2010年2月10日水曜日

技本 TACOM2号機を中国へ提供か

TACOM2号機が墜落したようだ。
 防衛省は、硫黄島近くの太平洋上の空域で飛行試験中の無人機の
エンジンが停止したため、手動操作により同島周辺の海域に落下、
水没させたと発表した。機体を回収できない。この無人機は1機8億円。

12月に初自律飛行試験成功と公表した。
4機中1機だが8億円が海中に沈んだようだ。
機体を回収しないと言っているが、中国の潜水艦が日本周辺を潜行して
おり、回収する可能性もある。技本は進んで防秘を中国に提供すると言う
ことなのだろうか。
複製好きな中国は、複製技術は日々高度化しているとの報道もある。
103億円以上費やした技術が既存の技術ということであれば、進んで研究を
廃止すべきだろう。


Japan JASDF "TACOM" - New Air-Launched Multi-Purpose Stealth UAV - Prototype Flight & Landing TEST

自衛隊の無人飛行機がエンジン停止
無人機研究システムの初自律飛行成功動画


---試験中、8億円の無人機が硫黄島近海に落下 回収不能---
2010年2月10日10時19分
http://www.asahi.com/national/update/0210/TKY201002100112.html

 防衛省は9日、硫黄島近くの太平洋上の空域で飛行試験中の無人機のエンジンが停止したため、手動操作により同島周辺の海域に落下、水没させた、と発表した。周辺の水深が深いため機体を回収できないという。この無人機は1機8億円。
 防衛省によると、水没した無人機は全長5.2メートル、幅2.5メートル、高さ1.6メートル。
 無人機は9日午前、F15戦闘機の左主翼下に取り付けられて海上自衛隊硫黄島基地を離陸。同9時45分、高度1万2千メートルの上空で、取り付けられていたF15のパイロットの操作によって発進したが、1分後にエンジンが停止した。このため、同9時50分、パイロットの遠隔操作で、強制的に落下、硫黄島の北北西約155キロの海域に水没した。エンジンが止まった原因は分かっていない。無人機は約30分の自律飛行後、硫黄島基地へ戻る予定だったという。


---無人偵察機:試験中に落下--防衛省---
毎日新聞 2010年2月10日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100210ddm041040073000c.html

 防衛省技術研究本部によると、9日午前、硫黄島基地(東京都小笠原村)周辺で飛行試験をしていた開発中の無人偵察機(全長5・2メートル、全幅2・5メートル、高さ1・6メートル)のエンジンが停止し、安全確保のためF15のパイロットが遠隔操作して機体を海に落下させた。同本部によると、無人偵察機はF15戦闘機の翼の下に搭載され、空中で切り離され自律飛行する仕組み。【樋岡徹也】


---試験飛行の自衛隊無人飛行機が海上に落下 エンジン停止で---
2010.2.9 20:41
http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/100209/dst1002092042013-n1.htm

 防衛省技術研究本部は9日、硫黄島基地周辺で、飛行試験のため戦闘機から発進した無人機(重量約700キロ)のエンジンが停止し、遠隔操作で海上に落下させたと発表した。船舶などへの被害はなかった。
 技術研究本部によると、同日午前9時45分ごろ、無人機の飛行試験を始めた直後にエンジンが停止。戦闘機からの遠隔操作で、硫黄島の北北西約155キロの海上に落下させた。
 無人機は昨秋から飛行訓練を開始。ほかに3機あり、開発費用は1機約8億円。


---8億円落下…開発中の無人機、エンジン止まり---
2010年2月9日19時29分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100209-OYT1T01054.htm

 防衛省は9日、偵察機として開発している無人機(全長5・2メートル、全幅2・5メートル)が硫黄島付近の上空を飛行試験中、トラブルでエンジンが停止したため、洋上に落下させたと発表した。
 同省によると、同日午前9時45分ごろ、硫黄島の北北西155キロの上空で、無人機を母機となるF15戦闘機から切り離したところ、直後にエンジンが停止したため、約5分後、F15の操縦士が付近に船舶がいないことを確認した上で、遠隔操作で無人機を落下させたという。機体は水没した。
 同省は2004年度から無人機を開発しており、今回の機体も含め4機を製造し、昨年12月から試験飛行をしていた。今年度までの開発総経費は約103億円で、機体は1機約8億円に上る。

0 コメント: