2009年12月18日金曜日

B787 初飛行

B787の飛行試験が始まった。
 次世代ジェット旅客機B787「ドリームライナー(Dreamliner)」が、
米ワシントン州で初飛行を成功させた。
3時間8分の初飛行で、環境管理システム、油圧、構造、エンジン、
安定性など主だった機能をテストし、機体に搭載された計測器機が
リアルタイムでデータを地上に送った。

最初の飛行試験も無事終わったようだ。耐空証明が取れないと言われて
いた頃から比べれば、進展が早かった。性能試験はまだ始まっていない
ので、先はまだ長い。一年後のANAへの納入は本当に間に合うのだろうか。


Boeings Dreamliner makes maiden flight ntvkenya


Premier vol du Boeing 787 Dreamliner


Boeing 787 First Flight aerial video


B787 Nose Up.wmv

---B787早期納入に期待 初飛行成功でANA伊東社長---
2009.12.17 17:06
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/091217/biz0912171720027-n1.htm

 全日本空輸の伊東信一郎社長は17日の定例会見で、日米両政府が航空自由化(オープンスカイ)協定を締結したことを受け、「(同じ航空連合の米航空大手)ユナイテッド航空、コンチネンタル航空の3社で、年内にも米当局に独占禁止法の適用除外(ATI)の申請したい」と改めて表明した。ATIの認可を得られれば、航空会社間で運航スケジュールや料金設定などの事前調整が可能になり、一気に効率化が進む。
 オープンスカイは羽田空港が拡張される来年10月までに発効される見通しで、ATIの適用によって伊東社長は「航空連合で(品質やサービスを)強化していく」と述べた。
 また、燃費効率を大幅に改善した米航空機大手ボーイングの次期中型機「787」の試験飛行成功について、「開発上重要な節目であり、第一顧客として待ち望んでいた」と、歓迎の意を示した。その上で、「787は当社の次期主力機であり、来年10月以降の納入に向け、受け入れ準備を進める」と、語った。


---ボーイングB787「ドリームライナー」、ようやく初飛行---
2009年12月16日 07:44 発信地:エバレット/米国
http://www.afpbb.com/article/economy/2675170/5048297

【12月16日 AFP】(写真追加)開発スケジュールが大幅に遅れていた米ボーイング(Boeing)の次世代ジェット旅客機、B787「ドリームライナー(Dreamliner)」が15日、米ワシントン(Washington)州で初飛行を成功させた。同社の将来がかかる同型機の開発は大きな節目を越えた。

 曇天のなか午前10時27分(日本時間16日午前3時27分)にボーイングの工場に近いペインフィールド(Paine Field)空港を機体が離陸すると、集まった人たちから大きな拍手がわき起こった。

 尾翼に大きく「787」の文字を塗装された試験飛行用の機体は12日に最終機能試験をパスし、この日の初飛行を待つばかりとなっていた。

 3時間8分の初飛行で、マイク・キャリカー(Mike Carriker)とランディ・ネヴィル(Randy Neville)の両操縦士は、環境管理システム、油圧、構造、エンジン、安定性など主だった機能をテストし、機体に搭載された計測器機がリアルタイムでデータを地上に送った。

 B787は新素材や最新の航空技術を活用し、従来の機種より最大20%少ない燃料で長距離の飛行が可能になっている。

 ボーイングの幹部が匿名を条件にAFPに明かにしたところによれば、B787の2号機の試験飛行は12月22日に予定されている。

 2004年4月に開発計画が始まったB787は、相次ぐ技術的なトラブルで開発スケジュールが2年以上遅れ、当初2008年前半に予定されていた全日本空輸(All Nippon Airways 、ANA)への引き渡しは2010年後半に延期されている。


---Boeing's 787 lifts its nose as 1st flight nears---
Originally published Sunday, December 13, 2009 at 12:22 PM
The Associated Press EVERETT, Wash.
http://seattletimes.nwsource.com/html/localnews/2010498665_apwaboeing787tests1stldwritethru.html

Boeing pilots taxied the aerospace giant's new 787 jetliner down a runway at low and high speeds and simulated a rejected takeoff, lifting the much-anticipated plane's nose off the ground.

Boeing pilots taxied the aerospace giant's new 787 jetliner down a runway at low and high speeds and simulated a rejected takeoff, lifting the much-anticipated plane's nose off the ground.

The maneuvers performed Saturday were the last tests before the jet's imminent first flight.

"Our pilots told me the airplane performed beautifully," said Mike Delaney, vice president and chief project engineer for the 787, in a statement. "We're going through and analyzing the data to ensure we're ready for first flight. From evaluations we've done so far, everything looks good."

The Everett Herald reported the 787 reached speeds of 150 miles per hour at Paine Field's runway during Saturday's tests.

Boeing announced Thursday that its window for a first flight would open Dec. 15 with the actual flight timing dependent on final internal reviews, taxi testing, weather and Federal Aviation Administration documentation.

The company has said it intends to put the 787 in the air at 10 a.m. Tuesday.

The scheduled first flight marks the start of the flight test program toward the goal of obtaining an FAA certification, the newspaper reported.

Boeing has 840 787s on order, and the company has said it hopes to deliver the first one late next year.

The 787's arrival has been hotly anticipated, but the jet's delivery has suffered major delays and is more than two years behind schedule.

Boeing, based in Chicago, earlier reinforced weak points near the area where the wings attach to the fuselage, then conducted a so-called static test - essentially bending the wings - on the repairs.

The aerospace giant said the 787, made mostly of lightweight composite materials, will be more efficient, quieter and have lower emissions than other airplanes.

Depending on its configuration, the plane will hold as many as 330 passengers. Deliveries are now estimated to begin in the fourth quarter of 2010.

he company has taken a new approach to building airplanes with the 787, relying on suppliers around the world to build huge sections of the plane. But that approach so far has proved problematic, with ill-fitting parts and other problems hampering production.

Boeing identified the most recent problems when it postponed the 787's first test flight and deliveries for a fifth time in June. The plane is more than two years behind schedule and repeated delays have cost the company money, credibility and sales.

Some airlines have been forced to cancel or postpone plans to buy new 787s, partly due to weak travel demand amid the global economic downturn. Yet the 787 remains Boeing's best-selling new plane to date.


---日米、航空自由化で合意 羽田発着枠、米が1日4便確保---
2009.12.12 12:53
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/091212/biz0912121255006-n1.htm

 【ワシントン=渡辺浩生】ワシントンで7日から行われている日米航空協議で、日米両政府は11日、両国を結ぶ路線などを航空会社が自由に設定できる航空自由化(オープンスカイ)協定を締結することで合意に達した。羽田、成田の両空港の発着枠が拡大する2010年10月までに発効する。航空会社間の自由な競争が促進され、運賃値下げなど利便性の向上が期待できるだけでなく、航空連合の勢力図に大きな影響を与え、日本航空の再建の行方を左右するのは必至だ。
 自由化によって、日米両政府間で決められていた国際線の路線数や便数を航空会社が決定できるようになり、航空会社の提携には、米国独占禁止法の適用除外(ATI)の申請が可能となる。
 現在、航空会社は全日本空輸が加盟する「スターアライアンス」や日本航空が加盟する「ワンワールド」、日航に加盟を呼びかけている米デルタ航空が中心となる「スカイチーム」の3つの航空連合があるが、ATIの認可を受ければ、航空会社間での運航スケジュールや料金、収益などの調整が可能になり、効率化が一気に進む。日米各航空会社のATI認可取得の行方は、日航再建とも絡み、今後の焦点となる。
 一方、協議では、来年10月の羽田の第4滑走路の供用開始を受けた発着枠の割り当てについて、米国が1日4便を確保することで決着したほか、成田については米国が新規枠を求めないことで合意した。
 国土交通省は、羽田空港の深夜早朝時間帯に年約3万回を国際定期便の運航を認める。1日当たりの増枠は40便で、このうち日本が20便、韓国、シンガポール、ドイツなどが2便、カナダ、フランスなど6カ国が1便をそれぞれ確保する。未決着となっている中国には2便が割り振られる見通しだ。
 一方、来年3月に年2万回分の国際便が増枠される成田について、現在約3割のシェアを持つ米国発着枠の削減を目指す方向で日米が一致した。

0 コメント: