2010年2月28日日曜日

中国 弾道弾迎撃成功

IISSは中国が弾道弾迎撃に成功と発表した。
 中国が実施した弾道弾迎撃実験について、IISSは、これまで米ロが独占
していた大気圏外での弾道ミサイル迎撃技術を、中国が開発に成功したと
の分析を発表した。

IISS
700キロ以上の高度で、迎撃体を標的用ミサイルに衝突させて破壊
ミサイルが大気圏外を飛行中に打ち落とす実験に成功

IISSはGPSがあれば、飛翔体の追尾と迎撃が現行技術でできることを説明
したようだ。そのうち、パキスタン、北朝鮮、シリア等反米国にも、
基礎技術が輸出されるのだろう。

中国潜水艦は、台湾海軍の「中国潜水艦の海上封鎖を突破」演習を海底で
待機しながら、観測したようだ。
フィリピン沖で、米軍調査を邪魔しながら、台湾軍の演習を観測した。

中国政府は、ニミッツを香港の寄港に許可を出した。
中国政府は、いくつかの試みから、中国軍が米軍よりも優秀と言う意識が
芽生え、米軍の処理に温和になったように思う。親中派政府だからかは不明。

中国 米海域調査強行阻止か


---中国に弾道弾迎撃能力 大気圏外で実験成功---
2010年2月24日 朝刊
http://www.chunichi.co.jp/article/world/news/CK2010022402000148.html

 【ロンドン=星浩】中国が先月11日に実施した弾道弾迎撃実験について、英国のシンクタンク、国際戦略研究所(IISS)は22日、これまで米ロが独占していた大気圏外での弾道ミサイル迎撃技術を、中国が開発に成功したとの分析を発表した。中国の軍事技術が新段階に入ったことは、日本などの防衛政策にも影響を与えそうだ。
 IISSは米国防総省や中国内の独自の情報源などをもとに分析した。それによると、人民解放軍は、四川省西昌の衛星発射センターから打ち上げた標的用ミサイルを、新疆ウイグル自治区コルラ付近の移動式発射台から打ち上げた迎撃ミサイルで破壊した。
 700キロ以上の高度で、迎撃ミサイルの弾頭として搭載した迎撃体を、標的用ミサイルに衝突させて破壊。弾道ミサイルを着弾寸前に迎撃する地対空誘導弾パトリオット(PAC3)システムと違い、ミサイルが大気圏外を飛行中に打ち落とす実験に成功した。
 IISSは、現時点ではミサイル迎撃に必要な人工衛星を使っての監視体制などが不十分だと指摘しつつ、中国が独自の衛星利用測位システム(GPS)の充実を急速に図っていることに注目。米ロに対してより、北京や上海を射程内にする中距離弾道弾を開発中のインドに影響を与える可能性があるとしている。
 迎撃実験について中国は、国営通信新華社が「技術実験を行い、所期の目的を達成した」と簡潔に報じただけ。実験の4日前に、米国がPAC3を台湾に売却することを公表していたことから、こうした動きをけん制する外交的意味があるとみられていた。


---台湾海峡・最前線:融和の裏の攻防/上 中国潜水艦の影---
毎日新聞 2010年2月23日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/world/news/20100223ddm007030094000c.html

◇戦力劣勢、募る焦り ディーゼル艦、米が売却意思見せず
 「我々のメンツを考えてくれ」。一部台湾メディアの記者たちは、記事化しないことを求める台湾国防部(国防省に相当)の要請を受け入れたが、同時に確信を深めた。「やはりいたんだ」
 1月27日午前11時、台湾南部・高雄の左営軍港から南西に約45キロの海底。台湾海軍は「不明な水中目標」を発見し、哨戒ヘリなどで約7時間追尾した後、台湾海域から排除した。
 国防部の説明は二転三転した。「潜水艦とみられる」から「クジラかイルカ」へ、そして「漂流するコンテナ」。台湾海軍報道官による現在の説明は「何かは確定できないが、潜水艦でないことは確定した。海底での調査は難しく、さまざまな可能性がある」。
 前日の1月26日午後、台湾海軍は左営軍港から南西約30キロの海上で、「敵」、つまり中国の潜水艦の海上封鎖を突破するという想定の演習を内外メディアに公開した。演習にはフリゲート艦や潜水艦など16隻と対潜哨戒ヘリ1機が参加した。
 「レーダーをフル活用する演習が偵察のチャンスであることは軍人の常識」。台湾軍関係者によると、予定が公表された演習に合わせ、中国の潜水艦が数日前から海底で待機していたとの見方が強まっている。事実であれば、「軍港の玄関口まで侵入されるなんて、海軍は何をやっていたのか」との批判が高まることは確実だ。
 中国は圧倒的な優位を誇る米国の海軍力を意識し、この10年で潜水艦の戦力を増強させてきた。静音性に優れた最新鋭の元級潜水艦をはじめ原潜とディーゼル潜水艦を計60隻以上保有している。
 これに対し台湾海軍は、機齢40年を超えた対潜哨戒機S2T20機と、水域警戒範囲に限界がある対潜哨戒ヘリS70C18機を保有しているだけで、対潜能力の低さは明らかだ。米国では台湾売却用として、中国の元級潜水艦にも対応可能とされる新電子装置などでグレードアップしたP3C哨戒機12機を製造中で、3年以内に実戦配備される見通しだ。
 台湾が米国からの購入を願うディーゼル潜水艦については、ブッシュ前政権が01年に8隻の売却を批准した。だが、台湾立法院(国会)で当時の野党・国民党が反対したことなどから前進せず、現在は国際社会への影響力を強める中国に配慮し、米側が売却の意思を見せていない。
 台湾海軍で戦闘行動が可能な潜水艦は2隻のみだが、軍事関係者は「米国が攻撃力の高い潜水艦や新型F16戦闘機を台湾に売却することは中国が絶対に許さないレッドゾーン」と指摘する。

 米国が1月に地上配備型迎撃ミサイル(PAC3)や多目的ヘリコプターなど総額64億ドルの武器を台湾に売却する方針を決定した。中台融和路線を掲げる台湾の馬英九総統が08年5月に就任して以来、中国との交流は飛躍的に拡大したが、軍備拡張を続ける中国に対する台湾の警戒感は今も根強い。台湾が優位とされた中台の軍事バランスも05年ごろに逆転したとの見方が多く、台湾に向けられた中国の1300基余りのミサイルは撤去されないままだ。一見穏やかな台湾海峡を挟んで繰り広げられる中台の攻防を探った。【高雄で大谷麻由美】
==============
■ことば
◇元級潜水艦
 中国が開発した最新のディーゼル潜水艦。04年に初めて確認され、既に量産、配備されている。中国は90年代後半からロシアのキロ級潜水艦を輸入。元級は艦首部分がキロ級に似ており、キロ級と同様に静音性に優れているとされる。中国紙は、ディーゼル機関の作動に必要な酸素を取り込むために潜水艦を浮上させず、長期の連続潜航が可能となるAIP(非大気依存型推進)機関を搭載していると報じ、「作戦範囲が拡大した」と評価している。中国の国産潜水艦には歴代の王朝名が使われている。


---China's successful anti-missile test---
2010/02/22 15:09
http://www.iiss.org/publications/strategic-comments/past-issues/volume-16-2010/february/chinas-successful-anti-missile-test/

China joined the small group of nations with anti-ballistic missile (ABM) capabilities when it conducted a successful missile-interception test on 11 January 2010. Apart from China, only the United States and Russia have systems designed for missile interceptions outside the earth’s atmosphere. The low-key nature of Beijing’s announcement was a sign of both its cautious optimism about further ABM developments, and its understanding that it still has a vast amount of work to do before it can establish even a moderate regional-level ballistic-missile defence (BMD) infrastructure.

The timing of the test prompted Western media speculation that it was a response to Washington’s decision on 6 January to approve $6.4 billion worth of arms sales to Taiwan, including the Patriot PAC-3 interceptor missile. But it was in fact the product of a four-decade-long development process and had little to do with the arms deal, which Beijing strongly criticised. The People’s Liberation Army (PLA) had announced in December 2009 that its strategic missile forces possessed ABM capabilities.

In the 11 January test a target missile, believed to have been fired from Xichang, Sichuan Province, was intercepted and destroyed by a KT-2 variant test missile launched from a mobile launcher near Korla, Xinjiang Province, with the interception taking place somewhere over the Xinjiang-Gansu border. Though it has been suggested that the interceptor could be a derivative of the HQ-9/S-300 or HQ-19/S-400 series of surface-to-air missiles (SAM), the Pentagon detected ‘two geographically separate missile launch events with an exo-atmospheric collision’. This indicated a mid-course interception at an altitude of at least 700km above the earth, well beyond the operating altitudes of SAMs such as the S-300 and S-400.

The road to ABM
The Chinese ABM programme has its origins in the ‘640 Project’ set up by Mao Zedong in 1964 to develop defensive missiles to be used against a nuclear attack. Political turmoil and lack of funding meant the project was terminated shortly after Mao’s death in 1976. However, an anti-satellite (ASAT) programme had already been started in 1969 under the auspices of the Second Academy of the Ministry of Aerospace Engineering - later renamed the Academy of Anti-Ballistic Missile and Anti-Satellite Technology. The academy developed the Fanji-1, -2 and -3 ABMs, but these programmes were all terminated in 1977 owing to political and economic troubles. The personnel and expertise from the Fanji programme proved extremely valuable when Deng Xiaoping called for a Chinese answer to President Ronald Reagan’s ‘Star Wars’ Strategic Defence Initiative in 1986. This was known as the ‘863 Project’.

The new ABM programme, initially termed the ‘863-409 Project Series’, remained in the research phase of the development cycle until the mid-1990s. During this time, many of the necessary technologies were successfully researched by the academy, including digital closed-loop fibre-optic gyroscopes, binary optical/mid-wave infrared seekers, restartable altitude/orbital control systems and thrust controls. The 863 Project was divided into two branches in 2002, known as the 863-801 and the 863-805 programmes, with the latter being the ASAT kinetic kill vehicle (KKV) programme. The chief designer of the 805 programme was the former head of the Second Academy Cheng Dingchang, with the deputy head being Zhang Yiqun. The other deputy programme chief was the head of the Fourth Technical Department of the Fourth Academy, Zheng Shenghuo, who was responsible for the launch vehicle and was situated at Base 66 in Hubei Province.

The 863-805 programme went into the test phase after three years of development, and two unsuccessful tests were conducted in July 2005 and February 2006. A third test on 11 January 2007 resulted in the successful destruction of the obsolete Feng Yun 1C weather satellite orbiting at 853km above the earth. The test caused significant controversy, as the destruction of the satellite resulted in thousands of pieces of space debris, creating a considerable risk to other satellites. The test was initially denied by the Ministry of Foreign Affairs, but was confirmed by the PLA. This confusion, coupled with the lack of prior warning, caused major embarrassment for the Chinese government, resulting in markedly improved transparency for the 2010 test.

According to Chinese sources, the KKV used weighed around 35kg, which is comparable to KKVs used by other countries such as the US and Russia. Shortly after the successful ASAT test, Zhang Yiqun was made the head of a team working on a new exo-atmospheric ABM.

Clues as to the true nature of the test missile used in January 2010 are easily gathered by looking at the January 2007 ASAT test, which used a KT-1 four-stage solid-fuel missile thought to be derived from the DF-21 intermediate-range ballistic missile (IRBM). The KT-1 was manufactured with US technology in the form of solid rocket-motor insulation sold to the Chinese illegally in 1994 by Martin Marietta Corporation (now part of Lockheed Martin, which was fined $13 million in 2000). In 2002, two new members of the KT family were seen at the annual Zhuhai air show - the KT-2 and the KT-2A - which were apparently derived from the much larger DF-31 intercontinental ballistic missile (ICBM). According to industry sources at the time, the two rockets were due to be operational by 2005. In common with the DF-31A ICBM, both can be launched from mobile launchers, but given that the KT-2A is equipped with strap-on boosters, making it more cumbersome, the KT-2 is most likely to have been the test missile in question.

Current programme status
The main launch sites for the ABM and space programmes are at Xichang, and at Taiyuan, Shanxi Province. Known as ‘Xichang Space City’, Xichang Satellite Launch Centre was set up in 1970 and is a sub-division of the PLA General Armaments Department. Beidou navigational satellites are being launched from there: by 2020, China plans to have launched 35 such satellites, with the aim of providing the country with an independent GPS network, as well developing the ABM programme into a BMD network. Meanwhile, Taiyuan Satellite Launch Centre, also known as the ‘Wuzhai Missile and Space Test Centre’, has played a key role in the PLA’s missile programmes, being the main facility used for the testing of its newest ICBMs.

Sources vary as to where the latest tests have been taking place, but the general belief is that the successful KT-1 ASAT test in January 2007 was launched from Xichang. It is highly probable that the target missile from the January 2010 ABM test was also launched from this location. At least one Chinese source has placed the launch site of the interceptor missile at Korla, Xinjiang Province, where there is a new phased array radar that could have helped to guide the interceptor. However, China currently lacks the extensive infrastructure required for a BMD system: its space-surveillance and tracking capabilities will not be ready until the full Beidou network is in place. This compounds the difficulties faced by its integrated command-and-control network which still requires considerable development; numerous exercises conducted by the PLA to test these systems in recent years have not produced satisfactory results. Furthermore, China would need a whole network of phased array radars such as the one at Korla.

Beijing’s motivations
The January 2010 test should be seen as a follow-on from the 2007 ASAT test, building on decades of Chinese technological development. The lack of fanfare from the government suggests that it was not meant to be interpreted as a political gesture. However, it is an important step in its development of a multi-tiered air-defence strategy, designed to integrate both offensive and defensive space operations with China’s conventional air-defence network.

Given the ABM programme’s relative immaturity, China is unlikely to use it as a strategic counterbalance against the US and Russia. Beijing will continue to rely on its second-strike capabilities - such as the DF31A mobile ICBM - as its primary means of strategic deterrence. However, the ABM development could have an effect on India, which recently carried out a successful test of the nuclear-capable Agni-III IRBM, which has Beijing and Shanghai within its range. It is in China’s interests to utilise the ABM programme as a strategic tool against its nuclear neighbour. Closer to home, Taiwan’s Hsiung Feng HF-2E cruise-missile project is a genuine cause for concern for the PLA. With its 800-1,000km range, it is capable of striking coastal cities such as Shanghai and Guangzhou. With China’s main economic hubs located on the eastern coast, this is a risk that the PLA cannot ignore.

The short Xinhua press statement issued an hour after the launch declaring that the missile-interception test had been conducted highlighted the the PLA’s increased openness, and suggested a greater degree of confidence. A former general in the PLA General Staff recently argued that greater transparency would be in the interests of the PLA and China by promoting mutual trust, silencing critics abroad and boosting morale. If his opinions are shared by serving PLA officers, then this shows a substantial shift in approach from the secrecy surrounding Chinese missile tests as recently as the ASAT test in 2007.


---ルポ:香港に寄港した米空母ニミッツ---
2010/02/21 11:31:30
香港=李恒洙(イ・ハンス)特派員
http://www.chosunonline.com/news/20100221000019

微妙な時期に香港に寄港した原子力空母
米兵士ら「中国の融和策」
 米国が台湾に最新兵器を販売する方針を決定し、またチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世をホワイトハウスに招いたことなどにより、米国と中国の関係が悪化する兆しを見せている。こうした中、世界最大規模の原子力空母、米国のニミッツ(CVN68)が17日午前、香港に入港した。
 17日昼12時ごろ、香港島のフェンウィック埠頭(ふとう)には、香港で活動している内外の記者78人が集まった。同埠頭から500メートルほど離れた中国人民解放軍香港司令部の建物では、人民解放軍の警備兵が港を監視していた。1時間後、記者らを乗せた連絡船が香港島とランタオ島の間にさしかかったとき、ニミッツ艦隊が威容を現した。旗艦でもある空母ニミッツは、ミサイル巡洋艦チョーシン(CG65)やミサイル駆逐艦ピンクニー(DDG91)など、4隻の軍艦に囲まれていた。
 ニミッツのデッキに掲げられた「指揮系統」表示板の一番上には、バラク・オバマ大統領の写真が掛けられていた。その下には、この空母戦闘団を率いるジョン・ミラー司令官(海軍少将)の写真も見えた。表示板の向かい側にある戦闘機「Black Aces」を背景に、ミラー司令官が記者らと対面した。ミラー司令官は、「香港は活気あふれる都市であると共に、わが軍の将兵が最も好む港の一つ。香港で、5000人余りの将兵がこれから4日間、楽しめることになりうれしい」と語った。しかし、「台湾に対する武器販売やダライ・ラマ14世のホワイトハウス訪問などで世間が騒がしい時期に、中国がニミッツの香港寄港を許可した理由は何だと思うか」という質問に対してミラー司令官は、「中国政府のニミッツ招請は大変喜ばしく思っているが、その背景はよく分からない。わたしが答えられる質問ではない」と即答を避けた。
 ただしミラー司令官は、「ソマリア海域の海賊掃討やインド洋・太平洋の商船保護など、公海上の安全を確保するためなら、米国海軍はどこでも、どの国とでも協力する用意がある」と強調した。その一方で、戦闘機の整備を担当するジャオ一等兵は、「台湾の問題で香港に寄港できないのではないかと心配していたが、このたび香港寄港が実現できてうれしい。中国の米国に対する融和のジェスチャーではないか」と語った。
 サッカー場3面に相当する広さ(約2万5000平方メートル)の甲板には、F18ホーネットをはじめ、レーダーの電波を妨害する電子戦機EA6Bプラウラーや、早期警戒を行うE2Cホークアイ2000など、80機余りの航空機が置かれていた。
 空母ニミッツの香港寄港は、米国が台湾に対し64億ドル(約5820億円)規模の武器販売を決定したことを受け、中国が米中両国の軍事交流を全面中断すると発表した直後の今月11日、一般の予想に反して許可された。
 ニミッツを旗艦とする空母戦闘団は、これまで5カ月間にわたりアラビア海域北部に展開し、一部はアフガニスタン支援任務に当たり、また一部はソマリア海域の海賊掃討作戦に参加した後、マレーシアを経て、同日香港に寄港した。ニミッツは排水量9万7000トン、全長332.8メートル、全幅 62.97メートルの世界最大規模の原子力空母で、1975年に実戦配備され、最大速力は時速約56キロ。

0 コメント: