2010年2月5日金曜日

米国 中国の報復に困惑か

米国が中国の報復に困惑しているように見える
 米国防総省が発表した「4年ごとの国防計画見直し」(QDR)は、中国に
対して、不透明な軍拡への警戒を示す一方で対話の必要性を強調し配慮を
にじませる内容となった。

記憶に新しいところでは、グーグルチャイナの政府工作、台湾への武器
売却が両国の問題となっている。米民主党は親中派なのに、反抗されて
ばかり。反抗されても、黙認することを良しとするように見える。
QDRは「当たり前のことを明記」とまで言われるようだ。

レイセオン
1基28億ドルのPAC3 114基を台湾に供給。
中国の16空港にレーダを含む航空交通管制システムを納入したにも関わ
らず、数年前に台湾へ武器を販売し、中国政府の制裁で北京の事務所を
閉鎖。
中国民用航空局と瀋陽空港に航空交通管制システムを納入する契約を
したばかり。

ユナイテッドテクノロジーズ
60機のブラックホークヘリコプターを台湾へ供給。
中国工場の従業員は、16,000人。
北京オリンピック大会の空調システムを供給。

シコルスキー
ブラックホークヘリコプターの一部ユニットを製造。
公営航空工作集団公司IIと多目的S-76型ヘリコプターの契約を交わし、
機体フレームを建造中。

ロッキード・マーチン
1基28億ドルのPAC3 114基を台湾に供給。

ボーイング
Harpoon 10発を台湾に供給。
胡錦濤がボーイングシアトル工場を訪問、相互の利益を力説。
中国民用航空局と複数民間機購入契約済。

中国に貢献している会社が制裁を受けたようだ。
制裁された会社は、市場の独占率も高いため、中国政府の台湾協力の
制裁と言いつつ、保護政策の強化を始めたのかもしれない。

中国 空母建造経費公表
Aurora Gmail Attacks
中国 180機解約か


China threatening sanctions on US for supplying arms to Taiwan

---中国「オバマ大統領とダライ・ラマが会談すれば報復」---
2010年2月2日22時29分
http://www.asahi.com/international/update/0202/TKY201002020439.html

 【北京=古谷浩一、ダラムサラ(インド北部)=武石英史郎】中国当局は2日、オバマ米大統領が今月17日から訪米予定のチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世と会談すれば、中国が米国への報復措置に出ることを強く示唆して警告した。オバマ政権はすでに会談実現への意欲を示しており、グーグル問題、台湾への武器売却問題に続き、協調路線が揺らぐ米中関係はさらに摩擦を深めていきそうだ。
 中国共産党統一戦線工作部の朱維群副部長は2日、ダライ・ラマのロディ・ギャリ特使が1月26日から同31日まで訪中して中国側と対話を行ったことについて、北京で記者会見した。オバマ大統領とダライ・ラマとの会談予定に対し「米中関係の政治的な基礎を損なうものだ。経済危機を前に、米国にどんな利点があるのか」と牽制(けんせい)。「そのようなことになれば、当然、相応の措置をとる」と迫った。
 中国は1月末、米国の台湾への武器売却決定を受け、軍事交流の一時停止などの対抗措置を打ち出したばかりだが、国内の対米反発の声は強く、さらなる強硬姿勢に踏み込む可能性を示した形だ。オバマ政権は昨年10月、初訪中を前にダライ・ラマとの会談を見送ったが、今回は「過去の大統領もやってきた」(クリントン国務長官)と前向きな姿勢を見せている。
 朱氏はギャリ氏との対話について「鋭く対立した」とし、議論が平行線だったことを確認。「主権と領土問題で妥協の余地はない」と中国側が譲歩する考えがないことを強調した。今後の対話については「ダライ・ラマ次第だ」と語った。
 一方のギャリ氏は2日、チベット亡命政府のあるインド北部ダラムサラで記者会見し、「中国側の反応には失望した」と述べ、進展がなかったことを認めた。オバマ氏とダライ・ラマの会談に中国が反対したことには「あまりに傲慢(ごうまん)で、歴史ある大国のするべきことではない」と強く批判した。亡命政府は、オバマ氏との会談などを通じて、国際社会の介入に活路を見いだしたい考えとみられる。


---Boeing says too early to speculate on China sanctions
By Martin Abbugao (AFP) - 20100203
http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5gwApE5zgkPbQ0-IGuu0d0DP5onJQ

SINGAPORE - Aerospace giant Boeing said on Tuesday that it was too early to speculate about the impact of any Chinese sanctions on US firms as a result of American arms sales to Taiwan.

"This a government-to-government issue... These types of sales are between governments and we cannot control them," said Boeing's vice president for marketing, Randy Tinseth.

"I believe it's too early to speculate on what the impact might be to the industry and to us," he told reporters on the sidelines of the Singapore Airshow.

Boeing officials said on Monday that the company had not been notified of any sanctions to be imposed by China in retaliation for a 6.4-billion-dollar US arms sale to Taiwan announced last week.

Beijing said Saturday it would suspend military and security contacts with Washington and threatened to impose sanctions on US firms involved in the deal. Boeing is one of the companies involved, through its McDonnell Douglas unit. Related article: China-US spat over Taiwan arms

Marion Blakey, chief executive of the Aerospace Industries Association which represents US firms in the civil and military sectors, expressed hope that Washington and Beijing will be able to resolve the issue.

"Those discussions are really left best to government to government, and we will certainly see that they undoubtedly will discuss the ramifications, but there is nothing really unusual about this,' Blakey said at the Singapore aerospace fair.

"I think it's the sort of things that the governments will work out together," she added.

China is Boeing's biggest international market, and the company is working hard to grab the lion's share of the booming demand it expects in coming years from Chinese airlines.

McDonnell Douglas is selling Harpoon missiles to Taiwan as part of the arms sale announced by the Pentagon on Friday.

Lockheed Martin, another US defence giant, is providing Patriot anti-missile batteries, and United Technologies unit Sikorsky Aircraft is supplying Black Hawk helicopters.

In Beijing, a Chinese foreign ministry spokesman warned the United States that their cooperation on international and regional issues could suffer over Washington's decision to sell arms to Taiwan.

"We strongly urge relevant US companies to stop pushing forward and taking part in the arms sales to Taiwan," Ma Zhaoxu told reporters.

Boeing's Tinseth said China is forecast to require about 3,800 passenger aircraft worth 400 billion US dollars over the next 20 years to meet an expected explosion in travel demand.

"The Chinese market has been amazing last year... As lots and lots of markets struggled last year, about 220 million people in China travelled domestically -- that was up about 21 percent from the year before," Tinseth said.

Another 15 million Chinese passengers travelled on international routes in 2009, he said, citing data projecting that air travel will grow 13 percent on the mainland this year.

The International Air Transport Association (IATA) said Monday that Asia had overtaken North America as the world's largest air travel market with 647 million passengers in 2009.

Within Asia, China has eclipsed Japan over the past decade as the region's largest domestic market, with 1,400 aircraft compared with Japan's 540 and 5.7 million weekly seats against 2.6 million in Japan.


---China Vows Sanctions Over U.S. Defense Sales to Taiwan---
FEBRUARY 3, 2010
By AARON BACK IN BEIJING And TING-I TSAI IN TAIPEI
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748703338504575041172542117834.html?mod=WSJ_latestheadlines

China on Tuesday renewed its pledge to punish U.S. companies that are involved in Washington's plan to sell weapons to Taiwan, in another sign of Beijing's increasingly assertive foreign policy.

At its semiweekly media briefing, China's foreign ministry criticized the Obama administration's decision to sell antimissile systems, helicopters and other arms to Taiwan in a package valued at a total of $6.4 billion. Spokesman Ma Zhaoxu didn't give details of the sanctions, but pledged to retaliate against companies involved in the sale.

The self-governing, democratically ruled island of Taiwan split with mainland China in 1949. Beijing claims Taiwan as part of its territory and has long protested U.S. weapons sales there, but in past disputes, it has focused its ire on the U.S. government.

The companies involved in the sale belong to the U.S. Foreign Military Sales Program, which obligate participating companies to provide arms and weapons system to U.S. allies. Even though this means the companies-Raytheon Co., Boeing Co., United Technologies Corp. and Lockheed Martin Corp.-have no choice, some have been steadily targeted by China for years.

"The Chinese started taking punitive actions against Raytheon several years ago for selling arms to Taiwan, and Raytheon shut down its office in Beijing," said Bonnie Glaser, senior fellow at Washington-based Center for Strategic and International Studies.

According to Raytheon's Web site, it has delivered radar and air-traffic-management systems to 16 Chinese airports, including Beijing, Guangzhou, Shanghai and Kunming. It also signed a contract with the Northeast Regional Air Traffic management Bureau of the Civil Aviation Administration of China to supply an air-traffic-control system for Shenyang Airport. Raytheon officials couldn't be reached for comment.

Boeing and United Technologies, which have been actively operating in China, are the most likely to suffer from Beijing's sanctions, analysts said. "Boeing is obviously the most concerned as it has a huge stake in commercial aircraft sales to China," Ms. Glaser said. United Technologies couldn't be reached for comment.

United Technologies will provide Taiwan with 60 Black Hawk helicopters valued at $3.1 billion. But the company is a broadly based conglomerate, with 16,000 employees in China. It was a major supplier to Olympic projects, having won 69% of the heating, ventilation and air-conditioning contracts awarded for the Beijing Games, including contracts for the "Water Cube" National Aquatics Center. UTC's unit Sikorsky, which makes the Blackhawk helicopter, is building multi-purpose S-76 helicopter airframes in China under a contract with AVIC II, the state-owned aviation conglomerate.

The package also includes 114 advanced Patriot antimissile systems, valued at $2.8 billion and made by Lockheed Martin and Raytheon. Lockheed couldn't be reached for comment.

A relatively small part of the package are 10 Harpoon antiship missiles made by Boeing. Boeing stands much to lose from any sanctions as it has extensive commercial interests in China's civil aviation market. Speaking at the Singapore Air Show, Randy Tinseth, vice president of marketing for Boeing Commercial Airplanes, said, "It's a government-to-government issue and it's premature to speculate the impact on our industry or business."

China's threatened sanctions come as the country has been increasingly belligerent in its tone toward foreign governments.

In a long article Tuesday, the state-run Xinhua news agency criticized U.S. Commerce Secretary Gary Locke for accusing China of protecting domestic firms and creating barriers for foreign investment. The article said Mr. Locke's accusations were "misleading and ran totally contrary to the facts," accusing the U.S. of protectionism. "While China is striding ahead on its road to openness, the United States, however, is opening its arms to protectionism," according to Xinhua.

China also on Tuesday blasted the Obama administration for a planned meeting between the president and the Dalai Lama, the spiritual leader of Tibet, a province of China plagued with unrest for decades.


---中国、対台湾武器売却問題で米との人権対話延期も---
2010.2.2 20:02
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100202/chn1002022003007-n1.htm

 中国外務省の馬朝旭報道局長は2日の定例記者会見で、米政府による台湾への武器売却発表を受け、両国が2月末までの開催で合意していた米中人権対話の延期を示唆した。
 局長は「人権対話はどうなるか」との質問に「中国の反対を顧みず米側が台湾への武器売却を発表したことは中米関係を一層損ない、両国の多くの重要な分野で交流と協力に深刻な否定的影響を及ぼす」とだけ答えた。
 局長は武器売却が招く米中関係への影響について「重要な国際的、地域的問題での協力に避けられない影響がある。責任はすべて米側にある」とも強調した。(共同)


---多様化する脅威 にじむ対中配慮 米国防省QDR発表---
2010.2.2 19:55
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100202/amr1002021957018-n1.htm

 【ワシントン=佐々木類】米国防総省が1日発表した「4年ごとの国防計画見直し」(QDR)は、中国に対して、不透明な軍拡への警戒を示す一方で対話の必要性を強調し配慮をにじませる内容となった。また、サイバー攻撃や大量破壊兵器拡散などの脅威に直面しているとして、米国が冷戦崩壊後から採用してきた2つの大規模紛争に同時に対処する「二正面作戦」から、非対称戦に軸足を移すことをより明確にした。
■中国への配慮
 120ページに及ぶ報告書は、アジアの地域情勢で中国に関する記述に多くをさいた。
 ゲーツ国防長官は1日の記者会見で、米国による台湾への武器売却方針について、中国が軍事交流の凍結を打ち出していることに関し、「政治に左右されない軍事交流を続けたい。米中関係が冷え込んでも一過性のものとし、再び交流を深めたらいい」と述べ、機会があれば対話を続けていきたいとの考えを示した。
 米国防総省が昨年末にまとめた一次草案では、米国が直面する課題として海や空、宇宙、サイバー空間といった「世界の共有地」における中国など新興国の台頭を指摘。中国による衛星破壊実験や中国潜水艦による米空母挑発事件への対応の必要性が盛り込まれていたが、最終報告では直接的な記述が一部消えていた。
 代わって、アジア・太平洋地域のみならず、地球規模で中国が政治、軍事両面で存在感を高めていると指摘し、「軍拡の不透明性が疑念を生じさせている」と明記した。しかし、報告書はサイバー攻撃への脅威には言及したものの、米インターネット検索大手グーグルへの攻撃など具体的なケースはあげなかった。その意味で、中国の軍拡に警鐘を鳴らした2006年のQDRに比べ、同国を刺激する言い回しを極力避ける内容となった感は否めない。
■多様化する脅威
 今回の報告書で象徴的なのは、前回2006年の報告書でテロとの戦いを「長期戦」と位置づけ31回も言及したのに、それがまったくなくなったことだ。
 ケンターッキー大のロバート・ファーレイ准教授によると、「長期戦」という言葉自体が冷戦時代の遺物であり、時代錯誤の表現というわけで今回はいっさい使わなかったようだ。
 米政府はQDRの公表に先立ち、2011年会計年度(10年10月~11年9月)の国防予算案7080億ドル(約64兆円)という過去最大規模の予算要求を行った。このうち、イラクやアフガン戦費は1590億ドルで、これとは別に昨年決定した3万人のアフガン増派に必要な経費330億ドルを10年度予算の補正予算に要求している。
 これはとりも直さず、イラク、アフガンでの戦争という2つの戦争で勝利を確実にし、その上で、中国などによるサイバー攻撃やアルカーイダなど国際テロ組織との非対称戦を制す米政府の強い意思を示したものだ。
 また、報告書は、核保有国の不安定化や崩壊が大量破壊兵器や関連物質の急激な拡散につながり、「米国に直接物理的な脅威を引き起こす」と指摘。大量破壊兵器の特定・追跡の国際的な取り組みの必要性を指摘している。
 ただ、軍事専門誌の「スモール・ウォー・ジャーナル」は、「当たり前のことを明記しただけ」とし、今回のQDRには何ら見るべき点はなかったと指摘。米シンクタンク、アメリカン・エンタープライズ研究所のトーマス・ドネリー国防研究部長は、「米政府は財政難から戦争に勝つことより、戦争の終結ばかり考えた後ろ向きの報告書になった」と批判している。


---中国の軍拡に警鐘、「二正面作戦」見直し 米戦略指針---
2010.2.2 12:15
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100202/amr1002021219013-n1.htm

 【ワシントン=佐々木類】米国防総省は1日、今後20年間の安全保障戦略の指針となる「4年ごとの国防計画見直し」(QDR)を発表した。オバマ政権になって初めて。QDRは国防政策の重点を、大規模紛争に同時に対処する従来の多方面作戦から対テロや大量兵器拡散防止に移すとした。また、軍拡を続ける中国を念頭に、サイバー攻撃や宇宙空間における偵察衛星への脅威が増していることに懸念を示し、日本など同盟国との連携の重要性を強調した。
 QDRは、国防戦略、戦力構成などの中長期の方針を示す重要な国防文書。4年ごとに議会への提出が義務付けられている。国防戦略目標として(1)アフガニスタン、イラク戦争の勝利(2)紛争の予防と抑止(3)不測の事態への備え(4)兵力の維持と強化-を挙げた。
 日本については、引き続き地域の平和と安定のために同盟関係を維持するとともに、在日米軍の駐留を確実にするため、(沖縄県宜野湾市の普天間飛行場を名護市のキャンプ・シュワブ沖に移すとした)日米合意の履行に向けて協力すると明記した。
 中国については「アジア・太平洋地域だけでなく、地球規模で存在感を強めている。国際社会への積極的な関与を歓迎する」と言及する一方、「中距離弾道ミサイルや新型攻撃潜水艦、広域防空システムの開発、サイバー攻撃、空母建造を進めている。(中国軍の)情報が限られており、軍拡の長期的な意図に疑念が生じている」と指摘した。
 その上で、良好な米中関係を維持するため、「さまざまな対話のチャンネルを維持し、相互不信と誤解を取り除いていかねばならない」とした。
 また、潜在的な仮想敵国による米国への攻撃に対処するため、依然として抑止力の維持が重要と指摘。イランと北朝鮮について「1991年の湾岸戦争でイラクが使用したスカッドミサイルの精度を上回る弾道ミサイルを多数配備し、在外米軍基地が脅威にさらされている」と指摘した。
 対テロでは、アフガンを念頭に、脆弱(ぜいじやく)な国家がテロの温床とならないよう安定化支援の必要性を明記。輸送ヘリや無人偵察機の装備充実を訴えた。気候変動が軍事にもたらす影響にも初めて言及し、異常気象による食糧不足が地域の不安定化を加速させると指摘している。


---【記者手帳】中国の独り舞台となったダボス会議---
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
ダボス=崔宇晢(チェ・ウソク)産業部次長待遇
2010/02/02 11:03:08
http://www.chosunonline.com/news/20100202000037

 先月27日から五日間、スイスのダボスで世界経済フォーラム(WEF)主催により開かれた第40回ダボス会議は事実上、「中国の独り舞台」だった。午前7時ごろから午前零時を回るまで、およそ250のセッションが行われたが、最高のイシューメーカーは中国だった。
 特に、先月28日に行われた李克強副首相の演説はずば抜けていた。李副首相は「昨年、中国の国内総生産(GDP)は8.7%成長したが、内需が重要なエンジンとなった。(中略)昨年、中国の貿易黒字の規模が2008 年に比べ1000億ドル(約9兆700億円)も減り、世界経済の回復に貢献している」と述べ、弁護する内容に終始した中で、多くのスポットライトを浴びた。
 中国からは公式の出席者だけで127人に上った。李副首相が率いた随行員や記者など100人余りを合わせると、会議全体の出席者約2500人のうち、中国人が10%を占めたことになる。中国国営放送のCCTVは、ダボス会議の会場前にある3階建てのビルを借し切り、連日外国人を呼び集めた。そして、中国人民銀行の朱民副総裁をはじめ企業・金融関係者や官僚、学者などは各セッションのパネリストとして参加し、自国の立場を積極的にアピールした。
 ダボス会議のメイン会場となったコングレスホール前では中国の伝統音楽が演奏され、書道の実演や中国人女性歌手による公演、中国料理の紹介など、多彩なイベントが行われた。中国の新世代ピアニスト、郎朗さんはコングレスホールに設けた舞台で公演した。
 一方、韓国側の出席者は大企業の総帥数人と随行員、教授など、合わせて50人にもならなかった。その上、セッションに正式に参加したパネリストは李明博(イ・ミョンバク)大統領を含め5人にすぎなかった。中国と比較する自体が恥ずかしいほどだった。中国は政治・経済・外交はもちろん、哲学・音楽・芸術など全分野における専門家を前面に立たせ、自国利益の最大化と世界中心部への参与を強力にアピールした。
 日ごとにパワーを増している中国の影の中で韓国が独自の存在感と競争力を持つためには、国際社会で韓国を代弁する各分野の専門家グループを一日も早く育成する必要があるのではないか。


---「正当化されない」 米高官、中国による企業制裁に遺憾の意---
2010.2.2 10:45
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100202/amr1002021049010-n1.htm

 【ワシントン=犬塚陽介】オバマ米政権は1日、台湾への武器売却の報復として中国政府が米企業に制裁を科す方針を示したことについて、「正当化できない」と遺憾の意を示し、対話を通じて問題解決に当たる考えを強調した。
 クローリー国務次官補(広報担当)は会見で、中国の制裁に「遺憾だ」と不快感を示し、武器売却は「一つの中国」の政策にも合致しており、台湾への武器供与を法的に定める米国の台湾関係法に基づくものだとして正当性を強調した。
 一方で、クローリー次官補は中台関係の安定は米国の利益に直結すると述べるとともに、「(米中関係は)世界で最も大事な二国間関係の一つ。意見が一致しない場合は、終始一貫して率直な形で作業を進めたい」として対話を重視していく姿勢を示した。
 また、ギブズ大統領報道官も記者会見で、中国の制裁は「正当化されない」と言明。米中両国は世界経済の回復などについて共通の利害関係があるとして、「どちらの国も単純に背を向けることはできない」と述べた。
 米中両国は今年に入り、米インターネット検索大手グーグルへの検閲やサイバー攻撃に加え、台湾への武器売却問題が浮上してギクシャクした関係が続いている。


---英国:「贈り物にスパイウエア」 情報局が対中警戒促す---
毎日新聞 2010年2月1日 22時39分
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20100202k0000m030116000c.html

 英情報局保安部(MI5)は、中国の非公然の情報担当者がコンピューター情報を盗むスパイウエアを忍ばせたデジタルカメラや電子機器を英国のビジネスマンに贈り、企業秘密を得ているなどとして、警戒を促す文書を作成した。1月31日付サンデー・タイムズ紙が報じた。
 「中国スパイの脅威」と題する文書によると、中国の人民解放軍や公安省の担当者は貿易フェアや見本市などの際、これら「贈り物」などを伴って接近。英国の防衛、エネルギー、通信などの企業がスパイ活動の標的になっているという。
 またMI5は「北京や上海のホテルの部屋は情報収集機器が取り付けられている可能性がある。客の留守中に捜索されたこともある」「中国情報当局は(知られたくない)性的関係などに付け込み(中国側に)協力するよう圧力をかけることで知られている」などと指摘している。
 この文書は昨年、ロンドンの企業のトップらに配布された。こうした文書を英政府機関が作成したことで、英中関係が緊張する可能性もある。(共同)


---米国:台湾に武器売却決定 中国、軍首脳交流停止 素早く対抗 核問題協議に影響も---
毎日新聞 2010年1月31日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/world/news/20100131ddm007030134000c.html

 【北京・浦松丈二】中国国防省は30日、米国から台湾への総額約64億ドルの武器売却方針の発表を受け、米中間で合意していた軍首脳らの相互訪問を停止すると決めた。新華社通信が伝えた。中国外務省も同日、安全保障分野の外務次官級協議の延期、武器売却に参加した米企業への制裁を発表した。同省は「国際・地域協力も影響を受ける」と説明しており、北朝鮮やイランの核開発問題への影響も避けられない情勢だ。
 米中軍事交流は08年10月、米国のブッシュ前政権が台湾への武器売却を決め、中国が対抗措置として中断し、オバマ政権発足後に再開していた。
 米中両国は昨年11月、オバマ大統領訪中時の首脳会談で、中国軍の陳炳徳総参謀長とゲーツ米国防長官の年内相互訪問などを決めていた。
 中国国防省は相互訪問の停止について、「両軍関係への悪影響」を考慮したと説明しており、米側の対応次第で次の対抗措置を打ち出す構えだ。
 中国にとって米国による台湾への武器売却は想定の範囲内で、対米関係を冷却化させたくないのが本音だ。しかし、敏感な台湾問題で妥協できないため、素早く対抗措置を打ち出したとみられる。
 今回の武器売却計画は08年にブッシュ前政権下で決定されたものだ。購入する台湾の馬英九政権側も対中融和路線を掲げているため、独立志向の陳水扁前政権時代ほどの脅威にはならない。
 しかし、現在の米中関係は、米ネット検索最大手グーグルを巡る対立▽チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の訪米▽貿易摩擦--など双方の国内事情を背景にした火種を抱えている。
 こうした状況下で、中国は武器売却問題で素早く対抗措置を打ち出す一方、胡錦濤国家主席の訪米を早期に実現させ、関係修復を急ぐ思惑があるとみられている。複数の火種が同時に燃え広がらないよう、慎重な対応を迫られることになる。
==============
■ことば
◇台湾関係法
 米国議会が79年に、台湾との断交後も実質的な米台関係を維持するために制定した国内法。台湾への武力行使を「米国の重大な関心事」とし、台湾への防衛的武器の供与を規定。台湾の人々の安全が脅威にさらされた場合、大統領と議会は「適切な行動を決定する」と台湾防衛の意思を表明している。

0 コメント: