2009年7月31日金曜日

ファラの遺産

ファラの遺産が報道された。
・闘病生活を記録した「ファラズ・ストーリー」が、エミー賞の
 ノンフィクション特別部門にノミネート。
・5億円超の信託財産をアルコール中毒で麻薬により刑務所に入った息子に
 毎月のお小遣いを与えることを遺言とした。

周囲から親バカと見られても、ファラからみれば、「手間のかかる子
ほど可愛い」となり、24才にもなる息子の将来を案じて遺言書を書き
直したようだ。
母親がガンで入院中でも薬物不法所持で逮捕されたバカ息子。
「子孫に美田を残さず」と言う言葉がそのまま当てはまるのかもしれない。
元同居者には、なにも残さなかったようだ。すれ違いとはこんなものか。


Farrah Fawcett Diary Fox Providence

---Farrah Fawcett has reportedly has left her entire $6 million dollar estate to her only son, Redmond O'Neal.
Posted by X17online on July 28, 2009 8:40 AM
http://x17online.com/celebrities/farrah_fawcett/farrah_leaves_6_million_to_druggie_son_ryan_gets_nothing-07282009.php

Redmond, 24, is currently in a Los Angeles jail where he is awaiting trial on drug charges. He has had a string of arrests and been in jail several times for drug related offenses.

According to the UK's Daily Mail, the money will be held in a trust and Redmond will be given a monthly allowance. Given his history, this is probably a pretty smart idea!

"Farrah appointed two trustees to make sure the money helps her son sober up rather than giving him the means to destroy himself," a source told the paper. "Redmond's inheritance will be tightly controlled."

According to the terms of Fawcett's will, her longtime companion, Ryan O'Neal will not receive any money from her estate.

Fawcett, 62, died from cancer in Santa Monica on June 25th.

Do you think the money will help her son get clean - or just further fuel his addictions?


---Farrah Fawcett: Farrah Fawcett has been posthumously nominated for an Emmy award---
Posted by admin in Celebrities
Jul 28 2009
http://www.entertainmentandshowbiz.com/farrah-fawcett-farrah-fawcett-has-been-posthumously-nominated-for-an-emmy-award-2009072818352

Actress Farrah Fawcett has been posthumously nominated for an Emmy award for her role as executive producer of special documentary ‘Farrah’s Story’.

The documentary followed her battle against cancer and was aired shortly before she died last month, reports China Daily.

"I know that she is smiling that fabulous smile right now in heaven, and that she is grateful the show has been so well received not only by her peers in the industry but by the public at large," said Farrah’s long-term partner Ryan O’Neal as the awards were announced.

Also former ‘Friends’ star Jennifer Aniston has earned herself an Emmy nomination for her cameo appearance in comedy series ‘30 Rock”.

The NBC comedy has garnered a record-setting 22 nominations, the most for any TV series in history. Actress Drew Barrymore has also been nominated for a best actress Emmy for her role in HBO’’s Grey Gardens.


---Farrah Fawcett will: a trust for Redmond, nothing for Ryan O'Neil---
July 27, 2:07 PM
http://www.examiner.com/x-15135-Celebrity-Families-Examiner~y2009m7d27-Farrah-Fawcett-will-a-trust-for-Redmond-nothing-for-Ryan-ONeil

Details of Farah Fawcett’s have surfaced, showing that she excluded Ryan O’Neal: her longtime on and off again partner.

The actress updated her Will in 2007, after learning her cancer has spread into her liver. The majority of the actress’s $5.5 million estate went to her 24 year old son Redmond.

The Daily Mail reports, "Farrah appointed two trustees to make sure the money supports her son's journey into sobriety rather than giving him the means to destroy himself. Redmond's inheritance will be tightly controlled." O’Neal (who is also Redmond’s Father) will not be one of the trustees.

Redmond, Fawcett’s only child, has struggled with both drug and alcohol addictions. He is currently serving time in a Los Angeles jail, on drug-related charges. Once out, he will be given a monthly allowance from the trust as well as money to buy a home.

Fawcett, who died on June 25, also left some money to Texas University which was her alma mater.


---Farrah leaves her L3m fortune to drug shame son ... but there’s nothing for long-term lover Ryan---
By Caroline Graham
Last updated at 9:20 AM on 27th July 2009
http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1202209/Farrah-Fawcett-leaves-fortune-drug-shame-son---theres-lover-Ryan-ONeal.html;jsessionid=D1A949AE1FAEEA6468686B68A5268DD9

Farrah Fawcett left the bulk of her L3.65million estate to her troubled son Redmond.

The Charlie’s Angels star, who died of cancer aged 62 on June 25, wrote her last will in 2007, shortly after she was told the disease had spread to her liver.

However, the actress chose to leave nothing to Redmond’s father, her long-time love Ryan O’Neal, with whom she had a 15-year relationship which ended in 1997.

The pair were reunited shortly after she was diagnosed with cancer in 2006.
She also left a bequest to her alma mater, Texas University.

In the will, which is due to be released in the next fortnight, Miss Fawcett asked that her son’s inheritance be placed in a trust fund controlled by two executors, who will give him a monthly allowance and money to buy his own home.

Redmond, 24, who has battled drug and alcohol addiction for most of his life, is currently in a Los Angeles prison for drugs offences.

A source said: ‘Farrah appointed two trustees to make sure the money supports her son’s journey into sobriety rather than giving him the means to destroy himself. Redmond’s inheritance will be tightly controlled.’

Mr O’Neal, 68, has also vowed to help their son overcome his demons.

In an interview last week, he said: ‘I loved her so very, very much. Redmond is in the fight of his life but is doing well. I will do everything that is in my power to honour
her memory and to protect our son.’


---REPORT: Farrah Fawcett Leaves Fortune to Troubled Son, Not Ryan O'Neal---
Monday, July 27, 2009
http://www.foxnews.com/story/0,2933,534934,00.html??test=faces

Farrah Fawcett excluded Ryan O'Neal from her 2007 will, instead leaving everything to her son Redmond O'Neal.

That's what England's Daily Mail is reporting, saying Farrah's troubled, 24-year-old, currently incarcerated son Redmond stands to inherit his mother's approximately $6 million estate.

"Farrah appointed two trustees to make sure the money supports her son's journey into sobriety rather than giving him the means to destroy himself," a source reportedly told the paper. "Redmond’s inheritance will be tightly controlled."

Redmond was in jail on drug-related charges and unable to be by his mother's side when she died. O'Neal said he asked Fawcett to "please forgive him, that he was so very, very sorry."

The "Charlie’s Angels" star died of cancer at age 62 on June 25. The paper says she wrote her last will in 2007 after she learned her anal cancer had recurred and spread to her liver.

Fawcett and Ryan O’Neal had a 15-year relationship which ended in 1997 and reunited after she was diagnosed with cancer in 2006.

Fawcett documented the trials and tribulations of her battle with cancer in the NBC documentary "Farrah’s Story."


---故・ファラ・フォーセットさんの闘病ドキュメンタリーがエミー賞ノミネート---
2009年7月18日 13時30分
http://www.cinematoday.jp/page/N0018880

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 6月にガンで亡くなったファラ・フォーセットさんが自らの闘病生活を記録したドキュメンタリー『ファラズ・ストーリー』(原題)が、エミー賞のノンフィクション特別部門にノミネートされた。
 デイリー・メール紙(電子版)によると、ファラさんの友人でドキュメンタリー撮影を手伝ったアラナ・スチュワートさんは、「この企画はファラにとってとても重要だったから、きっとすごく喜んだでしょうね」と語っている。ファラさんは1984年のテレビ映画『バーニング・ベッド』でもエミー賞のノミネートを受けたことがあるが、アラナさんは「この作品はほかの何よりも重要なもの。ほろ苦いわ」とファラさんの死の悲しみとともにこのニュースを喜んでいる。

2009年7月30日木曜日

ペイリン 正式辞職

ホッケーママが正式辞職した。
アラスカ州のサラ・ペイリン知事は、辞意表明を受けて正式に知事を
辞職し、後任にショーン・パーネル副知事が就任した。
ペイリン氏は州知事の任期を10年末まで残しての辞職。任期途中での
辞職には、共和党内でも批判が強く、大統領候補としての資質を疑問視
する声が高まっている。

献金疑惑や背任疑惑があったが、辞任することで整理がついたようだ。
議員として再び立候補すれば、また追求されるかもしれない。
一部中傷した人に対して、名誉毀損を準備していると報道されていたが
結果どうなったのだろうか。
重箱の隅を突付いてでも、不正(?)を見逃さないと言うが、嫌がらせや
足を引っ張っているようにしか見えない。二大政党のせいか。


Sarah Palin leaves office amid speculation on her political future France 24


Sarah Palin Won't Go Back To Being Only A Hockey Mom


---ペイリン氏、州知事を正式辞職 米大統領選出馬に向け準備か---
2009.7.27 08:32
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090727/amr0907270834003-n1.htm

 【ワシントン=山本秀也】昨年の米大統領選で共和党の女性副大統領候補を務めたアラスカ州のサラ・ペイリン知事(45)は26日、今月3日の辞意表明を受けて正式に知事を辞職し、後任にショーン・パーネル副知事(46)が就任した。
 ペイリン氏については、州知事を離れて2012年の米大統領選出馬に向けた準備を進めるとの観測が依然強い。ペイリン氏は辞職にあたり、「当面の予定はまったく白紙だ」と語った。AP通信によれば、同氏は8月8日にカリフォルニア州のレーガン図書館で講演を予定する。
 民主党の候補指名をオバマ大統領と昨年争ったクリントン国務長官は同日、ペイリン氏の大統領選出馬の資質について、「有権者が判断することだ」と述べるにとどまった。
 ペイリン氏は州知事の任期を10年末まで残しての辞職。任期途中での辞職には、共和党内でも批判が強く、大統領候補としての資質を疑問視する声が高まっている。


---Palin’s Blunt Words for the Media---
Alaska’s governor goes out with a bang.
JULY 27, 2009, 10:35 P.M. ET
By JOHN FUND
http://online.wsj.com/article/SB10001424052970203609204574315174274117130.html?mod=googlenews_wsj

Two contrasting styles of conservatism were on display in Alaska yesterday in the formal transfer of power from Sarah Palin to Sean Parnell, her lieutenant governor.

Ms. Palin appeared liberated by leaving office and used blunt words to take her media critics down a peg. “You represent what could and should be a respected, honest profession that could and should be a cornerstone of our democracy,” she said. “Democracy depends on you, and that is why -- that’s why our troops are willing to die for you. So how about in honor of the American soldier, you quit makin’ things up.”

She didn’t stop there. “One other thing for the media, our new governor has a very nice family, too, so leave his kids alone,” she told the enthusiastic crowd gathered at a picnic grounds in Fairbanks. Ms. Palin will no doubt have a future as a stump speaker and political commentator in the lower 48, and her media critique certainly will find receptive audiences.

But Sean Parnell, Alaska’s new governor, has different challenges and has been smoother in dealing with the press. As a state dependent on income from oil, Alaska is now teetering on the edge of a deficit. When he was a state senator, Mr. Parnell learned how to cut budgets as co-chair of the committee that established spending priorities. That said, he will likely pursue at least as conservative an agenda as Ms. Palin did.

Last year, he ran in a House primary against GOP champion pork barreler Rep. Don Young on a platform that called for a one-year freeze on Alaska requesting earmarks. He still believes earmarks have to scaled back, agreeing with Ms. Palin’s warnings about the state becoming “dependent” on handouts from Washington. He also vows aggressively to tackle state spending with his veto pen. What’s more, he will have the advantage of being able to govern Alaska without the harsh glare of the national media spotlight that made Ms. Palin’s last year in office so difficult.

アリコ 不正利用はネット通販

アリコの情報流出の不正利用はネット通販らしい。
アリコからクレジットカードの情報が流出した問題で、カードの不正利用
2200件のほぼすべてがインターネット通販によるもので、商品券など換金
しやすい商品が多く購入されていたことが関係者の話で分かった。
不正利用は7月上旬に始まり、現在も続いている。
件数が多く、短期間で行われていることから、個人ではなく、組織的な
不正利用の可能性が高まってきた。
カードの再発行に伴う費用はアリコに請求するようだ。

不正利用は、ネット通販が主らしいが、業者は、利用料が高いためか厳密な
個人認証をしていないようだ。利便性を優先して、損失は二の次か。
不正利用は、7月上旬から2200件とのことなら、複数の組織がいるのかも
しれない。
08年5月までの契約者の情報が盗難にあったとのことだが、1年も前の
アクセス情報を厳密に保存していたのだろうか。

不正アクセスしたIPアドレスは保存されているはずだが、それを元に、
2200件を地道に調べるしか犯罪組織は見つからない。

アリコは、カード再発行手数料を引受て、使用停止に伴う損害を全て一時
棚上げにするようにカード会社に依頼するしか方法はないだろう。
2200件以上の不正利用確認処理費用は、カード会社から別途請求が来るかも
しれない。
登録した全てのクレジットカードを使用停止にした方が、潔いと思う。

米国に、顧客情報を管理する基幹コンピューターがあるようだが、
Card Systems Solution、Heartland Payment Systems等のような
問題はないのだろうか。
日本で情報が盗難にあったと言う根拠はなんだろう。
盗難経路が発見できない限り、アリコの信用は得られないと思う。


---ネット通販で不正利用 換金目的か アリコの情報流出---
2009年7月29日10時13分
http://www.asahi.com/national/update/0728/TKY200907280438.html

 生命保険大手アリコジャパンからクレジットカードの情報が流出した問題で、カードの不正利用2200件のほぼすべてがインターネット通販によるもので、商品券など換金しやすい商品が多く購入されていたことが関係者の話で分かった。不正利用は過去最大規模。換金目的で組織的に行われている可能性が高まっている。
 アリコによると、不正利用は7月上旬に始まり、現在も続いている。カード番号や有効期限などを入力するだけで購入できる通販サイトの仕組みを悪用。家電製品や商品券など売却しやすいものを集中的に注文していたという。カード会社が注文段階で不正に気づき発送を止めたケースもあるが、商品がだまし取られた被害もでているという。
 カードには利用金額の制限もあるため、被害金額は1件あたり数千~数万円と小口だが、全体では多額になりそうだ。件数が多く、短期間で行われていることから、個人ではなく、組織的な不正利用の可能性が高まってきた。
 アリコは契約者に警戒を呼びかけるとともに、情報流出の恐れがある最大13万件の契約者リストをカード会社21社に提供した。カード会社はこのリストを参考に、カード番号を切り替える再発行手続きなどに応じている。
 三菱UFJニコスはアリコの保険料をカードで払うすべての契約者について、希望があれば再発行料を無料にして切り替えに応じている。「無料化に伴う費用はアリコに請求する方針」(広報)という。ジェーシービーや三井住友カードはリスト対象者の再発行料を無料にした。ただ、切り替えの希望は「想定ほど多くない」(カード大手)という。切り替えに伴う手続きが必要となることが要因とみられる。(志村亮)


---アリコ情報流出、経営に打撃---
広告再開メド立たず
2009年7月28日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20090728-OYT8T00338.htm

 生命保険大手アリコジャパンから顧客のクレジットカード情報が外部に流出した問題は27日、流出件数、不正使用とも拡大し、アリコの経営への打撃が拡大する可能性が強まってきた。
 アリコの事業は、テレビCMなどを通じた医療保険などの個人向け通信販売が柱だが、問題発覚後、テレビや新聞などへの広告を見合わせており、被害の拡大が続く中で広告再開のメドは立っていない。
 通信販売は広告量が減少すると新規契約が減少する傾向が強い。広告停止の長期化が「新規契約への影響が懸念される」(同社幹部)事態となりつつあり、アリコの経営への打撃が心配され始めている。
 親会社の米AIGが経営危機に陥った影響で2009年3月期決算が赤字に転落したアリコにとって、経営立て直しを急いでいる最中の不祥事なだけに、原因究明と再発防止策を打ち出すことが急務だ。
 一方、三菱UFJニコスや三井住友カードなどのカード各社は、カード情報が流出した可能性のある顧客からの申請に応じて、新番号のカードを無料で再発行する手続きを始めた。利用者からカードの不正使用を懸念する問い合わせが増えているためだ。再発行の費用について、各社とも「アリコへの請求も検討する」としており、アリコの経営を圧迫する可能性がある。


---アリコカード不正 テストデータ流出か 宣伝自粛、業績悪化も---
2009年7月28日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2009072802000055.html

 アリコジャパンの顧客情報流出問題は二十七日、クレジットカードの不正使用の可能性が当初の倍以上に膨らみ、被害拡大の様相をみせた。アリコは外部の専門家なども入れて社内調査を続行中。しかし、まだ流出経路さえ特定できず、顧客の不信感は一段と深まりそうだ。 (杉藤貴浩)
 記者会見したアリコジャパンの高橋和之代表は、二十三日の情報流出公表後もカード不正使用が増加したことについて「現時点では(不正を)止める手だてがない」と、今後も不正件数が増える可能性を認めた。流出経路や原因の特定のめどについても「(問題解決のための)期限が設定できればベストだが、それを言うのは難しい」とし、調査が必ずしもはかどっていない現状をうかがわせた。
 アリコ側の説明によると、不正使用されたカード情報の共通点などから、顧客情報は昨年五月までに流出した可能性が高い。また、「テストデータ」と呼ばれる社内のシステム稼働確認用のデータとの共通点もある。
 ただ、こうした情報にアクセスできるのは社内のシステム関連部門の約四十人。データをCD-ROMなどの記憶媒体に書き込めるのは二人だけで、現時点で不正な履歴は確認されていないという。
 被害が拡大する中、アリコは営業の主力であるテレビや新聞での保険商品の宣伝自粛を決定した。高橋代表は「現時点での解約の大幅な増加はない」とする一方、「広告を止めた期間は、その分マイナスになると思う」と認めており、業績悪化を食い止める意味でも早期の原因解明と再発防止を迫られている。


---不正使用2千件超か アリコの顧客情報流出---
2009.7.27 19:52
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090727/fnc0907271952009-n1.htm

 外資系保険会社アリコジャパンの顧客情報が大量に流出した問題で、同社は27日、不正利用の可能性があるとしてクレジットカード会社から照会のあった顧客情報が、約2200件に上ることを明らかにした。いずれもカード会社が事前に気づいたため、実際の金銭的被害は報告されていないが、最大約13万件が流出した可能性があるという。
 アリコによると、カード番号などの顧客情報を管理する米国の基幹コンピューターにアクセスする権限を持つ社員は、日本国内ではシステム部門の約40人に限られ、USBなどの外部媒体に情報をコピーすることのできる社員はこのうち2人だけだった。社員のネットワーク使用履歴などを調べたが、これまでに情報流出につながるアクセスは確認されていないという。
 これまでは、平成14年7月~20年5月に契約した顧客情報に流出したとみられていたが、その後の調査で、それ以前の契約でも流出した可能性があるという。クレジットカード番号の不正使用のほとんどは、インターネットを通じて行われたとみられている。
 アリコの高橋和之日本代表は同日、東京都中央区の日銀本店で会見し「関係者に多大なご心配をおかけし、申し訳ない」と謝罪。流出経路については「社内調査を行ったが特定できていない。あらゆる可能性を排除せずに対策したい」と述べるにとどまった。

2009年7月29日水曜日

フラッシュオーダ禁止法案

米上院で、フラッシュオーダ禁止法案が提案された。
ナスダック市場など米国の一部取引所は一定の料金を受け取る見返りに、
特定のトレーダーに0.03秒ほど早く市場情報を与えている。
ゴールドマンなどは超高速で演算処理できる高性能コンピューターを使って
こうした情報を分析、他の投資家を出し抜く形で取引を行っているという。

フラッシュオーダ取引会社
Nasdaq OMX Group Inc.
Bats Global Markets
Direct Edge Holdings LLC
Getco LLC


大口顧客と一般顧客の取引に時間差を持たせるのは不公平との批判に
対し、現在の発展的株式市場構造の一つの兆しであると反論する。
フラッシュオーダを禁止にすれば、投資家が市場から撤退するかもしれない
と恐喝する意見もあれば、技術革新で、金融危機から再生すると期待する
意見もあるようだ。
金融工学の失敗を理解していないように見える。

GSがフラッシュオーダ取引をしていると報道されているが、広報は
していないと言う。言葉の定義の問題かもしれない。

公的支援680億ドルを受けても、一年経たずに返済した米大手金融機関は、
どこから、資金を調達したのか疑問が残る。フラッシュオーダの昨年利益は
およそ210億ドルとの見積りからすると、約3割はフラッシュオーダによる
ことになる。
民間会社は、利益を得ることが結果、お金は無いよりは有ったほうが良いが、
ここまでくると「羅列された数字を見る以外に楽しみが無いのか」と問い
たくなる。

GSは、トレーディングソフトが盗まれたとコメントしたが、価値があると
は言っていないようだ。検察は、「数百万ドル(の価値)がある」と言う。
一般的に、雇用契約時、NDA結ぶだろうし、ソフトウェアを盗んでも、
環境が異なれば動かないし、移植するほうが時間がかかる場合が多い。
両者とも何かあるのだろうかと勘繰りたくなる。


---超高速取引:巨額利益で米ゴールドマンなどに批判---
毎日新聞 2009年7月25日 18時15分
http://mainichi.jp/select/biz/news/20090726k0000m020022000c.html

 24日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、米金融大手ゴールドマン・サックスなどが高性能コンピューターを駆使し、他の投資家よりも一瞬早く市場の情報を得た上で、こうした情報を利用した株式の売買を超高速で行い、巨額の利益を上げていると報じた。
 こうした取引は情報技術(IT)システムに巨額の投資を行えるゴールドマンなどに限られ、一般投資家には不可能なため、同紙は「不公正」と批判。米証券取引委員会(SEC)も調査を始めた。
 ナスダック市場など米国の一部取引所は一定の料金を受け取る見返りに、特定のトレーダーに0.03秒ほど早く市場情報を与えている。
 ゴールドマンなどは超高速で演算処理できる高性能コンピューターを使ってこうした情報を分析、他の投資家を出し抜く形で取引を行っているという。
 取引に当たっては、数百万単位の注文を瞬時に処理する能力を持つシステムを活用、巨額の利益に結び付けたようだ。(共同)


---米金融、市場情報先取りで巨額利益…米紙報道---
2009年7月25日12時40分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090725-OYT1T00446.htm

 【ニューヨーク=池松洋】米ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は24日、米金融大手ゴールドマン・サックスや一部のヘッジファンドが、他の市場参加者よりも100分の3秒早く情報を入手できる大口投資家の立場を利用し、高速コンピューターを駆使して大きな利益を上げていると報じた。
 米証券取引委員会(SEC)もこの「抜け道」を問題視しており、新たな取引規制を今秋にも導入する見込みという。
 同紙によると、ゴールドマンなどは、100分の3秒の時差の間に取引情報を分析して自動的に取引を行うコンピューターを導入し、自己勘定で巨額の利益を得ている。
 これらの取引は市場の公平性をゆがめかねないとして、米上院議員の一部からSECに調査を求める声が出ており、SECも規制の検討を進めているという。


---High-Frequency Trading Faces Challenge From Schumer (Update1)---
By Edgar Ortega and Eric Martin
Last Updated: July 27, 2009 18:22 EDT
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601087&sid=aZwoslIGa5JQ

July 27 (Bloomberg) -- High-speed trading in the U.S. stock market may face its biggest threat after Senator Charles Schumer proposed prohibiting so-called flash orders.

Schumer, the third-ranking Senate Democrat, urged the Securities and Exchange Commission to ban the practice in which some equity exchanges hold orders to buy and sell shares for a split second before publishing them on competing platforms. Nasdaq OMX Group Inc., Bats Global Markets and Direct Edge Holdings LLC, which handle more than two-thirds of the shares traded in the U.S., offer flash orders to their customers.

Schumer’s July 24 letter raises the stakes in a debate over whether computer-driven trading by hedge funds and Wall Street firms gives them an unfair advantage over other investors. While flash trades make up less than 4 percent of U.S. stock volume, they’ve drawn criticism from the Securities Industry and Financial Markets Association, Wall Street’s main lobbying group, and New York-based NYSE Euronext.

“It’s an arms race driven by technology,” said Sang Lee, managing partner at financial-services consultant Aite Group LLC in Boston. “Someone like Chuck Schumer getting involved in the process will create a deeper conversation about where the whole market is headed.”

NYSE Euronext, owner of New York Stock Exchange, told the SEC in May that flash trading results in investors getting worse prices. Holding orders may give certain customers the opportunity to gauge supply and demand before they take action with computer systems that execute orders in milliseconds.

Legislation Threat

Erik Hotmire, an SEC spokesman, declined to comment. Ray Pellechia of NYSE Euronext and Randy Williams of Bats also didn’t respond to requests for comment. NYSE are based in New York. Bats has its headquarters in Kansas City, Missouri.

Schumer, a member of the Senate Banking Committee, said in a letter to SEC Chairman Mary Schapiro that he will introduce legislation to ban flash orders if the regulator doesn’t act on his request. He said the practice lets brokerages using rapid- trading programs “profit from advanced knowledge of buying and selling activity.”

“This kind of unfair access seriously compromises the integrity of our markets and creates a two-tiered system, where a privileged group of insiders receives preferential treatment,” Schumer wrote. “If allowed to continue, these practices will undermine the confidence of ordinary investors, and drive them away from our capital markets.”

Fastest Growing

Robert Greifeld, the chief executive officer of Nasdaq OMX, encouraged the SEC to “address all types of developments in the area of increasing public visibility of securities orders,” according to a letter to Schapiro released by the company today.

“Flash orders are but one symptom of the current evolving market structure,” Greifeld wrote. “Nasdaq OMX is concerned that the securities industry appears willing to accept more and more ‘darkness’ and limits on the availability of order information.”

Direct Edge is the fastest-growing equity market in the U.S., helped by its three-year-old Enhanced Liquidity Provider program, which handles more flash trades than any other exchange. Chief Executive Officer William O’Brien said in a July 24 interview that the program is available to any brokerage. Investors choose to have their orders held to raise the odds trades will be executed and gain access to platforms that otherwise restrict access, such as New York-based Liquidnet Inc.

‘Warrants Debate’

“Anybody can be part of it,” said O’Brien, who is based in Jersey City, New Jersey. “This is something that warrants a debate, and when you have so many competing interests, we think the SEC is in a better position to fulfill that.”

Some investors say computer-driven strategies executing hundreds of trades a minute make stock prices more volatile and boost costs. NYSE Euronext estimates that about 46 percent of daily volume is executed through high-frequency strategies.

Getco LLC, one of the biggest firms using high-frequency trading to make markets in stocks and options, told the SEC that brokers may grow reluctant to post publicly accessible quotes, opting instead to wait for flashed orders. That will lead to worse prices for investors, the Chicago-based firm said in a letter to the SEC last month.

U.S. equity markets have catered to high-frequency traders for the past decade by offering rebates on transaction fees. Exchanges also rent space in their data centers so brokerages can cut the distance information must travel and reduce transaction times, potentially getting an edge over competitors.

New Laws

“You have all this activity going on that in one way or another is preferencing one part of the investing group over another,” said Michael Panzner, author of “The New Laws of the Stock Market Jungle” and a Wall Street trader for a quarter century. “That’s not good.”

More than 75 percent of hedge funds, pensions and mutual- fund companies use computer-driven strategies because they reduce costs, according to a survey this month conducted by Greenwich Associates, a consulting firm in Stamford, Connecticut. Their trades are placed through Wall Street’s largest brokerages, which account for two-fifths of high- frequency trading, NYSE estimates.

Goldman Sachs Group Inc., the second-largest market maker pairing off buyers and sellers at the NYSE, doesn’t use flash- order systems, spokesman Ed Canaday said in an e-mail.

“Goldman Sachs believes high-frequency trading should have an accompanying obligation to provide liquidity, and be subject to appropriate regulatory oversight,” Canaday said.

Traders including David Lutz say automated brokerages boost liquidity, increasing the likelihood that buyers and sellers will agree on a price. Competition has driven bids and offers for some of the most widely held stocks, including Microsoft Corp., Citigroup Inc. and General Electric Co., to 1 cent in the U.S., according to data compiled by Bloomberg.

“When high-frequency traders are in the stocks I’m trying to execute, it helps me find the best execution,” said Lutz, a managing director of equity trading at Stifel Nicolaus & Co. in Baltimore. “It’s completely benign to me.”


---Wall Street on Speed---
Robert Kuttner
Co-Founder and Co-Editor of The American Prospect
Posted: July 26, 2009 09:19 PM
http://www.huffingtonpost.com/robert-kuttner/wall-street-on-speed_b_245121.html

The New York Times recently reported that the latest scheme--or scam--on Wall Street is something called High Frequency Trading. Very sophisticated financial firms, such as Goldman Sachs, are tipped off by the New York Stock Exchange's own computers to pending buy and sell orders. Armed with ultra sophisticated computer algorithms, the insiders anticipate the direction of the market based on what they learn about supply and demand for a given security. They can make an extra penny here and an extra penny there at the expense of us suckers, adding up to billions.

"Nearly everyone on Wall Street is wondering how hedge funds and large banks like Goldman Sachs are making so much money so soon after the financial system nearly collapsed," wrote the Times' Charles Duhigg in a front page piece that was the talk of New York and Washington. "High-frequency trading is one answer."

As debates in the blogosphere in the last couple of days have made clear, there are a couple of possibilities of what is at work here. One is that Goldman and others are literally using privileged information to make trades ahead of markets, in which case they are committing a felony. Specifically, the abuse is known as "front-running," or trading ahead of customers, and it is an explicitly illegal form of market manipulation. Front running is epidemic on Wall Street--the whole point of an investment bank trading for its own account is to take advantage of its specialized knowledge of markets--and the SEC or the Justice Department shuts down front-running when it becomes too blatant to ignore.

The other possibility is that the Goldmans of the world have found themselves a nice loophole. Tapping into the Stock Exchange's own computers and other sources of trading activity is something that anyone in theory could do, but only a few privileged insiders have the sophistication to exploit what they find. Often orders are placed, only to be cancelled. Their purpose is to figure out what the market is willing to pay, and then get in ahead of it.

But suppose that High Frequency Trading doesn't violate any law. It still is the essence of what's wrong with the recent metastasis of money markets into private game preserves for insider-traders.

Consider for a moment some first principles. The legitimate and efficient function of financial markets is to connect investors to entrepreneurs, and depositors to borrowers. There is no legitimate reason whatever for this to be done by the millisecond. At bottom, the process is pretty simple. The intermediary--the bank, savings institution, or investment bank makes its fees for making a judgment about risk and reward. How likely is the loan to be paid back? How high an interest rate should it charge? How should a new issue of securities be priced? The investor decides whether to indulge a taste for risk or for prudence.

But the hyperactive trading markets and creations of recent decades such as credit default swaps and high speed trading algorithms add nothing to the efficiency of financial markets. They add only two things--risk to the system, and the opportunity for insiders to reap windfall profits.

Therefore, whether or not Goldman's lawyers have figured out how it can engage in High Frequency Trading and stay within the law, there is a strong case that this entire brand of financial engineering should be prohibited. The whole game should be slowed down. Bona fide investors should get in line under the rule of first come, first served. Anything else should be considered illegal market manipulation. No dummy transactions. There is absolutely no gain to economic efficiency from having prices of securities change in milliseconds, and much gain to the opportunities for manipulation.

The need to restrain traders from exploiting their privileged knowledge is an old fight. During the New Deal, for example, many reformers proposed that floor specialists for investment bankers and brokerage houses simply be prohibited from trading for their own accounts. They should be there simply to execute buy and sell orders for customers. Otherwise, the conflict of interest would be overwhelming--and this was before computers. These reformers were overruled, but insider trading was explicitly prohibited (and good luck catching it.)

Now, as then, it is a mark of Wall Street's stranglehold on politics that the most sensible of remedies seem impossibly radical. One very good way to damp down the dictatorship of the traders, and raise some needed revenue along the way, would be through a punitively high transactions tax on very short term trades. Genuine investors should get favored fax treatment. Pure traders should be taxed, and very short term manipulation taxed into oblivion.

If the financial crisis has proven anything, it is that capital markets have become an insiders' game in which trading profits crowd out the legitimate business of investment. The whole business-models of the most lucrative firms on Wall Street are a menace to the rest of the economy. Until the Obama administration recognizes this most basic abuse and shuts it down, it will be more enabler than reformer.


Robert Kuttner is co-editor of The American Prospect, and a senior fellow at Demos. His recent book is Obama's Challenge.


---Stock Traders Find Speed Pays, in Milliseconds---
By CHARLES DUHIGG
Published: July 23, 2009
http://www.nytimes.com/2009/07/24/business/24trading.html

It is the hot new thing on Wall Street, a way for a handful of traders to master the stock market, peek at investors’ orders and, critics say, even subtly manipulate share prices.

It is called high-frequency trading - and it is suddenly one of the most talked-about and mysterious forces in the markets.

Powerful computers, some housed right next to the machines that drive marketplaces like the New York Stock Exchange, enable high-frequency traders to transmit millions of orders at lightning speed and, their detractors contend, reap billions at everyone else’s expense.

These systems are so fast they can outsmart or outrun other investors, humans and computers alike. And after growing in the shadows for years, they are generating lots of talk.

Nearly everyone on Wall Street is wondering how hedge funds and large banks like Goldman Sachs are making so much money so soon after the financial system nearly collapsed. High-frequency trading is one answer.

And when a former Goldman Sachs programmer was accused this month of stealing secret computer codes - software that a federal prosecutor said could “manipulate markets in unfair ways” - it only added to the mystery. Goldman acknowledges that it profits from high-frequency trading, but disputes that it has an unfair advantage.

Yet high-frequency specialists clearly have an edge over typical traders, let alone ordinary investors. The Securities and Exchange Commission says it is examining certain aspects of the strategy.

“This is where all the money is getting made,” said William H. Donaldson, former chairman and chief executive of the New York Stock Exchange and today an adviser to a big hedge fund. “If an individual investor doesn’t have the means to keep up, they’re at a huge disadvantage.”

For most of Wall Street’s history, stock trading was fairly straightforward: buyers and sellers gathered on exchange floors and dickered until they struck a deal. Then, in 1998, the Securities and Exchange Commission authorized electronic exchanges to compete with marketplaces like the New York Stock Exchange. The intent was to open markets to anyone with a desktop computer and a fresh idea.

But as new marketplaces have emerged, PCs have been unable to compete with Wall Street’s computers. Powerful algorithms - “algos,” in industry parlance - execute millions of orders a second and scan dozens of public and private marketplaces simultaneously. They can spot trends before other investors can blink, changing orders and strategies within milliseconds.

High-frequency traders often confound other investors by issuing and then canceling orders almost simultaneously. Loopholes in market rules give high-speed investors an early glance at how others are trading. And their computers can essentially bully slower investors into giving up profits - and then disappear before anyone even knows they were there.

High-frequency traders also benefit from competition among the various exchanges, which pay small fees that are often collected by the biggest and most active traders - typically a quarter of a cent per share to whoever arrives first. Those small payments, spread over millions of shares, help high-speed investors profit simply by trading enormous numbers of shares, even if they buy or sell at a modest loss.

“It’s become a technological arms race, and what separates winners and losers is how fast they can move,” said Joseph M. Mecane of NYSE Euronext, which operates the New York Stock Exchange. “Markets need liquidity, and high-frequency traders provide opportunities for other investors to buy and sell.”

The rise of high-frequency trading helps explain why activity on the nation’s stock exchanges has exploded. Average daily volume has soared by 164 percent since 2005, according to data from NYSE. Although precise figures are elusive, stock exchanges say that a handful of high-frequency traders now account for a more than half of all trades. To understand this high-speed world, consider what happened when slow-moving traders went up against high-frequency robots earlier this month, and ended up handing spoils to lightning-fast computers.

It was July 15, and Intel, the computer chip giant, had reporting robust earnings the night before. Some investors, smelling opportunity, set out to buy shares in the semiconductor company Broadcom. (Their activities were described by an investor at a major Wall Street firm who spoke on the condition of anonymity to protect his job.) The slower traders faced a quandary: If they sought to buy a large number of shares at once, they would tip their hand and risk driving up Broadcom’s price. So, as is often the case on Wall Street, they divided their orders into dozens of small batches, hoping to cover their tracks. One second after the market opened, shares of Broadcom started changing hands at $26.20.

The slower traders began issuing buy orders. But rather than being shown to all potential sellers at the same time, some of those orders were most likely routed to a collection of high-frequency traders for just 30 milliseconds - 0.03 seconds - in what are known as flash orders. While markets are supposed to ensure transparency by showing orders to everyone simultaneously, a loophole in regulations allows marketplaces like Nasdaq to show traders some orders ahead of everyone else in exchange for a fee.

In less than half a second, high-frequency traders gained a valuable insight: the hunger for Broadcom was growing. Their computers began buying up Broadcom shares and then reselling them to the slower investors at higher prices. The overall price of Broadcom began to rise.

Soon, thousands of orders began flooding the markets as high-frequency software went into high gear. Automatic programs began issuing and canceling tiny orders within milliseconds to determine how much the slower traders were willing to pay. The high-frequency computers quickly determined that some investors’ upper limit was $26.40. The price shot to $26.39, and high-frequency programs began offering to sell hundreds of thousands of shares.

The result is that the slower-moving investors paid $1.4 million for about 56,000 shares, or $7,800 more than if they had been able to move as quickly as the high-frequency traders.

Multiply such trades across thousands of stocks a day, and the profits are substantial. High-frequency traders generated about $21 billion in profits last year, the Tabb Group, a research firm, estimates.

“You want to encourage innovation, and you want to reward companies that have invested in technology and ideas that make the markets more efficient,” said Andrew M. Brooks, head of United States equity trading at T. Rowe Price, a mutual fund and investment company that often competes with and uses high-frequency techniques. “But we’re moving toward a two-tiered marketplace of the high-frequency arbitrage guys, and everyone else. People want to know they have a legitimate shot at getting a fair deal. Otherwise, the markets lose their integrity.”


---【米経済コラム】ゴールドマンの「凶器」をめぐる奇妙な話-ワイル---
更新日時 : 2009/07/09 16:17 JST
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003001&sid=abbDmFdDjq1A&refer=commentary

7月9日(ブルームバーグ):ウォール街の金融機関で起こった犯罪に関する有力情報を手にしながら、素早く動くことができないなどと米司法省に言い訳をさせてはならない。だが、金融機関自らがこうした主張を展開しているとしたらどうだろう。

その金融機関が米連邦捜査局(FBI)の捜査官に米金融市場が危険にさらされていると告げるとしたら-。これは、ゴールドマン・サックス・グループとセルゲイ・アレイニコフ容疑者(39)に関する奇妙な物語だ。

ゴールドマンでコンピュータープログラマーとして働いていた容疑者は3日、窃盗容疑で逮捕された。ニュージャージー州ニューアークの国際空港に降り立ったときのことだ。ゴールドマンはその2日前、社内機密の株式・商品トレーディング用のソフトウエアを6月初旬に社員が盗んだと当局に届け出た。その社員が退社する最後の週に盗んだというのだ。

検察当局は、容疑者が問題となっているソフトのプログラムコード(技術情報)をアップロードし、ドイツにあるサーバーに保存したと主張している。

ニューヨークでの4日の審問で、米連邦地検のジョゼフ・ファッチポンティ検事補(34)は、アレイニコフ容疑者が釈放されれば、被害を被る差し迫ったリスクに直面するのはゴールドマンだけにとどまらないと断言。「このソフトの使い方を知った誰かが不正な方法で市場を操作する危険」が生じていると爆弾発言した。

凶器
いったいどうすればそんなことが可能なのだろうか。正確な答えは明らかではない。すべてはトレーディングシステムという「ブラックボックス」をめぐる話だ。市場操作で人類を破滅に導く「凶器」などはもちろん、誰も必要としていない。容疑者が社会に対する脅威だと主張する検事補の訴えを判事は退け、75万ドル(約7000万円)の保釈金で釈放することを認め、容疑者は6日釈放された。

だが、検事補が語ったように、ゴールドマンは本当にアルゴリズムに基づく高速大容量のトレーディングソフトが不正な方法で市場操作に利用されることがあり得ると当局に伝えたのだろうか。こうしたことが公になれば、ゴールドマン自らがこのソフトを悪用する可能性があるかどうかを、多くの人々がおおっぴらに問い掛け始めると同社の幹部は心配しないのだろうか。

米国とロシアの市民権を持つアレイニコフ容疑者はゴールドマンでの年間40万ドルの報酬をなげうって、米ヘッジファンド運用会社、シタデル・インベストメント・グループのトレーダーだったミシャ・マリシェフ氏らが創業したシカゴのベンチャー企業、テザ・テクノロジーズで3倍の報酬を得るチャンスに飛びついた。5日に事件を知ったテザは容疑者を無給の停職処分とした。

「関係者」
アレイニコフ容疑者の弁護士、サブリナ・シュロフ氏は審問で判事に対し、容疑者はダウンロードしたソフトを決して「独り占めするやり方」で使用する意図はなかったとした上で、当局の主張は「不合理」だと反論した。

ゴールドマンはこの件について公式に一切コメントしていない。だが、同社の幹部は心配無用だと思わせたいようだ。ダウ・ジョーンズ通信は6日、「事情に詳しい関係者」の1人がこの事件は「われわれの顧客やわれわれのビジネスに影響を与えていない」と述べたと報道。ゴールドマンの顧客やビジネスを「われわれの」と形容しているあたり、この関係者が同社と極めて密接な関係であると言いたげだ。

大半の米国人が独立記念日の週末を楽しんでいる間、ファッチポンティ検事補が裁判所でゴールドマンと金融市場に忍び寄る脅威について警告したのはあまりにも対照的だった。検事補は、容疑者が「釈放されればソフトにアクセスし、それを必要としている誰かに送る著しい危険性がある」と警告し、「数百万ドルもの価値があることを忘れてはならない」と強調した。

ゴールドマンのロイド・ブランクフェイン最高経営責任者(CEO)に支払われた2007年の報酬が7030万ドルだったことを考えると、数百万ドルが妥当な額かどうかは不明だ。数百万ではなく、数十億を意味する可能性も大きい。

検事補の主張の欠陥は、容疑者がソフトをダウンロードしてゴールドマンを辞めた後、逮捕前の1カ月間にソフトの外部流出を図った証拠を当局が示していない点だ。

ゴールドマンの誰かが、世界最強の投資銀行によるトレーディングソフトの不正使用に何が歯止めをかけているかを説明したとすれば、素晴らしいことだろう。ゴールドマンは今後、トレーディングソフトの保護にもっと注意を払うことができるのだろうか。当局がすでに同じ問い掛けを行っていればいいのだけれど。(ジョナサン・ワイル)

(ジョナサン・ワイル氏は、ブルームバーグ・ニュースのコラムニストです。このコラムの内容は同氏自身の見解です)


---米ゴールドマン:元社員のソフト窃盗で巨額損失も-業界全体への警鐘---
更新日時 : 2009/07/07 16:52 JST
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003017&sid=aK.rapf4qp88&refer=jp_news_index

 7月7日(ブルームバーグ):米ゴールドマン・サックス・グループは、自己勘定トレーディング用のソフトウエア開発のための巨額投資が無駄になるリスクに直面している。さらに、元従業員が盗んだとされる同プログラムの情報が他の市場参加者の手に渡れば競争激化によって数百万ドルの損失を被る恐れもあると検察当局は指摘している。
 米当局によると、元ゴールドマンのコンピュータープログラマーのセルゲイ・アレイニコフ容疑者(39)は3日、米ニュージャージー州のニューアーク国際空港に到着したところを逮捕された。米・ロシア両国の国籍を持つ同容疑者はトレーディング用ソフトウエア窃盗容疑で逮捕、同罪で訴追された。同容疑者が転職したテザ・テクノロジーズ(シカゴ)は同容疑者を停職処分にした。テザはヘッジファンド会社シタデル・インベストメント・グループの元トレーダーらが創設した企業。同容疑者はテザで2日から働き始めたばかりだった。
 マンハッタンの連邦地裁での審問で、米連邦地検のジョゼフ・ファッチポンティ検事補は、アレイニコフ容疑者の行為が米国の市場にリスクをもたらすと主張。同容疑者は数百万ドルの価値のあるプログラムのコード(技術情報)を、他者がアクセス可能なドイツのコンピューターサーバーに保存したと指摘。さらに、このプログラムが流出した場合、ゴールドマンが損害を被る恐れがあると付け加えた。

市場操作の恐れ
 6日に公表された審問記録によると、ファッチポンティ検事補はゴールドマンが「このプログラムの使い方が分かる人間が市場を不公平な形で操作する恐れ」を指摘したとし、「プログラムのコピーはまだドイツにあり、現在も誰がアクセスしているか分からない」と説明した。
 検察側によると、このプログラムは「各種株式・商品市場で先進的な大規模取引を高速で処理する」のを可能にするものだった。
 一方、アレイニコフ容疑者の弁護人のサブリナ・シュロフ氏は検察側主張には合理性がないとして、ゴールドマンは同容疑者が自宅で作業をするためにプログラムを個人のコンピューターにダウンロードしていたこと、また、プログラムのコードを流布していなかったことを承知していたと指摘。「検察側が全米の市場を脅かすと主張するこのような機密をゴールドマンが保護できないならば、他の規則違反に対する対応能力も問われる」と論じた。

ゴールドマンの広報担当者はコメントを控えた。

保釈金7000万円超
 アレイニコフ容疑者が社会への脅威となり得るとの検察側の主張を受けて、マーク・フォックス治安判事は同容疑者に保釈金75万ドル(約7150万円)を設定した。同容疑者は6日に保釈金を支払い釈放された。
 アレイニコフ容疑者のゴールドマンでの報酬は年40万ドル。新会社では大量自動トレーディングに携わり、その3倍の報酬を受け取ることになっていた。
 新雇用主のテザは容疑について5日に知り、同容疑者を停職処分にした。テザは電子メールで「不正容疑について知らなかった」とし、当局への協力を表明した。
 金融市場調査会社TABBグループの創業者、ラリー・タッブ氏は「そのようなコードを盗むということはゴールドマンが株式市場で利益を上げる手法を盗むということだ」と述べた。また、ハーベイ・ピット元米証券取引委員会(SEC)委員長は、このような電子的なデータはすべての金融機関にとってリスクだとして、「金融機関にセキュリティーシステム見直しを迫る警鐘だ。トレーディング用プログラムばかりではなくすべての機密情報について言えることだ」と述べた。

32メガバイト
 アレイニコフ容疑者は逮捕後に4時間にわたり連邦捜査局(FBI)によって尋問されたが、不正行為は認めていないという。また、シュロフ弁護人によると、1024メガバイトのコードのうちドイツのサーバーに送られたのは32メガバイトのみだった。
 検察側は、アレイニコフ容疑者が新しい会社でコードを利用するつもりだったと主張する。同容疑者は2007年から今年6月までゴールドマンで働き、コンピュータープラットフォーム改善を手掛けていた。コードを社外に持ち出したのは6月1-5日のことだという。
 ソーシャルネットワーキングのサイト、リンクトインに掲載されたデータによれば、同容疑者はモスクワで応用数学を学び、その後に米ラトガース大学に移籍。1993年にコンピューターサイエンスの学位を取得した。1996年には医療用映像処理とニューラルネットワークを専門に修士号も得た。ゴールドマンの前にはIDTでルーティングシステムの開発に携わっている。リンクトインによれば、ゴールドマンでの肩書きは株式ストラテジー担当のバイスプレジデント。


---The Secrets of Goldman Sachs---
Posted by: David Henry on July 06
http://www.businessweek.com/investing/wall_street_news_blog/archives/2009/07/the_secrets_of.html

Prediction: The case of the stolen Goldman Sachs trading software will leave more tarnish on Goldman reputation than take profits from its income statement. It will also provide lots of amusement for those of who don’t work there or own the company’s stock.

In case you haven’t seen the headlines, a former Goldman computer wiz and Russian immigrant was arrested by a team of FBI agents at Newark Airport on July 3. Sergey Aleynikov was charged with stealing and sending overseas secret computer code which the firm uses to automatically trade stocks and commodities. “The trades made…typically generate many millions of dollars of profits per year” for the firm, according to a criminal complaint filed in the case by Special Agent Michael G. McSwain of the Federal Bureau of Investigation. The firm believes, the complaint said, that if the programs end up in the hands of competitors that its ability to profit from the strategies would be “significantly diminished.”

Aleynikov told the FBI agent that he had not distributed the proprietary computer programs and that he had accidentally copied them while collecting “open source” software as he was leaving his job at the firm. One of Aleynikov’s supervisors said the immigrant had said he was quitting for a new company that was doing the same type of trading and that would allow him to earn him three times his $400,000 annual salary from Goldman, according to the complaint.

The arrest was first reported July 5 by Reuters columnist Matthew Goldstein. He asked, “Did someone try to steal Goldman Sach’s secret sauce?” His story is attracting a lot of interest on the Internet today, though it does not seem to have hurt the stock, which is up more than 1%. The story includes statements from the Aleynikov’s wife and lawyer that the jailed man is innocent. (Disclosure: Goldstein and I teamed-up to write a number of stories together before he left BusinessWeek for Reuters.)

A Goldman spokesman declined to comment on the arrest or say anything about how significant the stolen trading software has been to the firm’s bottom line.

Now you might think that a company with publicly-traded stock and investors around the world should be more forthcoming about a security breach involving one of its core businesses. That’s especially true after an FBI agent has said in a court document that “many millions of dollars of profits” are potentially at stake. But Goldman, at least for now, apparently doesn’t believe it has to answer to its public investors in this case.

Maybe Goldman isn’t talking because the theft is not big enough to be a “material” event that it must be disclosed under federal law. Technically, that could well be true. After all, the FBI agent was talking in “millions” whereas Goldman counts trading revenues in billions-specifically $6.6 billion trading bonds, currencies and commodities and another $1 billion trading stocks in the last quarter. The agent describes the programs as guiding “high-volume automated trading.” That sounds like the kind of trading that can only take place with electronically-traded stocks and commodities contracts as opposed to big-dollar, personally-negotiated deals for derivatives and large blocks of stocks and bonds. Those big deals are probably where Goldman makes most of its trading profits, but Goldman won’t confirm that.

If indeed the security breach was not material, then Goldman should just say so, flatly and convincingly. Then the story could move on to such logical follow-up topics as the risks people take when they download office computer files while changing jobs. But Goldman, by not saying anything, is leaving a fertile environment for speculation and hyperbole. Right or wrong, Goldman’s name will probably soon be coming to the top in Google searches on international espionage, Russian conspiracies and computer security threats.


---米金融大手10社 公的資金完済手続き---
2009.6.18 08:35
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090618/fnc0906180835003-n1.htm

 米金融大手10社は17日、投入された計680億ドル(約6兆5000億円)の公的資金の返済手続きに入ったことを相次いで発表、JPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスなどは完済したことを明らかにした。大手の公的資金完済は初めてで、金融市場の安定化に向けた期待感が高まりそうだ。
 返済額はJPモルガンが250億ドル、ゴールドマンやモルガン・スタンレーが各100億ドルなど。米金融当局はサブプライム住宅ローン問題に端を発した金融危機は最悪期を脱したと判断。10社に公的資金の返済手続き開始を認めていた。
 米アナリストからは「金融市場の不振が長期化する恐れがある」との指摘もあり、経営安定には根強い懸念が残る。米政府は深刻化した金融危機対策として、昨年10月以降、巨額の公的資金を投入して金融大手の経営を支援してきた。(共同)

2009年7月28日火曜日

OP PO

CIAの対日作戦が明らかになった。
日本が独立するにあたり、GHQはCIAに情報活動を引き継いだ。米側は52年、
吉田茂首相や緒方副総理と面談し、日本側の担当機関を置くよう要請。
政府情報機関「内閣調査室」を創設した緒方は日本版CIA構想を提案した。
日本版CIAは外務省の抵抗や世論の反対で頓挫するが、CIAは緒方を高く
評価するようになっていった。

CIAの作戦名
緒方作戦:OPERATION POCAPON
正力作戦:OPERATION PODAM

CIAのヒューミントは、代々家系に受け継がれるのだろうか。
政治関係者のつながりを見る。
緒方竹虎─緒方貞子(三男四十郎の妻)
吉田茂─麻生太郎(孫)
岸信介─安倍晋三(長女洋子の夫)

緒方貞子は米国から厚遇されたようだが、安部晋三や麻生太郎は
冷遇のようだ。CIAとのつながりはあっても、効果が無ければ、
接触が薄かったのかもしれない。

分析者によると「緒方も自覚的なスパイではない」とのこと。
CIAは冷戦の頃から、秘密組織として活動が活発となったと言われて
いるが、目的とは異なる情報を与え、活動を要求する場合があった
ことを考えると、目的とは異なる情報で操作されていた可能性も
ある。真実は闇の中。


---CIA:緒方竹虎を通じ政治工作 50年代の米公文書分析---
毎日新聞 2009年7月26日 2時30分
http://mainichi.jp/select/world/america/news/20090726k0000m030117000c.html

 1955年の自民党結党にあたり、米国が保守合同を先導した緒方竹虎・自由党総裁を通じて対日政治工作を行っていた実態が25日、CIA(米中央情報局)文書(緒方ファイル)から分かった。CIAは緒方を「我々は彼を首相にすることができるかもしれない。実現すれば、日本政府を米政府の利害に沿って動かせるようになろう」と最大級の評価で位置付け、緒方と米要人の人脈作りや情報交換などを進めていた。米国が占領終了後も日本を影響下に置こうとしたことを裏付ける戦後政治史の一級資料と言える。
 山本武利早稲田大教授(メディア史)と加藤哲郎一橋大大学院教授(政治学)、吉田則昭立教大兼任講師(メディア史)が、05年に機密解除された米公文書館の緒方ファイル全5冊約1000ページを、約1年かけて分析した。
 内容は緒方が第4次吉田内閣に入閣した52年から、自由党と民主党との保守合同後に急死した56年までを中心に、緒方個人に関する情報やCIA、米国務省の接触記録など。
 それによると、日本が独立するにあたり、GHQ(連合国軍総司令部)はCIAに情報活動を引き継いだ。米側は52年12月27日、吉田茂首相や緒方副総理と面談し、日本側の担当機関を置くよう要請。政府情報機関「内閣調査室」を創設した緒方は日本版CIA構想を提案した。日本版CIAは外務省の抵抗や世論の反対で頓挫するが、CIAは緒方を高く評価するようになっていった。
 吉田首相の後継者と目されていた緒方は、自由党総裁に就任。2大政党論者で、他に先駆け「緒方構想」として保守合同を提唱し、「自由民主党結成の暁は初代総裁に」との呼び声も高かった。
 当時、日本民主党の鳩山一郎首相は、ソ連との国交回復に意欲的だった。ソ連が左右両派社会党の統一を後押ししていると見たCIAは、保守勢力の統合を急務と考え、鳩山の後継候補に緒方を期待。55年には「POCAPON(ポカポン)」の暗号名を付け緒方の地方遊説にCIA工作員が同行するなど、政治工作を本格化させた。
 同年10~12月にはほぼ毎週接触する「オペレーション・ポカポン」(緒方作戦)を実行。「反ソ・反鳩山」の旗頭として、首相の座に押し上げようとした。
 緒方は情報源としても信頼され、提供された日本政府・政界の情報は、アレン・ダレスCIA長官(当時)に直接報告された。緒方も55年2月の衆院選直前、ダレスに選挙情勢について「心配しないでほしい」と伝えるよう要請。翌日、CIA担当者に「総理大臣になったら、1年後に保守絶対多数の土台を作る。必要なら選挙法改正も行う」と語っていた。
 だが、自民党は4人の総裁代行委員制で発足し、緒方は総裁になれず2カ月後急死。CIAは「日本及び米国政府の双方にとって実に不運だ」と報告した。ダレスが遺族に弔電を打った記録もある。
 結局、さらに2カ月後、鳩山が初代総裁に就任。CIAは緒方の後の政治工作対象を、賀屋興宣(かやおきのり)氏(後の法相)や岸信介幹事長(当時)に切り替えていく。
 加藤教授は「冷戦下の日米外交を裏付ける貴重な資料だ。当時のCIAは秘密組織ではなく、緒方も自覚的なスパイではない」と話している。【「アメリカよ」取材班】

【ことば】緒方竹虎
 1888年山形市生まれ。1911年早稲田大学卒業後、朝日新聞社入社。政治部長、編集局長、主筆を経て副社長。2・26事件で同社を襲った陸軍将校と対峙(たいじ)し名をはせた。国家主義者の頭山満や中野正剛らと親交があり、戦争末期に中国との和平を試みた。44年社主の村山家と対立し辞職。政界に転じ、小磯、東久邇両内閣で情報局総裁。46年公職追放、51年解除。52年に吉田首相の東南アジア特使となり自由党から衆院議員当選。吉田内閣で官房長官や副総理を務めた。保革2大政党制や再軍備が持論で、54年に保守合同構想を提唱、自由党総裁に。55年11月の保守合同後、自由民主党総裁代行委員。56年1月死去。

◇解説「米の影響下」鮮明 日ソ接近防ぐ目的
 CIAの「緒方ファイル」は、戦後の日本政治が、東西冷戦の下、水面下でも米国の強い影響を受けながら動いていた様を示している。米情報機関が日本の首相を「作り」、政府を「動かせる」という記述は生々しい。
 CIAが日本で活動を本格化したのは、サンフランシスコ講和条約・日米安保条約が発効した52年からだ。米国では翌53年1月、共和党のアイゼンハワー政権が誕生。同7月の朝鮮戦争停戦を受け、新たなアジア戦略を打ち出そうとしていた。
 それがCIAの積極的な対日工作を促し、日ソ接近を防ぐ手段として55年の保守合同に焦点をあてることになった。当時の日本政界で、情報機関強化と保守合同に特に強い意欲を持っていた緒方にCIAが目をつけたのは当然でもあった。
 ただ、CIAの暗号名を持つ有力な工作対象者は他にもいた。例えば同じ時期、在日駐留米軍の施設を使って日本テレビ放送網を創設するため精力的に動いていた正力松太郎・読売新聞社主(衆院議員、初代科学技術庁長官などを歴任)は「PODAM(ポダム)」と呼ばれていた。
 加藤哲郎・一橋大大学院教授(政治学)によると、「PO」は日本の国名を示す暗号と見られるという。また、山本武利・早稲田大教授(メディア史)は「CIAは、メディア界の大物だった緒方と正力の世論への影響力に期待していた」と分析する。
 暗号名は、CIAが工作対象者に一方的につけるもので、緒方、正力両氏の場合、いわゆるスパイとは異なるが、CIAとの関係は、メディアと政治の距離も問いかける。
 時あたかも、政権交代をかけた衆院選が1カ月余り後に行われる。自民党結党時の政界中枢にかかわる裏面史が、この時期に明るみに出たのも因縁めく。
 また、自民党に代わり政権を担おうとしている民主党が、ここに来て、対米政策を相次いで見直したのは、日本の政界が、政党の新旧を問わず、半世紀以上前から続く「対米追随」の型を今なお引きずっているようにも見える。【後藤逸郎】

2009年7月27日月曜日

CX 強度不足解決できず

CXは強度不足の解決ができないようだ。
次期輸送機(CX)開発をめぐって、試作機の製作段階で発覚した機体の
強度不足が解決できず、当初07年夏に予定されていた初飛行が現時点でも
見通しさえ立っていないことが分かった。
自衛隊幹部は「民間機と比べ輸送機の強度計算は複雑なので、機体の設計
も難しい。C1以来、40年近く国産で輸送機を作っておらず、技術が伝承
できていない、という防衛産業が抱える課題が根底にある」と指摘する。

荷重を加えると水平尾翼の一部が盛り上がったり主脚が傾いて胴体部と
接触したりすると言うが、当初の主脚を支える胴体フレームの強度不足は
1年かけても直ならなかったようだ。
MHIが担当したようだが、KHIの要求仕様が不足していたのか、MHIの設計
が間違っていたのか、報道からはわからない。

日進月歩で技術は進み、材料も理論も違うのに、自衛隊幹部の言う
「40年前の技術を伝承されても迷惑」でしかない。問題なのは、
開発経験が皆無なことだろう。
米国では、大学生に旧型の戦闘機を使って、航空理論の裏付けをさせる
場合もあるようだ。
航空機の開発は、チーム単位の場合が多く、産業が行き詰まり、人余り
となれば、優秀なチームはバラバラになり、車両、船舶等に派遣される
らしい。航空機の開発周期は長いし、機種も少なければ、経験のある
技術者は育たないだろう。


---空自次期輸送機、飛べるのはいつ 強度不足解決できず---
2009年7月25日10時3分
http://www.asahi.com/national/update/0725/TKY200907250001.html

 航空自衛隊の主力輸送機C1の後継の次期輸送機(CX)開発をめぐって、試作機の製作段階で発覚した機体の強度不足が解決できず、当初07年夏に予定されていた初飛行が現時点でも見通しさえ立っていないことが分かった。量産化の予算計上も見送られており、12年度に始まる予定だった部隊での運用も大幅に遅れる公算だ。C1の退役を遅らせる必要があり、空自の輸送業務に支障が出る可能性も出てきた。
 防衛省によると、当初の計画では、主担当企業である川崎重工業が07年夏ごろに社内で試作機の初飛行を実施。08年3月末に試作機1号機を、09年度半ばに試作機2号機を防衛省側に引き渡す予定だった。その後は防衛省が飛行試験を重ねながら改良を加える計画だった。
 ところが、07年5~7月、強度試験用に同省に納入された試作機を使って同省技術研究本部が調べたところ、荷重を加えると水平尾翼の一部が盛り上がったり主脚が傾いて胴体部と接触したりするなど、構造上の強度不足が次々と明らかになった。08年度から始まる予定だった量産化の機体調達のための予算計上も見送りが続いている。
 防衛省幹部は「事実上、設計やり直しの状態。部隊での運用も当初予定より大幅にずれ込むだろう」と話す。
 胴体部の太さが前部から後部までほぼ均一な民間機の形状と比べ、物資の出し入れのため尾翼下の後部扉が開閉する輸送機の構造は、胴体後部が胴体前部よりかなり細いのが特徴。また、CXはデザインも重視して機体の背中の部分をかなり平べったい形状にしており、強度不足につながっている、との分析も防衛省内にはあるという。自衛隊幹部は「民間機と比べ輸送機の強度計算は複雑なので、機体の設計も難しい。C1以来、40年近く国産で輸送機を作っておらず、技術が伝承できていない、という防衛産業が抱える課題が根底にある」と指摘する。

 CXの実用化が遅れる間は、運用開始から35年以上たつ現在のC1の退役を遅らせて「時間を稼いで延命する必要がある」(防衛省幹部)という。
 耐用年数を延ばすためには、C1の飛行時間を少しずつでも減らす工夫が必要。本来、C1が担っている国内の輸送業務の一部を民間航空機や地上の輸送に振り替えたり、もう一つの固定翼輸送機であるC130(16機保有)に代用させたりするなどの案が検討されている。
 ただ、C130はイラクでの多国籍軍のための輸送任務が終わったことで一時期よりは運用に余裕が出てきたとはいえ、「今後、海外で新たな輸送任務が課せられた場合、足りなくなる」(自衛隊幹部)との懸念もぬぐいきれない状態だ。(土居貴輝)

 〈次期輸送機(CX)〉 73年に運用が始まった航空自衛隊の現在の主力輸送機C1(26機保有)が耐用年数を迎えるため、防衛省が01年度から開発を進めている次期輸送機。40機を調達する予定。海上自衛隊のP3C哨戒機の後継機「PX」と同時開発を進めており、開発費はCXとPXあわせて約3400億円。
 C1が貨物を2.6トン積んだ際の航続距離が1700キロであるのに対し、CXは12トン積んだ際の航続距離が6500キロと、輸送力が大幅に向上する。

2009年7月26日日曜日

高齢者 働くことしか才能がない

高齢者は「働くことしか才能がない」らしい。
麻生首相は、横浜市内で開かれた日本青年会議所の会合であいさつし、
「日本は65歳以上の人たちが元気だ。介護を必要としない人たちは
8割を超えている」としたうえで、「元気な高齢者をいかに使うか。この
人たちは働くことしか才能がない。働くということに絶対の能力がある。
80(歳)過ぎで遊びを覚えるのは遅い」と語った。

国民代表として、選挙で選ばれ、議院内閣制で与党が選んだアスホール。

「BWMが欲しい」、桃色背広の脱税校長、酩酊状態で記者会見に出席し、
美人記者の接待のせいにしたり、記者会見で「あいつ」呼ばわりする同類
もいる。
人の「人生は色々」だが、「美しい日本」と言っても、
「せいぜい頑張って下さい」と言われ、「ミゾウユー(未曾有)」のこと
ばかりが発生し、ストレスで体調を崩す。ストレス解消に一般人がいない
ホテルの飲み屋に通い、いさめられても「私は客観的に自分を見れるん
です」と聞く耳を持たない。
「自殺は遺伝」と言う「死神」は離れたが、小娘が「大臣になれたのは
子供がいたから」と「女は産む機械」とする見かたは変らない。
「ぶっ壊すために火の玉になる」、「原爆被害はしょうがない」と言う
やつもいれば、異性にだらしない子分もいる。
マンガばかり読んでいたため、現実を理解できず、演説のウケ狙いは
傷口が広がり、致命的なカイガ(怪我)となる。
景気を良くすると国民に小遣いを与えても、関係者への褒美を忘れない。
マスコミから批判を受ければ、「あなたとは違うんです」と言う。

「そのまんまパンダ作戦」が失敗したため、「国民の程度が知れる」と
「高齢者は働くしか才能がない」「高齢者は遊べない」からと、高齢の
支持者に対して、投票には行かず、働いてくれと依頼したようだ。
まだ話は続くのか。


---麻生首相、高齢者は「働くことしか才能がない」---
2009年7月25日13時27分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090725-OYT1T00493.htm

 麻生首相は25日午前、横浜市内で開かれた日本青年会議所の会合であいさつし、「日本は65歳以上の人たちが元気だ。介護を必要としない人たちは8割を超えている」としたうえで、「元気な高齢者をいかに使うか。この人たちは働くことしか才能がない。働くということに絶対の能力がある。80(歳)過ぎで遊びを覚えるのは遅い」と語った。
 高齢者に働いてもらい、活力ある高齢化社会を目指す考えを示したものだが、高齢者をやゆしたともとれる表現に批判が出る可能性もある。


---麻生首相:高齢者「働くしかない」発言 首相発言の要旨---
毎日新聞 2009年7月26日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090726ddm002010126000c.html

 麻生太郎首相の25日の高齢者に関する発言要旨は次の通り。
 日本は65歳以上の人たちが元気。65歳以上の人たちで、働ける健康な人、いわゆる介護を必要としない人は実に8割を超えている。
 元気な高齢者をいかに使うか。この人たちは皆さんと違い働くことしか才能がないと思ってください。働くということに絶対の能力がある。80過ぎて遊びを覚えても遅い。遊びを覚えるなら青年会議所の間ぐらい。そのころから訓練しとかないと。60過ぎて、80過ぎて手習いなんて遅い。
 働ける才能をもっと使い、その人たちが働けるようになれば、その人たちは納税者になる。税金を受け取る方ではない。行って来いで、日本の社会保障は違ったものになる。どうしてそういう発想にならんのか。明るい高齢化社会、活力ある高齢化社会。これが日本の目指す方向だ。活力ある高齢化社会の創造に成功したら、世界中、日本を見習う。


---麻生首相「高齢者は働くことしか才能ない」 活力社会巡り発言---
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090725AT3S2500A25072009.html

 麻生太郎首相は25日午前、横浜市内で開かれた日本青年会議所(JC)の会合でのあいさつで「日本は65歳以上の人たちが元気。その元気な高齢者をいかに使うか。この人たちは皆さんと違って働くことしか才能がないと思ってください」と述べた。
 高齢者の勤労を促すことが、社会保障制度の安定や活力ある高齢化社会を作るとの考えは首相の持論。ただ発言は高齢者への冷やかしともとれる表現だけに、言葉足らずとの見方もある。
 首相は「80を過ぎて遊びを覚えても遅い。遊びを覚えるなら青年会議所の間くらいだ」とも指摘。「60過ぎて、80過ぎて手習いなんて遅い。働ける才能をもっと使ってその人たちが働けばその人たちは納税者になる。日本の社会保障は全く違うものになる」と語った。 (13:29)

アリコ情報流出 内部犯行か

アリコの情報流出は、内部犯行の可能性があるとのこと。
アリコジャパンの顧客のクレジットカード情報が流出した問題で、アリコ
によると顧客情報を管理する基幹システムにアクセスし、情報を引き出せる
従業員は約40人。基幹システムは外部の回線と直接接続されておらず、
情報を記録媒体に移すことも原則禁じている。
今回流出したとみられるクレジットカード番号などの個人情報は最大11万件。
すでに複数のカード会社から不正利用に関する照会を1千件以上受けた。

アリコの保有契約640万件のうち、カード決済による契約は74万件。
閲覧可能な人は40人。契約者からの問合せは8500件。
不正利用に関する照会は1000件以上。

基幹システムから記録媒体に移すことは原則禁止とのことだから、外部記憶
装置と記録媒体を持参し、意図的に複写したことになる。
情報流出の可能性は低い。
閲覧可能者の身辺調査をすれば、ある程度容疑者は絞れる。

不正カード照会件数が多い。
最近のクレジットカードは、パスワードが必要なものが多い。
保険契約時、パスワードは明記しないので、販売業者の情報保全が厳格で
あれば、不正使用は、対人の場合が多いと言うことになる。
たどれば不正使用した犯人はみつかる。時間だけの問題だ。
現金に換金しやすい宝飾品や電化製品を1日で数十件購入でも、不正使用犯
は数十人いることになる。規模が大きい。

以前、金融機関合併の競争入札で、情報流出が原因と思われたため、落札
できないことがあった。
アリコに魅力を持つ金融機関は大分減少したと思う。

三菱UFJ証券の事件では元部長代理が会社の個人情報のデータを持出し、
名簿業者などに売却した。
ソニー損害保険は、顧客320人の名前や銀行口座番号などが記載された
書類を紛失。
りそな銀行は、伝票やATMの利用明細などに記載された個人情報に関する
約33万件の資料を廃棄(?)した可能性がある。

金融危機から、金融機関のリストラで、個人情報の漏洩、流出する報道が
増加。米金融機関のように政府の指示に従わないと報復されるケースの
ように見える。


---アリコの顧客情報流出、内部持ち出し可能性も---
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090725AT1G2501U25072009.html

 外資系生命保険会社アリコジャパン(東京)の顧客のクレジットカード情報が流出した問題で、同社は25日、従業員が顧客情報を持ち出した可能性も含めて内部調査を進めていることを明らかにした。
 アリコによると、顧客情報を管理する基幹システムにアクセスし、情報を引き出せる従業員は約40人。基幹システムは外部の回線と直接接続されておらず、情報を記録媒体に移すことも原則禁じている。
 アリコは情報管理の専門家の協力も得て、情報流出の原因を特定する方針。従業員による持ち出しと、外部からの不正アクセスという両面から調査を進めている。
 今回流出したとみられるクレジットカード番号などの個人情報は最大11万件。すでに複数のカード会社から不正利用に関する照会を1千件以上受けた。 (25日 23:47)


---アリコ情報流出、従業員関与か…閲覧40人に権限---
2009年7月25日12時15分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090725-OYT1T00434.htm

 外資系生命保険アリコジャパンから保険契約者のクレジットカード情報が大量に社外流出し、不正使用された問題で、アリコが、従業員によって情報が持ち出された可能性もあるとみて内部調査を進めていることが、25日までにわかった。
 契約者の個人情報を直接閲覧できるのが一部の従業員に限られていたためだ。
 アリコや関係者によると、契約者情報を管理している社内のシステムは、外部の回線には直接接続されておらず、情報を引き出せるのは特別な権限を持つ従業員約40人に限られていた。
 アリコは、従業員が引き出したデータが社外に持ち出された可能性もあるとして、情報セキュリティーの専門家にも協力を求め、流出経路の特定を急いでいる。
 今回の問題では、契約者11万人分の情報が流出した恐れがあり、クレジットカード会社から不正利用の可能性が高いとみられる約1000件がアリコに照会されている。


---アリコ顧客情報流出で問い合わせ殺到、情報管理システムの不備指摘---
2009年07月25日 11:12更新
http://jp.ibtimes.com/article/biznews/090725/38001.html

 米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)傘下の生命保険会社アリコジャパン(東京)が11万件の顧客情報が流出したとみられる問題で与謝野財務・金融相は24日の閣議後会見で、情報管理態勢が十分に対処したかどうか、金融庁として調べる方針を示唆した。証券と銀行には情報管理について、金融取引の基礎であり、個人情報保護の観点からも適切な管理が重要と指導していた。保険業界では初めて。
 アリコジャパンはクレジットカード決済で契約している顧客情報の一部が流出している可能性が極めて高いと判断し、情報流出の可能性があると現時点で判断される顧客について書面で連絡を24 日より開始した。専用の問い合わせ窓口に24日、契約者から約8500件の問い合わせがあった。アリコジャパンの顧客情報流出問題でいまだに流出経路が判明せず、顧客管理の重要性が改めて問われている。


---情報管理徹底 保険にも要請 アリコ流出問題で金融庁方針---
2009/7/25
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200907250096a.nwc

 生命保険会社のアリコジャパンから11万件の顧客情報が流出したとみられる問題で、金融庁は24日、保険業界に週明けにも情報管理の徹底を要請する方針を固めた。同様の要請はすでに証券と銀行業界に行っているが、保険業界に対しては初めて。
 今回の問題は、情報流出が原因でクレジットカードを不正使用された可能性が高く、事態は深刻だ。金融業界では過去にも三菱UFJ証券で元社員が顧客情報を持ち出し逮捕されたほか、紛失も後を絶たない。顧客の財産を預かる業界だけにより徹底した個人情報の管理が求められる。
 「電子化された情報はインターネットでも簡単に送れる。刑法上の対処を法務省など専門家の間で検討してほしい」。与謝野馨財務・金融担当相は24日の閣議後会見で、アリコの個人情報流出問題についてこう指摘し、新たな法律上の対応も必要との見解を示した。
 金融庁はアリコから事情を聴くとともに情報の管理体制に問題がなかったかを調べており、三国谷勝範長官は「大変遺憾。組織として(個人情報を)適切に管理する体制にあったのかどうか」と厳しい姿勢で対応する方針だ。もし体制に不備があれば、業務改善命令などの行政処分に踏み切る構えだ。
 今回の問題はアリコに大きな衝撃を与えた。
 流出可能性のある個人情報の11万件のすべてが通信販売による契約者だったからだ。通販による保険の契約者はカード決済を利用することが多く、アリコの保有契約640万件のうち、カード決済による契約は74万件に上ぼる。信頼を失えば解約の増加につながりかねない。
 米保険大手AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)傘下にあるアリコは、AIGの経営危機を受け、売却交渉のさなかにある。今回の問題が交渉に影響する可能性もある。アリコは対策本部を社内に設置し、原因究明を急いでいる。同社では「内部からの持ち出しと外部アクセスの両方の可能性がある」としている。
 三菱UJF証券の事件では元部長代理が会社の個人情報のデータを持ち出し、名簿業者などに売却した。ソニー損害保険は、顧客320人の名前や銀行口座番号などが記載された書類を紛失。アリコの問題を対岸の火事にせず、個人情報の管理のあり方を見直す必要がありそうだ。(滝川麻衣子、藤沢志穂子)


---アリコ情報流出、問い合わせ8500件---
2009年7月24日23時13分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090724-OYT1T01085.htm?from=nwla

 外資系生命保険のアリコジャパンから、契約者のクレジットカード情報が社外に流出した問題で、アリコは24日、契約者らから1日で約8500件の問い合わせがあったことを明らかにした。
 多くは自分のクレジットカード情報が流出していないか確認を求めるものだが、解約の申し入れもあったといい、契約者の間に不安が広がっている。
 問い合わせではこのほか、カード払いの契約者から「カードの不正使用を防ぐにはどうすればよいのか」との質問が多く、アリコの情報管理体制への苦情も寄せられた。契約者以外からの批判の声もあったという。
 アリコはカード払いの契約者に、クレジットカードの利用明細を点検し、不正使用が疑われる支払いがある場合には、すぐにカード会社に連絡するよう注意を促している。
 アリコは情報流出を公表した23日に問い合わせ相談ダイヤルを設置し、約200人体制で対応している。


---金融相「情報管理厳しく対処を」 アリコ流出問題で---
2009.7.24 12:30
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090724/fnc0907241232009-n1.htm

 与謝野馨財務相兼金融相は24日、閣議後の記者会見で、生命保険大手アリコジャパンの顧客情報が流出したとみられる問題について「重要な情報を扱っている会社はたくさんあり、情報管理は一段と厳しく対処してほしい」と述べた。
 今回は顧客のクレジットカードの不正使用が確認されており、顧客名簿などの悪用は「社会的な被害が非常に大きい」と指摘。流出事件に対する刑法の罰則強化を検討すべきだとの考えをあらためて示した。


---アリコジャパン、顧客情報11万件流出の恐れ カード不正使用相次ぐ---
2009年07月23日 21時43分 更新
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0907/23/news105.html

 アリコジャパンは、同社の顧客の個人情報最大11万件が流出した恐れがあると発表した。顧客のクレジットカードが不正利用されているという連絡がカード会社から相次ぎ、判明した。
 アリコジャパンは7月23日、同社の顧客の個人情報が流出した恐れがあると発表した。顧客のクレジットカードが不正利用されているという連絡がカード会社から相次ぎ、判明した。
 流出した恐れがあるのは、2002年7月~08年5月までに同社に直接申し込んだ顧客のうち、カードで保険料を支払い、証券番号の下1けたが「2」か「3」の顧客で、最大11万件に上るという。流出経路や原因は調査中。
 7月14日以降、カード会社から不正利用に関する照会を約1000件受け、社内調査したところ、流出の恐れがあることが分かった。


---アリコ:通販への信頼失墜 顧客情報流出---
毎日新聞 2009年7月23日 21時14分(最終更新 7月23日 21時31分)
http://mainichi.jp/select/biz/news/20090724k0000m020074000c.html

 アリコジャパンから顧客情報が大量流出し、クレジットカードが不正利用された問題は、同社の営業の生命線である通信販売への信頼を失墜させるものだ。親会社の米AIGの経営危機で業績が悪化したアリコは売却対象となっている。AIGグループから離れて再建を目指す方針を示してきたが、今回の問題が売却交渉に影響を及ぼす可能性もある。
 アリコは76年から日本で初めて保険通販を開始した。死亡保障保険や医療保険を中心にテレビCMなどで宣伝し、電話やインターネットで加入を受け付け、保険料はカードで支払える。営業職員主体の国内生保に比べて、人件費が抑えられ、格安の保険料や手軽さを売り物に業績を伸ばしてきた。
 だが、流出の可能性が高いという最大11万件の顧客情報はすべて通販で保険料はカード払いといい、同社の武器が裏目に出た格好だ。流出経路は調査中だが、通販の根幹の顧客情報システムの管理体制の甘さを露呈した。金融庁の三国谷勝範長官も23日の会見で「会社組織のあり方にも問題がある」と事態を重視し、業務改善命令も視野に入れながら、説明を求める考えを示した。
 アリコは保有するAIG株が急落したため多額の損失処理を余儀なくされ、09年3月期決算は最終(当期)赤字が2828億円にも上った。AIGの経営問題などが響いて個人向け保険の新契約件数も前年度割れした。
 AIGはリストラのため、アリコジャパンも含めた米アリコの売却を表明したが、交渉は難航しているとされる。さらに、今回の情報流出問題がアリコの先行きに影を落としそうだ。【宇都宮裕一、井出晋平】


---アリコの顧客情報11万人分流出、カード不正使用も---
2009年7月23日20時58分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090723-OYT1T00721.htm

 外資系生命保険のアリコジャパンは23日、顧客のクレジットカード情報が外部に流出し、不正使用されている可能性が極めて高いと発表した。
 クレジットカードを使って保険料を支払っている契約者11万人分の顧客情報が流出した恐れがあるという。アリコには、クレジットカード会社から不正使用の可能性が高いと思われる約1000件が照会されている。アリコは特別対策本部を設置して調査を進めるとともに、契約者に注意を呼びかけている。
 アリコジャパンによると、今月初めから契約者が保有するクレジットカードの情報を不正に使ってインターネット経由で家電を買った事例などが確認された。19日に警視庁にも相談しているが、「流出した情報の内容、流出経路などは現時点では全くわからない」(広報)という。被害額や被害件数なども判明していない。
 カード情報の不正使用は、複数のクレジットカード会社の利用者で発生している。いずれのカード保有者もアリコの保険料をカードで支払っていた。複数のクレジットカード会社が今月14日以降、アリコに照会し、カード情報が流出した可能性があることをアリコが把握したという。
 ただ、不正使用額は、クレジットカード保有者に請求される前にカード会社側が把握しており、カード保有者に実害はほとんど出ていないという。
 アリコによると、情報が流出した可能性が高い顧客は〈1〉2002年7月~08年5月に通信販売でアリコの生命保険に加入〈2〉保険料支払いにクレジットカードを利用〈3〉保険の証券番号の下1ケタが「2」または「3」――のすべてに該当する契約者で、同社の契約件数約718万件のうちの約11万件にあたるという。対象者は今後増える恐れもある。
 金融庁の三国谷勝範長官は23日の記者会見で、「顧客情報の紛失が発生していたことは大変遺憾だ。問題があれば監督上の対応を行う」と述べ、行政処分を検討する考えを示した。
 アリコは23日、問い合わせ専用ダイヤル(0120・030・655)を設置した。24日からは、カード情報が流出した可能性がある契約者に文書を発送し、身に覚えのないクレジット代金の請求がないかどうか確認するように呼びかける。
 アリコジャパンは、米保険大手AIGの子会社であるアリコ(正式名アメリカン・ライフ・インシュアランス・カンパニー)の日本支社で、1973年に外資系生命保険会社第1号として日本人向けに営業を始めた。2009年3月期決算の保険料等収入は1兆4144億円で生保6位。


---情報流出が相次ぐ、りそな銀行とアリコで発生---
2009年07月23日 20時14分 更新
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0907/23/news098.html

 りそな銀行とアリコで、数十万件以上の顧客情報が流出した疑いのある事件が相次いで発生した。
 りそな銀行とアリコジャパンで顧客情報が流出した疑いのある事件が相次いで発生した。流出規模はいずれも数十万件に上るとみられている。
 りそな銀行では7月22日、伝票やATMの利用明細などに記載された氏名や住所、口座番号、取引種類、金額などに関する約33万件の資料が流出したことが判明した。
 内部調査の結果、これらの資料は保管期間を経過した書類に混入するなどして、社内で誤って廃棄した可能性が高いという。不正な持ち出しなどの可能性は極めて低いとし、事件に関係するとみられる被害は確認されていない。
 同社では、従来から情報管理の重要性を社内に徹底していたといい、事件発生について顧客へ謝罪するとともに再発防止に向けた情報管理を再度徹底すると表明した。
 アリコジャパンでは、14日以降にクレジットカード会社から顧客のクレジットカードの不正使用に関する照会が相次ぎ、社内調査の結果、23日に一部の顧客情報が流出した疑いがあると発表した。
 流出した可能性のある情報は、2002年7月~2008年5月までに同社へ直接申し込みをした顧客のうち、クレジットカードで同社への保険料を支払っている、証券番号の下1けたが「2」または「3」を含む契約の顧客に関連したもの。流出の原因や規模は調査中としているが、11万件以上に上る可能性があるという。
 同社では24日から書面で顧客へ通知するとともに、不正使用がないか利用明細を確認するよう呼び掛けている。

2009年7月25日土曜日

国民の程度

国民の程度は低いらしい。
「(麻生首相は)字が読めないらしいなんて言って楽しんでいる。
役員人事だろうが、閣僚人事だろうが(首相がぶれたとか)そんなことは
どうでもいい。しかし、そのことの方がみんな面白い。それが国民の程度
かもしれない」
細田氏は、この発言を「真意でない。誤解を招く」として謝罪、撤回した。

選挙結果が思い通りにならない時に、多くの人が「国民の程度は低い」と
思う。
投票が終了していないのにも関わらず、「国民の程度(は低い)」と言い切った
腐った魚の目を持つ幹事長。
自民党は「バカなヤローの選挙」の勝負を捨てたのだろう。

公示ではないので、今なら好き勝手できるCMが話題。
自民党のCMに対する勝手連のCMに納得する。
米大統領選挙のように投稿動画が話題になり、選挙アイドルが出現するかも
しれない。
恒例のいちゃつき夫婦の選挙専門タレントが、今回はまだ見えないようだ。


【自民党ネットCM】プロポーズ篇


【自民党ネットCM】論より実行篇


「某与党のアニメへ自主制作で反証」勝手ネットCM


---『それが国民の程度かも』 細田幹事長すぐ撤回 首相批判にいらだち---
2009年7月25日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2009072502000098.html

 「(麻生首相は)字が読めないらしいなんて言って楽しんでいる。役員人事だろうが、閣僚人事だろうが(首相がぶれたとか)そんなことはどうでもいい。しかし、そのことの方がみんな面白い。それが国民の程度かもしれない」
 自民党の細田博之幹事長は二十四日、本紙などのインタビューで、麻生政権が力を入れている景気対策の実績が「国民に伝わらない」と不満を述べる一方で、首相批判報道にいらだちをぶつけた。
 細田氏はインタビュー後、この発言を「真意でない。誤解を招く」として謝罪、撤回した。


---細田・自民幹事長:「首相ぶれた」と皆、楽しんでいる 「国民程度表す」---
毎日新聞 2009年7月25日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090725ddm002010094000c.html

 自民党の細田博之幹事長は24日、毎日新聞などとのインタビューで、「(報道機関は麻生太郎首相が)『字が読めない』『ぶれた』と言って楽しんでいるが、たいしたことはない」との認識を示した。さらに「そのことの方が皆、面白いんだ。日本国の程度を表している。国民の程度かもしれない」と語った。
 細田氏はインタビューで、首相の失言などを取り上げたマスコミ報道についても「そういうことしか、主として取り上げない。電話で調査して支持率は何%と、いいかげんにしてくれという感じだ。聞いて意味がありますか」と批判。細田氏は終了後、「真意ではない」として、一連の発言を撤回した。【塙和也】


---民主党、公明党・太田代表の地元・衆院東京12区に青木 愛参院議員を擁立すると発表---
FNN 07/25 01:42
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00159743.html


http://www.fnn-news.com/news/video/wmv/nj2009072402_hd_300.asx


公明党の太田代表の地元・衆院東京12区に、民主党は青木 愛参院議員を擁立すると発表した。相次ぐ刺客戦略で選挙戦が注目を集める中、選挙関連ビジネスにも熱い夏が到来している。
17日、「私は自由民主党の中では草食系でありまして、肉食系じゃないような気がしております。肉食系ばかりおりますからね」と、自らを「草食系男子」と表した自民党の細田幹事長。
24 日夕方、細田幹事長は記者団のインタビューで、「(麻生首相は)なんか字が読めないらしいですねなんて言って、それだけで楽しんじゃってる。ブレたらしいですねなんて、そんな大したことないんだよ、それは。役員人事だろうが、閣僚人事だろうが、そんなことどうでもいいことでしょう。だけど、そのことの方が面白いんだ、みんな。それは日本国の程度を表しています。そりゃしょうがない。そんなことを嘆いてもしょうがない。それは程度かもしれない。国民の程度かもしれないしね」と発言した。
その後、細田幹事長は「誤解を呼ぶ発言があった。真意ではない」と撤回した。
しかし、この発言は今後、波紋を呼ぶとみられている。
一方、民主党は、8月30日の衆院選に向けて新たな刺客作戦で攻勢に出た。
民主党・小沢代表代行の国替え出馬も取りざたされ、とりわけ注目を集めてきた東京12区。
太田代表への刺客として東京12区に送り込まれたのは、参議院からのくら替え出馬となる民主党の青木 愛氏。
小沢代表代行は「なんとしてもこの選挙区で勝つ候補者、そういう思いで」と述べた。
青木氏は「相手の方が公明党の党首でありますので、この選挙戦が大変厳しいということは、覚悟をしたうえでございます」と述べた。
しかし、小沢代表代行は「太田さん、そんなに強い候補だと思いません」と強気の発言で青木氏を推した。
太田代表は「厳しい選挙情勢だという認識をしておりまして、相手を私、十分よく存じておりませんけれども、なんとしても勝ち抜かなくてはいけないと」と述べた。
このほか、共産党の池内沙織氏と諸派・饗庭直道氏が東京12区から出馬する予定となっている。
一方、民主党の推薦で新党日本の田中康夫代表が兵庫8区から出馬し、公明党の冬柴元国交相と直接対決することになった。
民主党の鳩山代表は「民主党としても推薦を申し上げて、ご協力を積極的に申し上げたいと」と述べた。
田中代表は「か弱き人々に喜びと希望を与える国の仕組みを改める改革を、この尼崎の地から皆さまとともに行いたいと思っております」と述べた。
迎え撃つ冬柴元国交相は「よそから来たまったくこの地と関係のない人に、尼崎の地を譲るわけにはいきません」と述べた。
このほか、社民党の市来伴子氏、共産党の庄本悦子氏、諸派・角出智一氏が兵庫8区から出馬を予定している。
公明党に対して、刺客候補の狙い撃ちで揺さぶりをかける民主党だが、足もとを揺さぶるお家騒動が持ち上がった。
浅尾 慶一郎参院議員が民主党を離党し、神奈川4区から無所属で出馬することになった。
浅尾参院議員は「有権者との約束、それを実現するために挑戦し続ける姿を見せることが、私は大切なんではないかと」と述べた。
民主党から出馬する長島一由氏と事実上の分裂選挙になる。
このほか、自民党の林 潤氏、諸派・小原真理氏が神奈川4区から出馬を予定している。
投開票まであと37日。このまま民主党は追い風のままでいられるのか注目される。


---「国民の程度」低い? 細田幹事長発言、直後に謝罪---
2009/07/24 23:34 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009072401001012.html

 自民党の細田博之幹事長は24日、報道各社のインタビューで、麻生太郎首相の言動や党内の混乱を取り上げたマスコミ報道に関連し「(首相が見送った)役員人事だろうが、閣僚人事だろうが、どうでもいいことだが、その方がみんな面白いんだから。国民の程度かもしれない」などと述べ、怒りをあらわにした。
 内閣・政党支持率の低迷にいら立ちを爆発させたようだが、国民の政治意識は低いと指摘したとも受け取れるだけに、終了後に「誤解を招く表現だった。謝罪します」と述べ、発言を撤回した。
 インタビューで細田氏は、経済指標の悪化に触れ「これだけ落ち込みがある割に、何とか支えている。経済界は評価している」と指摘した上で「国民に伝わらない。(首相は)字が読めないらしいですねなんて楽しんじゃってる。ぶれたらしいなんて。大したことはないんだよ」と強調。さらに「日本国の程度を表している。それは程度なんだ。国民の程度かもしれない」と述べた。
 報道各社の世論調査についても「麻生さんをどう思いますか、鳩山由紀夫民主党代表とどっちがいいですかって、もういいかげんにしてくれっていう感じなんだけどね、本当は。それ聞いて何か意味ありますか」と不満をぶつけた。


---国民程度低い?自民・細田氏が発言撤回---
2009年7月24日22時27分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090724-OYT1T00993.htm?from=y10

 自民党の細田幹事長は24日の報道各社のインタビューで、自民党役員人事の見送りが大きく報じられたことについて、「役員人事だろうが閣僚人事だろうがどうでもいいことだ。だけど、その方がみんな面白いんだから。それは日本国の程度を表している。国民の程度かもしれない」と語った。
 細田氏はインタビュー後、「マスコミ批判をしようとしただけで、国民を批判したわけでない。誤解を招く表現なので、撤回して謝罪する」と報道各社に伝えた。役員人事を巡る混乱などで内閣支持率が低迷し、衆院選でも党の劣勢が伝えられるだけに、いら立ちが思わず口をついたようだ。


---細田氏「字読めぬ首相、と楽しんでる…それが国の程度」---
2009年7月24日22時13分
http://www.asahi.com/politics/update/0724/TKY200907240343.html

 自民党の細田博之幹事長は24日、党本部で朝日新聞などのインタビューに応じ、党役員人事をめぐる麻生首相の姿勢を問題視したマスコミの報道について、「大したことない。役員人事だろうが閣僚人事だろうが、そんなことどうでもよい」と批判した。そのうえで「それが国民の程度かもしれない」と矛先を国民にも向けた。その後、細田氏は「誤解を招く表現だった」と記者団に発言を撤回した。
 細田氏はインタビューで、麻生政権に関する報道について、「何が正しくて、どういう方向に行くべきかの座標を失ってウロウロ、(マスコミの)皆さんが磁石を失ってウロウロしているというのが私の分析だ」といらだちをあらわにし、「(首相が)字が読めないらしい、ブレたらしいと言って楽しんでいる。それは日本国の程度を表している」とも語った。

2009年7月24日金曜日

金正雲写真要求金額

テレビ朝日は金正雲の写真代金を支払ったのだろうか。
韓国国防省は、韓国人男性の写真を北朝鮮の金正日総書記の三男、正雲氏
だとしてテレビ朝日に提供した韓国軍の副士官を停職3カ月の懲戒処分にした。
副士官は写真を提供する際、テレビ朝日に金品を要求。軍幹部としての
品位を損ねる行為として処分の対象となった。

テレビ朝日が入手した偽写真は「韓国の信頼できる筋」らしいが、それは、
韓国陸軍の副士官 OH (24才)のようだ。請求額は、200万ウォン(約16万円)。
数年前に日本に研修に来ている間に何人かの日本の記者と知合いになった。
偽写真と知りつつ提供し、詐欺を働いたとのこと。
韓国の一部の人は、「韓国が提供した」とする偽写真に怒っていたようだが、
結局、テレビ朝日が正しかったことになる。

昔、勝谷誠彦がテレビ朝日の情報番組から降ろされた理由は、
「対馬を韓国人が占領している」とコメントしたことを駐日韓国大使が
見ていて、大使と知合いだったテレビ朝日の上層部(制作関係?)が、
圧力をかけたためと他の番組で暴露したことがあった。
テレビ朝日の信頼できる筋とは、こちら関係と思っていたが、そうでは
なかったようだ。

要求額は報道されているが、テレビ朝日が支払った代金は明記されていない。
他の関係者の写真も同程度の金額で売買されているのだろうか。


In-Depth Look - US Pacific Command - Bloomberg Bloomberg


テレビ朝日の金正雲の模造写真 韓国でも報道される


テレビ朝日の写真模造 韓国のせいにして韓国激怒


---金正雲氏「別人写真」:韓国陸軍兵士がテレビ朝日に提供---
毎日新聞 2009年7月23日 11時46分(最終更新 7月23日 12時02分)
http://mainichi.jp/select/world/asia/news/20090723k0000e030040000c.html

 【ソウル西脇真一】北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記の三男正雲(ジョンウン)氏(26)だとしてテレビ朝日が別人の写真を報じた問題で、韓国国防省は23日、テレビ朝日側に写真を提供したのが陸軍の兵士だったことを明らかにした。同省は保安規則違反で既にこの兵士を停職3カ月の懲戒処分としている。
 テレビ朝日は6月、「世界初 金正雲の最新写真を独自入手」との内容で男性の顔写真を報道。しかし、直後にこの顔写真が韓国の大手ポータルサイトの会員制ブログに掲示されている韓国人男性の写真と酷似していることが判明し、誤報と分かった。
 聯合ニュースによるとこの兵士は日本での研修経験があり、ネットカフェで顔写真を入手し提供。その際、金品を要求したことも発覚したという。
 テレビ朝日広報部は「情報源にかかわることなので、入手経路は言えない。写真提供者に金品は渡していない」と説明している。


---韓国、写真提供の軍副士官処分 テレ朝に金品要求---
2009年7月23日 11時10分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009072301000237.html

 【ソウル共同】韓国国防省は23日、韓国人男性の写真を北朝鮮の金正日総書記の三男、正雲氏だとしてテレビ朝日に提供した韓国軍の副士官を停職3カ月の懲戒処分にしたことを明らかにした。
 聯合ニュースによると、副士官は写真を提供する際、テレビ朝日に金品を要求。軍幹部としての品位を損ねる行為として処分の対象となった。
 副士官は日本での研修経験があり、インターネットで男性の写真を見つけてダウンロードし、「正雲氏の写真」として持ち込んだという。
 テレビ朝日は先月10日、男性の写真を「正雲氏の最近の姿」として放映。直後に別人との指摘が相次ぎ、翌日に誤報を認めた。テレビ朝日広報部は「詳細は言えないが、提供者に金品は渡していない」と話している。


---SKorean soldier punished for selling fake Kim photo---
AFP 20090723
http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5iB6n_Idkt3nfJH0lUe9JyjRXg9dA

SEOUL - A young South Korean soldier has been punished for selling a fake photo of the son of North Korean leader Kim Jong-Il, a report said Thursday.

Japan's TV Asahi in June aired what it called an exclusive image of Kim Jong-Un, thought to be the likeliest successor to his father.

It retracted its report after the picture turned out to be that of a South Korean construction worker. It said at the time its source for the photo was a "reliable person in South Korea."

A 24-year-old staff sergeant, identified by his surname Oh, demanded two million won (1,600 dollars) for the photo, Yonhap news agency Thursday quoted an unidentified army official as saying.

The official said Oh has been hit with a three-month suspension from duty.

"We believe he befriended some Japanese journalists while staying in Japan for study a few years ago," the official said. "He knew it was a fake photo before delivering it."

Oh escaped a tougher penalty because his act was not a breach of military security, the official said. "It was a scam perpetrated at an individual level."

International media know little about Jong-Un, Kim's youngest son -- who was reportedly schooled in Switzerland -- and have only shown his childhood photograph.

The construction worker was reportedly speechless at the attention his photo received. He said he posted it on a website merely to show others how closely he resembled the elder Kim.


---「金総書記二男は武器や原爆のない世界を夢見ていた」---
ニューズウィーク誌がスイス留学時代を紹介
申晶善(シン・ジョンソン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
2009/07/20 10:01:00
http://www.chosunonline.com/news/20090720000021

 「金正日(キム・ジョンイル)北朝鮮総書記の二男・金正哲(キム・ジョンチョル)氏は、スイスのベルン・インターナショナルスクール在学中、“武器や原爆がない世界”を夢見る作文を書いていた」と米時事週刊誌ニューズウィーク最新号(7月27日付)が報道した。同誌は「北朝鮮のファーストファミリー」に関する記事で、正哲氏のスイス留学時代について特に詳しく紹介した。
 同誌は、「正哲氏は自作の詩や短編小説を書いた。自作の詩の一部は学校の文集で紹介された」としている。1990年代半ば、正哲氏が6年生か7年生のときに「わたしの理想の世界(My Ideal World)」という題名の詩で、「僕がもし、僕だけの理想の世界を持つことができるとしたら、これ以上武器や原爆を許さないだろう。ハリウッド・スターのジャン=クロード・ヴァン・ダムと一緒に、すべてのテロリストをやっつけるだろう。麻薬を使う人をなくすだろう」と書いた。正哲氏が書いた短編小説の題名は「僕の父は幽霊だった(My Father Was a Ghost)」。「父親が幽霊を装い、主人公に付きまとうというあらすじだった」と同誌は報じている。
 学校側は「パク・チョル」という名前で入学した正哲氏について、「4年生だった1992年秋、当校(スイスのベルン・インターナショナルスクール)にリムジンで到着した。4年生にしては年齢が高そうに見える生徒と一緒だった」と同誌に語っている。少年二人は同年のクリスマスパーティーにも出席したが、英語ができないので、自己紹介ボードを持って立っているだけだったという。翌年1月には、そのときまでよく着ていた安っぽいポリエステルのトレーニングウエアではなく、ジーンズをはき始めた。ニューズウィークは、「年齢が高そうに見えた生徒は正哲氏のボディーガードだった」と報じている。
 正哲氏は内気で物静かなタイプだった。弟の金正雲(キム・ジョンウン)氏同様、バスケットボールが大好きで、アメリカのバスケットボール・チーム、シカゴ・ブルズのファンだった。しかし、本人はバスケットボールが得意ではなかったようだ。「同校のバスケットボール・チームに入ったのは、正哲氏のボディーガードだった」とニューズウィーク誌は報じている。

米牛肉製品の品質 不具合直らず

米牛肉製品の品質がまた落ちた。
厚労省と農水省は、東京都港区の業者が米国から輸入した牛肉810箱
(約16トン)の中に、輸入が禁止されている特定危険部位の脊柱がついた肉が
2箱見つかったと発表した。市場には流通していないという。
米国産牛肉の輸入再々開以降2件目。

一般的な品質管理をしている会社であれば、同様の不具合を連続して
出せば、納入先からは一時取引停止になり、原因究明から始まり、
不具合対策、システムの見直しの資料を提出し、再度不具合が発生しない
証明をして取引再開となるが、記事を読む限り、再度不具合が発生しない
証明を提出させていないように見える。
政府は、国内競合会社を守るために、また不具合を発生させたいのだろう。


---米輸入牛肉:特定危険部位の脊柱がついた肉2箱---
毎日新聞 2009年7月23日 東京朝刊
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1248330831

 厚生労働省と農林水産省は22日、東京都港区の業者が米国から輸入した牛肉810箱(約16トン)の中に、輸入が禁止されている特定危険部位の脊柱(せきちゅう)がついた肉が2箱見つかったと発表した。市場には流通していないという。
 特定危険部位は、牛海綿状脳症(BSE)の病原体が蓄積しやすいため輸入が禁止されている。危険部位を含んだ牛肉が見つかったのは、06年7月の米国産牛肉の輸入再々開以降2件目。


---米国産牛肉に危険部位 輸入再開後2例目---
2009年7月22日 19時42分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009072201000814.html

 農林水産省と厚生労働省は22日、米国から輸入された牛肉の中に、牛海綿状脳症(BSE)の原因物質がたまりやすく輸入が認められていない特定危険部位の脊柱が混入していた、と発表した。
 2006年夏の輸入再開後の違反事例は12例目で、特定危険部位の混入は2例目。両省は出荷元からの牛肉輸入を停止し、米農務省に原因究明を要請した。
 混入が見つかったのは、米カンザス州にあるクリークストーンファームプレミアムビーフ社の工場から出荷された冷蔵のバラ牛肉。21日に農水省の動物検疫所が東京港に到着した810箱(約16トン)のうち、28箱を検査したところ、2箱で衛生証明書に記載がない脊柱を含む牛肉が見つかった。残りの808箱に問題はなかった。
 日本は現在、脳や脊柱など特定危険部位を除去した生後20カ月以下の牛に限り、米政府が発行する衛生証明書を付けることを条件に米国産牛肉の輸入を認めている。06年1月に混入が発覚し、米国産牛肉の輸入を全面停止。輸入再開後、米国の41施設から計約14万8千トンを輸入しており、今回混入が判明した施設からは全体の約6%に当たる約9千トンを輸入していた。
 輸入元のスターゼンインターナショナル(東京都港区)によると、当該のばら肉は弁当の材料など業務用に卸す予定だったという。
(共同)


---米から輸入の牛肉、禁止部位・脊柱が混入---
2009年7月22日19時30分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090722-OYT1T00867.htm

 農林水産省と厚生労働省は22日、東京港に到着した米国産牛バラ肉など810箱(計約16トン)の中から、BSE(牛海綿状脳症)対策で輸入が禁止されている脊柱(せきちゅう)を含む肉2箱(計約50キロ)が見つかったと発表した。
 米クリークストーンファームプレミアムビーフ社工場(カンザス州)から、都内の食肉輸入会社が輸入したもので、両省は同工場からの牛肉の輸入手続きを停止し、米政府に調査を求めている。
 農水省によると、動物検疫所が21日にサンプル検査をしていて、外観が他と異なる箱が二つあるのに気づき調べたところ、脊柱が見つかった。
 脊柱は脳などとともに、BSEを引き起こす病原体が蓄積しやすい特定危険部位として、日本は輸入を禁止している。
 米国からの牛肉の輸入条件違反は、2006年7月の輸入再開以降、12例目。

北朝鮮制裁開始

北朝鮮の制裁が始まった。
国連安全保障理事会の制裁委員会は、北朝鮮の2回目の核実験に対する
安保理の制裁決議1874を受け、北朝鮮の核開発や研究部門を管轄する
原子力総局や貿易会社などと、同総局の李済善総局長らを新たな制裁対象
に指定したと発表した。
【団体】
南川江貿易:ウラン濃縮関連装置調達等
香港・エレクトロニクス:イランを拠点に資金移動
朝鮮ヒョクシン貿易会社、
原子力総局、朝鮮タングン貿易会社
【個人】
ユン・ホジン南川江貿易社長、李済善・原子力総局総局長、
黄錫夏同総局局長、リ・ホンソプ寧辺原子力研究センター元所長、
韓裕魯朝鮮竜岳山貿易総会社総社長
【禁輸品目】
放電加工機(EDM)用グラファイト、パラ系アラミド繊維

米上院は「北朝鮮のテロ支援国家再指定」を政府に検討され、現状の
報告書を提出させるようだ。
ブッシュ政権の際、テロ支援国家指定解除が行われ、報道では、二度と
テロ指定国家として指定されないとなっていたと思ったが、この話は
国家間の契約ではなく、ブッシュと金の二人の間だけの話なのだろうか。

好色クリントンとバカブッシュは、結果的に自国の金を北朝鮮に提供。
話合で解決と言っていた混血のオバマは無視するのが、精一杯。
他に何かできるのか。


---政府、北朝鮮の5団体5個人の資産凍結 国連委指名うけ---
2009年7月23日12時29分
http://www.asahi.com/politics/update/0723/TKY200907230178.html

 政府は23日、2度目の核実験を強行した北朝鮮に対する追加制裁措置を決めた。国連安全保障理事会の制裁委員会が渡航禁止や資産凍結の対象として指名した、北朝鮮の政府高官ら5人と兵器関連企業など5団体の資産を凍結する。24日付で通達を出す。
 対象は、平壌の核関連企業「南川江貿易会社」と同社の尹浩鎮(ユン・ホジン)代表や、北朝鮮原子力総局と同団体の李済善(リ・ジェソン)総局長、イラン・キーシュ島にある香港エレクトロニクスなど。


---「北朝鮮のテロ支援国家再指定を」 米上院可決---
2009.7.23 11:20
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090723/amr0907231121004-n1.htm

 【ワシントン=有元隆志】米上院は22日の本会議で、オバマ政権に対して、北朝鮮のテロ支援国家再指定を検討するよう求める意見を2010会計年度国防予算権限法案に付帯する修正案を賛成多数(66対31)で可決した。法的な拘束力はないものの、北朝鮮に対する議会の厳しい見方を反映しているといえる。
 ケリー上院外交委員長が提出した修正案では、北朝鮮を「北東アジア地域と世界の平和と安全にとって脅威」と指摘した。そのうえで、オバマ政権に対して、テロ支援国家再指定を検討するよう求めるとともに、北朝鮮がテロ支援を行っているか、大量破壊兵器を拡散しているかについて、30日以内に議会に報告するよう求めている。
 ブッシュ前政権は昨年10月、北朝鮮に対するテロ支援国家指定を解除した。しかし、北朝鮮は寧辺にある核施設の検証に応じなかっただけでなく、弾道ミサイル発射や核実験など挑発行為を繰り返している。

---安保理、北朝鮮高官ら5人を個人制裁---
2009年7月17日11時28分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090717-OYT1T00173.htm

 【ニューヨーク=吉形祐司】国連安全保障理事会の制裁委員会は16日午後(日本時間17日未明)、北朝鮮の2回目の核実験に対する安保理の制裁決議1874を受け、北朝鮮の核開発や研究部門を管轄する原子力総局や貿易会社など5団体と、同総局の李済善(リジェソン)総局長ら5人を新たな制裁対象に指定したと発表した。
 対北朝鮮制裁の対象に個人が指定されたのは初めて。禁輸対象リストにも2品目を追加した。
 個人は、李総局長のほか、寧辺(ヨンビョン)原子力研究センターのリ・ホンソプ元所長や南川江貿易のユン・ホジン社長ら。最終調整まで9人の名前が残ったが、中国やロシアが難色を示し、5人に減らされた。
 団体には、ウラン濃縮関連装置調達などにかかわっているとされる北朝鮮の「南川江貿易」や、イランを拠点に資金移動にたずさわっている「ホンコン・エレクトロニクス」が含まれる。北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け4月に指定された3企業を加えると指定対象は8団体になる。制裁委は、対象企業の子会社などを特定し、追加指定を検討する方針も決めた。
 国連加盟国は指定対象の団体、個人に対し、資産凍結や渡航禁止措置を科すことが義務づけられる。ただ制裁を実施しなくても罰則規定はない。中国、ロシアのほか、核、ミサイル開発で北朝鮮との協力が指摘されるイラン、シリアなどの履行が注目される。
 高須幸雄国連大使は制裁委の決定について、「評価、歓迎している。企業の子会社や核・ミサイルに必要な物品、技術についても引き続き作業することを決定したことは、決議1874を実効的に実施する観点から非常に重要な意義を持っている」と述べた。
国連安全保障理事会の制裁委員会が16日指定した制裁対象は以下の通り。

【団体】南川江貿易、ホンコン・エレクトロニクス、朝鮮ヒョクシン貿易会社、原子力総局、朝鮮タングン貿易会社
【個人】ユン・ホジン南川江貿易社長、李済善・原子力総局総局長、黄錫夏(ファン・ソクハ)同総局局長、リ・ホンソプ寧辺原子力研究センター元所長、韓裕魯(ハン・ユロ)朝鮮竜岳山貿易総会社総社長
【禁輸品目】放電加工機(EDM)用グラファイト、パラ系アラミド繊維


---【北制裁】5人の渡航を禁止、5社の資産を凍結 国連制裁委---
2009.7.17 01:38
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/090717/kor0907170139000-n1.htm

 【ニューヨーク=松尾理也】北朝鮮に対する国連安全保障理事会制裁決議で、具体的な制裁内容について協議を行っている制裁委員会は16日、資産凍結や渡航禁止の対象となる個人・団体のリストで合意した。
 国連外交筋などによると、個人の制裁指定では、核開発を担当する原子力総局の李済善総局長ら5人が含まれたもようだ。団体では南川江貿易など5団体・機関が新たな制裁対象に決まった。対北朝鮮制裁の対象に個人が指定されたのは初めて。
 日米などは、制裁の対象として、核・ミサイル関連の要職に就く北朝鮮高官ら15人のリストを提示。一貫して対北制裁に慎重な姿勢をみせてきた中国も、日米案に挙げられた全員ではないものの、個人への制裁指定については合意した。
 しかし、その他のメンバー国から個人指定の人数などについて異論があり、さらに、団体への制裁指定についても細部に意見の食い違いが残っていることから、今月12日に期限切れを迎えた後も、協議を継続していた。

2009年7月23日木曜日

新型インフル 把握中止

新型インフルの全数把握を中止するようだ。
厚労省は、感染症法施行規則を改正し、5月の国内発生以来続けてきた
新型インフルエンザ患者の全数把握を中止することを決めた。
学校などで集団感染が起きた場合の一部についてのみ報告を求める。

新型インフル感染者がインフルエンザ脳症を発症したとのこと。
今まで、新型では報告されていなかったようだが、タミフル投薬で症状
が安定したようだ。

タミフル耐性ウィルスは山口県でも見つかった。
濃厚接触者がタミフルの予防投与を受けていた時に発症したとのこと。

新型インフルも季節性インフルと同様の扱いとなった。
投薬で対処できるレベルだったので、まだよかったのかもしれない。
秋になり、新型インフルとは呼ばれず、季節性インフルと呼ばれるように
なるのだろうか。


---新型インフルエンザ:全数把握を中止 集団監視に切り替え--厚労省---
毎日新聞 2009年7月23日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090723ddm001040037000c.html

 厚生労働省は22日、感染症法施行規則を改正し、5月の国内発生以来続けてきた新型インフルエンザ患者の全数把握を中止することを決めた。大流行の恐れがある秋以降、新型か従来の季節性インフルエンザか確定する遺伝子検査の作業が追い付かなくなることが予想されるほか、どちらも治療法に大差がなく、確定診断そのものの必要性も低いため。24日からは、学校などで集団感染が起きた場合の一部についてのみ報告を求める。
 厚労省によると、22日午前11時現在、都道府県などから報告があった国内の新型インフルエンザ患者は4433人。秋以降に大流行した場合、数千万人の感染の恐れがあるとされる。既に米国など多くの発生国は患者の全数把握をしていない。
 新たな方針は、集団感染の早期発見に力点を置き、学校や職場など10人以上の集団で1週間に2人以上の疑い例が出た場合に限り、医療機関から保健所への連絡を求める。都道府県や政令市は原則的に最初の1例だけを遺伝子検査し、新型と確定すれば国に報告。それ以降は「疑い例」として届け出て、重症化したケースを除き遺伝子検査はしない。
 一方、ウイルスの毒性変化を監視するため、国内約500カ所の定点医療機関に限り、症状のある全患者の検体を採取し、集団感染でなくても遺伝子検査に回す。【清水健二】


---インフル感染者、急性脳炎を発症…国内で初---
2009年7月23日00時11分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20090722-OYT1T01216.htm

 厚生労働省は22日、国内で初めて、新型インフルエンザ感染者が急性脳炎(インフルエンザ脳症)を発症したと発表した。
 同省によると、今月19日、川崎市に住む7歳の小学生男児が、39度以上の熱を出した。翌日になっても熱が下がらず、幻覚を見るなど急性脳炎の症状を示したため、感染症指定病院に入院、新型インフルエンザと診断された。治療薬タミフルを投与され、22日には熱が36度台に下がったという。季節性インフルエンザにかかった未成年者が急性脳炎を発症すると、異常行動につながる場合がある。厚労省は「新型でも脳炎が起こることが分かった」として、感染した子どもの様子に注意するよう呼びかけている。


---塩野義製薬、インフル薬の症状回復時間が「タミフル」と同等以上---
2009年7月22日/日経産業新聞
http://health.nikkei.co.jp/news/top/index.cfm?i=2009072109016h1

 塩野義製薬は臨床試験(治験)が完了した注射剤のインフルエンザ治療薬「ペラミビル(一般名)」について、患者に投与してから症状が改善するまでにかかる時間が既存の「タミフル(製品名)」と同等以上だったことを明らかにした。新型インフルエンザ治療薬として期待されており、今後も安全性などのデータ解析を進め、年内に厚生労働省に承認申請する。
 このほどすべての治験を終え、回復時間などのデータを取得した。患者に投与してから症状が回復するまでにかかった時間は、小用量の300ミリグラムが78時間、600ミリグラムが81時間。タミフルを投与した場合と統計上は同じ性能だった。


---新型インフルエンザ:タミフル耐性、山口で2例目---
毎日新聞 2009年7月18日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090718ddm041040098000c.html

 山口県は17日、県内で新型インフルエンザ感染が確認された患者から、抗インフル薬「タミフル」に耐性を持つウイルスが検出されたと発表した。耐性ウイルスの確認は、2日の大阪府内の患者に次いで国内2例目。遺伝子の突然変異によるもので感染力は弱いといい、患者は既に回復したという。国立感染症研究所で耐性が確認された。【諫山耕】


---山口で国内2例目のタミフル耐性 予防投与で変異か---
2009年7月17日 19時00分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009071701000611.html

 山口県は17日、同県の新型インフルエンザ患者から採取したウイルスに、治療薬タミフルへの耐性を示す遺伝子変異が見つかったと発表した。大阪府での耐性確認に続き国内で2例目。患者はすでに回復し、周囲への感染は起きていない。
 山口県によると、患者は別の感染者の濃厚接触者で、タミフルの予防投与を受けていた時に発症した。体内で遺伝子の一部が変異したとみられ、県健康増進課は「治療の過程で生じた一過性のもので、感染が広がる恐れはない」としている。
 解析の結果、タミフル耐性を持つ季節性ウイルスと遺伝子が混ざった形跡はなく、同課は大規模な流行につながる可能性は低いとみている。
 山口県は「すでに患者が回復しており、感染予防の上で必要ない」として、患者の居住地や年齢、性別、発症日などを明らかにしなかった。
 14日に厚生労働省に報告。国立感染症研究所に詳しい検査を依頼し、17日に結果が出た。(共同)

金融危機 FRB関与か

米金融危機はFRB関与によるらしい。
FRBのバーナンキ議長は、下院金融委員会での議会証言の質疑応答で、
野党の共和党議員から「巨大銀行と組んで未曾有の金融危機を招いた」
と危機をめぐる政策対応で非難を浴びた。
議長は、金融市場の信認は厚いが、保険大手AIGの救済など巨額の公的
資金をつぎ込んでFRBの権限を拡大させすぎたとの厳しい見方もある。

FRBは「巨大でつぶせない」とAIGに公的支援を行い、金融機関の監督
権限の一元化を得るらしい。
FRBは、ロスチャイルド系、ロックフェラー財閥等の国際金融資本が、
現在でも大株主のようだ。この民間銀行が他の民間金融機関の監督
権限を持つのはやはりおかしいと思う。

日銀の金融危機分析した際の欲張った欧州銀行とはロスチャイルド系、
ロックフェラー財閥等から資金提供された銀行ということか。

米財務省は、ヘッジファンドや格付け会社への規制強化する法案を提出した。
可決すれば、本格的な社会主義の始まりと言われるのかも知れない。

the U.N. and black helicopters
the Fed and red money
green U.S. currency
とは具体的に何を指すのだろうか。


The Road To Recovery CBS


---米財務省、格付け会社の規制強化 SECへの登録義務付け---
2009年7月22日 10時51分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009072201000224.html

 【ワシントン共同】米財務省は21日、国債や社債など金融商品の投資評価をする格付け会社に対し、情報開示や証券取引委員会(SEC)への登録制を義務付けるなど規制を強化する法案を議会に提案した。
 法案によると、格付け先に対するコンサルティング業務を禁じ、格付け先が支払った報酬の情報開示を求める。また証券化商品について一般の社債と異なった表示をするよう要請。SEC内に監視部門を新たに設け、格付け会社の登録を義務化する。
 格付け会社は、サブプライム住宅ローン問題が表面化してから関連債権を組み込んだ証券化商品の評価を引き下げ、市場混乱の一因となったとされた。財務省は声明で「投資家はここ数年間、格付け会社に頼りすぎた」と指摘した。


---FRB議長が金融危機招いた 巨大銀行と組んだ、と議員非難---
2009年7月22日 09時19分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009072201000187.html

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は21日、下院金融委員会での議会証言の質疑応答で、野党の共和党議員から「巨大銀行と組んで未曾有の金融危機を招いた」と危機をめぐる政策対応で非難を浴びた。
 また、別の共和党議員は、金融機関の監督権限を新たにFRBに与えるオバマ大統領の法案を取り上げて「(失敗したら)納税者にツケが回ることになる誤った安心感」を生むだけだと批判した。
 議長は来年1月に任期切れが迫っており、再任問題が浮上。金融市場の信認は厚いが、保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の救済など巨額の公的資金をつぎ込んでFRBの権限を拡大させすぎたとの厳しい見方もある。
 議長は今回の議会証言で反論をしなかったが、米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、最近のインタビューで「1930年代型の大恐慌が起こる恐れがあったが回避できた」と述べ、サブプライム住宅ローン問題に端を発した金融危機をめぐるFRBと財務省の政策判断が正しかったとの立場を表明した。


---Bernanke Says Fed Polices Are Sowing Recovery---
JULY 22, 2009
By JON HILSENRATH
http://sbk.online.wsj.com/article/SB124818017847368353.html

Federal Reserve Chairman Ben Bernanke made a guarded declaration of success Tuesday before a skeptical and sometimes combative audience, saying Fed policies had helped to set the stage for a modest recovery this year.

In his semiannual testimony to Congress on the economic outlook, Mr. Bernanke laid out the case that growth is returning, saying businesses and consumers could be nearer to a resumption of spending after wrenching cutbacks. He also turned up the heat on Congress and the White House to get budget deficits under control or risk damaging the recovery.

"Aggressive policy actions taken around the world last fall may well have averted the collapse of the global financial system," Mr. Bernanke opened in his prepared testimony, adding later, "many of the improvements in financial conditions can be traced, in part, to policy actions taken by the Federal Reserve to encourage the flow of credit."

Michael Feroli, an economist at J.P. Morgan, called it, "one of the most pointed defenses of the Fed's actions so far" in the current crisis. It had a starkly political undertone, coming as lawmakers consider whether to rein in the Fed's autonomy in response to its controversial decisions in the crisis.

As markets reeled six months ago, the last time he formally briefed Congress on the economy, Mr. Bernanke offered a bleak outlook and vowed to use "all available tools" to stimulate growth.

The Fed projects the economy will be growing again by year end and will expand at a modest pace between 2.1% and 3.3% in 2010. But the job market -- another of the big risks to the outlook -- is expected to lag far behind, with the unemployment rate stalled well above 9% through 2009. The drag of high unemployment, Mr. Bernanke warned, could be a weight that holds back consumer spending and growth.

Investors were heartened that Mr. Bernanke made clear the Fed doesn't plan to raise interest rates from near zero until the job market shows clearer signs of improving and until the other kinds of economic slack -- like unused factory capacity -- are brought down. The Dow Jones Industrial Average rose 67.79 points, or 0.8%, to 8915.94. Prices on inflation-sensitive 10-year Treasury notes rose, pushing their yield down to 3.477%.

Mr. Bernanke also detailed his plans for how he will withdraw -- when needed in the future -- the hundreds of billions of dollars of cash the Fed has pumped into banks. The money went into banks to stop the market meltdown but could cause inflation if not withdrawn in time.

Though lawmakers were mostly respectful toward the Fed chairman, his reception showed he has a long way to go to win over congressional skeptics.

Lawmakers have attacked the Fed's rescues of big financial firms like American International Group Inc. and Bank of America Corp. Now they are considering proposals that would remake the way the central bank operates after the crisis. One popular proposal would subject Fed policy to congressional audits, something Mr. Bernanke strongly opposes. A plan by President Barack Obama would give the Fed more power to oversee big important banks, but many lawmakers are reluctant to add to the Fed's responsibilities.

"The Fed's made some big mistakes," Rep. Spencer Bachus of Alabama, the ranking Republican on the House Financial Services Committee, said before Mr. Bernanke started talking. "Historically, the board has done a poor job of identifying and addressing systemic risks before they become crises."

Mr. Bachus pointed to the near-collapse of CIT Group Inc. as the latest example -- it became a bank holding company under Fed supervision last December and required a private-sector rescue this week.

When Mr. Bernanke said congressional audits would expose the Fed to dangerous political pressure, the bill's sponsor, Texas Republican Rep. Ron Paul, shot back, "It's not like it's not politicized now."

Mr. Bernanke had a different critique of his own -- for Congress and the White House. Earlier this year, the Fed chairman supported the $787 billion fiscal-stimulus plan that passed against Republican objections. Tuesday, the Fed chairman said lawmakers now need to focus on reining in government budget deficits over the long run.

A deficit-reduction plan, he said, could yield immediate benefits in the form of lower long-term interest rates and improved business confidence. If the White House and Congress failed to produce a credible plan to reduce the deficit in the long-run, he warned, "we risk having neither financial stability nor durable economic growth."

"He laid out the Fed's exit strategy and basically said, 'Alright, let's see your exit strategy,'" J.P. Morgan's Mr. Feroli said.

The budget for the current fiscal year released by the White House's Office of Management and Budget in May projects the deficit will total more than $1.8 trillion in the 12 months ending Sept. 30, or 13% of gross domestic product.

Some investors worry the Fed will be forced to help the government finance its growing budget deficits by ramping up its purchases of U.S. Treasury bonds. By speaking out against the deficit, the Fed chairman staked out ground as an independent actor.

Still, he put his hands on a political football. Republicans used his deficit concerns to argue against Mr. Obama's fiscal-stimulus plan and the president's effort to rewrite health-care laws, which could fatten the deficit further still. Mr. Bernanke said lawmakers needed to find ways to hold down government health-care spending.


---US economy slowly improving, says Ben Bernanke---
Bernanke said the Federal Reserve had an array of weapons at its disposal to withdraw its unprecedented monetary stimulus when the time was right
Kathryn Hopkins
guardian.co.uk, Tuesday 21 July 2009 16.41 BST
http://www.guardian.co.uk/business/2009/jul/21/ben-bernanke-us-economy

The state of the US economy appears to be improving and the Federal Reserve is reviewing ways to withdraw its massive monetary policy stimulus when the time is right, Fed chairman Ben Bernanke said today.

Appearing before the House financial services committee for his report on monetary policy, Bernanke said: "The pace of decline appears to have slowed significantly, and final demand and production have shown tentative signs of stabilization."

However, he cautioned that unemployment was likely to remain high into 2011, and said that this could damage already fragile consumer confidence and potentially undermine what is expected to be a very gradual recovery.

Bernanke said the Federal Reserve had an array of weapons at its disposal to withdraw its unprecedented monetary stimulus when the time was right, even if its balance sheet remained large for a time.

"We also believe that it is important to assure the public and the markets that the extraordinary policy measures we have taken in response to the financial crisis and the recession can be withdrawn in a smooth and timely manner as needed, thereby avoiding the risk that policy stimulus could lead to a future rise in inflation," he said.

John Higgins, senior market economist at consultants Capital Economics, said: "The Fed is confident that it has 'the necessary tools to withdraw policy accommodation, when that becomes appropriate, in a smooth and timely manner' and so 'prevent the emergence of an inflation problem further down the road'. Presumably there is nothing that Bernanke could ever say to convince the more naive monetarists, gold bugs and conspiracy theorists that a surge in inflation is inevitable.

"But while we are not blind to the risk that the Fed could misjudge the timing (in either direction), in principle at least the exit strategy should be much more straightforward and less disruptive than many assume."


---Bernanke's Town Hall May Aim to Keep Fed Independent---
Tuesday, July 21, 2009
Dennis Moore
FOXBusiness
http://www.foxbusiness.com/story/markets/industries/government/bernankes-town-hall-aim-fed-independent/

Ben Bernanke is going to do another “Sunday Night Special” this weekend.

It won't be another of the so-nicknamed emergency financial rescues announced on Sunday evenings last year before the Asian markets opened. Instead, the Federal Reserve Chairman will join PBS anchor Jim Lehrer and the citizens of Kansas City, Mo., in a town-hall meeting. In appearance, it will probably be indistinguishable from the endless broadcast town halls of Barack Obama, John McCain and Hillary Rodham Clinton during the 2008 presidential campaign.

Fed chairmen make speeches and testify before Congressional committees as Bernanke is doing this week. Answering questions from the public in a town hall is unprecedented. Of course, doing the unprecedented has become standard procedure for the Fed in the last year, but that's been about policy -- not publicity.

Bernanke first broke public precedent for a sitting chairman with an interview on CBS's “60 Minutes.” The town hall will be broadcast in three 20-minute segments next week on the PBS News Hour. Why is he doing this?

One theory is that Bernanke actually is campaigning -- to keep his job. His four-year term as chairman expires Jan. 31, 2010. His reappointment was considered in jeopardy when President Obama appointed New York Fed President Timothy Geithner as Treasury Secretary and former Treasury Secretary Lawrence Summers as the top White House economic adviser.

In Washington, that looked like a deal. Why would a former Treasury Secretary and president of Harvard not known for his modesty take a White House staff job, unless he'd been promised the Fed chairmanship when Bernanke's term is up? There isn't any proof of that, of course, and there hasn't even been a leak. It's not considered a sure thing that Bernanke will be bounced.

See our Ben Bernanke page for the latest news and videos on the Fed chief.

What else could be behind the town hall? In a word, independence. Chairman Bernanke warned the Congress in is semi-annual report today that even “a perceived loss of monetary policy independence could raise fears about future inflation, leading to higher long-term interest rates and reduced economic and financial stability.”

The fear of lost independence is no phantom.

Rep. Ron Paul (R-Texas) now has more than 240 House members as cosponsors of his bill to “audit the Fed.” More than 250 prominent economists have signed a petition warning Congress to back off.

Paul asks “why should they be independent? Independent to them means secrecy. Do whatever they want, bail out their friends, make deals with international banks, with other central banks and other governments. No, they shouldn't have a right to do that.”

The undertone of conspiracy in that statement is not new.

Back in the 1970s, conspiracy theorists weren't writing about the United Nations and black helicopters; then it was auditing the Fed and red money. The Fed was going to take back all the green U.S. currency and replace it with red, presumably as part of some nefarious international banking conspiracy.

Ron Paul is not known as a conspiracy nut, but it should be noted that he has long disliked the Federal Reserve because it can create money at will. He wants a return to the gold standard.

There are not 240 members of the House who want to go back to gold. Rather, there is widespread unhappiness, even anger at the Fed's handling of the financial crisis. There is fear of handing the Fed even more power as a kind of super-regulator.

The Fed has already begun publishing much more detail on its balance sheet and special lending operations. And, in fact, the Federal Reserve Board in Washington and all twelve regional banks are audited, by Deloitte & Touche, by the Government Accountability Office and the Fed's own inspector general.

That includes all the new liquidity facilities, currency swaps with other central banks -- all of its operations except decision-making on monetary policy. That has been excluded by law, and the exclusion is what Ron Paul wants to eliminate.

Allowing the Congress's Government Accountability Office to review monetary policy is what scares the economists.

“The independence of U.S. monetary policy is at risk,” they say. An independent central bank is the only way to keep inflation under control, they warn, without citing obvious examples from Argentina to Zimbabwe.

“Sooner or later,” the economists write,” the Fed will have to scale back its current unprecedented monetary accommodation. When the Federal Reserve judges it time to begin tightening monetary conditions, it must be allow to do so without interference.”

What kind of interference? Dallas Federal Reserve Bank President Richard Fisher tells this story. Back in the 1960s, Democrat Wright Patman of Texas was chairman of the House Banking Committee. He was an old-style populist of the “cross of gold” variety who believed interest rates should be low, period.

“Money needed to be back in politics where it was in the 19th century,” he said, back when the U.S. had no central bank. Patman was much farther along in threatening Fed independence than Paul is today.

At the same time, President Lyndon Johnson was escalating the Vietnam war and wanted low rates to make financing it cheaper.

Vietnam and Great Society spending were beginning to cause inflation, and Fed chairman William McChesney Martin wanted to raise interest rates.

What is known is that Martin met with Johnson at the White House in May of 1964. After that, Patman's hearings ended abruptly and the Fed held rates steady for 19 months despite mounting inflation. Did the much-respected Martin sacrifice inflation for independence? No one knows, but Fisher tells it as a cautionary tale.

Bernanke promised today that, “we will continue to work with the Congress to provide the information it needs to oversee our activities effectively, yet in a way that does not compromise monetary policy independence.

While all that history is something of a digression, it also suggests what Ben Bernanke may be doing in Kansas City. He will never make it your friendly neighborhood Fed. But, by answering questions in a town hall meeting, explaining what the Fed has done and why, Bernanke is demonstrating a new kind of public accountability that could head off Congressional pressure. A demystified Fed should be a less threatening Fed.


---米が初のヘッジファンド規制法案---
2009.7.16 22:12
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090716/fnc0907162213015-n1.htm

 【ワシントン=渡辺浩生】米政府は15日、ヘッジファンドに対する米国初の規制法案を議会に提出した。資産規模3000万ドル(28億円)以上の民間ファンドに対して、米証券取引委員会(SEC)への登録と、資産内容などの報告、一定の情報開示を義務づける。金融市場の混乱の一因となったヘッジファンドによる投機的な取引やリスクを監視して、金融危機の再発を防ぐ考えだ。
 ヘッジファンドは、その大半が金融当局による監督の対象外だった。自己資金の何倍もの資金を市場から調達する投資手法のレバレッジやデリバティブ(金融派生商品)を駆使した投資で高収益を挙げてきた。しかし、2007年夏のサブプライムローン(低所得者向け高金利型住宅ローン)問題を契機とする金融危機では、資金を急激に引き上げるなど不透明な行動が市場の混乱に拍車をかけたとされる。
 バー財務次官補は15日の講演で「ヘッジファンドの透明性の欠如が市場の不確実性を招いてきた」と指摘。登録制と情報開示によって投資家を保護すると同時に、システミックリスク(連鎖破(は)綻(たん)の危険)から金融システムを守ることができると強調した。

 財務省が発表した法案は、ヘッジファンドだけでなく、ベンチャーキャピタルや企業再生ファンドなど民間ファンド全体を登録の対象にしている。資産やレバレッジの状況、貸借対照表に記載されない簿外の取引残高などについて報告し、投資家や債権者に対する情報開示を義務づける。
 また、SECは定期検査で報告・開示義務の順守状況や潜在的リスクの評価を実施し、情報を米連邦準備制度理事会(FRB)などと共有。規模が大きく金融安定化を脅かしかねないファンドは、大手金融持ち株会社並みに資本や流動性、リスク管理の状況について監視されるべきとしている。


---〔FEDフォーカス〕米金融規制改革案、FRBの説明責任には踏み込まず---
2009年 06月 26日 15:00 JST
Pedro Nicolaci da Costa記者;翻訳 宮本辰男:編集 宮崎亜巳
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK841203420090626

[ニューヨーク 25日 ロイター] オバマ米大統領が打ち出した金融規制改革案では、連邦準備理事会(FRB)の権限が拡大されたものの、政策担当者に対し一段の説明責任を求めることには踏み込んでいない。

 改革案に対しては、今回の金融危機を招いた問題には基本的に言及していないとの批判が出ている。米金融機関でリスクを伴う投資が横行した風潮が強まったのは、規制が十分でなかったためではなく、監督が欠如したことが背景としている。

 米経済政策研究センター(ワシントン)の共同ディレター、ディーン・ベーカー氏は「オバマ大統領は、問題は規制にあり監督機関には問題がないと指摘することで、FRBなどの責任を免除している」と指摘する。

 グリーンスパン前FRB議長は最近、市場が自らを律する能力を過大評価していたと認めた。しかし、バーナンキ現議長は、住宅ブームが最盛期だった当時FRB理事だったが、非難の多くを免れている。

 一方、少なくとも現在の金融危機の発生以降は、投資家からは危機対応の手腕を評価されている。

 批評家がFRBの権限拡大について懸念しているのは、バーナンキ議長らFRBの幹部が、住宅価格が全米規模で下落する可能性を否定していた点だ。実際に不動産価格は2006年のピークから30%下落した。フロリダ、カリフォルニア、ネバダ各州ではさらに下落率が深刻だった。

 サブプライムローン(信用力の低い個人向けの住宅ローン)の返済不履行が増加した2007年夏、FRBは、問題はこれらの高リスク・モーゲージに限定される、と指摘した。しかしその後問題は急速に拡大し、大手銀行に対する数兆ドルの資本注入が必要になる事態に発展した。

 金融危機と景気悪化の到来を当初から予測していたことで知られるRGEモニターのヌリエル・ルービニ氏は当局の対応について「完全に間違っていた」と述べ、これらの不手際を軽視すべきではないと指摘している。

<誤診>

 FRBの過去の失敗に対する検証がほとんどないため、同じ誤りの回避は難しいかもしれない。

 金融危機が顕在化した直後、FRBは、住宅ローン業者、大手投資銀行など監督権限がない金融機関から問題が発生したと主張していた。しかし、状況が良好な時にも、政策担当者は声高にこの権限欠如に対し注意を喚起することはなかった。

 危機の兆候は、FRBが直接監督する商業銀行の中でも多くみられていた。シティグループ(C.N: 株価, 企業情報, レポート)、住宅ローン大手のカントリーワイド・フィナンシャル、ワシントン・ミューチュアルなどではリスクを伴う貸出慣行が増えていた。

 オバマ大統領の金融規制案では、FRBにはより広範な金融システムを監視する明確な権限が与えられた。

 ガイトナー財務長官は、FRBは金融市場と最も緊密に協力していく機関であり、従って市場のリスクを理解するには最適なポジションにあるとの考えを示している。

 <あまりに緊密>

 FRBにより広範な権限が与えられたことついては、好ましくないとの声も一部で出ている。FRBが銀行セクターとあまりに近過ぎるためだ。FRBは定義上、公的機関ではない。12地区連銀はそれぞれ9人地区連銀理事会で構成され、その3分の2は管轄地区の銀行家によって選出されている。

 テキサス大学オースチン校のロバート・オーバック教授は「FRBは利害が衝突することから、現在の規制上の機能と規制権限拡大には不向きだ。現在FRBの当局者は、実質的には彼らが規制している銀行家の一部が運営している組織を統括することになる」と述べている。

 FRBの擁護者はこの批判について、完全に公正なものではないと反論する。FRBは、国内で数千のスタッフが絶えず経済動向を調査し、統計を取っている経済専門家の組織であるという。

 ただ、大恐慌以来最悪の金融危機の深刻さを考えると、無数の警告サインが出ていたにもかかわらず、判断で大きな誤りがあったとの見方は根強い。