2010年1月18日月曜日

グーグル 中国に抵抗

グーグルが、中国に抵抗したようだ。
 米グーグルが、中国国内で行ってきた検索表示の自主制限を一部解除
していることが分かった。同社は中国国内からサイバー攻撃を受けたこと
を理由に、中国政府が行ってきた検閲廃止を目指して交渉すると表明して
いる。自主制限の一部解除は検閲やサイバー攻撃への対抗措置とみられ、
同社と中国との交渉の行方にも影響を与えそうだ。

中国では、天安門事件、ダライラマ、民主主義等は有名な閲覧禁止単語
だが、グーグルは自主規制解除で中国に抵抗したようだ。
数年前に、ネット検索事業代表らは米議会で、「現地の法律に従う」と
言う意図の発言をしたと思ったが、もう取り消すようだ。
民間企業で、ライフラインでもないのだから、事業展開は自由だろう。

最近、中国国内の地理情報も国防秘扱いになったが、光化学スモッグ被害
にあう韓国や日本にとっては、民主主義よりも地理情報が重要な情報と
思うが、なぜ抵抗しないのだろうか。

台湾のPAC3契約により、中国は、弾道ミサイル迎撃実験成功の情報操作を
したようだし、百度が、イランサイバーアーミーに侵入されれば、中国系
ハッカーと思われるがものが、確認もせず、イラン政府のサーバに侵入
したようだ。
報道だけをたどれば、大きく強く見せたいハリボテの国家に仕立てること
に夢中で、中身が見えない。本当に強い大国となりたいのであれば、国家
としての自由と責任を果たすべきだろう。


Google threatens to quit China after cyber attacks


Video Dispatch: Google, China and a Question of Risk

---米中サイバー摩擦に発展 グーグルの検閲撤廃要求---
2010.1.15 18:34
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100115/amr1001151844010-n1.htm

 【ワシントン=渡辺浩生】インターネット検索最大手の米グーグルが、中国からの撤退も視野に検閲撤廃を要求している問題は「米中サイバー摩擦」に発展しつつある。米議会では、他のネット大手もグーグルに追随するよう迫る声が上った。中国によるサイバー攻撃は国家の安全保障上の脅威であり、人権問題でもある。それだけにサイバー摩擦は通商、人民元問題に次ぐ米中間の新たな懸案事項になったといえる。
 国務省のシアー副次官補(東アジア・太平洋問題担当)は14日、在米中国大使館の高官と会い、グーグルへのサイバー攻撃は「インターネットの自由とセキュリティーに疑念を起こさせる深刻な問題だ」とし、中国政府に説明を要求した。
 攻撃を受けたのが特に、中国の人権活動家の情報だったことから、ギブズ大統領報道官も同日、インターネットの自由は「普遍的な権利だと大統領は信じている」と述べ、中国の検閲をこれ以上受けることを拒否したグーグルの決断を支持した。
 議会では、共和党のウルフ下院議員が記者会見で「他の企業もグーグルと一緒に行動してほしい」と呼びかけ、民主党のペロシ下院議長も、グーグルの決断は「他の企業や政府の模範となるべきだ」との声明を発表した。
 ただ、米マイクロソフト(MS)のバルマー最高経営責任者(CEO)は米CNBCのインタビューで、中国でのネット事業から撤退する計画はないと強調し、経済的利益を優先させ、検閲を容認する姿勢を変えていない。
 米国内では、中国を発信源とするサイバー攻撃は「経済と国家安全保障上の重大な問題だ」という危機感が高まっている。米中経済安全保障調査委員会が昨年11月に議会に提出した年次報告書によると、国防総省を狙った攻撃が年々増加し、電気、水道、ガスの供給インフラや、中国の人権、通商問題を批判する議員を標的にした攻撃も起こっている。
 米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、サイバー攻撃で侵害された米国の知的財産権は、年間400~500億ドルに相当するという。
 オバマ大統領は昨年12月、サイバー防衛策を統括する調整官を新設し、元MS幹部を任命した。その矢先に、米グローバル企業の代表格に対する執拗(しつよう)な攻撃が明らかとなっただけに、政府と議会が受けた衝撃は大きい。


---Googleへの攻撃にIEのゼロデイ脆弱性、MSがアドバイザリを公開---
2010/1/15 11:58
青木 大我
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100115_342505.html

 米MicrosoftのSecurity Responce Center(MSRC)は14日、米Googleが中国から受けたと示唆する「高度に洗練された攻撃」に、Internet Explorer(IE)の脆弱性が関連しているとして、新たにセキュリティアドバイザリ「979352」を公開した。
 Microsoftによると、この攻撃にはIEがターゲットの1つとして利用されており、リモートでコードが実行される脆弱性が存在するとしている。
 脆弱性の影響を受ける環境は、Windows 7/Vista/XPおよびWindows Server 2008 R2/2008/2003上のIE6/7/8と、Windows 2000上のIE6。なお、Windows 2000上のIE5.01は脆弱性の影響は受けない。
 このうち、今回の攻撃ではIE6しか利用されておらず、IEの他のバージョンに対する攻撃は今のところ確認されていないとしている。現在、Microsoftではアップデートを開発中で、品質が確保され次第公開するとしている。
 Microsoftでは、アップデートを提供するまでの間、攻撃の影響を緩和するための方法をいくつか挙げている。
  Windows Vista以降のIE7にはプロテクトモードが組み込まれており、これを利用することで今回の脆弱性を緩和できるとしている。DEP(Data Execution Prevention)機能は、IE8ではデフォルトで機能しているが、これ以前のバージョンでは手動で設定する必要がある。この機能もまた、攻撃を緩和するために有効だ。
 この攻撃を実行するためには、攻撃者が脆弱性を悪用するWebページに誘導する必要がある。そのため、メール中のリンクや、インスタントメッセンジャーによる誘導など、不審なリンクをクリックしないことも防御策となる。また、攻撃が実行された場合、管理者権限よりも低い権限のアカウントを利用している方が、被害の程度が小さくなる。


---Google-China showdown may alter tech game---
James Temple, Chronicle Staff Writer
Saturday, January 16, 2010
http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2010/01/16/BU151BIO84.DTL

Few expect Google Inc.'s stare-down with China to usher in a new era of openness across the Asian nation, but some believe - or hope - it could pressure the government to improve relations with foreign technology companies.

The Mountain View Web giant called out the country in a surprisingly forthright manner last week, publicly venting frustrations common among many U.S. businesses operating there. The company said it would stop censoring search results in China even if that means it's forced to leave, after disclosing a sophisticated cyberattack on the e-mail accounts of advocates of human rights in the nation.

Few see China, whose leadership has grown more conservative and nationalistic in recent years, backing down in the face of the ultimatum. But such a declaration by a company of Google's stature could raise the ethical bar for businesses that choose to remain, and grant permission for firms without a presence there to second-guess the perceived wisdom that they should be there, observers say.

The Google-China flap has already reignited the debate over global censorship, reinvigorating human rights groups drawing attention to abuses in the country and prompting U.S. politicians to take a hard look at trade relations. The Obama administration issued statements of support for Google, and members of Congress are pushing to revive a bill banning U.S. tech companies from working with governments that digitally spy on their citizens.

"If Google leaves China, I think the impact of that is China gets a black eye," said Haim Mendelson, a professor of electronic business at the Stanford Graduate School of Business. "People will remember what happened to Google."

What happened wasn't just that the company was widely criticized for its decision to censor search results in China in the first place, or that it and its customers may have been the victims of cyber-spying by agents of the government. For businesses with Chinese interests, perhaps a bigger concern is that Google, the leading search engine around the world, ranks a distant second in the country and reportedly described its revenue there as "immaterial" four years after launching.

There's a widespread perception that Chinese bureaucrats, in ways subtle and otherwise, stack the deck in favor of domestic companies like leading search engine Baidu. It's one thing for companies to compromise on values when there's a huge money-making opportunity at stake, but it's entirely another when, after making uncomfortable concessions, the government actively works against their business interests.

Baidu itself has said it's the market leader because it better understands the needs of Chinese consumers and advertisers. It controls 58.4 percent of the search market, compared with 35.6 percent for Google, according to Analysys International. The next biggest company, Sogou, has only a 1 percent share. Reports have put the combined search share of Yahoo Inc. and Microsoft Corp.'s Bing at just over 1 percent. If Google does leave China, Baidu will have a monopoly over the Internet market in the near term, the Chinese research firm said.
Not the first time

While Google's exit threat is notable for its decisiveness, it's not the first time a tech business embroiled in similar issues has pulled back in China.

EBay Inc. said in late 2006 it would replace its Chinese auction site with a joint venture operated by Tom Online of Beijing, after it lost considerable market share to the Taobao auction site, operated by Chinese company Alibaba.com.

Yahoo Inc., subject to widespread condemnation for filtering search results in China, struck a deal in the summer of 2005 to turn over its business to Alibaba - and with it all questions of self-censorship. It maintains a 39 percent financial stake in the partnership.

Later that year, it came to light that the Sunnyvale company handed over e-mail content from journalist Shi Tao to Chinese authorities, providing information that would lead to his 10-year prison sentence. Reporters Without Borders, human rights groups and members of Congress denounced the act.

Cisco Systems Inc. also faced opposition at home in 2005. A shareholder resolution pushed the company to adopt a human rights policy for its China dealings, after reports said the company's routers formed the underpinning of the so called "Great Firewall of China."
Rare victory

In one rare victory last year, complaints from U.S. businesses and Washington forced the Chinese government to back down from its initial demands that PC makers, including Hewlett-Packard and Apple, install Internet-filtering software on computers sold in that country.

Even if the human rights and censorship issues don't much matter to company executives, being hauled before Congress, called to account by shareholders and castigated in the media certainly do, said Alan Tonelson, a research fellow focused on China at the U.S. Business and Industry Council, which represents U.S. manufacturing companies.

Tonelson doesn't expect Google's decision to upend the status quo in China, but said companies may step up efforts behind the scenes to ensure they are "not obviously vulnerable to the same kinds of bad publicity that Google and Cisco and Yahoo ran into."

He added that U.S. tech companies retain an important source of leverage that could nudge these matters forward: technology still unrivaled in sophistication.

"The last thing China wants is to be a second-rate technology power," Tonelson said.

On the other hand, many businesses could simply see Google's departure as an opportunity to tighten relationships in China and boost their market share in the world's most populous nation. Most businesses have declined to comment on how Google's move will alter their China plans, and some have said emphatically that nothing about their dealings there will change.

"We've been quite clear that we are going to operate in China, (and) we're going to abide by the law," Microsoft CEO Steve Ballmer told CNBC.

China Foreign Ministry spokesperson Jiang Yu said in prepared remarks last week: "I want to stress that China's Internet is open. The Chinese Government encourages the development of (the) Internet and endeavors to create a sound environment for the healthy development of (the) Internet. Hacking in whatever form is prohibited by law in China."


---検閲拒否のグーグル、勇敢だ…中国の若者ら「支持」---
2010年1月15日07時41分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100115-OYT1T00129.htm

 【北京=関泰晴】インターネット検索世界最大手・米グーグル社による検閲受け入れ拒否が、中国のネット利用者の間で大きな反響を呼んでいる。
 同社の中国版サイトは14日、これまで見られなかった民主化運動に関する写真や文章などの検索制限を解除し、ネットにはこれを「支持」する書き込みがあふれた。
 「谷歌(グーグルの中国名)よ、それでこそ男だ」
 ネット上の意見の多くは、巨大市場・中国から撤退してでも、検閲を拒否する方針を打ち出した同社への賛辞だった。「これは中国の言論の自由をめぐる闘いだ」などと、政権批判に踏み込んだ投稿は、当局によって即座に削除されている。
 北京のグーグル社事務所前には、大学生ら多数の若者が花束などを置いて応援した。北京の民主活動家の男性(35)は「ビジネスの利益より自由を守ろうと闘うグーグル社は勇敢だ。中国の民主化を進める突破口となってほしい」と期待を寄せた。
 一方、「人民日報」が発行する国際問題専門紙「環球時報」などのサイトでは、「中国で事業を行うのであれば、中国の方式に従うべきだ」といった反対意見も見られる。関係者によると、世論誘導を狙う当局が書き込ませたものが多いという。
 グーグル社は検閲問題に関し、中国当局と協議する姿勢を見せているが、日程などは未定だ。厳格な情報統制に「ほころび」が生じていることに危機感を強める当局は既に、グーグル社の方針に呼応して活動家が言論活動を活発化させることを警戒し、監視を強化しているという。今後、グーグルのサイトへの接続遮断といった強硬措置に出る恐れも高まっている。


---グーグルが検閲解除 撤退検討問題 中国は正当性を主張---
2010年1月15日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010011502000065.html

 【北京=安藤淳】米検索エンジン最大手のグーグルの中国撤退問題で、中国外務省の姜瑜副報道局長は十四日の記者会見で、「中国のインターネットはオープンだ。国際的ネット企業の中国での合法的な業務展開を歓迎している」と述べ、中国法に合致する営業以外は認めない姿勢をあらためて示した。
 ただ姜副局長はグーグルを名指しで批判しなかった。慎重な言い回しの背景には、対立が激化しネット管理の厳しい実態が表面化することで中国での外国企業の活動に影響が出るのを避けたいとの思惑があるとみられる。
 姜副局長は「中国法はいかなるハッカー攻撃も禁止し、法に基づいて各国と同様にネット管理をしている」と述べ、中国政府の対応に問題はないと強調。
 また、ネットを管理する国務院新聞弁公室は同日の声明で、撤退問題には触れず「ポルノやサイバー攻撃、ネット詐欺を防止するために、政府が安全利用に指導的役割を果たす。ネット企業は(事前検閲など)決められた規則を守るべきだ」との見解を発表した。
 一方、同日、これまで中国国内で閲覧できなかった一九八九年の天安門事件やチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ十四世などの写真が一時的に閲覧可能となった。グーグル中国が自主検閲を解除したとみられるが、同日午後には閲覧できなくなった。
 中国メディアでは、政府による検閲や人権活動家のメールアドレス不正侵入などについては、一部の英字紙などが触れているだけ。
 多くは、グーグルが著作権で中国作家協会と対立している問題などを挙げ、「(撤退検討は)単なる心理作戦にすぎず撤退する可能性は薄い」「巨大な市場を外すことはあり得ない」などと分析している。ただ「世界一のネット企業の撤退で、中国のネット環境の成長が遅れる」などのグーグル擁護論も一部に出ている。


---グーグル検閲停止、中国で党批判サイトも一時公開に---
2010年1月15日01時33分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100114-OYT1T00960.htm

 【北京=関泰晴】中国外務省の姜瑜・副報道局長は14日の定例記者会見で、インターネット検索世界最大手の米グーグル社が中国当局による検閲受け入れを拒否したことに関し、「中国のネットは開放的だ。国際的なネット企業が中国で法律に基づき、事業を展開することを歓迎する」と述べ、当局の意向に沿って検閲に協力するよう促した。
 姜副局長は、「中国の法律はいかなるハッカー行為も禁じている。中国政府は、他国と同様に法律に基づいてネットを管理している」と語り、同社が中国国内からサイバー攻撃を受けたと主張していることに反論した。
 一方、中国国内では14日、グーグルの中国版サイトを通じれば共産党独裁を批判する民主活動家の文章や天安門事件の写真など、これまで見られなかった情報が閲覧できる異例の状態となった。同社が、「言論の自由に反する」として検閲受け入れを停止した結果とみられるが、同日夜には検索結果をクリックしてもサイトを開けない現象が起き始めた。当局が対抗措置をとった模様だ。


---撤退検討の背景は報じず 中国、グーグル問題で---
2010年1月14日 23時01分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010011401001008.html

 【北京共同】中国メディアは14日、米インターネット検索大手、グーグルが中国からの撤退検討を発表したことを大きく報じたが、中国政府による検閲や人権活動家のEメールアカウントへの不正侵入が起因していることをほとんど伝えていない。
 一方、グーグル中国の写真検索では、これまで中国内では見られなかった、民主化運動を武力弾圧した1989年の天安門事件などの写真が大量に閲覧できるようになった。原因は不明だが、グーグルが中国側の検閲などに反発して、自主規制を一方的に解除した可能性がある。一方的な措置であれば中国側との対立が深まりそうだ。
 中国紙、北京青年報や京華時報は1面で「グーグル撤退検討を発表」などの見出しを掲載。しかし記事はグーグルが「サイバー攻撃」や「知財権侵害」を受けたことを理由に挙げただけで、サイバー攻撃で人権活動家のEメールアカウントへの不正侵入が試みられたことや、グーグルが「中国政府のネット検閲」を批判したことは伝えていない。ある中国紙の記者は「政府批判に発展しかねない内容は基本的に報道できない」と語った。
 ただ英字紙のチャイナ・デーリーはネット検閲や規制への不満が撤退検討の背景にあることに触れ、「グーグルはネット利用者の怒りや失望感をてこに中国政府に圧力をかける戦術」との学者の見方を紹介。「(巨大市場の)中国からグーグルが離れることはほとんど不可能」との分析も伝えた。


---グーグル:中国での自主制限を一部解除 「検閲」に対抗か---
2010年1月14日 11時39分(最終更新 1月14日 13時20分)
http://mainichi.jp/select/world/news/20100114k0000e030042000c.html

 【北京・浦松丈二】インターネット検索エンジン最大手の米グーグルが、中国国内で行ってきた検索表示の自主制限を一部解除していることが14日、分かった。同社は中国国内からサイバー攻撃を受けたことを理由に、中国政府が行ってきた検閲廃止を目指して交渉すると表明している。自主制限の一部解除は検閲やサイバー攻撃への対抗措置とみられ、同社と中国との交渉の行方にも影響を与えそうだ。
 中国語版グーグルでは14日までに、これまでできなかった一部の写真や情報の検索表示が可能になった。グーグルは06年に中国市場に進出する際、中国政府の要請を受け入れ、検索表示の自主制限を続けてきた。
 自主制限を解除した結果、中国当局が民主化を求める学生らを武力鎮圧した天安門事件(89年)で、戦車に1人で立ち向かう男性を撮影した有名な写真や戦車の発砲、虐殺された遺体の模様などが検索表示されるようになった。
 中国国内ではこれらの写真掲載が禁止されている。戦車の写真はグーグルで表示されるようになったが、中国国内の検索エンジン大手、百度(バイドゥ)などでは引き続き表示できない状態だ。
 このほかにも、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世の写真を検索すると286万件表示された。中国政府はダライ・ラマ14世を「祖国分裂主義者」とみなし、国内での写真掲載を禁じている。
 こうした「検閲対象」写真は、海外サイトでは大量に出回っているため、中国国内からでも検索方法によっては例外的に表示されることがあった。だが、今回のように大量に表示されることはなかった。
 中国政府がこうした写真を表示させないためには、国内からグーグルへのアクセスを遮断する以外には方法がないとみられる。ただ、グーグルへのアクセスを遮断すると、国内の莫大(ばくだい)な数のユーザーに多大な影響を与えることになる。また、中国が強制措置に乗り出せば、グーグルは中国からの撤退を辞さない構えで、両者の摩擦はエスカレートしそうだ。


---グーグル「抵抗」中国衝撃、言論統制さらに---
2010年1月14日09時53分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100114-OYT1T00205.htm?from=nwla

 【北京=佐伯聡士】中国の胡錦濤政権は、インターネット検索世界最大手の米グーグル社が12日、中国語サイトの検索結果の検閲受け入れを停止し、中国事業からの撤退の検討を発表したことに衝撃を受けている。
 「巨大市場」を武器に外国の検索企業を検閲に従わせることに自信を深めてきたが、初の「抵抗」の影響が広がれば、政権の言論統制のほころびにつながるだけに、一層締め付けを強める構えだ。
 胡政権はこれまで、共産党による情報独占を突き崩し、「社会の安定」を揺るがしかねない「有害情報」を発信するネットの統制に全力を挙げてきた。だが、世界最高水準の「網絡警察」(サイバー・ポリス)を抱える政権にとっても、チベットやウイグルなどの民族分裂や「台湾独立」、民主化要求など、一党独裁を脅かす恐れのある「有害情報」を根絶するのは容易でない。
 このため、政権は、グーグルや中国の「百度」など、国内外の検索企業に対し、「協力」という名の下に監視と排除の責任を負わせてきた。
 特に、影響力の大きいグーグル社に対しては、再三にわたり揺さぶりをかけてきた。昨年6月の外務省の定例会見でも、グーグルを使ったメールがつながらないとの外国メディアの指摘に対し、秦剛・副報道局長が、グーグルがポルノ情報を流しているとの前提に立ち、「当局の手法は法に基づくもので正当」とはねつけた。
 それでも、今回のような事態が起きたことは、胡政権にとって衝撃だったのは間違いない。今後は、他の検索企業への影響を防ぐため、グーグル社を含む各社と個別の協議を重ねて、検閲への「協力」を改めて迫っていくものとみられる。
 中国筋によると、「胡錦濤総書記自身がネット統制の生ぬるさに強い不満を抱いている」とされ、今年は言論統制の中でもネット統制をさらに強化する方針という。2008年以来、一党独裁を批判する「08憲章」など、大胆な政治改革要求文書がネット上で広がるなどの事態を受けたものだ。
 新華社電によると、今月12日、北京で開かれた党の精神文明建設指導委員会の会議では、イデオロギー担当の李長春・党政治局常務委員が「未成年者の健全な成長促進を目標に、法に基づき、ネットでわいせつな有害情報を広める行為を取り締まり、社会文化環境を浄化しなければならない」と述べ、一層の統制強化を宣言した。


---中国撤退、苦渋のグーグル…検閲と利益の間で---
2010年1月14日00時18分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100113-OYT1T01503.htm

 米グーグルが中国事業からの撤退検討を表明したことは、巨大市場の魅力から規制に妥協しながら進出してきた情報技術(IT)企業が表現の自由や検閲など中国特有の問題に対して改めて「踏み絵」を突きつけられることになる。
 グーグルのデビッド・ドラモンド最高法務責任者は米テレビとのインタビューで「検閲を受け入れ続けることはできない」と述べ、中国政府によるインターネットサイトの検閲を問題視していることを強調した。
 中国では国内の人権・民族問題などに関して検索した場合、「法律と政策に基づいて検索結果は部分的に表示されない」との断り書きが出るほか、人権や政治に関係する単語が突然、検索できなくなる。ネットに限らず、情報関連産業に対する中国政府の規制は厳しくなる一方だ。
 昨年には「青少年を有害情報から守る」という名目でネット閲覧規制ソフトをパソコンに搭載するよう義務づける方針を発表。今年5月からはIT製品の機密情報を強制的に開示させる制度が導入される見通しだ。
 グーグルは2006年に中国に進出した際には検閲を受け入れた。しかし、08春のチベット暴動が激化して以降、グーグルの動画投稿サイト「ユーチューブ」への中国からの接続は当局によって遮断されている。グーグルのポルノサイトへの接続規制が甘いとして当局から非難を受けるなど当局の検閲に振り回されてきたのが実情だ。
 グーグルの事業全体に占める中国の比率は現時点で小さいが、成長市場からの撤退は中長期的な経営戦略に打撃を与えかねない。対中依存度がグーグルより高いとされるマイクロソフト(MS)やヤフーなど他の米IT大手にも影響を与えるとみられる。(ニューヨーク 池松洋、北京 幸内康)


---グーグル、「Gmail」でセキュア接続をデフォルトに---
2010年1月14日
http://www.asahi.com/digital/cnet/CNT201001140020.html

 Googleは先日、「Gmail」がサイバー攻撃を受け、一部について不正アクセスを許したと発表したが、その後すぐに同サービスにおいてセキュア接続をデフォルトとすることを明らかにした。
 Googleは以前から、ウェブベースのメールサービスであるGmailについて、HTTPSを使ったアクセスをオプションとして提供してきた。 HTTPSは、ウェブブラウザがウェブサイトから情報を取得する際に用いられるプロトコルであるHTTPのセキュア版だ。今後はGmailではHTTPS が標準になる。
 Gmailのエンジニアリング担当ディレクター、Sam Schillace氏は米国時間1月12日付のGmail公式ブログへの投稿で「HTTPSの利用は公衆Wi-Fiスポットなどで第三者にデータをのぞかれるのを防ぐのに有効だ」と述べている。「当初HTTPS接続にするかどうかをユーザーの選択に任せたのは、マイナス面があるためだ。ウェブ内における暗号化されたデータの伝送スピードは、暗号化されていないデータよりも遅くなるため、HTTPSを選ぶとメールが遅れることがある。この数カ月、われわれはセキュリティと遅延とのバランスを検討し、その結果、すべての人に対し HTTPSをオンにするのが適切だと判断した」
 ただし、まったく問題がないわけではない。
 Schillace氏によると「現在、オフライン版GmailをHTTPで利用している場合には、HTTPSへの切り替えで問題が生じる可能性がある」という。同氏は影響を受けるユーザーにオフラインGmailをセキュア接続で使う方法を紹介し、問題を解決するためのインストール手順を案内している。


---中国オンライン検索市場でGoogleのシェアが拡大、「百度」との差を縮小 ---
ITpro 2010/01/14
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Research/20100114/343216/

 アイルランドのStatCounterが現地時間2010年1月13日に発表した中国オンライン検索市場に関する調査結果によると、過去半年間で首位の中国Baidu(百度)と米Google(写真)の差が縮まっているという。2009年7月時点で中国におけるBaiduのシェアは68%、Googleは30%だったが、2009年末時点にはそれぞれ 56%、43%と接近した。なお米Yahoo!と米Microsoft(Bing)のシェアは合計で1.18%だった。
 Googleのシェアは、8月に30%を下回りBaiduとの差が大きく開いたものの、9月は33%に持ち直し、その後着実に拡大した。 StatCounterのCEOであるAodhan Cullen氏は、「Googleが最近好調だったことを考えると、Googleの中国撤退の理由が市場シェアではないことを明らかだ」と指摘する。
 Googleは1月12日、中国における検索サービス「Google.cn」の方針を見直し、検索結果の検閲を取りやめることを発表した(Googleの公式ブログ)。同社最高法務責任者のDavid Drummond氏は、「法律の範囲内でフィルタ無しの検索サービスを運営できない場合、Google.cnを閉鎖し、中国から撤退する可能性があると認識している」と述べている。Googleによると、同社サービスを利用している中国の人権活動家のアカウントが攻撃を受けたほか、Google以外の大手企業も同様の攻撃のターゲットにされたという。


---グーグル中国「解決希望」 撤退検討問題で声明---
2010年1月13日 23時48分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010011301001009.html

 【北京共同】中国誌「財経」(電子版)によると、米インターネット検索大手グーグルが中国市場からの撤退検討を表明したことについて、グーグル中国は13日、「解決方法を見つけられることを希望している」と、検閲を受けずにネット検索サービスを継続できるよう中国政府に求める声明を発表した。
 声明は「グーグルが中国で成し遂げた成果に対して誇りを感じている。(撤退検討の)決定を、今は詳細に検討中だ」としている。
 一方、北京で同日夕、共産党が民主化運動を武力弾圧した天安門事件に関するウェブサイトなど、通常は規制で閲覧できないサイトが閲覧可能になり、約1時間にわたり規制が解除された状態となった。原因は不明。
 グーグルが撤退検討理由に中国の検閲を挙げていることから、ネットには「グーグルのおかげですべての規制が解除されたのではないか」などの書き込みがされた。米紙によると、4日未明にも約3時間半にわたり、サイトへのアクセス規制が解除されていた。


---中国の言論統制に初の「抵抗」…グーグル---
2010年1月13日15時35分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100113-OYT1T00888.htm

 【ワシントン=黒瀬悦成】インターネット検索世界最大手の米グーグル社が12日、中国語サイトの検索結果の検閲受け入れを停止し、中国事業からの撤退も検討する計画を発表したことで、米ネット関連企業が、中国当局の言論統制への「協力」を見直す機運が広がる可能性が出てきた。
 中国当局は米ネット関連企業に対し、民主化運動や、チベットと新疆(しんきょう)ウイグル両自治区の独立運動などに関する「有害」ウェブサイトの閲覧規制への協力を中国事業の条件として突きつけてきた。これに従った業界に対し、米議会はグーグルとヤフー、マイクロソフト、シスコシステムズの大手4社を名指しして非難していた。
 今年に入ってからも、米アップル社が、携帯電話iPhone(アイフォーン)の中国での利用者に対し、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世や亡命ウイグル人組織に関するアプリケーションのダウンロードを規制していると報じられ、「成長市場・中国への参入を優先する思惑から、中国当局に迎合している」との批判が広がっていた。
 今回のグーグルの決定は、こうした批判に初めて応えるものだ。


---中国・イラン ハッカー合戦---
2010年1月13日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010011302000073.html

 【北京=池田実】中国のインターネット検索最大手の百度(バイドゥ)の中国語サイトが十二日午前、イラン人を名乗るハッカーの攻撃を受け、一時期接続できない状況となった。これに報復するかのように、昼には、中国人ハッカーがイランの政府機関サイトを攻撃した。
 華僑向け通信社、中国新聞などによると、「百度」への攻撃は午前七時(日本時間同八時)ごろから始まった。サイトを開けなくなったり他の検索サイトに移動してしまう現象が発生。一時、イラン国旗をバックに「このサイトはイランのサイバーアーミーによってハッキングされた」との声明も表示された。
 イラン人を名乗るハッカーは、昨年十二月に米国の会員制交流サイト「ツイッター」が攻撃された際にも登場したという。百度側は「二〇〇〇年の設立以来最大の被害」と主張、正常回復までに六時間ほどかかったという。
 一方、同日昼にはイランの政府関連機関や企業などのサイトに中国の国旗「五星紅旗」が出現。「中華人民共和国万歳」などと表示され、中国の国歌が流れるようになった。
 中国国内のサイトでは、イランの政府機関のアドレスなどが攻撃目標として掲示される一方、「攻撃したのはイラン人だと確認できたのか」などと冷静な対応を呼び掛ける意見もあった。


---ミサイル迎撃実験、中国が成功…異例の公表---
2010年1月12日00時45分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100112-OYT1T00069.htm

 【北京=関泰晴】新華社電によると、中国は11日、弾道ミサイルの迎撃実験に成功した。
 実験に使った迎撃ミサイルは地上発射型のものと見られるが、形式や規模などの詳細は伝えていない。迎撃実験は国内で行われ、新華社電は「所期の目的を達成した」と成果を強調した。
 中国がミサイルの迎撃実験成功を公表するのは異例。米国が台湾向けに、ミサイル防衛用の地対空誘導弾パトリオット・ミサイル3(PAC3)の製造を発注したことを受けて、米国をけん制する狙いもあるとみられる。
 ただ、中国外務省は「実験は防衛のためのもので、いかなる国に向けたものでもない」と表明している。


---Twitterにハッカー侵入 イランとの関係を暗示---
2009.12.18 Web posted at: 18:58 JST Updated - CNN
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200912180025.html

(CNN) ハッカーが17日夜、インターネットの一言ブログ「Twitter」に不正侵入し、何百万人ものユーザーが一時使用不可能になった。

Twitterにアクセスすると別のサイトに誘導され、緑の旗とともに「このサイトはイラン・サイバー軍によって侵入された」との文字が表示された。 Twitter関係者は米東部時間午前2時半頃、ドメイン名システム記録が一時侵害されたものの既に復旧したとの発表を公式サイトに掲載し、今後情報を更新していく方針を明らかにした。

イラン・サイバー軍の素性は今のところ不明。実際にイランとつながりがあるかも分かっていない。ただしイランとTwitterの間には、興味深い関係がある。

今年夏のイラン大統領選後、主流メディアはイランでの取材活動を規制されていたが、改革派はTwitterを利用し、抗議デモが流血の事態になったことを世界中に発信。こうしたTwitterの情報発信力を踏まえ、米国務省がTwitterにメンテナンス延期を要請した。

0 コメント: