2010年2月11日木曜日

米国 スペースシャトルスパイに判決

スペースシャトルスパイに判決が出た。
 ロケット技術などに関する機密情報を中国に漏えいしたとして、産業
スパイ罪などに問われた米航空大手ボーイング社元技術者の中国系米国人
に対する判決公判が、米カリフォルニア州の連邦地裁支部で開かれ、
禁固15年8月が言い渡された。

ドンファン・チュン Dongfan Greg Chung
ロックウェル技術者。
70年代からスパイ活動を始め、2008年にFBIに逮捕。
85年から03年にかけて頻繁に訪中、スパイ活動に貢献したとして中国側
から記念のメダルとネクタイピンまで贈呈。
B-1爆撃機エンジニアリングマニュアル含む24項目を提供。
自宅の天井裏、床下からスペースシャトルやデルタ4ロケットの設計書、
戦闘機や爆撃機、軍用ヘリ等の機密資料25万ページ以上を発見。
スペースシャトルの数十年分の信頼性分析報告、試験結果を含む。

中国、国威発揚のため、露製旧型ロケットを使用して、有人宇宙飛行を
行い、旧型スペースシャトルを使用して、宇宙往復を狙う。
船外活動の際、泡が見えると話題になったり、ロケット発射失敗で、
村消失との報道も続く。予算の余剰金を軍事以外に使うことを考えない
のが中国なんだろう。

PAC3台湾提供に対して、中国はボーイングにも制裁しているが、スパイ
摘発に対する報復も含まれるかもしれない。

中国 スパイ行為で中国版スペースシャトル開発か


---中国に米ロケット情報30年間、禁固15年---
2010年2月9日18時02分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100209-OYT1T00977.htm

 【ロサンゼルス=飯田達人】約30年にわたってロケット技術などに関する機密情報を中国に漏えいしたとして、産業スパイ罪などに問われた米航空大手ボーイング社元技術者の中国系米国人に対する判決公判が8日、米カリフォルニア州の連邦地裁支部で開かれ、禁固15年8月が言い渡された。
 中国側に提供された技術は、中国の宇宙開発に利用された可能性がある。
 判決文などによると、中国出身のドンファン・チュン被告(74)は、1960年代に渡米して帰化し、防衛関連企業ロックウェル社(後に宇宙・防衛部門がボーイング社に統合)の技術者となった。中国が提唱した「四つの近代化」政策に共鳴し、70年代からスパイ活動を始め、2008年に連邦捜査局(FBI)に逮捕された。
 同州オレンジ市にある同被告の自宅から見つかった約30万ページに及ぶ機密資料には、スペースシャトルやデルタ4ロケットの設計書のほか、戦闘機や爆撃機、軍用ヘリなどに関するものが多数含まれていた。
 被告は、85年から03年にかけて度々訪中し、スパイ活動に貢献したとして中国側から記念のメダルとネクタイピンまで贈られていた。
 米国ではこのところ、中国スパイの摘発が相次いでいる。08年には、中国系の男が海軍情報を30年以上にわたって盗み出したとして禁固24年6月、さらに台湾系の男が軍事戦略に関する機密情報を中国に漏らしたとして同15年8月の判決をそれぞれ受けた。
 昨年、米議会に提出された米中経済安全保障見直し委員会の報告書は「中国は米国へのスパイ活動の最大の脅威」とし、「そのやり方は、より広範かつ巧妙化している」と指摘。さらに最近は「サイバー空間を使ったスパイ活動も活発化している」と警告している。


---対米経済スパイで禁固15年余 中国系の元ボーイング技師---
2010年2月9日 11時05分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010020901000281.html

 【ニューヨーク共同】AP通信によると、米カリフォルニア州の連邦地裁は8日、スペースシャトルなど宇宙航空技術に関する機密情報を中国に渡す目的で盗んだとして経済スパイ法違反罪に問われた中国系米国人の元技師ドンファン・チュン被告(74)に禁固15年8月を言い渡した。
 被告は米航空機大手ボーイングや、同社に買収された防衛・宇宙関連会社に約30年勤務。ロケットの燃料システム関連の書類を職場から盗んだなどとして昨年7月、有罪判決を受けていた。
 被告は中国への情報横流しを否認。この日の量刑裁判でも、書類を自宅に持ち帰ったのは「本を書くためだった」と主張した。弁護側によると被告は控訴する見通し。


---Ex-Space Shuttle Engineer Gets 15-Year Term for China Spying---
February 09, 2010, 06:23 PM EST
By Cary O’Reilly
http://www.businessweek.com/news/2010-02-09/ex-space-shuttle-engineer-gets-15-year-term-for-china-spying.html

Feb. 9 (Bloomberg) -- A former Rockwell International and Boeing Co. aerospace engineer who worked on the Space Shuttle program was sentenced to more than 15 years in prison for economic espionage and acting as an agent for China.

Dongfan “Greg” Chung, employed by Rockwell and then Boeing from 1973 until 2006, was sentenced yesterday by U.S. District Judge Cormac Carney in Los Angeles, the Justice Department said in a statement.

Chung, 73, was found guilty of conspiracy, six counts of economic espionage, one count of acting as a Chinese agent and one count of making false statements after a three-week bench trial last year. Chung, a naturalized U.S. citizen and a native of China, held a “secret” security clearance when he worked at Rockwell and Boeing on the Space Shuttle program.

At the sentencing hearing, Carney said that he could not “put a price tag” on national security, and that the long sentence for Chung was intended to send a signal to China to “stop sending your spies here.”

During the trial, the government showed that Chung stole Boeing trade secrets related to the Space Shuttle and the Delta IV rocket, materials he acquired for the benefit of the People’s Republic of China, according to court documents.

The case against Chung resulted from an investigation into Chi Mak, another engineer who worked in the U.S. and obtained sensitive military information for China. Carney sentenced Mak to more than 24 years in prison in 2008.

‘Tasking’ Letter

Chinese aviation industry representatives began sending Chung “tasking” letters as early as 1979, court records show. Over the years, Chung was directed to collect information including data on the Space Shuttle and military aircraft.

Chung responded in one undated letter that “I would like to make an effort to contribute to the Four Modernizations of China,” court records show. He provided his Chinese handlers with referenced engineering manuals he had collected, including 24 related to the B-1 Bomber, according to prosecutors.

From 1985 and 2003, Chung made multiple trips to China to deliver lectures on the Space Shuttle and other technology programs. While there, he met with Chinese government officials, including agents affiliated with the People’s Liberation Army, court records show. Chung and the officials exchanged letters that recommended methods for passing information, including suggestions that Chung use Mak and his wife Rebecca.

Crawl Space

On Sept. 11, 2006, FBI and NASA agents searched Chung’s residence in Orange, California, and found more than 250,000 pages of documents from Boeing, Rockwell and other defense contractors inside the house and in a crawl space underneath it. Among the documents were scores of binders containing decades’ worth of stress analysis reports, test results and design information for the Space Shuttle.

“The FBI and our partners in the intelligence community are committed to stopping those intent on stealing American technology, whether they are motivated by money or allegiance to their native country,” said Steven M. Martinez, Assistant Director in Charge of the FBI in Los Angeles, in a statement.

The case is U.S. v. Chung, 08-cr-00024, U.S. District Court, Central District of California (Los Angeles).

--Editors: Mary Romano, Michael Hytha.

0 コメント: