業の幹部に対する新たな報酬制限を発表した。ただ、人材流出を懸念するウォール街に配慮して、具体的な金額の上限設置は見送られた。報酬規制の強化を嫌って金融機関は公的資金返済を急いでおり、実効性には不透明な部分も多い。政府はすべての金融機関を対象にした透明性のある報酬制度の確立も急ぐ考えだ。
 オバマ政権は、目先の利益に連動したウォール街の報酬慣例が、低所得者向け高金利型住宅ローン(サブプライムローン)に絡む高リスク取引に走り、「現下の金融危機を引き起こす大きな要因となった」(ガイトナー財務長官)と指摘、報酬規制の強化を金融制度改革の柱にしている。
 財務省が発表した規制は、金融安定化法の公的資金枠から5億ドル以上の支援を受けた社の上級幹部の賞与を、年間報酬額の3分の1以下に抑えるもの。上位5人の上級役員と、報酬額で上位20人の幹部を制限の対象にしている。
 また、米同時中枢テロの犠牲者補償基金で特別管理人を務めたケネス・フェインバーグ氏を報酬監督官に任命。大規模救済を受けた企業の報酬慣例が、株主や納税者の利益に反していないかどうかを監視する。国有化される自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)や、実質公的管理下にある金融大手シティグループなどが対象となる見込みだ。
 オバマ大統領は「巨額の利益を求めてリスクを他者につかませるウォール街の強欲さ」を批判してきた。2月には、大規模支援を受ける企業の上級幹部の報酬上限を50万ドルとする厳格な規制案を発表している。
 しかし、報酬への政府介入が強まれば「最良の人材が海外の競争相手に一挙に奪い取られる」(米紙ウォールストリート・ジャーナル)とウォール街は反発。政権内部にも「米金融産業の競争力低下は避けるべきだ」という声が上った。


---公的救済企業対象に「報酬監視官」 米政府が賞与抑制策---
2009年6月11日13時38分
http://www.asahi.com/international/update/0611/TKY200906110143.html

 【ワシントン=尾形聡彦】米財務省は10日、政府が救済した金融機関や自動車大手の高額報酬を制限するために「報酬監視官」を任命するとともに、救済企業の最高幹部らのボーナスを年間報酬の3分の1以下に抑える対策を発表した。また、すべての上場会社で株主による経営陣の報酬の監視を強める方針も示し、米議会に法制化を求めた。
 米政府は昨秋の金融危機以降、7千億ドル(約69兆円)の公的資金枠を用意して、金融大手や自動車大手などを救済してきた。しかし、救済された金融大手が幹部に高額なボーナスを支払っていたことが今年に入って分かり、米議会や国民の怒りが拡大。米政府は対策を検討していた。
 10日に発表された対策では、公的資金を投入された企業のうち、特に救済規模の大きい企業の報酬を監視する監視官を設置。経営陣や特に給与の高い社員の給与を、監視官に承認させることにした。ただ、2月時点で政府が打ち出していた年間50万ドル(約4900万円)の報酬の上限は撤廃した。現行では、シティグループやゼネラル・モーターズ(GM)などが監視対象になる。
 一方、企業全般に対する対策も盛り込んだ。米証券取引委員会(SEC)を通じ、すべての上場企業に、株主総会の際に幹部の報酬を公開させ、株主が投票できるようにする。投票に拘束力はないが、報酬が透明化することで、経営陣が高額報酬を自制する可能性もありそうだ。


---米政府、役員報酬の規制に指針 公的資金で特別監督官---
2009年6月11日 11時34分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009061101000278.html

 【ニューヨーク10日共同】米政府は10日、公的資金投入を受けた金融機関や自動車大手などの役員報酬を規制する新たな指針を発表、役員報酬を監視する「特別監督官」に、米中枢同時テロの犠牲者向け補償基金を管理していたケネス・ファインバーグ氏を任命することを明らかにした。
 高額報酬への批判が強いため、報酬のルールを明確化。経営陣など高額報酬者は、その会社の総報酬額の3分の1以下に抑えるなどする。
 特別監督官は、経営陣と高額報酬の上位100人の受け取る金額が適正かどうかを承認する。金融大手シティグループや自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)など7社が対象となるという。
 また、政府は企業役員の高額報酬に歯止めをかけるため、すべての企業に年次株主総会で役員報酬の妥当性について投票を促し、企業の報酬委員会の独立性の強化も明らかにした。

C130 パイロット退官増加

C130のパイロットが大勢退官したようだ。
航空自衛隊の操縦士が、昨年まで三年連続して、それ以前の四倍以上に
当たる毎年二十人ずつ自衛隊を辞めていることが分かった。

先を見ても役職に就けず、将来性がない。
体力の限界。
その他、取材による理由らしい。

パイロットは、機体に愛着があり、転属により、操縦できなくなると
退官する者も多いと聞く。
パイロットは、バグダッドより帰任すると、教育支援や世代交代のため、
転属される場合が多くなったのかもしれない。そうなれば、ストレスと
情熱が薄れたことにより、退官するのではないかと思う。


JASDF イラク派遣 女性パイロット


JASDF C-130 Low Pass


---3年連続20人退官 空自操縦士 イラク空輸から急増---
2009年6月23日 朝刊
編集委員・半田滋
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009062302000046.html

 航空自衛隊の「花形」とされる操縦士が、昨年まで三年連続して、それ以前の四倍以上に当たる毎年二十人ずつ自衛隊を辞めていることが分かった。退官者が急増した時期は、イラクの首都バグダッドへの空輸が実施されたタイミングと重なる。防衛省は「イラク空輸と退官者増の因果関係は不明」としているが、「ゆゆしき事態」として調査に乗り出した。
 防衛省人事計画・補任課によると、航空自衛隊の操縦士は例年数人の退官者がおり、二〇〇四年は三人、〇五年は五人で推移していたが、〇六~〇八年は毎年二十人に急増した。操縦士の退官者増は空自だけにみられる傾向で、陸上、海上自衛隊に変化はないという。
 退官理由は「家業を継ぐ」「一身上の理由」のほか、「自信がなくなった」という人もいた。戦闘機操縦士と輸送機操縦士の退官者の割合は「過去と同程度」(防衛省)という。
 空自の操縦士は約千七百人で、いずれも幹部自衛官。大量退官により、戦闘機操縦士としての勤務期間を延ばすなど、人事面の影響が出ている。
 退官者が急増した〇六年は、イラク特措法にもとづき、クウェートを拠点にC130輸送機が空輸活動を実施していた。同年七月からは週二回のバグダッド運航が始まり、〇八年十二月の撤収前には週三便の日もあった。
 操縦士の育成には二年の月日と約五億円の費用がかかる。同課は「事態は深刻。どんな問題があるのか現役の操縦士から事情を聴いてみたい」という。

◆『任務は待機…やりがいない』
 「大空を駆けめぐりたい」という夢をかなえながら、なぜ退官が相次いでいるのか。
 F15などを操る戦闘機操縦士は「日本防衛」の最前線に立つ「花形」。日本に接近する航空機への緊急発進は、冷戦期のピーク時には一千回近くあった。しかし、ここ数年は二百回程度。「任務は待機」に変わった。退官者の中には「やりがいがない」と言い残した操縦士もいるという。
 ポストの問題を挙げる元操縦士も。戦闘機操縦士は全国に七個ある航空団(那覇は航空隊)に配属されている。航空団司令やその上部の航空方面隊司令はかつて操縦士の指定席だったが、他の職種からの就任が増え、操縦士は少数派に転じた。米国など他国の空軍が操縦士を優遇しているのをみると落胆は大きいようで、元操縦士は「超音速と荷重で体はガタガタ。将来を考えると夢がない」と話す。
 輸送機の操縦士は戦闘機操縦士からの転換組が多い。名古屋高裁が昨年四月、「戦闘地域」と認定したバグダッドへの空輸は、ミサイル警報が鳴り響く中、急旋回などを余儀なくされた命がけの任務で、積み荷の八割以上は米兵だった。政府の「非戦闘地域で人道支援を行っている」との説明に、ストレスを募らせる隊員もいた。

ファラ死亡

ファラ・フォーセットさんが死亡した。
米CNNによると、1970年代に米国などで放送された人気テレビドラマ
「チャーリーズ・エンジェル」に主演し、セックスシンボルとして一世を
風靡した女優、ファラ・フォーセットさんが死去した。

闘病生活が報じられてから、私生活の暴露が報道され、本当に公開が必要か
問題になった。
特殊な大腸がんだったようだ。
「死ぬのはもっと先だ」と医者がマスメディアに言っていたが、その時は、
小康状態だったようだ。
ここから、ご冥福お祈りします。
I am sorry to your loss.

Farrah Fawcett's Cancer Story

Fawcett Has Rare Anal Cancer


Farrah Fawcett documentary screens in the US



Farrah's Story Documentary Premiere


---ファラ・フォーセットさん死去 チャーリーズ・エンジェルなどで一世を風靡---
2009.6.26 02:14
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090626/amr0906260216001-n1.htm

 【ニューヨーク支局】米CNNによると、1970年代に米国などで放送された人気テレビドラマ「チャーリーズ・エンジェル」に主演し、セックスシンボルとして一世を風靡(ふうび)した女優、ファラ・フォーセットさん(62)が25日、死去した。
 フォーセットさんは末期がんの闘病中で、22日には長年交際を続けてきた俳優のライアン・オニールさんからの求婚を受け入れ、結婚することが明らかになったばかりだった。


---Actress Farrah Fawcett Dead at 62---
Thursday, June 25, 2009
http://www.foxnews.com/story/0,2933,529080,00.html?test=faces

Farrah Fawcett, the multiple Golden Globe and Emmy-nominated American actress best known for her role as the vivacious Jill Munroe in the 1970s television series “Charlie’s Angels,” died in a Santa Monica hospital. She was 62.

Her spokesman, Paul Bloch, confirmed that the iconic actress died Thursday morning at 9:28 a.m. PDT.

Her long-time partner Ryan O'Neal told People magazine Thursday, "She's gone. She now belongs to the ages ... She's now with her mother and sister and her God. I loved her with all my heart. I will miss her so very, very much. She was in and out of consciousness. I talked to her all through the night. I told her how very much I loved her. She's in a better place now."

Other "Charlie's Angels" stars paid tribute to her.

"Farrah had courage, she had strength, and she had faith. And now she has peace as she rests with the real angels," Jaclyn Smith said.

Said Cheryl Ladd: "She was incredibly brave, and God will be welcoming her with open arms."

Her former producer Craig Nevius told FOXNews.com, "She will be remembered as
the modern Mona Lisa and so much more. I will remember her as my friend."

Fawcett was diagnosed with anal cancer in September 2006 and, despite going into remission and enduring extensive chemotherapy and surgery both in the U.S. and Germany, it was revealed earlier this year that the cancer had spread to her liver. She stopped receiving treatment in May.

Fawcett documented the trials and tribulations of her battle with cancer in the NBC documentary "Farrah’s Story."

FAST FACTS: Farrah Fawcett Biography
Born in Corpus Christi, Texas, in 1947 to a homemaker and an oil field contractor, Fawcett was encouraged to pursue a career in Hollywood while attending the University of Texas at Austin after her photo as one of the “Ten Most Beautiful Coeds” landed on the lap of a Los Angeles publicist. After scoring a string of commercials for consumer products and a few small television roles she finally hit the big-time with “Charlie’s Angels.” But Fawcett, eager to pursue greater acting challenges, left the show after just one season.

FAST FACTS: Highlights of Farrah Fawcett's Career

The blond beauty soon became the all-American face of her generation when she posed in a red one-piece bathing suit for a poster that became an item of pop culture history and has reportedly sold over 12 million copies. Blessed with a flawless figure and stunning smile, Farrah also had a full head of thick blond wavy hair that took on a star-status of its own; the “Farrah Do” became the most requested style by women across the world.

RELATED: Click here to read about Farrah's influence on a generation.

"In the beginning her hair certainly captured the world and just about every man. She took that position and reinforced it with talent and did some really chancy rolls and became a good actress, and I think a lot of people were surprised," actress Jacqueline Bissett told FOXNews.com.

"But just seeing her moving around at parties and seeing her sitting on a barstool with a kind of pizzazz and just her charm and her light was what I’ll always remember. She always just had this fresh quality and a very clean quality."

RELATED: Click here for all of FOXNews.com's coverage of Farrah Fawcett's life and work.

In 1973, Fawcett married "The Six Million Dollar Man" actor Lee Majors. During the years they were married, she changed her name to Farrah Fawcett-Majors. The couple separated in 1979, at which point she changed her name back to Fawcett. They divorced in 1983.

Post-"Angels," Fawcett went on to tackle an abundance of dramatic screen and stage roles and caused a major stir by appearing nude in Playboy’s December 1995 issue, which became the highest-selling issue of the 1990s.

RELATED: Behind the Iconic Farrah Fawcett Red Swimsuit Poster

"Farrah is just very special, inside and outside she was beautiful, smart, funny and a fighter,” her best friend and film producer, Alana Stewart, said. “She was quite an amazing woman. She's been my friend for 30 years and I've been very proud to have been involved with her.”

In September 2006, Fawcett, who at 59 still maintained a strict regimen of tennis and paddleball, began to feel strangely exhausted. She underwent two weeks of tests and was told the devastating news: She had anal cancer.

O'Neal, with whom she had a 17-year relationship, again became her constant companion, escorting her to the hospital for chemotherapy.

"She's so strong," the actor told a reporter. "I love her. I love her all over again."

She struggled to maintain her privacy, but a UCLA Medical Center employee pleaded guilty in late 2008 to violating federal medical privacy law for commercial purposes for selling records of Fawcett and other celebrities to the National Enquirer.

It's much easier to go through something and deal with it without being under a microscope," she told the Los Angeles Times in an interview in which she also revealed that she helped set up a sting that led to the hospital worker's arrest.

Her decision to tell her own story through the NBC documentary was meant as an inspiration to others, friends said. The segments showing her cancer treatment, including a trip to Germany for procedures there, were originally shot for a personal, family record, they said. And although weak, she continued to show flashes of grit and good humor in the documentary.

"I do not want to die of this disease. So I say to God, 'It is seriously time for a miracle,"' she said at one point.

Fawcett is survived by her partner O’Neal, and 24-year-old son Redmond O’Neal, who is currently serving a sentence for possession of illegal drugs in Pitchess Detention Center in Castaic, Calif.

Just last week, O'Neal told Barbara Walters that he intended to marry Fawcett "just as soon as she [could] say yes."

Of their son Redmond — who was unable to be by his mother's side when she passed — O'Neal said he asked Fawcett to "please forgive him, that he was so very, very sorry."


---ファラ・フォーセットさん感動の闘病物語…に思わぬ「水」---
2009.5.16 10:25
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090516/amr0905161036004-n1.htm

 【ニューヨーク=松尾理也】米テレビドラマ「チャーリーズ・エンジェル」などで70年代から80年代にかけて一世を風靡(ふうび)しながら、現在はがんで死のふちにある米女優、ファラ・フォーセットさん(62)の闘病生活を追ったドキュメンタリー番組が15日、米国で放送された。死に直面したフォーセットさんが生の意味を問い直す感動的な内容だが、放送直前になってこの番組制作にかかわったテレビプロデューサーと、長らくパートナーの関係にある俳優のライアン・オニール氏との間に訴訟が勃発(ぼっぱつ)。せっかくのドラマに水を差す展開となっている。
 ロイター通信などによると、訴えたのは、今回の闘病ドキュメンタリーを制作したプロデューサーのクレイグ・ネビアス氏。「フォーセットさんの承諾のないまま、オニール氏が勝手に内容を編集し直した」と非難するとともに、自分自身が「オニール氏の関係者によって」フォーセットさんと連絡を遮断された状態に置かれている、と主張している。
 番組は「ファラの物語」と題され、治療を受けて豊かだった髪が抜け落ちたフォーセットさん自身の姿など、ショッキングな映像が含まれることで話題を呼んでいる。
 フォーセットさんは2006年にがんと診断され、07年に全快を宣言したが、その後再発した。

 訴えに対し、オニール氏側は「ファラが命をかけて闘っているときに起こされた心ない訴えに驚いている。彼女がこんな訴えが起こされた事実を知らないでいることを望む」とコメントした。
 オニール氏は映画「ある愛の詩」(1970年)などで知られる。フォーセットさんとは長く同棲(どうせい)関係にあり、現在も看病を続けている。一方で、07年には息子に発砲したとして逮捕され、08年には違法薬物所持が発覚するなど、私生活の乱れでも知られている。

2009年6月25日木曜日

核通過優先で領海制限

領海制限は核通過の密約らしい。
日本には一般的な12カイリの領海幅ではなく、3カイリの領海幅が適用
されている場所が5カ所ある。これは、核兵器を搭載した米国の空母を
通過させるための両国間の密約によるものだと報じた。
3カイリが適用された海峡は、津軽海峡のほかに北海道とサハリンの間の
宗谷海峡、九州南方の大隈海峡、そして対馬海峡の東水道・同西水道。

戦後の日米間の密約が多々報道される。
期限が過ぎたから漏らしているのか、与党への批判なのか意図は不明。
カラオケ「かぐや姫」の件で、外務省はカウンターインテリジェンスを
さらに強化すると言っていた記憶があるが、そう言う目から見ると
密約漏洩は外務省からの意図的な漏洩とも見れる。
中曽根弘文になってから、報道が増えていると思う。
中曽根弘文が意図的に流しているとも思えないが、もしかしたら、
一部の(元)北米関係の役人とうまく言っていないのかもしれない。


---日本の「内海上の公海」、その陰には核の密約か---
共同通信が報道
東京=辛貞録(シン・ジョンロク)記者 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/news/20090623000027

 本州と北海道の間に横たわる津軽海峡など、日本には一般的な12カイリの領海幅ではなく、3カイリの領海幅が適用されている場所が5カ所ある。これは、核兵器を搭載した米国の空母を通過させるための両国間の密約によるものだ、と共同通信が21日付で報じた。
 領海12カイリ基準を適用した場合、核兵器を搭載した米軍の空母が日本の領海を通航することになり、日本政府の「非核3原則」と正面からぶつかるからだという。非核3原則は「核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず」という原則。領海幅12カイリを適用した場合、「持ち込ませず」の原則に背かざるを得なくなる。
 共同通信が複数の外務次官経験者の証言を基に報じたところによると、1960年の日米安全保障条約改定の際、両国政府間に密約が存在し、日本政府はこれにより領海幅を縮小、核搭載空母が通過する主な海峡を意図的に公海にしておいたという。
 こうして領海幅3カイリが適用された海峡は、津軽海峡のほかに北海道とサハリンの間の宗谷海峡、九州南方の大隈海峡、そして対馬海峡の東水道・同西水道だ。この5カ所は日本が1977年に領海法を制定した際にも、領海幅3カイリがそのまま適用される海域として残った。これに対し日本政府は、これまで「主要な海峡について、自由通航を促進するため」と説明してきた。冷戦崩壊後、米軍は核兵器を搭載した空母が日本に寄港する場合は戦術核兵器を降ろしてから寄港しているが、原子力潜水艦は戦略核を搭載したままこの「内海上の公海」を通過しているものとみられる、と共同通信は報じている。


---核通過配慮を否定---
2009年6月22日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2009062202000198.html

 中曽根弘文外相は二十二日午前、閣議後の記者会見で、政府が宗谷、津軽など五つの重要海峡内に公海部分を意図的に残したのは、米軍の核搭載艦船による核持ち込みを政治問題化させないためだったとする報道について「軍事的な観点からではない」と否定した。
 中曽根氏は「海洋国家、先進工業国として国際交通の要衝である海峡での商船、大型タンカーの自由航行が、総合的な国益から不可欠だと判断し、海峡での領海を三カイリとした」と、通商上の判断だと説明した。


---核通過優先で5海峡の領海制限 元外務次官証言---
2009年6月21日 16時27分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009062101000321.html

 政府が宗谷、津軽など五つの重要海峡の領海幅を3カイリ(約5・6キロ)にとどめ、法的に可能な12カイリ(約22キロ)を採用してこなかったのは、米軍の核搭載艦船による核持ち込みを政治問題化させないための措置だったことが21日、分かった。政府判断の根底には、1960年の日米安全保障条約改定時に交わされた核持ち込みの密約があった。複数の元外務事務次官が共同通信に証言した。
 これらの海峡は、ソ連(現ロシア)や中国、北朝鮮をにらんだ日本海での核抑止の作戦航行を行う米戦略原子力潜水艦などが必ず通らなければならないが、12カイリでは公海部分が消滅する海峡ができるため、核が日本領海を通過することになる。
 このため、核持ち込み禁止などをうたった非核三原則への抵触を非難されることを恐れた政府は、公海部分を意図的に残し核通過を優先、今日まで領海を制限してきた。表向きは「重要海峡での自由通航促進のため」と説明してきており、説明責任を問われそうだ。
 外務次官経験者によると、領海幅を12カイリとする77年施行の領海法の立法作業に当たり、外務省は宗谷、津軽、大隅、対馬海峡東水道、同西水道の計5海峡の扱いを協議。60年の日米安保改定時に密約を交わし、米核艦船の日本領海通過を黙認してきた経緯から、領海幅を12カイリに変更しても、米政府は軍艦船による核持ち込みを断行すると予測した。
 そこで領海幅を3カイリのままとし、海峡内に公海部分を残すことを考案。核艦船が5海峡を通過する際は公海部分を通ることとし、「領海外のため日本と関係ない」と国会答弁できるようにした。(共同)

2009年6月24日水曜日

ヘイトクライム

米国でヘイトクライムが目立つらしい。
初めてのアフリカ系大統領が誕生したことや、経済危機が影響して
いるとの指摘も聞かれる。
・ホロコースト博物館で黒人警備員男性を射殺
・コネティカット州の大学:女子学生がユダヤ人であることを理由に射殺
・ニューヨーク市のユダヤ教施設の爆破未遂事件

昔から「ユダヤ人支配だ」と主張してきた金融界が今の不況の発端
「『誰かのせい』にしたくなる土壌ができつつある」とのこと。
陰謀説はいつも絶えることはない。
差別を行なう側から、差別を受ける側に変わり、その不満が違った側に
向く。人間は、生まれながらに、欲望(差別、暴力等)を持ち、法による
統治から、個人が理性によって欲望を制御すると言う思想もあるが、
社会からはみ出したもの同士が、ネットで意気投合し、共闘する状況が
現実のようだ。

米国土安全保障省は「極右思想を持った一匹おおかみや、小さな秘密結社
による国内テロは、我が国にとって最も危険な脅威だ」と報告。
一部のマスメディアによると、
「思想を矯正すれば良いと言う理念は間違いで、ネットの一人の書込みが
憎悪を増大させるケースのほうが多い」と言う。
兵器が簡単に手に入る環境で、気に入らないから銃で人を殺す米国と
わざわざ特殊ナイフを購入し、死刑のために殺人をする日本。
何か違いがあるのだろうか。

「バカとはさみは使いよう」とよく言われるが、ネット創設期は、
「尋ね人」「献血」等善良(?)に使われたが、一般化され、利便性が
よくなるにつれて、犯罪の温床となり、犯罪を誘発し、現在は扇動する
状況になった。
ネット利用者を記名にすることで、犯罪を低減しようとしたが、韓国を
見ても効果は、目に見ていないようだ。
地域、世代で格差が生まれ、十代ではライフラインに近い。

Stand Alone ComplexやIndividual Elevenは、日米のネット利用状況を
想定したのかな。


Child Porn Found on Von Brunn's Computer The Associated Press


First Person: Fellow Holocaust Guard Speaks Out The Associated Press


Obama effect in Washington DC Holocaust Museum shooting?


---米国:人種差別、上院が謝罪…黒人奴隷解放から144年---
毎日新聞 2009年6月21日 9時53分
http://mainichi.jp/select/world/america/news/20090621k0000e030005000c.html

 【ワシントン及川正也】米上院は18日、奴隷制度(1865年廃止)と人種差別の象徴となったジム・クロウ法(1964年廃止)で苦痛を味わったアフリカ系米国人(黒人)に対し、公式に謝罪する決議を全会一致で採択した。下院では昨年、同様の決議を採択しているが、黒人初のオバマ大統領が誕生したことを受け、上院でも採択した形だ。
 決議では「奴隷制度や人種差別の根本的な不法、残虐さ、残忍さや残酷さ」を認め、「米国民を代表してアフリカ系米国人に謝罪する」としている。昨年の下院決議も同様の内容で、下院は近く改めて決議を採択する。
 米国では1865年の南北戦争終結後の黒人解放にちなみ、6月19日は「奴隷解放の日」と呼ばれ、上院決議はその前日に採択された。ただ、拘束力はなく、連邦政府の法的補償なども避けている。


---米で人種・民族憎悪犯罪目立つ オバマ政権や不況影響か---
2009年6月21日1時1分
http://www.asahi.com/international/update/0620/TKY200906200158.html

 【ニューヨーク=田中光】米国で、人種や出身地、民族などを理由に少数派を標的にする「ヘイトクライム」(憎悪犯罪)が今年に入って目立ちつつある。初めてのアフリカ系(黒人)大統領が誕生したことや、経済危機が影響しているとの指摘も聞かれる。
 「オバマは、ユダヤ人によってつくられた。オバマはユダヤ人の言われた通りに動いているだけだ」。米メディアによると、今月10日、首都ワシントンのホロコースト(ユダヤ人大虐殺)博物館で警備の黒人男性を射殺したとして逮捕された男(88)は、こんなメモを車に残していた。
 男は「米国がユダヤ人に支配されている」と妄信し、ホロコーストも実際は起きていないと主張するなど、典型的な白人至上主義者で、憎悪犯罪での逮捕歴もあった。
 このほかにも最近は、コネティカット州の大学で、女子学生がユダヤ人であることを理由に射殺されたり、ニューヨーク市でユダヤ教施設の爆破未遂事件があったりした。
 米連邦捜査局(FBI)によると、07年の憎悪犯罪総数7624件のうち、「対黒人」が2658件、「対ユダヤ人」は969件だった。
 アラバマ州に拠点を置く人権団体によると、極右グループは08年現在で、926団体にのぼり、最近は増加傾向にあるという。「非白人移民の増加が主な理由」というが、「黒人大統領の登場も影響している」と分析する。
 極右勢力が昔から「ユダヤ人支配だ」と主張してきた金融界が今の不況の発端となったことが、こうした勢力の動きを活発化させているとの指摘もある。ノートルダム大のマクベイ教授は、大恐慌時代も排斥主義者が増えたといい、「極右思想でもなんでもない人が『誰かのせい』にしたくなる土壌ができつつある」と分析する。

 水面下の勢力も懸念される。米国土安全保障省はこの春、「極右思想を持った一匹おおかみや、小さな秘密結社による国内テロは、我が国にとって最も危険な脅威だ」とする報告書をまとめた。
 ホロコースト博物館での事件も単独犯とみられている。ピッツバーグ大のブリー教授は「昔の極右は組織に属していたが、今は違う。思想でつながるだけで、明確な指示系統はない」と指摘する。


---Hungarian far-right activist facing terror charges---
June 21, 2009
http://jta.org/news/article/2009/06/21/1006022/hungarian-far-right-activist-faces-terror-charges

BUDAPEST (JTA) -- Hungary arrested a far-right activist and leader of the country's neo-Nazi movement on terrorism charges.

Gyorgy Budahazy, who was charged on several counts of arson and instigation to murder, has declined to cooperate with the investigation and threatened to counter-sue the attorney general.

Hungarian investigators believe they have established a link between Budahazy and the terrorist organization Hungarian Arrows, which has claimed responsibility for several recent arson attacks. The name of the organization is a reference to the Hungarian Arrow-Cross, a Nazi military organization that murdered tens of thousands of Jews during the Holocaust.

Budahazy was present last week at the signing of collaboration accords between Jobbik, a Hungarian neo-Nazi party, and several radical rightist youth organizations.

Budahazy is believed to have established a terror unit in 2007 to spread fear among leftist politicians. Shots fired at the home of Istvan Hiller, the Socialist education minister, and an arson attack on the property of Janos Koka, a Liberal politician and the minister of commerce at the time, allegedly were intended to influence parliamentary debate on health-care reforms and the national budget.

Hungarian Arrows is blamed for these as well as three similar attacks and other incidents.

Budahazy's arrest is the fifth linked to a police raid on a house in April that uncovered an arsenal of weapons and a bomb-making factory, including several devices thought to have been intended for use on the homes of politicians.


---Grieving for 'Another Victim of an Evil . . . Mentality'---
Holocaust Museum Guard Is Honored
By Keith L. Alexander and Hamil R. Harris
Washington Post Staff Writers
Saturday, June 20, 2009
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/story/2009/06/19/ST2009061901106.html

The slaying of U.S. Holocaust Memorial Museum guard Stephen T. Johns was the latest sign that discrimination and racism remain as potent as ever, ministers at the security officer's funeral said yesterday.

About 2,000 mourners filled the pews of Ebenezer AME Church in Fort Washington to pay tribute to Johns, who was fatally wounded June 10. The guard had opened a museum door for white supremacist James W. von Brunn, 88, who then walked in with a rifle and shot him, authorities allege.

The Rev. John L. McCoy, senior pastor of Word of God Baptist Church in the District and the family's minister, said the museum had one more victim of hatred.

"The hope of the Holocaust museum was that the world would never again allow such crimes against humanity. Yet Officer Johns is another victim of an evil, criminal, pygmy and insane mentality," McCoy said. "Officer Johns now belongs to the six million-plus who perished in the Holocaust."

Several ministers urged the mourners to use Johns's death as a reminder to voice their objections when they encounter racism, whether at work or with friends. With many African Americans and Jews at the service, the Rev. Grainger Browning Jr., pastor at Ebenezer, said that "the same hate that created slavery was the same hate that caused the Holocaust."

Johns's bronze coffin arrived at the church about 8:15 a.m. in a white hearse and was carried in by an honor guard of officers. Two security guards were posted on either side of the open coffin as mourners approached. Several officers, including colleagues from the Wackenhut security firm, saluted it as they passed. Large Redskins floral arrangements surrounded it, a homage to the native Washingtonian and Redskins fan. When the coffin was closed, people stood in respect.

Johns was dressed in a cream linen suit. A toy butterfly lay on the pillow next to him.

His family filled 18 pews, and the sobs of his wife, Zakiah, wafted through the church. The two had celebrated their one-year anniversary last month. John's 11-year-old son, Stephen Jr., rested his head on his mother's shoulder.

Among the mourners were Interior Secretary Ken Salazar and former defense secretary William S. Cohen and his wife, Janet, who were at the museum the day of the shooting. Police officers and dignitaries from local and federal law enforcement agencies filled the church.

Separately, Prince George's County police had been on alert after Ebenezer received several protest threats from anti-Semitic groups. The protests, however, never occurred.

The funeral program included copies of a handwritten letter from 9 1/2 -year-old Riley Grisar of Las Vegas. Riley was at the museum June 10, and Johns was the first person he met when he entered. Riley said Johns had joked with him about having to confiscate the coins in his pocket. Riley saluted Johns's "bravery" and said Johns "saved many lives, including mine."

Evelyn Gambell, 67, did not know Johns but left her Bladensburg home at 5:30 a.m. to come to the church and pay her respects. "This touched my heart. I had to come," Gambell said. "We live in a cruel world, but I believe he's resting in the arms of the Lord."

Nesse Godin, 81, one of several Holocaust survivors at the service, said Johns and the other officers would greet her and other volunteers with a kiss on the cheek and a hug each morning when they arrived.

"He was a wonderful man," she said.

The museum was closed until 3 p.m. yesterday to allow busloads of employees and volunteers to attend the funeral. Museum officials said they were reviewing what kind of memorial to create in Johns's honor at the museum.

Rabbi Tamara Miller, director of spiritual care at George Washington University, was in the emergency room when Johns was brought in. "I felt compelled to come here today not just as a rabbi, but as a Jewish person who gave comfort and care that was a light on what was a very dark day."

After the funeral, members of Johns's family gathered outside the front doors of Ebenezer and were presented with a folded American flag by an honor guard. As he left the church, Stephen Johns Jr. held the flag to his chest.


---Some suspect conspiracy in Holocaust Museum case---
June 16, 2009 -- Updated 2334 GMT (0734 HKT)
By Mike M. Ahlers CNN
http://edition.cnn.com/2009/CRIME/06/16/museum.shooting/

WASHINGTON (CNN) -- To most, the evidence against alleged Holocaust Museum shooter James von Brunn may seem overwhelming.

Surveillance camera video.
Eyewitness accounts.
Von Brunn's red Hyundai parked outside.
Ballistics.

But to some people in Von Brunn's e-mail chain and Web circles, there's a darker truth.

They say the June 10 shooting at the U.S. Holocaust Memorial Museum may be a "false flag" operation. The incident could have been staged by one group, perhaps what they describe as the Jewish-controlled U.S. government, to make it appear to be the actions of another group -- in this case, von Brunn and others who believe Jews exercise too much control in the United States.

In other words, von Brunn could have been set up, they contend.

Where others see meaningless coincidence, members of "Ghost Troop," an online group of writers and investigators bent on disproving official versions of the September 11, 2001, attacks and other major events, have a penchant for seeing what they argue is meaningful evidence. Where others see the smoke of understandable and inevitable inconsistency, they see fire.

Ghost Troop members are trying to build the case that von Brunn, an ardent believer in conspiracy theories, was himself the victim of a conspiracy.

Ghost Troop's center of focus until now has been the 2001 terrorist attacks. The museum shooting has opened yet another window into the thinking of a group that believes many highly public and publicized events are rarely what they appear to be.

"It's possible that he [von Brunn] might have been enticed to the Holocaust Museum," said Ghost Troop member William Fox. Fox said that Israeli intelligence agents could have shot security officer Stephen Johns, then shot von Brunn, then planted the rifle.

"Today's shootings at the DC Holocaust Museum bear some of the classic earmarks of a false flag operation," wrote conspiracy theorist Eric May on the Web site amfirstbooks.com.

"Mind you, I'm not asserting that this is a false flag operation, but neither am I discounting the possibility. I exhort Internet researchers to look into this carefully and publish results," May wrote.

An Embassy of Israel official in Washington, informed of the Ghost Troop speculation, declined comment, saying it deserved none.

May is founder of Ghost Troop, which he describes as an informal group of more then 300 ex-military and civilian volunteers who "thwart false flag attacks and other criminal activity by the administration."

May wrote that the 9/11 attacks were "in all likelihood an 'inside job,' a collaborative effort between high-level U.S. government insiders and the Israeli Mossad."

He wrote he also thinks the same about the Madrid, Spain, train bombing in 2004 and the London, England, bombings in 2005.

"These false flag attacks are used to justify further U.S. and Israeli military interventionism and other geopolitical goals," May wrote.

Ghost Troop bloggers also have speculated about the timing of the appearance of "666" in the Illinois State Lottery, saying the number could be a signal to others for nefarious purposes.

In an interview Friday, May said that von Brunn corresponded with him from 2006 to 2009, and distributed May's writings to others. But von Brunn was not a Ghost Troop member, May said.

"I came to regard him as one of my readers and critics," May said. "I believe he was an eccentric and brilliant man. I thought he was bigoted. We shared many views, but his view [on race] is not one of them."

May said he was initially surprised by von Brunn's alleged involvement in the museum shooting, saying that von Brunn "never threatened direct action, although he sometimes commented or made allusions to how there needs to be an uprising."

Now, May said, his "theory, but not conviction [is] that this was a staged event, a contrived shooting."

The reasons he feels that way: The government has not released videotape, a former high-ranking government official was at the shooting scene, a North American Aerospace Defense Command exercise was planned for the day of the incident and there were discrepancies between the number of shots some witnesses recalled hearing and the number of bullet casings found at the shooting scene.

(Unless witnesses are being sought, governments rarely release videotapes before a trial. Former Defense Secretary William Cohen was near the entrance to the museum, where he was to see a performance of his wife's play later that day. Witness descriptions of shootings frequently differ from evidence. NORAD exercises are held every few months in Washington.)

Finally, May said, the Holocaust Museum shooting "didn't seem like the kind of operation he would have done if he had decided to go on what in effect was a homicide/suicide mission."

Fox, like May, said he is not certain the Holocaust Museum attack is a "false flag" operation. But, he added, "This is so incredibly convenient for [Homeland Security Secretary] Janet Napolitano and the Jewish lobby to have this happen right now." He said Napolitano's job was in danger because she implied that returning veterans were susceptible to influence from terrorists.

"It's not all black and white. I believe along with the captain [May] that most of the official story is true." But "malevolent forces are trying to spin this to the max. They love to take incidents like this to amplify them to the max," he said.

Fox said he was suspicious that the museum shooting could be a false flag operation because a person with von Brunn's military experience should have been able to stage a more forceful assault on the building. He is also suspicious because the government has not released surveillance video of the incident.

"Where are the videos? Have you seen any video evidence yet? That's interesting, don't you think?" he said.

U.S. Attorney's Office spokesman John Roth said prosecutors "have very strict guidelines with regards to what we can and cannot produce in a pretrial setting." The guidelines are designed to prevent prejudicing potential jurors, he said.

"It's for the protection of the defendant more than anything else," Roth said.

"In the normal course, these things are introduced at trial and made publicly available," he said.
Asked if he was participating in a coverup, Roth said, "No."


---FBI Seeks to Target Lone Extremists---
JUNE 15, 2009
By GARY FIELDS and EVAN PEREZ
http://online.wsj.com/article/SB124501849215613523.html

The recent killings of a U.S. Holocaust Memorial Museum guard and a Kansas abortion doctor came a few months after the Federal Bureau of Investigation stepped up efforts to pre-empt violence committed by just such political extremists working alone.

"Lone-wolf offenders continue to be of great concern to law enforcement," the agency said in a February memo reviewed by The Wall Street Journal. The FBI is "trying to identify a potential lone wolf before he or she would act out violently," Michael Ward, the bureau's deputy assistant director for counterterrorism, said in an interview earlier this year.

The lone-wolf initiative is one element of a broader strategy to fight domestic terrorism, dubbed "Operation Vigilant Eagle," launched late last year in response to what the memo identified as "an increase in recruitment, threatening communications, and weapons procurement by white supremacy extremist and militia/sovereign citizen extremist groups."

Vigilant Eagle's creation was first reported by the Journal in April.

The memo, and the recent killings, also show the limits of the lone-wolf effort. Both James von Brunn, who is charged with the Holocaust Museum shooting, and Scott Roeder, the man arrested in the murder of George Tiller in Kansas, had openly expressed to associates and on Web sites their extremist views, on anti-Semitism in Mr. von Brunn's case and on abortion in the case of Mr. Roeder. The FBI, in fact, was aware of Mr. von Brunn because of the postings but wasn't tracking him.

Neither man appears to have been active in groups that might have tipped off authorities to the danger. In the search for potentially violent individual extremists, "an emphasis should be placed on the identification of individuals who have been ostracized from a group for their radical beliefs," the FBI memo said. It added that officials should look for "those who have voluntarily left a group due to their perception of the group's inactivity, or those forced from the group for being too extreme and or violent." That description doesn't appear to have fit either Mr. von Brunn or Mr. Roeder.

"The lone wolf is arguably one of the biggest challenges to American law enforcement," said Mike Rolince a former FBI counterterrorism official who spent years focused on domestic extremists. "How do you get into the mind of a terrorist? The FBI does not have the capability to know when a person gets up in middle America and decides: 'I'm taking my protest poster to Washington or I'm taking my gun.' "

While much of the focus in recent years has been on international terrorism and on militant groups, authorities say the lone-wolf syndrome has always been a major concern, borne out by high-profile incidents such as the 1995 Oklahoma City bombing, the 1996 Olympic bombing in Atlanta and the series of bombings carried out over nearly two decades by Theodore Kaczynski, who lived in a remote cabin in Montana.

The stepped-up attention to the issue in recent months is part of a broader worry about rising threats and violence from political extremists. There are no concrete data showing recent trends. The FBI's hate-crime reports are more than a year behind. Still, the most recent data showed that from 2005 to 2007, the number of such incidents rose more than 6%.

In addition to the recent killings in Washington, D.C., and Kansas, recent lone-wolf cases include the killing of a soldier in Little Rock, Ark., last month, allegedly by a converted Muslim extremist, Abdulhakim Muhammad. Last August, a Florida man attending bail-bondsman training was arrested for making threats against then-Sen. Barack Obama and President George W. Bush. And in October, two men who identified themselves as skinheads were arrested in Tennessee where they were plotting to go on a nationwide killing spree targeting African-Americans.

The FBI memo also noted the scant academic study to date of violent individual extremists, and said the agency had recently stepped up efforts to analyze their actions. A study launched in partnership with Harvard University, the memo said, would seek to define characteristics and behavior that signal a potential lone-wolf offender.

Harvard spokesman who contacted various departments to ask about the study said he was unaware of it. The FBI said there was no date for completion.

The FBI memo also called on bureau offices around the country to assess whether the leaders of known extremist groups might be open to cooperating with law enforcement in identifying potential lone offenders. The FBU advised its offices not to initiate contact at this time.

Meantime, the bureau has been working with the U.S. military and with prison authorities to identify people who may raise concerns, hoping that "anyone who would be inclined to act out, we'd have a sporting chance to take any kind of preventative measures we can," Mr. Ward said.

One constraint facing authorities is the need to balance monitoring of potential violent extremists with the protection of a suspect's civil liberties. The memo noted that the study had been cleared by the FBI's "institutional review board, which reviews all FBI research involving human subjects in order to help protect the rights and welfare of those subjects."

"Their hands are tied a little bit," said Heidi Beirich, of the Southern Poverty Law Center, which monitors hate groups. "We have to protect freedom of speech. It's kind of complicated."


---Holocaust museum slaying exposes the hate within---
Posted at 12:22 AM/ET, June 12, 2009 in USA TODAY editorial
http://blogs.usatoday.com/oped/2009/06/holocaust-museum-slaying-exposes-the-hate-within.html

When the United States Holocaust Memorial Museum was being conceived and built in the 1980s and 1990s, some critics questioned the need for such a facility in this country. After all, there was no Holocaust here.

There are many reasons why that skepticism was misplaced. The museum in Washington, D.C., was built so that new generations would learn of the horrors of Nazi Germany, so that older ones would never forget them and so that anti-Semites could not deny them. And it was built to honor the many victims of the Holocaust and to research its causes.

Another answer was provided Wednesday when a deranged, 88-year-old anti-Semitic gunman opened fire at the museum, killing a security guard before being critically wounded himself, police said.

A burst of rage from a geriatric assassin hardly matches Adolf Hitler's systematic slaughter of 11 million people, most of them Jews. But it is a reminder of how pervasive hate remains in dark corners of America, where the elections of the first African-American president and the first black Republican Party chairman feed anger and paranoia on white supremacy websites.

The Southern Poverty Law Center, an Alabama-based civil rights law firm, identified 926 hate groups in the USA in its most recent study this spring.The numbers have been steadily edging up since 2000, when it counted 602. The rise is driven, the group says, by the intense reaction in some quarters to an influx of illegal immigrants.

The hate groups include neo-Nazis, Ku Klux Klan organizations and several other categories. By the center's estimate, roughly 100,000 people participate on a single Internet forum for white supremacists called Stormfront.org.

This is, of course, a tiny fraction of the people involved in such groups when bigotry was openly tolerated and segregation was imposed in Southern states by force of law.

Even so, the shooting shows how bigotry continues to fester in the shadows, only to emerge in a sudden act of violence. And it is reason to be wary - more so now that the Internet gives formerly isolated racists, whether individuals or small groups, a means to stoke one another's smoldering anger. With the ready availability of weapons, even a single person can do enormous harm.

There is something terribly self-reinforcing about someone killing at a place designed to honor those who have died. It is almost as if the accused killer, a convicted criminal named James von Brunn, who has spent decades writing and publishing racist and anti-Semitic material and whose hatred burned late in life, wanted to make a point that people like him need to commit violence to get noticed.


---Holocaust Museum Shooting: Overcoming Violence and Anti-Semitism---
Walter Reich
Former Holocaust Museum Director; Current Professor of International Affairs, Ethics and Human Behavior at George Washington University
Thursday, June 11, 2009; 11:30 AM
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/discussion/2009/06/10/DI2009061003251.html

Dr. Walter Reich, a former director of the Holocaust Memorial Museum, took your questions about about violence and hate crimes, the cultural impact of Holocaust denial and anti-Semitism and more.

Reich, a psychiatrist by training, was the director of the United States Holocaust Memorial Museum from 1995-1998, and is currently the Yitzhak Rabin Memorial Professor of International Affairs, Ethics and Human Behavior at The George Washington University and a Senior Scholar at the Woodrow Wilson Center.
____________________
Palo Alto, Calif.: Would you agree there has seemingly been an increase of high profile hate killings recently? In Kansas an abortion provider, here in Washington at the USHMM, and elsewhere, with key groups under attack...what do you make of this? Follow up question, how do we ensure that the hatemongers are limited in their ability to acquire a platform from which the media re-introduce stereotypes into social consciousness?

Walter Reich: The killing of the abortion provider in Kansas achieved a particularly high profile because of the high and broadly-held feelings regarding abortion. That killing, and the killing yesterday at the Holocaust Museum, don't, I believe, represent a general increase in hate-crimes.

Regarding limiting the ability of persons who carry out these acts to attract an audience: We can't, and certainly shouldn't, limit press-coverage of such acts. I believe that, in 1981, the man who killed the guard at the Holocaust Museum yesterday tried to commit another violent act in order, he said, to be able to have an opportunity to make a public statement of his views.
_______________________

Rockville, Md.: Some loony geriatric acts out with a gun and it becomes a "broad social concern!" Sure there's anti-Semitism here in the land of the free. But the root cause is the same as it was in Germany and France and everywhere else, disenfranchisement of the poor, which has nothing to do with Jews and everything to do with an economic system that prioritizes profits over people!

Walter Reich: Economic issues, as well as many others, contribute in various ways to hate crimes, including anti-Semitic crimes. But economic issues aren't the single "root cause" of such crimes. And with regard to anti-Semitism, many other beliefs contribute to such actions.

_______________________

Washington, D.C.: We all are saddened by the events. As a D.C.-area resident and one that frequents government office buildings I think there is an inherent flaw in the approach to security.

I noticed this as I approach Congressional office buildings. Security is set back in the buildings at and beyond the metal detector. I understand the logic to catch hidden weapons. A casual criminal is deterred by this system. However, others knowing of the security become criminals with blatant intent. They aren't going through metal detectors and are approaching the 1st layer as confrontation. In turn the security folks become sitting ducks.

Recall the Capitol shooting a few years back. The guy made it into the capitol and shoot an officer. More needs to be done outside and approaching the buildings.

Walter Reich: It's always important to find ways to improve security. Every suggestion, such as yours, is valuable, and should be offered to an agency or a building.
_______________________
Washington, D.C.: Is it possible to read the shooter's screeds without going to the Web site he had? I'm often curious about just what motivates people like this to be so hateful, but I feel uneasy about giving their sites traffic. I don't want to be assumed to support such opinions, or to increase site traffic and thereby encourage people of a similar mindset.

washingtonpost.com: We have some quotes from there here -- A Suspect's Long History of Hate, and Signs of Strain -- but not extended excerpts.

Walter Reich: I think it's important that people acquaint themselves with the beliefs of people who carry out acts such as this, or who threaten such acts. And these days, most of those beliefs are on websites of various kinds; they're set up either by the persons who have those beliefs or by organizations that are dedicated to monitoring them. If you're concerned about not wanting to increase the website traffic of these organizations, you can visit the websites that monitor hate groups.
_______________________
Great Falls, Va.: Doesn't the museum have a security checkpoint? Or did this man start shooting before he got to the checkpoint?

Walter Reich: Information about the circumstances of the shooting are in the news story in the Washington Post.
_______________________
Gainesville, Va.: I beg of the Post and other media outlets to spend more time focusing on the victim Stephen Johns and his family than on the idiot who committed this crime. He paid the ultimate price to protect visitors to the museum.

washingtonpost.com: Johns profile: Grief, Shock After 'Outstanding' Guard Loses His Life in the Line of Duty

Walter Reich: Stephen Johns paid the ultimate price. The Post has done good reporting on Mr. Johns, and I hope it does more. I also hope it and other news organizations help the public understand more about the world out of which the shooter comes.
_______________________
Frederick, Md.: At 88-years-old he was old enough to serve in WWII. Did he? If so where (Europe or Asia)? How did he live through that era and still deny the Holocaust?

Walter Reich: Holocaust denial is generally espoused by people who have an anti-Semitic agenda. Sometimes this agenda overlaps, in whole or in part, with an anti-Zionist agenda. The most famous and influential Holocaust denier in the world today is the president of Iran, Mahmoud Ahmadinejad. Facts are irrelevant, or are brushed away, when it comes to Holocaust denial.
_______________________
Capitol Hill: I grew up in California and I honestly never knew antisemitism existed. Then I went to college in Texas and heard the stereotypes of Jewish people for the first time.

I was stunned that people my age truly believed these false generalizations -- things like "Jews control the media" that are just obviously, patently untrue.

So much of racism relies on stereotype. I never heard the stereotypes, so I had no reason to prejudge Jews.

If you could design a curriculum with the goal of eliminating antisemitism (if not all racism), what would it entail? Would you expose the stereotypes as false? Or does that simply extend the lies to a new generation?

Walter Reich: Anti-Semitism is sometimes called "the longest hatred," and I'm afraid that that's true. It has been in existence, often very violently so, for about two thousand years. Many factors have contributed to its persistence, including religious factors. It would be very hard to expunge it, but it would be profoundly wrong not to try--just as it would be profoundly wrong not to try expunging, or at least diminishing, all kinds of racism.
_______________________
Ryde, U.K.: This is slightly off-topic but relevant to the politics of hate. Here in the U.K. a collapse in voter trust gave a chance to a far-right political party in recent elections, and they secured two seats. Dr. Reich, do you think that the recent democratic renewal in the U.S., evident in the high participation in this year's presidential election, may, in time, serve to strengthen American society against the influence of racism?

Walter Reich: Strengthening democracy helps in the struggle against racism. It certainly doesn't eliminate it--but it helps.
_______________________
Richmond, Va.: Do you favor the Government putting gag restrictions on shows like Rush Limbaugh that may be inflaming these sort of acts?

Walter Reich: I'm not in favor of the government limiting free speech unless such speech could have an immediate consequence of causing death or harm--such as yelling "fire" in a crowded theater.
_______________________
Memorial Fund: Do you know if there be a memorial fund establish for Mr. Johns's son?

Walter Reich: I'm afraid I don't know if there is such a memorial fund.
_______________________
In response to Rockville, MD: Anti-Semitism has a long history, going back hundreds (maybe even a thousand?) years in Europe, long before Hitler. It has its roots in religious beliefs that Jews were responsible for the death of Christ (this belief was finally officially denounced by the Catholic Church with Vatican II). Over time it has grown and fed into a whole host of lies concocted by anti-Semites and the like to blame Jews for every possible problem that ever existed. Disenfranchisement of the poor is not by any means a non-factor, but hardly the only factor in this sad tale.

Walter Reich: Alas, anti-Semitism is even older than a thousand years. t's probably twice as old. And yes, many stereotypes have been added to the Christ-killer allegation, such as the belief that the Jews control finance, the media and governments, and such as the belief that the Jews are plotting to control the world. One of the most persistent modern anti-Semitic tracts is the forgery known as "The Protocols of the Elders of Zion," which makes these allegations and continues to be published and read, especially, these days, in the Arab/Muslim world. I understnad that the website of the shooter in the Holocaust Museum included the "Protocols."
_______________________
Fingers crossed: "The most famous and influential Holocaust denier in the world today is the president of Iran, Mahmoud Ahmadinejad."

Hopefully, after tomorrow, he'll be the FORMER president of Iran.

Walter Reich: In some measure because of his statements about wiping Israel off the map and because of his effort toward nuclearization--which would provide the means to do this, as well as cause immense havoc and death in the region and beyond--I hope you're right. But I'm afraid he's not the only Iranian politician with such views and goals.
_______________________
Laurel, Md.: Assuming the suspect is found guilty and goes to prison, he will almost certainly get involved with prison white supremacist gangs, where he will be treated as a hero.

Even if he avoids prison, which seems possible considering his age, he's probably going to be considered a hero amongst people with similar beliefs. How do you deal with that?

Walter Reich: He may well be considered a hero by some white supremacists, though I understand that some have disavowed him.
_______________________
20006: During your tenure as director, was planning for security a large effort, and do you know how much of that changed due to 9/11?

Walter Reich: Institutions that involve Jewish themes are potential targets, of course.
_______________________
Reston, Va: Sadly, the museum will need to beef up surveillance. Perhaps imaging technology would help.

Walter Reich: Any technology that helps stop such attacks must be considered. A balance must always be struck between public safety and the privacy of visitors to a public institution. But public safety is of extreme importance.
_______________________
Washington DC: Perhaps I'm misunderstanding something fundamental, but can you explain why someone with anti-Semitic viewpoints would also be a Holocaust denier? I would think that the opposite would be true, and that they would be proudly supporting the events that occurred 60 years ago. It it as simple as they express those viewpoints when among similar minded people, but realize that such opinions are unacceptable in public?

I was just at the museum on Monday, and while the experience then was powerful, yesterday's events have driven home even deeper the importance of such institutions.

Walter Reich: This is a very important question, and I wish it were possible to respond to it adequately in this format. Alas, it isn't; we have only a couple of minutes to go in this session. In a way, the Holocaust gave anti-Semitism an especially bad image. It showed what anti-Semitism can lead to. That's one of the reasons anti-Semites deny that the Holocaust happened--in a way, to make anti-Semitism less unacceptable. I'm afraid, though, that, after several decades of diminished anti-Semitism following the Holocaust, it has resurfaced, and rabidly so, in several parts of the world, including Europe and the Middle East.
_______________________
Walter Reich: Thanks to all of you for your excellent questions. I wish I were able to respond to all of them, and at length. This is an event that will continue to be in the news for a while--and I hope it provokes more questions and more answers, or at least attempts at answers. Thank you!

Walter Reich
______________________
Editor's Note: washingtonpost.com moderators retain editorial control over Discussions and choose the most relevant questions for guests and hosts; guests and hosts can decline to answer questions. washingtonpost.com is not responsible for any content posted by third parties.


---Holocaust Museum Shooting, Other Recent Attacks Prove Domestic Extremism a Threat---
By Alex Kingsbury
Posted June 10, 2009
http://www.usnews.com/articles/news/national/2009/06/10/holocaust-museum-shooting-other-recent-attacks-prove-domestic-extremism-a-threat.html

A month before a suspected white supremacist walked into the Holocaust Memorial Museum in downtown Washington and opened fire, the Department of Homeland Security warned that domestic right-wing extremism was the most pressing domestic terrorist threat that the country faced.

Conservatives were outraged that the DHS analysts had singled out antiabortion and antitax radicals for scrutiny. But the report was part of a series that DHS compiles on domestic dangers from all sides of the political spectrum, an area that's taken a back seat to overseas threats.

A series of recent incidents shows the prescience of those reports and illustrates the worrying reality that terrorism often comes from inside the homeland. Worse still, the reports caution that such attacks are likely to happen again. In the past two weeks, the country has seen the bombing of a Starbucks coffee shop in New York City, the arrest of four men for allegedly plotting to blow up synagogues and shoot down planes, the shooting of two soldiers at an Army recruitment center in Arkansas, the assassination of a doctor inside a Kansas church, and the shooting at the Holocaust Museum. Although these are not all cases of right-wing extremism, each is an example of domestic terrorism. "We still face threats from al Qaeda," FBI chief Robert Mueller warned Congress in May during a briefing on threats facing the nation. "But we must also focus on less well-known terrorist groups, as well as homegrown terrorists."

The man authorities say was the shooter at the Holocaust Museum, James von Brunn, was a well-known white supremacist who had railed against blacks, Jews, and the power of the federal government. In 1981, Brunn walked into the Federal Reserve Board with a shotgun, according to news reports. In another incident in early April, three police officers in Pittsburgh were killed by another reported white supremacist.

In another recent high-profile incident, George Tiller, a Kansas doctor who performed legal abortions, was shot and killed last Sunday as he stood in the aisle of his church. Scott Roeder, the man charged in Tiller's murder, echoes the DHS report on right-wing extremism. Believed to have been a member of an antigovernment militia in Montana during the mid-1990s, Roeder had a history of railing against taxes and abortion, according to news reports. "We can see from these incidents that the U.S. is not immune from these types of attacks and that a lone gunman or cell can kill just as effectively," says Bruce Hoffman, a terrorism expert at Georgetown University. "But it also shows that those operating outside an organized terrorist network lack the training and tradecraft to make their attacks either sustained or a systemic threat." After the killing, the U.S. Marshals Service was instructed to increase security at the country's abortion clinics.

There was no call to reinforce security at military recruiting stations, however, after Abdulhakim Muhammad allegedly shot two soldiers smoking cigarettes in the parking lot of an Army center in Arkansas. Pvt. William Long was killed and another soldier was wounded. Muhammad was reportedly angry over the wars in Iraq and Afghanistan. On Tuesday, he pleaded not guilty to murder charges.

Four Muslim men also pleaded their innocence before a judge in a White Plains, N.Y., courthouse after being accused of plotting to blow up a pair of synagogues and down military aircraft with a shoulder-fired missile. The feds had been keeping tabs on the men for a year and sold them the missile and explosives, which had been deactivated. The four were reportedly angered over the deaths of Muslims in Afghanistan at the hands of U.S. forces.

The motives are less clear for a bizarre bomb attack early last week that hurt no one but blew out the windows of a Manhattan Starbucks. Police speculate that antiglobalization protesters, who've targeted the coffee chain in the past, may have been responsible. While these latest attacks are examples of more traditional violence, DHS is gearing up for yet another new type of threat: cyberattacks.