2010年1月30日土曜日

米国産テロリスト増加か

米国産テロリストが増加しているようだ。
 米デルタ航空機爆破テロ未遂事件や、アフガニスタンでのCIA要員の
爆殺事件を受け、米国内で対テロ戦略を見直す動きが本格化している。
 米司法当局者によると過去1年間で、米国人36人が米国内の刑務所
から釈放された後、アラビア語の習得などを理由にイエメンへ渡航し、
その後、数人が所在不明となっている。36人はいずれも刑務所内で
イスラム教に改宗していた。

報道より
・刑務所でイスラム教牧師の布教活動による入信
・パキスタン、イエメン等アラビア半島で結婚し、軍事訓練と洗脳
・敵国に潜入、戦闘最前線投入により自爆テロ

二重スパイにCIA要員爆殺
・ザワヒリと同郷のヨルダン医師を不審情報で拘束後、CIAとFBIの
 情報提供者となる。
・陽動情報提供により、CIA要員を巻き込み自爆テロ

CIAは、CIA要員爆殺に関しては、バラウィによる陽動情報提供だけ
ではなく、他の情報でも確認したと言っている。
しかし、バラウィが提供するアルカイダの指導者のいくつかの偽死亡
情報を確認していないとも言っている。信用しすぎたとの関係者の
話もある。

刑務所のイスラム教に入信し、犯罪により有罪になった例
犯行年 犯行場所   収容刑務所     犯行概要
2005年(?) L.A.     New Folsom Prison 三人の米国人がユダヤ人機関
                     と軍事基地攻撃を策略
2009年  Springfield イリノイ州の刑務所 連邦裁判所爆破計画
2009年  Bronx    N.Y.州の刑務所   ユダヤ教会堂(synagogues)
                     攻撃と軍用機撃墜(裁判中?)

刑務所関係者は収容者によるイスラム教改宗による犯罪は知らないと言う。
報道でも証拠はないとしている。

英国のバス爆破テロにより、移民によるイスラム教信者の一部の指導者
を国外退去にした例もある。米国では、刑務所付牧師の調査を行なうと
言っていない。
報道が正しければ、多人種による米国産テロリストが世界を行脚される
ことになる。

オバマ 米機テロ未遂は許し難いミス
ムンバイ同時テロ


CIA Bomber Calls for More Attacks on US


The many faces of the double agent CIA bomber - 06 Jan 09

---生物兵器テロへの対応、米国は不十分 報告書---
2010.01.27 Web posted at: 15:45 JST Updated - CNN
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN201001270010.html

ワシントン(CNN) 大量破壊兵器やテロへの対策を評価している元米議員らの委員会は26日、生物兵器によるテロが発生した場合の米政府の対応時間が改善されておらず、不十分だとする報告書を発表した。

委員会を率いるボブ・グラハム元上院議員は、米同時多発テロから約10年が経過するなか、米政府が緊急対応を擁する脅威に取り組んでいないとコメント。国際テロ組織アルカイダが生物兵器に関心を持つなか、過去の3政権の認識と対応が遅れていると述べた。グラハム氏はまた、米政府の対策面では進歩がみられる一方、緊急対応方法への関心については一貫性や切迫感がないと警鐘を鳴らした。

委員会は報告書の中で、感染封じ込めが必要な研究室に対する米政府の監督が合格水準をやっと満たす程度だと指摘。また、米国が新型インフルエンザ(H1N1型)のワクチン製造や治療に遅れた点に言及し、「何カ月も前から警告されていたため準備期間があったものの、米国人の大半へのワクチン接種が可能になる前に感染はピークに達した。生物兵器テロは、こうした警告なしに起きる」と危機感を表明した。

委員会は2008年12月に提出した報告書の中で、テロリストが13年までに使用する可能性が高い大量破壊兵器は生物兵器だとの見通しを示し、国際社会が阻止に向けて直ちに対策を取る必要性を強調。26日の報告書は、その補足と位置づけられている。委員会は、安全保障問題に通じた次世代の専門家の育成などについても、米政府の努力が不足していると述べている。


---アルカーイダが「米国人をリクルート」 米上院外交委が報告書---
2010.1.21 18:38
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100121/amr1001211839011-n1.htm

 【ワシントン=佐々木類】米デルタ航空機爆破テロ未遂事件や、アフガニスタンでの米中央情報局(CIA)要員の爆殺事件を受け、米国内で対テロ戦略を見直す動きが本格化している。民主党のケリー上院外交委員長は20日、国際テロ組織アルカーイダが、警戒されにくい米国人を勧誘し米本土へのテロを計画している可能性があるとの報告書を公表した。オバマ大統領は世論の支持を背景に今後、より強いテロ対策へと軸足を移す構えだ。
 上院外交委員会の報告書は、「アラビア半島のアルカーイダ」によるイエメンやソマリアでのテロ活動が、新たな脅威を増大させていると警鐘を鳴らした。
 米司法当局者によると過去1年間で、米国人36人が米国内の刑務所から釈放された後、アラビア語の習得などを理由にイエメンへ渡航し、その後、数人が所在不明となっている。36人はいずれも刑務所内でイスラム教に改宗していた。報告書は、所在不明となった数人がアルカーイダの軍事キャンプで訓練を受けた可能性があるとしている。
 報告書はまた、米国人らは地元の女性と結婚するなど、地域に入り込んでいると指摘している。昨年11月には、インドのムンバイ同時テロに絡んで米国人5人がパキスタンで逮捕され、「米国産テロリスト」への懸念が現実のものとなっている。
 こうした情勢の変化を受け、イスラム世界との対話を訴えブッシュ前政権との違いを打ち出してきた“オバマ流”のテロ対策に、共和党などは「手ぬるい」(キング下院議員)と反発。キューバ・グアンタナモ米軍基地収容所の1年以内の閉鎖を公約していた大統領が、収容されている100人近いイエメン人の本国送還を事実上凍結したのもひとつには、国内で高まるテロ対策への批判を無視できなかったためだ。
 就任1年を機に今月初めに米CBSテレビが実施した世論調査では、大統領のテロ対策を「評価する」が52%と、就任直後と同ポイントだった。デルタ航空機機爆破テロ未遂事件でのオバマ政権の対応では、57%が評価し、「評価しない」の29%を大きく上回った。


---Ex-Convicts From U.S. Said to Join Yemen Radicals---
By SCOTT SHANE
Published: January 19, 2010
http://www.nytimes.com/2010/01/20/world/middleeast/20terror.html

WASHINGTON - Some American former convicts who converted to Islam in prison have moved to Yemen and a few may have joined extremist groups there, according to a new Senate report.

The report, from the Senate Foreign Relations Committee, says that as many as 36 American Muslims who were prisoners have moved to Yemen in recent months, ostensibly to study Arabic, and that several of them have “dropped off the radar” and may have connected to Al Qaeda in the Arabian Peninsula.

The report warns that Americans recruited in Yemen or Somalia may pose a particular threat, since they can operate freely inside the United States.

American intelligence and counterterrorism officials, though, said they thought the report’s claim about former prisoners was exaggerated. A law enforcement official confirmed that some of them had traveled to Yemen - perhaps one or two dozen over the past several years - intending to study Arabic or Islam. The official said the former convicts did not appear to be part of any organized recruitment effort, however, and few are known to have connections with extremists.

Yemen has come under increased scrutiny from American counterterrorism agencies since November, after it emerged that Maj. Nidal Malik Hasan, an Army psychiatrist accused of killing 13 people at Fort Hood, Tex., had exchanged e-mail messages with Anwar al-Awlaki, a radical Yemeni-American cleric in hiding in Yemen. The focus intensified after the attempted bombing of a Detroit-bound airliner on Dec. 25 by a Nigerian man who allegedly was trained and supplied with explosives in Yemen.

The Senate report, written by the committee’s Democratic staff, said the government was “on heightened alert because of the potential threat from extremists carrying American passports and the related challenges involved in detecting and stopping homegrown operatives.”

With the United States putting Al Qaeda under intense pressure in Pakistan, some fighters have moved to join militant groups in Yemen and Somalia, as well as in North Africa and Southeast Asia, the report said. “These groups may have only an informal connection with Al Qaeda’s leadership in Pakistan, but they often share common goals,” Senator John Kerry of Massachusetts, the committee’s Democratic chairman, wrote in a letter accompanying the report.

The report notes that members of Al Qaeda in the Arabian Peninsula, based in Yemen and Saudi Arabia, appeared at an antigovernment rally in southern Yemen last month. In video later shown on Al Jazeera television, a militant told the crowd that the group’s war was with the United States, not the Yemeni Army.

In addition to the American former prisoners in Yemen, the report said there were about 10 other Americans not of Yemeni ancestry who have also moved there, married Yemeni women and adopted a radical form of Islam. None in that group, however, appear to have sought terrorist training, the report said.

In nearby Somalia, the Senate report recounted, news reports told of Somali-Americans traveling to join a militant group, the Shabab. It also described Americans caught entering Somalia from Djibouti.

An immigration official in Djibouti said that he had recently turned away two Somali-Americans trying to cross into Somalia, because he thought they might be trying to link up with the Shabab. Two others were arrested and prosecuted in Djibouti for entering illegally.

The possibility that American prisons could become an incubator for radical Islam has long been raised by experts on terrorism, and a few Muslim prison chaplains in United States prisons have been accused of having extremist views. To date, only a handful of alleged terrorist plots, none of them successful, have involved American Muslims who are former prisoners.

Three American Muslims were convicted for a 2005 plot to attack Jewish institutions and military bases around Los Angeles that was said to have been concocted inside New Folsom Prison, near Sacramento. Michael Finton, who converted to Islam while imprisoned in Illinois from 1999 to 2005, was charged last year with trying to blow up the federal courthouse in Springfield, Ill.

And four former New York state prisoners, at least two of whom converted to Islam in prison, were accused last year of plotting to attack synagogues in the Bronx and shoot down military planes.

A. J. Sabree, a corrections official in Georgia and a Muslim, who worked for years as a prison chaplain, said he had never heard of Muslim former prisoners moving to Yemen. Erik Kriss, a spokesman for the New York State prison system, which employs about 40 imams to counsel inmates, said officials there were not aware of the phenomenon.

Mr. Kriss cautioned against equating conversion in prison to Islam, which is relatively common, to radicalization.

“We do not have any evidence of anything resembling widespread terrorist-inspired radicalization or recruiting,” he said. “But we recognize the potential and therefore remain vigilant in guarding against it.”

Eric Schmitt contributed reporting.


---Double agent Al-Balawi's data reviewed---
Wednesday, January 13, 2010
By Eli Lake
http://washingtontimes.com/news/2010/jan/13/double-agents-data-reviewed/?feat=home_headlines

U.S. agencies are conducting a review of intelligence supplied by an al Qaeda double agent, including a list of senior al Qaeda and Taliban operatives reported killed in the drone strikes since January 2009.

The review is examining whether the double agent, Humam Khalil Abu-Mulal al-Balawi, supplied false information about U.S. successes amid valid data used to establish his credibility, U.S. officials said.

Al-Balawi was a key source on whether targets of the CIA-operated drone strike program were indeed killed as well as what U.S. spies thought was inside information on the effect of these targeted killings on al Qaeda's leadership. Until now, the U.S. intelligence community concluded that the drone strikes had eroded al Qaeda's senior leadership.

Senior U.S. intelligence officials have stated in speeches, interviews and congressional testimony that U.S. attacks on al Qaeda leaders had severely damaged the group responsible for the Sept. 11, 2001, terrorist attacks.

The review is being conducted in the aftermath of al-Balawi's deadly suicide bombing outside a CIA station last month in Khost, Afghanistan, that killed seven CIA employees. The counterintelligence review of his information is being conducted by the CIA and FBI, three U.S. intelligence officials said.

Meanwhile, the National Counterterrorism Center is conducting its own review of the intelligence al-Balawi provided, two officials said.

"When something like this happens, it's logical - and indeed prudent - to review information associated with an intelligence asset, especially one who wasn't trusted completely to begin with," one intelligence official told The Washington Times on Monday.

This official added, "Various agencies - primarily the CIA and the FBI - are in the process of doing precisely that. The asset had provided information that was independently confirmed through other means. And certainly no one relied exclusively on what he provided to reach any conclusions about the fate of senior terrorists who have recently died."

The CIA operates the drone program, which includes both armed and surveillance unmanned aerial vehicles, that focuses on senior al Qaeda and Taliban leaders in the Federally Administered Tribal Areas in Pakistan near the border with Afghanistan. That area, which includes Quetta and Waziristan, is thought to host al Qaeda leader Osama bin Laden and his deputy, Ayman al-Zawahri.

The CIA estimates that 15 senior al Qaeda and Taliban operatives have been killed since August 2008, when the drone attacks began in earnest. Among those killed are Khalid Habib, a veteran combat leader and operations chief; Rashid Rauf, considered the mastermind of a 2006 plot to bring down trans-Atlantic jets; Abu Khabab al-Masri, an expert on explosives, and chemical and biological weapons; and Baitullah Mehsud, leader of the Pakistani Taliban affiliated with al Qaeda.

However, some previous reports that leaders had been killed were false. The U.S. and international media reported on Sept. 7, 2009, that drones had felled Mohammad Ilyas Kashmiri, a senior al Qaeda military planner. Within a month, Kashmiri had emerged to give an interview to the Asia Times, where he mocked the premature reports of his death. Also, early reports that a drone strike killed Saad bin Laden, a son of the al Qaeda leader who migrated from Iran to Pakistan in 2008, have been disputed.

One counterterrorism official said that the reviews of the intelligence provided by al-Balawi have not led anyone in the U.S. government to conclude that an al Qaeda leader thought to be dead was now alive.

"Nothing in the reviews that have occurred to date have reversed any conclusions about the deaths of senior terrorists," this official said.

Another intelligence official added, "If someone is suggesting that one of these bad guys is still alive, I challenge them to trot out Baitullah Mehsud and put him on TV." Mehsud was a major Afghan Taliban leader based in Pakistan.

Anthony Cordesman, who holds the Arleigh A. Burke Chair in Strategy at the Center for Strategic and International Studies, said the U.S. intelligence community would never rely on a single source such as al-Balawi alone for the proof of deaths of the targets of drone strikes.

"The U.S. relies on multiple sourcing because it is so embarrassing to find out that the dead are still alive," he said. Mr. Cordesman has served as director of intelligence assessment at the Pentagon.

A U.S. official with knowledge of CIA operations in Afghanistan said the bomber "was the holy grail to CIA officers trying to infiltrate al Qaeda."

The official added, "He was naming al Qaeda members who had been targeted by the U.S. and confirming their deaths. His information was solid and that's why they trusted him too much. It is one of the most difficult organizations to penetrate and the CIA believed they had the right man to make inroads. Unfortunately, it was the wrong assessment."

Fred Kagan, a senior fellow at the American Enterprise Institute, said the CIA's drone strikes "have unquestionably degraded the al Qaeda senior leadership significantly. We have unquestionably changed the behavior patterns of the insurgent networks we care about. There is open source reporting that senior Quetta Taliban leaders have relocated to Karachi. The movement of leaders in the theater has become much harder for these groups. That is all solidly established stuff. It is pretty clear that the drone strikes are a big part of that."

But Mr. Kagan added, "That said, you don't want to build a strategy around killing senior terrorist leaders alone because it is uncertain, episodic and highly dependent on intelligence that is inevitably going to be questionable."

Mr. Cordesman said there were limits to the drone war against al Qaeda.

"There is always a replacement," he said. "You may end up with a radical replacement. It is always a matter of disrupt, not defeat."

・ Sara A. Carter contributed to this report.


---Video Links Taliban in Pakistan to C.I.A. Attack---
By STEPHEN FARRELL
Published: January 9, 2010
http://www.nytimes.com/2010/01/10/world/middleeast/10balawi.html

AMMAN, Jordan - Humam Khalil Abu Mulal al-Balawi, the Jordanian suicide bomber who killed eight people at a Central Intelligence Agency outpost in Afghanistan last month, was shown in a video on Saturday saying that the attack was carried out in revenge for the 2009 killing of the Pakistani Taliban leader Baitullah Mehsud.

Mr. Balawi, wearing green camouflage fatigues and carrying a weapon in his lap, appeared in a video on Al Jazeera satellite television denouncing his “enemies,” Jordan and America. Mr. Balawi’s father, Khalil, confirmed that the man in the video was his son.

He was shown sitting beside another man, whom a Pakistani news report identified as Hakimullah Mehsud, the aggressive young militant who took the reins of the Pakistani Taliban after Baitullah Mehsud’s death and has spearheaded an intense string of terrorist attacks.

That image, and Mr. Balawi’s praise for Baitullah Mehsud, seemed to support the Pakistani Taliban’s claims that they were the main player in the attack and had trained Mr. Balawi.

But other militants allied with Afghan Taliban factions and Al Qaeda claimed responsibility, too, suggesting another possibility: that all those militant groups are cooperating more than ever. That strikes at the heart of American concerns in the region and has led to increased tension with Pakistan as the Obama administration pushes its government to go after Afghan and Pakistani extremist factions on its soil in addition to Mr. Mehsud’s network.

Mr. Balawi, a doctor of Palestinian origin who had worked in a Palestinian refugee camp in Jordan, blew himself up on Dec. 30 at a C.I.A. base in Khost, in eastern Afghanistan near the Pakistani border. American officials have described him as a double agent who was taken onto the base in Afghanistan because the C.I.A. hoped he might be able to deliver top members of Al Qaeda’s network, according to Western government officials.

The video was the latest glimpse into the last days of a man who intelligence officials believe had worked in a calculated and patient way for at least a year to strike a major blow against American operations, carefully cultivating intelligence contacts with the claim that he could be of help against Al Qaeda.

In Washington, the White House, the Pentagon and the State Department had no comment about the video. Paula Weiss, a C.I.A spokeswoman, said in reaction to the video that “the United States is looking into every aspect of the attack.”

Shortly after the video appeared on Al Jazeera, Mr. Balawi’s father came to the door of his home in the Jordanian capital, Amman, and amid sighs and some tears, confirmed that it showed his son.

“My heart is tearing apart,” he said. “Who is the one who destroyed the one that I brought up? Who is the one who turned him from a human doctor to someone who carries out such a thing?”

Still, he said, he was not astonished by what his son had done. “We are not surprised,” he said. “Fighting the arrogant, unjust, haughty and tyrant American who kills civilians and innocent people makes the whole Islamic world hate America.”

He continued: “They say that Jesus gave his life to people. I say that Humam sacrificed his body and soul for the oppressed.”

One theme that has been consistent in the family’s comments since Mr. Balawi’s identity emerged was that he became a changed man after he was detained a year ago by the Jordanian authorities during the Israeli offensive in Gaza and was questioned over his jihadi Web site writings. Gaza and the Israeli-Palestinian conflict featured those Internet writings, said a Jordanian analyst.

The Jordanian authorities released Mr. Balawi after three days, and he disappeared shortly afterward to Pakistan, according to his wife and Jordanian officials. The Jordanian government maintains that it was in fact Mr. Balawi who later contacted them from Pakistan by e-mail, offering intelligence on Al Qaeda.

Growing impassioned while speaking to a reporter on Saturday, Khalil al-Balawi harshly criticized intelligence officials for his son’s change.

“I blame the agencies that recruited him, and changed him,” he said. “Changed him. They turned him from a human, a doctor, to a person with a heart full of negative and hostile emotions toward others.”

In addition to killing seven Americans at the outpost, Mr. Balawi’s attack killed a Jordanian intelligence officer and distant relative of King Abdullah II named Capt. Sharif Ali bin Zeid. It is thought that he was Mr. Balawi’s Jordanian handler and was taking Mr. Balawi to a meeting of American intelligence officials at the base, Forward Operating Base Chapman in Khost.

In an op-ed article in The Washington Post this weekend, Leon Panetta, the C.I.A. director, rebuffed criticism of his agency, describing the vengeance attack as proof that intelligence missions were taking a toll against militants.

“This was not a question of trusting a potential intelligence asset,” he wrote, saying that Mr. Balawi had been stopped and searched outside the outpost when he set off his explosives. “It is never that simple, and no one ignored the hazards.”

In October, two months after the American drone strike that killed Baitullah Mehsud, his Taliban fighters fled their sanctuary in the South Waziristan tribal area during a Pakistani military offensive into the region.

But it was soon clear that the Mehsud fighters, rallying around Hakimullah Mehsud, had escaped to nearby tribal areas to fight another day, and in the past three months more than 600 people have been killed in attacks generally depicted as retribution for the offensive.

The surge in attacks - coming as President Obama ordered 30,000 more troops into neighboring Afghanistan - has also sharpened tensions between the Pakistani and American governments. Pakistani officials maintain that their military has the capacity to attack only Pakistani Taliban militants - Mr. Mehsud’s faction - who are intent on striking the country’s security forces and population centers. But the Americans have been pushing them to drive out militants in the North Waziristan tribal area, including Al Qaeda and the Taliban faction led by the Afghan militant Sirajuddin Haqqani, which focuses on attacking troops in Afghanistan. The Americans view that operation as a critical part of the troop escalation in Afghanistan.

The Haqqanis, too, control much of the area of eastern Afghanistan where the bombing took place, leading to a continuing American belief that they and Al Qaeda were at least complicit in the attack.

Many analysts agree that the militant factions in Pakistan are working together more closely.

Talat Masood, a retired Pakistani general, said that in addition to involvement by Hakimullah Mehsud’s network, the attack on the C.I.A. station in Khost most likely involved some elements of Al Qaeda and other Taliban factions. Al Qaeda and Afghan Taliban groups have also claimed responsibility for the attack.

“I would say the Taliban and Al Qaeda were both parties, because they get support from each other,” Mr. Masood said, adding that there was a “deep nexus” between the groups.

An American intelligence official, reacting to the claims of responsibility for the attack from multiple militant groups, said: “It’s worth remembering that terrorist groups in this part of the world swim in the same swamp. There are connections among them. They’re essentially scorpions in a bottle.”

Pakistani officials may seize on the video to help bolster their arguments that the greatest threat is posed not by the Haqqani networks but by Pakistani Taliban fighters under Mr. Mehsud’s direction. Yet one Pakistani official feared that the video could also be employed as an argument to expand the C.I.A.’s program of drone strikes.

“Is this going to be used to prove a point?” the official said.

Al Jazeera’s Web site said that the video was released to the news organization on Saturday. It bears the date Dec. 20 - 10 days before the bombing.

In it, Mr. Balawi said: “This is a message to the enemies of the nation: to the Jordanian intelligence and the American Central Intelligence Agency.”

The same theme was taken up by Mr. Balawi’s father, who said: “Had he killed innocent civilians I would have denounced him. He dealt with the worst people of wickedness and he killed them, and they killed him. This is a war of intelligence agencies. There is winning and there is losing. Thank God Almighty.”

Reporting was contributed by Richard A. Oppel Jr. and Salman Masood from Islamabad, Pakistan; Reem Makhoul and Ranya al-Kadri from Amman; and Elisabeth Bumiller from Washington.


---CIA要員殺害の自爆犯、アルカイダが氏名を公表---
2010年01月07日 21:44 発信地:カブール/アフガニスタン
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2680326/5130744

【1月7日 AFP】国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)のスパイによって、アフガニスタンの米軍基地でCIA要員7人が殺害された自爆攻撃について、アルカイダの司令官が7日、自爆犯の氏名を挙げ「復讐は英雄的な成功だ」と賞賛する声明をインターネット上に発表した。
 アルカイダのアフガニスタンでの活動を指揮するムスタファ・アブ・アルヤジド(Mustafa Abu al-Yazi)司令官は、12月末にホースト(Khost)州の米軍基地で自爆攻撃を実行したのは、フマム・ハリル・アブムラル・バラウィ(Humam Khalil Abu-Mulal al-Balawi、32)という人物だと明らかにした。同司令官によると、自爆犯は遺書に米軍無人機によるパキスタンの空爆で死亡したアルカイダ幹部らの名前を挙げ、「われわれの殉教者の復讐を果たす」と書き残していた。
「殉教者」として自爆犯が挙げたなかには、イスラム原理主義組織タリバン(Taliban)のパキスタン・グループを率い、2007年のベナジル・ブット(Benazir Bhutto)元パキスタン首相暗殺の黒幕と言われ、米軍のミサイル攻撃で死亡したバイトゥッラー・メスード(Baitullah Mehsud)司令官などが含まれていた。
 イスラム原理主義系のウェブサイトによると、バラウィ容疑者は数か月前から欧米の情報機関に三重スパイとして浸透を図っていた。ヨルダンの情報機関は容疑者を二重スパイだと信じ込み、アルカイダのナンバー2、アイマン・ザワヒリ(Ayman al-Zawahiri)容疑者の捜索目的でアフガニスタン東部に連れてきたとされる。各機関の関係者らは役に立つ情報要員だったと証言している。
 アフガニスタンではバラク・オバマ(Barack Obama)大統領の就任後、米軍の無人機による空爆が急増。2008年8月以降の空爆による死者は650人となり、地元の反米感情をあおっている。部族に詳しい現地の専門家は「無人機による攻撃は(アフガニスタンの旧支配勢力)タリバン(Taliban)を支持しない人間まで過激化させている」と述べている。
 一方、報道では、自爆したのはヨルダン人医師のフマム・ハリル・モハメド・バラウィ(Humam Khalil Mohammed al-Balawi)容疑者だと伝えられている。同容疑者の母親は6日、AFPの取材に対し、「息子は決して原理主義者ではなかったが、10か月音信不通で、生死は分からない」と語った。


---ヨルダン高官、米基地自爆犯の「二重スパイ」は医師と---
2010.01.06 Web posted at: 15:16 JST Updated - CNN
http://www.cnn.co.jp/world/CNN201001060013.html

(CNN) アフガニスタン東部ホスト州の米基地自爆テロの実行犯で、米関係筋が二重スパイと指摘したヨルダン人のフマン・カリル・アブムラル・バラウィ容疑者について、ヨルダン高官は5日、同容疑者がテロ対策面の情報提供者として起用されていた医師だったと語った。

高官が匿名を条件に明らかにしたところによると、ヨルダン当局は1年余り前「不審な情報」に基きバラウィ容疑者を拘束したが、証拠不足だったため釈放した。数カ月後、同容疑者は電子メールでイエメン当局に対し、国内情勢を揺るがす恐れがある重要情報を提供。当局は同容疑者との連絡を保って更に情報を入手し、テロ対策に取り組んでいる他の友好国と共有交換していた。

高官は、同容疑者が自爆テロの実行犯か確認できないとしたうえで「仮に本人ならヨルダン人の医師だ」と明言した。

事件の実行犯についてはアフガニスタンのイスラム強硬派タリバーンが、アフガン国軍の兵士だとする声明を発表。しかしパキスタン・タリバーン運動(TTP)のハキムラ・メスード司令官はヨルダン人だと主張し、CIAやヨルダン政府がこれを認めるだろうと述べている。


---アフガンCIA基地テロ、犯人は二重スパイ 米で報道---
2010年1月5日22時5分
http://www.asahi.com/international/update/0105/TKY201001050408.html

 【ワシントン=望月洋嗣】アフガニスタン東部の米軍基地で12月30日に起きた、米中央情報局(CIA)要員が犠牲になった自爆テロ事件で、実行犯は、CIA工作員になりながら実際は国際テロ組織アルカイダに忠実なヨルダン人の男だったことが分かった。複数の米メディアが4日、米当局者らの話として報じた。
 米NBCテレビなどによると、男は36歳で、アルカイダのナンバー2であるザワヒリ容疑者と同郷。1年以上前にヨルダンの情報機関に拘束され、同国と米国によるアルカイダ掃討作戦への協力を求められ、応じた。しかし、自爆テロ当日、男はザワヒリ容疑者の消息に関する情報があるとして基地を訪問。爆発物の検査を受けずに基地内に入り、自爆したとみられている。

2010年1月29日金曜日

TOYOTA 要請で販売中止へ

TOYOTAは要請により、米国内で一部車種の販売を中止した。
 ラフード米運輸長官が「米政府がトヨタ自動車にリコールの実施や
販売を中止するよう求めた」と述べ、トヨタがリコールの対象となった
8車種について販売中止を発表したのは、当局の要請によるとの見方を
示した。

CTSによるとTOYOTAからアクセルペダルの不具合報告は8件のみで、詳細
はなく、不具合車の検証も無かったようだ。
CTSのアクセルペダルの不具合は、まれと言いながら、1000万台に影響を
及ぼすことをCTSは理解していないし、製品に不具合の少ない(高品質?)
経験から、販売店も含め、慢心だったのではと言われる。
原因追求が中途半端だったため、技術力がない、商業主義等により、
当局から目を付けられることになる。多くの人は、次回から異なった
目でみることになる。

一部の報道はトヨタ叩きとしか思えない。
急加速とアクセルペダル不具合とは別原因なのに報道は同じ扱いだ。
純(?)米自動車製造会社販売不振に対して、競合TOYOTAの販売中止を喜ん
でいるようだ。韓国製も一時売上げを上げたようだが、競合相手とみな
されていないかもしれない。

TOYOTAとの関係は収益の3%と言うCTS。
再設計したアクセルペダルを出荷し始めたとCTSは言うが、詳細な変更
箇所は不明。本当に再設計したのか。

豊田章男はコリンズの定義を用いて講演したが、執行役員らは、そも
そもこれらの多くの問題を以前から把握していて、創業者一族に重大な
決断をを任せたのかもしれない。

トヨタ マット以外にも欠陥か
レクサス 構造的問題指摘
慢心トヨタ フロアマットが死を招く
米ディーラー トヨタ車は道路を走れない


トヨタ中国でも7万台リコール 北米と同じ部品使用(10/01/29)


Concern driven by Toyota recalls WTNH


---アクセル不良 トヨタ中国でもリコール 延べ1千万台 09年世界販売上回る---
2010年1月29日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2010012902000100.html

 トヨタ自動車の米国リコール(無料の回収・修理)問題で、トヨタは二十八日、中国で生産・販売したスポーツタイプ多目的車(SUV)「RAV4」にもアクセル不良があるとして、中国当局に約七万五千台のリコールを届け出た。同じアクセル部品を使った車両のリコールは米欧などを含め計約四百六十五万台。昨秋の米フロアマット問題での自主改修を加えると、世界全体で延べ一千万台を超す空前の改修規模となり、トヨタ単体の二〇〇九年世界販売実績の六百九十八万台を大きく上回った。
 新たに中国でリコールを届け出たRAV4は、米国などで不具合が見つかった米部品メーカー製のアクセル部品を使用している。トヨタは、他地域でこのアクセル部品の使用状況を調べており、影響がさらに拡大する恐れがある。
 トヨタは、このアクセルの不良で米国二百三十万台、欧州二百万台、カナダ二十七万台を対象にリコールを実施するが、世界最大市場の中国への拡大で、品質の信頼性と販売への打撃が懸念される。
 リコールに伴う費用負担については、アクセルを設計、製造した米部品メーカーと今後、協議する。
 トヨタは今回の大規模リコールとは別に、昨秋に浮上した米フロアマット問題で、レクサス車などの自主改修を進めている。十一月に決めた改修対象は米国とカナダで八車種、計四百四十六万台だったが、二十七日に「カローラ」など五車種、計百九万三千台を追加した。
 一連の問題で改修が必要になった対象車の判明分は、アクセル不良によるリコールが八車種、計約四百六十五万台、マット問題による自主改修は十三車種、計約五百五十五万台。うち、主力の「カムリ」「カローラ」など六車種がいずれの対応にも重複し、延べでは二十一車種、計約千二十万台になる。
◆コスト削減の“弊害”
<解説>
 トヨタ自動車が海外市場で同時多発の車両改修を抱え込んだ。昨年秋に浮上した米フロアマット問題に続くアクセル不良のリコール(無料の回収・修理)は、震源の米国から欧州、カナダ、さらに世界最大市場の中国にも拡大。延べ一千万台を超える空前の規模に膨らんだ。
 トヨタは今回の米国での大量リコールを、改善策の決定前に発表した。リコールは通常、改修する部品を用意してから公表、実施するが、トヨタは一連の対応を「異例の早さ」と強調。顧客への周知と安全確保を優先させた点は、米当局も一定の理解を示している。しかし、安全性の根幹にかかわるアクセル部分の問題が、主要国でさみだれ式に明らかになる現状は深刻。品質への信頼低下は避けられそうにない。
 リコール対象車はいずれも、トヨタが急拡大の過程にあった二〇〇四年以降に生産された車種。部品納入コストの削減や海外調達に本腰を入れた時期にも重なる。
 豊田章男社長は当時を「身の丈を超えた仕事」と振り返り、規模を追求する経営との決別を宣言した。同時に「顧客第一」「品質」を目指すとの理念を表明しているが、大規模リコールに直面し、その理念を信頼回復にどうつなげるかが問われている。
(青柳知敏)


---トヨタに販売中止を要請 米運輸長官---
2010.1.28 12:23
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100128/biz1001281226013-n1.htm

 ラフード米運輸長官が米ラジオで「米政府がトヨタ自動車にリコール(無料の回収・修理)の実施や販売を中止するよう求めた」と述べ、トヨタがリコールの対象となった8車種について26日に販売中止を発表したのは、当局の要請によるとの見方を示した。27日の米メディアが報じた。
 これに対し、トヨタは「法律に基づいて販売中止を決めた」(広報)としている。
 またトヨタ側は、リコール実施を21日に発表してから5日後に販売中止を表明したことについて「ディーラーなどとの調整が必要だった」(同)と説明している。(共同)


---トヨタ、109万台を追加改修 フロアマット不具は計535万台に---
2010.1.28 11:32
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100128/biz1001281133012-n1.htm

 【ワシントン=渡辺浩生】トヨタ自動車は27日、米国でフロアマットにアクセルペダルが引っかかり、事故が起きる恐れがある不具合で、新たに「ハイランダー」や「カローラ」など約109万3000台について、追加的な自主改修を行うと発表した。
 フロアマットの不具合では、昨年11月に高級車レクサス「ES350」やハイブリッド車「プリウス」などで過去最大規模となる約426万台の自主改修を発表しており、計535万台に達した。
 フロアマットとは別に、アクセルペダルが戻らなくなる不具合では、「カムリ」など約230万台のリコール(回収・無償修理)を発表。対象車種の生産・販売の一時停止を決めたばかりで、顧客の混乱は一段と広がりそうだ。
 フロアマットの不具合で追加改修を行うのは、「ベンザ」「マトリックス」「ポンティアック バイブ」を加えた計5種。21日に発表したアクセルペダルの不具合によるリコールとの重複車は170万台から235万台に拡大した。 


---部品メーカーがアクセルペダルの問題を解決=トヨタ---
2010年 01月 28日 10:50 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13573420100128

 [デトロイト 27日 ロイター] トヨタ自動車(7203.T: 株価, ニュース, レポート)は27日、同社にアクセルペダルを供給しているCTSコープ(CTS.N: 株価, 企業情報, レポート)がアクセルペダルの設計を変更し、「事実上(問題が)解決した」と表明した。
 CTSは27日遅く、アクセルペダルの安全面の問題を解決し、設計を変更したアクセルペダルのトヨタ工場への出荷を開始したと表明。
 トヨタは、ディーラーや顧客に出荷済みの車両の修理についても、CTSと協力して作業を進めていること明らかにした。


---トヨタ株の下げ止まらず 世界販売、下方修正の懸念---
2010.1.28 09:43
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100128/fnc1001280943005-n1.htm

 28日の東京株式市場で、トヨタ自動車株は、前日終値比175円安の3530円の大幅続落で始まった。前日までトヨタ株は4日続落していた。
 27日に、米国でのアクセルペダルの不具合による約230万台のリコール(無料の回収・修理)問題で、新たに対象の8車種の生産・販売を一時停止すると発表してことで、業績悪化への懸念が広がり、売りが膨らんでいる。
 市場では、「26日に発表したばかりの10年の世界販売を早くも下方修正せざるを得なくなるのでは」(関係者)との声が出ている。


---Supplier Perplexed By Toyota's Action---
JANUARY 28, 2010
By MATTHEW DOLAN
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704094304575029261182532010.html?mod=WSJ-hpp-LEFTWhatsNewsCollection#articleTabs%3Darticle

The auto supplier that makes gas pedals for Toyota Motor Co. said Wednesday it will ship a replacement part to Toyota factories after reports of sudden acceleration led the Japanese auto maker to halt U.S. sales of some of its best-selling models.

CTS Corp., a publicly traded supplier in Elkhart, Ind., makes accelerator assemblies that have been examined as a potential source of the issue.

"CTS has been actively working with Toyota for awhile to develop a new pedal to meet tougher specifications from Toyota," the company said in a statement posted on its Web site late Wednesday. "The newly designed pedal is now tested and parts are beginning to ship to some Toyota factories."

No details were provided about how and why the pedals were changed or how many would be shipped. It was also unclear whether the newly designed part would be used to replace the pedals in Toyota models currently on the road.

In an interview earlier Wednesday, a spokesman for CTS said Toyota has told CTS only about eight vehicles in which gas pedals became stuck. Those incidents, in which accelerator pedals failed to decelerate properly, didn't lead to any accidents, according to CTS.

Mitch Walorski, CTS's director of investor relations, said the sticky-pedal phenomenon was "rare." The reports "came from the warranty returns; people bringing cars into dealers," he added.

When asked why Toyota would stop selling and producing thousands of some of its best-selling models if the problem identified affected only eight vehicles, Mr. Walorski said CTS officials were perplexed.

Mr. Walorski said that CTS officials haven't been contacted by the National Highway Traffic Safety Administration about the sticky accelerator-pedal reports.

Safety Research and Strategies, a Massachusetts-based safety research firm, has said it has found 2,274 incidents of sudden unintended acceleration in Toyota vehicles causing 275 crashes and at least 18 fatalities since 1999.

Until recently, Toyota had said it believed the problem mainly stemmed from floor mats getting jammed against the gas pedal, but later said a slowly responding accelerator could be a factor as well.

Mr. Walorski said the relationship between CTS and Toyota is unchanged and the parts supplier continues to make the pedals at issue in its plant near Toronto. "The products we supply to Toyota, including the pedals covered by the recent recall, have been manufactured to Toyota's design specifications," the company said in its late-day statement.

Toyota is considered a leader in the automotive industry among car-parts suppliers, often making it difficult for them to win contracts but rewarding successful ones with loyalty.

"I would say that they [Toyota] are freaking out because they pride themselves on quality," said Joel Sutherland, managing director of Lehigh University's Center for Value Chain Research and former vice president of operations in North America at Denso, Toyota's largest supplier. "They acknowledged that there is a problem and it's more than the floor mats. They haven't really solved the problem yet."

Some observers said Toyota could be a victim of its own success in using common parts among many types of cars, making it more vulnerable if those parts turn out to be faulty.

"It's not inconceivable that their belt-tightening has had an effect on this," said Chris Richter, auto analyst at CLSA Asia-Pacific Markets. "And because global car makers are having more models built on a single platform, any problem with one car will be in a lot of models."

CTS was founded in 1896. About half of its business is building auto sensors and components and the remaining half is contract manufacturing work for other industries. The company has about 4,500 employees.

Among its automotive clients are Honda Motor Co., Nissan Motor Co. and Mitsubishi, Mr. Walorski said. Only 3% of its business comes from Toyota.

The company's stock fell 21 cents, or 2.43%, Wednesday on the New York Stock Exchange.


---どうしたトヨタ、成功神話に慢心?大量リコールで傷ついた「安全と信頼」---
2010.1.27 20:22
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100127/biz1001272023033-n1.htm

 人気車種の広範囲な販売・生産停止に発展したトヨタ自動車のリコール問題は「安全と信頼」というトヨタのブランドイメージを大きく傷つけた。国内だけでなく、米国でも揺るぎない成功神話を築いたトヨタだが、相次ぐトラブルの背景には、「危機意識の欠如」も見え隠れしている。
 「ひところのバッシングは少なくなった」。トヨタが今月21日(米国現地時間)、約230万台のリコールを発表したことの影響についてトヨタ幹部はこうコメントした。顧客の安全を保障し、「信頼回復を図る」(トヨタ関係者)姿勢を貫けば、米国世論の批判はやわらぐとの判断があったようだ。
 これに対して、米メディアは「トヨタは問題をどう処置したらいいか分かっていない。多くの顧客もどうすればいいのか困惑している」(ワシントン・ポスト紙)と容赦ない。20年以上、トヨタ車を愛用する米国人男性は「もはやトヨタは完全ではない」とし、ディーラーも「先が見えない世界にいる」と米紙に語った。昨年8月下旬に発生したレクサス「ES350」の衝突事故、11月の426万台のトヨタ車の自主改修、さらに今回のリコールと相次ぐトラブルに嫌気がさしているからだ。
 「(販売・生産の一時停止は)アクセルペダルへの具体的な対応策が決まるまでの措置」と説明するトヨタだが、安全対策を優先することで、1週間の生産休止期間がさらに伸びる可能性もある。
 しかし、トヨタには危機感がうかがえない。今月の北米国際自動車ショーの発表会で、「ハイブリッド車(HV)の新車投入を続け年間100万台の販売を目指す」と豪語した北米トヨタ販売のレンツ社長だが、リコール問題には触れなかった。国内のトヨタ幹部も「米国での販売に影響はない」と指摘。26日に発表した今年の米国販売見通しは前年比11%増の197万台と強気の数字を示したが、27日の東京株式市場のトヨタの株価は前日終値比165円安の3705円と続落。”トヨタショック”の余波が広がった。日興シティーグループ証券アナリストの松島憲之氏は「具体的な対策が決まっていないまま発表したことで株価混乱を招いた」とみる。
 トヨタは、同じ部品を採用した車が欧州でも販売されていたとして対応に入っており、欧州でも販売停止に追い込まれれば業績への影響は大きい。経営に与える危機への認識と信頼回復が問われている。(ワシントン 渡辺浩生  鈴木正行)


---newsrelease---
CTS CORPORATION Elkhart, Indiana 46514
January 27, 2010
http://www.ctscorp.com/publications/press_releases/nr100127.htm

FOR RELEASE: Immediately
CTS Comments on Toyota’s January 21 Safety Voluntary Recall

Elkhart, IN…CTS Corporation (NYSE: CTS) today provided comments on Toyota’s recent accelerator pedal recall. As previously announced by Toyota, the January 21 voluntary recall results from what Toyota described as “a rare set of conditions which may cause the accelerator pedal to become harder to depress, slower to return or, in the worst case, stuck in a partially depressed position.” Toyota said this condition “is rare and occurs gradually over a period of time.”

As has been publically stated by Toyota, we have no knowledge of any accidents or injuries that have resulted from this rare potential condition. Based on information that Toyota has provided us, we are aware of fewer than a dozen instances where this condition has occurred, and in no instance did the accelerator actually become stuck in a partially depressed condition.

As Toyota stated, this recall is different from and unrelated to the “sudden, unintended acceleration issue” which was the subject of the November 2009 Toyota recall. In the November recall, the pedals in Toyota models dated back to model year 2002. CTS became a pedal supplier in 2005. Accordingly, our products are not implicated by the November 2009 recall. The products we supply to Toyota, including the pedals covered by the recent recall, have been manufactured to Toyota’s design specifications.

Toyota is a small, but important, customer of CTS, representing approximately 3% of our annual sales. CTS has been actively working with Toyota for awhile to develop a new pedal to meet tougher specifications from Toyota. The newly designed pedal is now tested and parts are beginning to ship to some Toyota factories.

About CTS
CTS is a leading designer and manufacturer of electronic components and sensors and a provider of electronics manufacturing services (EMS) to OEMs in the automotive, communications, medical, defense and aerospace, industrial and computer markets. CTS manufactures products in North America, Europe and Asia. CTS' stock is traded on the NYSE under the ticker symbol "CTS.”

Safe Harbor Statement
This press release contains statements that are, or may be deemed to be, forward-looking statements within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. These forward-looking statements include, but are not limited to, any financial or other guidance, statements that reflect our current expectations concerning future results and events and any other statements that are not based solely on historical fact. Readers are cautioned not to place undue reliance on these forward-looking statements, which speak only as of the date hereof and are based on various assumptions as to future events, the occurrence of which necessarily are subject to uncertainties. These forward-looking statements are made subject to certain risks, uncertainties and other factors, which could cause our actual results, performance or achievements to differ materially from those presented in the forward-looking statements, including, without limitation: changes in the economy generally and in respect to the businesses in which CTS operates, including those resulting from the current global financial and credit crisis; pricing pressures and reduction in demand for CTS’ products, especially if economic conditions do not recover or continue to worsen in CTS’ served markets, including but not limited to: the automotive, computer equipment or communications markets; disruption, uncertainty or volatility in the credit markets that could adversely impact the availability of credit already arranged by CTS and the availability and cost of credit in the future; the financial condition of our customers, including the ability of customers (especially those that may be highly leveraged and those with inadequate liquidity) to maintain their credit availability or ongoing viability; risks associated with CTS’ international operations, including trade and tariff barriers; currency fluctuations and their effects on our results of operations and financial position; changes in performance of equity and debt markets that could affect the valuation of the assets in CTS’ pension plans and the accounting for pension assets, liabilities and expenses; political and geopolitical risks; rapid technological change in the automotive, communications and computer industries; reliance on key customers; CTS’ ability to protect its intellectual property; and the outcome of the recent Toyota recall. For more detailed information on the risks and uncertainties associated with CTS’ business, see the reports CTS files with the SEC, available at http://www.ctscorp.com/investor_relations/investor.htm. CTS undertakes no obligation to publicly update its forward-looking statements to reflect new information or events or circumstances that arise after the date hereof, including market or industry changes.


---米トヨタ、230万台リコール またアクセルで不具合---
2010.1.22 08:42
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100122/biz1001220843001-n1.htm

 【ワシントン=渡辺浩生】トヨタ自動車は21日、アクセルペダルが踏み込んだままの状態で固定されてしまう可能性があるとして、米国で販売したSUV(スポーツ用多目的車)の「RAV4」や「カローラ」など約230万台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。フロアマット問題で昨年11月に発表した約420万台のリコールに続くもので、米国市場でのトヨタの安全性への信頼が大きく傷つく恐れが出てきた。
 トヨタは昨年11月、フロアマットがはずれてアクセルペダルに引っかかって事故を起こす恐れがあるとして、高級車レクサス「ES350」やハイブリッド車「プリウス」など約420万台という、米市場で最大規模のリコールを発表した。
 その後、フロアマットなしでもアクセルペダルに問題が生じるという報告を受けて社内調査を実施。アクセルが踏み込んだ位置で固定されたり、戻りがゆっくりだったりする可能性が判明し、リコールに踏み切った。ペダル装置が摩耗しているときに起きやすいという。
 リコール対象はこのほか、「カムリ」、SUVの「ハイランダー」、小型トラックの「タンドラ」など。トヨタは、前回のフロアマットと今回のアクセルペダルのリコールは別問題としているが、両方の対象になっている車は約170万台あるという。
 米運輸省道路交通安全局(NHTSA)は、フロアマットとアクセルペダルの問題にからみ、カリフォルニア州での死亡事故を含む約100件の報告を受けて原因追究を進めてきた。トヨタは「今後も不要な加速に関する事例の調査を続け、必要な対策をとる」としているが、米市場での販売回復を目指すトヨタには、一段と大きな逆風となる可能性がある。

2010年1月28日木曜日

都道府県 輸入ワクチン不要

山梨県は、輸入ワクチンが必要とのこと。
 新型インフル輸入ワクチンについて、厚労省は、山梨県を除く46都道府県
が入荷を希望していないことを明らかにした。
山梨県の200人分のみ。他の都道府県は入荷を希望しなかった。
都内のある総合病院では、国産ワクチンですら約1千人分が余った状態。
「不足してパニックかと思えば、今度は余剰が出てしまった。最終的な負担
は税金を払う国民と、医療現場に回ってくる。国はもっと計画的な危機管理
をしてほしかった」と話している。

一部の情報バラエティー番組では、未成年者が一段落したので、成人が新形
インフルにかかり始めているとの情報を流し、予防(不安をあおる?)したよう
だが、尾身茂は、新型インフルによる重症者や死者数の増加に歯止めがかか
っている理由について「多くの成人が基礎免疫を持っている可能性がある」
としている。確かに新形インフル系の抗体を持たない人はひくと思う。
ソ連H1N1型インフルに感染したことがない人はどれくらいいるのだろうか。

輸入ワクチンは解約交渉が始まり、別の試験方法によるインフル検出も報道
された。

都道府県によっては、ワクチン接種を前倒ししている。
輸入する前に、国産ワクチンも余っている状態。
受験生はもっと早い時期に接種して、不安を取除きたかったと思う。
季節性のインフルでさえ、「気を引き締めれば、風邪は引かない」と言われ、
受験時期だけは、自己責任で予防した頃もあったようだが、時代が違うの
かもしれない。

1126億円のワクチン大量余剰か
得たい知れない加産ワクチン 輸入へ
グラクソ ワクチン使用中止要請


---新型ワクチン在庫、37都道府県で654万回分---
2010年1月26日05時34分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100126-OYT1T00092.htm

 昨年10月から今月まで8回にわたって国から供給された新型インフルエンザワクチンの在庫が、少なくとも37都道府県で計654万回分あることが、読売新聞の調べでわかった。
 流行の下火で接種を見合わせたり、回数も当初の2回から原則1回となったりし、在庫の大半は医療機関から注文がなく製薬卸業者のもとにある余剰分とみられる。
 ワクチンはこれまで、国が人口割合で配分。その数量に従って、卸業者から各都道府県の医療機関に納入される。しかし、今月下旬の取材で、接種予定のないまま医療機関にあったり、納入予定のないまま卸業者側にあったりする「在庫」があると、37都道府県の担当者が答えた。大阪の75万回分が最も多く、北海道68万回分、愛知50万回分と続いた。「集計中」などの回答もあった。
 今月29日に全国で600万回分以上を配分予定の9回目についても、群馬、新潟など6道県が「在庫分で対応可能」として、供給を断っている。山形、兵庫、岡山など10県も量を減らすことを希望するという。
 一方で予定通りの配分を求める都府県のうち、これまでに43万回分の余剰を見込む神奈川は「健康な成人の接種が本格化した時、要望に応えられないと怖い」と説明している。
 厚生労働省は「卸業者に大量の在庫が生まれると、業者の協力が得られにくくなり、今後の安定供給に支障が生じる。在庫を正確に把握し、必要量だけを供給する態勢を早急に整えたい」としている。


---新型インフルエンザ:ワクチン、国産か輸入か 製造法と効果検証---
毎日新聞 2010年1月26日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/science/news/20100126ddm016040123000c.html

 新型インフルエンザワクチンの健康な成人(19~64歳)への接種が、1月から一部の自治体で始まった。海外メーカーによるワクチンが承認、輸入された。医療機関に在庫があれば、国産か輸入かを選んで接種を受けることもできる。それぞれのワクチンの製造法と効果をまとめた。【関東晋慈、清水健二】
■輸入2種に大差なし
 輸入される2種のワクチンが国産と異なる点は、効果を高めるための免疫補助剤「アジュバント」が使われている点だ。グラクソ・スミスクライン社(英国)の製品は鶏卵で培養したワクチン原液に、接種直前にアジュバントを加える。この主成分はサメの肝臓からとれる脂質とビタミンE。免疫細胞の一つ、樹状細胞を刺激するという。
 もう一つのノバルティス社(スイス)のアジュバントも主成分はほぼ同じ。さらに元のウイルス株の増殖に、鶏卵でなくイヌの腎臓の細胞から作り出した増殖力の強い「MDCK細胞」を使う。細胞培養法は国内でも日本脳炎ワクチンなどで利用されている。MDCK細胞は液体窒素で冷凍保存でき、鶏卵培養とは比較にならないほど生産効率が高いため、迅速に必要量を調達でき、卵アレルギーの人も心配なく受けられる。
 薬品の安全性基準を審査する国立医薬品食品衛生研究所(東京都世田谷区)の山口照英・生物薬品部長によると、欧州各国では毎年冬に流行する季節性インフルエンザに対し、2年前から細胞培養で製造したワクチンを使っている。山口部長は「生きた細胞が体内に入った場合は良性の腫瘍(しゅよう)を形成する恐れが指摘されるが、細胞は最終的に取り除かれるため心配はない」と説明する。
 臨床試験の結果はどうだったのか。各メーカーが成人100人に実施している。グラクソ・スミスクライン社製は、1回接種3週間後に95%の人が十分な免疫(抗体)を持った。一方で98%の人が痛みを訴え、疲労(46%)などの副作用が報告されている。ノバルティス社製は、1回接種後に81%、2回接種後に96%の人に抗体が確認された。注射した部位の痛みを訴えた人は68%に上った。両ワクチンに大きな差はなかった。
■「重症化・死亡」予防
 インフルエンザは「感染↓発症↓重症化・死亡」という経過をたどる。このうち感染については、ウイルスは血液中の抗体の有無と無関係に細胞内に侵入するため、予防効果は期待できないとされる。
 発症はどうか。データのそろった季節性ワクチンについて米国の専門家委員会は「健康成人に対する有効率は70~90%」と評価。これは、接種しない集団の発症率が10%だった場合、接種していれば発症率を1~3%に抑えられるという意味。リスクをある程度低くできるが、発症や他人への感染を止めるのは難しい。
 厚生労働省が前面に出しているのが「重症化・死亡」の予防効果だ。同省によると、これまで新型ワクチンの推計接種者約1900万人(18日現在)のうち、免疫効果が表れるとされる接種3週間以降にインフルエンザに感染し死亡した報告は2件にとどまるという。しかし、死亡や入院した成人の約8割には持病があった。健康成人の重症化・死亡リスクがそもそも低いため接種のメリットも優先接種対象者ほど大きくない。
■副作用との兼ね合い
 健康な成人は、ワクチンを接種した方がよいのか。
 国立感染症研究所の岡部信彦・感染症情報センター長は「国民の大多数は新型インフルエンザに対する免疫を持っていない。ピークはいったん過ぎたが、来シーズンまでに基礎免疫を持つためにも接種してほしい」と話している。
 季節性ワクチンでは、入院相当の副作用の発生率は07年度で100万人に3人、08年度は100万人に2人。接種と因果関係が疑われる死亡はなかった。ただ、呼吸困難などの過敏反応を起こすアナフィラキシーは10万人に1人程度の割合で起こるとされている。
 輸入ワクチンは皮膚の下に注射する季節性ワクチンと違い、筋肉に深く注射。接種後の注射部位の腫れや痛みが出る割合も高い。国立病院機構三重病院の庵原(いはら)俊昭院長は「ワクチンの効果が高いほど予測される副作用も高い確率で出る。感染や重症化のリスクと比較し接種してほしい」と話す。
 広田良夫・大阪市立大教授(公衆衛生学)は「ハイリスク者の家族やハイリスク者が多い施設の従事者は、積極的に接種した方がいい。また、健康診断の結果などを見れば、50歳以上は3分の1程度がハイリスク者と考えられる。米国では未成年者などと並んで50歳以上の全員が勧告接種の対象になっている」と説明する。
==============
■輸入ワクチンと国産の違い(厚労省の資料から作成)
製造業者  グラクソ・スミスクライン ノバルティス   国産4社
免疫補助剤 あり           あり       なし
培養方法  鶏卵培養         細胞培養     鶏卵培養
性状(色) 調製後は乳濁       乳濁       透明~わずかに白濁
接種方法  筋肉注射         筋肉注射     皮下注射
接種回数  1回           18~49歳1回 13歳以上1回
                   50歳以上2回
他国の使用 カナダ          なし       なし
==============
■ことば
◇ワクチン
 感染症を起こす病原体の毒性を弱め事前に接種することで、免疫を担う抗体を体内につくらせ、感染を予防したり症状を緩和する薬。天然痘やポリオの根絶につながった。


---インフル輸入ワクチン一部解約も 厚労相「メーカーと交渉」---
2010年1月25日 21時28分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010012501000939.html

 長妻昭厚生労働相は25日、新型インフルエンザの輸入ワクチンについて「余る公算が大きいということで(海外メーカー)2社と交渉のテーブルに着いている」とし、契約の見直しや一部解約も含め2社と協議していることを明らかにした。衆院厚生労働委員会で自民党議員の質問に答えた。
 2社は、スイスのノバルティス社と英国のグラクソ・スミスクライン(GSK)社。国は計9900万回分のワクチン購入契約を締結。厚労省は今月20日、薬事法の審査手続きを簡略化した「特例承認」を適用していた。
 全量を輸入した場合には、国産と合わせた数量が全国民分を上回り、大幅に余ることが確実な情勢。同省が22日に発表した調査では、2月上旬に出荷が始まる輸入ワクチンの配分を希望したのは全都道府県のうち山梨県だけ。
 長妻厚労相は25日の衆院厚労委で「備蓄という考え方をとる必要もあるが、それにしても輸入ワクチンが余る公算が大きい」と述べた。(共同)


---新型インフル「成人に免疫、深刻化回避」 尾身WHO執行理事---
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20100125ATDG2400225012010.html

 世界保健機関(WHO)の運営方針を決定する執行理事の尾身茂・自治医大教授は日本経済新聞のインタビューに応じ、新型インフルエンザによる重症者や死者数の増加に歯止めがかかっている理由について「多くの成人が基礎免疫を持っている可能性がある」と語った。ウイルスへの抵抗力が強くなる細胞性の免疫で、感染しても重症化しにくいという。
 今回の新型インフルエンザは季節性のソ連型インフルエンザと同じタイプのH1N1。尾身氏は「ウイルスの遺伝子に共通部分があり、多くの成人はソ連型の感染経験によって新型への基礎免疫を得た公算がある」と述べた。新型用ワクチンの有効性を確認する試験で、1回の接種で十分な効果があったことを根拠に挙げた。(25日 19:14)


---【新型インフル】発症前、微量で簡単ウイルス検出 鹿児島大など---
2010.1.25 10:22
http://sankei.jp.msn.com/life/body/100125/bdy1001251024002-n1.htm

 新型インフルエンザの感染初期に、唾液(だえき)に含まれる微量のウイルスを検出する方法を鹿児島大の隅田泰生教授(生物化学)らのグループが開発、兵庫医大(兵庫県西宮市)で検査機器の試験運用を進めている。簡易検査キットと遺伝子検査の組み合わせによる確定診断方法に比べ、100分の1から千分の1のウイルス量で検出可能といい「発症前でも感染が確認でき、早期治療で重症化を防ぐ効果が期待できる」としている。
 隅田教授によると、ウイルスがヒトの細胞の表面を覆う糖鎖にくっついて感染することに着目。患者の唾液に含まれるウイルスに、人工的に作った糖鎖をつけた微小な粒子を付着させ濃縮、検出する方法を開発した。新型インフルエンザの感染は通常、高熱などの症状が出た後、簡易検査キットで診断されるが、一定量以上のウイルスがないと結果が「陰性」となるケースがある。
 今回の方法はこうした“見逃し”がほとんどないと想定されており、データを積み重ね、早ければ今春の実用化を目指している。


---【新型インフル】輸入ワクチン、不要 46都道府県、希望せず---
2010.1.23 00:07
http://sankei.jp.msn.com/life/body/100123/bdy1001230008000-n1.htm

 新型インフルエンザの輸入ワクチンについて、厚生労働省は22日、山梨県を除く46都道府県が入荷を希望していないことを明らかにした。輸入ワクチンをめぐっては国の方針が当初の「2回接種」から「1回接種」に変更されたことから、「余る」と指摘されてきた。使用期限が約半年と短いものもあり、厚労省は余ったワクチンを備蓄する方針だが、一部の契約解除や途上国への寄付やなども視野に入れ、在庫の有効利用を検討し始めた。
 厚労省はワクチンの輸入に向け、今月から全国の都道府県に対し、必要量を調査していた。その結果、現段階で入荷を希望したのは山梨県の200人分のみ。他の都道府県は入荷を希望しなかった。
 厚労省はグラクソ・スミスクライン社(英国)とノバルティス社(スイス)の2社から計9900万人分の輸入を予定している。今後、入荷希望が増えたとしても大量の在庫が生じることは必至だ。厚労省は「まだ国産の出荷が続いており見合わせた自治体が多いのではないか。今後は増える可能性もある」としているが、流行が下火になる中、接種希望者は減少しており、国産ワクチンですら余っているのが現状だ。
 こうした事態に、医療機関からは怒りの声も出はじめている。東京都世田谷区の診療所「しまだクリニック」の島田知則院長は、「こんな事になるなら、センター試験前に受験生に打ってあげられた」と憤る。同院では、11月ごろ受験生から接種希望が殺到したが、国が接種を認めた優先対象者でなかったため、すべて断っていたという。輸入ワクチンについては「副作用への不安が根強く、接種を希望する人は少ないだろう」と話し、今後も入荷するつもりはないという。
 都内のある総合病院では、国産ワクチンですら約1千人分が余った状態。「不足してパニックかと思えば、今度は余剰が出てしまった。最終的な負担は税金を払う国民と、医療現場に回ってくる。国はもっと計画的な危機管理をしてほしかった」と話している。

2010年1月27日水曜日

XC2初飛行

CXがXC2となり、初飛行した。
 CXの試作機「XC2」が、岐阜県各務原市の空自岐阜基地で初の試験飛行
を実施した。部品の強度不足などトラブルが相次いで見つかり、開発計画
が大幅に遅れていた。安全性が確認されれば、年度内に納入される予定。

XC2がやっと初飛行となった。
やっぱり大きい。
荷物がないため、離陸距離短いようだけど、最大積載時にどれくらい必要
なのだろうか。
離陸時に、へんな動きもなかったようなので、運動性能試験は順調に進ん
で欲しいと思う。戦闘機とは違うから、年度内の納入は可能ということな
のだろうか。

CX 初飛行へ
CX 強度不足解決できず
国の威信のC-Xまた不具合
CXまた不具合 違約金請求へ
CX納期遅延 MHIのせいか


JASDF's New Cargo Aircraft XC-2(C-X) Test Flight 2010-01-26


XC-2次期輸送機離陸


xc-2 着陸2.AVI

---空自の国産次期輸送機、試作1号やっと初飛行---
2010年1月26日12時50分
http://www.asahi.com/national/update/0126/NGY201001260007.html

 国産の輸送機としては35年ぶりに開発が進められている航空自衛隊の次期輸送機(CX)の試作1号機が26日、岐阜県各務原市の空自岐阜基地で初飛行した。機体の不具合の発覚で開発が2年余り遅れていただけに、防衛省は「意義深い」と話した。
 午前10時すぎ、滑走路を離陸。全長44メートルの機体が浮き、約1時間にわたって飛んだ。
 CXは防衛省が2001年度から国産のC1輸送機の後継として開発を始めた。川崎重工業で開発が進められ、当初は07年9月ごろの初飛行を予定していたが、胴体の強度不足など不具合が相次いで発覚し、配備が遅れていた。
 今後、試験飛行を重ね、年度内にも防衛省に納入される見通しという。


---空自:国産次期輸送機、初の試験飛行 岐阜基地---
毎日新聞 2010年1月26日 11時00分(最終更新 1月26日 12時49分)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100126k0000e040030000c.html?link_id=RSH04

 防衛省が開発を進めている航空自衛隊の国産次期輸送機(CX)の試作機「XC2」が26日、岐阜県各務原市の空自岐阜基地で初の試験飛行を実施した。当初は07年9月に予定されていたが、部品の強度不足などトラブルが相次いで見つかり、開発計画が大幅に遅れていた。安全性が確認されれば、年度内に納入される予定。
 CXは耐用年数を迎えた輸送機C1の後継機として、防衛省が01年度に開発に着手した。機体は全長43.9メートル、全幅44.4メートル、全高14.2メートル。緊急援助など海外での活動も想定し、C1に比べて航続距離や積載能力が大幅に向上しているのが特徴だ。川崎重工業や関連メーカーが製造。開発費は海上自衛隊のP3C哨戒機の後継機(XP1)と合わせて約3400億円。

2010年1月26日火曜日

核密約証言テープ 寄港持ちこみにあたらず

 日米安全保障条約上の「事前協議」の対象外とした核密約に関連し、
外務事務次官だった山田久就氏が生前、野党の追及をかわす国会対策の
必要上、「通過・寄港も事前協議の対象に含まれる」とうその答弁を
当時からしていたと証言した録音テープの存在が明らかになった。

「核持ち込み」に、通過・寄港が含まれるか否か
・元外務省幹部は日米間に「解釈のずれ」があった。
・「(日本の)陸上に大きな核兵器を持ってくる」ことを意味し、
 通過・寄港は「入っていない」と説明。
 安保改定の時点で通過・寄港が事前協議の対象外だったと
 「はっきり言っていい」と断言した。

核持込みの定義がさらに深まる。
・在日米軍基地に航空機で核兵器を運んでくる場合
・艦船が日本の港に接岸する場合
・劣化ウラン弾は核兵器か
・制御不能になった米製核弾頭搭載の飛翔体
その他があるかもしれない。

核持込みは明らかに有事の際のみと言うことのようだ。

---寄港「持ちこみにあたらず」核密約時の次官、証言テープ---
2010年1月23日3時27分
http://www.asahi.com/politics/update/0123/TKY201001220473.html

 1960年の日米安保条約改定時の核持ち込み密約で、当時の外務事務次官だった山田久就氏(故人)が81年10月、核を積んだ米艦船の寄港・通過などは両国の事前協議が必要な核「持ち込み」にあたらないとの認識を示した証言テープが見つかった。持ち込みにあたるとの日本政府の見解は「野党戦術」とも証言している。
 テープは、東京国際大大学院の原彬久教授が、退官後の山田氏にインタビューした際のもの。密約調査を進める外務省は、核持ち込み密約について日本政府は当初、密約の根拠とされた合意の意味に気づいていなかったとの見解を昨年11月にまとめた報告書で示している。同省内では米側から63年や68年に「持ち込み」にあたらないとの解釈を伝えられるのを経て、「解釈のずれ」を認識したとの見方が強いが、60年当時から日本政府が密約を認識していた可能性もある。
 山田氏は60年当時の交渉について、米艦船の寄港・通過は「問題にもならなかった」と述べた。米政府は持ち込みにあたる英語の「イントロダクション」に寄港・通過は含まれないとの解釈を示しているが、交渉当時、この点についての問題意識がなかったことを認めている。
 インタビューは、81年5月にライシャワー元駐日大使が「核兵器を搭載した米艦船の日本への寄港が日米の合意のもとに容認されていた」と明らかにした後に行われた。山田氏はライシャワー氏の発言を「まさにその通りです」とした。「非常に大きな核兵器を持ってくることがイントロダクション。通過なんていうのは問題でもない」として、通過は持ち込みにあたらないとの認識を示した。
 交渉当時の事務方トップの証言は、現在進められている外務省の有識者委員会の検証でも関心を呼びそうだ。原氏は朝日新聞の取材に「寄港・通過が交渉で問題にならなかったのは、米国との間で『持ち込み』にあたらないと合意していたからだ」と指摘した。(鶴岡正寛)


---核密約、国会対策でうその答弁 元次官証言テープ見つかる---
2010年1月22日 19時13分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010012201000825.html

 米軍核搭載艦船の日本への通過・寄港を日米安全保障条約上の「事前協議」の対象外とした核密約に関連し、密約が交わされた1960年に外務事務次官だった山田久就氏が生前、野党の追及をかわす国会対策の必要上、「通過・寄港も事前協議の対象に含まれる」とうその答弁を当時からしていたと証言した録音テープの存在が22日、明らかになった。
 核密約をめぐり、日米間の事前協議対象となる「核持ち込み」に、通過・寄港が含まれるか否かで日米間に「解釈のずれ」(元外務省幹部)があったとの見方もあるが、山田氏の証言は、そうした食い違いが存在せず、日本側に密約の認識があったことを明確に示している。同氏は密約を記した「秘密議事録」の作成にも関与しており、密約問題を検証する外務省有識者委員会の議論に大きな影響を与えそうだ。
 証言テープは、山田氏にインタビューした原彬久・東京国際大大学院教授(国際政治学)が81年10月14日に収録した。
 山田氏は50年前の60年1月19日署名の改定安保条約をめぐる交渉で、通過・寄港の扱いが「(日米間で)問題にもならなかった」とした上で、「核持ち込み」とは「(日本の)陸上に大きな核兵器を持ってくる」ことを意味し、通過・寄港は「入っていない」と説明。安保改定の時点で通過・寄港が事前協議の対象外だったと「はっきり言っていい」と断言した。(共同)

2010年1月25日月曜日

IPCC ヒマラヤ氷河予測誤報で陳謝

IPCCがヒマラヤ氷河予測誤報で陳謝した。
 IPCCが出した第4次評価報告書で、ヒマラヤの氷河が「このまま地球温暖
化が続くと、消失する可能性が非常に高い」とした記述について科学的根
拠がなかったと報じた。

経緯
・インドの科学者が「憶測だった」ことを認めた。
 1999年インド Vijay Kumar Rainaが記事を発表
 2006年オーストリア Georg Kaserが2035年予測を否定
 2007年IPCC 第4次評価報告書公表

・IPCCのパチャウリ議長が、排出量取引等で利益を上げる銀行の顧問を
 務め、報酬はパチャウリ氏が理事長を務める団体に渡る。

2500人が3000頁の報告書を書き上げたが、懐疑派が2年かけて見つけた
間違いは一ヵ所と冷ややかな目の報道もある。
「蟻の一穴」と言うことわざが示すとおり、気候温暖化の工作(間違い)は
二つ目となった。擁護派さえ、報告書全ての項目を確認できていないと
報道もあるが、政治に興味がない科学者は次第に転換することになると
思う。


---ヒマラヤの氷河消失、報告書は誤りと陳謝---
2010年1月21日10時22分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20100121-OYT1T00347.htm

 【ワシントン=山田哲朗】国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は20日、声明を発表し、2007年の第4次報告書で「ヒマラヤの氷河が2035年までに解けてなくなる可能性が非常に高い」とした記述は科学的根拠がなく誤りだったと陳謝した。
 世界中の科学者が協力して作成した報告書は信頼性が高く、IPCCはアル・ゴア元米副大統領と2007年にノーベル平和賞を受賞したが、地球温暖化の懐疑派は「報告書の信頼は揺らいだ」と攻勢を強めている。
 欧米の気象学者らが20日、独自に発表した分析によると、報告書は問題の部分を世界自然保護基金(WWF)のリポートから引用した。WWFは英国の一般向け科学雑誌ニュー・サイエンティストが1999年に掲載したインド人研究者についての記事を引用した。しかし、この研究者の論文は未公表で、氷河消失の時期も予想していなかった。
 「2035年」という時期は、別の文献の「2350年」を写し間違えた可能性があるという。分析は「査読を経た論文を基礎に置くという科学の基本を守れば回避できた間違い」と指摘している。


---UN Climate Change panel under fire after Himalayan glacier claim---
January 21, 2010
Ben Webster, Environment Editor
http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/asia/article6995890.ece

It has been a bleak winter for the Intergovernmental Panel on Climate Change. The credibility of the UN body came under attack days before the opening of the Copenhagen climate summit in December, when leaked e-mails from the University of East Anglia appeared to show manipulation of temperature data used by the panel. Rajendra Pachauri, the IPCC chairman, was forced to spend much of his time at the conference defending the integrity of the science contained in the panel’s reports.

Now it has been forced to apologise for including a highly alarmist claim in its most recent report that Himalayan glaciers were very likely to vanish by 2035.

Most glaciologists believe the melting would take hundreds of years and some doubt that it will ever happen, pointing to evidence of glaciers advancing in the neighbouring Karakoram mountain range.

The IPCC reports underpin every country’s decisions about climate change. If the panel cannot be trusted, it becomes much more difficult to justify the global effort to cut greenhouse gases. That is why it is vital to place the allegations against the IPCC in context. While it is alarming that none of the 2,500 scientists who contributed to its 2007 report spotted the error, this is explained partly by it appearing in a single sentence on page 493.

Climate sceptics around the world have spent two years scrutinising every claim made by the panel. So far they have identified one serious error; it seems unlikely that they will find many more. The IPCC should now re-check all the sources of statements in its report, but this process will not alter its conclusion that man-made emissions are very likely to be the main cause of global warming.


---IPCC officials admit mistake over melting Himalayan glaciers---
guardian.co.uk, Wednesday 20 January 2010 14.26 GMT
http://www.guardian.co.uk/environment/2010/jan/20/ipcc-himalayan-glaciers-mistake

Senior members of the UN's climate science body admit a claim that Himalayan glaciers could melt away by 2035 was unfounded

The UN's climate science body has admitted that a claim made in its 2007 report - that Himalayan glaciers could melt away by 2035 - was unfounded.

The admission today followed a New Scientist article last week that revealed the source of the claim made in the 2007 report by the Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) was not peer-reviewed scientific literature - but a media interview with a scientist conducted in 1999. Several senior scientists have now said the claim was unrealistic and that the large Himalayan glaciers could not melt in a few decades.

In a statement (pdf), the IPCC said the paragraph "refers to poorly substantiated estimates of rate of recession and date for the disappearance of Himalayan glaciers. In drafting the paragraph in question, the clear and well-established standards of evidence, required by the IPCC procedures, were not applied properly."

It added: "The IPCC regrets the poor application of well-established IPCC procedures in this instance." But the statement calls for no action beyond stating a need for absolute adherence to IPCC quality control processes. "We reaffirm our strong commitment to ensuring this level of performance," the statement said.

The IPCC says the broader conclusion of the report is unaffected: that glaciers have melted significantly, that this will accelerate and affect the supply of water from major mountain ranges "where more than one-sixth of the world population currently lives".

Jean-Pascal van Ypersele, vice-chair of the IPCC, added that the mistake did nothing to undermine the large body of evidence that showed the climate was warming and that human activity was largely to blame. He told BBC News: "I don't see how one mistake in a 3,000-page report can damage the credibility of the overall report. "

The Indian environment minister, Jairam Ramesh, said earlier in the week: "The [glaciers] are indeed receding and the rate is cause for great concern … [but the claim is] not based on an iota of scientific evidence."

The Indian government criticised the IPCC's glaciers claim in November at the launch of its own discussion paper, written by geologist Vijay Kumar Raina, which admitted that while some glaciers in the Himalayas were retreating, it was "nothing out of the ordinary. Nothing to suggest as some have said that they will disappear."

At the time, the chairman of the IPCC, Rajendra Pachauri, dismissed the report as not peer-reviewed and said: "With the greatest of respect this guy retired years ago and I find it totally baffling that he comes out and throws out everything that has been established years ago."

Georg Kaser, an expert in tropical glaciology at the University of Innsbruck in Austria and a lead author for the IPCC, said he had warned that the 2035 prediction was clearly wrong in 2006, months before the report was published. "This [date] is not just a little bit wrong, but far out of any order of magnitude," he said.

"All the responsible people are aware of this weakness in the fourth assessment. All are aware of the mistakes made," he said. "If it had not been the focus of so much public opinion, we would have said 'we will do better next time'. It is clear now that working group II has to be restructured."

The reports of the IPCC collate the work of thousands of scientists and are assessed through a process of peer-review and then approved by the 192 governments who are members of the UN Framework Convention on Climate Change. Its work is seen as the most comprehensive account of global warming.

The chair of the IPCC, Rajendra Pachauri, has made no personal comment on the glacier claim: But yesterday, at an energy conference in Abu Dhabi, he responded to British newspaper articles criticising his chairmanship of the IPCC. "They can't attack the science so they attack the chairman. But they won't sink me. I am the unsinkable Molly Brown. In fact, I will float much higher," he told the Guardian.

The row centres on the IPCC's "fourth assessment" report in 2007, which said "glaciers in the Himalayas are receding faster than in any other part of the world and, if the present rate continues, the likelihood of them disappearing by the year 2035 and perhaps sooner is very high if the Earth keeps warming at the current rate." The claim appears in the full report, but not in the more widely read "Summary for policymakers".

The claim was attributed to a report by the campaign group WWF, but in the New Scientist article, Guardian writer Fred Pearce noted that WWF had cited a 1999 interview in the magazine with Indian glaciologist Syed Hasnain as the source of the claim. Hasnain told the magazine last week that "it is not proper for IPCC to include references from popular magazines or newspapers".

Additional reporting: Ian Wylie


---「25年後にヒマラヤ氷河消失」根拠なし? 英紙が報道---
2010年1月19日14時30分
http://www.asahi.com/science/update/0119/TKY201001190203.html

 【ワシントン=勝田敏彦】国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が2007年に出した第4次評価報告書で、ヒマラヤの氷河が「このまま地球温暖化が続くと、2035年までに消失する可能性が非常に高い」とした記述について科学的根拠がなかったと、英紙サンデー・タイムズが17日付で報じた。
 IPCC報告書は世界の一線の研究者約1千人が学術雑誌に掲載された論文やデータなどを元に作成しており、これだけで報告書の結論が揺らぐものではないが、地球温暖化懐疑派の攻撃材料がまた一つ増えることになる。
 同紙によると、報告書のこの記述は、一般向け英科学誌「ニューサイエンティスト」が1999年に掲載したインドの科学者への電話インタビューが根拠だったが、この科学者が「憶測だった」ことを認めたという。この記述は、世界自然保護基金(WWF)が05年に作成した報告書のデータにも使われ、第4次報告書はWWFの報告書を参考文献にしていた。
 世界気象機関(WMO)と国連環境計画(UNEP)の呼びかけで89年に設立されたIPCCの影響力は大きく、07年にはノーベル平和賞をゴア米元副大統領と共同受賞している。
 英紙テレグラフは、IPCCのパチャウリ議長が、温室効果ガスの排出量取引などでもうけている銀行の顧問なども務め、その報酬はパチャウリ氏が理事長を務める団体に振り込まれていると報じている。同紙はパチャウリ氏のIPCC議長としての活動が、団体の活動拡大につながった可能性を示唆。「利益相反」の疑いに言及している。
 IPCC報告書に関しては昨年11月にも、基礎になった気温データで温暖化を誇張したとも受け取れる研究者間の電子メールのやりとりが盗み出される騒ぎ「クライメートゲート」が発覚している。

2010年1月23日土曜日

米国 核兵器は抑止力か

核兵器を抑止力とする主張があった。
 キッシンジャー、シュルツ、ペリー、ナンは、米国の保有する核兵器数
が減少している現在、核戦力の保守や安全管理に予算を振り向けて信頼性
を保ち、十分な抑止力を保つことが肝要と訴えた。

4人は過去に核廃絶を提唱した。
「核兵器・物資や知識の拡散が加速している」と情報共有も呼び掛けた。

オバマの主張する「核なき世界」のため、核兵器を維持する予算を削減
すれば、科学者の削減となり、最終的には核兵器は放置となると言う論法
のようだ。事業仕分けの「スーパーコンピュータ予算」と同じに見える。

情報の明暗
・テキサスの核兵器製造工場付近で、銃所有者二名が迷彩服を着用し。
 身を隠しながら、工場に接近し、工場が一時閉鎖した報道があった。
 結果は、カモ狩猟者の情報が確認でき、工場は再開された。

・昨年のクリスマスには、航空機テロ未遂があり、情報が未整理でテロ
 阻止が、できなかった事件があった。

核兵器が抑止力となる条件はいくつかある。
核兵器保有国は、核兵器未保有国にとって抑止力となる。
親米国が管理する核兵器保有国は、米国が抑止力となる。
親米国が管理しない核兵器保有国は、米国にとって抑止力となる。
核兵器使用者(実験)による被害者が、核兵器使用者にとって抑止力となる。
しかし、核兵器未保有国でも、被害を知らない者は、抑止力とはならない。
他にもあるかもしれない。

オバマの広島・長崎訪問となれば、米軍関係者の多くの人は、「大東亜
戦争での原爆投下は、正しい選択ではない」と認めることになる。
米国民の不満である社会主義、不景気(高失業率)、増税(国民皆保険)に
加え、軍士気低下が加わる。
オバマにとって、
「変革は私達の順番だ」
「そう、みんなができる」
と言う言葉が身にしみることになるかもしれない。


オバマ大統領 広島訪問したい


Part 1: Scott Brown (R) Gives Victory Speech In Massachusetts Senate Race - 01/19/10


Part 2: Scott Brown (R) Gives Victory Speech In Massachusetts Senate Race - 01/19/10


Part 3: Scott Brown (R) Gives Victory Speech In Massachusetts Senate Race - 01/19/10


オバマの戦争論

---「広島に行ってみたい」とオバマ大統領 秋葉市長らと面会---
2010.1.22 09:47
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100122/amr1001220950007-n1.htm

 【ワシントン=犬塚陽介】オバマ米大統領は21日、訪米中の秋葉忠利広島市長ら全米市長会議の参加者とホワイトハウスで面会した。秋葉市長が広島訪問を要請するとオバマ大統領は「行きたいと思う」と返答した。秋葉市長が明らかにした。ただ、具体的な時期などについての言及はなかったという。
 核兵器の廃絶を訴えるオバマ大統領は、広島、長崎の被爆地訪問に当初から強い関心を示しており、昨年11月の初訪日の際にも訪問案が浮上。最終的に実現は見送られたが、オバマ大統領は「広島と長崎を将来訪れることができたら非常に名誉なこと。私には非常に意味があることだ」と日米首脳会談後の会見で語っていた。
 だが、米国内には「原爆投下は戦争終結のためやむを得なかった」との声も根強く、大統領の被爆地訪問は退役軍人などからの激しい反発も予想される。このため、秋葉市長はオバマ大統領に「来るときには皆の祝福を受けられる環境を整えたい」と述べ、広島市としても関係機関との協議を積極的に進めていく意向を伝えた。


---核抑止力保持へ管理の徹底を 米国の元国務長官ら4人が訴え---
2010.1.21 13:00
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100121/amr1001211300009-n1.htm

 米国のキッシンジャー、シュルツ両元国務長官、ペリー元国防長官、ナン元上院議員は20日、米国の保有する核兵器数が減少している現在、核戦力の保守や安全管理に予算を振り向けて信頼性を保ち、十分な抑止力を保つことが肝要と訴えた。同日付のウォールストリート・ジャーナル紙に寄稿した。
 4人は2007年に核廃絶を提唱したことでも知られるが、他国が核保有を続ける限り米国は「抑止力を保持することが必要」と主張。一方で「核兵器・物資や知識の拡散が加速している」として、核保有国と安全管理策などについての情報共有も呼び掛けた。
 バイデン副大統領は寄稿を受けて同日発表した声明で「米国が現在直面している最大の脅威は、核兵器が(現在保有していない)国家やテロリストに渡ることだ」と言及した。(共同)


---「核なき世界、人々の意志がつくる」 広島市長が米首都で訴え---
2010.1.21 11:04
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100121/amr1001211105004-n1.htm

 訪米中の秋葉忠利・広島市長は20日午後(日本時間21日午前)、首都ワシントンのホテルで開かれた全米市長会議のレセプションであいさつし、同日面会したミシェル・オバマ米大統領夫人の言葉を引き合いに「オバマ大統領が提唱した『核なき世界』に向けて決定的に重要なのは人々の意志だ」と訴えた。
 秋葉氏は集まった全米の市長らに対し、世界約3500の都市で構成する平和市長会議(会長・秋葉氏)に参加し、2020年までに核廃絶を実現する「意志」を示すことを要請。「今年5月の核拡散防止条約(NPT)再検討会議に向けて5千都市、つまり10億人の市民の参加を目指している。皆さんが核なき世界をつくる指導者になってほしい」と強調した。
 秋葉氏は21日に全米市長会メンバーとともにホワイトハウスでオバマ大統領と面会する予定。(共同)


---How to Protect Our Nuclear Deterrent---
JANUARY 19, 2010, 7:09 P.M. ET
By GEORGE P. SHULTZ, WILLIAM J. PERRY, HENRY A. KISSINGER, AND SAM NUNN
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704152804574628344282735008.html

Maintaining confidence in our nuclear arsenal is necessary as the number of weapons goes down.

The four of us have come together, now joined by many others, to support a global effort to reduce reliance on nuclear weapons, to prevent their spread into potentially dangerous hands, and ultimately to end them as a threat to the world. We do so in recognition of a clear and threatening development.

The accelerating spread of nuclear weapons, nuclear know-how, and nuclear material has brought us to a tipping point. We face a very real possibility that the deadliest weapons ever invented could fall into dangerous hands.

But as we work to reduce nuclear weaponry and to realize the vision of a world without nuclear weapons, we recognize the necessity to maintain the safety, security and reliability of our own weapons. They need to be safe so they do not detonate unintentionally; secure so they cannot be used by an unauthorized party; and reliable so they can continue to provide the deterrent we need so long as other countries have these weapons. This is a solemn responsibility, given the extreme consequences of potential failure on any one of these counts.

For the past 15 years these tasks have been successfully performed by the engineers and scientists at the nation's nuclear-weapons production plants and at the three national laboratories (Lawrence Livermore in California, Los Alamos in New Mexico, and Sandia in New Mexico and California). Teams of gifted people, using increasingly powerful and sophisticated equipment, have produced methods of certifying that the stockpile meets the required high standards. The work of these scientists has enabled the secretary of defense and the secretary of energy to certify the safety, security and the reliability of the U.S. nuclear stockpile every year since the certification program was initiated in 1995.

The three labs in particular should be applauded for the success they have achieved in extending the life of existing weapons. Their work has led to important advances in the scientific understanding of nuclear explosions and obviated the need for underground nuclear explosive tests.

Yet there are potential problems ahead, as identified by the Strategic Posture Commission led by former Defense Secretaries Perry and James R. Schlesinger. This commission, which submitted its report to Congress last year, calls for significant investments in a repaired and modernized nuclear weapons infrastructure and added resources for the three national laboratories.

These investments are urgently needed to undo the adverse consequences of deep reductions over the past five years in the laboratories' budgets for the science, technology and engineering programs that support and underwrite the nation's nuclear deterrent. The United States must continue to attract, develop and retain the outstanding scientists, engineers, designers and technicians we will need to maintain our nuclear arsenal, whatever its size, for as long as the nation's security requires it.

This scientific capability is equally important to the long-term goal of achieving and maintaining a world free of nuclear weapons-with all the attendant expertise on verification, detection, prevention and enforcement that is required.

Our recommendations for maintaining a safe, secure and reliable nuclear arsenal are consistent with the findings of a recently completed technical study commissioned by the National Nuclear Security Administration in the Department of Energy. This study was performed by JASON, an independent defense advisory group of senior scientists who had full access to the pertinent classified information.

The JASON study found that the "[l]ifetimes of today's nuclear warheads could be extended for decades, with no anticipated loss in confidence, by using approaches similar to those employed in Life Extension Programs to date." But the JASON scientists also expressed concern that "[a]ll options for extending the life of the nuclear weapons stockpile rely on the continuing maintenance and renewal of expertise and capabilities in science, technology, engineering, and production unique to the nuclear weapons program." The study team said it was "concerned that this expertise is threatened by lack of program stability, perceived lack of mission importance, and degradation of the work environment."

These concerns can and must be addressed by providing adequate and stable funding for the program. Maintaining high confidence in our nuclear arsenal is critical as the number of these weapons goes down. It is also consistent with and necessary for U.S. leadership in nonproliferation, risk reduction, and arms reduction goals.

By providing for the long-term investments required, we also strengthen trust and confidence in our technical capabilities to take the essential steps needed to reduce nuclear dangers throughout the globe. These steps include preventing proliferation and preventing nuclear weapons or weapons-usable material from getting into dangerous hands.

If we are to succeed in avoiding these dangers, increased international cooperation is vital. As we work to build this cooperation, our friends and allies, as well as our adversaries, will take note of our own actions in the nuclear arena. Providing for this nation's defense will always take precedence over all other priorities.

Departures from our existing stewardship strategies should be taken when they are essential to maintain a safe, secure and effective deterrent. But as our colleague Bill Perry noted in his preface to America's Strategic Posture report, we must "move in two parallel paths-one path which reduces nuclear dangers by maintaining our deterrence, and the other which reduces nuclear dangers through arms control and international programs to prevent proliferation." Given today's threats of nuclear proliferation and nuclear terrorism, these are not mutually exclusive imperatives. To protect our nation's security, we must succeed in both.

Beyond our concern about our own stockpile, we have a deep security interest in ensuring that all nuclear weapons everywhere are resistant to accidental detonation and to detonation by terrorists or other unauthorized users. We should seek a dialogue with other states that possess nuclear weapons and share our safety and security concepts and technologies consistent with our own national security.

Mr. Shultz was secretary of state from 1982 to 1989. Mr. Perry was secretary of defense from 1994 to 1997. Mr. Kissinger was secretary of state from 1973 to 1977. Mr. Nunn is former chairman of the Senate Armed Services Committee.


---米唯一の核兵器製造・解体施設が一時閉鎖と、治安問題の発生で---
2010.01.16 Web posted at: 14:03 JST Updated - CNN
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN201001160006.html

(CNN) 米テキサス州南部のカーソン郡にある核兵器製造や解体を行うパンテックス施設が15日午前、治安対策上の問題が起きたとして一時閉鎖される騒ぎがあった。同施設は声明を出したが、発生したとする問題の内容には触れていない。

核安全保障局(NNSA)によると、職員の報告を受けての施設閉鎖で、職員は一時、退避施設に入ったという。

施設の敷地内に銃を持ったハンターが侵入したため閉鎖されたとの情報がある。2人を調べたところ危険を与える事態にはならないことが確認されたという。、

同施設はアマリロから北東へ約27キロ離れた地点にあり、米国では唯一、核兵器製造、解体に当たっている。エネルギー省、NNSAとの契約でB&W Pantex社が運営しているという。

---Duck Hunters Cause Alarm at Nuclear Weapons Facility---
Wednesday, Jan. 20, 2010
http://www.globalsecuritynewswire.org/gsn/nw_20100119_8267.php

A nuclear weapons facility in Texas was temporarily under heightened security Friday after two duck hunters were seen in the area, Reuters reported (see GSN, Jan. 14).

Supervised by the U.S. Energy Department, the Pantex Plant is the sole U.S. facility for assembly and disassembly of nuclear weapons.

A state official said the lockdown was merely a safety measure and that the weapon-wielding hunters posed no threat to any arms at the plant.

"There was not a threat to the Pantex plant assets, workers, or the public, and the plant is now returning to normal operations," the company stated.

The incident occurred when two hunters were seen in camouflage clothing near the facility, said Carson County Sheriff Tam Terry. They were arranging duck decoys and constructing a blind when law officials arrived on the scene, according to Terry.

"They were very cooperative and compliant," Terry said. "We identified them. We checked their criminal history" (Chris Baltimore, Reuters, Jan. 15).


---Hunters cause scare at nuclear bomb plant---
Associated Press
Jan. 15, 2010, 1:03PM
http://www.chron.com/disp/story.mpl/metropolitan/6817730.html

AMARILLO - Two goose hunters caused a security lockdown at the nation's only nuclear weapons assembly and disassembly plant near Amarillo.

Carson County Sheriff Tam Terry says two hunters were spotted today about two miles south of the Pantex site by some employees as they headed to work.

The employees reported the hunters to plant officials, who then called Terry's office and asked for an investigation.

Terry says the hunters turned out to be Department of Energy employees assigned to the plant. Both were found to be hunting legally in an area not on plant property.

Pantex, in a news release late this morning, said the security issue at the plant had been resolved. An earlier statement said the plant was responding to concerns reported by Pantex employees.


---Texas: Goose Hunters Shut Nuclear Plant---
By THE ASSOCIATED PRESS
Published: January 15, 2010
http://www.nytimes.com/2010/01/16/us/16brfs-GOOSEHUNTERS_BRF.html

Two goose hunters inadvertently caused a security lockdown at the nation’s only nuclear weapons assembly and disassembly plant. Employees on their way to work at the plant saw two people in camouflage carrying rifles about two miles south of the Pantex plant near Amarillo and notified plant officials, who then closed the plant for a couple of hours. The hunters turned out to be Department of Energy employees assigned to the plant. They were hunting legally and were not on plant property.

2010年1月22日金曜日

米メットライフ 米アリコ買収か

米メットライフが、米アリコを買収らしい。
 AIG傘下の生保アリコをめぐり、米生保大手メットライフが140億~
150億ドル(約1兆2800億~約1兆3700億円)で買収する方向で詰めの交渉
に入った。数週間以内の合意を目指しているが、決裂の可能性もある。

メットライフは、アリコの日本市場(昨年5位)、アリコとアフラックが
開拓した米生保式市場と日本郵政のかんぽのおこぼれが目的のようだ。
現在、米国の生保市場の拡大が困難なため、日本市場への進出を狙った
らしい。メットライフは、AIGの足元を見ながら、1兆円以上出して買収
しても、経営が安定するようだ。サブプライムの影響は無かったのだろ
うか。

アリコ 国際犯罪で捜査進まず


snoopy metlife


Peanuts "Ice Skating" Metlife Commercial

---アリコ買収交渉大詰め 米生保メットライフ---
2010年1月20日 10時21分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010012001000153.html

 【ニューヨーク共同】米政府の管理下で経営再建を進めている米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)傘下の生保アリコをめぐり、米生保大手メットライフが140億~150億ドル(約1兆2800億~約1兆3700億円)で買収する方向で詰めの交渉に入った、と米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)が19日伝えた。数週間以内の合意を目指しているが、決裂の可能性もある。
 両社の交渉は昨年春以降、断続的に続いてきたが条件面で折り合わず難航。金融市場が安定してきたのを背景に、メットライフが買収資金を調達しやすくなり交渉が本格化したとみられる。
 メットライフは米国生保市場で13%の市場占有率(シェア)を持ちトップ。日本などで実績を持つアリコ買収で国際戦略を強化する。
 リーマン・ショックで経営危機に陥り米政府に救済されたAIGは、公的資金返済のために資産売却を急いでいる。メットライフと合意できない場合には、アリコ株式を上場させる方向。


---MetLife Bets on Restoring Alico's Reputation---
JANUARY 20, 2010, 7:18 P.M. ET
By ALISON TUDOR And ATSUKO FUKASE
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704320104575014834281436288.html?mod=WSJ_Markets_section_Deals#articleTabs%3Darticle

TOKYO-MetLife Inc.'s multibillion-dollar pursuit of American International Group Inc.'s Alico unit marks a bet that the No. 1 life insurer in the U.S. can restore the dented reputation of a company highly dependent on the troubled economy of Japan.

Alico, formally known as American Life Insurance Co., generates about 70% of its revenue globally from Japan, having built a business over four decades in selling cancer and medical policies.

The AIG unit has suffered in recent years from the calamitous problems of its parent, an accidental leak of sensitive customer information, and a weak financial environment that has chased other U.S.-based firms from the market.

But MetLife would also be acquiring a business that has considerable residual strengths in Japan and would be entering a market that, with a rapidly aging population, could offer fresh growth opportunities, despite the broader economic weakness.

"Alico still has a strong sales channel and a brand, so if MetLife acquires Alico's operations, its credibility will be restored," said Masao Muraki, an analyst at Daiwa Capital Markets.

The AIG unit distributes its products through financial institutions, mail-order service, agencies and consultants. It had about 200 offices, 4,600 consultants and 10,000 agents in Japan as of the end of March.

Alico started in Japan in the 1970s and became one of the country's leading insurers by hawking its products on television commercials-a radical move for an insurer in the 1980s. It also tapped over-the-counter sales in banks and, more recently, online. According to a corporate-image survey in 2008, Alico Japan's name recognition among the public was 99.2%.

However, its brand has had to endure uncertainty in the wake of AIG's near collapse and the U.S. government rescue. AIG had to pump capital into Alico in 2008 and 2009 after AIG's liquidity woes led to credit-rating downgrades and steep declines in the parent company's stock price.

In 2007, Alico and two smaller Japanese life insurance units of AIG generated total revenues of $18.2 billion, according to AIG's financial statements. A year later, revenue from these businesses fell 46%, mainly because of capital losses and lower net investment income. Still, premiums and other considerations for the businesses rose 17% year-on-year to $14.5 billion in 2008.

Alico's ranking in terms of premiums fell to No. 5 as of March from No. 4 a year earlier. For the six months ended Sept. 30, Alico Japan saw premium income fall 16%. AIG companies in Japan are phasing out the AIG brand on documentation including business cards to try to minimize the fallout.

Customer confidence in Alico was also dented when, in March 2008, credit-card information involving 32,359 Alico clients was taken from a computer terminal at a Chinese contractor.

In the following months, the life insurer received inquiries from more than a thousand policyholders worried they had been billed for purchases they hadn't made.

The incident prompted the local financial regulator to call on Alico to check its internal controls on policyholders' personal information.

The financial crisis has damaged business for foreign firms across the Japanese market. Prudential PLC this month decided to stop new policy sales by its Japanese life-insurance business.

But Alico Japan officials say they have already started to recover from the disgrace of their parent. "Financial institutions have gradually restarted sales after understanding that we are on a clear path toward independence and appreciating that we took good care of our customers," said Ai Otsu, a spokeswoman.

And executives within the AIG group still believe there is growth potential in the country's cancer- and medical-insurance sectors, especially as demand is fueled by the aging population.

Alico rival Aflac has developed a substantial presence in Japan, as well. Aflac generates about 70% of its revenue in Japan and is the No. 1 seller of cancer-insurance products in the country.

In contrast, MetLife has a small presence in Japan. It distributes variable-annuity products over the network of a domestic company, Mitsui Sumitomo Insurance Group Holdings.

A MetLife purchase of Alico would signify the U.S. insurance industry's interest in exporting its knowledge of sophisticated insurance products across a wide array of countries.

It won't necessarily be easy. Variable annuities are a hard sell in Japan now, because conservative consumers are worried about equity markets' volatility. The local unit of U.S.-based Hartford Financial Services Group was a large seller of annuities in Japan but decided to stop selling new policies last year.

One possible new threat to foreign insurers in Japan could come from a recent decision by the new government to scrap the planned privatization of the postal system. Controlling assets valued at 304 trillion yen ($3.34 trillion), Japan Post Holdings Co. is one of the world's largest financial institutions. Had it been privatized, Japan Post likely would have shrunk in size and lost most of its government backing.

Japan Post has begun to diversity its product offerings and is weighing entry into a growing array of insurance products, notably cancer insurance. Foreign insurers fear the reversal will leave them facing market-distorting competition from a government-backed rival.
-Leslie Scism
contributed to this article.


---アリコ買収交渉大詰め 米紙報道---
2010.1.20 09:46
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100120/fnc1001200946004-n1.htm

 米政府の管理下で経営再建を進めている米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)傘下の生保アリコをめぐり、米生保大手メットライフが140億~150億ドル(約1兆3700億円)で買収する方向で詰めの交渉に入った、と米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)が19日伝えた。数週間以内の合意を目指しているが、決裂の可能性もある。
 両社の交渉は昨年春以降、断続的に続いてきたが条件面で折り合わず難航。金融市場が安定してきたのを背景に、メットライフが買収資金を調達しやすくなり交渉が本格化したとみられる。
 メットライフは米国生保市場で13%の市場占有率(シェア)を持ちトップ。日本などで実績を持つアリコ買収で国際戦略を強化する。(共同)


---米AIG、メットライフへのアリコ売却交渉が進展した段階に-WSJ---
更新日時: 2010/01/20 06:33 JST
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=aoCFCUgIFqp8
 1月19日(ブルームバーグ):米保険会社アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)は、海外の生命保険部門アメリカン・ライフ・インシュアランス(アリコ)を米生保最大手メットライフに売却することで交渉が進展した段階にある。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ、オンライン版)が19日報じた。実現すれば、AIGの資産売却としては、同社が米国政府に救済されて以来最大規模となる。
 WSJによると、AIGはアリコを140億-150億ドル(約1兆2800億-1兆3700億円)で売却する見込み。AIG広報担当のマーク・ハー氏はコメントを控えた。メットライフ広報のクリストファー・ブレスリン氏は、自社の目標達成のために「M&A(合併・買収)は必要ない」と述べた上で、いかなるM&Aも「財務面で魅力的」でなければならないとの見解を示した。
 予想されるアリコ売却額は、AIGが2008年9月に米政府に救済されて以来発表した20件を超える資産売却の合計額を上回る。AIGは昨年12月、米連邦準備制度理事会(FRB)に対する債務を250億ドル削減するため、海外の2つの生保部門であるアリコとアメリカン・インターナショナル・アシュアランス(AIA)の株式を特別目的会社に移管した。
 アリコは欧州や中南米、カリブ海諸国、中東、日本を含む50カ国で事業を展開する。
 WSJによると、残りの条件をめぐる交渉が決裂しない限り、売却合意は向こう数週間以内に発表される可能性がある。AIGはアリコの売却あるいは新規株式公開(IPO)で調達する資金のうち、約90億ドルをFRBへの公的資金返済に充てる方針を示している。
 AIGのロバート・ベンモシュ最高経営責任者(CEO)はかつて、メットライフのトップを務めたことがある。AIGが昨年8月に公表した利益相反を避けるための指針によれば、同CEOはメットライフとの交渉には参加しない。


---A.I.G. Unit May Be Sold to MetLife---
By MARY WILLIAMS WALSH and MICHAEL J. de la MERCED
Published: January 19, 2010
http://www.nytimes.com/2010/01/20/business/20aig.html

MetLife, where Robert H. Benmosche made his mark as an insurance executive, has emerged as the lead bidder for a major subsidiary of the American International Group, where Mr. Benmosche is now chief executive.

The deal, if it goes through, would help pay off $9 billion of A.I.G.’s rescue debt to the government, and possibly more, depending on the price. Attempts to sell the unit, considered one of the insurer’s most valuable properties, have faltered for more than a year because of what A.I.G. called fire-sale bids during the financial crisis.

Under the terms now being discussed, MetLife would pay about $14 billion to $15 billion for the A.I.G. subsidiary, which has an attractive foothold in fast-growing Asian markets, according to people briefed on the negotiations. That price suggests a handsome premium, although insurance company values can be difficult to judge, and prices have gyrated in the last two years.

Separately, the chairman of the Federal Reserve Board called on Tuesday for a federal audit of the central bank’s role in A.I.G.’s bailout, hoping to quell persistent questions and criticism.

When he took over A.I.G. last August, Mr. Benmosche signed a commitment not to exert undue influence on transactions with his former company. At the time he joined A.I.G. he held 500,000 shares of MetLife stock, with options for 2.1 million more shares. His A.I.G. compensation package is intended to reward him if the company’s stock price rises consistently over a period of time. Its stock rose slightly on Tuesday, on word of the possible asset sale.

An A.I.G. spokesman, Mark Herr, said the company would not comment on the talks.

A MetLife spokesman, John Calagna, said it was the company’s policy not to comment on what he called “rumors or speculation.” He added, however, “MetLife does not need to enter into any M.& A. transaction to meet its business objectives, and, as we’ve previously stated, our philosophy regarding M.& A. activity is that any deal MetLife pursues would be strategically important and financially attractive to our shareholders.”

MetLife is one of just a small number of insurance companies with the resources for an acquisition of this scale. It took advantage of a special federal program to tap the capital markets in 2008, but did not borrow from the Treasury’s Troubled Asset Relief Program, and said it passed the government’s “capital assessment exercise,” known as the stress test.

A.I.G. has already arranged to give the Federal Reserve Bank of New York the first $9 billion it receives from any sale of the subsidiary, the American Life Insurance Company, known as Alico. Those funds are to redeem $9 billion worth of preferred stock now held in a special-purpose vehicle for the New York Fed.

Any additional proceeds from the sale of Alico would go toward paying down part of a separate, $35 billion credit facility from the New York Fed - the remains of its original bailout loan to A.I.G. in September 2008.

The New York Fed would still have exposure to A.I.G. through two funds, Maiden Lane II and Maiden Lane III, which it created to help the insurer unwind about $50 billion worth of soured investments. And it has been promised the first $16 billion from the sale of another of A.I.G.’s big Asian life insurance companies, called A.I.A., on the Hong Kong stock exchange later this year.

Even now, any deal between A.I.G. and MetLife is probably at least two to three weeks away, and could still fall through, according to the people briefed on the negotiations. MetLife has made offers for Alico before and been rebuffed.

People who follow the insurance industry said that on the basis of numbers alone, MetLife’s offer was strong. American life insurance companies typically change hands at about 1.4 times their book value, according to Douglas J. Elliott, a fellow at the Brookings Institution and a former investment banker who specialized in insurance companies.

Alico’s book value at the end of 2008 was a little less than $4 billion, according to a regulatory filing with its home state, Delaware. That suggests a bidder might try to get away with offering just $5.6 billion.

Mr. Elliott called the $14 billion to $15 billion range “a very high multiple.”

“But these are international operations, and they have footholds in potentially some quite fast-growing parts of the world,” he said. “The emerging markets, like China and India, are seen as potentially huge, profitable markets.”

Andrew Ross Sorkin contributed reporting.

2010年1月21日木曜日

Aurora Gmail Attacks

AuroraウィルスによるGmail攻撃は内部犯行説があるようだ。
Googleが、知的財産の窃盗につながる同社ネットワークへのサイバー
攻撃に、中国オフィスの従業員が関与していたかどうかを調査中である
ことが、明らかになった。

中国に対抗しようとしたそもそもの原因である人権問題活動家mailの攻撃
は、2年続き、Google china従業員の関与があったようだ。
報道によると、関与の理由は、従業員で休暇を取らされたり移籍させられ
たりした者がいるとしている。中国を発信元としてYahoo、Symantec、
Juniper Networks、Dow Chemical、Northrop Grummanなど30社以上が狙わ
れたらしい。
人権活動家は、外国人特派員も含むようだ。

詳細は不明だが、中国から見るとインターネットは、機密扱いなのかもしれ
ない。機密を侵害するものは、影で、工作員が工作を行い、思い通りに管理
する。
現実を知らずに、入国し、事業展開したので、Googleを懲罰的扱いしたとも
取れる。
MSNは、工作員の工作が巧みなのか、工作員を特別扱いしているのかもしれ
ない。
中国で雇用する中国人の身元調査は完全には不可能だろうし、リスクコント
ロールしながら、業務に励むしかないだろう。

毒ギョーザ事件にしても、捜査は縮小したし、アリコのクレジットカード
情報漏えい事件は、進展しない。
日本、米国、韓国、インド、イラン等中国からのネット攻撃の被害国。
利益を考えれば国家的犯罪と思われるスペースシャトル、F35等の軍事情報
窃盗等上げれば切りがない。愛国無罪だから、法律があったところで罰せら
れない。
ONE CHINA、ONE WORLDだから、人の物も自分の物なのだろう。
専制国家と民主主義国家では違いが大きすぎる。

中国 毒ギョーザ事件捜査縮小へ
アリコ 国際犯罪で捜査進まず
F35 設計情報流出
中国 スパイ行為で中国版スペースシャトル開発か

---ネットは人権問題 グーグル問題 米が中国と協議---
2010年1月20日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010012002000230.html

 【ワシントン=岩田仲弘】キャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は十九日の記者会見で、米検索大手グーグルへのサイバー攻撃に関して「中国政府はこの問題について説明する立場にある。実際説明を求めており、今後も話し合う予定だ」と、中国当局と協議を重ねていることを明らかにした。さらにクリントン国務長官が二十一日に、インターネットの自由に関して演説を行うことも表明した。
 キャンベル次官補は「サイバー空間で信頼性を確保することは現代において不可欠だ。大統領は昨年の訪中で、ネットの自由を人権問題の中核と位置付けた」と述べ、問題を深刻に受け止めていることを強調した。


---ハッカーの最大被害者は中国 中国外務省、グーグル問題で反論---
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20100119ATGM1902Z19012010.html

 【北京=佐藤賢】中国外務省の馬朝旭報道局長は19日の記者会見で、インターネット検索最大手の米グーグルが中国からのサイバー攻撃などを理由に中国撤退を検討していることに関し「中国でネットに接続するパソコン10台のうち8台はサイバー攻撃を受けたことがある。2008年に中国本土で海外から受けたハッカー攻撃は前年比148%増だった」と指摘。ハッカー攻撃の最大の被害者だとの認識を示した。「中国は法律でいかなるサイバー攻撃も厳格に禁止している」とも語った。(19日 22:59)


---China says Google "no exception" to law---
Editor: Fang Yang
English.news.cn 2010-01-19 19:51:10
http://news.xinhuanet.com/english2010/china/2010-01/19/c_13142941.htm

BEIJING, Jan. 19 (Xinhua) -- A Chinese government official said Tuesday that Google was "no exception" in observing China's laws and shouldering its social responsibilities.

"Foreign companies in China should respect the laws and regulations, respect the public interest of Chinese people and China's culture and customs and shoulder due social responsibilities," said Foreign Ministry spokesman Ma Zhaoxu at a regular press briefing.

"There is no exception for Google," said Ma.

Ma's remarks came just a week after Google said it might quit China, citing disagreements with government policies and unidentified attacks targeting Google's services in China.

Ma said China's Internet was open and managed in accordance with the law.

China had the most Internet users in the world, and it "encourages the use and development of the Internet," said Ma.

He said China would continue to create a favorable investment environment for foreign companies, including Internet firms, and to protect their legitimate rights.

"China welcomes international investors conducting business within the country according to the law," said Ma.

In response to a question on hacker attacks, Ma said China itself was the victim country of cyber attacks.

"China's Internet is seriously threatened by cyber attacks like other countries," he said.

According to the Internet Society of China, the number of cyber attacks from abroad saw a year-on-year increase of 148 percent in 2008. The website of China's largest search engine, Baidu.com, had been temporarily paralyzed on Jan. 12 in the worst attack since it was established.

China firmly opposed and prohibited hacker attacks, Ma said.

Ma also refuted the report that the computer system of the Indian government was attacked by a Chinese hacker, saying the report was "groundless."

Also on Tuesday, Google China posted an entry on its own Chinese-language blog, www.googlechinablog.com, saying that Google China employees were currently working "as usual" in their Beijing offices.

"We have heard quite a number of rumors in the past few days saying that Google has already closed its China office. Some other rumors had it that Google China employees had been notified to leave their jobs in the near future," read the entry, "These rumors are not true."

Although the Internet giant had recently announced that it would negotiate certain issues with the Chinese government in the coming weeks, Google China's employees were still trying to provide the best products and services for their clients as usual, it said.


---中国、外国人記者にハッカー攻撃---
2010.1.19 11:30
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100119/chn1001191132002-n1.htm

 北京の中国外国人記者クラブ(FCCC)によると、同クラブ会員の北京駐在記者が使用している米検索大手、グーグルの電子メールサービス「Gメール」が19日までにハッカーの攻撃を受けた。グーグルが中国からサイバー攻撃を受けたとされる問題に関連しているとみられ、FCCCはメールなどを通じ会員に注意を呼び掛けた。
 ハッカー攻撃を受けたのは外国メディア数社の記者で、AP通信によると同社の記者1人も含まれる。
 FCCCには、40カ国以上の記者や外交関係者ら400人以上が入会している。(共同)


---中国発のサイバー攻撃、グーグルが内部関係者関与の疑いを調査中か---
2010年1月19日
http://www.asahi.com/digital/cnet/CNT201001190025.html

UPDATE Googleが、知的財産の窃盗につながる同社ネットワークへのサイバー攻撃に、中国オフィスの従業員が関与していたかどうかを調査中であることが、CNET Newsによる取材で明らかになった。
 調査に詳しい複数の情報筋は先週取材に応え、Googleの内部関係者が攻撃に関与したかどうかを同社で調査中だと語ったが、それ以上の詳細はこの時点では明らかになっていなかった。
 この情報筋によれば、Googleへの多面的な攻撃に内部関係者が関与した可能性があったという。
 Reutersは現地時間1月18日、地元メディアの報道と匿名情報筋の話として、Googleの中国オフィスの従業員で休暇を取らされたり移籍させられたりした者がいると報じている。ネットワークセキュリティの確認を目的としてテストとスキャンを実行するために、中国オフィスの従業員は一時的にネットワークから遮断されていると、調査に詳しい複数の情報筋がCNET Newsに語っている。
 Googleの広報担当者は、攻撃の詳細に関するコメントを避けた。
 Googleへの攻撃で利用されたのは「Internet Explorer(IE)」に存在するセキュリティホールで、この脆弱性を狙った悪用コードがウェブ上に流出している。ドイツではこのセキュリティホールを修正するパッチが公開されるまで、IEの利用を避けるように国民に注意を呼びかけており、フランスもこれに続いた。フランスのセキュリティ機関である CERTAは15日、ドイツの連邦安全保障局が同日に発表した声明に続いて、IEユーザーに対して今回の脅威を警告する同様の声明を出した。
 情報筋や報道によれば、Googleが同社のネットワークに対する非常に高度なターゲット型攻撃に気づいたのは2009年12月半ばごろのことで、中国を発信元としてYahoo、Symantec、Juniper Networks、Dow Chemical、Northrop Grummanなど少なくとも30社が狙われたという。
 Googleへの攻撃では、2名のユーザーの「Gmail」アカウントが狙われたが、影響を受けた情報はきわめて限定的だったと同社は語った。また同社は、人権問題活動家である複数のGmailユーザーがなんらかの侵害を受け、アカウントが漏洩したことを明らかにしている。
 Googleの電子メールアカウントを侵害された人物の中にはAssociated Press(AP)のテレビレポーターを含む北京在住の外国報道陣が含まれると、1月18日付けNew York Timesが報じている。報道によれば、アカウント設定が変更され、これらの人々に向けて送信された電子メールが他のアドレスに転送されたという。
 これらの攻撃を受けて、Googleは中国でのウェブ検索結果に関する検閲を中止し、中国での事業から撤退する可能性があることを明らかにした。
 Microsoftは先週末、攻撃者がGoogleネットワーク上のコンピュータにアクセスするために使ったのは、IEに新たに見つかったセキュリティホールを悪用したソフトウェアだったことを認めた。特に今回の攻撃で狙われた「IE6」に影響するゼロデイホールの悪用コードは、現在インターネット上に出回っている。IE6もしくは「IE7」を利用しているユーザーは直ちに「IE8」へアップグレードするようにMicrosoftは勧めている。
 この調査に詳しい情報筋が推測するところによれば、攻撃者はマルウェアをホスティングしているウェブサイトへのリンクを電子メールに埋め込んで、管理者もしくはGoogleネットワークの特定箇所へのアクセスを認証する立場の人々に送信したものとみられている。電子メールが関係者から送信されたように見えたとしたら、ターゲットとなった受信者が、リンク先をクリックしてコンピュータが感染する確率は高まる。企業への攻撃の少なくとも一部では、コンピュータにバックドアをインストールする「Hadraq Trojan」の亜種が使われたと、情報筋は語っている。
 Googleを狙った攻撃に使われたコードを分析すると、悪用者は攻撃の実行名を「Aurora」と呼んでいたことがうかがえると、セキュリティ企業McAfeeは語っている。
 米国務省の報道官によれば、Googleなどの米国企業に対するサイバー攻撃に関して、米国政府は正式な説明を中国に求めるつもりだという。一方でClinton国務長官は21日にもワシントンDCで「インターネットの自由に関する主要方針」を発表するとみられている。


---インド政府、中国からハッキング攻撃を受けたと発言
John Ribeiro/IDG News Serviceバンガロール支局
2010年01月19日
http://www.computerworld.jp/topics/vs/172209.html

今回が初めてではないし、十分な証拠もある
 インドの国家安全保障担当官であるM・K・ナラヤナン(M.K.Narayanan)氏およびそのほかのインド政府関係者によると、インド政府のITシステムが中国に潜伏していると思われるハッカーの攻撃目標にされたという。
 ナラヤナン氏は英国ロンドンのTimes紙に、「われわれのシステムがハッカーに狙われたのはこれが初めてではない」と語った。
 同氏によると、インド政府のシステムに攻撃が仕掛けられたのは2009年12月15日であり、同日には複数の米国企業もシステムに対するハッキングを報告している。
 Googleも先週、2009年12月にハッカーの攻撃を受けたことを明らかにしている。同社の話では、中国国内から仕掛けられたと考えられる巧妙な攻撃が同社のインフラをターゲットに定め、その結果、Googleは知的財産の一部を盗まれたとのことだ。
 インド政府への攻撃では、「トロイの木馬」ウイルスを含むPDFファイルが添付された電子メールが悪用された。ハッカーは、このウイルスに感染したコンピュータに遠隔地からアクセスし、ファイルをダウンロードしたり削除したりすることができると、ナラヤナン氏は説明している。
 今回の件について、ナラヤナン氏およびそのほかの関係者に取材を試みたが、回答まだ得られていない。
 同氏はTimes紙に、「犯人は中国人だと確信している。攻撃の正確な拠点を突き止めるのは難しいが、中国からの攻撃であることは、ほぼまちがいない。われわれには十分な証拠がある」と話している。
 インドと中国は1962年に戦争を始め、両国の国境紛争はこの1年間でさらに悪化した。
 インド政府は、Huawei Technologiesなど、中国系の技術企業がインド国内で事業を営むのを禁止している。また、とりわけ中国との国境付近では、中国ベンダーの通信機器を使用することにはセキュリティ上のリスクが伴うとも言明している。


---Hackers Said to Breach Gmail Accounts in China---
By EDWARD WONG
Published: January 18, 2010
http://www.nytimes.com/2010/01/19/technology/companies/19google.html

BEIJING - Google e-mail accounts of at least two foreign journalists in Beijing have been compromised, a journalists’ advocacy group in China said on Monday, adding that hackers changed Gmail program settings so that all messages would be forwarded to unfamiliar addresses.

The journalists apparently discovered the irregularities after Google announced last week that hackers had tried sophisticated attacks on its security infrastructure. The company suspects that those attacks originated in mainland China.

Google also said that two Gmail accounts had been compromised, adding separately that the e-mail accounts of dozens of people pressing for human rights in China had been hacked.

In response, Google said last week that it would talk to the Chinese government about ending self-censorship of its Chinese-language search engine, Google.cn, and that the company could close down or curtail its operations in China.

The two foreign journalists were among a large number of Gmail users in China who discovered that their accounts had been compromised after Google made its announcement. In many cases, it was unclear when the hackers had broken into the accounts.

The attacks on e-mail accounts were separate from those weeks ago aimed at the security infrastructure of Google and more than 30 other companies and entities, most of them based in Silicon Valley in California.

One of the two journalists is a television reporter in the Beijing bureau of The Associated Press, which has one of the largest foreign news operations in China. E-mail messages in the reporter’s account were being forwarded to an e-mail address that the reporter did not recognize. The reporter said that other people the reporter knew in Beijing had experienced the same kind of attack, though none of the forwarding addresses were the same.

It is not known who was behind the e-mail attacks or whether the Chinese government, whose security forces sometimes closely monitor the activities of foreign journalists, had any involvement.

“We remind all members that journalists in China have been particular targets of hacker attacks in the last two years,” the journalists’ advocacy group, the Foreign Correspondents’ Club of China, said in its announcement concerning the compromised Gmail accounts.

Several human rights advocates in China said last week that their Gmail accounts had been compromised, among them Ai Weiwei, an artist, and Teng Biao, a lawyer.

People in the United States briefed on the investigation of the infrastructure attacks said Google was exploring all options, including the possibility that employees in China or elsewhere could have been involved. But that possibility did not appear to be central to the inquiry.

The people noted that the attacks were highly sophisticated and probably would have been successful whether or not Google had employees in China.

Dan Brody, Google’s first employee in China, who now heads an Internet media investment company in Beijing, said speculation about moles in Google China’s engineering department, while plausible, remained wholly unsupported.

Miguel Helft contributed reporting from San Francisco and Jonathan Ansfield from Beijing.