2010年1月8日金曜日

オバマ 米機テロ未遂は許し難いミス

オバマは米機テロ未遂を「許し難いミス」と批判した。
 オバマ米大統領は、昨年暮れに起きた米旅客機テロ未遂事件に関し、
関係当局は計画を阻止できる十分な情報を把握していながら
「情報の集約と理解に失敗した」と指摘、
「事態は受け入れ難く、許容し得ない」と
当局の対応を厳しく批判した。

米機爆破テロ未遂事件のウマル・ファルーク・アブドゥルムタラブ
容疑者は殺人未遂など六つの罪で起訴された。
「アラビア半島のアルカイダ」が関与認める声明を出した。
元テロ容疑者の比率は約2割と報告がある。

NCTCは、国土安全保障省、FBI、CIA、国防総省の役人で構成されている
ようだ。2004年に30のデータベースにある点の情報をNCTCが、点を結び
つける政策を打ち出したことがそもそもの問題とする批判もあるようだ。

テロは未遂だったが、情報の非共有、派閥争いは当たり前、それに加え、
分析官の不足では、予防策を取れなかったのだろう。
911委員会の勧告により、ブッシュが作ったが、911以前と変わっておらず、
結果的に改悪になったようだ。

NSA、CIA、NSA等が一人分の情報として、各々55万件も作成すれば、
分析するほうもフィルタをかけるかしかない。でも、見落としたとして、
テロ行為が起きたのでは、意味がない。
ソフトウェアによる英構文の意味付けは、結構進んでいたと思ったが、
それでも、情報量の多さに精度が出なかったのだろうか。
違う問題が大きな障害なのかもしれない。

過激宗派が布教

---ナイジェリア人の男起訴 米デルタ機爆破テロ未遂---
2010年1月7日 10時31分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010010701000042.html

 【ニューヨーク共同】米ミシガン州の連邦大陪審は6日、米デルタ機爆破テロ未遂事件のウマル・ファルーク・アブドゥルムタラブ容疑者(23)=ナイジェリア人=を殺人未遂など六つの罪で起訴した。
 AP通信によると、被告は8日にも連邦裁判所に出頭し、罪状認否を行う予定。審理で有罪となれば、終身刑になる可能性があるという。
 起訴状によると、同被告は殺人未遂のほか、大量破壊兵器(爆発物)使用未遂や爆発物所持などの罪にも問われた。
 起訴状には「テロ」という言葉は使われていないが、オバマ米大統領は、イエメンの国際テロ組織アルカイダ系勢力「アラビア半島のアルカイダ」が関与したとの見方を公式に表明している。
 起訴状などによると、被告は昨年12月25日、オランダ・アムステルダム発同州デトロイト行きのデルタ航空機(乗客乗員290人)に乗り、着陸寸前に爆発物で爆破を試みたが、発火するだけで爆破には失敗した。
 被告はPETNと呼ばれる高性能爆薬を詰めた袋を下着に縫い付けて機内に持ち込んでいた。
 事件後に「アラビア半島のアルカイダ」が関与を認める声明を出し、爆発物を被告に渡したことを認めた。


---釈放後に2割がテロ組織に復帰 グアンタナモ収容施設---
2010年1月7日 11時02分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010010701000218.html

 【ワシントン共同】キューバ・グアンタナモ米海軍基地の収容施設から釈放後、国際テロ組織アルカイダなどの武装組織に復帰する元テロ容疑者の比率が、約20%に増加したことが6日分かった。複数の米メディアが国防総省の秘密報告書の内容として報じた。
 オバマ大統領はグアンタナモの収容施設閉鎖を優先政策に位置付けているが、テロ組織への復帰増加は閉鎖に反対する保守派を勢いづけそうだ。
 国防総省の推定では、テロ組織への復帰率は2008年12月には11%、昨年4月には14%だった。モレル報道官は同日の記者会見で、最新の比率は明かせないとした上で「(増加する)傾向は変わっていない」と認めた。
 グアンタナモには01年10月のアフガニスタン攻撃開始後、アルカイダのメンバーら一時750人を超す容疑者が収容され、これまでに560人以上が釈放された。


---After attempted airline bombing, effectiveness of intelligence reforms questioned---
By Karen DeYoung
Washington Post Staff Writer
Thursday, January 7, 2010
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/01/06/AR2010010605158.html

The failure of U.S. authorities to detect a plot to bomb a U.S. airliner on Christmas Day has reignited long-simmering concerns that intelligence reforms implemented five years ago remain inadequate to prevent terrorist attacks.

With disaster aboard Northwest Airlines Flight 253 averted by the bomb's malfunction, rather than by astute analysis of available information, some intelligence officials have suggested that the reforms were the cause of such lapses and not the solution to them.

President Obama has not singled out anyone for blame, and said that everyone involved has "taken responsibility" for their own shortfalls. But the most intense scrutiny has been directed toward the centerpiece of the 2004 intelligence reorganization: the National Counterterrorism Center.

The NCTC and its parent, the director of national intelligence (DNI), were created to force the 16-agency intelligence community to share information in ways that eluded it leading up to the attacks of Sept. 11, 2001. As the central repository for "all-source" intelligence on international terrorism, the NCTC is tasked with connecting the dots and advising the government on threats.

If dots were not connected concerning the airline bombing allegedly attempted by Nigerian Umar Farouk Abdulmutallab on behalf of al-Qaeda in the Arabian Peninsula, Obama "knows where to look" for the culprit, said one intelligence official who, like many others across the intelligence community, is worried about where the blame will fall and appeared anxious to direct it elsewhere, but would address the subject only on the condition of anonymity.

Other intelligence officials defended the NCTC, countering that some agencies appear less interested in fixing the problems than in concealing their own failure to interpret and flag information they had that might have prevented the holiday incident.

"Anyone who believes that a relatively small organization like NCTC is going to connect every electron in each of those 30 databases is either disingenuous or naive, and certainly knows very little about how intelligence analysis actually works," said a second official who was similarly reluctant to speak for attribution.

In a statement released Saturday, NCTC Director Michael E. Leiter said that al-Qaeda continues "to refine their methods to test our defenses" and that thwarting the group is "our most sacred responsibility." After Obama said on Tuesday that "the system failed," Director of National Intelligence Dennis C. Blair released a statement saying that the intelligence community "got" his message and acknowledged failure.

Regardless of where fault is ultimately assessed, several officials and experts said the failure to uncover the plot confirmed fears that the massive amounts of terrorism-related information being gathered since the 2001 attacks might outgrow the capacity to manage it. The CIA, the FBI, the military and numerous Cabinet departments and independent agencies are flooded every day with new data from the field that it is available to the NCTC.

"The single biggest worry that I have is long-term quality control," Russell E. Travers, in charge of the NCTC database of terrorism "entities," said in a 2007 interview as his list topped 400,000 and continued to expand. "Where am I going to be, where is my successor going to be, five years down the road?"

Travers is still there, and the database has grown to about 550,000. Beyond connecting the dots, "the challenge we now face is that we are collecting so much information," Rep. Peter Hoekstra (Mich.) said last week of the system he helped devise as the top Republican on the House Permanent Select Committee on Intelligence.

Former New Jersey governor Thomas H. Kean (R), co-chairman of the 9/11 Commission, which first proposed the reorganization, said the solution was not reducing the powers of the DNI and the NCTC, but enhancing them. "Does the DNI have the proper tools?" he asked in an interview. "Does the DNI need to be strengthened?" "We're not going to be so lucky next time," Kean said.

Others have drawn the opposite lesson from the failure. The CIA -- which lost its position as head of the intelligence community and analyst of all-source intelligence in the reorganization, as well as its direct role as intelligence adviser to the president -- has barely restrained itself from shouting, "We told you so."

After the Sept. 11 attacks, the federal government was radically restructured to emphasize counterterrorism, with new agencies and divisions established. Twenty-two other domestic agencies were combined under a new Homeland Security Department.

The government's intelligence components were placed under the new umbrella of the DNI after the 9/11 Commission inquiry and other investigations determined that the cultural and electronic firewalls between them had prevented information-sharing about the 2001 attacks. Under the new system, agencies were restricted largely to intelligence-gathering and instructed to contribute analysts to rotating duty at the NCTC. Intelligence officials at the CIA and other agencies argued against separating collection from analysis.

At NCTC headquarters, in a massive office building not far from CIA headquarters in Langley, analysts from the CIA and FBI; the Defense Intelligence Agency and others under the Pentagon umbrella; the departments of State, Homeland Security, Treasury and Energy; and other subsidiary agencies such as the drug enforcement and transportation security administrations sift through raw and processed intelligence.

In agency-integrated teams assigned by subject matter and geography, they turn out reports disseminated to thousands of policy and intelligence officials across the government. Agency representatives sit around a table three times daily -- at 8 a.m., 3 p.m. and 1 a.m. -- to update the nation's threat matrix.

A smaller group of analysts maintains the Terrorist Identities Datamart Environment, or TIDE, the entities database into which thousands of pieces of intelligence information about terrorism suspects from around the world are downloaded each day. Every evening, TIDE dumps what it deems the most important of the day's gleanings into a separate database at the FBI-run Terrorist Screening Center -- a master watch list that is used to determine who is not allowed to obtain a U.S. visa, cross a U.S. border, or board an airliner in or destined for the United States.

The failures that might have uncovered the Christmas plot occurred when analysts failed to combine a Nov. 20 cable from the U.S. Embassy in Nigeria, reporting a visit in which Abdulmutallab's father expressed concern that his 23-year-old son had fallen in with extremists in Yemen, with intelligence last summer and fall about an al-Qaeda plot.

The intelligence included communications intercepted by the National Security Agency indicating that al-Qaeda in the Arabian Peninsula was planning a holiday attack, and referred to a Nigerian being groomed for the mission. At least part of Abdulmutallab's name was believed to be included in the communications.

It is unclear whether the NSA, in the parlance of the community, "formally disseminated" the information in the intercepts to the NCTC or others. Although initial reform plans to combine all intelligence databases into a one-stop searchable system remain incomplete, NSA databases are available to NCTC analysts, as is the CIA database where agents began compiling a biography of Abdulmutallab after his father visited the embassy.

Some of the finger-pointing centers on claims and counterclaims about who should have flagged what for others to pay attention to, and who should have looked where without being prompted. Travers, the TIDE chief who also serves as deputy director of the NCTC, predicted the problem even earlier than his 2007 expression of concern about the volume of terrorist information.

"If an organization posts something to its webpage, it can claim to have shared information," he wrote in the forward to a 2005 book published by the Joint Military Intelligence College. "Whether the right people know the information/analysis is there, and actually make use of it, is entirely another matter.

"Indeed, we'll almost certainly be dealing with precisely this problem in the post mortems of our next intelligence failure; the relevant intelligence will have been posted, but the right analysts never found it among the terabytes of available information."


---米機テロ未遂:米大統領が強い危機感 情報共有の徹底指示---
毎日新聞 2010年1月6日 20時24分
http://mainichi.jp/select/world/america/news/20100107k0000m030071000c.html

 【ワシントン大治朋子】オバマ米大統領は5日、ノースウエスト機爆破テロ未遂事件を受け、関係各省庁のトップを集めた会合を初めて開催し、事件の調査報告を受けた。その後の会見で大統領は「300人近くの命を犠牲にするところだった」と述べ、強い危機感を表明。各省庁に情報共有化の徹底などを指示し、改善策を近く発表する方針を示した。
 会合にはナポリターノ国土安全保障長官やパネッタ中央情報局(CIA)長官らが出席した。オバマ大統領は会見で、逮捕されたナイジェリア国籍のアブドルムタラブ被告(23)に関する情報を事前に入手しながら「(複数の情報の)点と点を結びつけることができなかった。情報収集ではなく、持っている情報をまとめ、分析するうえでの失敗だった」と問題点を認めた。
 同被告は、国際テロ組織アルカイダから支援を受けたとされる。米メディアによると、米国家安全保障局(NSA)は昨年8月、盗聴捜査により、イエメンのアルカイダ幹部が、ナイジェリア人を使ったテロ攻撃を計画していることを察知した。さらに昨年11月には、同被告の父親が、息子の過激な思想を心配し、米大使館のCIA職員に通報。情報はCIA本部や国家テロ対策センター(NCTC)に送られた。
 NCTCは、テロ関連人物のデータベース(約55万人規模)に、同被告を登録した。しかしNCTCの担当者はNSAなどと連携せず、それ以上の注意を払わなかった。米運輸保安局(TSA)が管理する、航空機搭乗時に追加的な身体検査などを求める要警戒人物リスト(約40万人)や、搭乗拒否リスト(約4000人弱)にも被告の名前は掲載されていなかったという。
 米国では01年9月の同時多発テロ以来、各省庁が警戒対象者のリストを作成しているが、情報を秘匿する傾向が強く、共有化が課題とされてきた。


---旅客機テロ未遂、「許し難いミス」と米大統領---
2010年1月6日10時22分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100106-OYT1T00347.htm

 【ワシントン=黒瀬悦成】オバマ米大統領は5日、昨年暮れに起きた米旅客機テロ未遂事件に関し、関係当局は計画を阻止できる十分な情報を把握していながら「情報の集約と理解に失敗した」と指摘、「事態は受け入れ難く、許容し得ない」と当局の対応を厳しく批判した。
 事件を受け、ホワイトハウスで同日開いた治安担当閣僚との本格会合後、記者団に声明で述べた。
 大統領は、今回の事件で米政府のテロ防止体制は「無残なほど機能しなかった」と認めた上で、会合に出席したナポリターノ国土安全保障長官、パネッタ中央情報局(CIA)長官らに対し、再発防止に向けた提言を週内にまとめるよう指示した。


---「情報の統合、分析」に問題と テロ未遂でオバマ大統領---
2010.01.06 Web posted at: 10:16 JST Updated - CNN
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN201001060004.html

ワシントン(CNN) オバマ米大統領は5日、12月25日に発生した米機爆破テロ未遂事件に関して、米情報当局が収集された情報をつなぎ合わせ、分析することに失敗したとの認識を示した。関係機関責任者らとの会合後、ホワイトハウスで記者団に述べた。

オバマ大統領は、クリスマス当日に爆弾を持ったテロ容疑者の米機搭乗を許したのは、悲惨な結果を招きかねない「大失敗」だったと強調。容疑者について事前に十分な「警戒信号」が出ていたにもかかわらず、情報当局はそれらの点を「線で結ぶ」ことができなかったと指摘した。

大統領はまた、「情報は収集されていたのに、それらが十分に分析、活用されなかったことは容認できない」として、安全保障担当者による状況把握を今週中に終わらせ、ただちに改善策を取るよう指示したことを明らかにした。

今回の事件を受け、キューバのグアンタナモ米軍基地にある対テロ戦収容所の閉鎖方針を疑問視する声が強まっていることに対しては、方針に変更はないことをあらためて明言。一方で、事件の容疑者とのつながりが疑われる国際テロ組織アルカイダ系グループの拠点、イエメンについては、収容者の送還を当面中止すると表明した。

オバマ大統領はこの日、モラー連邦捜査局(FBI)長官やホルダー司法長官、ナポリターノ国土安全保障長官らを集めて会合を開き、空港の警備や航空機搭乗拒否リストなどの問題点や改善策を協議した。


---「諜報失敗の弁解は受け入れない」 オバマ大統領、テロ対策の改善を指示---
2010.1.6 08:25
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100106/amr1001060832000-n1.htm

 【ワシントン=犬塚陽介】オバマ米大統領は5日、ホワイトハウスに情報・治安機関の関係閣僚を招き、昨年末の米デルタ航空機爆破テロ未遂事件に関する調査報告を受けた。その後に会見したオバマ大統領は、情報・治安当局がそれぞれテロ情報を把握しながら、組織として情報の共有、分析を怠ったことが今回の失敗を招いたと指摘。「破滅的な失敗につながりかねないようなシステムの機能不全があった」と述べ、欠陥の洗い出しを週内に終えるよう指示したと述べた。
 会合にはテロ対策を担当するナポリターノ国土安全保障長官のほか、ゲーツ国防長官、パネッタ中央情報局(CIA)長官ら約20人が出席し、なぜ未然に事件を阻止できなかったのかについて、オバマ大統領が報告を受けた。
 オバマ大統領は会見で、国際テロ組織アルカーイダ系列の「アラビア半島のアルカーイダ」が米国でテロを実行する可能性があり、爆破未遂事件の実行犯、アブドルムタラブ容疑者とも活動をともにしていた事実を米情報機関が把握していたことを公表した。
 その上で、「米政府として攻撃を阻止する十分な情報を持ちながら、情報当局は点と点を線にすることに失敗した。受け入れがたいことであり、許容はできない」と異例の強い口調で情報当局に不満を示した。
 また、「何が誤りだったのかを突き止め、是正することが私の責任だ」と述べ、週内にも問題点の検証を終えて改善策を実行するよう関係機関に指示した。
 ただ、グアンタナモ米海軍基地のテロ容疑者収容所に関しては、国外移送を待つイエメン人の早期送還を見送る方針を示したが、今年中に「グアンタナモ収容所は閉鎖する」とも述べ、従来の方針に変更がないことを強調した。


---【米機爆破テロ未遂】オバマ政権 テロ封じ込めに懸命---
2010.1.5 18:33
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100105/amr1001051834011-n1.htm

 【ワシントン=犬塚陽介】米政府は4日、昨年末の米デルタ航空機爆破テロ未遂事件を受け、乗客が航空機に搭乗する際の保安検査の強化を打ち出した。イスラム諸国を中心にテロ組織が深く浸透する14カ国が主な対象で、「要注意人物」の認定条件を大幅に緩和した。「人種差別」との批判もある中、オバマ政権はテロの封じ込めに懸命だ。
 14カ国は、爆破テロ未遂事件のアブドルムタラブ容疑者が国際テロ組織アルカーイダ系から訓練を受けたイエメンや、アフガニスタン、サウジアラビア、イランなど。
 米紙ワシントン・ポストによると、米政府は、14カ国の国籍をもつ人物について、テロを準備しているなど具体的な情報がなくても、氏名や国籍、年齢などが治安当局のデータベースと合致すれば要注意人物と認定。ビザの発給時や手荷物検査の際に、いっそうに厳しい審査を課す。新たな強化策に基づき、すでに数百人が要注意人物としてリストアップされているという。
 これは、同容疑者のテロ組織との関係を把握していながら、要注意人物には指定されておらず搭乗を許したことへの反省からだ。テロ組織への関与がより強く疑われるイスラム系の審査を厳格化することで、テロ容疑者のあぶり出しと、入国者の審査強化を同時に図る狙いがある。
 警備体制は世界各国で強化されている。同容疑者の搭乗を許してしまったオランダでは、搭乗客の全身を透視する検査を実施。英国のヒースロー空港も同様の検査機の導入を決めた。こうした状況はまた、テロリストにとっては「警備が強化された中で1回でもテロに成功すれば、敵対国の無能を証明できる」(米外交問題評議会のエドワード・オルデン上級研究員)ともいえる。
 クリントン米国務長官は4日、イエメンを拠点とするアルカーイダ系組織が「地域を越えたテロ攻撃の拠点としてイエメンを使おうとしている」と懸念表明し、対テロ戦の観点からイエメンに目を向けるよう国際社会に訴えた。
 ハワイでのクリスマス休暇を終えたオバマ米大統領も5日、情報機関のトップらを集めてテロ対策会議を開き、危険人物の監視や航空機の搭乗者に対する検査を強化するよう指示する。


---米機爆破未遂 『米が報復攻撃準備』---
2010年1月1日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010010102000071.html

 【ワシントン=嶋田昭浩】米CNNテレビは三十日、複数の米高官の話として、米・イエメン両国が、デルタ機爆破テロ未遂事件の報復のためイエメン国内で攻撃目標の特定を進めていると報じた。国際テロ組織アルカイダ系勢力「アラビア半島のアルカイダ」が事件への関与を認める声明を出しており、関連施設のうちテロ計画にかかわった拠点の確認を行っているという。
 米国防総省当局者は同日、本紙の取材に「将来の作戦については話せないが、テロリストを追い詰めるために必要な行動をとる」と述べた。ロイター通信によると、国防総省の別の当局者はCNNの報道について「ひどい誇張。同盟国と協力しながらアルカイダを捜索している」と慎重な姿勢を示した。
 CNNによると、両国間で新たに非公表の合意ができ、米国はイエメンの同意を得た上で巡航ミサイルや戦闘機などによる攻撃が可能になった。ただ、米国の役割については公言しないという。
 一方で、CNNは、イエメンのキルビ外相が、アルカイダ拠点への空爆について「米国の支援は不要だが、攻撃にあたり技術と情報(の支援)が必要だ」と語ったと伝えた。
 近く、米国が直接の報復攻撃に踏み切る可能性を指摘する専門家もいるが、軍事作戦への米国の密接な関与が明らかになると、イエメン国内で反政府感情が高まる恐れもあり、どこまで直接参加するかは流動的だ。


---米機テロ未遂と類似例か ソマリアで11月---
2009.12.31 00:25
http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/091231/mds0912310028000-n1.htm

 AP通信によると、ソマリアの警察当局者は30日、首都モガディシオの空港で11月13日に爆発物を持って航空機に搭乗しようとしたソマリア国籍の男を逮捕したことを明らかにした。米デルタ機爆破テロ未遂事件と類似した点が多いといい、米当局も関連があるかどうか、調査を急いでいる。
 警察当局者によると、男はモガディシオ発ソマリア北西部ハルゲイサ行きの民間航空機に乗る予定だった。粉末状の化学物質や、注射器と液体を所持し、混合させるなどすれば爆発する恐れがあったという。(共同)


---服の下を透視、オランダの空港で検査機使用開始---
2009年12月30日23時59分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20091230-OYT1T00903.htm

 【ブリュッセル=尾関航也】オランダ内務省は30日、アムステルダム郊外のスキポール空港の保安検査強化策として、衣服の下を透視できる全身スキャナーの使用を開始すると発表した。
3週間以内に、米国行き航空機の全搭乗客に対してスキャナーでの検査を行えるようにするという。
 同空港発デトロイト行き米ノースウエスト航空機で起きたテロ未遂事件を受けた措置。同空港には、こうした機能を備えた検査機が以前から設置されていたが、搭乗客のプライバシー侵害につながる恐れがあるとして、ほとんど使用されていなかった。
 全身スキャナーは、人体とそれ以外の物質を判別でき、金属探知機が反応しない爆薬などの危険物も発見しやすくなるという。
 米機テロ未遂事件のナイジェリア人容疑者は、下着の裏に爆発物を仕込んでいたとされる。スキポール空港で航空機を乗り継ぐ際、金属探知機による身体検査と手荷物検査を受けたが、異常は見つからなかった。


---米テロ未遂、爆破装置は下着に縫いつけていた---
2009年12月29日23時00分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20091229-OYT1T00812.htm

 【ニューヨーク=吉形祐司】米ノースウエスト航空機のテロ未遂事件で、米ABCテレビは28日、訴追されたナイジェリア人のウマル・ファルーク・アブドゥルムタッラブ容疑者(23)が下着に縫いつけていた爆破装置の写真を放送した。
 米政府が撮影したもので、高性能爆薬PETNの量は約80グラムだったという。
 下着は焦げており、PETNを入れていた袋は長さ約15センチだった。2001年12月に起きたアメリカン航空機爆破未遂事件では、犯人が靴底に仕込んでいたPETNは50グラム。米政府の実験では機体に穴をあける威力があったが、今回はその1・5倍以上の量だった。
 また、PETNと混ぜるための酸性の液体を入れた注射器の写真も放送されたが、熱で変形していた。ABCは、この酸性の液体から発火したが、PETNとうまく化合せず、爆発しなかったと報じた。


---「アルカイダが指示書」米機爆破テロ未遂、容疑者が供述---
2009年12月26日23時36分
http://www.asahi.com/international/update/1226/TKY200912260418.html

 【ワシントン=村山祐介】米航空機内で25日起きた爆破未遂事件で、米捜査当局は国際テロ組織アルカイダの関与した可能性が高いとみて、容疑者として拘束したナイジェリア国籍のアブドゥル・ファルーク・アブドゥルムタラブ容疑者(23)の供述の裏付けを急いでいる。また、米国土安全保障省は空港検査の見直しに着手した。
 米メディアによると、容疑者は調べに対し、アルカイダとの関係を認め、「イエメンで爆破装置と犯行指示書を受け取った」と供述した。米議会下院国土安全保障委員会のキング議員は、CNNに「彼の名前はアルカイダの関係者として(当局の)データベースに記載されていたと理解している」と語った。
 ただし、捜査関係者はAP通信に「触発されただけで独自行動の可能性がある」と述べ、アルカイダから実際に訓練や指示を受けていたかどうかについて、慎重に捜査を進める考えを示した。
 米政府は、イエメンがアフガニスタンに次ぐアルカイダの聖域になることを警戒。イエメン軍が24日、武装勢力の拠点を空爆して30人以上を殺害した際、米政府は情報を提供したとされる。アフガンでのアルカイダ掃討作戦のため米軍の増派を決断したオバマ政権への反発が、犯行の背景にあるとの見方もある。
 一方、ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)によると、容疑者は粉末状の爆薬をテープで足に張り付けて機内に持ち込み、注射器を使って液状の薬品と混合した「装置」を自作。点火すると爆竹がはじけるような音が続き、機内は乗客の叫び声でパニック状態になったという。
 キング議員は、この装置について「非常に精巧で、従来とは違うタイプ」と指摘。同省当局者は「爆発物というより発火装置」としている。空港での検査をすり抜ける「新たな脅威」との指摘もあり、同省は声明で「追加的な検査」の導入に理解を求めた。

0 コメント: