2009年11月9日月曜日

血の海法廷で何を裁く

血の海となった法廷の警官は、人種差別主義者だったかもしれない。
 ロシア生まれのドイツ人アレックス・ビーンズ被告は、自らが告訴
された別の事件の審理中に、原告のエジプト人女性マルワ・シェルビニ
さんを刺殺、夫のエルウィ・オカズさんにも重傷を負わせた罪に問わ
れている。

「誰でもイスラム教が危険な宗教であるということを知っている。
それゆえ、私の敵と考えるべきと理解する」「ヘッドスカーフは男性、
悪魔への[シンボル]。彼女はそれで私を怒らせた。」と手紙を書いた
ようだ。

エジプトでは、反独感情が高まり、一部では、報復の呼びかけがあり、
エジプト政府からは、終身刑を要求している。
独の慣例では、懲役15年と予想されているようだ。

エジプトのルクソールでは、イスラム原理派がテロを起こし、エジプト
国民の多くは非難していたようだが、今では、キリスト教対イスラム教
が、当たり前となり、人種差別、宗教対立として、世界のあちこちで
報道されることが多い。
日本は、対キリスト教は三者的立場だが、欧米の人種差別では、被害者
の場合が多い。
押付けの民主主義、経済的、軍事的、宗教的、文化的植民地化は、
はるか遠い昔から変わっていない。
日本にも宗主国に媚を売る人もいるし、強いものにつく人もいる。
本当に必要なものは人それぞれ違うだろう。欲望は大罪か。


German on trial over Muslim murder - 27 Oct 09


Speaking out, Reaction: Dr. Marwa El Sherbiny's killer set to stand trial


Pregnant Muslim woman gets stabbed 18x in German Courtroom; CAIR meets with German Embassy in D.C.

---法廷が血の海…エジプト女性刺殺、ロシア系ドイツ人の歪んだ憎悪---
2009.11.8 18:00
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/091108/erp0911081801003-n1.htm

 ドイツ東部ドレスデンで7月、「テロリスト」などと侮辱されたとして近所のドイツ人の男を告訴していたエジプト人女性が、訴えを審理中の法廷で男に刺殺された。この事件で殺人罪などに問われた男の公判が10月26日、同じドレスデンの裁判所で始まり、男が出廷。検察側は動機として、男の人種差別的な思想を指摘した。エジプトなどイスラム諸国では事件後、ドイツに対する非難が高まっており、ドイツ当局側も、裁判の行方次第では反ドイツの動きが加速する恐れがあると神経をとがらせている。(大内清)

素顔を見せず
 この日の初公判。目深にかぶった野球帽の上にフードをかぶり、サングラスとマスクを着けて完全に顔を隠して入廷した男が、両手両足を厳重に拘束されて被告人席に座った。ロシア生まれのドイツ人で、名前はアレックス・ビーンズ(28)。
 裁判は、ビーンズ被告がサングラスをはずすことをかたくなに拒否し、裁判官から50ユーロ(約6700円)の罰金を命じられるという異例の幕開けとなった。
 ビーンズ被告は、自らが告訴された別の事件の審理中に、原告のエジプト人女性マルワ・シェルビニさん=当時(31)=を刺殺、夫のエルウィ・オカズさん(32)にも重傷を負わせた罪に問われている。 この異常な事件はどのように起きたのか。

息子の眼前で
 発端は、シェルビニさんが近所の公園で、ブランコに座ってたばこを吸っていたビーンズ被告に、3歳の息子にもブランコで遊ばせてやってほしい、と頼んだことだった。
 これに対してビーンズ被告は、シェルビニさんを「テロリスト」「イスラム主義者」「売春婦」などと口汚く罵倒。ショックを受けたシェルビニさんは、侮辱を受けたとして、ビーンズ被告を告訴した。
 その後、ビーンズ被告は780ユーロ(約10万5000円)の罰金刑を言い渡されたが、判決を不服として控訴。その審理が行われた7月1日、出廷したビーンズ被告は、隠し持っていた刃渡り約18センチのキッチンナイフでシェルビニさんの腹部や背中などを18回にわたって刺したのだ。シェルビニさんはほぼ即死。妊娠3カ月だった。
 助けに入ったオカズさんも複数回、刺された上、駆けつけた警官に犯人と間違われ、脚を銃弾で撃ち抜かれた。わずか数分で法廷が血の海となったこの惨劇は、息子の目の前で展開された。

息子の眼前で
 独誌シュピーゲル(電子版)などによると、シェルビニさんとオカズさんの夫妻は2005年、故郷のエジプトからドイツに渡った。当初は首都ベルリンに居を構えたが、08年にオカズさんの仕事の都合でドレスデンに転居。この間に子宝にも恵まれた。
 シェルビニさんは薬剤師で、かつては女子ハンドボールのエジプト代表を務めたこともある文武両道の才女、オカズさんは遺伝子学の研究者と、ドイツに多いイスラム諸国からの移民の中でも、裕福な知識階層に属していた。
 一方、ビーンズ被告はロシア・ウラル地方の町で生まれ育ち、03年にドイツへ移住した「ロシア系ドイツ人」だった。友人が少なく、事件当時は失業給付を受けて生活。食事はほとんど出来合いのもので済ませていた。本人の供述では、「たばこと酒、テレビゲームの中毒」で、毎日、ワイン2リットル相当のアルコールを飲み、残虐シーンの登場するゲームで遊ぶのが楽しみだったという。
 冷戦終結後、ドイツに移住したロシア系ドイツ人は230万人に上り、その多くが満足にドイツ語を話せないことなどから就職もできず、貧困層を形成しているといわれる。ビーンズ被告は、その典型例ともいえる。

勝ち誇った表情に殺意?
 検察側は起訴状で、「非ヨーロッパ人とイスラム教徒に対する憎しみに駆られた犯行」だと指摘した。
 ただ、ビーンズ被告は捜査段階で、「(犯行当日に)法廷から出ていこうとするシェルビニさんの“勝ち誇った表情”を見て憎しみを感じた」との供述もしている。同じ「移民」でありながら、自分の惨めな境遇に比べて幸せそうなシェルビニさん一家への嫉妬(しっと)やひがみが殺意の引き金になった可能性は高い。
 「犯人は突然、妻に襲いかかった」
 「妻が床に倒れ込んだ後も、執拗(しつよう)に刺し続けた」
 「息子は母親を恋しがっている。彼も苦しんでいる」
 初公判で松葉づえをついて証言台に立ったオカズさんは、シェルビニさんが殺害されたときの状況についてこう述べ、無念さをにじませた。ビーンズ被告は一言も発しなかったという。

「スカーフの殉教者」
 シェルビニさん殺害が報じられると、中東イスラム諸国、特にエジプトでドイツに対する激しい非難が巻き起こった。ドイツ国内では当初、事件が大きく扱われなかったことも、「イスラム教徒に対する差別の表れ」だと怒りを増幅。ドイツ製品に対するボイコット運動まで起こった。
 日常生活でもスカーフをかぶる敬虔(けいけん)なイスラム教徒だったシェルビニさんは、エジプト・メディアで「スカーフの殉教者」と呼ばれ、ネット上ではビーンズ被告に対する「報復」を呼びかける書き込みなども登場。オカズさんが誤射されたことも、「『中東系だから犯人に違いない』という思い込みがあるためだ」と当局批判が高まった。
 強まる反独感情と、それに反発する極右団体の動きなどを警戒したドイツ当局は、初公判で警官約200人を動員。被告人席の周りに暗殺防止用の防弾ガラス製の衝立を設置するなど、異例の厳重警備態勢が敷いた。
 エジプト政府はドイツに対し、ドイツでは最も重い終身刑を適用するよう要求。国際問題にまで発展しているこの事件の評決は、11日に言い渡される見通しだ。


---Dresden courtroom stabbing trial opens in high security bubble---
German accused of stabbing Egyptian woman he called a terrorist and whore
Kate Connolly in Berlin
guardian.co.uk, Friday 30 October 2009 18.37 GMT
http://www.guardian.co.uk/world/2009/oct/30/dresden-courtroom-killing-trial

Metal barriers, body scanners, bullet-proof glass, 200 police officers and rooftop marksmen have transformed Dresden's district courthouse into a high security bubble this week.

The setup is in stark contrast to a day in July when Alexander Wiens allegedly smuggled a kitchen knife into the same courthouse and stabbed a pregnant Egyptian pharmacist to death.

The extraordinary security measures are now there to protect the life of Wiens, who has had a fatwa issued against him by an Egyptian sheikh.

The case began in summer 2008 when Wiens, an unemployed man of Russian origin, met Marwa el-Sherbini, 31, in a playground where he refused to give up a swing to her toddler son, Mustafa, hurling anti-Islamic abuse at her.

The police were called and pressed charges against Wiens. He was found guilty of racial abuse and fined.

The court heard this week how, during his appeal against the verdict on 1 July, Wiens plunged his knife 16 times into the heart and then the back and arms of Sherbini. He then stabbed her husband, scientist Elvi Ali Okaz, who was trying to help his wife.

"He was like a man possessed," said Tom Maciejewski, the judge who presided over the civil case in July and who was called back this week as a witness in the murder trial. He compared the "thud" of the knife as it penetrated the woman, to a volley of machine-gun fire. Maciejewski scurried under his bench and repeatedly pressed the emergency button until armed guards arrived.

But rather than Wiens, the guards shot Ali Okaz, apparently mistaking him for the aggressor.

Accompanied by members of his family, Ali Okaz arrived in court this week on crutches having spent three months in hospital being treated for ripped tendons in his leg. He also wore a badge bearing a picture of his late wife.

Now it is the German judicial system that is being made to feel it is in the dock as much as Wiens, as Arab observers look to see that he is given the highest sentence. "The Arab world is expecting nothing less than the severest possible punishment," said Aktham Suliman, bureau chief of the Arabic TV station al-Jazeera in Germany. "We've been at pains to explain to viewers that there is no death penalty in Germany."

Maria Bohme , a top aide to the chancellor, Angela Merkel, said the government was well aware that the trial was being closely followed.

"This makes it all the more important to trust and respect the independence of German justice," she said.

The case has caused fury in the Arab world, with protests in Cairo, Alexandria and later in Iran and Karachi, where Sherbini was dubbed the "Hijab martyr" and Germans were labelled murderers. It has heightened the international tension surrounding the trial, which is due to end on 11 November.

There have been fears of reactions as explosive as those to the 2005 Danish cartoons row. An Egyptian sheikh issued a fatwa calling on Muslims in Germany to take revenge, and a Dresden orchestra has been forced to cancel concerts in Egypt.

The German foreign ministry, aware of the highly sensitive nature of the case, has worked closely with the Egyptian embassy, helping about 20 Egyptian journalists to cover the trial.

As if to emphasise the importance the case is being given in Egypt, in courtroom 84 this week was the Egyptian ambassador, the consul, the president of the Egyptian chamber of lawyers, a team of Egyptian lawyers, and the chairman of the Central Council of Muslims, which represents 4.8 million people in Germany. Even Iran has sent observers.

Wiens was dragged into court this week by armed police officers, dressed in a baseball cap, a black-hooded jacket and a ski mask that he refused to remove. He had to be restrained when he repeatedly bashed his head against a table, is said to have embarked on a hunger strike, and has refused to speak.

The judge, Birgit Wiegand, quoted a letter Wiens wrote to the court in 2008 protesting against the fine and conviction for racial abuse, having called Sherbini a terrorist, Islamist and a whore.

"Everyone knows that Islam is a dangerous religion, and it is therefore understandable that I should consider it my enemy," he wrote. "The headscarf is a [symbol of] subordination to men and to Satan, and she offended me with it."

All attention is now on the verdict. If convicted of murder, Wiens faces a maximum of 15 years in prison, which many think critics in the Arab world would consider too light a sentence. Others speculated on what the reaction might be if he received a lesser punishment or was deemed to be mentally unstable by a psychiatrist and unfit for prison.

A commentary in the liberal weekly Die Zeit, asked: "What would the outcome be of such a verdict? Can we then expect German embassies to burn?"

Additional reporting by Jack Shenker in Cairo

0 コメント: