2010年1月27日水曜日

XC2初飛行

CXがXC2となり、初飛行した。
 CXの試作機「XC2」が、岐阜県各務原市の空自岐阜基地で初の試験飛行
を実施した。部品の強度不足などトラブルが相次いで見つかり、開発計画
が大幅に遅れていた。安全性が確認されれば、年度内に納入される予定。

XC2がやっと初飛行となった。
やっぱり大きい。
荷物がないため、離陸距離短いようだけど、最大積載時にどれくらい必要
なのだろうか。
離陸時に、へんな動きもなかったようなので、運動性能試験は順調に進ん
で欲しいと思う。戦闘機とは違うから、年度内の納入は可能ということな
のだろうか。

CX 初飛行へ
CX 強度不足解決できず
国の威信のC-Xまた不具合
CXまた不具合 違約金請求へ
CX納期遅延 MHIのせいか


JASDF's New Cargo Aircraft XC-2(C-X) Test Flight 2010-01-26


XC-2次期輸送機離陸


xc-2 着陸2.AVI

---空自の国産次期輸送機、試作1号やっと初飛行---
2010年1月26日12時50分
http://www.asahi.com/national/update/0126/NGY201001260007.html

 国産の輸送機としては35年ぶりに開発が進められている航空自衛隊の次期輸送機(CX)の試作1号機が26日、岐阜県各務原市の空自岐阜基地で初飛行した。機体の不具合の発覚で開発が2年余り遅れていただけに、防衛省は「意義深い」と話した。
 午前10時すぎ、滑走路を離陸。全長44メートルの機体が浮き、約1時間にわたって飛んだ。
 CXは防衛省が2001年度から国産のC1輸送機の後継として開発を始めた。川崎重工業で開発が進められ、当初は07年9月ごろの初飛行を予定していたが、胴体の強度不足など不具合が相次いで発覚し、配備が遅れていた。
 今後、試験飛行を重ね、年度内にも防衛省に納入される見通しという。


---空自:国産次期輸送機、初の試験飛行 岐阜基地---
毎日新聞 2010年1月26日 11時00分(最終更新 1月26日 12時49分)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100126k0000e040030000c.html?link_id=RSH04

 防衛省が開発を進めている航空自衛隊の国産次期輸送機(CX)の試作機「XC2」が26日、岐阜県各務原市の空自岐阜基地で初の試験飛行を実施した。当初は07年9月に予定されていたが、部品の強度不足などトラブルが相次いで見つかり、開発計画が大幅に遅れていた。安全性が確認されれば、年度内に納入される予定。
 CXは耐用年数を迎えた輸送機C1の後継機として、防衛省が01年度に開発に着手した。機体は全長43.9メートル、全幅44.4メートル、全高14.2メートル。緊急援助など海外での活動も想定し、C1に比べて航続距離や積載能力が大幅に向上しているのが特徴だ。川崎重工業や関連メーカーが製造。開発費は海上自衛隊のP3C哨戒機の後継機(XP1)と合わせて約3400億円。

0 コメント: