2009年8月31日月曜日

ノルウェイ自治体 シティを提訴

ノルウェイ自治体がシティを提訴した。
ノルウェーの7自治体と証券会社が、十分なリスクの説明もなく
デリバティブ(金融派生商品)を販売され、米サブプライム住宅ローン問題
の影響で巨額損失を被ったとして、米金融大手シティグループと傘下投資
会社に総額2億ドル(約190億円)超の賠償を求める訴訟をニューヨークの
連邦地裁に起こした。

自治体側
損失により、中学校閉鎖、病院や高齢者向けなど幅広い行政サービスの低下。
ナルビクなどは、商品を総額1億1500万ドル超購入。
最終的損失は3億2千万ドル。仲介した証券会社(Terra Securities)は破綻。
シティ(Terra)からの「安全で保守的な投資と説明を受けたが虚偽だった」。

シティ側
販売時に「リスクは低く、安定した利息が得られる」と説明
資産価値が下落して初めて、損失の可能性が60%以上を開示。

自治体は「金を返せ」と言っている。
仲介証券が倒産してしまっているので、双方が仲介証券のせいにする
のだろう。
自治体も短期に巨額な資金を儲けようと博打を行い、投資初期儲かっていた
ようだから、良い思いをしたものと思う。損したら、金返せは筋が違う
だろう。


---米シティを7自治体が提訴 サブプラ損失でノルウェー---
2009年8月29日 10時07分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009082901000083.html

 ノルウェーの7自治体と証券会社が29日までに、十分なリスクの説明もなくデリバティブ(金融派生商品)を販売され、米サブプライム住宅ローン問題の影響で巨額損失を被ったとして、米金融大手シティグループと傘下投資会社に総額2億ドル(約190億円)超の賠償を求める訴訟をニューヨークの連邦地裁に起こした。
 米国発の市場混乱が外国の自治体を巻き込んだ訴訟として注目される。
 自治体側は2007年に投資したが、市場低迷で損失が生じ、病院や高齢者向けなど幅広い行政サービスの圧縮を迫られたと主張。シティ側は説明を尽くしたと反論している。
 訴状によると、北部の港湾都市ナルビクなどはシティが米地方債に連動させた商品を総額1億1500万ドル超購入。最終的損失は3億2千万ドルに上り、仲介した証券会社は破綻に追い込まれた。
 シティは販売時に「リスクは低く、安定した利息が得られる」と説明したが、07年後半に資産価値が下落して初めて、損失の可能性が60%以上あることを開示したという。自治体側は「虚偽の説明だった」と主張としている。(共同)


---Norwegian towns sue Citigroup over subprime loss---
AFP - Aug 11, 2009
http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5i-dGQLevRA9RDmyNvIwPIi5AZK8w

OSLO - Seven Norwegian towns, some clustered around the Arctic Circle, have sued US banking giant Citigroup for more than 200 million dollars of losses plus damages linked to the sub-prime mortgage crisis, their lawyer said Tuesday.

The lawsuit was filed in a New York court after the provincial outposts, the largest of which has a population of just 33,000, were brought to the brink of bankruptcy by what they claim was misleading selling of complex and high-risk mortgage-backed investments.

Together with the bankruptcy estate of now-defunct Norwegian brokerage firm Terra Securities that set up the investments, local leaders of the seven -- Bremanger, Hattfjelldal, Hemnes, Kvinesdal, Narvik, Rana and Vik -- are seeking 141 million euros in compensation as well as punitive damages.

In some of the towns, services including schooling, care for the elderly and even a municipal pool in the frozen north of Scandinavia have all been cut, according to reports citing local leaders.

Citigroup has described the allegations as unfounded, spokesman Adam Castellani in the United States telling Dow Jones Newswires that the company "believes this lawsuit to be without merit."

"We are confident the risks of investing in the notes were described in the materials provided to Terra Securities," he added.

In a compelling morality tale which amplifies the acheing human cost of the global financial crisis -- and the rush among ordinary people to share in vast profits generated at the height of the post-millennium financial services boom -- the debacle began when the towns grew impatient with making modest investment profits.

Hoping to make huge gains, the towns then began investing in complex financial products linked to the US mortgage market which were created by Citigroup.

At first, the value of the investments soared, but returns soon crumbled as the bottom fell out of the US subprime housing market -- while a clause in the agreement forced the towns to keep pumping in more money.

"In May and June 2007, Citigroup marketed and sold over 115 million dollars in so-called 'fund-linked notes' (FLNs) to the municipalities through Terra by representing that the FLNs were safe, conservative investments," according to a copy of the suit posted online by Norwegian law firm Selmer.

"However, in fact, the FLNs were neither safe nor conservative: within a few weeks, and as a result of those sales, the municipalities had lost tens of millions of dollars, and by May 2008, substantially all of their original investment was gone and Terra was in bankruptcy," it said.

According to Selmer, "Citigroup's representations were false and misleading and failed to include material information necessary for Terra and the municipalities to assess the true risk of the FLNs.

"Clearly, as credit markets began to deteriorate, Citigroup sold the FLNs to Terra and the municipalities in order to unload what was becoming significant risk from either its own or its preferred customers's balance sheet," the lawsuit said.

The seven towns claim they lost a total of 541 million kroner (87.2 million dollars, 61 million euros at today's exchange rate), while Terra's shareholders lost their entire stakes.

Terra, which had its license withdrawn by financial authorities and immediately declared bankruptcy, was valued at 1.46 billion kroner (165 million euros, 233 million dollars), according to an estimate presented by the plaintiffs.

Making matters worse, some of the towns borrowed money to make their investments. When their losses became a fact, they had no choice but to cut back on local services.

"We emptied the municipal pool, closed a middle school, cut services to the elderly, and infrastructures suffered," the mayor of Vik, Marta Finden Halset, told the online edition of financial daily Dagens Naeringsliv.

"Now we hope to get our money back," she said.


---UPDATE: Citigroup Sued For $200M By Norway's Terra Securities---
AUGUST 11, 2009, 5:51 A.M. ET
http://online.wsj.com/article/BT-CO-20090811-704705.html

LONDON (Dow Jones)--A group of seven Norwegian municipalities and the bankruptcy estate of Terra Securities ASA has filed a fraud action in a district court in New York against Citigroup Inc. (C) alleging misrepresentation when it was sold derivative securities in 2007.

The group is seeking more than $200 million in compensation under U.S. securities laws, after it bought notes linked to a tender option bond, or TOB, fund, managed by Citigroup.

Citigroup spokesman Adam Castellani told Dow Jones Newswires the company "believes this lawsuit to be without merit."

He added that, as maintained throughout the matter, "We are confident the risks of investing in the notes were described in the materials provided to Terra Securities."

The group later lost $90 million to Citigroup resulting in additional losses for Terra Securities and eventual bankruptcy.

"Citigroup's marketing materials contained misleading statistics that concealed from both Terra and the municipalities the significant risk inherent in the fund-linked notes," a press release from the group said.

Through Terra, Citigroup marketed and sold to the seven municipalities $115 million in notes linked to the TOB fund in May and June 2007. The group alleges that the materials accompanying the securities "contained statistical data that falsely represented the TOB fund was properly hedged against volatility when in fact it was not."

Shortly after the securities were purchased, the subprime crisis started to kick in, triggered by a sharp rise in U.S. mortgage foreclosures, which caused among other things, huge volatility and losses in bond markets which drove down the value of the TOB fund.

2009年8月30日日曜日

読売 ロクサナ広報

ロクサナが、脅迫されたことを告白した。
イランでスパイ罪に問われ、4か月近く収監された日系米国人記者
ロクサナ・サベリさんが本紙の電話インタビューに応じ、イラン当局に
拘束された際、「米国のスパイだと認めなければ、10年から20年間、
刑務所に収容されるか、または処刑されるぞ」と脅されたことを明らか
にした。

各機関から聴取が終了したようで、米国ではイラン関係の報道では
引っ張りだこのようだ。報道が一段落したのに読売新聞だけが、
記事にした。ロクサナが訪日、体験談報告の広報のようだ。


---イラン収監の日系人記者「処刑と脅された」---
2009年8月27日03時06分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090827-OYT1T00030.htm

 【ワシントン=本間圭一】イランでスパイ罪に問われ、4か月近く収監された日系米国人記者ロクサナ・サベリさん(32)が本紙の電話インタビューに応じ、イラン当局に拘束された際、「米国のスパイだと認めなければ、10年から20年間、刑務所に収容されるか、または処刑されるぞ」と脅されたことを明らかにした。
 今年1月末の連行の際にも、一方的に米情報機関の協力者とみなされた。「お前はスパイか」などと執拗(しつよう)に尋問され、事実に反してスパイと「自白」させられたという。
 イラン当局は、大統領選を巡る騒乱でも多くの改革派支持者を拘束し、過酷な取り調べを行ったとされ、サベリさんの証言はその一端を明らかにするものだ。
 サベリさんは、5月に減刑となり釈放された。母親が日本人で、近く訪日し、体験談を語る意向だ。

中華航空120便炎上 整備不備が原因

中華航空120便炎上は、整備不備が原因らしい。
那覇空港で、着陸直後の中華航空機(B737-800型)が炎上した事故で、
運輸安全委員会は、最終の調査報告書を公表した。事故の背景に、
整備の指示や確認の不十分さがあったとして、機体製造国の米国と
中華航空の本社がある台湾の両航空当局に、改善を促す安全勧告を出した。

中華航空の整備作業とボーイングの指示内容がともに不十分だったとし、
台湾と米の航空当局にそれぞれ安全勧告したようだ。

チンタラ消火も批判されたらしい。
消化訓練は、形だけで、自治体との連絡もうまくできなかったようだ。
消火活動は、地上部隊が頼りだと思う。


華航客機爆炸大火 Taiwan jet explodes in flames 20 Aug, 2007


中華航空~琉球爆炸漏網照片



那覇空港 中華航空機炎上


---整備ミスで座金欠落 中華機事故 台湾・米国に安全委勧告 ボ社の指示も問題---
2009年8月28日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009082802000235.html

 那覇空港で二年前に起きた中華航空機爆発炎上事故で、運輸安全委員会は二十八日、主翼内で抜け落ちたボルトが着陸操作時に燃料タンクに穴を開けたことが原因とする調査結果を公表した。漏れた燃料がエンジンの高温部に触れ、出火した。乗客乗員百六十五人は間一髪で逃げ、死傷者はなかった。
 調査報告によると、小さなワッシャー(座金)一個の欠落が事故を招いた。中華航空は事故前、製造元のボーイングの指示に基づき、このボルトのナットを交換。構造上、目視できない部位を手探りで行う作業で、ボルトとナットの間にある座金(外径十六ミリ、内径六ミリ)が落下、ボルトも脱落した。系列機で過去にナット脱落や燃料漏れがあり、ボーイングは運航各社にナットの緩みなどを防ぐ整備を求めていた。
 運輸安全委は、整備作業と指示内容がともに不十分だったとし、中華航空とボーイングを指導するよう、台湾と米の航空当局にそれぞれ安全勧告した。
 運輸安全委員会は、消火作業が手間取った点にも言及した。
 同空港の消防車が一・九キロ離れた事故現場に到着し、消火作業を始めたのは通報の四分二十七秒後。通常なら約二分で到着できるエリアだ。国の規程でも空港消防は「空港内の現場到着は三分以内」と勧告している。
 調査報告によると、空港の消防車三台は出動直後、誘導路を地上走行中の別の航空機と鉢合わせし、約一分間立ち往生。誘導路走行には管制許可が必要なため、消防車は緊急無線で二回、管制塔に交信を試みたが応答がなく、迂回(うかい)するなどして遅れた。
 送信ボタンを押しても接続まで最長数秒かかる無線機特有のタイムラグで、呼び出しの冒頭部が欠落。管制塔は消防からの呼び出しに気付かなかった。また、空港消防は大火災時、直通電話で自治体の消防に応援を求める仕組みだが、連絡済みと思い込んだ担当者が、自治体の消防に連絡していなかった。


---07年中華機炎上、座金付け損ね原因…安全委---
2009年8月28日13時45分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090828-OYT1T00665.htm

 那覇空港で2007年8月、中華航空機(ボーイング737―800型機)が爆発炎上した事故で、運輸安全委員会は28日、調査報告書を公表した。
 右主翼の可動翼(スラット)の支柱に取り付けるボルトの緩み止め作業中、整備士がワッシャー(座金)を付け損なったためボルトが落ち、燃料タンクに突き刺さって燃料が漏れ出したことが事故原因とした。
 作業はボーイング社のサービスレター(技術指示書)に従って行われたが、安全委では、この指示書がボルトの緩み止め作業での注意点について十分に触れていなかったことも指摘、米国と台湾の航空当局に対し、再発防止などを求める安全勧告を行った。
 報告書によると、中華航空は07年7月、ボ社の指示書に基づき、ボルトのナットをいったん取り外し、緩み止めを塗って新しいナットと交換した。作業は手探りで行わなければならない困難な場所にあり、安全委では、「部品の脱落が起きやすい状態だった」(報告書)ため、座金を付け損ねたとみている。
 指示書は06年3月に発行され、ボ社はその後、ナットを取り外さなくてもいいよう作業手順を変更していた。このため、安全委は、当初の指示書では、部品の脱落防止などへの配慮が不十分だったことも事故につながったと判断した。
 また、ボルトの留め具となるナットの外径は、座金の内側にある支柱の内径より小さかったため、座金が欠落した状態ではボルトが抜け落ちてしまう設計上の問題も、事故の要因として指摘した。ボ社は事故後、脱落防止のため安全ピンを取り付けるなどの設計変更を行っている。
 安全委は、米航空当局への安全勧告の中で、航空会社に向けた指示書では、誤作業を防止するため、作業範囲を明確にするなど、ボ社に指導するよう求めた。
 事故は07年8月20日、中華航空機が那覇空港の駐機場に停止した直後に発生。乗員乗客165人は無事に脱出し、けが人はなかった。


---中華航空機炎上事故、米・台湾当局に改善促す安全勧告---
2009年8月28日10時17分
http://www.asahi.com/national/update/0828/TKY200908280052.html

 那覇空港で07年8月、着陸直後の中華航空機(ボーイング737―800型)が炎上した事故で、運輸安全委員会は28日、最終の調査報告書を公表した。事故の背景に、整備の指示や確認の不十分さがあったとして、機体製造国の米国と中華航空の本社がある台湾の両航空当局に、改善を促す安全勧告を出した。
 報告書はまず、事故原因を、中華航空の主翼内部の整備作業の過程でボルトの留め具(ワッシャー)をつけ損ね、ボルトが脱落して主翼内部の燃料タンクに穴を開け、燃料が漏れて火災に至ったと指摘した。
 安全委が着目したのは、各航空会社に整備を求めたボーイング社の指示方法と、中華航空の整備の進め方だ。ボ社は過去の事例から、問題となったボルト部品はナットが小さく、留め具をつけ損ねるとナットごと穴をすり抜けて脱落してしまう恐れがあることを把握していた。しかし、各社に整備を求める際、この点に特段の注意を促していなかった。実際に整備した中華航空も、対象個所が狭くて見えにくい場所だったのに確認作業を徹底していなかった。
 安全委は、ボ社の指示がわかりやすい内容で、中華航空が作業の難しさを踏まえて慎重に対処していれば事故を防げたと判断。両当局に、両社への指導を求めた。
 事故が起きたのは07年8月20日。事故機には日本人24人を含む乗客乗員165人が乗っていたが、全員逃げて無事だった。(佐々木学)


---Ⅰ 個人所属J R 1 3 9 7---
Ⅱ 中華航空公司所属B 1 8 6 1 6
平成21年8 月28日
運輸安全委員会
http://araic.assistmicro.co.jp/jtsb/aircraft/download/pdf/AA09-7-2-B18616.pdf

2009年8月29日土曜日

輸入ワクチン販売会社 天下り受入れか

インフルワクチンは、妊婦優先で合意したらしい。
 新型インフルエンザワクチンについて、厚生労働省の有識者意見交換会
が、開かれ、感染すると重症化しやすい乳幼児と妊婦、持病がある患者と、
医療従事者に優先的に接種する厚労省の方針に合意した。

ノバルティス・ファーマは、成人200人に対して、インフルワクチンの治験
を申請した。

ワクチンの副作用は、自己免疫疾患による多くの病気を引き起こす。
タミフルの妊婦胎児への副作用は、あまり報道されないが、ワクチンの
副作用と比較して違うのだろうか。
タミフル耐性ウィルス発見やタミフル不足が報道されたが、ワクチン導入
にいつの間にかすりかわった。
過去の事案を当てはめれば、ノバルティス・ファーマに、厚労省から
天下りが多数いると言う推察となる。本当か。


---新型インフル・ワクチン輸入に向け国内治験へ---
2009年8月28日14時34分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20090425-436828/news/20090828-OYT1T00707.htm?from=nwlb

 スイスを拠点とする大手製薬企業「ノバルティス」の日本法人「ノバルティスファーマ」(東京都港区)が、9月にも新型インフルエンザワクチンの有効性や安全性を確認する臨床試験(治験)を国内で開始することが28日、明らかになった。
 同社は年内にも製品を供給したいとしている。
 政府は、国内生産で不足する約2000万人分のワクチンを海外企業から輸入する方針を打ち出している。同社は治験をできるだけ速やかに終えたいとしているが、政府は治験を省略できる薬事法上の「特例承認」を適用することを検討しており、同社の治験を途中で切り上げ、速やかにワクチンの供給を求める可能性もある。
 現在、国内メーカー4社が新型インフルエンザワクチンを生産しているが、ウイルスの増殖が遅いニワトリの卵を使っているため、年内に製造できるワクチンは1300万人~1700万人分にとどまることが課題。同社は「細胞培養法」という、より大量生産に適した方法を採用。ワクチンの効果を高める添加物(免疫増強剤)も加えている。これらは国内では使用経験がないため、同社は「日本人で使用した場合の安全性を特に確認したい」としている。


---新型インフルワクチン、妊婦優先---
2009年8月28日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20090828-OYT8T00291.htm

有識者意見交換会、厚労省方針に合意
 新型インフルエンザワクチンについて、厚生労働省の有識者意見交換会が27日、都内で開かれ、感染すると重症化しやすい乳幼児と妊婦、持病がある患者と、医療従事者に優先的に接種する厚労省の方針に合意した。
 中でも妊婦については、政府の諮問委員会委員長の尾身茂・自治医大教授が「海外の報告で、死亡率が高い」として、最優先で接種したいとの意向を明らかにした。
 一方、同じく重症化しやすい高齢者や、感染者の多い小、中、高校生、冬に本番を迎える受験生に対しても優先接種するよう求める声も出たが、ワクチンの量に限りがあるため、結論を持ち越した。
 また、輸入ワクチンに関しては、国内で未使用の添加物が含まれることから安全性への懸念が噴出。「小、中、高校生に接種対象を広げるなら、輸入せざるを得ない」という厚労省に対して、田代真人・国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センター長は「安全性に問題がある場合は、輸入しても使わない選択肢を残すべきだ」と主張した。


---ノバルティス、輸入ワクチンの治験申請---
20090827 17:51
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4220607.html

 新型インフルエンザ輸入ワクチンについての治験の申請が初めて明かになりました。
 申請したのは、外資系製薬会社「ノバルティス・ファーマ」で、先月末、医薬品医療機器総合機構に対し申請を行い、早ければ来月から治験は開始される見通しです。
 このワクチンは日本式の鶏卵ではなく、細胞培養で作られます。治験の対象は成人200人で、安全性が確認され次第、対象を子どもにまで広げるということです。


---新型インフル輸入ワクチン 厚労相「安全性テストやる」---
2009年8月27日13時6分
http://www.asahi.com/national/update/0827/TKY200908270111.html

 舛添厚生労働相は27日の会見で、新型の豚インフルエンザ用のワクチン輸入にあたり、「最低限必要な安全性のテストはやる」と話した。25日の会見では国内での臨床試験(治験)を省略する可能性を示唆したが、専門家から国産と作り方が違うワクチンの輸入については安全性、有効性を確認する必要があると指摘されていた。
 舛添氏は「(国内の安全確認の手続きを簡略化する)特例承認の枠組みを使わないわけではない。迅速性、安全性の両方を兼ね備える方法が何か、あらゆる可能性を検討している」としている。
 新型インフル用の国産ワクチンは季節性インフル用と作り方が同じで、副作用や対処法がある程度予想できるため、まず承認をし、慎重に監視して接種を進め、安全性のデータを蓄積することを視野に検討している。


---新型インフル:輸入ワクチン 最低100例臨床試験実施へ---
毎日新聞 2009年8月27日 11時33分(最終更新 8月27日 13時25分)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090827k0000e040039000c.html

 舛添要一厚生労働相は27日、新型インフルエンザ対策について会見し、海外からワクチンを輸入する場合に、小児らを対象に国内で最低100例程度の臨床試験を実施する考えを示した。
 海外メーカーが作るワクチンには、国産品には入っていない補助剤が使われている場合があり、副作用の危険が高いとの指摘もある。舛添厚労相は、迅速に輸入するため、国内試験を省略できる薬事法の「特例承認」の初適用を検討している。一方で、専門家や薬害被害者から安全確保を求める声が出ていることを踏まえ、「何もやらないのではなく、最低限の安全性の確認はしていきたい」と述べた。【清水健二】


---新型のブラジル死者、世界最多 1割超が妊婦、重症化裏付け---
2009年8月27日 11時15分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009082701000193.html

 【リオデジャネイロ共同】南米ブラジル保健省は26日、同国の新型インフルエンザ感染死者が計557人となり、米国(522人)を抜いて世界最多となったと発表した。うち1割超の58人が妊婦で、慢性疾患のある患者と並んで重症化リスクが高いことが裏付けられた。
 今後、日本国内で高まっているワクチン接種の優先順位をめぐる議論にも影響を与えそうだ。
 保健省によると、22日時点の調査で感染確認は5206人に上り、冬季にある南半球での急激な感染拡大をあらためて裏付けた。感染確認患者のうち妊婦は480人。
 保健省は「調査中のケースがあり(増加の)傾向が終わったとは結論付けられない」と述べ、なお感染流行に警戒を呼び掛けている。新規の感染確認は8月初めにピークを越えたが、死者数は当面増加するとみられる。
 妊婦の感染防止についてブラジルでは、政府や大半の企業が妊婦に特別休暇を認めるなど対策を講じてきたが、十分な効果が上がっていない。
 政府は9月から試験的にワクチン接種を始める予定。ワクチン購入など、新型インフルエンザ対策で計21億レアル(約1060億円)の追加支出を認めるよう国会に求めることを決めた。
 地域別の死者は、サンパウロ州が223人、南部パラナ州151人、感染が広がるアルゼンチンと国境を接する最南端のリオグランデドスル州98人、リオデジャネイロ州が55人など。
 南米では主要10カ国全域で感染死者が確認され、各国保健省のまとめなどによると、アルゼンチンが439人、チリ128人、ペルーが80人になっている。


---新型インフル流行拡大に危機感 死者発生の腎臓病患者団体---
2009年8月26日 08時30分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009082601000087.html

 新型インフルエンザの流行が拡大し、人工透析を受けていた腎臓病患者が2人死亡、重体の人も出ている。重症化に結び付きやすい「高齢」「合併症」といった複数のリスクがある透析患者も多く、患者団体は新型インフルエンザへの危機感を強めている。
 腎臓の機能が低下したり、機能しなくなったりすると老廃物が排出できずに蓄積する。そこで老廃物を除去する透析が必要になるが、通常に比べて免疫力は低下し、体力も落ちがちで、感染症の危険は大きい。
 患者は週3回程度、1回約4時間かけて医療機関で透析を受ける。通常は多くの人が一つの部屋で受けるため、日本透析医学会と日本透析医会は院内感染を防ごうと、新型感染が疑われる患者はできるだけ隔離して透析をするなどの対処方法を定め、消毒の徹底などを医療機関に促してきた。
 一方、患者団体「全国腎臓病協議会」は、患者自身の体調管理を呼び掛けてきた。だが8月中旬以降、腎臓病患者が新型に感染し、死亡したケースが続き、金子智事務局長(51)は「透析患者から死者が出たことに衝撃を受けた」と話す。
 日本透析医学会によると、昨年末時点で国内の透析患者は約28万人。昨年新たに透析を始めた約3万7千人の平均年齢は67歳で、高齢化の傾向が続いている。糖尿病から腎機能が悪化、透析に入る人が4割を占め、透析が長期間になると、動脈硬化や高血圧などの合併症が新たに出ることも多いという。(共同)

仏 金融関係者への支払い凍結へ

仏政府は、金融関係者への支払いを凍結するようだ。
 仏のサルコジ大統領が、仏金融機関の幹部やトレーダーのボーナスの
うち、3分の2の支払いを当面延期させる方針を表明した。
 サルコジ大統領は、BNPパリバなど仏大手金融機関の首脳を呼び、
「従わない銀行とは取引をしない」と強権発動をちらつかせた。政府の
権限が強いため、地元金融機関は従わざるを得ないとみられる。

仏政府は金融機関に総額50億ユーロ(約6700億円)超の公的資金を注入。
大統領は賞与の一部凍結に加え、凍結期間中に損失を出せば賞与自体を
減額。賞与の3分の1は株式で与え、短期的な利益が出ても報酬が急増
しない仕組みらしい。

 英金融サービス機構も、26金融機関の幹部やトレーダーに対し、一定
額の支払いを1年超にわたって最低保証するボーナスや給与体系を禁止
する規制案をまとめた。

米国とは大違い。お上の権限の違いらしい。
米英仏等の金融立国と言われた国では、サラリーキャップ制を法案化し、
規制するようだ。


---銀行に損失なら賞与減額 仏大統領---
2009年8月27日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20090827-OYT8T00308.htm

 フランスのサルコジ大統領が25日、仏金融機関の幹部やトレーダーのボーナスのうち、3分の2の支払いを当面延期させる方針を表明した。
 事実上の支払い凍結を命じる異例の内容で、巨額ボーナスの慣行復活に世論の批判が強いことが背景にある。米英独なども報酬制限に動いており、9月24~25日の米ピッツバーグでの金融サミットで主要議題の一つになる見通しだ。
 サルコジ大統領は25日夕、BNPパリバなど仏大手金融機関の首脳を呼び、「従わない銀行とは取引をしない」と強権発動をちらつかせた。政府の権限が強いため、地元金融機関は従わざるを得ないとみられる。フランスでは金融機関に総額50億ユーロ(約6700億円)超の公的資金が注入された。大統領は賞与の一部凍結に加え、凍結期間中に損失を出せば賞与自体を減額させるとした。また、賞与の3分の1は株式で与え、短期的な利益が出ても報酬が急増しない仕組みを求めた。
 英金融サービス機構も8月中旬、26金融機関の幹部やトレーダーに対し、一定額の支払いを1年超にわたって最低保証するボーナスや給与体系を禁止する規制案をまとめた。
 ただ、一国だけ規制を厳しくすれば、企業や人材の流出につながる可能性もある。仏英両国は、金融サミットや、その準備会合である9月4~5日のロンドンでの主要20か国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で各国に同調するよう提案する方針だ。(ロンドン 是枝智)


---トレーダー賞与抑制 仏で合意、G20提案へ---
2009年8月26日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2009082602000246.html

 【パリ=共同】フランスのサルコジ大統領は二十五日、同国大手銀行のトップと会談し、経済危機下で世論の批判が強いトレーダーらのボーナス抑制で合意、九月に米ピッツバーグで開かれる二十カ国・地域(G20)首脳会合(金融サミット)で各国に足並みをそろえるよう提案する考えを示した。
 会談では今年四~六月期の業績回復で八月上旬に計十億ユーロ(約千三百四十億円)のボーナス支払いを計画していたフランス最大手銀行BNPパリバが、これを半分に減額することも受け入れた。
 大統領は、ボーナス額の査定期間を数年単位に拡大し、短期的に巨額の利益を上げても長期的に銀行に損害を与えた場合は減額するなどの新ルールを提唱。同国金融部門の競争力を維持するため、各国共通の規範が必要だと述べた。金融サミット前の欧州連合(EU)首脳会議で、正式に欧州の提案とするよう議論を提起するとみられる。
 大統領は「巨額ボーナスの習慣復活は受け入れることができない。危機の発端が金融部門だったことは誰も忘れていない」と強調した。


---仏、G20で銀行賞与抑制を提案 パリバは半減合意---
2009年8月26日 09時38分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009082601000157.html

 【パリ共同】フランスのサルコジ大統領は25日、同国大手銀行のトップと会談し、経済危機下で世論の批判が強いトレーダーらのボーナス抑制で合意、9月に米ピッツバーグで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合(金融サミット)で各国に足並みをそろえるよう提案する考えを示した。
 会合では今年4~6月期の業績回復で8月上旬に計10億ユーロ(約1340億円)のボーナス支払いを計画していたフランス最大手銀行BNPパリバが、これを半分に減額することも受け入れた。
 大統領は、ボーナス額の査定期間を数年単位に拡大し、短期的に巨額の利益を上げても長期的に銀行に損害を与えた場合は減額するなどの新ルールを提唱。同国金融部門の競争力を維持するため、各国共通の規範が必要だと述べた。金融サミット前の欧州連合(EU)首脳会議で、正式に欧州の提案とするよう議論を提起するとみられる。
 大統領は「巨額ボーナスの習慣復活は受け入れることができない。危機の発端が金融部門だったことは誰も忘れていない」と強調した。

2009年8月28日金曜日

核密約 日本の要請で再機密化

日本政府が米政府に核密約を再機密化するように要請したようだ。
日米両国の「核密約」の根幹部分が記された公文書が米国で公開された際、
日本政府が米側に公開を取り消すよう要請していたことが分かった。
日本からの要請の直後、米国務省によって再び機密指定されていた。

多くの元外務次官が核密約を否定しているが、村田良平、東郷和彦、
大河原良雄、エドウィン・ライシャワーは認め、藪中三十二は否定し
つつ、解釈でやり取りに変化している。
証人喚問でも、政府は知らないと言い続けるのだろう。


09 8 9 TJ (5 of 7)


09 8 9 TJ (6 of 7)


09 8 9 TJ (7 of 7)


---元大使秘書官「核持ち込み密約あった」---
ページ更新時間:2009年08月27日(木) 17時24分
http://www.mbs.jp/news/jnn_4220598_zen.shtml

 核を積んだアメリカ軍の艦船が、事前の協議なしに日本の港に寄港することを日本政府が容認していたとされる、いわゆる「核持ち込み密約」について、アメリカのライシャワー元駐日大使の特別秘書官がインタビューに応じ、「合意はあった」とした上で、「日本政府は早くこの問題をクリアにしたほうがいい」と語りました。
 60年代、駐日大使として日米外交の最前線にいエドウィン・ライシャワー氏、その元側近が核持ち込み密約について語りました。
 1963年から65年にかけて、ライシャワー氏の特別秘書官を務めたパッカード氏は、核を積んだ米軍の艦船が、日米安保条約に定められた事前協議なしに、日本の領海を通過したり、港に寄港したりすることを日本政府も容認していたとされる、いわゆる「核持ち込み密約」について、次のように述べました。
 「1960年にはそのような(日米間の)取り決めがあったのは、極めて明白でしょう。ライシャワー元大使も本に書いてますし、元大使は取り決めが『口頭』だったか『文書』だったかは少々あいまいでしたが」(ライシャワー元大使の特別秘書官だったジョージ・パッカード氏)
 ライシャワー元大使は、80年代になってから、一時寄港や通過は核の持ち込みには当たらないので事前協議はしなくてもよいと理解しているし、日本政府も了解していたと明らかにしています。
 「我々の艦船が核を積んだまま日本の領海を通過したら、それは“取り決めに違反している”と日本の人々は言う。まるで我々が約束を破っているかのように言われ悲しかった」(エドウィン・ライシャワー元駐日大使)
 ただ、山口県の岩国基地沖に、核兵器を積んだアメリカ海軍の揚陸艦が長期にわたって停泊していたことを66年に知ったライシャワー氏は激怒したといいます。
 「彼は即座にラスク国務長官に電報を送り、90日以内に核兵器を撤去しないと、この事実を公表して辞任すると迫ったのです」(ライシャワー元大使の特別秘書官だったジョージ・パッカード氏)
 軍の関係者からこの情報を入手した若手の国務省職員が知らせるまで、大使であるライシャワー氏は“蚊帳の外”に置かれていたのです。
 「90日以内に、核兵器は沖縄に戻された。何か月間も沖に核を配備するのは日米安保に明確に違反すると考えたのです」(ライシャワー元大使の特別秘書官だったジョージ・パッカード氏)
 こうした密約については他にも、アメリカ側の文書や元国防長官補佐官の証言、日本の外務省の元幹部らの証言で、その存在が裏付けられていますが、日本政府は一貫して否定しています。
 27日も核の持ち込みについて政府の立場を問われた河村官房長官は・・・。
 「日本の非核三原則は守られている。そのことをアメリカも十分承知している。同盟関係の上で、お互い信頼の上で、やってきてると」(河村建夫 官房長官)
 パッカード元秘書官は、日本政府は過去の経緯にとらわれたまま、年を追うごとに、取決めの存在を認めづらくなってしまっている、と指摘しました。
 「選挙後の新しい政府にとって、最優先の仕事の1つは、この問題をクリアにすることですね」(ライシャワー元大使の特別秘書官だったジョージ・パッカード氏)
(27日16:48)


---日本、「核密約」文書の再機密化要請 公開した米に---
2009年8月26日3時48分
http://www.asahi.com/politics/update/0825/TKY200908250381.html

 日米両国の「核密約」の根幹部分が記された公文書が99年に米国で公開された際、日本政府が米側に公開を取り消すよう要請していたことが分かった。文書は、核兵器を積んだ米艦船や航空機の日本への立ち寄りを事前協議なしに日本が認めることを確認した内容。日本からの要請の直後、米国務省によって再び機密指定されていた。
 当時の政府関係者が匿名を条件に経緯を証言した。米国の公開文書を封印するよう日本側が求めた事実は、日本政府が「核密約」の存在を国民の目から隠そうとしたことを示している。「核密約は存在しない」という一貫した日本政府の主張が崩れ、情報公開の観点からも批判を招くことは必至だ。
 問題の文書は、60年の日米安保条約改定を前に、核兵器を積んだ米艦船や航空機の立ち寄りや通過をそれまで通り認めることを日米で確認した59年の「安保条約討議記録」など。60年6月に米国務省北東アジア部が作成した「議会用説明資料集」の中に含まれていた。当時のハーター国務長官が、議会に安保条約改定の批准承認を求める際の答弁用資料として用意されたと見られる。
 米国の公文書は原則として作成から25年を超えると公開の対象となる。「資料集」は99年秋までにいったん機密指定が解除され、全文が公開された。しかし、「討議記録」など密約に関連した部分だけが、同年12月13日付で再び非公開文書に指定され、公開文書から削除された。「安全保障上の機密情報」が含まれていたことが理由とされた。
 元日本政府関係者は「文書の公開を知って、ただちに(機密指定の)解除を取り消すよう米側に申し入れた」と証言する。「米国の文書公開の判断はずさんだ」とも指摘し、公開の際に日本側の事情が考慮されていなかったとの見方も示した。申し入れは、外交ルートを通じて行われたという。
 ただ、問題の文書は、非公開となる直前の99年11月、情報公開に取り組んでいる米国の民間研究機関「ナショナル・セキュリティー・アーカイブ(NSA)」の研究員が、米国立公文書館でコピーを取っており、それを入手した朝日新聞が00年8月に全容を報道した。コピーがなければ、今なお内容が明らかになっていなかった可能性が高い。

 99年12月当時、小渕内閣の河野洋平外相の下で外務事務次官を務めていた川島裕・宮内庁侍従長は先月、核密約問題についての朝日新聞の取材に「コメントする立場にない」と述べている。(倉重奈苗)

 〈安保条約討議記録〉 60年の日米安保条約改定の際に新設された「事前協議」制度の具体的運用について、当時の藤山愛一郎外相とマッカーサー駐日大使の合意を記録した文書。事前協議について「米軍機の日本飛来や米海軍艦艇の日本領海・港湾への進入に関する現行の手続きに影響を与えるものとは解釈されない」と明記。核搭載米軍機や艦船がそれまで通り自由に日本に飛来・寄港できることを担保する内容で、「核密約」の根幹を記した文書とされる。この解釈については63年に、当時の大平外相とライシャワー駐日大使が秘密会談で改めて確認している。

 ■我部政明・琉球大教授(国際政治学)の話 米国務省の正式な手続きを経て公開された外交文書が再び非公開となることは異例で、日本政府の関与を聞いて、やはりそうだったのかという思いだ。核密約を確認した63年の大平正芳外相とライシャワー駐日米大使(いずれも当時)の会談記録もいったん公開された後、非公開になっている。日本政府の関与が疑われるケースはほかにもある。
 情報公開をめぐっては「原則すべて公開」の米国とは対照的に、日本は「公開するものを選ぶ」のが実態だ。特に改定日米安保条約、沖縄返還協定、日米防衛協力などの分野の記録の重要な部分は公開されていない。我々研究者は、米国の公開資料を通じて日米交渉の経緯をやっと知ることができる。いつまでも国民に知らせることができないというのはなぜなのか。また「ない」と主張し続けるのなら、なぜその部分が日本にはないのか。説明責任が政府にはあるのではないか。


---密約文書に署名、外務省元局長の陳述書要旨---
'09/8/26
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200908260166.html

 東京地裁に提出された吉野文六よしの・ぶんろく・元外務省アメリカ局長(91)の陳述書の要旨は次の通り。
▽返還交渉の概要と背景
 1969年11月の日米共同声明から、72年5月の沖縄返還協定発効後1年ぐらいまでの間、日米関係に甚大な影響を与えたのは(1)ベトナム戦争の終結が遅れ、米国の政情が悪化した(2)日本の対米通常輸出とベトナム特需の急速な増大で米経済が予想外に苦しんだ(3)日米繊維協定の妥結が予想外の難関に遭遇し、米国が日本を出し抜いて中国と正常化するなど日米間の感情的もつれに発展した―だった。
 米国ではニクソン大統領が日本の化学繊維の米国への輸出規制を公約して大統領に選出されていた。私は繊維交渉を担当していたが、ソロモン国務次官補は「ニクソンは対日規制を公約しているから相当厳しい要求をしてくるだろう」と忠告してくれた。米議会内にも「繊維交渉をまとめないまま、ベトナム特需で莫大ばくだいな利益を得ている日本に沖縄を返還する必要はない」との声も上がっていた。
 佐藤栄作首相は沖縄返還の見返りに化学繊維の輸出規制を実現しようと、田中角栄を通産相に選任。織機を政府が買い上げるという方法で業界を説得し 72年、自主規制を実現した。私は71年にアメリカ局長に就任し、返還の詰めの交渉を担当したが、ラジオ局「ボイス・オブ・アメリカ」(VOA)の移転費用(1600万ドル)や土地補償費(400万ドル)をどのように負担するかが問題になった。

▽甲1号証について
 この文書のBYというイニシャルは私が書いたもので間違いない。文書は米軍が使用していた土地の補償費用として400万ドルを日本が負担するというもの。米国はベトナム戦争で財政が逼迫ひっぱくした状況下で、日本側も佐藤首相が「沖縄は無償で返ってくる」と発言していたので支払いは難しかったが、大蔵省の柏木雄介財務官から、日本側が負担することで処理してほしいと要請された。
 返還協定に盛り込まれることが決まっていた米国への支払額は3億2千万ドルだったが、そのうち7千万ドルは核撤去費用だった。核撤去にそんなに費用がかかるはずがなく、米国が自由に使えるものだった。つまり日本が渡した3億2千万ドルの一部400万ドルを米国が沖縄市民への補償費に充てればいいので、大蔵省が負担してよいというなら外務省は反対する理由はなかった。
 こうして日本が3億2千万ドルには補償費は入っていないと説明し、米国は議会を秘密会にして開催、実際には日本が負担すると説明することになった。ところが米国から、そのことを認める覚書を作成するよう求められた。愛知揆一外相がロジャース国務長官との会談で「文書が公表される可能性があるなら表現もより慎重に考えたい」と話したら、国務長官は「可能と思う」と述べた。事務方の責任者の私が甲1号証に署名した。
▽甲3号証について
 私とスナイダー公使が署名し、VOAの移転について合意したもので、イニシャルはないが、コピーするときに欠落したと思う。日本には電波の自主権があり、外国の放送局を沖縄に残すわけにいかなかった。5年後には移転するよう交渉したが、なかなか承諾しなかった。VOAは単なる放送局ではなく、諜報ちょうほう機関だ。公使は対岸の中国の兵隊の靴音まで聞こえると言っていた。だから移転を簡単には承諾しなかったのだろう。結局、移転費用として1600万ドルを限度に日本が負担することで決着した。

▽合意の存在を認めたこと
 私はアメリカ局長当時、国会で400万ドルの合意について存在を否定した。その後、裏付ける電信文が横路孝弘議員から示された。その件が刑事事件になった後も、私は沖縄返還がスムーズに行われるよう存在を否定し続けた。しかし米国側で文書が公開され、事実と違うことを主張し続けることに疑問を感じるようになった。多くの記者から質問され事実を答えるようにした。秘密交渉も一定期間を過ぎれば公開するべきだ。少なくとも相手国が公開したような文書まで秘密にする必要はない。


---核持ち込みで日米解釈ずれ 外務次官認める---
2009年8月25日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2009082502000092.html

 外務省の藪中三十二事務次官は二十四日の記者会見で、核兵器の日本持ち込みをめぐる密約問題に関連して過去に日米間で持ち込みをめぐる解釈のずれがあったことを認めた。
 この問題では、核兵器搭載の艦船・航空機の立ち寄りを日本は「持ち込み」と解釈したのに対し、米国は陸上に配備しなければ持ち込みではないと解釈していた点が指摘されている。


---核持ち込み「議論あった」 外務次官、密約調査に含み---
2009年8月24日22時48分
http://www.asahi.com/politics/update/0824/TKY200908240371.html

 核兵器を積んだ艦船などの日本立ち寄りは核の「持ち込み」に当たらないとの日米の密約について、外務省の薮中三十二事務次官は24日の記者会見で、持ち込みの定義をめぐり、「そのときどきの話はあったと承知している」と述べ、日米間で見解の相違があり、議論があったことを認めた。今後、密約をめぐる文書の有無を調査するかについても含みを持たせた。
 総選挙での政権交代をめざす民主党は、密約問題を追及する構え。鳩山代表は米国でも調査したうえで、半年から1年で結論を出す方針を打ち出している。また、鳩山氏は首相就任後、米側に「持ち込み禁止」の確約を改めて求めるとしている。これまで「密約はない」と完全否定してきた外務省が、民主党政権が現実味を帯びる中、姿勢を修正しつつあるとも言える。
 薮中氏は、日米間で事前協議が必要となる持ち込みに「立ち寄り」が含まれるかどうかなどについて、「かつていろいろなやりとりがあったということは、我々としても聞いている」とも述べた。ただ、「それが密約うんぬんという話ではない」として、密約はないとの基本的な立場は崩さなかった。
 米国の核兵器をめぐっては91年、ブッシュ大統領(当時)が艦船や潜水艦に積む戦術核兵器の撤去を打ち出し、92年には米政府が撤去完了を宣言。これ以降は、日本に立ち寄る米軍艦にも核兵器は搭載されていないことになる。薮中氏は「91年以降、通常艦船に載せないということを含め(持ち込みをめぐる議論が)今の問題としてあるわけではないと私は理解している」とも強調した。
 民主党が求める密約の調査に関し、薮中氏は「今この時点で特にそれを具体的に何か考えているわけではない」とした。外務省はこれまで密約について「存在しないということに尽きる」などとの立場を繰り返し表明。薮中氏は6月29日の会見でも「存在しないものについて改めて調査することは今考えていない」と述べていた。(鵜飼啓)


---藪中外務次官、日米核密約は否定 「解釈でやりとり」---
2009年8月24日 20時24分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009082401000811.html

 外務省の藪中三十二事務次官は24日夕の記者会見で、「核の密約」に絡み、日本と米国が核持ち込みに関する解釈で「かつていろんなやりとりがあったということは聞いている」と述べ、日米間で協議があったとの認識を示した。
 ただ藪中氏は「今の時点で解釈に差があるということではない」と説明。「それが密約という話ではない」と強調し、密約の存在を重ねて否定した。
 日米の核密約は、「事前協議」の対象となる日本への核兵器持ち込みに関し、核搭載艦船と飛行機の日本通過・寄港、飛来は対象外とする秘密合意。
 外務事務次官ら外務省の中枢官僚が引き継いで管理していたことを次官経験者が証言。麻生太郎首相は密約は存在しないとの立場を表明しているが、民主党の鳩山由紀夫代表は、徹底解明を訴えている。(共同)


---非核三原則修正:74年、核艦船寄港の容認検討…大河原氏---
2009年7月8日 2時30分 更新:7月8日 2時30分
http://mainichi.jp/select/today/archive/news/2009/07/08/20090708k0000m010141000c.html

 1974年11月のフォード米大統領(当時)の来日に合わせ、日本政府が非核三原則の「持ち込ませず」を事実上修正し、核搭載艦船の寄港を公式に認める方向で検討をしていたことがわかった。外務省アメリカ局長から官房長に就任していた大河原良雄元駐米大使(90)が毎日新聞の取材に明らかにした。核搭載艦船については60年安保改定交渉時に結ばれた寄港を認める密約がある。現職米大統領の初来日をきっかけに密約を解消し米国の核の傘を明確化する動きだったとみられる。
 大河原氏によると、フォード米大統領の来日を控えた74年秋、田中角栄内閣の木村俊夫外相(故人)、東郷文彦外務事務次官(同)、大河原氏らによる少人数の外務省最高幹部の会合で、木村外相が「米国の核の傘の下にいる日本として(核搭載艦船の)寄港を認めないのはおかしい」と発言。「非核三原則の『持ち込ませず』は陸上のこと。寄港は持ち込みに含まれない」と解釈を変更する案について検討を指示した。
 木村外相は「総理にあらかじめ(解釈修正の諾否を)聞いたが、総理は『じゃあ(修正を)やるか』と言っている」と、田中首相が了承していることも伝えた。しかし、フォード氏来日直後の同年11月26日、田中首相は金脈問題などの責任を取り退陣表明、12月9日に三木武夫内閣が発足。木村氏に代わって宮沢喜一氏が外相に就任、話はそのまま立ち消えになったという。
 政府の公式見解は、寄港も「持ち込ませず」の対象で「米側から事前協議の申し入れがない限り、核は持ち込まれていない」とするもの。しかし、74年9月にラロック退役米海軍少将が「米艦船は核兵器を積んだまま日本に寄港している」と証言。その一方で当時、米空母ミッドウェーが横須賀を母港にしており、米大統領の来日にあたって問題が焦点になれば日米関係が混乱する可能性もあった。外務省最高幹部の会合は、こうした状況を踏まえてのことだったとみられる。【須藤孝】

【ことば】非核三原則
 佐藤栄作首相が67年12月の国会答弁で「核の三原則、核を製造せず、核を持たない、持ち込みを許さない」と表明。71年11月に可決された国会決議で「核兵器を持たず、作らず、持ち込ませずの非核三原則を順守する」と明記され「国是」とされている。

◇解説 密約が支える非核三原則 米国依存の矛盾今も
 1974年に日本政府が非核三原則の修正を検討したのは、沖縄返還(72年)という戦後の大きな外交課題が解決し、初の現職米大統領の訪日という日米関係の節目にあたって、密約に象徴される日米間のゆがみを多少とも解消しようという試みだったと言える。
 74年秋、木村俊夫外相(当時)が田中角栄首相(同)に非核三原則の修正を進言、外務省最高幹部と修正を本格的に協議したのは、同年9月のラロック退役米海軍少将による「核持ち込み」発言などの影響を重視したからだろう。
 木村氏は同年10月、国会答弁で「核の存否を明らかにしないという米国の国防上の機密について十分な理解を示しつつも、我が国の非核三原則についての国民的立場も守らなければならない。そこに問題が生じる」と苦しい胸の内を吐露している。それから35年。今になっても、核搭載艦船の寄港を認める密約を結んできた日本政府は、公式見解では「米国から申し入れがない以上持ち込みはない」と繰り返している。それは「発覚したら米国の責任」という保身に他ならない。
 その一方で、日本の安全保障は、核搭載艦船の寄港などで裏付けられる米国の「核の傘」に依存してきた。日米安保課長も経験した外務省OBは「日本は核持ち込みで米国に負い目がある」と指摘。元外務事務次官の一人は密約の存在を認めたうえで「日本の安易なやり方に米国が調子を合わせてきてくれた。冷戦時代だから許されたことだったんだが」と苦渋の表情で語った。
 米国の「核の傘」という現実と、非核三原則に象徴される唯一の被爆国の立場との間の矛盾を密約であいまいにしたことが、日米間の不透明な関係を作った。その矛盾は今も変わらない。
 オバマ米大統領は「核兵器のない世界」を掲げ、新しい核政策を推進しようとしているが、北朝鮮の核実験の脅威を受ける日本にとって、米国の「核の傘」は今すぐには手放せない状況にある。しかし、日本の核政策の根本にある矛盾に日本政府が向き合わない限り、日米関係に潜む不透明さはより増幅されていくだろう。【須藤孝】

2009年8月27日木曜日

インフル・ワクチンの副作用

インフル・ワクチンには副作用があるようだ。
副作用が発生する確率は、低いようだが高いものもあるようだ。

鶏卵によるインフル・ワクチンの副作用
・卵アレルギー
・ギラン・バレー症候群


アジュバントによるインフル・ワクチンの副作用
アジュバントMF-59のモルモット実験
(MF-59の成分はスクアレン、グリコプロテイン)
・慢性関節リウマチ
・多発性硬化症
・狼瘡


スクアレンは、湾岸戦争症候群と関連しており、
関節炎、線維症、リンパ節腫脹、発疹、感光性発疹、頬部発疹、
慢性の疲労、慢性頭痛、異常な体脱毛、非治癒皮膚障害、
アフタ潰瘍、めまい、弱さ、記憶喪失、発作、神経精神病学的問題、
抗甲状腺性影響、貧血症、高いESR(赤血球堆積率)、
全身エリテマトーデス、多発性硬化症、慢性下痢、寝汗と微熱等を
引き起こしたとされる。

グリコプロテインは、HIV感染時に併発するインフルエンザ菌、
ヒト型結核菌、B型肝炎ウイルスと単純疱疹ウイルスのような
バクテリアとウイルスに類似した遺伝子変異を持ち、人間では、
免疫グロブリン遺伝子と発ガン遺伝子に類似した遺伝子変異する
可能性があるらしい。

インフル・ワクチンの接種について、Pulse誌による医者への世論調査では、
未決定:49%
拒否 :9%
らしい。

ワクチン接種による副作用は国家が補償すると言うが、法案は立案されて
おらず、審議するかも不明だ。

アジュバントは、開発されたばかりで、欧米では承認済または最終試験中
だが、多くの医者は、安全性に疑問を持っているようだ。
そのような輸入ワクチンを厚労省は、承認せずに使用すると言う。

輸入ワクチンの承認試験を実施し、結果を明確にして、薬害のリスクを
避けるべきだ。
「国民の慢心」と他人のせいばかりしているから、このテイタラクなの
だろう。自分だけが理解できていないようにしか見えない。

健康な人にとっては、「新型インフルは、弱毒性である」ことを知られて
いる。感染しても死亡することはない。
健康な子供は、ワクチンを使うかタミフル等を使うかは難しい選択だと
思う。


---新型インフル:ワクチン接種で意見交換 厚労相と臨床医ら---
毎日新聞 2009年8月26日 21時35分
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090827k0000m040111000c.html

 舛添要一厚生労働相は26日、新型インフルエンザワクチンの扱いを巡って有識者との意見交換会を開き、臨床医や患者代表から、接種無料化や輸入する場合の国内臨床試験(治験)実施を求める声が相次いだ。舛添氏は「ワクチンにかかわる新しい体制作りをしないといけない」と述べ、副作用被害に対する患者救済や医師の免責などを盛り込んだ法整備を急ぐ必要があるとの認識を示した。
 厚労省はワクチンの接種対象として▽妊婦▽乳幼児▽基礎疾患(ぜんそく、糖尿病など)のある人▽医療従事者▽小中高生▽高齢者--の約5300万人を想定。年内で最大1700万人分とされる国内生産分では足りないため、海外からの輸入を検討している。
 これに対し、日本小児科学会の横田俊平会長は、ワクチン接種が必要な子供は▽1~6歳児350万人▽基礎疾患のある子供100万人▽0歳児の母200万人--の計650万人との試算を示したうえで、「0歳児にワクチンの効果は期待できず、保護者への接種が重要だ」と指摘。NPO法人「難病のこども支援全国ネットワーク」の小林信秋専務理事は「幼稚園も含めた学校関係者にも接種してほしい」と訴えた。
 また、岩田健太郎・神戸大教授(感染症内科)は、高齢者へワクチンが行き渡らない事態に備え、重症化防止に肺炎球菌ワクチンを接種する対策を求めた。国民が接種の有効性と安全性を判断するために、情報公開の徹底を求める声も相次いだ。
 舛添氏は、輸入ワクチンの治験や副作用被害補償などに前向きな姿勢を示し、国と学会などとの協議機関を作る考えも明らかにした。【清水健二】


---ワクチン副作用なら「国が補償」 新型インフルで厚労相---
2009年8月26日21時12分
http://www.asahi.com/national/update/0826/TKY200908260393.html

 新型の豚インフルエンザのワクチン接種で副作用による被害が生じた場合について、舛添厚生労働相は26日、国による補償制度を検討していることを明らかにした。また、ワクチン接種の優先対象に、妊婦や小児、持病のある人に加え、医療従事者や学校関係者を挙げた。10月にも接種体制を整える予定で、それまでに優先順位を決める方針だ。
 厚労省は5300万人の接種を見込んでいるが、補償制度について、ワクチン接種を巡る専門家との意見交換会で舛添氏は、「目の前の危機に対応する必要がある。特別立法も念頭に置いて作業したい」と述べた。
 ワクチンには公費負担で受けられる「定期接種」や「臨時接種」と、全額自己負担の「任意接種」がある。厚労省は、新型インフルワクチンは任意接種とする意向。任意接種で副作用が起きた場合は医薬品医療機器総合機構を通じて給付金が支払われるが、国が補償する接種の場合、死亡一時金などの金額が約2倍になる場合がある。
 一方、意見交換会で舛添氏はワクチン接種の優先対象として、「妊婦、小児、基礎疾患のある人、医療従事者や学校の関係者なども入るのかなということもある」などと述べた。
 日本小児科学会は、小児のなかでも、(1)小児がんや重症のぜんそくなど持病のある子(2)1~6歳の就学前の子全員(3)1歳未満の子の保護者を優先させることを要望した。対象は約650万人。横田俊平会長は「経済的理由で不公平が出ないよう、無料化が必要」と指摘した。
 輸入の際には、小児はけいれんなどを起こしやすいため、たとえ短い期間で対象は少数であっても、有効性と安全性を確かめる臨床試験(治験)を実施するよう求めた。
 出席した日本産科婦人科学会の水上尚典・北大教授も、妊婦を優先対象とすべきだとしたうえで「補償制度を構築してほしい」と話した。


---新型インフルワクチン「持病ある子が優先」 小児科学会---
2009年8月26日15時2分
http://www.asahi.com/special/09015/TKY200908260197.html

 新型の豚インフルエンザのワクチン接種の優先順位について、日本小児科学会(会長=横田俊平・横浜市大教授)は26日、小児がんなど重症化する恐れがある基礎疾患をもつ子らを優先するよう政府に求めることを決めた。対象者は合計500~600万人。また、全額自己負担の任意接種ではなく、無料化を求める。
 接種を優先させる順位は、関連23学会の見解をまとめた。重症化する恐れがある基礎疾患は小児がんのほか、腎不全や重症のぜんそくなどで、対象は約百万人。こうした疾患のある子のほか、重度心身障害児、インフル脳症や重症肺炎を起こしやすい1~6歳の就学前の子全員、1歳以下の子の保護者らを優先することも求める。
 ワクチンには、公費負担で受けられる「定期接種」と、全額自己負担の「任意接種」がある。厚生労働省は、新型インフルワクチンは任意接種とする意向を示している。
 しかし、小児科学会は、(1)幼い子の親はまだ若く、経済的に余裕のない家の子は受けられないなど格差が生じる(2)優先順位以外の子が来ても任意接種では医師が断りづらいなど臨床現場に混乱をきたす――といった理由で、無料の定期化を求める。
 国産ワクチンの供給量が限られる中、特例措置として輸入ワクチンを臨床試験(治験)なしで使うとする舛添厚労相の見解については、日本人の子は欧米人の子よりけいれんを起こしやすいことから、治験で安全性を確認するよう求めることも決めた。
 欧米製のワクチンは国産とは製造法が異なり、免疫がつきやすい分、接種後に発熱しやすいとみられる。日本人の子は欧米人の子より発熱によるけいれんが起きやすいとされるため、小児科学会は日本人での治験による安全性確認が必要と判断した。(大岩ゆり)


---クローズアップ2009:新型インフル・ワクチン 接種拡大、輸入頼み---
毎日新聞 2009年8月26日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/opinion/closeup/news/20090826ddm003040092000c.html

<世の中ナビ NEWS NAVIGATOR>
 舛添要一厚生労働相が25日に発表した新型インフルエンザワクチンの接種対象。小中高生や基礎疾患のない高齢者も加わって計5300万人に上る。国産ワクチンの出荷は10月下旬から始まるが、足りない分は輸入ワクチンに頼らざるを得ない。舛添氏は輸入の際、国内での臨床試験(治験)などを省略できる薬事法の特例承認を検討することも明らかにした。輸入ワクチンは国産とどう違うのか? 安全性は? 1400万人が接種対象となる小中高校では、夏休みが明けると集団感染の拡大が懸念される。だが学級閉鎖の基準は都道府県によってまちまちで、国も手をこまぬいているのが現状だ。
◇国産の不足2000万人分以上 治験省略、副作用も
 「非常に難しい問題だ。専門家や薬害被害者の意見も聞き、コンセンサスを得たい」。新型インフルエンザ対策でワクチン確保を表明した舛添氏。だが国内で臨床試験を行わない輸入は副作用の恐れがあり歯切れが悪い。
 これまでに優先接種の方針が固まっていた妊婦や乳幼児らには、年内の国内製造分見通しの最大1700万人分でほぼ行き渡る。だが新たに接種対象者に加えられた小中高生と持病のない高齢者の計3500万人には、2010年2月まで生産を続けても2000万人分以上足りない。
 新型用ワクチンは豪米英独中の5カ国で既に臨床試験が始まり、9月に供給開始の見通しだ。日本でも4社が製造を始め近く臨床試験が始まる。ワクチンの製造法はどの国のメーカーもほぼ同じだが、輸入ワクチンには効果を高めるためアジュバントという補助剤(免疫増強剤)が加えられており、この有無で副作用は異なると考えられる。そのため、本来は国内でも臨床試験が必要で、最短でも6カ月程度かかる。
 特例承認検討の背景には、各国が自国民分の確保を急ぎ、輸入の是非に時間をかけられない事情がある。英国の大手製薬メーカー、グラクソ・スミスクラインは、各国政府と2億9100万回分の供給を契約していることを公表しているが、世界全体でどれだけのワクチンが製造されるのかは不明だ。新型用ワクチンの製造は65~70%が欧州に集中しているとされ、早い者勝ちの側面も否定できない。厚労省は交渉先を明らかにしていないが、「政府の審査体制がしっかりしている国のメーカー」との方針を示す。
 岡部信彦・国立感染症研究所感染症情報センター長は「アジュバントでワクチン効果は上がるが、接種した局所の腫れが高くなることなども予想される。臨床試験が終わっていないので、国産との比較は簡単にはできない」と説明。そのうえで「価格や副作用が出た際の責任問題、国民に国産か輸入かの希望を聞くかどうかなど議論が必要」と指摘する。
 そもそも、ワクチンは新型インフルエンザにどんな効果があるのか。ワクチンは接種しても感染や発症を完全には防げない。ウイルスが鼻やのどにくっつく際に免疫として働くたんぱく質の抗体と、体内での増殖を防ぐ抗体は異なり、ワクチンで作られるのは後者の抗体だからだ。しかし肺炎などの重い合併症や入院、死亡などの危険性を減らす効果は認められ、世界保健機関(WHO)も新型用も含めて積極的に接種を勧めている。
 北里大の中山哲夫教授(臨床ウイルス学)は「ワクチンでは流行を完全に抑えることはできない。感染拡大を防ぐために広く使うことが適切なのか、慎重に検討する必要がある」と話している。【江口一、関東晋慈】
◇夏休み明けの混乱懸念 学級閉鎖基準ばらつき
 東京都多摩地区で小学3年の長女(8)と暮らす女性会社員(39)は21日夜、娘が通う学童保育から「複数の子が新型インフルエンザで休んでいる」と連絡を受けた。幸い長女は感染せず、学童保育も休業しなかったが、長女を普段預かってくれる母親(79)にはぜんそくの持病があり、長女がウイルスを持ち帰ってしまわないか不安だ。「学校で流行するのは困るし、流行を防ぐため休校されるのも母子家庭は困る」
 国は新学期に向けて警戒を盛んに呼び掛けているが、学校を中心にした感染は既に夏休み中に広がっている。厚生労働省によると、7月20日~8月16日に報告があった1734件の集団感染は、過半数が小中高校で発生。都教委には夏休み中、都立高などで49件、市区町村立の小中学校や学童保育で54件の集団感染が報告された。
 先週から多くの学校で新学期を迎えた北海道では、25日は8校が休校、7校が学級閉鎖し、感染は拡大傾向にある。長野県でも7校、青森県も3校が学年・学級閉鎖を決めた。秋田県大仙市の小学校では、新学期初日の24日に欠席が相次いだため、翌25日から来週まで休校になった。
 文部科学省は19日、都道府県教委などに学校での感染予防を改めて要請した。だが内容は手洗いやうがいの徹底などで、決め手がないのが実情だ。学校が再開される前に、家庭で健康状態を調べるチェックシートを配ったり、感染した子には医師の「完治証明」提出を求める動きも、全国で広がっている。
 一方、どの程度の欠席で学級閉鎖にするかは、都道府県でばらつきがある。青森は原則1人(新型と確定した場合)、秋田は2人、埼玉は3人、大阪は5人程度。長野や大分はクラスの約1割としており、東京や北海道は人数を示していない。
 文科省、厚労省とも、学級閉鎖の基準の例示には「季節性の流行でも基準はなく、現場で弾力的に対応するのが望ましい」と消極的だ。だが「対応に大きな差が出ると、保護者に説明が難しい」(都教委担当者)と混乱を懸念する声も出ている。【清水健二】
==============
◆ワクチンの優先接種対象者◆
・妊婦                    100万人
・1~6歳の乳幼児              600万人
・基礎疾患(ぜんそく、糖尿病など)のある人 1000万人
・医療従事者                 100万人
・7~18歳の小中高生           1400万人
・基礎疾患のない高齢者           2100万人
……………………………………………………
     計                5300万人


---A case against the H1N1 swine flu vaccine (Part 1)---
August 26, 12:45 AMLas Vegas Diet and Exercise ExaminerJustin J. McCoy
http://www.examiner.com/x-19331-Las-Vegas-Diet-and-Exercise-Examiner~y2009m8d26-A-case-against-the-H1N1-swine-flu-vaccine-Part-1

Get a Shot. "A Shot of Protection". So says the 1976 ad campaign encouraging the mass vaccination of millions against the so called "swine flu". It worked..sorta. Around 40 millions doses of vaccine were distributed and injected into the population before the sudden halt of the program. The reason? Hundreds of individuals came down with a debilitating auto-immune response called Guillian-Barre syndrome or GBS. GBS causes paralysis in the extremities and the facial muscles. Guillain-Barre is one of the leading causes of non-trauma-induced paralysis in the world.

Only one individual succumbed to the actual "swine flu", so as you can see the vaccination campaign was a PR disaster costing the government millions in damages, and saw the enactment of a new law by the FDA to protect the government from having to pay out millions again should something like this happen in the future. The law gives pharmaceutical companies complete immunity from lawsuits due to deaths or complications from vaccines. It goes on to protect the government from similar legal actions as well. So, basically by accepting any experimental vaccine you have no recourse if any problems arise from the injections. You may not file a lawsuit against anyone. It's a "inject at your own risk" scenario, just to give you a heads up.

1976 was 33 years ago, what does it have to do with today's "swine flu" pandemic that seems to be not really accomplishing much in terms of fatalities, and the disease has been relatively mild in those that have tested positive after contracting the virus. So, why all the fuss and rush to get a sweeping experimental vaccination program going under the guise of "public health"? What's with the fear mongering? Does it seem to you that ever since 9/11/01 Fear has played a central roll in getting things going for the government? From the passing of the Patriot Act, to domestic spying, to torture, to the color coded "terror alert", to only letting you bring 3 ounces of shampoo on-board an airplane AND forcing you to take your shoes off to do it. Well, it does to me. It seems very much like a perpetual fear machine coming out of Washington and in this instance from the CDC, the WHO and the Dept. of Health and Human Services. We could debate the reasoning and logic behind the fear mongering, but It'd be more prudent to discuss the facts in regards to this "Novel 2009 H1N1 Influenza" vaccine and the structure and components involved.

When researching what ingredients were actually used to compose this experimental vaccine, a number of red flags went up. First off, just know that you are being injected with the actual H1N1 "novel" swine/bird/human flu virus mutation. That IS in the needle of course, that isn't a question. And just like any cold or flu virus, there's no guarantee you're going to contract it anyways, but being inoculated with it in the vial will take away that chance, as you will be getting it 100% for sure, intravenously into your bloodstream.

The body's brilliant immune system is designed to handle pathogens that enter the body (through the nose and mouth mainly) in a certain way. The body is not designed to have viruses injected directly into the blood stream via a vaccine. That's not how the immune system works. It's akin to, for example, instead of eating a meal, you just shove it thru a tube directly into your stomach, without chewing or swallowing it. That's not how it works. You're made to bite, chew, swallow then digest. There's an order.

We handle things in a similar order when it comes to our immune responses to pathogens. Our current scientific research still doesn't know exactly why or how our bodies work in this respect, and we won't know for a very long time. The human body is a marvelous, mysterious machine and to think we know better than it, is foolish at best and extremely dangerous at worst.

Back to the vaccine. So, in the vials is the H1N1 virus. The virus will be "attenuated" in some instances, mainly for the first dose and then a full-on "un-attenuated" version, usually for the second injection. This will be a "duplex" inoculation meaning 2 doses spread a few weeks apart. Attenuated simply means weakened. In addition to the virus, comes the "fun" stuff and this is what doing this research is all about. To unearth what exactly you're putting into your body. Everyone has a right to FULL disclosure when it comes to their individual, sovereign bodies and what they put into it, especially an UNTESTED, UNTRIED, EXPERIMENTAL VACCINE.

The nutrient solution for the vaccine consists of cancerous cells from animals and "we do not know if there could be an allergic reaction", says Dr. Wolfgang Wodarg, a German lung specialist and the chairman of the health committee in the German parliament and European Council. The vaccine - as Johannes Lower, president of the Paul Ehrlich Institute, has pointed out - can also cause worse side effects than the actual swine flu virus. Dr. Wolfgang went on to say, "Swine flu is not very different from normal flu. On the contrary if you look at the number of cases it is nothing compared to a normal flu outbreak.”

In addition to the cancerous cells, formaldehyde (yes the preservative used for corpses) is included in the mix, along with thimerasol (mercury), and an oil-based "adjuvant" know as MF-59 which contains two main ingredients of concern- squalene and gp120. It is manufactured by the Chiron Pharmaceutical Company. What is of concern is, immune adjuvants in a number of studies have shown to be a cause of devastating autoimmune disorders, including rheumatoid arthritis, multiple sclerosis and lupus.

Animal studies using this MF-59 adjuvant have found them to be deadly. A study using 14 guinea pigs found that when they were injected with the special adjuvant, only one animal survived. A repeat of the study found the same deadly outcome. The MF-59 adjuvant has been used in several vaccines. These vaccines, including tetanus and diphtheria, are the same vaccines frequently associated with adverse reactions.

So, what is this deadly ingredient? It is called squalene, a type of oil. Squalene in vaccines has been strongly linked to the Gulf War Syndrome (which ruined the lives of hundreds of thousands of troops and killed thousands of others.) Veteran vaccine risk assessor, Dr. Viera Scheibner, investigated squalene’s use as a vaccine adjuvant and wrote: “Squalene contributed to the cascade of reactions called Gulf War Syndrome. GIs developed arthritis, fibromyalgia, lymphadenopathy, rashes, photosensitive rashes, malar rashes, chronic fatigue, chronic headaches, abnormal body hair loss, non-healing skin lesions, aphthous ulcers, dizziness, weakness, memory loss, seizures, mood changes, neuropsychiatric problems, anti-thyroid effects, anaemia, elevated ESR (erythrocyte sedimentation rate), systemic lupus erythematosus, multiple sclerosis, deadly Amyotrophic Lateral Sclerosis, Raynaud’s phenomenon with paroxysms of lack of blood in fingers and toes in fingers and toes, Sjorgren’s syndrome with blurred vision, chronic diarrhea, night sweats and low-grade fever.”

Gary Matsumoto, an award-winning investigative journalist, wrote: " Squalene is not just a molecule found in a knee or elbow, it is found throughout the nervous system and the brain. . . . When injected in the body, the immune system attacks it as an enemy to be eliminated." Matsumoto went on to say, "Eating and digesting squalene isn’t a problem. But injecting it “galvanize(s) the immune system into attacking it, which can produce self-destructive cross reactions against the same molecule in the places where it occurs naturally in the body - and where it is critical to the health of the nervous system.”

The other ingredient in MF-59 is a glycoprotein known as "gp120" belonging to the envelope of the human AIDS virus, HIV-1. Gp120 includes recombinant HIV proteins and peptides (subunit vaccines), HIV-1 or SIV (the monkey AIDS virus), killed or ‘attenuated’, ie, rendered harmless by successive passage in cultured cells, and a wide range of recombinant viral, bacterial and plasmid vectors expressing HIV proteins. But the gp120 gene has other properties that pose an even greater threat to the vaccinated population. It contains ‘recombination hotspots’ similar to those in bacteria and viruses such as Haemophilus influenzae, Mycobacterium tuberculosis, hepatitis B virus and herpes simplex virus, that often co-infect with the HIV, and also similar to recombination elements found in immunoglobulin genes and oncogenes (genes associated with cancer) in the human host.

So as you can see, there is a lot of non-disclosure by the main stream media as well as the medical establishment when it comes to ingredients included in the vaccine makers protocol for this Novel H1N1 swine flu vaccine. There's enough information out there, for the truth seekers and researchers amongst us to uncover and expose the truth so we can make informed decisions about our own bodies and health.

This past week, A poll of doctors for Pulse magazine found that 49% would reject the vaccine with 9% still undecided. A second poll conducted by GP (General Practitioner) magazine reveals that Up to 60% of GPs have severe doubts over the proposed vaccine. Of those who said they would not take the shot, 71% said they were concerned that the vaccine had “not been through sufficient trials to guarantee its safety”. Over half, 50.4%, said they “believe that swine flu is too mild to justify taking the vaccine”.

However, these figures dovetail with those from a much larger Nursing Times magazine poll, that revealed 30% of all NHS nurses said they would refuse to be immunized, with another 33% saying they were unsure.

There's more information to share, which will be included in Part 2 of this report as well as very simple steps you can take for avoiding this mild flu and any other flu or cold virus that could creep up on you this winter. Don't worry and don't fear catching the actual flu, but you might have a bit more to be concerned about if you decide to roll up your sleeve for an experimental "swine flu" vaccine. At the end of the day it is YOUR decision, and yours alone to make. But, having yourself armed with truth and knowledge is the power you need to make the right decision for you and your family. "Forewarned is Forearmed", as the saying goes.

Godspeed.


---死者最大9万人、ワクチン前倒しを…米勧告---
2009年8月25日13時16分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090825-OYT1T00494.htm

 【ワシントン支局】米大統領諮問委員会は24日、新型インフルエンザによる死者が最大で、通常の季節性インフルエンザの2倍にあたる9万人に上る可能性があると指摘、政府に対してワクチンや薬の供給を9月半ばに前倒しするよう製造業者への働きかけを求める勧告を出した。
 勧告では、米国内の感染者は年内に人口の3~5割に達すると予想。新型インフルエンザを「国にとって深刻な脅威」と位置づけ、米食品医薬品局に対して治験中の注射薬の許認可を迅速に判断するよう求めた。


---ワクチン、妊婦・乳幼児らに優先接種---
2009年8月25日13時06分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090825-OYT1T00680.htm

 大流行が懸念される新型インフルエンザ用のワクチンについて、舛添厚生労働相は25日の閣議後記者会見で、妊婦と乳幼児、ぜんそくなどの持病がある人など合計1700万人に優先接種する意向を示した。
 国内で製造したワクチンの供給は10月下旬から始まることも表明。国内供給分では不足する分を海外から輸入する意向も改めて示し、薬事法に基づく「特例承認」を初適用し、国内での臨床試験(治験)を簡略化して供給を急ぐ方針を示した。
 舛添厚労相は、準備するワクチン量を5300万人分とし、その内訳として「(糖尿病やぜんそく、心臓や腎臓の慢性疾患など)持病がある人」1000万人、乳幼児600万人、小中高校生1400万人、妊婦100万人、治療にあたる医療従事者100万人、65歳以上の高齢者2700万人(600万人は持病がある人と重複)などが入るとした。
 舛添厚労相は、このうち優先接種の対象として、「妊婦と乳幼児、持病がある人が計1700万人」と位置づけた。計1700万人分は、国内生産量に当たる量だ。
 不足分について輸入で補う方針については、専門家から安全性を巡って異論や批判が出ていることを踏まえ、「副反応(副作用)が出たときのメーカーの免責をどうするか、予防接種法との絡みで難しい問題がある」と指摘。免責を求める海外メーカーとの契約交渉が難航していることから、「将来的には予防接種法の改正も視野に入れて議論する必要がある」と述べた。
 輸入に向けて検討する特例承認は、国内での臨床試験を実施する前に海外でのデータだけで国内使用を承認する例外的な措置。26日に専門家の会議を開き、正式に決定する。
 一方、ワクチン接種の金銭的負担については、「ワクチン代そのものは基本的には国費の負担にしたい」と述べた。接種にかかる経費については今後検討すると述べたが、低額所得者の負担は全額無料とする方針を示した。


---【新型インフル】輸入ワクチンの治験 あすにも専門家ら集め決定 厚労省---
2009.8.25 11:31
http://sankei.jp.msn.com/life/body/090825/bdy0908251133004-n1.htm

 新型インフルエンザのワクチンを海外から輸入することについて、舛添要一厚労相は25日の閣議後会見で「明日にも専門家や薬害被害者などを集めた会合を開き、治験(臨床試験)をするかどうかを決めたい」と述べた。新型インフルのワクチンをめぐっては、政府は不足分を輸入する方針を示しているが、安全性の確保などが課題となっている。
 通常の治験では5年程度かかるケースが多いため、舛添厚労相は「仮に治験をやっても特別承認になると思う」と説明。特別承認は、緊急時に限り日本と同程度の審査体制が整った国であれば、最小限の治験で承認が可能となる制度で、薬事法に規定されている。厚労省によると、特別承認が適用されれば初めてのケースになるという。
 また、海外メーカー側は緊急に作られたワクチンであることを理由に、副作用が出た際の免責を求めており、これについて舛添厚労相は「頭を悩ませている部分で、これも1日以内に結論を出したい。ただ法律の枠組みではないので、総理が判断するしかないだろう」と述べた。
 さらに、国がワクチンの必要量としてきた5300万人分の内訳を公表した。ぜんそくなどの持病を持つ人が約1千万人▽妊婦約100万人▽乳幼児600万人▽小中校生約1400万人▽65歳以上の高齢者約2100万人、医療従事者約100万人-という。


---インフル患者の97%は新型…国立感染研---
2009年8月25日10時36分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20090825-OYT1T00405.htm

 インフルエンザの感染が拡大し始めた7月6日以降、患者の97%は新型に罹患していることが、国立感染症研究所のまとめで分かった。
 感染研は「インフルエンザの患者のほとんどは新型と考えてよく、早めの治療を心がけてほしい」と呼びかけている。
 感染研が先月6日以降の患者のうち2857人のウイルスを分析したところ、2774人が新型で全体の97%を占めた。
 感染研は全国約5000の拠点医療機関を対象に、インフルエンザ患者の定点調査を行っている。最新の1週間(8月10~16日)では、1医療機関あたりの患者数が1・69人となり、全国で11万人の患者が発生したと推測されている。


---【新型インフル】安全性、「買い占め」批判…ワクチン輸入に課題山積---
2009.8.24 22:51
http://sankei.jp.msn.com/life/body/090824/bdy0908242253012-n1.htm

 秋以降の新型インフルエンザの本格的流行に備え、政府は24日、不足するワクチンを輸入する方針を固めた。国産と製造方法が異なる海外ワクチンの緊急輸入については専門家から「安全性を担保できない」との異論も出ている。世界的なワクチンの品薄状態の中、日本が大量輸入すれば、「買い占め」と受け取られかねない側面もあり、課題は山積している。
 新型用ワクチンについて、政府はワクチンの必要量を5300万人分と見積もり、製造が追いつかない約2000万人分を輸入したい考えだ。
 ワクチンを含め薬剤を海外から輸入する場合、薬事法は国内で安全性などを確認する臨床試験(治験)を実施することを製薬会社に義務付けている。通常、治験には5年程度かかるケースが多いが、今回のような緊急時には、海外で承認された薬剤を国内でも認める特例承認の適用が可能だ。
 ただ、海外の新型用のワクチンは免疫力を強める製剤を加えるなど国内ワクチンと製造方法が異なり、安全面から輸入に慎重な姿勢を示す専門家も多い。
 大阪市立大医学研究科の広田良夫教授(公衆衛生学)は「投与から10日~20日後に神経症状などが出てくる可能性もある」と注意を促す。

 国立感染症研究所感染症情報センターの岡部信彦センター長も「海外で使われているからといって、そのまますぐに日本でも承認したのでは安全性は担保されない。少数でもいいから日本人でも調査を行うべきだ」と指摘する。
 政府は輸入に向け欧米の製薬会社との交渉に入っている。しかし、製薬会社は輸入したワクチンで副作用が起きても、責任を取らないことなどを契約の条件に挙げているという。厳しい条件提示の背景には、世界的なワクチンの品薄状態があるとみられる。
 また、医療体勢の整った日本が大量輸入すれば、「途上国向けの調達に影響を与える」などと国際的に非難される可能性もある。
 国の対策本部の専門家諮問委員会委員長を務める自治医科大の尾身茂教授は「輸入したワクチンの一部を途上国に寄付すれば、国内分を確保しながら途上国にも届けることができる。海外の製薬会社などは途上国へのワクチンの寄付を表明しており、日本もそうした配慮をする必要がある」と指摘している。(今泉有美子)


---【新型インフル】「発展途上国への支援を」とユニセフのアドバイザー---
2009.8.24 22:26
http://sankei.jp.msn.com/life/body/090824/bdy0908242227010-n1.htm

 新型インフルエンザの流行で、日本政府にワクチン購入のための資金援助などを求めるために来日した国際連合児童基金(ユニセフ)拡大予防接種計画シニアアドバイザー、オズマン・デービッド・マンスール氏が24日、産経新聞の取材に応じた。マンスール氏は「発展途上国の人は先進国よりも死亡するリスクが高く、ワクチンもより必要としている」と語り、支援の重要性を呼びかけた。

--新型インフルエンザが世界中に広がっているが、発展途上国の状況は
 「東南アジアなど一部では多くの患者が出ているが、アフリカではまだ大きな流行にはなっていない。ただ、感染が広がるのは時間の問題だ。新型は弱毒性といわれているが、医療機関へのアクセスや食糧事情が悪く、他の病気も蔓延(まんえん)しているこれらの国に流行が及ぶと死者はこれまで以上に出るだろう。それだけワクチンなどの支援も必要としている」

--ワクチンは日本でも不足しており、政府はワクチンの輸入を決めたが
 「政府として国民の命を守るのは当然で理解できる。しかし、発展途上国には死亡するリスクの高い人が大勢いる。世界保健機関(WHO)もワクチンの10%を途上国に使うべきだとしている。日本政府の判断は世論を反映したものと考えるが、日本人の中にもワクチンの一部は途上国に回すべきだと考えている人は多いのではないか」

--ワクチン以外で日本が貢献できることはないか
 「発展途上国の人には手洗いなど、基本的な知識を広めることも大事。ユニセフは最も貧しい30~40カ国への教育支援で2900万ドルが必要と試算している。これまで日本政府は資金援助などさまざまな支援により国際社会に貢献してきた。今回も同様の支援をお願いしたい」
(蕎麦谷里志)


---【新型インフル】ワクチン不足分を輸入へ 政府方針---
2009.8.24 12:18
http://sankei.jp.msn.com/life/body/090824/bdy0908241219001-n1.htm

 河村建夫官房長官は24日午前の記者会見で、新型インフルエンザのワクチンについて、国内製造量の不足分を輸入で対応する方針を明らかにした。麻生太郎首相が25日の閣僚懇談会でワクチン確保に万全を期すよう関係閣僚に指示する。財源が足りない場合は予備費の使用も検討する。
 河村氏は「国内の生産量に一定の限界があり、外国からの輸入も考えなければならない。国民の心配に対し、国としてきちんと対応しなければならない」と述べた。
 ワクチンの必要量は最大約5300万人分とされるが、厚労省は20日、生産見通しを1300万~1700万人分と下方修正。生産状況次第ではさらに減る恐れがあるとしている。


---インフルエンザワクチンの副作用(副反応)---
2008年12月3日増補改訂
http://www.city.yokohama.jp/me/kenkou/eiken/idsc/disease/influvaccine.html

 インフルエンザワクチンの副作用(副反応)を心配する人もいます。インフルエンザワクチンは、他のワクチンや薬と同様に、強いアレルギー反応のような、深刻な問題を引き起こすことがあります。しかし、インフルエンザワクチンが重い障害や死をもたらす可能性は極めて少ないです。インフルエンザワクチンの接種を受ける人の大部分に、ひどい支障はありません。よくある副反応は、注射部位の痛みで10-64%で起こり、2日程続くことがありますが、通常、日常の活動に支障はありません。また、こどもでは、注射の6-12時間後に熱が出て、1-2日発熱が続く場合もあります。
  頻度が少ない副反応としては、アレルギー反応とギラン-バレー症候群(GBS : Guillain-Barr syndrome)があります。命に関わるようなアレルギー反応はまれですが、ワクチンの構成成分のいずれかにアレルギーがあれば起こりえます。多いのは卵アレルギーの場合です。ワクチンで使われるインフルエンザウイルスがニワトリの卵で培養されているためです。明らかな卵アレルギーがあれば、インフルエンザワクチンは控えた方が良いでしょう。卵アレルギーがある人やいままでのワクチンでアレルギー反応を起こしたことがある人は、そのことをかかりつけ医師に告げてこれからの予防接種についてよく相談しましょう。
 ギラン-バレー症候群(GBS)は、感染症に続いて起こることがある麻痺を起こす病気で原因はよくわかっていません。ギラン-バレー症候群(GBS)患者の致死率は6%で、年齢とともに致死率は増加します。アメリカ合衆国では、1976年のブタのインフルエンザ株(A型H1N1亜型)使用のワクチンが、ギラン-バレー症候群患者の増加と関係ありとされました。しかし、その後の他の株のインフルエンザワクチンでは、ワクチンの使用とギラン-バレー症候群患者の増加との間にはっきりした関係は認められませんでした。関係があるとしても、インフルエンザワクチン接種によって接種者100万人について1-2人のギラン-バレー症候群患者を増加させる程度とされ、インフルエンザワクチン接種によって避けることができる重症のインフルエンザの危険よりは小さいと考えられます。ギラン-バレー症候群については、上気道炎やCampylobacter jejuni 等との関係がはっきりしてきています。また、ギラン-バレー症候群に以前かかったことがある人では、ギラン-バレー症候群の発生率が高いので、インフルエンザワクチンの接種は慎重に検討した方が良いでしょう。


---研究は活発だが恩恵享受には時間が必要-新型インフルエンザ治療薬など-(米国)---
2009年05月26日 ニューヨーク発
http://www.jetro.go.jp/industry/high-tech/biznews/4a1b5cff87410

 新型インフルエンザに対して、欧米の製薬企業やバイオ企業は、抗インフルエンザ薬の増産を急ピッチで進めるとともに、新たな治療薬や、ワクチンの有効性を高めるアジュバント(免疫増強薬)の開発などを進めている。また、ワクチンを短期間で大量に製造する新たな製造法の開発も行われている。しかし、新たな治療薬や製造法の多くは、安全性や有効性などを確立するのに相当な時間を要する可能性が高い。

<報道は落ち着きつつあるが、油断は禁物>
 新型インフルエンザについては、国内での報道は徐々に落ち着きつつある。しかし、1918年に発生した、いわゆるスペイン風邪も、流行が始まった春には軽症だったが、その年の秋から急激に致死的となり、1919年初旬までに2,500万人以上の死者を出した。
  1918年当時は、ワクチンはおろか、抗インフルエンザ薬などもなく、医療処置や衛生状態も現在に比べればはるかに劣っていたため、当時の状況と現在とを単純に比較できないが、一方で、現在は交通手段の発達によって大量のヒトやモノの移動が短期間で容易になるなど、パンデミック(感染症の世界的流行)に対して当時にはなかった新たなリスク要因もある。世界銀行は、1918年同様のパンデミック・インフルエンザが世界で発生した場合、7,100万人が死亡し、3兆ドルの経済的損害がもたらされると試算(PDF)している。

<新たな治療薬の開発が進む>
 新型インフルエンザを含むA型インフルエンザに対しては、欧米では、商品名「タミフル」(一般名オセルタミビル)、「リレンザ」(同ザナミビル)、「シンメトレル」(同アマンタジン)、「フルマジン」(同リマンタジン)などが承認されている。しかし、米国疾病対策センター(CDC)によると、新型インフルエンザに対して、タミフルとリレンザは有効性を示したが、シンメトレルとフルマジンは効果がなかった。
 欧米では、タミフルはロシュが、リレンザはグラクソ・スミスクライン(GSK)が独占的に販売している。途上国では、タミフルやリレンザの普及率が非常に低い。新型インフルエンザの影響を最も受けているメキシコでは、人口の1.3%分の抗インフルエンザ薬しかなく、かつて鳥インフルエンザの影響を最も受けたインドネシアでは、人口の 0.2%分の抗インフルエンザ薬しかない。これに対して、日本、英国、米国では、人口の約4分1をカバーする抗インフルエンザ薬があるといわれている。
 ロシュとGSKは、それぞれタミフル、リレンザの増産を発表しており、GSKは月々400万人分の生産が12~14週間後から可能になり、ロシュは年間4 億人分の生産が可能だと発表している。しかし、パンデミック・インフルエンザが発生した場合、世界人口の30~40%が感染すると予測されているため、こうした増産でも不十分になる。
 また、最近ではタミフルに耐性を持つインフルエンザ・ウイルスが発見されており、新たな抗インフルエンザ薬の開発が必要とされている。市販に最も近い治療薬としては、ペラミビルとCS-8958があり、ともに臨床試験フェーズ3の段階にある。
 ペラミビルは、アラバマ州バーミングハムにあるバイオクリストが開発しており、日本では塩野義製薬が開発を進めている。CS-8958は、徐放性(薬が体内で徐々に放出され作用が持続する)のリレンザ(注1)で、リレンザを発明したオーストラリアのバイオタと日本の第一三共製薬が開発を進めている。ペラミビルとCS-8958は、タミフル同様、ノイラミニダーゼ阻害剤(注2)ではあるが、タミフル耐性インフルエンザに対して有効だと報告されている。
 次に開発が進んでいるのが、日本の富山化学工業のT-705で、インフルエンザ・ウイルスのRNAポリメラーゼ(注3)を阻害する経口剤で、臨床試験フェーズ2段階にある。これらの抗インフルエンザ薬は、低分子製剤だが、カリフォルニア州サンディエゴにあるネクスバイオの抗インフルエンザ薬は、融合タンパク質の生物製剤で、現在、臨床試験フェーズ1段階にある。
 また、前臨床段階であるクルーセル(オランダ)とMDRNA(ワシントン州ボセル)の抗インフルエンザ薬も生物製剤で、クルーセルは抗体治療薬(注4)、MDRNAはRNA干渉治療薬(注5)を開発している。抗体治療薬は、自己免疫反応による抗体ではないため、インフルエンザ・ウイルス感染に対する応急処置であり、RNA干渉治療薬は、インフルエンザ・ウイルスの遺伝子を抑制すると見込まれている(表1参照)。

表1 インフルエンザ治療薬の例

<高効率の新たなワクチン製造法の開発に注力>
 食品医薬品局(FDA)は2008~09年のインフルエンザ・シーズンに、5社のインフルエンザ・ワクチン(6製品、注6)を新たに承認したが、それらのワクチンは新型インフルエンザに対して有効ではない、とWHOは報告している。現在流行している新型インフルエンザは、北米・欧州・アジアの豚インフルエンザ・ウイルス、北米の鳥インフルエンザ・ウイルス、ヒト・インフルエンザ・ウイルスの遺伝子をすべて含んでおり、ウイルス表面タンパク質の赤血球凝集素(注7)には90もの変異があると報告されている。赤血球凝集素はワクチンの標的部位であるため、変異によりワクチンが効かなくなることが懸念されている。
 また、ワクチン生産には、通常、4~6ヵ月かかる。このため、オバマ政権が新型インフルエンザ・ワクチンの生産を決定しても、本格的に普及し始めるのは、早くても11月ごろになる。また、インフルエンザ・ウイルスは、体内でほかのインフルエンザ・ウイルスと遺伝物質を交換することが可能で、09年秋冬には、別のタイプの新型インフルエンザ・ウイルスが流行する恐れもある。このため、ワクチンをより早く生産する製造法や限られたワクチンをより効果的に使う技術が注目され始めている。
 現在、FDAが承認しているワクチン製造法は、ニワトリの卵を使うもので、製造には、4~6ヵ月かかり、短期間での増産はできないため、パンデミック・インフルエンザへの対処には適していない。このため、生産期間が短く、大量生産が可能な、各種細胞を使ったインフルエンザ・ワクチンの製造法が注目されている。
 保健社会福祉省(HHS)は06年に、動植物の細胞などを使ったインフルエンザ・ワクチンの製造法を開発するため、ソルベイ、GSK、ノバルティス、バクスター・ダインポート(連合体)、メドイミューン(現アストラゼネカ)と、5年間にわたる研究開発契約を締結した。HHSは同契約により、将来的に、パンデミック・インフルエンザの発生から6ヵ月以内に、2億4,000万人分の細胞由来のワクチンが国内で製造されるようになると見込んでいる。
 さらにHHSは08年、細胞を使ったインフルエンザ・ワクチン製造設備を建設する企業に対して助成金を提供すると発表している。HHSの助成金の上限は建設費の40%で、残りの60%は事業者自らが負担する必要がある。ノバルティスが09年1月、この助成金の初の受領者となった。ノースカロライナ州ホリー・スプリングに建設が予定されており、14年には生産が始まると見込まれている。
 ノバルティスは既に、ドイツで、イヌ腎臓細胞(MDCK細胞)を使ったインフルエンザ・ワクチン(オプタフル)の製造を行っており、米国では承認されていないが、欧州では既に承認されている。オプタフルは、ニワトリの卵を使った製造法に比べ、製造期間が3~4週間短縮され、増産も可能で、卵アレルギー患者にも投与が可能だとされる(表2参照)。
 現在、MDCK細胞などの哺乳類細胞以外に、昆虫細胞、酵母細胞、細菌細胞、植物細胞などによるインフルエンザ・ワクチンの製造法の開発が行われている。このうち、米国での承認に最も近いのが、プロティン・サイエンスの昆虫細胞を使ったインフルエンザ・ワクチン製造方法(フルブロック)で、FDAに生物製剤承認申請(BLA)を08年7月に提出した。

表2 臨床試験段階の新たなワクチン製造法

<ワクチンの効果を高める免疫増強剤の研究も>
 製薬・バイオ企業は、ワクチンの新たな製造法だけでなく、限られたワクチンの効果を高める免疫増強薬(アジュバント)の開発も進めている。アジュバントとは、ワクチンの免疫原性を高める物質で、ワクチンとともに投与される。理論上、アジュバントの使用により1人分のワクチンを4人分以上にすることができる。FDAはアジュバントを含むインフルエンザ・ワクチンをまだ承認していないが、欧州ではノバルティスのフルード、GSKのプレパンドリクス、クルーセルのインフレザルVが承認されている。
 ノバルティスのフルードは、スクアレン(油脂の一種)を、GSKのプレパンドリクスはトコフェロール(免疫刺激剤)を、クルーセルのインフレザルVはリン脂質を、それぞれアジュバントとして含むインフルエンザ・ワクチンである。現在、この3社以外に、複数の製薬・バイオ企業がアジュバントの開発を進めている(表3参照)。

表3 臨床試験段階にあるインフルエンザ・ワクチンのアジュバント
企業        内容      開発段階
クルーセル     リン脂質小胞  米:不明(43カ国:承認済み)
GSK         トコフェロール 臨床試験フェーズ3(欧州:承認済み)
ノバルティス    スクアレン、  臨床試験フェーズ3(欧州:承認済み)
          界面活性剤
          (水中油型乳剤)
アンティジェニクス サポニン抽出  臨床試験フェーズ3(欧州:承認済み)

<万能ワクチン開発にも期待がかかる>
 インフルエンザ・ウイルスの保存配列(注8)をワクチンの標的に選んだ場合、理論上、多様なインフルエンザ・ウイルスに有効な万能ワクチンが開発できる。実現すれば、インフルエンザ・ウイルスの種類に応じてワクチンを選択する必要がなくなり、ウイルスの突然変異の脅威も解消される。
 製薬・バイオ企業が注目している保存配列はM2外部ドメインペプチド(M2e、注9)で、それは、A型インフルエンザ・ウイルスのすべての表面に保存的に存在している。しかし、M2eは、インフルエンザ・ウイルスが細胞に感染した後に表面化するため、ワクチンの標的としては最適ではないが、抗インフルエンザ薬の開発にとっては、感染者をより速く回復させる標的として有効と考えられている。万能ワクチンの開発が最も進んでいるのが、ニュージャージー州クランバリーにあるバクシネートで、臨床試験フェーズ2a段階(ヒトでの安全性の確認)にある。

<未承認薬剤の緊急使用によるリスクも>
 製薬・バイオ企業は、パンデミック・インフルエンザに備え、抗インフルエンザ薬、ワクチン製造法、アジュバントの開発などを進めているが、その大部分は、 09年、10年のインフルエンザ・シーズンまでの承認には間に合わない。このため、パンデミック・インフルエンザが発生した場合、未承認薬剤の緊急承認と使用は、FDAの判断に委ねられる。FDAは、未承認薬剤の緊急承認と使用について、その利益と危険性を慎重に検討する必要がある。過去にこうした緊急承認と使用によって薬害を伴った例もみられる。
 1976年、ニュージャージー州の陸軍基地フォート・ディクスで200人以上が豚インフルエンザに感染し、政府はパンデミックを恐れ、4,000万人にインフルエンザ・ワクチンを投与したが、このうち532人以上が副作用でギラン・バレー症候群(注10)を発症し、25人以上が死亡した。また、91年の湾岸戦争で戦った退役軍人の多くが、その後、脱毛症・疲労感・痛み・記憶障害・倦怠感や関節痛など、今では湾岸戦争症候群として知られている症状に悩まされているが、これらは、兵士が摂取した炭疽(たんそ)病ワクチンに含まれていたアジュバントの副作用によるものでないかとの疑惑が取りざたされている。
(注1)通常のリレンザは1日2回(毎回2錠)を5日間吸入する必要があるが、CS-8958は1回の吸入で済む。
(注 2)ノイラミニダーゼ阻害薬とは、細胞膜表面にあるノイラミニダーゼを阻害する抗ウイルス薬の総称である。体内でインフルエンザ・ウイルスが増殖する過程で、感染細胞からのインフルエンザ・ウイルスの放出に必要なノイラミニダーゼを抑制することによって、インフルエンザ・ウイルスの増殖を抑制する。
(注3)RNAポリメラーゼ とは、ヌクレオチドを重合させ、RNAを合成する酵素のこと。
(注4)抗体治療薬とは、標的となる抗原に対して特異的に働く抗体を、チャイニーズ・ハムスターの卵巣などで生産する治療薬。
(注5)RNA干渉とは、ある遺伝子と相同な塩基配列をもつ二本鎖RNAが、その遺伝子の転写産物を破壊する現象である。結果として、遺伝子の発現が特異的に阻害される。
(注6)GSK:Fluarix、FluLavalの2種類、ノバルティス:Fluvirin、サノフィ・アベンタス:Fluzone、CSL:Afluria、アストラゼネカ:FluMist
(注7)インフルエンザ・ウイルスの表面には、赤血球凝集素(HA)とノイラミニダーゼ(NA)がある。このため、インフルエンザの型は、HとNの組み合わせで表現される。細胞の受容体にウイルスの赤血球凝集素が接着することにより、ウイルスは細胞に侵入する。
(注8)増殖などの生命機能に必須な遺伝子などの塩基配列やアミノ酸配列が、種を超えて共通に保存されている領域。
(注9)M2eは、細胞外ドメインに存在するタンパク質の一種。
(注10)ギラン・バレー症候群とは、急性・多発性の根神経炎の1つで、主に筋肉を動かす運動神経が障害され、四肢に力が入らなくなる。
(田中哲也、大谷泰三)
(米国)


---今の時点でのプレパンデミックワクチン接種は時期尚早---
2008. 4. 21
http://hica.jp/forum/birdflu/sugaya.htm

神奈川県警友会けいゆう病院小児科部長 菅谷憲夫氏

 新年度に入り、政府は矢継ぎ早に新型インフルエンザ対策を打ち出している。プレパンデミックワクチンの事前接種、水際での侵入防止策強化、地域封じ込め対策などだ。早くから、わが国の新型対策の遅れを指摘し、問題解決を訴え続けてきた専門家はどう評価するのか。神奈川県警友会けいゆう病院小児科部長の菅谷憲夫氏(写真)は、「今の時期にプレパンデミックワクチンを接種するのは余りに時期尚早」と指摘。水際対策の強化、地域封じ込め策に至っては、「SARSやエボラを想定したものであり、新型インフルエンザ対策としては不適切」と批判する。抗インフルエンザ薬の十分な備蓄と迅速なワクチン生産体制の構築こそ、真っ先に取り組むべき対策である--。菅谷氏の主張はゆるぎない。

パンデミックは起こらず、訴訟だけが残った
-- 米国の失敗というのは、国民へのワクチン接種キャンペーンが空振りに終わり、その一方で副作用としてギラン・バレー症候群が多発してしまった件ですね。

菅谷 1976 年2月に、米国ニュージャージー州の陸軍訓練基地フォート・ディックスで、兵士の間で豚型インフルエンザの集団発生が起こったのです。このウイルス(H1N1型)は、1918年に大流行し世界中で4000万人以上という死者を出したスペイン・インフルエンザウイルスと抗原性が類似していたため、スペイン・インフルエンザの再来になるのではと危惧されました。不幸にも18歳という若い兵士が死亡したこともあって、緊急対策の必要性を訴える声が主流となり、当時のフォード大統領は緊急予防接種計画を宣言しました。総ての米国国民に豚型インフルエンザワクチンの予防接種を受ける機会を提供し、それに必要なワクチンを早急に製造するとの対策を打ち出したのです。

-- 結局は、患者12人、死亡1人、推定感染者500人の集団発生で終わり、大流行には至らなかった。
菅谷 問題は副作用の出現だったのです。1976年10月から予防接種キャンペーンが開始されました。ところが11月末ぐらいから接種者の間で、ギラン・バレー症候群の発生が報告され始めたのです。このため緊急調査が行われることになり、その結果、接種者からのギラン・バレー症候群の発生は非接種者の約7倍であることが判明したのです。結局1976年12月には、フォード大統領が主導した接種キャンペーンは中止されました。

-- その後の調査で、接種者数が4565万人で、1976年10月1日から1977年1月31日の間のギラン・バレー症候群の発症者は全国で1098人に達し、うちワクチン接種者は532人だったことが報告されています(参考文献1)。

菅谷 パンデミックは起こらず、訴訟だけが残ったと揶揄されているものです。政治的判断に対する評価は色々あろうかと思いますが、翌年行われた大統領選挙でフォード大統領が落選したこともり、米国の政治の社会には、豚型インフルエンザ対策は失政の代名詞のような印象を残したのです。だから米国は特に、プレパンデミックワクチンの事前接種には慎重なのです。

-- 4000万人に接種して約500人という割合でギラン・バレー症候群が発生したわけですが、日本がこれから実施しようとしている6000人規模で、こうした副作用を把握することは可能でしょうか。

菅谷 難しいと思います。そもそもなぜ今の時期にプレパンデミックワクチンの事前接種なのか疑問です。

-- 備蓄しているワクチンの使用期限が切れるという背景もあるようです。どうせ廃棄するなら使ってみて効果を試したいという狙いがみえます。

菅谷 プレパンデミックワクチンは、つなぎとして重要なのです。厳密な意味での新型インフルエンザワクチン(パンデミックワクチン)は、実際にパンデミックが起こり病原ウイルスを特定してからでないと製造できないのです。しかも、製造には少なくとも6カ月が必要となる。そこで、パンデミックが起きてからパンデミックワクチンが供給されるまでの間や、パンデミックワクチンの製造量が十分量に達するまでの間に、基礎的な免疫をつけるために使用するのが、本来のプレパンデミックワクチンなのです。

-- 今はパンデミックが起こっていない。なのに、なぜプレパンデミックワクチンなのかが疑問なわけですね。

菅谷 プレパンデミックワクチンには、緊急避難的な意味合いがあります。緊急避難であれば、ある程度のリスクを犯してでも接種すべきでしょう。フェーズ4、つまり小規模な人から人の流行がおきた時に接種を開始すべきものです。でも今は決してその時期ではありません。今はフェーズ3です。H5N1 では、人にも感染し死亡例が出ていますが、あくまでも特殊例で、流行ではありません。

 鳥インフルエンザであるH5N1ウイルスは、確かに新型インフルエンザに変異する可能性はあります。でもあくまでも新型インフルエンザの候補の一つでしかないことに留意すべきです。H7とかH9とか別のインフルエンザが出る可能性も十分にあるのです。今回のプレパンデミックワクチンは、鳥型 H5N1インフルエンザウイルス由来の抗原、それも高い免疫原性が期待できる不活化全粒子型抗原とアルミニウムアジュバント(免疫増強薬の一種。ワクチン製造に幅広く実用化されているアジュバント)を組み合わせたものです。鳥型である点、全粒子型であること、さらにアジュバントが入っていることなどで、現行のインフルエンザワクチンとは全く異なったものです。どうしても副作用の懸念は残ります。

 私は、H5N1のプレパンデミックワクチンを備蓄しておくことにはもちろん賛成です。しかし、今は、接種開始の時期ではありません。H5N1が新型として流行するかどうかも科学的には分からないのが現状です。新型インフルエンザ出現の「可能性」だけで人に接種して、副作用が出た場合の責任はだれが取るのでしょうか。
抗インフルエンザ薬は1000万人分が不足

-- 先生はずっと一貫して「抗インフルエンザ薬の備蓄と迅速なワクチン生産体制の構築」を急ぐよう訴えてこられました。

菅谷 国民の多くは、新型インフルエンザを、エボラ出血熱とかSARSと混同しているため、新型インフルエンザは死亡率が高い恐ろしい病気と思っているようです。死亡率10~20%と指摘する人もいますが、私はそのようには考えていません。あのスペイン・インフルエンザでも、死亡率は1~2%未満だったのです。

 恐ろしい病気だから何とかして罹らないようにしようと考えるので、隔離や検疫などの強化策が出てくるのでしょうが、もともと罹患を絶対的に避けるべき疾患ではないのです。また避けられもしない。出現したら数年以内には全国民が罹患し発病する病気なのです。第1波で国民の25%が、第2波でさらに25%が罹患する。そして多くの人が新型インフルエンザに対して免疫を獲得すると、パンデミックが治まり国民の10%前後が懸かる毎年のインフルエンザ流行に落ち着いていくのです。この間に死亡率も低下していくと考えられているものなのです。

 全国民が必ず罹るのですから、発病した時に、抗インフルエンザ薬やワクチンを使って軽症化を図り、可能な限り入院や死亡を防ぐことが最も重要なのです。個々人が新たなインフルエンザに対する免疫を獲得していくようにすればいいのです。

-- 抗インフルエンザ薬の備蓄は、現状では大幅に不足すると指摘されています。

菅谷 日本の備蓄は、政府と地方自治体の合計で2100万治療コース、これに製薬会社の在庫分の400万治療コース合わせて2500万人分と備蓄となっています。でもこれでは、国民の19%をカバーするだけです。3200万人と予想される新型インフルエンザ流行第1波の患者の治療分には遠く及ばない。世界的にみても日本の備蓄がいかに遅れているかが分かります(図1)。流行当初から700万人分不足することになります(参考論文2)。流通在庫を考えれば1000万人分以上が不足するのです。

-- 治療用として1000万人分が不足しているだけでなく、医療関係者への予防投与分はまったく考慮されていない点も問題だと。

菅谷 新型インフルエンザが出現すると、大量の患者が医療機関に押し寄せます。医師をはじめとする医療関係者は、何の保障もないままに対応せざるを得なくなるのです。それでは現場はもちません。少なくとも抗インフルエンザ薬の予防投与をして、彼らの家族も含めてですが、第一線で診療にあたる人々の安全を支援する措置をきちっとしない限り、患者の治療に当たるよう要求することはできないのです。医療関係者への予防投与用に、備蓄を急ぐべきです。理想的には、耐性の問題があるので、オセルタミビルだけでなく、ザナミビルも備蓄すべきです。

-- ワクチンについてはいかがですか。迅速化のために細胞培養法などの開発も進めるとしていますが。

菅谷 もちろん細胞培養法などの開発は進めるべきです。パンデミックが起きてからパンデミックワクチンが供給されるまでの時間を可能な限り短縮することは当然、目指すべきです。同時に、ワクチンの改良も考慮すべきです。最近、海外のメーカーが画期的なアジュバントを開発しました。このアジュバントを使用すると、抗原量が従来の4分の1ですみます。

-- 抗原量が従来の4分の1ですか。

菅谷 日本の新型用ワクチンは1ワクチン当たり15μgの抗原量を必要とします。海外の新しいワクチンは3.8μgでいいのです。この数字の意味するところは大きいのです。いいですか。パンデミックワクチンの製造迅速化でネックとなっているのは鶏卵です。この確保が難しい。ところが、たとえば 1000万人分のワクチンを製造できる鶏卵を確保できたとすると、海外の新しいアジュバントの場合、従来ワクチンの4倍の量、4000万人分を製造できるのです。こうした新しい技術を取り入れていく努力も欠かせないのです。

(聞き手;三和護=日経メディカル別冊)

2009年8月26日水曜日

GS 主要顧客に投資情報提供

GSは主要顧客に投資情報を提供したらしい。
 ゴールドマン・サックス・グループが、投資判断情報の提供にあたり
一定の顧客のみ優遇しているとの批判が広がっている。
 証券関連法はゴールドマンなどの企業に「顧客との公平な取引」を
義務付け、アナリストが銘柄について本来の判断と食い違う意見を発表
することを禁じている。

GSの言い分
・トレーディングハドルで不当な利益を得たものはいない
・トレーディングに関する短期的な見解は、書面リポートのより長期的な
 銘柄分析と矛盾するものではない。

個人客の分析
・個人客は通常、長期的な投資手法をしたがって投資し、個別銘柄への
 投資にはそれほど関心がない。

主要顧客を相手にすれば、効率よく利益が上がるので、ゴミのような利益
の個人客は、適当にあしらえば良いということだろう。
フラッシュオーダプログラム流出の真実味が増しても、主要顧客には
フラッシュオーダ取引はやらないと説明する。
いくら批判されても、政府の後ろ盾があるから、怖いものはないと言う
ことだろう。


---ゴールドマンが投資情報で特定顧客のみ優遇---
20090825 10:13
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/media/djCZU4744.html

 ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)米ゴールドマン・サックス・グループ(NYSE:GS)が、投資判断情報の提供にあたり一定の顧客のみ優遇しているとの批判が広がっている。
 同社の調査アナリスト、マーク・イリザリー氏は、2008年4月初めに米資産運用会社ジャナス・キャピタル・グループ(NYSE:JNS)の投資判断を「ニュートラル」とのレポートを発表した。しかし社内文書によると、イリザリー氏は同じ4月の社内会合で自社の数十人ものトレーダーらに「ジャナスの株価が上昇する公算が大きい」という、これまでの判断を強気に変更する見方を伝えていた。
 そしてその翌日にはゴールドマンの調査部門の社員らは大口顧客であるシタデル・インベストメント・グループやSACキャピタル・アドバイザーズなど大手証券会社に電話でこの情報を伝えた。イリザリー氏のレポートを読むだけの投資家はしばらくは同氏が強きの見方に転じたことを知らされず、6日後にその情報に接したときにはすでにジャナス株が5.8%上昇した後だった。
 ゴールドマン・サックスでは毎週「トレーディングハドル(密談)」と呼ぶ会合でアナリストと他の部署の社員が投資情報を交換する。だが書面で調査リポートを受け取っている数千の顧客のうち、毎週の「ハドル」の情報を知らされるのは一握りの顧客に限られる。
 ゴールドマンのアナリストらは、決算発表、市場動向など短期的な材料をもとにトレーディングハドルで株価が動きそうな銘柄を挙げる。その内容が、広く回覧されている調査リポートの投資判断と異なることも間々ある。自己勘定取引を手がける一部の社内トレーダーもこの会合に参加している。
 広がりつつある批判は「ゴールドマンが自社のトレーダーと主要顧客にしか最新の投資情報を伝えないのであれば、その情報に基づく投資を行う機会を逸したそのほかの顧客に損害を与えている」というものだ。
 証券関連法はゴールドマンなどの企業に「顧客との公平な取引」を義務付け、アナリストが銘柄について本来の判断と食い違う意見を発表することを禁じている。
 ゴールドマンの株式調査責任者、スティーブン・ストロンギン氏は「トレーディングハドルで不当な利益を得たものはいない」としたほか、「トレーディングに関する短期的な見解は、書面リポートのより長期的な銘柄分析と矛盾するものではない」としている。
 この投資情報の特別な伝達ルートを最近まで知らなかったゴールドマンの元顧客、ジョージ・クロプファー氏(ユタ州パークシティー在住)はこの慣行の不公平性を指摘する。そして「私がゴールドマンの顧客になった際、顧客第一を掲げる冊子を受け取った。特別な得意顧客だけが特別な情報をもとに投資しているなどとは考えたくもない。私は食物連鎖の末端に位置していた」と語った。
 またクロプファー氏はゴールドマンのいくつかのファンドへの投資で損失を出した後、今年に入り証券口座から2000万ドルの資金の大半を引き揚げた、と述べた。
 ゴールドマン・サックスではクロプファー氏のような個人客は通常、長期的な投資手法をしたがって投資し、個別銘柄への投資にはそれほど関心がない、などとしている。


---Report: Goldman providing tips to certain clients---
By STEPHEN BERNARD and MARCY GORDON (AP) - August 24, 2009
http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5hHBz0UZt-8UagFek9LdocPjU3JkgD9A9IL0G0

NEW YORK - Goldman Sachs Group Inc. provides some of its biggest clients stock tips that come out of regular meetings held by analysts and traders at the investment bank, according to a Wall Street Journal report.

Some of the analysts' views, which can provide insight on potential short-term market movements, can differ from research notes Goldman widely distributes to its clients, the Journal reported. Critics claim providing the early information to only certain clients hurts customers who aren't given the opportunity to trade on the ideas that come out of the meetings.

Brokerage firms have the right to share their information with various clients as they wish, so long as their analysts' stock recommendations distributed publicly don't contradict what they say internally, said Donald Langevoort, a former Securities and Exchange Commission special counsel who teaches securities law at Georgetown University.

Goldman's compliance officers sit in on the meetings, according to the report.

"My guess is the lawyers (at Goldman) have looked closely at this" and determined it doesn't violate securities laws or rules, Langevoort said. "Nobody on this phone call wants to get into an insider-trading situation."

"As a general matter, (brokerage firms) have obligations to use research information properly, disclose conflicts of interests by research analysts, and ensure their publicly available research is consistent with privately expressed views," SEC spokesman John Nester said Monday. He declined to comment specifically on the Goldman situation.

The Journal quotes Goldman's stock research head, Steven Strongin, as saying no one gains an unfair advantage from the meeting and that the short-term ideas do not contradict the long-term forecasts in written research notes.

Clashing short-term and long-term opinions from the same firm is an issue the securities industry's self-regulating body, the Financial Industry Regulatory Authority, is currently reviewing as part of its rule requiring "fair dealing" with clients.

A Finra spokesman said the group is currently reviewing comments about a proposed rule that would clarify disclosure obligations allowing firms more flexibility in how they provide views on a stock.

"It's more of a gray area than a black-and-white area," said John Coffee, a professor of securities law at Columbia University.

The "fair dealing" rule for investment firms "hasn't really been applied very strictly," Coffee said. To make a case that the meetings violated rules, regulators would have to show that a firm "systematically" ensured that certain clients received the information before others, he said.

The tips at Goldman come out of meetings, called "trading huddles," the Journal report said. However, very few of Goldman's thousands of clients who get written research from the bank receive recommendations from the huddles, according to the Journal.

The Journal said, citing participants of the huddles, that the meetings can last up to about an hour. At the meetings, analysts bring trading ideas and Goldman's traders talk about financial markets and what could trigger movements in specific stocks.

Employees then call and provide the information to top clients, while in-house traders cannot use the tips until after they've been given to customers, the report said.

Recommendations from the meetings usually remain in effect for a week, according to the Journal.

A Goldman spokesman didn't return messages seeking comment.

Gordon reported from Washington.


---Report: Select Goldman Clients Advised Better---
August 24, 2009 9:45 AM
Posted by Alex Sundby
http://www.cbsnews.com/blogs/2009/08/24/business/econwatch/entry5261767.shtml

The Wall Street Journal reports Monday that the investment firm Goldman Sachs Group Inc. provides select clients with advice that contradicts what its traders tell the rest of its customers.

Once a week for the past two years, Goldman analysts gather in what's called a "trading huddle" to talk about short-term changes in individual stocks or the market at large. The paper leads with an example where analysts gave one stock a "neutral" rating spread to its entire clientele last year while traders called about 50 top customers to say the stock was likely to go up.

Giving a select group of clients preferential treatment made at least one former Goldman investor felt like he was left out in the cold.

"When I joined Goldman as a client, I got all these fancy brochures saying they put the client first," one former Goldman client told the newspaper. "I just don't want to have to worry about them or big clients trading on stuff like this. I was at the end of the food chain."

That client withdrew most of the $20 million he had in Goldman earlier this year, telling the newspaper it was because he had lost money on some Goldman funds.

A Goldman representative told the newspaper that client and others like him had a long-term investment strategy. The firm didn't want to burden all of its investors with advice from the huddles that had nothing to do with many clients' portfolios.

"We are not in the business of serving thousands of retail customers," a Goldman spokesman told the newspaper.

But not all firms are the same. Morgan Stanley's research department sends clients blast e-mails with such short-term advice on individual stocks. The firm also posts that information on its Web site.

---Janus figures in WSJ report on exclusive trading tips at Goldman---
Denver Business Journal
Monday, August 24, 2009, 7:45am MDT
http://www.bizjournals.com/denver/stories/2009/08/24/daily1.html

A Wall Street Journal report saying that analysts at Goldman Sachs Group Inc. give short-term trading tips exclusively to favored clients focuses on a Janus Capital Group Inc. recommendation as an example.

Monday's WSJ report said for about two years, Goldman analysts have been holding an internal weekly meeting -- called a "trading huddle" -- to share stock tips, or "trading ideas," including the likelihood that a stock will rise or fall over the short term.

"Some of their recommendations differ from ratings printed in Goldman's widely circulated research reports," the Journal reported. It said the meetings are attended by some of Goldman's own traders.

Those tips are then distributed to anywhere from six to 60 favored clients, the Journal said, basing its report on "internal documents."

The newspaper quoted a Goldman official as saying the trading huddles do not provide anyone with an unfair advantange and that the tips are in line with analysts' published long-term forecasts. Another spokesman called the tips "market color" and "always consistent with the fundamental [published] analysis."

But the Journal also cited critics who view distribution of trading tips to a small group of clients as hurting other Goldman customers.

The WSJ used Denver-based money manager Janus as an example of the practice at the top of the article.

The newspaper did not suggest Janus had done anything wrong. Other firms are also cited in the WSJ report as having been discussed in the Goldman trading huddles.

According to the Journal, a Goldman analyst's published rating on Janus in April 2008 was "neutral," but at a trading huddle that month, the analyst told Goldman traders and others the stock would likely rise.

"The next day, research-department employees at Goldman called about 50 favored clients of the big securities firm with the same tip," including large hedge funds, the WSJ reported. It said the analyst's bullish assessment of Janus didn't go into a published report for another six weeks, after Janus shares had already risen 5.8 percent.


---Regulators to Examine Goldman's Trade Tips---
AUGUST 25, 2009
By SUSANNE CRAIG and KARA SCANNELL
http://online.wsj.com/article/SB125115914476055403.html

ecurities regulators are examining weekly meetings at Goldman Sachs Group Inc. in which research analysts give tips to traders and then to big clients, as the Wall Street giant considers disclosing these so-called trading huddles to all its clients.

The Wall Street Journal reported Monday that analysts at Goldman sometimes shared with traders and key clients short-term trading tips that sometimes differed from the firm's long-term research.

Examiners at the Financial Industry Regulatory Authority, the industry self-regulatory body known as Finra, and the Securities and Exchange Commission intend to ask Goldman for more information on these weekly get-togethers, people familiar with the matter said.

Internal documents show that at times, these short-term trading tips differed from Goldman's long-term research. Critics complain that Goldman's distribution of the trading ideas to Goldman traders and major clients hurts other Goldman customers who aren't given the opportunity to trade on the information, and may be relying on the firm's longer-term research to make investment decisions.

The huddles, and what is discussed during or after them, currently aren't disclosed in Goldman's long-term research. On Monday the firm internally discussed adding information about the service on its client Web site. Some firms, such as Morgan Stanley, also give stock ideas to clients, but disclose the service in their longer-term research and on its Web site.

The huddles highlight the new demands on research analysts as trading desks have become central drivers of profit in recent years. In a 2003 case, U.S. regulators accused firms of issuing overly optimistic research in order to win lucrative investment banking business. In a settlement of that case, Wall Street agreed to strict limitations on the dealings between bankers and stock analysts.

"I think it is unrealistic to expect firms to treat all clients equally," said Robert Glauber, former head of the National Association of Securities Dealers, the precursor agency to Finra, and a lecturer at Harvard's John F. Kennedy School of Government. "The speed, depth and detail of the advice given may be different, but there has to be limits. And the basic stock recommendation must be the same and any differences should be disclosed."

Goldman hasn't been accused of violating any securities laws in its distribution of the trading tips. While it is considering adding a disclosure to its client Web site, it says there is no issue with the huddles. "We believe the disclosure we have now is entirely appropriate. Analysts are not allowed to express differing views without publishing that view," a Goldman spokesman said.

In the Monday Journal article, a Goldman spokesman said ideas that arise from the huddles are simply "market color" and "always consistent with the fundamental analysis" in published research reports.

"Analysts are expected to discuss events that may have a near-term or short-term impact on a stock's price," he said, even if that is a different direction from an analyst's overall forecast. Goldman's published research reports include a disclosure that "salespeople, traders and other professionals" may take positions that are contrary to the opinions expressed in reports. But the firm doesn't disclose the trading huddles.

The tips usually go to top clients who have expressed interest in having the information and have short-term investment horizons, the spokesman said. Goldman doesn't want to overload other clients with information that isn't relevant to them, he added.

On Friday, Goldman notified the various agencies that regulate it, including Finra and the SEC, that the Journal was preparing a story on the huddles, according to a person familiar with the matter. On Monday, regulators indicated there may be several avenues of possible examination on the trading huddles.

Securities laws require firms such as Goldman to engage in "fair dealing with customers" and prohibit analysts from issuing opinions that are at odds with their true beliefs about a stock. Research reports can often cause a stock to rise or fall.

Some trading-huddle tips examined by the Journal were followed by a formal rating change. Generally speaking, in some cases, such tipping may be illegal, according to regulators. Goldman says it is rare that tips are followed by changes in ratings.

The trading tips go first to Goldman traders and then to clients, but Goldman says its traders aren't allowed to act on the tips until they have been relayed to clients. One regulator said Monday that it might be worth looking at how Goldman polices the handling of this information.

Some experts aren't so concerned. "You're not dealing with the same kind of information where this is a backdoor form of insider trading," said Donald Langevoort, a securities-law professor at Georgetown University.

"We do not confirm or deny individual investigations," said a SEC spokesman. "As a general matter, broker-dealers have obligations to use research information properly, disclose conflicts of interests by research analysts, and ensure their publicly available research is consistent with privately expressed views."


---ゴールドマンへの利益誘導を否定=米財務長官---
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/media/djCZS9089.html

 ワシントン(ウォール・ストリート・ジャーナル)ガイトナー米財務長官は21日、昨年の金融危機のさなかのゴールドマン・サックス・グループ(NYSE:GS)への対応で米政府の対応は適切なものだった、との見方を明らかにした。
 ガイトナー長官はウォール・ストリート・ジャーナルと読者投票型ニュースサイト「ディグ(digg.com)」とのインタビューで、政府の救済策はゴールドマンの利益のためではなく、金融システム全体の崩壊を防ぐのが目的だった、と語った。
 同長官は「われわれは米経済を救うため特別な措置をとった。率直に言うとそれは決して好ましいことではなく、実行を余儀なくされたものだ。しかし政策判断には、ひとつとして個々の企業、ましてやゴールドマン・サックスの特定の利益を考慮してのものはなかったと断言する」と述べた。
 議会筋からは、救済する金融機関の選定に際して政府関係者らとゴールドマンの密接な関係が判断に影響を与えたとする批判がある。ゴールドマンの同業リーマン・ブラザーズ・ホールディングス(LEHMQ)を破たんさせる一方、ゴールドマンの取引先である米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(NYSE:AIG))には支援を打ち出した政府の決定を問題視している。AIGはその後、ゴールドマンに130億ドル超を支払った。
 そうした批判の大半はポールソン前財務長官に集中している。ポールソン氏はゴールドマンの元最高経営責任者(CEO)であり、同社とつながりのある多数のアドバイザーを同省で起用した。
 ポールソン氏は先月の議会公聴会で「ゴールドマン・サックスについて非常に重要な問題があることが明確になりつつあった昨年の秋に、政府の法律顧問は私にゴールドマンと協議することを認めた」と証言。同氏はAIG救済には関与したものの、「AIGの債権者や取引先への支払いに関する米連邦準備制度理事会(FRB)の決定には全く関与していない」と述べた。
 FRBのバーナンキ議長とニューヨーク連銀の元総裁であるガイトナー財務長官は、ゴールドマンに在籍したことはない。ニューヨーク連銀理事会のフリードマン前議長は、ゴールドマンの取締役および株主だった。フリードマン氏は今年、利益が相反する二重の職責が問題になったことから、連銀議長を辞任した。
 ガイトナー長官は、金融機関の救済に対する世論の反発は理解できるとしながらも、政策立案者は米金融システムを救うため賞賛すべき役割を果たした、と述べた。また政府部内に、金融市場を理解し、納税者を保護する手立てを考えることのできる人材が必要とした。「彼らは敬意をはらうべき偉大な人物である。非常に厳しい時期に国に奉仕することをいとわず、格別の貢献を国に果たした」と語った。
 ガイトナー長官はさらに「景気回復のために必要な措置をとる」としながら、景気刺激に向けて追加措置が必要かどうかを今判断するのは時期尚早、とするオバマ政権の立場をあらためて強調した。

2009年8月25日火曜日

仏 無謀な旅救出経費請求法案

仏政府は、無謀な旅の救出経費を請求する法案をまとめた。
仏政府は、紛争などで危険度が高い外国に特別な事情もないまま訪れた
旅行者がトラブルに巻き込まれた場合、救出にかかった経費を当事者に
負担させる法案をまとめた。

経緯
・ソマリアの沖を航行中のヨットが海賊に乗っ取られ、仏軍が救出。
・パキスタンで仏人旅行者の誘拐事件。

日本でも一時話題になったが、外務省、最終的には政府の判断で、
負担は無かったと記憶がある。
しかし、仏では、費用を負担させるかどうか、負担額を裁判所が
判断するようだ。
被告(?)は、旅行者だけでなく旅行業者や輸送業者、保険会社なども
請求の対象となるが、外交官やジャーナリスト、援助関係者らは対象外
になるらしい。
誘拐の身代金が一億円以上になった場合、平均年収450万円の一般の人
では、家族三代で支払い続けても完済できれば良いほうだ。
仏では、寄付金で返済が可能になる場合も考えられるが、日本では難しい。
日本では、この法案は馴染まないかもしれない。


---「無謀な旅」救出経費は自己負担 フランス政府が法案---
2009年8月24日18時24分
http://www.asahi.com/international/update/0824/TKY200908240083.html

 【パリ=飯竹恒一】フランス政府は、紛争などで危険度が高い外国に特別な事情もないまま訪れた旅行者がトラブルに巻き込まれた場合、救出にかかった経費を当事者に負担させる法案をまとめた。旅行業者も対象にしているのが特徴で、無謀な旅を事前に抑える狙いがある。
 今年4月、仏政府が退避勧告を出していたソマリアの沖を航行中のヨットが海賊に乗っ取られ、仏軍が救出作戦を実施。パキスタンで仏人旅行者の誘拐事件も起きた。
 政府はこうした事態を憂慮したとみられ、クシュネル外相がこのほど法案を閣議に提出した。AFP通信などによると法案は、政府が渡航しないよう勧告している国を訪れて事件などに巻き込まれた事態を想定。費用を負担させるかどうかは裁判所が判断し、全額または一部を支払わせる。
 旅行者だけでなく旅行業者や輸送業者、保険会社なども請求の対象となるが、外交官やジャーナリスト、援助関係者らは対象外になる見込みだという。
 フランスでは85年に、危険な場所でのスキーなどについて、ヘリコプターなどで救出された場合の費用負担を求める法律を制定している。

2009年8月24日月曜日

フラッシュオーダ取引継続

フラッシュオーダ取引はまだ可能のようだ。
フラッシュオーダを自主廃止する取引所や取扱会社が報道されたが、
様子見の取引所もあるようだ。

・ISE
・CBOE
・Boston Options Exchange

現在の全米オプション量の約2%~5%であるため続けるようだ。
ISEはオプション市場が活発化するので、段階的規制を進言し、調査を続け
るとのこと。
取引額が大きいため、多少の批判があっても手放せないらしい。
政治的圧力にいつまで絶えられるのだろう。


---International Securities Exchange CEO Defends Flash Orders---
AUGUST 20, 2009, 1:27 P.M. ET
By Jacob Bunge Of DOW JONES NEWSWIRES
http://online.wsj.com/article/BT-CO-20090820-711300.html

CHICAGO (Dow Jones)--The top executive of the International Securities Exchange (ISE)chastised rivals for stirring controversy around so-called flash order types in options markets, as he defended his own market's use of the practice.

Gary Katz, CEO of the ISE, said that competing options exchanges that collect fees on options trades are using regulators' recent focus on flash orders in cash equity markets to end a similar practice in options markets, which could bring some venues more revenue.

"The negative connotations are being put out there for competitive reasons," Katz said in an interview .

At issue are step-up order types, which are similar to flash orders in stock markets. If an options order cannot be filled on an exchange's main order book, it is "flashed" to exchange members, who can act on the order before it is routed out to another exchange.

There are differences between exchanges, however. In options markets, the biggest markets like the ISE and the Chicago Board Options Exchange operate on a pro rata model, in which transaction fees are charged to market makers and firms trade their own accounts.

Smaller platforms, including markets operated by NYSE Euronext (NYX) and Nasdaq OMX (NDAQ), operate on a maker-taker model, in which liquidity-providing participants are given rebates while participants that remove liquidity are charged fees.

This point is key to the debate over step-up options orders, according to Katz: if an options order comes into the ISE and can't be filled, flashing it offers another chance the order will be filled in a venue where the customer won't have to pay a fee.

If the order were routed to another exchange immediately for filling, the customer may end up paying to have it filled at a maker-taker venue.

"An exchange with a maker-taker pricing model would be very interested in eliminating the ability for a classic model, like ISE's, to step up and provide that [service] as a way to provide customers an alternative to paying these fees," Katz said.

NYSE Euronext, a vocal critic of flash order types in cash equities markets, also opposes the practice in the options markets, alleging that it gives those who see the flashed orders an unfair information advantage over those participants who can't.

Market-making firms active in maker-taker options venues have also urged regulators to crack down on step-up orders, with similar arguments, Katz said.

The ISE believes it has a solution to the dilemma over perceived information imbalances: broadening the number of participants who can see flash orders by effectively showing them to all market participants.

Right now, broker dealers, electronic access members and market makers get to see flashed orders at ISE. But, Katz said, "if the [Securities and Exchange Commission] wants to widen that distribution to include individual investors as well - the same way individual investors could see ISE quote - then we'd be willing to do that, to remove perception that there's any information advantage."

Katz also suggested that step-up orders be made optional for all market participants, letting them decide whether or not their orders would be sent directly to another exchange to be filled.

The SEC, which is scrutinizing the use of flash orders in cash equities markets, has broadened its investigation to include options markets; ISE, CBOE and the Boston Options Exchange all offer a form of the practice.

Despite the furor, step-up orders represent a fraction of total U.S. options volume, accounting for an estimated 2% to 5% of total market activity.

-By Jacob Bunge, Dow Jones Newswires;

2009年8月23日日曜日

IRS UBS顧客情報で脱税者起訴

米脱税者が、UBS顧客情報で起訴された。
UBSを舞台とした米富裕層の脱税捜査で、米当局は、口座の移し替えなど
米当局の追及を逃れる目的で、顧客資金の移動にかかわったとして、
スイスの銀行関係者と弁護士をフロリダ州内の裁判所に起訴した。

米政府とスイス政府と合意により、UBSの4450口座の顧客情報が開示され、
スイスの銀行関係者と弁護士が脱税で告発された。

経済ヤクザの口座が、スイスの銀行にあり、振込み詐欺の被害額を全額
取り戻せず、みすみすスイスに半分渡してしまった経緯がある。
IRSは、脱税者に追徴課税をすることで、税金を取り戻すのかもしれない。

以前、シティバンク系プライベートバンクが金融庁から行政処分を受けた
際、評論家は、「シティとは違い、世界プライベートバンクは違法行為は
していない」と批評した記憶があるが、スイスの場合はもっとひどい。

・銀行ぐるみのクレジットカードによる偽造負債の作成
・脱税の指南
・資産隠蔽の援助


顧客情報の非開示でやりたい放題だったようだ。
金融危機で、UBSを含むスイスの銀行は瀕死の状態のため、開示を承諾した
のかもしれない。


UBS to Turn Over 4,450 Names to IRS - Bloomberg Bloomberg


End Secret Swiss Bank Accounts? Fox Business


---富裕層の脱税でスイスの銀行関係者らを起訴 米当局---
2009.8.21 08:21
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090821/amr0908210823003-n1.htm

 【ワシントン=山本秀也】スイスの大手銀行UBSを舞台とした米富裕層の脱税捜査で、米当局は20日、口座の移し替えなど米当局の追及を逃れる目的で、顧客資金の移動にかかわったとして、スイスの銀行関係者と弁護士をフロリダ州内の裁判所に起訴した。
 米政府は、米富裕層の持つ海外資産への課税強化と、不正な資金移動への監視を秘密主義で知られるスイスの金融機関にも拡大。UBSの4450口座をめぐる顧客情報の開示で、スイス政府と合意していた。
 米内国歳入庁(IRS)と司法省によると、被告らはUBSの秘密口座にあった米顧客の資金を別の銀行に移し替えたほか、税務当局の監視を逃れる形で米国内に戻し送金するなど、脱税を助けた疑いがもたれている。
 司法省は被告の所在を明らかにしていないが、有罪の場合、禁固5年、罰金25万ドル(約2400万円)の量刑が見込まれる。
 ロイター通信によると、同省の脱税捜査当局者は、「米国の納税者にかかわる犯罪が明るみに出る前に、外国の銀行が情報開示で協力することを望む」と発言。外国銀行の関係者らに対する今回の刑事訴追が、警告の意味合いを含むことを強く示唆した。


---U.S. Indicts Two in Switzerland on Tax Charges---
By LYNNLEY BROWNING
Published: August 21, 2009
http://www.nytimes.com/2009/08/22/business/global/22tax.html

The Justice Department indicted a Swiss private banking executive and a Swiss lawyer on Thursday, accusing them of selling tax evasion services to wealthy clients. The move opens a new front in Washington’s challenge to Switzerland’s tradition of bank secrecy.

The indictment, filed in United States District Court in Fort Lauderdale, Fla., charged Hansruedi Schumacher, a director at NZB Neue Zurcher Bank of Zurich, and Matthias W. Rickenbach, a Swiss lawyer, with one count each of conspiring to defraud the United States. It was filed a day after the giant Swiss bank UBS said that it had agreed to disclose 4,450 American client names and account details, and it indicated that American authorities were starting to pursue smaller players who might have helped Americans hide money. Smaller Swiss banks have expressed confidence that they could continue to work with American clients and find new ways to protect their privacy.

“These conspiracy charges show that Justice is widening the net beyond UBS to include other banks, and that it is also going beyond individual account holders to the professionals who assist them,” said Lee Sheppard, a tax lawyer in New York and a writer for Tax Analysts, a trade publication.

Mr. Schumacher is a former top private banker for UBS who left around 2002 to establish and oversee NZB’s private banking operations. He worked at NZB until at least last month, the indictment said. Mr. Rickenbach is a partner of the Rickenbach & Partner law firm, with offices in Zurich and Geneva.

A Justice Department statement said that the two men “helped their clients obtain offshore credit cards and created sham loan documents.” It said they “falsified bank documents to generate the appearance that assets of their U.S. clients belonged to Swiss citizens, and they falsified documents to disguise their United States clients’ repatriation of offshore funds as inheritances from foreign citizens.”

The statement said the defendants told clients “that their assets and identification would be safer at NZB because they had no presence in the United States” and were “less likely to be pressured by the American authorities to disclose the identities of their United States clients.”

Mr. Schumacher and Mr. Rickenbach could not be reached for comment. On Friday, Franziska Gumpfer, a spokeswoman for NZB, said that Mr. Schumacher had been fired. “NZB has acknowledged the charge brought by the U.S. and decided to part company with Mr. Schumacher,” she said.

Ms. Gumpfer said the bank decided to close its United States private banking business this spring in light of the legal dispute involving UBS. She said Mr. Schumacher then told the bank that he planned to leave in September.

American authorities appear to be widening their attack on Swiss banking secrecy. Switzerland is the world’s largest repository of hidden wealth, estimated to hold nearly one-third of the $7 trillion in assets that are believed to be held offshore. Charges filed this summer against two American UBS clients, Jeffrey P. Chernick and John McCarthy, included references to their dealings with Mr. Schumacher, Mr. Rickenbach and NZB, but did not name them.

The new indictment charges the two Swiss men with helping Mr. McCarthy evade taxes, in part through entities in Hong Kong linked to his UBS account.

Around 2007, the complaint says, Mr. Rickenbach’s father hand-carried $5,000 to New York to deliver to an unidentified client, illustrating one way that the Swiss lawyer surreptitiously moved money across borders.

NZB was established in 2000 by former senior executives from Bank Julius Baer, a prominent Swiss private bank. Over 2007 and 2008, Sarasin Group, another Swiss private bank, acquired a 40 percent stake in NZB, while NZB employees own the rest.

The indictment on Thursday said that Mr. Schumacher, who was referred to but not identified by name in the Chernick papers, was a former manager of UBS’s cross-border private banking division, the unit under scrutiny for having helped Americans evade taxes.

Mr. Schumacher left UBS around 2002 to join NZB and help clients of UBS and other firms to evade taxes, according to the charges against him.

The indictment said that Mr. Schumacher and Mr. Rickenbach paid $45,000 to a “high-ranking Swiss government official” in 2008 to learn whether Mr. Chernick, their client, was on a list of 285 names to be disclosed to American authorities in February in a broad settlement with UBS. Mr. Chernick paid the fee.

Mr. Schumacher, the Chernick filing said, told Mr. Chernick that because the smaller bank had not entered into a special disclosure program with the Internal Revenue Service, it would be subject to less scrutiny by United States tax officials than UBS.

NZB’s executives include senior names in private banking. Martin Eberhard, the chief executive, was previously a senior executive at Julius Baer in charge of Swiss brokerage operations, and Marco Bacchetta, the head of institutional sales, previously led the brokerage team at Pictet & Cie Bank in Zurich, another well-known private bank.

Frank Gut, the chief financial officer, previously oversaw the Swiss brokerage operations at Bank Julius Baer in Zurich. NZB’s Web site describes the bank as “a financial institution which focuses on the brokerage business with institutional investors from Switzerland and abroad, and on asset management and investment advisory services for private clients.”

The Justice Department established a special prosecutors’ team in 2007 that is focused on Swiss banks that help Americans evade taxes, said a person briefed on it who was not authorized to speak publicly. Douglas Shulman, the I.R.S. commissioner, said Wednesday that the agency was looking at other banks and intermediaries in Switzerland.

Julia Werdigier contributed reporting.


---UBSが米国人保有の4450口座の情報提供、IRSに---
2009.08.20 Web posted at: 19:45 JST Updated - CNNMoney
http://www.cnn.co.jp/business/CNN200908200027.html

ニューヨーク(CNNMoney) IRS(米内国歳入庁)は19日、スイス政府との間で、同国の金融大手UBSに米国人が保有する口座に関係する情報提供で合意したと発表した。対象は4450口座で、IRSは脱税に悪用されていた秘密口座の解明が進むと期待している。

既にこれまで税金を滞納してきた数千人規模が支払いに応じたともしている。IRSが情報を入手出来るのは、合意での4450口座に加え、自主的な提供などを含めば5000口座以上に達する見通し。UBSに口座を持つ保有者による自主的な情報提供の期限は9月23日までで、応じた人物は訴追免除となる。

これらの口座の保有金額は一時、180億ドル(約1兆7000億円)相当と推定されたが、現在の金額は不明。

厳格な秘密主義で有名なスイスの銀行口座は、富裕層による資産の不正隠匿を招くとして長年批判されてきた。IRSは当初、スイス当局に5万2000口座の情報提供を要求してきた。


---スイスUBS 顧客情報、米に開示へ 脱税調査に協力---
2009年8月20日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2009082002000253.html

 【ワシントン=古川雅和】米政府は十九日、スイス金融大手UBSが持つ米富裕層数千人分の顧客情報を米政府に開示することでスイス政府と合意したと発表した。
 UBSはスイス政府を通じ、米政府に情報を提供する。米政府は課税逃れをしている疑いがある約四千四百五十口座の情報提供を求めており、スイス政府も応じる見込み。米政府は開示された情報を元に、脱税調査を強化する。
 スイスの銀行の秘密保持は世界でも特に厳しく、この情報管理体制が資金洗浄(マネーロンダリング)や不正蓄財に悪用されていると国際的な非難も浴びていた。
 一方、米政府は経済危機による税収減もあり、国際的な脱税の摘発を強化。今年二月には、UBSが米国人顧客の課税逃れを助けているとして、顧客情報の開示を求め提訴するなど、スイス政府に圧力をかけていた。
 今回の合意を機に、スイス政府は他金融機関でも悪質な顧客情報の開示に応じる可能性があり、国際的な資金の流れにも影響が出そうだ。


---UBSの口座情報開示で合意 米国とスイス---
2009.8.20 09:29
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090820/amr0908200929004-n1.htm

 【ワシントン=山本秀也】米税務当局は19日、スイス政府との外交交渉で、同国の大手銀行UBSが脱税に使われた疑いのある4450口座の顧客情報を米側に開示することで合意しことを明らかにした。スイスの銀行の「秘密厳守」の伝統に対し、米側は銀行を相手に訴訟を起こす圧力策に出ていた。
 この問題は、課税強化の方針を取る米内国歳入庁(IRS)が、富裕層の資産管理で巨額の取り扱い実績を持つUBSを脱税を助けた疑いで訴えていた。UBSは2月、当初の訴訟に対し一部顧客情報の開示などで和解を表明したが、米側が新たな口座についても情報開示を求めていた。
 IRSによると、顧客情報の開示は、スイス政府を通じてUBSへの「要請」として進められる。口座残高などのほか、有価証券など同行が管理する資産の保有状況に関する情報も開示対象となる。
 今回情報開示で合意した口座は、IRSが脱税捜査で特に関心を強めているものに絞られた。IRSのシュルマン長官は、司法、外交交渉の手続きを簡略化するため、口座の絞り込みに応じたとした上で、「この合意は国外に資産を隠している人物への明確なシグナルとなるだろう」と語った。
 米国で納税申告と脱税捜査を担当するIRSは、海外の資産保有に関しても口座名や残高などを詳細に申告するよう義務づけている。スイスの銀行には、守秘義務を頼りに米国の富裕層多数が秘密口座を開いていた。


---UBS、顧客情報開示で米・スイス合意 課税回避支援疑惑巡り---
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090820AT2M1903619082009.html

 【ワシントン=大隅隆】欧州大手銀行のUBSによる顧客の課税回避支援の疑いを巡り、同行と米、スイス両政府が19日、紛争の解決で合意したことを正式に発表した。UBSはスイス政府を通じ、約4450人の顧客情報を米政府に開示する。これを受け米政府は脱税調査に着手する見通し。タックスヘイブン(租税回避地)を巡る最大規模の紛争だった案件が決着することで、大手金融機関の経営や国境をまたぐ資金取引に影響を与えそうだ。
 米内国歳入庁と司法省の発表によると、米政府はスイス政府にUBSの顧客口座の開示を要請。スイス政府はUBSに顧客情報の開示を指示する。スイス政府はUBSと同様のケースについても顧客情報の開示を金融機関に指示する可能性がある。(07:00)


---スイス、秘密口座情報を米に開示へ 不正蓄財批判うけ---
2009年8月20日1時27分
http://www.asahi.com/international/update/0820/TKY200908190441.html

 【ワシントン=尾形聡彦】スイスの金融大手UBSに対し、脱税に使われていた「秘密口座」の情報提供を求めていた米司法省は19日、スイス政府との合意で要求していたほぼすべての情報を得られることになったと発表した。米政府関係者によると、4450口座の情報が開示される。
 今年2月にUBS側は、約250~300人分の口座情報を提供すると明らかにしていたが、米政府はさらなる情報提供を要求していた。スイスの銀行の「秘密口座」は、富裕層が資産を不正に隠す場として長年批判されてきた。


---PRESS RELEASE: UBS : UBS AG: Formal signing of settlement agreement relating to the John Doe summons---
AUGUST 19, 2009, 9:49 A.M. ET
http://online.wsj.com/article/BT-CO-20090819-707484.html

UBS AG (SWX:UBSN) announced today the formal signing of a settlement agreement with the US Internal Revenue Service (IRS) regarding the John Doe summons issued on 21 July 2008. The summons has been the subject of a civil action in the United States District Court of the Southern District of Florida. The principal terms of this settlement agreement and the related agreement entered into at the same time by the governments of Switzerland and the United States are described below:

The agreement does not call for any payment by UBS. Moreover, it resolves all issues relating to the alleged breaches of UBS's Qualified Intermediary Agreement with the IRS as set forth in the Notice of Default dated 15 May 2008.

As part of the settlement, the parties will promptly file a stipulation with the court to dismiss the enforcement action relating to the John Doe summons.

In accordance with the separate agreement between the United States and Switzerland, the IRS will submit a request for administrative assistance pursuant to the existing US-Switzerland Double Taxation Treaty to the Swiss Federal Tax Administration (SFTA). This request will seek information relating to certain accounts of US persons maintained at UBS in Switzerland. It is expected that approximately 4,450 accounts will be provided to the SFTA in response to this treaty request. The SFTA will decide which of those accounts should be disclosed to the IRS, and such decisions will be subject to judicial review.

UBS is required to provide information on the accounts covered by the treaty request to the SFTA and to send notices to affected US persons encouraging them to take advantage of the IRS's voluntary disclosure practice and to instruct UBS to send their account information and documentation to the IRS. The US government will withdraw the John Doe summons with prejudice as to all accounts not covered by the treaty request no later than 31 December 2009, provided that UBS has complied with those obligations that are required to be performed by that date.

The US government will withdraw the John Doe summons with prejudice as to the remaining accounts - those subject to the treaty request - no later than 24 August 2010 upon the actual or anticipated delivery to the IRS of information relating to accounts covered by the treaty request that does not differ significantly from the expected results. In addition, the summons will be withdrawn with prejudice as to those remaining accounts if at any time on or after 1 January 2010 the IRS has received information relating to at least 10,000 accounts of US persons maintained at UBS in Switzerland. The sources of such information include, in addition to the treaty request itself, the IRS's voluntary disclosure practice, client instructions to UBS to send account information to the IRS and the Deferred Prosecution Agreement.

If neither of these events were to occur by 24 August 2010, the two governments would confer and consult in order to consider alternative mechanisms for achieving the expected levels of account information exchange expected to occur through the treaty request. Possible measures will not impose any financial or new, non-financial obligations on UBS. If these efforts were not successful, the John Doe summons could remain in place beyond 24 August 2010 as to the portion of the accounts covered by the treaty request that have not otherwise been disclosed to the IRS.

UBS Chairman Kaspar Villiger said: "This agreement helps resolve one of UBS's most pressing issues. I am confident that the agreement will allow the bank to continue moving forward to rebuild its reputation through solid performance and client service. UBS welcomes the fact that the information-exchange objectives of the settlement can be achieved in a lawful manner under the existing treaty framework between Switzerland and the United States."

Cautionary Statement Regarding Forward-Looking Statements

This release contains statements that constitute "forward-looking statements", including but not limited to statements relating to the consequences of the agreements described above and their anticipated effect on UBS's reputation and future development. While these forward-looking statements represent UBS's judgments and expectations concerning the matters described, a number of risks, uncertainties and other important factors could cause actual developments and results to differ materially from UBS's expectations. These factors include, but are not limited to: (1) uncertainties as to the actual provision of information to the IRS as contemplated by the agreements and the consequences arising from any possible significant difference from the expected results thereof; (2) future developments in the markets in which UBS operates or to which it is exposed; (3) the degree to which UBS is successful in effecting organizational changes, implementing strategic plans and retaining and attracting employees; and (4) political, governmental and regulatory developments, including possible actions or inquiries concerning UBS's cross-border banking business by tax or regulatory authorities in other jurisdictions. In addition, UBS's actual results could depend on other factors that we have previously indicated could adversely affect our business and financial performance which are contained in our past and future filings and reports, including those filed with the SEC. More detailed information about those factors is set forth in documents furnished by UBS and filings made by UBS with the SEC, including UBS's restated Annual Report on Form 20-F/A for the year ended 31 December 2008. UBS is not under any obligation to (and expressly disclaims any obligation to) update or alter its forward-looking statements, whether as a result of new information, future events, or otherwise.