2009年11月23日月曜日

グラクソ ワクチン使用中止要請

グラクソはワクチン使用中止を要請した。
「グラクソ・スミスクライン」(GSK)がカナダで製造している新型の
豚インフルエンザのワクチンの一部について、接種後にアレルギー反応
が強く出るなど、想定以上の副作用が複数報告され、同社がカナダの
複数の州政府に使用中止を要請していることがわかった。

使用中止要請があったワクチンのロット番号はA80CA007A。
17万本のリコールのようだ。
ワクチン接種後、アナフィラキシーショックが多く報告され、血圧上昇、
呼吸困難、意識障害、死亡する場合もあるようだ。

中国では、相変わらず新型インフル死者数を隠蔽しているようだ。
新型は季節性よりもインフル脳症の発症率が倍以上になったるようだ。

確率的には、ワクチン接種しても新型にかかる可能性もある。
また、ワクチン接種で重症の副作用に発症する可能性もある。
ワクチンを過信しすぎてはならないと思う。


---英社製ワクチンで副作用、使用中止要請 新型インフル---
2009年11月23日3時1分
http://www.asahi.com/national/update/1122/TKY200911220249.html

 英大手製薬会社「グラクソ・スミスクライン」(GSK)がカナダで製造している新型の豚インフルエンザのワクチンの一部について、接種後にアレルギー反応が強く出るなど、想定以上の副作用が複数報告され、同社がカナダの複数の州政府に使用中止を要請していることが22日、関係者の話でわかった。日本政府は同社が同じ工場で作った製品を輸入する予定で、厚生労働省が本格的な情報収集を始めた。

 これまでの計画では、早ければ12月下旬にも輸入が始まる予定だったが、特定の製造番号に限定した問題にとどまらない場合、GSK社からは輸入がストップする可能性もある。優先的に接種する5400万人のほとんどは国内産でまかなうが、1月以降、高齢者に輸入ワクチンが使われる見込みだ。因果関係は不明だが、今回の同社ワクチンは免疫補助剤が入り、筋肉に打つなど、国内産と違う製造方法や打ち方がされている。
 厚労省などによると、GSK社がカナダの工場で製造したワクチンはカナダ国内で10月から接種がスタートした。このうち、マニトバ州では、アレルギー反応の一種で、急激に血圧が下がったり、呼吸が難しくなったり、意識障害が起きたり、重いと死亡する場合もある「アナフィラキシーショック」も複数起きており、同時期に同じ工程で作られた製品について同社が使用中止を州政府に求めているという。
 カナダの通信社の報道では、GSK社が同州政府などに対し、使用中止を求めたのは、特定の製造番号をもつ約17万回分のワクチン。その理由について、カナダの報道機関に対する文書で「カナダ公衆衛生庁が、この製造番号のワクチンを打った人から、予想より高率でアナフィラキシーショックの報告を受けているとしているため、慎重な措置をとった」と説明しているという。症状の程度はわかっていない。


---Officials investigating one lot of flu vaccine due to allergy concerns---
By Steve Lambert, THE CANADIAN PRESS
http://www.americanchronicle.com/articles/yb/137980569

The provinces are being asked to hold back a batch of swine flu vaccine that appears to be causing higher rates of severe allergic reactions.

The vaccine's manufacturer, GlaxoSmithKline, has asked governments to stop using vaccine doses from one particular lot shipment (A80CA007A) issued in late October while the company and federal health officials investigate.

"GSK is taking this cautionary action because the Public Health Agency of Canada has received a higher than expected number of reports of anaphylaxis in this lot number compared to other lots," the company said in a written statement Thursday.

Manitoba health officials say they have noticed severe allergic reactions from that lot at a rate of one in 20,000, compared with the standard reaction rate of one in 100,000.

"We received this vaccine some time ago, as did all other provinces, and we have used almost all of this vaccine already," Dr. Joel Kettner, Manitoba's chief medical officer of health said.

"We are being cautious and following the advice ... to hold onto the remaining stock until we get further information."

The Alberta government was also holding back the vaccine, although it had not seen a jump in reactions.

"We reviewed our own data and we didn't have any of that experience here ... so at this point, we're just following the instructions from the company and the public health agency," said chief medical health officer Andre Corriveau.

"We hadn't seen any severe allergic reactions from that lot ourselves ... there were cases in B.C. and Quebec, I believe."

Because most of the vaccine in question has already been used, the decision to withhold what's left is not expected to have an impact on overall supplies.

Kettner urged people not to be alarmed. Any severe reactions from the lot have been short-lived and have not led to long-term health troubles, he said.

"The ongoing question for people considering getting vaccinated is comparing the potential benefit of the vaccine ... with the risk, which remains very low from our observations," he said.

"Our advice, based on information in Manitoba and from other provinces, is unchanged."

-With files from Shannon Montgomery in Calgary



---インフル脳症、新型は季節性の倍以上---
2009年11月22日20時34分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20091122-OYT1T00719.htm

 インフルエンザ脳症の患者数が7月以降、28都道府県で計132人に上ることが、国立感染症研究所の調査でわかった。
 季節性インフルエンザによる脳症患者の報告は例年40~50人で、新型インフルエンザが流行し始めてから4か月で、その2倍以上に達した。
 脳症は、ウイルスによって免疫系が過剰反応し、脳が腫れた状態になる病気。132人の脳症患者の年齢は1~67歳で、大多数は15歳未満が占めている。最も症例が多かったのは7歳(22人)で、1~3歳に多い季節性インフルエンザの脳症に比べて年齢が高い。
 132人のうち60人を詳しく調べたところ、全例で意識障害が出ていた。発熱から意識障害までの期間は同日中が12人、1日後が36人、2日後が8人で、早期に症状が出るケースが多いことが改めて示された。
 また、その後の経過が確定した59人のうち3人(5%)が死亡。体のまひや精神神経障害などの後遺症が残ったのが7人(12%)、回復したのは49人(83%)だった。
 感染研の岡部信彦・感染症情報センター長は「呼びかけへの反応が鈍い、普段と異なった意味不明のことを言うなどの症状がある場合は、脳症の恐れがある。早急に小児科医へ相談してほしい」と呼びかけている。


---Swine Flu Vaccine Linked to Severe Allergic Reactions in Canada---
November 22, 2009. By Heidi Turner
http://www.lawyersandsettlements.com/articles/13161/swine-flu-vaccine-allergy.html

Ottawa, ON: GlaxoSmithKline has asked the Canadian government to hold back a batch of H1N1 vaccine that could be linked to a higher rate of severe allergic reactions. The batch that is being held back was shipped in late October and had the lot number A80CA007A. Approximately 170,000 doses are affected by the recall.

"GSK is taking this cautionary action because the Public Health Agency of Canada has received a higher than expected number of reports of anaphylaxis in this lot number compared to other lots," the company explained in a written statement.

According to Manitoba health officials, severe allergic reactions result from approximately one in 20,000 injections. However, the standard rate of severe allergic reactions is approximately one in 100,000.

According to a November 19 article by the Canadian Press, the reactions have been short-lived and have not caused any permanent injuries. CTV News reported on November 20 that of the 6.6 million doses of the vaccine given so far in Canada, there have been 36 reports of serious adverse reactions. Most of those reactions were allergic reactions that began within moments of the vaccination.

However, one Canadian reportedly died from anaphylactic reaction following a vaccination with the H1N1 vaccine. Medical officials have not yet conclusively linked the death to the vaccine.

---中国、新型インフル死者数隠蔽?専門家が告発---
2009年11月19日21時18分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20091119-OYT1T01098.htm

 【北京=関泰晴】19日付の中国紙・広州日報によると、広東省の広州呼吸器疾病研究所の鐘南山所長は、中国本土での新型インフルエンザの流行状況に関し、「一部地方では死者数を隠している。全国で報告されている数字は全く信じられない」と述べ、医療現場や衛生当局の隠蔽(いんぺい)工作を批判した。
 隠蔽は、地方の衛生当局が感染の予防や抑制に「成功」しているように見せかけるため、感染者数や死者数を過少報告する形で起きているという。鐘氏は「重症者が死亡しても報告しないため、重大な結果を招く」と警告し、情報公開の重要性を訴えた。
 衛生省の16日までの発表によると、中国本土での感染者数は約6万9000人、死者数は53人とされている。
 鐘氏は中国の感染症研究の第一人者で、2003年の新型肺炎(SARS)流行の際も、実態を隠そうとする当局に異議を唱え、感染拡大の防止に貢献した。

0 コメント: